躁鬱病 接し方。 双極性障害の方への接し方【職場の同僚・恋人・家族・友達】

うつ病の治し方・症状・接し方が分かる!

躁鬱病 接し方

躁うつ病の接し方 躁うつ病の概要 一般的にうつ病と躁うつ病を同義的に語られる事があります。 その最たる原因は罹患者本人が躁状態=本来の性格であると思い込んでいるからです。 躁状態は確かに活動的で明朗な印象を受け、周囲も度を越さない限りは疾病症状と社交的な性格との認知を正確に出来難い様です。 しかしうつ病と躁鬱病とでは治療方法や服用する薬の種類に至るまで全く異なる病気です。 叉実際に社会関係でトラブルが生じる局面が生じる場合はうつ状態より躁状態の方が多いと言われます。 自分中心(他人も快適だと思い込む)に事を構え、時と場所の概念や相手の立場は考えず行動に及ぶ事が多く、例えば深夜帯にも拘らず手当たり次第に電話を掛け、一方通行な話に長時間に亘って平気で行います。 相手の話に聞く耳を持たない様に成り事情の知らない知人などは徐々に距離を置く様に成ります。 しかし罹患者本人の立場に立てば逆に裏切られた様な被害意識が高まります。 その様な経過をとして人間関係が壊れ孤立するケースも少なくありません。 睡眠も余り取らず元気に歩き回り活動を続けるので、最終的に体に限界に至り、急激な状態変化が生じます。 不眠不休で免疫が弱っている事から風邪やその他の疾患を併発する可能性も低くありません。 浪費癖が在る人が躁状態に浸ると一層その傾向が強く成ります。 収入とのバランスを失い最悪の場合、クレジットで不要な商品を買い続け、最終的に自己破産にまでに追いやられるケースも有り得ます。 この様な躁状態では家族や周囲が注意を申し出ても逆効果な場合が多く対応には苦慮します。 家族関係に於いては躁状態が進行するのに平行して日常的に口論が生じ泥仕合化します。 結局は家族も振り回され、睡眠不足状態に浸り体や精神的に変調を来たす事も在ります。 機会を見つけ治療に専念する様促し説得出来なければ離婚や家族離散と言った状態に成ります。 その他躁状態での特徴は、気が大きく成り根拠無き過信に浸り、顛末に対して熟慮する事が無く成ります。 その結果、身の丈に合わない難易度の高い仕事を安請け合いする様に成り、結局は周囲に迷惑を掛ける事に成ります。 この様な大胆さがエスカレートした結果、法外な公金流用して社会的犯罪に手を染める様にも成りえます。 解雇はおろか刑事事件の加害者として発展し、大変な立場に追いやられるケースもありえます。 このレベルまで進行した場合もはや躁状態とは云えず、統合失調症への誇大妄想に変質を意味します。 通常の精神状態では決して行わない事側(犯罪)に対しても抵抗なく実行してしまい自他問わず人生を破壊する可能性が示唆される状況です。 躁うつ病の接し方 上記の通り躁状態は罹患者自体、一種の恍惚状態にある為、本人にとって快適な状態の否定や忠告は基本的に有効な効果をもたらさず、罹患者が成人の場合は(犯罪性の無い場合)無下に拘束や保護する事も法的に抵触し対応出来ません。 他人を巻き込む様な深刻な状態に浸る前に、忍耐強く説得し本人同意の上で精神科に掛かるよう促す方法しかありません。 但し正直に対応せず、結果的に騙されて入院という話に至った場合、罹患者は略100%家族に対して逆恨みの感情を抱きます。 この状態では医師とも信頼関係構築も崩壊している為治療を一層難しくします。 そううつの起源 躁状態、うつ状態、どちらが起源で躁うつ病に至るのかは、個々人によって異なり、起源に於ける法則は確定できません。 尚一般的な症例として当初はうつ状態のみの状態であった罹患者が数か月~数年に及んで軽躁状態や躁状態が現れる場合もあります。 臨床に於いて担当している(医師)はうつ病の患者が些細な言動の変化(急に表情が明るく成るなど)が生じた場合、改善の兆候か双極性障害 そう鬱 への変化か見極めなければ成りません。 抗うつ治療とは同時に躁状態を促す効果のある薬を服用させている行為でもあり一定のリスクも負っているからです。 アルツハイマーについて• アルツハイマーの症状について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの対応について• 若年性アルツハイマーについて• くも膜下出血について• くも膜下出血の予防について• くも膜下出血の原因について• くも膜下出血の症状について• くも膜下出血の治療について• くも膜下出血のその後について• くも膜下出血と脳の病気について• 急性くも膜下出血について• 外傷性くも膜下出血について• 脳梗塞について• 脳梗塞の症状について• 脳梗塞の原因について• 脳梗塞の予防について• 脳梗塞の治療について• 若年性脳梗塞について• パーキンソン病について• パーキンソン病のリハビリテーションについて• パーキンソン病の原因について• パーキンソン病の初期症状について• パーキンソン病体操について• 若年性パーキンソン病について• 偏頭痛について• 偏頭痛の症状について• 偏頭痛の原因について• 偏頭痛の対処について• 偏頭痛と食べ物について• 慢性偏頭痛について• 群発頭痛について• 緊張性頭痛について• てんかんについて• てんかんの症状• てんかんの原因• てんかんの対処• てんかんの治療• てんかんと年齢• てんかんの分類• 動物のてんかん•

次の

躁うつ病の人とのつきあい方(友人・家族)

躁鬱病 接し方

うつ病状態の「死にたい気持ち」を抱える当事者を支援する上では、「当事者の生き方、対処の方法を変えない」という接し方を覚えてほしいのです。 これは非常に難しい接し方ですが、意識することによって何とか支援者自身の行動をコントロールできると思います。 この接し方の原則に従わないと、別人になったうつ病患者の心を開くことがなかなか難しくなります。 この接し方は、たとえばこういうことです。 ・手首を切る癖のあるうつ病患者に対して、「手首を切るな」と言わない。 ・アルコールを飲んで死にたい気持ちが生じるうつ病患者に対して「アルコールを飲むな」と言わない。 ・自殺未遂をしたうつ病患者に対して「二度とそんなことはするな」と言わない。 ・虐待をしてしまううつ病患者に対して「虐待をするな」と言わない。 ・ギャンブルに手を出し消費者金融から借りてしまううつ病患者に対し「ギャンブルをするな」と言わない。 ・休みたくないといううつ病患者に対し「休め」と言わない。 ・そして「死にたい」と言ううつ病患者に対して「そんなこと言うな」と言わない。 それらは難しく、何となくおかしいことはわかっています。 ところがこれが「うつ病患者への接し方の原則」なのです。 まずわかっていただきたいのは、最後までこの原則通りにするわけではないということです。 周囲の人が支援をする当初、当事者と心を結ぶまでの間、この接し方の原則に従っていただきたいのです。 支援の途中でも、うつ病患者の調子が崩れ支援者との交流が難しくなった場合は、この原則に戻っていただきたいと思います。 周囲がうつ病患者の不調に気づくのは、しがみつき行為が表面に現れている場合が多いのです。 するとどうしてもそのしがみつき行為に対して、意識が向いてしまいます。 しかし、しがみつき行為はうつ病患者が生きるために必死の思いでやっている行動です。 それを最初に否定されると、当事者は簡単に殼に閉じこもってしまいます。 うつ病状態の人は周囲の人に、自分のつらさをわかってほしいのです。 しがみつき行為を直接否定されるのは、まさに現場を知らない空の上からの接し方であり、当事者は怒りと絶望を感じてしまいます。 また、しがみつき行為の中止を直接指示するものではなくても、現状を打開するために「何かをしてみたら」という接し方も当初のうちは控えなければいけません。 たとえば人間関係で悩んでいると訴える、うつ病患者さんに対して、「正しいことを辛抱強く続けていれば、きっといつか相手だってわかってくれるよ」とか「こちらから積極的に挨拶をしていくことから始めたら」などと言うのは、エネルギーの枯渇しているうつ病患者さんに、新たなエネルギーの支出を要求することになります。 うつ病患者さんは、今の生き方を維持するだけで精一杯なのです。 たとえ悪くなる方向への生活態度や行動でも、急にハンドルを切ることを強要されることが一番苦しいのです。 ハンドルは本人が切れる範囲で、徐々に切っていく。 急ハンドル禁止なのです。 また、枯渇するエネルギーにおびえるうつ病患者さんは、長い時間がんばるという発想ができません。 それはまるで沈みゆく船で全員がバケツで水をかき出す作業を命じられるようなものです。 とても今はそんな状況ではないのです。 つまり新しいこと、長くかかることは受け入れがたいのです。 そのようなアドバイスはやはり現場をわかっていない人からの接し方として受け取られます。 ところが「新たに何かすることをやめる」を拡大解釈し、当事者に何もしないことを要求すると、逆に苦しくなってしまいます。 その意味では、結果的にうつ病患者さんの正しい対応である「受診する。 休みを取る」というアドバイスでさえも、当初は控えなければいけません。 走っているのに、「止まれ」はだめなのです。 急ブレーキも禁止。 今の走りでいいよ、そのままで大丈夫だよと言ってやる。 これが一番エネルギーを使わないのです。 その走りで落ち着いてから方向転換を指示しましょう。 そのためには、うつ病患者さんの状況を知らなければいけないのです。 まずは、うつ病患者さんの話をゆっくり聞く接し方から始めましょう。 うつ病による自殺防止のための接し方を考えるとき、どう声をかければ良いか・・・もし本人が自殺してしまったら・・・ということも考えてしまいます。 どんな接し方をしても、どんなに最善を尽くしたとしても、愛する人がうつ病自殺で死んだら、支後者は自分を責めてしまいます。 当事者の自殺を防止できる可能性を高めると同時に、不幸にもそれができなかったとしても、周囲の人が「やれるだけの接し方はやった」と思えるような対策を推奨します。 人事を尽くして天命を待つ、という方法です。 それは、うつ病患者さんだけでなく支援者も含めて、「マイナスをできるだけ少なくする」という発想です。 その、もっとも大切なポイントが、「不調を察知したら(気がついたら)声をかける」という接し方です。 実は声をかけようが声をかけまいが、自殺されたら、後悔するのです。 声をかけた場合は、声をかけたのに自分には話してくれなかった、それ以上は対処できなかった、と。 声をかけなかった場合は、なんとなくおかしいと思っていたのに、声をかけなかった...。 もともとどちらもマイナスなのです。 だったら、声をかけた接し方のほうがいい。 もしかしたら、あなたの声かけによって、当事者が助けを求める可能性があるからです。 実際は「何か変だな」と思っていても、周囲の人も日常生活の中に適当な理由を見つけて、「大したことはないんだ。 しばらくすれば立ち直る。 様子を見ておこう」と、結局何もしないことが多いのです。 とはいえ、これがなかなか難しい接し方なのです。 むやみに声をかけるとかえって、うつ病患者さんの気持ちを逆なでするのではないか、とか自分が声をかけたことで、うつ病患者さんが自分を失い極端な行動に出たらどうしようなどと考えてしまいます。 いきなり心理的なテーマを話題にするのではなく、まず身体的なテーマに関する心配をきっかけに話を進めてほしいのです。 ところが表面飾りが強いうつ病患者さんの場合、どうしても心理面からのアプローチには壁をもうけてしまう傾向があります。 そこで、「最近顔色が良くないような気がするんだけれど、体調はどう」とか「何か疲れているような印象があるのだけど、ちゃんと食事とっている?」などのように体の調子を気遣う言葉から始め、体調管理をテーマにした話題をしばらく続けてみます。 そこから、相手が話し始める状態であれば、本人の苦しみについて耳を傾けます。 もしそれ以上話が発展しない場合、「何かあったら相談に乗るからね」という「私はあなたのことを心配しているよ。 力になるよ」というメッセージを残して、あっさりと会話を終えてください。 必死になって、それ以上聞き出すことは、かえってうつ病患者さんの心の壁を高くしてしまいます。 おそらく、今のタイミングであなたに自分の心の苦しみをを説明することができなかったのです。 あなたに気を使って話しにくかったのか、うつ病の波がたまたま収まっていて、今日は相談しようと思わなかったのか、周りの環境から「ここでは相談できない」と思ったのかはわかりません。 ただし、「あなたが心配している」というメッセージだけは伝わったはずです。 これを「窓口を開放しておく」と表現しています。 窓口を開放しておきさえすれば、うつ病患者さんがあなたを必要とするときには、あなたを頼ってきやすくなります。 うつ病患者さんとの接し方で、軽く声かけをした時の表情を見て、嫌がってないと判断できれば、しばらくしてまた声をかけてみてください。 もしかしたら、うつの波の状態が変化しているかもしれません。 声かけをしたときに、あなたのことを嫌がっているようであれば、あなたが「うつ病患者さん」にとっては苦手なのかもしれません。 あなたは支援したいという強い気持ちからかもしれませんが、それは販売員がしつこく商品を勧めているようなものなのです。 今の「うつ病患者さん」は自分のペースで自分の好きなサービスを受け取りたいのです。 死にたいという気持ちを抱えている「うつ病患者さん」に対して、話を聞くという作業はどのような意味を持つのでしょうか。 死にたいという気持ちを持つ人の特徴を考えてみましょう。 心身の疲労感があり、仕事や生活をうまく回せないようになります。 1、行き詰まっているのはどことなく「自分に責任があるのではないか(自分が怠けているだけ、能力が無いだけ)」と感じ、それを周囲に責められるのではないかという強い不安を持っています。 2、どうしてこうなったのか自分でも自分のことをよく理解できず、うまい話し方もできない。 3、自分の心や体をコントロールできず、今の状況を打開できない状態が続くと「自分は何もできない」という無力感を感じます。 みんなの中でこのように無力感を感じるのは自分だけであり、そんな自分はみんなから見捨てられるのではないかと恐れています。 このような「うつ病患者さん」は、初めのうちは誰かに助けを求めたかもしれません。 ところが自分のことを正しく説明できないために、周囲の人も「気のせいだよ」とか「誰だって少しは悩むことがあるものさ」などと適当な接し方をされます。 あるいは、「考えすぎじゃないの。 君のほうからみんなの中に飛び込んでみたら」などというアドバイスをもらいます。 周囲の人も、「うつ病患者さん」を積極的に力づけようとして、さまざまな接し方をしてくれたでしょう。 でも、エネルギーが低くなっている「うつ病患者さん」は、「そういう状態ではないのだ」などとそれを否定することができず、我慢して聞くしかなかったのです。 それは逆にエネルギーを消耗させる話し方になってしまうのです。

次の

躁うつ病患者(双極性障害)との接し方

躁鬱病 接し方

躁うつ病の方が躁状態に転じて「軽躁状態」になって活動性が高まっても、まだ行動にまとまりがあります。 しかし、さらにそれがエスカレートすると、今度は本格的な躁病の躁状態になってしまいます。 躁病の躁状態の活動は、ただ言動そのものが高まって忙しいだけではありません。 いまコレをしていたと思うと、すぐにアレをしている。 ある人に話しかけていたかと思うと、すぐ別の人に移る。 そんなくるくるとめまぐるしい「転動性」があります。 「支離滅裂」は、活動性の高まりと、この転動性が増大して組み合わさっています。 とにかくつかみどころがなくて、ころころ移動しくるくる動き回ります。 上機嫌となり、話し相手をも自分の感情に引き込んでしまう傾向があります。 そして、この「上機嫌」は「自己評価高揚」にもつながります。 ですから、この時期に、相手に対して尊大な態度に出ると、すぐに喧嘩になります。 要するに自己評価高揚から誇大妄想につながっていき、自分は「誰よりも偉い」になってしまうのです。 この時の攻撃性は耳を塞ぎたくなります。 テーブルをバンバン叩きながら、「あなたはねっ!」と同じ説教じみた文句を延々と言い続けます。 こちらは散々文句を言われ怒鳴られて疲れていても、やがて時間が経つと、けろりとして握手を求めてきたりするので、とにかく振り回されてしまいます。 これは全ての人に有効というわけではないかもしれませんが、躁うつ病の方の視野が過去に向いているというのを実証するように、不思議と会話を過去の話に持っていくと、次第に会話にまとまりが出てきたり、怒りが収まってくることがあります。 過去の話とは言っても、難しい話ではなく、その頃流行していた歌のことだったり、修学旅行に何処に行ったとか、そういう簡単なもので良いようです。 どちらにしても、躁病の躁状態は会話にならないことがほとんどなので、「あぁ」「うん」「そうなの?」と短く返事をしつつ、態度はあくまで「下手(したて)」に出つつ、怒り出す前に話を早めに切り上げる方が賢明なようです。 躁うつ病者とのラクな関わり方 躁うつ病者のまわりの人間は、治療ができるわけではありませんので、そっと見守ってあげることを求められます。 しかし実際、躁状態になったらおしゃべりがとまりませんし、よく笑いますし、メールや電話の量が半端ではないこともあります。 「無視するわけにもいかないし」と、つい頑張ってしまうこともありますが、頑張る必要はありません。 躁うつ病者のまわりの方が疲弊してしまって、躁うつ病者ともどもダメになってしまうことが一番大変です。 では、躁状態の行動を断ち切るにはどうしたらよいのでしょうか? 断ち切る 弾丸トークが止まらない。 意味不明の話を聞き続けているのがつらい。 そうなってしまったら、自分が疲れ切ってしまう前に切り上げてしまいましょう。 「仕事があるので電話を切ります」「携帯の電池が切れてしまいました」「もう遅いので寝ますね」などと言ってシャットアウトしてよいです。 躁うつ病者の人は一見楽しそうに話していますから、ついつい変な気をつかって話に付き合ってしまうのですが、実際躁うつ病者本人は歯止めがきかなくなっており、エネルギーが枯れ果てるまでしゃべります。 その状態は本人にとってもよくありません。 干渉しない 「仕事してみたら?」「だらだらするのもそろそろやめて…」などできないことを求めていないでしょうか。 特に家族の場合、四六時中一緒にいるので「いい加減に…」という気持ちからつい小言を言ってしまいます。 しかしそれはケンカの原因をつくっているだけです。 また、「そんなことしたら嫌われちゃうわよ」「あとで後悔するのは自分よ」などと心配をぶつけてしまうこともあると思います。 しかしそう言ったからといって行為をやめるわけではありません。 ある程度までは本人の責任と割り切ることも、それを躁うつ病者に言葉にして伝えることも必要です。 大切なのは躁うつ病者を嫌いになる前に距離をとってしまうことです。 躁うつ病という病気だからしかたないんだとわり切れたらどんなに楽かと思いますが、実際大人であっても、そうそう立派な人間ができているわけではありません。 躁うつ病者に対して、変わらぬ自分を貫き通せるかどうかを念頭に、上手にお付き合いしてください。 毅然とした態度が患者を救う 躁うつ病者が躁状態のとき、症状によっては非常に迷惑を被ります。 しかし、そういったときに「病気だからしかたがない…」などと見守ってしまうと、躁うつ病者本人にとってもよくありません。 暴力や暴言などはほとんど自分の意志ではないですが、一番よくないのは躁状態の後にやってくるうつ状態です。 実は躁うつ病は自殺による死亡率が高い病気です。 躁状態のときにやってしまったことをうつ状態になったタイミングで激しく後悔し、「もうやっていく自信がない」となってしまいます。 そのことを頭において、接する必要があります。 <激しい躁状態の対策> 〇いけないことはいけない 暴力をふるったら「やめてください」、暴言を吐いたら「謝ってください」など自分の態度をしっかり示してください。 〇ルールをつくる ・日中どうしても話がしたくなったらこの携帯電話に電話してよいが、深夜から早朝はダメ ・暴力が止まらなくなったら病院に連絡する ・自分のお小遣いの範囲内なら何を買ってもいい ・生活費を遊びに使ってもそれ以上は出さない ・通帳や銀行員、キャッシュカードは家族が管理する などのルール決めをしておくと対応がスムーズですし、本人も納得がしやすいです。 躁うつ病者のまわりの方にとっても「これ以上されたらもう無理だ」というラインは大切です。 躁うつ病者に対してしっかり拒否ができますし、何よりも自分の気持ちが楽になります。 しかし、病状が悪いときはそのラインを示したとしても、それに従ってくれないかもしれません。 そうなったら、病院に連れて行くなり、入院させてしまうなりという対処をとってください。 躁うつ病者のためにも周囲の方々のためにも必要なことです。 気分の変化につきあうポイント 躁状態とうつ状態を繰り返す躁うつ病は、躁うつ病者本人も気分の波の大きさに非常に疲れますし、それに振り回される周囲も疲れます。 特に周囲が直接的に暴力をうけたり、罵詈雑言を浴びせられたりするのが躁状態のときです。 気分が爆発的に高揚している躁状態のときの、画期的な解決方法は残念ながらありません。 しかし、いくつかの禁止事項はありますので見てみましょう。 指摘しない 「ちょっと変じゃない?」などと指摘すると感情を爆発させて「私がおかしいなんて、あなたはなんてことを言うの!?」といった具合で返ってきます。 躁状態は非常に自分に自信があって、「オレ様」のような気分になっています。 おかしいことを伝えたい場合は、「あなたが変」ではなく、「私が心配」と伝えてあげてください。 見守る 口を挟まない 「おまえってウザイよな」「あいつってホントバカだよな」といったぐらいの言葉ならば、受け流してあげてください。 止めない ひとりで「やっほー!」「すげー!」などとはしゃいでいたり、安全な範囲で歩きまわっているならば放っておいてあげましょう。 しかし、他人に迷惑や危害を加えるような行動に出た場合ははっきりといけないことだと伝え、止めてあげましょう。 反論しない 「自分の考えがすべて正しい」などと内容が突飛な話を本気でします。 このときは、「そうじゃないよ」などと正そうとせず、気のすむまで聞いてあげてください。 このときに、どういうリアクションをとるべきか?など考える必要はありません。 気分の変動に付き合わない 躁状態の後はうつ状態がやってきます。 あまり躁状態で盛り立てるようなことをすると、うつ状態での落ち込みが大きくなりますので、振り回されず、冷静に接してください。 躁状態のときはよく話しますし、攻撃的にもなります。 そのときに対立してしまうのではなく、「症状が強く出てきたな」くらいにとらえるようにしてください。 Photo by:.

次の