痛風 しもやけ。 医療機関で治すしもやけの治療(内服薬と外用薬)としもやけの予防法

5分でわかる!痛風の症状にはどんなものがある?

痛風 しもやけ

大人にも起こる可能性が…「しもやけ」の原因と予防法 「しもやけ」は、寒暖差による健康トラブルのひとつ。 子どものものと思われがちですが、寒い外から暖かい家の中に入ったときに手や足の指がムズムズかゆいなどの症状が表れるなど、 大人にも起こる可能性があります。 気象庁によると、今シーズンは暖冬と予想されていますが、それは1月まで。 2月は平年並みの寒さに戻るため注意が必要です。 「しもやけは、寒冷・加温刺激の繰り返しによって局所の循環障害が誘発され、血管の回りの組織が炎症を起こして皮膚が赤くなったり、腫れたり、あるいは赤紫色の紅斑ができる疾患。 大人のしもやけは 水虫など他の皮膚疾患と間違いやすいことがあり、気づかず悪化させる可能性も。 ムズムズするかゆみで仕事に集中できない、また睡眠の妨げになることもあるので早めの対処が必要です。 まずはお風呂にゆっくりつかり手足を温めたり、マッサージをしたりして血行をよくしてください。 それでも改善しない場合は皮膚科医にご相談ください。 温度差が激しいと血管の収縮回数が増え、血行が悪くなりしもやけになりやすくなります。 また、暖房設備が整っている現代では、室内と外気温との差が大きく、この温度差がしもやけの原因となると言われています。 c Shutterstock. com 汗・水分 雨や雪の日に手や足が濡れ、そのまま放置していると、表面温度を奪って皮膚の表面温度が下がり、しもやけになりやすくなります。 また、 汗をかいたときやお風呂上がりの水分もしもやけの原因になります。 体質 冷え症や血行不良など体質や遺伝も少なからず影響していると言われています。 厚着をしても体が温まらないという方は、 手足を冷やさないように注意が必要です。 クリームを塗る場合は、 血行促進効果のあるビタミンE入りのものがおすすめ。 昼間、クリームをこまめに塗ることが難しいという場合は、夜の就寝前に集中的にケアしましょう。 c Shutterstock. com 急激な温度差に気を付ける 室内外の温度差が激しいので、 温度調整しやすい服装を心がけましょう。 また帰宅後すぐにお風呂に入ったり、ストーブにあたったりすると急な温度変化を生み出してしまいます。 手足の指先をマッサージするなど、徐々に体を温める習慣を心がけましょう。 肌を湿った状態で放置しない 肌を湿った状態で放っておくと、皮膚の温度が下がってしもやけになりやすくなります。 暖かい室内で汗をかき、そのまま寒い室外へ出たときや、雨や雪の日は要注意。 運動をして汗をかいた後は、 足指の間・足裏の汗をしっかりふき取りましょう。 手を洗った後も水気をしっかりふき取ることを忘れずに。 有効成分ビタミンE配合で血行を改善。 ひび・あかぎれといった症状だけでなく、手や足のしもやけにも治療効果があります。 情報提供/ トップ画像/ c Shutterstock. com.

次の

痛風の初期症状は指先関節の痛み・腫れ・炎症!

痛風 しもやけ

痛風の症状と言うと、足先の痛みとか、足の親指に激痛があるなどという話をあなたも聞いたことがあるると思います。 こうした話が広まるのは何もウワサというわけではなく、 痛風の代表的な症状が「足指の関節痛」だからなのですね。 ヒドイ痛風になると、名前の通り風が吹いただけでも痛みを感じる人がいるほどに「 激痛」に苛まれることも。 こうなると本当にツラいですし、痛みで生活の質も落ちてしまいますので、できれば初期段階で気づいて適切な治療や対策を施したいものですよね。 ここでは痛風に早めに気づくために、痛風にはどのような症状が見られるのか初期段階~後期までに分けてそれぞれ詳しくご紹介していき、最後に痛風によく似た症状が現れる別の病気についても紹介します。 痛風になるとどんな症状が現れるのか知りたい• 痛み以外にはどんな症状が発症するのか知りたい そんな疑問を全てすっきりと解消できる内容です。 ぜひこのまま読み進めてみてくださいね。 痛風の症状~初期に出てくる症状・初期以降に出てくる症状~ 痛風は痛みが出てくるまで、何らかの体調の変化について 自分で気付くことはなかなかできない病気です。 尿酸値を見れば「痛風になるよ」「症状が出るのも時間の問題だよ」ということはすぐにわかったりするのですが、働いている人でも普段は年に1回の勤務先での健康診断くらいにしか、自分の尿酸値を知る機会はありません。 よもやこれが自営業者や専業主婦となると、自分の尿酸値を知る機会はぐんと減ってしまいます。 ですから、痛風と言うのは症状が出て初めて「自分は痛風じゃないのか?」と気づくものなのですね。 つまり、痛風はある日突然襲ってくる痛みの症状が出るまでは自分が痛風だということにすら気が付かないということになります。 痛風の前触れについて知っておきたい方はのページを読んでみてください。 痛風を発症してすぐのころは「 初期段階」に分類されますが、この初期のうちに適切な治療を開始すると、その後の生活は痛みを抑えて暮らすことは充分可能です。 では痛風の初期段階での症状には一体どのようなものがあるのでしょうか? 痛風の症状1:関節の痛み(急性関節炎) これは冒頭でもご紹介した「足の親指」がいきなり激痛に見舞われるというのが多いと言います。 稀に、激痛とまではいかない痛みだったけれど、 足の親指(多くが片方だけ)が赤く腫れあがった!という人もいます。 痛みがある人はほとんどが「患部が赤く腫れた」と言いますし、痛風の発作的な痛みは放置すると 3日くらいは平気で続きます。 発作的と言いましたが、痛風によるいきなりの激痛は実は「痛風発作」と呼ばれるものなのです。 痛みは発作発症から徐々に強まりますが、通院をしなくても10日ほどで痛み自体はウソのように治まってしまいます。 しかしここでこの発作を「治まったから」と言って放置すると、 半年~1年ごとに痛風発作は再発し、当初痛みを感じていた足の親指付け根以外の場所にも痛風発作が起こるようになり、さらに発作と発作の間隔も少しずつ短くなってきます。 痛風の症状が現れる部位は主に下半身! 痛風初期の関節炎は実に7割以上が足の親指から起こると言われていますが、中には足首やくるぶし、手指の付け根や手首などに痛みが出てくる場合もあります。 ただ、下半身以外に痛風の初期症状が現れてくるのは本当に稀な事と言われています。 なので、足の親指以外で 足の甲やかかと、膝や足首・くるぶしなどに激しい痛みが出た場合には痛風を疑ってまず内科を受診するというのは間違いではありませんが、手や手の指などが痛くなった場合は他の病気の可能性も考えなくてはいけません。 痛風の症状2:発赤と発熱 痛風発作が起きている時は関節に炎症が起きているのと同じですので、患部は赤く腫れ、人によっては発熱をすることも珍しくありません。 関節の痛みと発熱で「インフルエンザ」などと間違う人もいますが、どちらにせよ、こうした症状が見られたら内科にかかると良いでしょう。 少しでも痛風の可能性があるということを伝えていれば、インフルエンザの検査だけでなく、尿検査と血液検査もしてもらえますからね。 痛風の初期でも関節の腫れや変形は起こる 初期症状の痛風発作(患部の腫れや痛み)を「数日すれば治まるから」と放置して幾度か発作を繰り返すと、実際には3~4度しか痛風発作を経験していなくても、発作のたびに患部の腫れはひどくなり、場合によっては 患部の関節が変形したり 破壊が進行してしまうこともあります。 下半身に出やすい痛風発作は、足首や膝の関節まで腫らし、痛みを強まらせ、最終的には歩行困難な痛みをしばしば感じなければならなくなります。 痛風の症状3:痛風結節が出現する 痛風結節までできるようになると、さすがに「初期」とは言えませんが、ずっとぎりぎり正常範囲内くらいの高さの尿酸値を保ってきて、特に尿酸値のコントロールをしてきていなかった人であれば、関節に痛みが出てきてから痛風結節ができてしまうまでのスパンは短くなることでしょう。 痛風結節とは、関節以外の筋肉や皮下、耳たぶの上縁などに痛風結石と呼ばれる小さなコブやしこりができることを言います。 痛風結石というのは、体内に蓄積された尿酸結晶の塊りのことです。 痛風の症状4:腎臓が障害を起こす こちらもすでに初期症状とは言えないのですが、関節の変形や痛風結石まで表れ始めると、 腎臓などの内臓に関しても障害が出てくるようになります。 腎機能障害の初期では、腎臓による尿の濃縮力が徐々に低下していき、尿中に赤血球やタンパクが混じるようになります。 ここまでにも度々ご紹介しているように、痛風で身体に痛みの症状が出てきた場合、 その痛みの強さはかなり強烈なものになることが多いとされています。 なぜ痛風の症状が下半身、特に足に表れやすいのかというと、色々な説があるものの有力なのは「尿酸の結晶は比重が重いため重力に引かれて下に行くから」というものです。 つまり重力に従って身体の中でもより地面に近い足に尿酸が沈んでいくというわけです。 こうして足に多く貯まった尿酸は痛風発作を起こすようになるのです。 この発作の激痛はたとえると「 骨折以上の痛み」と言われています。 痛風発作の他にも、痛風であることを判断するのに役立つのは上記でご紹介した「痛風結節」です。 この痛風結節があることで痛風との診断の助けになるのは、痛みの症状にプラスしてこの痛風結節がX線上によって骨髄腫のように「骨破壊像」が見えるからです。 ただ、痛風結節が身体の色々な箇所で見られるようになっているというのは、痛風でもかなり重い痛風と言うことを言われても仕方ありません。 できれば最初の痛風発作の時点で然るべき医療機関で診察を受けるのが、痛風を初期段階で治癒する最重要ポイントです。 痛風の初期症状に対する対処法をもっと詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみてください。 痛風は症状が出たら必ず病院へ行こう ここまでにご紹介してきたように、痛風で出てくる症状と言うのは関節の痛みや炎症、発熱、関節の変形などどちらかと言うと「骨」に関わるものが多いように思えます。 しかし、数日で日常生活にほとんど支障がない程度に収まる痛風発作なので、その数日を我慢して病院に行かないという人も多くいます。 ただ痛風と言う病気は、ご紹介してきた骨・関節に関係する部分だけが痛んだり変形したりという病気ではないのです。 外見的にはわからなくても、痛風と言うのは「 肥満高脂血症」や「 糖尿病」、「 高血圧症」などのリスクも格段に上げてしまう病気です。 ですから、痛風は最初の痛風発作が起こった時点で病院に行って、確実な診断を受け、尿酸値をコントロールするための食事指導や生活習慣改善指導を受けることがとても重要になってくるのです。 また、普段から痛風を予防するために、痛風予防のために作られたサプリメントなどで尿酸値をコントロールすることが非常に重要になってきます。 痛風と似た症状が出る別の病気について 先述した通り、痛風の症状は足の親指に表れると説明しました。 ですが、足の親指に痛みが現れたからと言ってすぐに「これは痛風に違いない!」と決めつけてしまうのはよくありません。 なぜなら、痛風とよく似た病気がいくつか存在しているからです。 外反母趾…足の親指の付け根が内側に飛び出てくる症状• 変形性関節症…加齢に伴って骨や軟骨が変形してくる病気。 膝に症状が表れやすく痛みを多く伴う• 蜂窩織炎 ほうかしきえん …皮膚の中に細菌が入り込むことで皮膚や皮下組織が大きく腫れる病気。 大変危険なのですぐに受診するべきです。 変形性腰椎症…実は足自体に症状が出るのではなく腰椎の変形に伴って神経が圧迫され、足の感覚を感じているケース。 偽痛風 ぎつうふう …関節の中に石灰化が起きることで症状が発症する。 原因は尿酸結晶ではなくピロリン酸カルシウムが引き起こしている。 関節リウマチ…体中のいたる所の関節に痛みが出ます。 男性よりも女性に症状が多く発症します。 回帰性リウマチ…痛風と間違われやすい病気です。 原因は不明ですが尿酸値が正常でも起こる病気です。 壊死性筋膜炎…溶血性連鎖球菌 人食いバクテリアと呼ばれる細菌 が感染することで組織を破壊してく病気です。 一刻を争いすぐに対処したほうが良い病気のため救急車を呼ぶ必要があります。 上記の通り、放っておくと大変なことになってしまう病気もあるため、自己判断は禁物です。 痛風と似ている症状を発症する病気については 偽痛風 ぎつうふう をはじめとしで詳しく解説しています。 放置すると本当に危険な痛風の症状 関節の発赤や激痛によって、身体にサインを送っている痛風ですが、この痛風の痛みを「数日で治まるから」と放置しておくと、最終的には痛風の痛みだけではなく、上でご紹介した「高脂血症」や「糖尿病」「高血圧症」の色々な症状に悩まされることになります。 特に糖尿病は、ひどくなると失明する恐れもある病気ですし、 本当にひどくなると細胞が壊死してきてしまうこともあります。 腎障害も、尿酸値のコントロールをしていなければ 最終的に腎不全を起こして人工透析が必要な体になりかねません。 毎日忙しくてなかなか病院に行く時間が取れないという人は、自宅でも痛風の簡易検査ができる というものがAMAZONなどで売られています。 痛風の検査キットと言っても、正確には痛風を含めた肝臓・腎臓・脂質・糖尿など「生活習慣病」について検査ができるキットです。 自宅で自身の血液を採取し、返送用の封筒で提携の医療機関に送付することで、後日検査結果を送ってきてくれます。 ただしこうしたキットは結構な高額ですし、痛風発作などの症状が出てすぐにどうしても病院に行けない場合に一先ず利用するものです。 この検査キットでの検査結果をもって「 自分は大丈夫」などとしてはいけません。 痛風発作と言う症状が出た後にこうしたキットを利用し、たとえそこでは尿酸値などに異常がなくても、関節などが痛んだのは事実なのですから、必ず時間を割いて、病院で精密検査を受けるようにしてくださいね。 また、普段の食生活の改善のためにはサプリメントを活用するのも非常に有効です。 サプリメントは薬と違い副作用がなく、また飲む時間などもきまっていないために手軽に毎日の食事のサポートに役立てることができます。 普段からたくさん食べすぎてしまうという方や、飲み会のお誘いをどうしても断れないという方は、上手に活用してみることをおすすめします。

次の

しもやけ・あかぎれの症状・原因|くすりと健康の情報局

痛風 しもやけ

記事内目次• なぜ足の爪が痛くなるのか? 画像引用元 爪の痛みにはいくつか原因が考えられます。 爪の痛みは放置してしまうとどんどん重症化していきますので、なるべく早めに対処することが大切です。 爪囲炎(そういえん) 画像引用元 これは足の爪に細菌やカビなどが感染した場合に炎症を起こす症状になります。 早期発見をすることによって爪を切って対処することができますが、症状が進行してしまうと爪を剥がさなくてはならないので、なるべく早めに皮膚科の医師に相談することが大切になります。 自分の爪が普段とは違う場合には注意が必要です。 巻き爪 画像引用元 足の指の爪が湾曲してしまうことによって起こる症状になります。 特徴としては体重の負担がかかりやすい親指に症状が出ることが多いですのですので、親指が痛む場合には、まず巻き爪になっていないかを確認することが大切です。 放置してしまうとどんどん爪が食い込んでき痛みが重症化していきます。 親指の痛みをかばいながら歩いてしまうと他の場所に負担がかかります。 こちらの症状もなるべく早めに医師に相談して対処していきましょう。 グロームス腫瘍 画像引用元 これは爪に腫瘍ができる症状になります。 爪の痛みの中でもかなりの激痛を生じるものですので、普段の生活に支障が出ることがあります。 いつの間にかこの腫瘍ができてしまいますので、一度腫瘍ができると長期間苦しむことになるようです。 判断基準としては、冷水につけると痛みが増すようなので、親指が痛む場合にはまず試してみると良いでしょう。 こちらは原因がわかりづらい症状になりますので、痛みを感じたらすぐに病院へいきましょう。 痛風 画像引用元 尿酸値が上がることによって起こる病気になります。 これは爪というよりも足の指自体に痛みがでますので、足の親指自体に強烈な痛みを感じる場合には、痛風による関節の痛みである可能性が考えられます。 痛風を放置してしまうと、尿酸値が上がり続けるため危険です。 まずは自分の体の状態を検査して痛風の可能性があるかを調べることが大切です。 しもやけ 画像引用元 気温が低い場所に住んでいる方がなりやすいのがこのしもやけになります。 血行の悪い人にできやすい症状で、寒冷にさらされ続けると指の血行が悪くなっていき、指先がむくんで赤く腫れあがります。 寒い時期には手足をなるべく冷やさずにして、もし足に汗をかいているならば早めに拭き取ってマッサージなどを行うと良いでしょう。 外反母趾 画像引用元 足の指先が人差し指に引き寄せられたようにくの字に曲がることによって関節の部分が飛び出してくるのがこの外反母趾になります。 一番の原因となるのが『指先が狭い靴』を履いた時に圧迫されてこの症状が出るようです。 なので予防するための方法としては、なるべく親指に負担をかけないようにゆとりのある靴を履くことが大切です。 症状が悪化してしまうと手術しなければならないこともありますので、異変を感じたら早めに対処していきましょう。 関節リウマチ 画像引用元 関節リウマチというのは朝になると足の親指に痛が出ることが多いです。 関節内に慢性的な炎症を発生させるものですので、足だけでなく膝や股関節にも痛みが広がっていくことがあります。 特に女性に多く見られる症状となりますので、足の指が痛いと感じる場合は注意が必要です。 スポンサードリンク 原因自体ははっきりと解明されていませんので、一度病院で診断を受けると良いでしょう。 足の爪が痛い場合何科に行けばいいの? 画像引用元 疑問に思う方も多いと思いますが、足の爪が痛む場合には一体何科に行けばいいのかわからないと思います。 爪専門に見てくれる場所はないとは思いますが、爪に関して言うならばまずは『皮膚科』へ行くと良いでしょう。 爪は皮膚に含まれますので、爪に異常が出た場合には皮膚科の先生に見せることで対処することができます。 痛風の場合は内科へ 画像引用元 足の指自体が痛いのではなく、体の中が原因で足が痛む場合に関しては『内科』で一度診察を受けると良いでしょう。 その時に血液検査や尿検査を受けてみて、尿酸値が高い場合は痛風です。 食事やお酒に原因がありますので、食生活の改善が必要になります。 日に日に痛みが増す場合は病院へ 画像引用元 すぐに病院に行くことが大切ですが、親指の痛みの場合は最初はほとんどの方が様子を見ると思います。 ですが数日経っていき痛みが重症化してきた場合にはすぐに病院へいきましょう。 まずは病院で痛みの大元を探して原因を知ることが大切です。 そこからリハビリや薬での治療を施して完治させていきましょう。 靴のサイズは大切 画像引用元 毎日ヒールを履いたりすることもあると思いますが、靴のサイズを間違えると指の痛みを出しやすいです。 なので自分の足に合う靴を必ず履くようにして、ヒールばかりの方は休日に運動靴を使って休ませることも大切です。 まとめ 画像引用元 今回は足の指と爪の痛みの原因について詳しくお伝えしてきました。 ちょっとした爪の痛みでも重大な病気が隠れていることがあります。 我慢すれば治ると考えてしまうと、症状が悪化していきますので痛みを感じた場合にはすぐに医師に相談することが大切です。 巻き爪なども伸びてくると皮膚に食い込んで痛みが増すこともありますので、十分注意が必要です。 オススメ記事.

次の