またご縁がありましたらよろしくお願いします 敬語。 ご期待に添えずの意味!沿う・添うの違いやご希望に添えず等類語・英語も

ビジネスでのお断りメールの書き方3つのポイントと例文7選

またご縁がありましたらよろしくお願いします 敬語

ご期待に添えずの意味・漢字の違いは? ご期待に添えずの意味は「期待されていた内容が提供できず」 「ご期待に添えず」をばらばらにして考えていくと、期待という単語に丁寧語の「ご」をつけて「ご期待」、添うという動詞が五段活用し仮定形の「添え」に変化、そして打消しの「ず」という並びになっています。 つまり、「期待されていた内容や結果を提供することができず」という意味になります。 「ご期待に添えず」という言葉は、口頭で使われる言葉というよりは、文章やメールでの使用が多く見られる表現です。 特に取引先やお客様など一歩引いた相手に対して使われる断りの表現です。 断りの表現ではありますが、人の気分を害さないように配慮があり、断りの表現を和らげて伝えている表現の仕方といえます。 ご期待に添えずとご希望に沿えずの違い 期待と希望は似たような意味をあり、類語であるといえます。 期待とは「あることが実現するだろうと 誰かを 当てにして心待ちにすること」という意味があります。 一方、希望には「あることを実現させようと望み願うこと」という意味があります。 どちらも謝罪やお詫びの言葉として使われます。 「ご期待に添えず」は相手の意に添えない場合に謝罪しながら断るといった意味があります。 「ご希望に沿えず」はお互いに方針があり、自分の方針が相手に合わなかったことを謝罪するという意味があります。 なにかを断る場合には「ご期待に添えず」と使うのが一般的です。 ご期待に「添う」とご期待に「沿う」の違い 「ご期待にそう」を調べると「添う」と「沿う」という2種類の漢字が出てきます。 厳密にいうと若干の違いはあるものの、国語辞典では両方の表記が併記されているのでどちらを使ってもいいようです。 「添う」と「沿う」はどちらが正しくてどちらが間違いということはないので安心して使うことができますね。 詳しく見てみると「添う」は「何かに付け加えること」「誰かと行動を共にすること」「(人と)親密な関係を築くこと」などという意味があり「沿う」には「(目的などに)従う、はずれないようにすること」「何かを取り囲むように線などを引くこと」「流れに従って動くこと」という意味があります。 よって、「ご期待に添う」は「期待された内容や要求に寄り添う」というニュアンスが、そして「ご期待に沿う」は「期待された内容や要求にきっちりと従い、はずれないようにする」というニュアンスがあります。 この表現はビジネスメールなどでは、お断りのメールなどで謝罪の気持ちに誠意を込める使い方ですので、しっかりと使いこなせるように覚えておくととても便利ですよ。 交渉などで相手に断るときの例文としては「大変申し訳ありませんが今回は見送らせていただきます。 ご期待に添えず申し訳ございません。 」などという使い方ができます。 また相手に謝罪するときには「ご要望に沿えず申し訳ございません。 またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。 」という使い方もできます。 これは、相手の要望に応えることができない場合があるときに使われる文章です。 使い方は、サイトのお問い合わせページの文章など、期待の内容が始まる前に使われます。 例文を2つほどあげると、「大変お手数をおかけ致します上、ご期待に添えない場合もあるとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。 」や「ご期待に添えない場合がございます。 お早めに連絡いただけると幸いです。 」などといった使い方になります。 こちらも断りの文として使うことができます。 例文としては「料金の交渉については一切応じることができないようになっております。 ご期待に添うことができず申し訳ございません」などと使います。 他にも「お問い合わせの件についてですが、現在ご質問にお答えできない状況となっております。 ご期待に添うことができず申し訳ございません」などと使うこともあります。 「申し訳ございません」という謝罪の言葉も同時に送ることで、やんわりと断ることができます。 このようなビジネスメールで、なにかをお願いする側に立ったときは「ご迷惑おかけしますが」などといった表現が使われます。 この表現について、類義語や英語での表記の仕方などについても、こちらの記事でご紹介しています。 ぜひこちらも参考にしてみてください。 「沿う」には願いや要望を希望通りに実行することという意味があります。 つまり、「ご希望に沿えず」には願いや要望に応えることができずに、という意味が強くなります。 「ご期待に添えず」とニュアンスが非常に似ている表現です。 また、「恐縮でございますが」という表現はとても丁寧で相手を上に見た、へりくだった言い方です。 「ご期待に添えず」というよりもかしこまった言い方が「ご希望に沿えずに恐縮でございますが」という表現になりますね。 「ご期待に添えず」は期待されていた内容や結果を提供することができないという意味なので類似していますね。 「ご要望に沿えず」は相手が物事の実現を強く求めているときに使われる表現といえますね。 「お役に立てず恐縮ですが」「お役に立てず心苦しい限りですが」などといった言い回しで使われます。 似たような言葉で「お力になれず」といった表現もありますよ。 「ご期待に添えず」のあとに続けて使うこともありますが、単体で「すみませんが」と使うこともできます。 ご期待に添えずの反対語「ご期待に添える」 相手の要望や希望がかなわなかった場合には「ご期待に添えず」とい表現を使いますが、要望や希望をおこなう前の段階で相手に頼まれて「期待にこたえられるように頑張る」という言葉は「ご期待に添えるように努力致します」と丁寧な表現をすることができます。 この「期待に添える」という表現についてはこちらで詳しくご紹介しています。 「期待に添える」という言葉の意味や敬語、また「期待に添える」という言葉の類語などについてご紹介しているので、気になる方はぜひこちらも参考にしてみてくださいね。 」という表現が一般的です。 「expectation」とは期待という意味の単語です。 「meet」には「会う」という意味以外にも「合う」「適合する」「触れる」などという意味があります。 「meet your expectation」で、あなたの期待に添うという表現ができるのですね。 」という文になります。 「regret」は後悔する、残念ながら…という意味があります。 ややフレンドリーな表現に近いといえます。 似たような意味である「ご要望に沿えず」という表現の場合も、英語では同じ文章で大丈夫でしょう。 英語の例文としては「We regret to inform you that we are unable to satisfy your request. 」などがいいでしょう。 ご期待に添えずの表現方法を覚えて言葉を有効に使おう 「ご期待に添えず」という表現についてみてきましたがいかがだったでしょうか。 「ご要望に沿えず」や「ご希望に添えず」などといった表現でも使うことができるので、相手がどのような立場の人なのかということを考えて使うようにしましょう。 また期待に添えるという言葉も一緒に覚えると便利ですね。

次の

ありましたらの使い方は?敬語の例とあれば・ございましたらとの使い分け

またご縁がありましたらよろしくお願いします 敬語

お断りメールの書き方3つのポイント はっきり断る 相手が目上や取引先の人だったりする場合、「断る」という行為はとてもハードルが高いです。 今後の付き合いがなくなるかもしれないと不安になるかもしれません。 だからといって言葉を濁して曖昧にすませてはいけません。 相手はYESかNOかを求めているため、 曖昧な返事をしてしまえばYESに捉えられてしまい、後々面倒になってしまうこともあります。 「断るほどでもないのでは?」という場合は別の案を提案するのも一つの手段ですが、そうでない場合は、 相手のためにもはっきりした断りの文言を入れましょう。 感謝の気持ちを述べる 「断る」「断らない」という選択が迫られるような状況のとき、相手は自分に対して時間を割いてくれたり、何かしらの労力を費やしてくれていることが多いと思います。 ただ断りの一言しかなければ、「配慮がなっていない」と思われてもおかしくありません。 対面でもメールでも、 断るときには必ずお礼も一緒に添えることを心がけましょう。 提案してくれたことに対するお礼を忘れなければ、たとえお断りメールだとしても、相手をそこまで嫌な気持ちにすることはないはずです。 また、お誘いを断るときには、感謝の気持ちを述べると同時にお詫びの形の文面にすると角が立ちません。 この度はイベントにお誘いくださりありがとうございます。 あいにくですが当日は地方へ出張に出ておりますので、参加を見送らせていただきます。 せっかく声をかけていただきましたのに申し訳ございません。 クッション言葉をうまく取り入れる はっきり断るといっても、「無理です」「できません」といった言葉だけでは相手を不快な気持ちにさせてしまいます。 メールは文面でしか伝えられないからこそ、 クッション言葉をうまく使いながら、なるべく優しい表現ではっきり断るのが理想です。 お断りメールでぜひ使いたいのが、「大変恐縮ですが」「せっかくなのですが」などのクッション言葉です。 これらをうまく取り入れることによって、相手に対する申し訳なさをしっかりと文面に取り入れつつ断ることができます。 クッション言葉の例.

次の

「またの機会に」は社交辞令?ビジネスメール例と類語を紹介

またご縁がありましたらよろしくお願いします 敬語

「機会」の意味にある「都合」とは、「何かを行う際、他の事に影響する事情」または「具合の良し悪し」などを表す言葉です。 続いて「機会」の意味「丁度良い折」の「折」ですが、ここで言う「折」は「何かを折る」ではなく「時の区切り」を意味します。 「チャンス」は英語ですが、意味は「行うに適した時」であり、これまでにお伝えした「機会」の意味と同様です。 和訳では「好機」と言われることもあります。 「あれば」の意味 上記でお伝えした意味を組み合わせてみると、「機会があれば」は「今は丁度良い時ではないが、丁度良い時が来たら」の意味になります。 もう少し簡易的に示すと、「今は行うに良い時機ではない」が「行うに良い時機が来たら」ということです。 「機会があれば」の言葉が使用される前には、相手から何かしらの行うことが示されています。 その示されたことに対して、「今は行うに良い時機ではない」が「良い時機が来たら行う」ことを伝える言葉が「機会があれば」です。 ただ、「良い時機が来たら行う」という意味が含まれない場合もあります。 すなわち、社交辞令および建前の発言ということです。 そのため、使い方や受け取り方には注意が必要な言葉と言えます。 「また機会」の「また」は「今ではない次」または「再び」を意味するため、「ございましたら」と組み合わさることで「次に機会があるなら」あるいは「再び機会があるなら」の意味になります。 「よろしくお願いいたします」は「お願い」していることですので、「こちらとしてはそうしてくれると良いと思う」気持ちが込められています。 「機会があったら」は「機会があれば」の言い方を変化させたものですので、意味は全く同じと考えて問題ありません。 「あれば」は「ある」の仮定形「あれ」に接続助詞「ば」を付けたものだと言いましたが、「あったら」は「ある」の連用形「あった」に「ら」を付けた未然形です。 仮定形は「あることを想定して」であり、「あることを望む」意味合いがあります。 強いて言えばこのような違いがありますが、大方同じ意味です。 折あらば 「機会があれば、是非」といった言葉は、よく用いられます。 この使い方では「機会が訪れること」に対して「希望」の気持ちが込められていますので、「本当にそれをしたいと思っている」気持ちが含まれています。 「何かしらの事情で今はできないけれど、できる時期あるいは丁度良い時期が来たら行いたい」気持ちがある時に使用します。 しかしながら、社交辞令的な意味で使われることも無いわけではありません。 「機会があれば、是非」を社交辞令的な意味で使用する時、使用者は「本気でそれをしたいわけではないけど、意欲があるように見せておいた方が良い」と思っています。 これは相手のためであったり、自分のためであったりします。 状況によっては社会人として大事な振る舞いとなりますが、場合によっては無責任な人にもなりますので、気を付けましょう。 機会があれば、よろしくお願いします。 「機会があれば、よろしくお願いします」は、「今はその時ではないけれど、その時が来たらよろしくね」ということをお願いしている言葉です。 この使い方ができる時は、「こちらが相手の何かを断った時」です。 「相手がこちらを断った時」は、「今はその時ではないかもしれないけれど、その時が来たらよろしくお願いします」の意味になります。 この使い方は、社交辞令的な意味で使用されることはあまりありません。 なぜかと言いますと、「よろしくお願いします」には「そうしてくれると嬉しい・ありがたい」の意味があるため、「行う気持ちが本気ではない」のに使用すると「相手」が「そうしてくれた時」に真心に欠ける反応になってしまう可能性があります。 本気でない場合は、「機会があれば・・」と濁すと良いです。 機会があれば、また。 「機会があれば」という言葉は、書き言葉か話し言葉かで言うと話し言葉寄りになります。 そのため、メールのように文面上で用いる時には、書き言葉と言っても問題ない表現に換えた方が良いでしょう。 では、換えた場合どういった言葉になるのかということですが、「機会があれば」をメールで使用する時には「機会がございましたら」「機会がありましたら」を使います。 「またの機会がございましたら、よろしくお願いいたします」や「またの機会がありましたら、よろしくお願いします」などの言い方を使用します。 文面上、特にビジネスメールのような連絡事項などをやり取りする状況においては「機会がありましたら・・」といった濁す表現はしません。 必ず「ございましたら・ありましたら」の後に、「よろしくお願いします(いたします)」などの言葉を添えます。 社交辞令として「機会があれば」を用いる時、真意としては「機会が来ても行わない」気持ちがあります。 たとえば「食事に行きませんか」というお誘いを断る時に「すみません、今日はちょっと・・機会あれば、また。 」と返したとします。 この時「機会があれば」といった側に「予定が合えば行く気がある」場合は、いつの日か食事に行ける日が来るでしょう。 しかし無い場合は、誘い続けても何かしらの理由を付けて断り続けるでしょう。 すると相手としては「機会があればと言ったけど、行きたくないのかな」と思うようになったり、場合によっては「忙しいんだな」と考えたり、人によっては怒るかもしれません。 気がないなら別の表現を用いる工夫を 「脈なし」なのか「脈あり」なのかは、様子を見ることである程度分かります。 「脈なし」の場合は「機会があれば」と言っているだけで、「機会を待つ」気持ちを伝える印象に欠けます。 どこか興味なさげで、当たり障りないことを言っておこう感が表情や口調に見られます。 「脈あり」の場合はその逆で、「機会を待つ」気持ちをしっかりと表してきます。 それは表情であったり口調であったり、目の感じなどから読み取れるでしょう。 「脈なし」の場合は「機会を与えられないために」または「機会が来ても避けるために」、「本気で行いたい気持ちがある」ことを出しません。 「脈あり」感を出しているにも関わらず「脈なし」の場合は、調子が良いやつ・言動が無責任・好かれようとしているなどの可能性があります。 メールなど文面では分かりにくいこともありますので、「機会があれば」と言われる側は「本気かどうか分からない」程度に受け取っておくと良いです。

次の