マイ ブルー。 myblu(マイブルー)の故障、原因と対策のまとめ。

マイブルーの口コミ評判|使い方や料金、注意点を徹底解説!

マイ ブルー

近年、ご家族やご自身の健康のためにタバコを卒業し、電子タバコへの切り替えを検討されている方も多いのではないでしょうか。 ただ、電子タバコに興味はあっても、「今までのタバコ代より高額になってしまうのでは」という点は気になるものです。 そこでこの記事では、電子タバコである myblu TM(マイブルー)と通常のタバコのコスパに焦点を当て、どちらがよりお得なのかをご紹介します。 電子タバコ myblu TM(マイブルー)とは 電子タバコは、フレーバーのついたリキッドを加熱して、そこから出る蒸気を吸うもので、「VAPE」と呼ばれています。 タバコの葉を熱してニコチンを吸引するです。 myblu TM(マイブルー)は、ニコチンではなくリキッドの香りを楽しむために開発された「VAPE」です。 イギリスの大手タバコメーカー、インペリアル・ブランズが展開しており、日本では、日本法人のインペリアル・タバコ・ジャパンが取り扱っています。 電子タバコには、構造によって「リキッド補充式」「カートリッジ式」「使い捨て式」がありますが、 myblu TM(マイブルー)は、「ポッド」というが入ったカートリッジを、本体に装着するタイプです。 ポッド式は「リキッド補充式」のようなメンテナンスの必要がなく、ポッドの装着も簡単です。 充電は専用のUSB充電器で約20分と、短時間で済むのが特長です。 フレーバーは、メンソールやグリーンアップルなど10種類の中からお好みのものが選べます。 蒸気の量が多いことから、吸っている感があるというレビューが多く見られます。 myblu TM(マイブルー)は高い?安い?通常のタバコとコスパ比較 myblu TM(マイブルー)はお得なのかという疑問を解消する為に、通常のタバコとのコスパを比較していきましょう。 myblu TM(マイブルー)にかかる費用 myblu TM(マイブルー)を使うには、機器本体が必要になります。 myblu TM(マイブルー)本体に、USB充電器とフレーバーポッド1個がセットになった「スターターキット」は、税込2,700円で販売されています。 交換用のフレーバーポッドの価格は、1パック2個入りが920円、1カートン 5パック入り で4,600円です。 myblu TM(マイブルー)のランニングコストを通常のタバコと比較 では次に、通常のタバコを「1日1箱」吸っている方が、mybluTM(マイブルー)に切り替えた場合を想定し、1か月間でかかる費用(ラニングコスト)を比較します。 一方 myblu TM(マイブルー)は、目安としてフレーバーポッド2個が通常のタバコ3箱分程度に相当するとしています。 ですから、通常のタバコと同じ量を吸うとすれば、一か月間で20個のフレーバーポッドが必要です。 スターターキット2,700円代を加えても、まだ2,000円以上の節約できるのです。 myblu TM(マイブルー)のコスパをよくするには吸い方も重要 myblu TM(マイブルー)は、一度の充電で約300回の吸引ができますが、吸う強さや吸い方によって消費量が変わります。 「VAPE」の吸い方のひとつに、DL(ダイレクト・ラング という、深呼吸をするように直接肺に蒸気を入れる吸い方があります。 蒸気を多く吸い込める分、吸った感が強く満足感を得やすいのですが、消費量が多くなってしまうという面もあります。 コスパを考えるなら吸い方にも注意が必要です。 myblu TM(マイブルー)なら、通常のタバコから切り替えることで、これまでより費用が安く済む可能性が高くなります。 を使って、手軽に減煙・禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

myblu(マイブルー)の故障、原因と対策のまとめ。

マイ ブルー

コンテンツ• インジケータが青点滅、紫点滅で消えて充電できない 実際に私のマイブルーが故障したときに起きた現象は以下の通りです。 紫色のランプが3回点滅し消える• 青色のランプが3回点滅し消える• 何度やっても同じで充電できない 久しぶりに使おうと思い充電しようとしたら、上記の現象が起きて何度やっても充電が開始されなかった、という状況です。 2019年4月に購入してから2~3か月ほどは頻繁に使用していたのですが、その後アイコスなどを中心に使っていたので、半年以上引き出しの中に保管していました。 保管の間に問題があって故障したか、元々部品が怪しかった疑いがあります。 マイブルーが故障したときの対処法 故障したときは自力ではどうしようもないので、カスタマーサポートに連絡を入れるしかありません。 私はそこまで急いでいなかったので、メールで状況を連絡しました。 結果として、「不具合の可能性が確認できた」とのことで、新たに無償で新品を郵送してもらうことができました。 購入から10カ月ほど経っていたのですが、実質2か月程度の使用で故障してへこんでいたので、助かりました。 自分で解決できない問題が発生したときは、カスタマーサポートに連絡しましょう。 メール問い合わせ 回路のショートに関する説明 使用前にショートした場合:青で3回点滅し、電源が切れる 使用中にショートした場合:青で5回点滅し、電源が切れる マイブルーのバッテリーインジケータに使用される色は、 青、 オレンジ、 赤の3種類です。 充電中は「赤で点灯したまま」になるので、他の色で点滅して消えるような現象は故障と考えられます。 マイブルーを使っているとこれ以外にも故障っぽい現象がたまに見られますが、故障ではないケースも多いので後ほど説明します。 マイブルーの故障原因は? mybluが故障する原因としては、説明書にもある通り主にICのショートが考えられます。 私のmybluが故障した原因について考えてみると、いくつか怪しい点がありましたので以下に整理します。 長期放置していた環境は問題なかったが、リキッドポッドをつけたまま放置していた。 何度かblu以外のアンドロイドスマホ用のケーブルで充電したことがある。 久しぶりに手に取った時はリキッドが空になっていたのですが、液漏れは見当たりませんでした。 USBは基本共通の汎用品なので問題ないと思っているのですが、説明書には「blu製以外の充電機器を使用しないでください」と記載してあるので、付属のケーブルを使うのが理想なのは間違いないでしょう。 故障対策は具体的に何をすればいいのか? 続いて、マイブルーが故障するのを防ぐための対策について考えていきたいと思います。 これから挙げるポイントが直接的な対策となるかは分かりませんが、基本的にはblu公式や説明書にも記載されている使用方法に従っていくことが対策になると考えます。 これは油断すると超えることがあり得ます。 例えば真夏の暑い日にbluを胸ポケットに入れて外を歩けば、温度は間違いなく超えますし、直射日光も浴びるでしょう。 しかしこれは保管条件を示すもので、短時間これらの環境下にさらされても問題はありません。 とはいえ、長時間こういった過酷な環境下に晒されると故障につながる可能性が高くなるのは間違いないでしょう。 これを避けるためにはまず専用ケースを購入した方が良いかもしれません。 連続で長時間使用しない 説明書にも「連続で長時間使用しないように」との記載があります。 具体的に何回あるいは何分連続で吸うのが「長時間」にあたるのか、と言いたいところですが、長時間使い続けると本体が熱くなってきます。 こうなった時はいったん本体デバイスを休ませてあげましょう。 本体機器へのダメージを避ける 本体機器への物理的なダメージを避けるために気を付けることは色々とあります。 代表的と考えられるものを順番にみていきましょう。 圧力をかけない、水に浸さない blu本体は押してみると分かりますが、ちょっと柔らかい部分もあります。 当然自分から握りつぶす人はいないでしょうが、裸の状態でカバンなどに入れていて、地面に置いたときや満員電車で圧迫される可能性は十分に考えられます。 水に関しても、自分から水につけたりお風呂で使用する人はいないでしょうが、雨に濡れると故障につながる恐れがあります。 このような問題を防ぐためにも、やはり専用ケースに入れておくことが有効な対策になると考えられます。 バチバチと音が鳴る マイブルーを吸っていると「バチバチ」という音が鳴ることがあります。 初めはびっくりするかもしれませんが、これはリキッドが加熱されて跳ねているだけで問題ありません。 音とともに煙が上がったり本体デバイスが熱くなったときは、一旦使用をストップして様子をみた方がいいでしょう。 リキッドポッドの液漏れ マイブルーを吸っていると液漏れしてくることがあります。 吸っているときに液漏れするとリキッドが口に入ってくるので甘くて気持ち悪いです。 デバイスを持っている手がベトベトすることもあります。 液漏れについてはblu公式でも記載がありますが、 フレーバーポッドは気圧変化や急激な温度変化によって多少の液漏れが発生する可能性があるが、製品の品質としては問題ないとのこと…。 購入して開ける前の時点で漏れていることもありますし、吸っているときに口に入ってくることもあるので、さすがに問題あるような気もするのですが… いずれにしても液漏れは通常発生するものと言われていますので、液漏れしたら紙などで拭きとりましょう。 液漏れはデバイス本体ではなく、リキッドポッドの問題なので、リキッドポッドを交換すれば大体解決します。 ただしポッドは1本460円もしますので、あまりにもヒドイ場合はサポートに相談しましょう。 メール問い合わせ 赤点滅で充電できない 充電するときに赤色のライトが点滅する場合、バッテリーの寿命が尽きた可能性が高いです。 赤点滅して充電できなかった場合は、充電ケーブルを差したままで一度リキッドポッドを取り外し、10秒ほど待ってから再度リキッドポッドを付けてみるよう公式サイトで説明があります。 これで解決しない場合は、バッテリーの不良もしくはバッテリーの寿命と判断できます。

次の

コンビニで買える電子タバコ「myblu(マイブルー)」! 電子タバコライトユーザーを独占か!

マイ ブルー

日本においては、インペリアル・タバコ・ジャパンが取り扱いを行っています。 2018年に販売がスタートしたマイブルーは、ニコチンやタールを含まず、「香り(フレーバー)」を楽しむために開発された画期的な電子タバコです。 このページでは、おしゃれな若者を中心に人気を集めているマイブルーの特徴やプライス、ほかの電子タバコにはないメリットなどを徹底的に解説していきたいと思います。 マイブルーとは違い「使い捨て電子タバコ」なので、非常にお手軽に吸えます。 \今話題のCBD配合電子タバコ/ マイブルーは、専用のフレーバーポッドを本体に差し込むだけで使用することができる 次世代型の電子タバコです。 あらかじめリキッドチャージがされてあるフレーバーポッドが販売されていますので、自分の手でリキッドチャージをおこなう手間を省くことができるというのが、マイブルーの嬉しい特徴であると言えるでしょう。 また、マイブルーのフレーバーポッドにはニコチンやタールが一切含まれておらず、タバコ特有のにおいもありません。 マイブルーは、 「香り(フレーバー)」を楽しむための電子タバコなのです。 フレーバーポッドの種類も豊富ですので、選ぶのが楽しくなりそうですね。 本体のデザインはとても スタイリッシュでコンパクト。 男性はもちろんのこと、女性であっても使用しやすいようなおしゃれな雰囲気に仕上がっています。 手のひらになじむ、丸みを帯びたデザインですので、ついつい何度も吸いたくなってしまいそうですね。 また、約20分でフル充電でき、1回のフル充電で約300回吸引することができるというのもマイブルーの特徴のひとつです。 マイブルーと他の電子タバコとどう違う? マイブルーと他の電子タバコとの違いは、大きく分けて3つあります。 リキッドチャージをおこなう必要がない マイブルーは、自分でリキッドチャージをおこなうのではなく、あらかじめリキッドがチャージされてある専用の 「フレーバーポッド」をマイブルー本体にカチッと差し込むだけでOKなんです。 忙しい方や不器用な方、面倒くさい作業が好きではないという方にとっては、これはかなり嬉しいメリットですよね。 マイブルーの専用フレーバーポッドにはニコチンとタールが一切入っていない マイブルーは、「香り(フレーバー)」を楽しむための、新しい電子タバコなのです。 健康面においても、安心感がありますね。 タバコ特有のにおいも一切ありませんので、周りの方の目を気にせずに使用することが可能です。 マイブルーには専用のアクセサリーが豊富である マイブルーには、専用のアクセサリーが数多くあります。 デニムケース• 革のスリムケース• シリコンケース• デバイスクリップ マイブルーはどういう人にオススメ? マイブルーがオススメなのは、主に下記の方々です。 健康面が気になる方 マイブルーの専用フレーバーポッドには、ニコチンやタールが含まれていません。 ニコチンやタールではなく、「香り(フレーバー)」を楽しむタイプの電子タバコですので、 健康面が気になるという方にはとってもオススメです。 リキッドチャージなどの面倒くさい作業に煩わしさを感じる方 マイブルーは、自分の手で リキッドチャージをおこなう必要がありません。 専用のフレーバーポッドには、あらかじめリキッドがチャージされていますので、そのフレーバーポッドをマイブルー本体にカチッと差し込むだけで、使用することができます。 そのため、リキッドチャージなどの面倒くさい作業に煩わしさを感じる方や、とにかく時間を無駄にしたくない方、不器用な方などにもオススメです。 電子タバコをおしゃれに吸いたいという方 マイブルーは、デザインもコンセプトもとってもスタイリッシュです。 公式サイトをご覧いただけば、そのスタイリッシュさがよくご理解いただけるかと思います。 そのため、電子タバコをおしゃれに吸いたいという方にもオススメです。 マイブルーの使い方について マイブルーの使い方は、とっても簡単です。 一般的な電子タバコと違い、リキッドチャージをおこなう必要がありませんので、面倒な作業が嫌だという方にもおすすめです。 マイブルーを約20分間充電した後、専用のフレーバーポッドを本体に差し込むだけで使うことができます。 詳しくご説明していきますね。 本体を充電します 箱から「マイブルー本体」と「充電用USBケーブル」を取り出し、本体先端のmicro USB端子にUSBケーブルを差し込んで充電を行います。 充電が始まると、LEDランプが点灯します。 LEDランプが消灯したら、本体の充電が完了した合図です。 約20分で、充電を完了することができます。 フレーバーポッドを差し込みます マイブルー本体に、お好みの専用フレーバーポッドを差し込みます。 カチッと音が鳴るまで、本体の奥まで差し込んでください。 後は、マイブルーを口にくわえて吸うだけで、フレーバーを楽しむことが可能です。 とってもシンプルで、簡単ですよね。 マイブルーの料金について blu. com公式サイトにおいて 「新規購入者限定キャンペーン」が開催されています。 ストロングメンソール• アイスベリー• メンソール• タバコ味• アイスミント• カフェラテ• チェリークラッシュ• グリーンアップル• マンゴーアプリコット• タバコバニラ• このほかにも、マイブルー専用のアクセサリーとしてマイブルー本体を収納できるデニムポーチ(税込1,490円)や本革スリムケース(税込1,922円)、デバイスクリップ(税込1,080円)、シリコンケース(税込1,598円)が販売されています。 アイテムはすべて、blu. com公式サイトにて購入することができますよ。 マイブルーを使う際の注意点 マイブルーを使う際には、特にこれといった注意点はありません。 定期的なメンテナンスなども必要ありませんので、安心ですね。 ただし、すべての電子タバコに言えることですが、息を吹き込むような行為はやめましょう。 また、液漏れを起こしたような場合にはただちに使用をやめ、公式サイトに記載されている電話番号まで問い合わせてください。 マイブルーの総合評価 マイブルーは電子タバコの中でも、 画期的なアイテムだと言えそうです。

次の