ゴリラ の 血液 型。 ゴリラの血液型は全部B型って本当!?なぜB型なの?

ゴリラの血液型はB型だけ!?ゴリラに関する豆知識をご紹介!

ゴリラ の 血液 型

「性格診断」の本当のトコロ• プロからみた「性格診断」は• 占いでは、生年月日や星座などから、 統計的な視点を導くことも• 血液型による性格は、あまり当てにならない• 「性格診断テスト」はどう捉えるべき?• 自己分析として使えば、自分のホンネに気づける事も• 正しい「性格診断テスト」の使い方• 一生決まった性格でいる事はない• 型にはめ過ぎず、 性格診断を楽しもう 今回は「 性格診断」についてお話しました。 自分の性格にどういう傾向があるのか、あくまで『 自己分析』として楽しむのが一番かもしれませんね。

次の

ゴリラの血液型はB型だけ!?ゴリラに関する豆知識をご紹介!(2020年3月12日)|BIGLOBEニュース

ゴリラ の 血液 型

ゴリラの雑学のなかから特におもしろいものを紹介するのだ。 ゴリラは鼻歌を歌う ゴリラは鼻歌でコミュニケーションを取ることがある。 食事中に鼻歌を歌うことが多く、食事の満足感を歌で表現しているといわれている。 ちなみに鼻歌を歌うのは群れのリーダーだけなのだ。 コング=ゴリラじゃない コングというのは、『キング・コング』の作者がつくった言葉。 キングコングが大ヒットしたので、日本などではコング=ゴリラという意味で浸透したのだ。 あの任天堂のドンキーコングもコング=ゴリラと誤解して名付けられたそうだ。 ちなみに、「ドンキー・コング」のドンキーとは「ロバ」ではなく「まぬけ」という意味。 ゴリラが全員B型はウソ ニシローランドゴリラの血液型は全員B型だけど、マウンテンゴリラはB型ではない。 ただ、ほとんどのゴリラはニシローランドゴリラなのでゴリラの90パーセント以上はB型ということになるのだ。 手話ができるゴリラ ココという名前のゴリラは、手話で人間とコミュニケーションを取ることができる。 ココは1000以上の手話を理解してつかうことができるのだ。 俳優のロビン・ウィリアムズと交友があり、彼の訃報を聞いたとき悲しんだといわれている。 ゴリラはベッドをつくる 野生のゴリラは草や葉っぱを敷きつめて手製のベッドをつくる。 ゴリラだけでなく、チンパンジーなどその他の類人猿にもみられる行為なのだ。 ゴリラは毎日、寝床でウンチする ゴリラは毎晩、寝床を変える習性があるのだが、寝床にウンチをしてしまうのが原因だといわれている。 きれい好きなのか不潔なのか、わからないのだ。 ゴリラは下痢になりやすい ゴリラは知能の高い生き物なのでストレスを感じやい。 だから、すぐに下痢になってしまうのだ。 ゴリラはUMAだった ゴリラが発見されたの20世紀初頭。 それまでは未確認の生物だった。 もしかしたらゴリラのように、これから発見されるUMAもいるかもしれないのだ。 ゴリラに詳しくなれる豆知識 ゴリラの習性などについて詳しくなれる豆知識を紹介。 ゴリラの語源 ゴリラはギリシャ語の「毛深い女」を意味するゴリライが語源である。 日本では「大猩々」(おおしょうじょう)とも呼ばれていた。 ちなみに、猩々(しょうじょう)とはオランウータンのことなのだ。 ゴリラがドラミングする理由 ゴリラが胸をたたくドラミングという行為はただの威嚇ではない。 相手に自分の居場所を知らせてムダな争いを避けようにしているのだ。 ちなみに、大人のゴリラのドラミングは2キロ先でも聞こえるそうだ。 ゴリラが糞を投げる理由 ゴリラが人間に向かってウンチを投げるのは求愛行動の一種だという説がある。 他には、ウンチをつかんだときに観衆が反応するので楽しくなって投げてしまうという説もあるが、人間を威嚇しているという説が有力とされているのだ。

次の

当たる?生年月日・星座・血液型…「性格診断」テスト、本当のトコロ

ゴリラ の 血液 型

遺伝子の進化について 〜 1. 遺伝子の進化とは〜ABO式血液型を中心に〜 霊長類のABO遺伝子 ヒト以外の霊長類でもABO式血液型は存在するが、不思議な分布をしている。 チンパンジーではA型とO型しかなく、逆にゴリラにはB型だけである。 オランウータンや旧世界猿では、A対立遺伝子とB対立遺伝子のどちらもみつかっている。 このため、ABO式血液型遺伝子座では、霊長類の進化のかなり古い時代からA・B対立遺伝子が共存してきたのではないかという仮説があった。 この仮説が正しいかどうかは、DNAを調べれば決着するはずである。 そこで山本文一郎氏らとドイツの研究グループがあいついで霊長類におけるABO遺伝子座の塩基配列を決定した。 図2は、それらの配列データをもとにして作成した遺伝子の系統樹であり、私と山本文一郎氏が共同で発表したものをもとにしてある。 この図から、ヒト、ゴリラ、ヒヒで見つかったB型対立遺伝子は、それぞれ独立にA型対立遺伝子から生じたことが予想される(図の点線)。 つまり、ヒト、類人猿、旧世界猿の共通祖先では、ABO式血液型の共通祖先遺伝子は、A対立遺伝子タイプであったと考えられる。 もっとも、まだ配列はわかっていないものの、オランウータンにもB型が存在するし、ニホンザルも大部分の個体はB型である。 このようにあちこちの種でA型とB型が存在していると、祖先型がA型かB型かははっきりしなくなる。 ABO式血液型の遺伝子は、通常の遺伝子がしたがっている進化パターンにはあてはまらないようである。 第一に、糖転移酵素の働きがなくなっているのにもかかわらず、O対立遺伝子の頻度がかなり高い。 重要な物質交代を担っている酵素遺伝子の場合、酵素の働きがなくなってしまう突然変異が生じると、普通はその個体の生存にきわめて不利なので、子孫を残しにくくなるはずである。 したがって、ABO式血液型に関与する糖転移酵素は、人間がとりあえず生きてゆくのには絶対必要であるわけではない。 ところが私たちの推定によると、後述するように、ABO式血液型の遺伝子は脊椎動物が出現した5億年以上前ごろから、延々と生き残ってきたのである。 このことから、弱いながらもこの遺伝子にはなんらかの存在意義があると考えられる。 このように、絶対に必要というわけではないが、あったら少しは役に立つという遺伝子が、ヒトゲノム中にはたくさんあると筆者は考えている。 また、A型とB型の対立遺伝子の共存が霊長類のあちこちの種でみられることも不思議である。 この遺伝子がなぜこのような変異パターンを示すのか、まだよくわかっていないが、バクテリアやウイルスなどの感染を防ぐのに、ある程度の効果があるのではないかと考えられている。 実際、胃潰瘍や胃癌の原因のひとつであるヘリコバクター=ピロリというバクテリアは、胃壁にもぐりこむ際に、ABO式血液型物質の前駆体であるH型物質を足場にしている。 するとH型物質しか持っていないO型の人間は、胃潰瘍などになりやすいため、多少は生存に不利となるだろう。 同様のことが、A型やB型の糖抗原と別のバクテリアの組み合わせについても成り立つかもしれない。 しかし、まだこれらは仮説にすぎず、将来の検証が待たれるところである。 資料:斎藤成也.

次の