湘南新宿ライン 混雑。 埼京線と湘南新宿ラインの混雑状況(平日、休日日中時間帯、現地調査)

帰りぐらい座って帰りたい!湘南新宿ラインの混雑率!

湘南新宿ライン 混雑

まず挙げられるのが相互直通運転。 2019年11月に開業した相鉄・JR直通線の開業によって相鉄でも遂に他の首都圏の鉄道会社と同じく他社線への乗り入れを開始。 相鉄線内だけでなく、JR横須賀線、埼京線のダイヤの乱れの影響を受けるようになったことが1つ目の原因。 次に乗降時間の延長によって発車時刻が遅れる点。 混雑による乗車時間超過、駆け込み乗車などの乗客のマナーによって停車時間が長くなる。 人身事故や列車緊急による安全確認等も遅延の理由の1つに。 こちらは主に踏切関連の内容が多い。 相互直通運転による影響 相鉄線では以前は相互直通運転とはまったく無関係の路線だった。 横浜~海老名の相鉄本線、二俣川~湘南台の相鉄いずみ野線の2路線で運転系統は完結していた。 相鉄新横浜線が開業したことでJR線との相互直通運転が開始されたのは2019年11月。 羽沢横浜国大駅を経由して、JR横須賀線、埼京線へも乗り入れるようになった。 この一連の直通運転の形態を「相鉄・JR直通線」という。 渋谷駅や新宿駅などの都心直結が実現した反面、相鉄線も遅延が生じやすい環境に変わった。 JR横須賀線、埼京線は遅延の王者。 毎日のように遅延が発生している路線のため、同時に相鉄・JR直通線の列車にも遅れが生じやすい。 結果的に相鉄線内の電車にもダイヤの乱れの影響が波及する形に切り替わった。 慢性的な混雑• JR横須賀線に起因する遅延とは、慢性的な混雑、湘南新宿ラインとの線路共有の点が主流。 駅構内の列車緊急停止ボタン作動による緊急停止などもあるが、大きな原因はこれら2点が該当。 混雑の場合、最も詳しく言うと武蔵小杉駅に起因する内容である。 朝ラッシュの時間帯では武蔵小杉駅からの大量の乗車人員で乗降時間の延長しやすい。 混雑率はここ最近は190%前後で推移。 首都圏の中でも首位クラス。 相鉄・JR直通線も武蔵小杉駅に停車するが、横須賀線の電車と比較した場合の混み具合の差は大きい。 横須賀線の電車の方が圧倒的に混んでいて超満員電車の様相を呈する。 さらに湘南新宿ラインの電車も横須賀線の線路を走る点も遅延につながる。 湘南新宿ラインは東海道線、宇都宮線、高崎線と直通運転を行う関係上、これらの路線内でのトラブルで運転見合わせ、遅延等のダイヤの乱れが生じやすい。 JR横須賀線(湘南新宿ライン含む)は相鉄本線とは比べ物にならないくらい定時運行が困難な状態の下にある。 慢性的な混雑• JR埼京線に起因する遅延も横須賀線と類似する。 朝ラッシュを中心に慢性的な混雑が問題となっている。 混雑によって乗降時間の延長しやすく、相鉄線直通の埼京線が遅れやすい。 そして、埼京線もまた湘南新宿ラインの電車と大崎~池袋間にて線路を共有。 他の線区のダイヤの乱れに左右されやすい。 踏切関連の運行障害 踏切は運転見合わせ、大幅な遅延をもたらす典型的な原因。 相鉄本線では踏切がいくつも存在。 連続立体交差事業が整備された区間もあるが、大半ではまだまだ踏切が点在。 人身事故のような実際の交通事故に加え、列車通過直前横断、線路内立ち入りといった一般市民の行動に問題によって電車の緊急停止があり得る。 人身事故 人身事故が起きる場所としては主要ポイント。 クルマなどの一般交通と電車が衝突する可能性も高い。 踏切での事故は「運転見合わせ」という形で電車の運転が100%止まってしまう要因になる。 一度人身事故が生じると復旧には時間を要するため、大幅にダイヤが乱れるのは回避できない。 ところで、人身事故には不運による本当の「交通事故」の場合と、走行中の電車への飛び込み自殺の場合がある。 相鉄本線はスピードを出す部分が乏しいこともあって自殺行為は少ない。 一方の不運の事故は踏切が存在するという特徴から起きてしまう。 連続立体交差ができない限りは遅延の主要原因になり続ける。 緊急停止による安全確認 列車通過直前横断、線路内立ち入りなども起こりやすい。 電車が緊急停止する根拠の1つでもある。 運転士による目視判断の結果から踏切内の障害物検知センサーが作動して自動的に急ブレーキがかかる場合の2パターンがある。 踏切には周辺の人たちが緊急時に電車を停止させる「非常ボタン」が付いているが、これが作動しなくても障害物検知センサーが反応して電車が止まる仕組みにもなっている。 運転士が危険を見て急ブレーキをかけることもある。 同じく緊急停止という形で電車が止まる。 どちらにせよ、一旦非常停止すると運転再開までには5分はかかる。 1回でも踏切にて電車が緊急停止すれば、相鉄線内で「遅延」が発生という情報が駅の電光掲示板などに登場する。 乗降時間の延長 相鉄線にて遅延が起こるもう1つの原因が、乗降時間の延長。 駅にて乗客の乗り降りが通常よりも長くなることで発車時刻が遅れ、その結果1本の電車または路線全体が遅れる。 乗降時間が長くなる原因としては、混雑という利用状況や駆け込み乗車などの乗客のマナーのどちらかがほとんど。 混雑による遅れ 混雑が原因での遅延の詳細• 3両編成のため1本当たりの輸送力が小さい >> 混雑が激化することもあり、そうなると停車駅での乗降時間が長くなって遅れにつながる。 相鉄本線の朝ラッシュの混雑率は130%近くの数値を出している。 相鉄本線そのものはターミナル駅が横浜駅で東京都内ではないこともあり、首都圏では下位。 とはいえ、特急・急行などの優等列車を中心に混雑が集中。 各駅停車と緩急接続を行う駅では、乗り換え客の大量発生で停車時間が長くなりやすい。 乗車マナーによる遅れ 一方で乗客の行動による電車の遅延が起きやすい。 停車時間が伸びる原因として、駅での停車中にドア付近に立ち止まる乗客の存在、駆け込み乗車が挙げられる。 満員電車の場合、駅に到着してドアが開いた際には、車内奥の乗客が降りられるように一旦降車するのがマナー。 1駅だけなら数秒の遅れにとどまる。 しかし、何駅も続くと大規模な遅延につながる。 できるだけスムーズに迅速に乗降できる環境を作るには、こうした乗客のマナーが問われる。

次の

18時台の埼京線・湘南新宿ラインの混雑状況(現場調査結果)

湘南新宿ライン 混雑

湘南新宿ラインの混雑具合は?通勤がラクな始発駅・途中始発駅はどこ?という疑問を解決します!朝の通勤ラッシュと夕方の帰宅ラッシュの混雑具合や、実際に湘南新宿ラインを利用している人の体験談、座って通勤できるおすすめの駅も合わせて紹介します! 湘南新宿ラインの混雑具合は? 湘南新宿ラインは大宮~大船を通る路線の通称で、身動きがとれないほど混雑しています。 車内でスマホの操作は厳しく、場所を確保するので精一杯です。 途中乗車の場合、つり革に掴まれれば奇跡に近く、ほとんどの人は、他の乗客の体で支えてもらいながら移動するようになります。 湘南新宿ラインは「東海道線・高崎線直通」と「横須賀線・宇都宮線直通」の2本があり、朝の混雑率は最大196%になるほど混雑します。 朝・夕どちらも混雑しているので、毎日ストレスと闘いながらの通勤になります。 mlit. html ちなみに、横浜から武蔵小杉を経由して渋谷まで行く東急東横線の混雑率は168%で、ギリギリつり革に捕まれるので、湘南新宿ラインは混雑することがわかります。 少しでも混雑が嫌な人、乗り換えが苦じゃない人は東急東横線での通勤をおすすめします。 他のJR路線の混雑率は以下の通りです。 197% 186% 185% 184% 173% 170% 165% 160% 157% 143% 朝の通勤ラッシュはとくに武蔵小杉~西大井区間がかなり混雑する 朝は、7時半~8時半の横須賀線「武蔵小杉~西大井区間」が最も混雑していて、 混雑率は驚異の196%です。 196%は、駅員に押し込んでもらわないとドアが閉まらないこともあるくらいの超満員電車です。 もちろん身動きは、ほとんど取れません。 また、東海道線「川崎~品川区間」は187%と、都内に向かう湘南新宿ラインは、どちらもトップクラスの混雑率です。 ちなみに、約1,000円の追加料金が必要なグリーン車でも、朝・夕は混雑しているので、途中乗車だと座れません。 逆に、都内から郊外に向かう湘南新宿ラインは、ターミナル駅で大半が降りるので、車両次第では結構空いています。 夕方は新宿・渋谷・池袋で乗客が一気に増える 夕方の18時~19時頃は「新宿・渋谷・池袋」の3駅で乗客が増えます。 どちらの方面に乗っても、新宿・渋谷・池袋のターミナル駅で一気に乗客が増えるので、混雑具合に差はありません。 また、大崎からも乗客が増えるので「大崎~池袋区間」は座れる確率が低いです。 朝と同じように、グリーン車でも座れません。 帰宅ラッシュ時も、車内はすし詰め状態なので、行きも帰りもツラい移動時間になります。 湘南新宿ラインは、時間をずらしても常に混んでいて、金曜日の夜は終電に近づくと更に混み合います。 ちなみに、後方車両のほうが若干空いているので、少しでも混雑を避けたい人は、後方に移動したほうが良いでしょう。 みんなは湘南新宿ラインの混雑具合をどう感じてる? 湘南新宿ラインの混雑具合を、みんなはどう感じているのかリアルな感想をまとめてみました。 湘南新宿ラインの南行初列車に初めて乗ったが、大崎まで結構混雑。 新宿時点で次のりんかい線新木場行きは30分後、湘南新宿ライン大船行きは35分後。 こんなに混雑するなら増便しても良さそうだが相鉄直通が始まると変わるのだろうか。 埼京線にすればよかった???? 池袋から赤羽まで左足だけで立ってたよ笑 —???? 中村千尋???? chihiro0615 やはり湘南新宿ラインは、混雑が「やばい」という声が多かったです。 湘南新宿ラインの始発駅 途中始発駅 などのおすすめ駅は? 湘南新宿ラインで座って通勤できるおすすめの駅を紹介します。 通勤時間や満員電車を考慮して、お部屋を探す人は参考にしてください。 大船駅 大船は途中始発駅なので、始発電車を狙って乗車すれば、満員電車でも座って通勤できます。 始発電車は6時台と7時台に各1本・8時台と9時台に各2本あります。 湘南新宿ラインは本数が少ないので、前列に並べるように早めに移動しないと、せっかくの始発電車でも座れません。 また、大船はJR京浜東北・根岸線も使えますが、JR京浜東北・根岸線と湘南新宿ラインが1番混むので、混雑が嫌な人は、他の路線を利用したほうが良いです。 大船は、ほかにもJR横須賀線や湘南モノレールなど、全部で6路線使えます。 藤沢駅 藤沢も大船と同じく、途中始発駅なので、始発電車を狙えば座って通勤できます。 ただ、本数が少なく、7時台と8時台に1本ずつしかありません。 ちなみに、藤沢は別路線で小田急江ノ島線が利用できるので、新宿に通勤する人は、小田急線を利用するのも良いでしょう。 藤沢は、小田急江ノ島線の途中始発駅でもあり、始発電車は6時台と7時台に6本・8時台に3本あるので、湘南新宿ラインよりも本数が多いです。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

湘南新宿ライン(横浜~宇都宮方面)の土日の混雑具合について

湘南新宿ライン 混雑

A ベストアンサー 行きの湘南新宿ラインの場合、東海道線から来る列車を避けるというのが鉄則です ・07分籠原行き快速は東海道から来るので込んでいます。 グリーンの空席も数えるほどでしょう。 ・21分の宇都宮行き快速は大船始発ですから、端の方 前の方が空いている であれば空席がある場合があります。 グリーンは戸塚ではガラガラ ・39分高崎行きの特別快速は一番混雑する列車です。 グリーンでも空席はあるとは思いますが、数えるほどでしょう。 この30分台の特別快速は終日混んでいます ・50分の宇都宮行きも大船始発ですから、端の方なら空席にありつける倍があります。 グリーンは戸塚ではガラガラ 戻りの池袋発だと、先頭車両 大船より までいけば大概座れるし、新宿で入れ替わるのでほぼ間違いなく座れます。 グリーンはガラガラでしょう。 なお、こちらも東海道線直通列車の方が混雑するのだということは覚えておいてください。 大船行きや逗子行きを狙うのが鉄則です どちらにしてもグリーン車なら、行きは席を選ばなければ座れる時間帯、戻りは確実にガラガラです。

次の