新型 コロナ 青森 県。 【総合】青森県コロナ情報

新型コロナウイルス感染症に関する基本的対処方針について

新型 コロナ 青森 県

Contents• そして青森県は、北海道から最も近くにあり、青函トンネルで繋がっている県です。 北海道からの流入も多く、感染が広まってもおかしくない状況にあります。 Twitterでも以下のようなコメントが見つかりました。 県民が疑うのも無理はないのかもしれませんね。 また、 以下のようなコメントを見つかりました。 おいおい、八戸の市民病院にコロナ怪しい患者3人いるらしいぞ。 前に1人って聞いてたけど、しっかり増えてるな。 真偽の程はわからんが、本当だとしたら隠蔽青森、本当クソ森だな。 情けねぇ ここまでくると、きちんと公表している都道府県の方が好感持てるな。 八戸の市民病院に勤めている職員や、この病院に入院している患者などから情報が発信されれば、すぐに県民に知れ渡ってしまいます。 こちらのコメント主は口伝で聞いたのかもしれませんし、一般市民の情報なので、どこまで信憑性があるかは疑問です。 しかしこういったコメントがSNS上に投稿された事実は、同じように思っている県民がたくさんいることの証明でもあります。 いろんな状況から考えて、県民は青森県が新型コロナの感染者を隠蔽してるのではないかと疑ってしまうんですね。 もしそうだとしたら、事情を知っているのは、県知事クラスの政治家や、コロナの患者を受け入れている医療関係者くらいのものでしょう。 そういった点を踏まえて以下をお読みください。 やはり一番の理由は、以下のコメントにもあるように、青森県全体の経済力が衰退しないようにするためだと思われます。 質の良い温泉もたくさんあるので、県外からの観光客は、青森県の観光産業を支える大きな柱になっています。 ところが、青森県から感染者が出たとなると、観光客は激減してしまいます。 観光業界だけではなく、生産業や運輸業、サービス業など、人と人が接触するような業界が全体的に萎縮してしまいます。 そのような点を苦慮して、青森県からはまだ感染者が出ていないとパフォーマンスしているかもしれないんですね。 でも違った角度から見ると、隠蔽ではない可能性も高いのです。 どういうことでしょう? 日本の政府は、少々の体調不良の場合は自宅療養するようにと国民に伝えました。 多くの日本国民はそれを守ったため、病院が患者で溢れかえることもありませんでした。 もし、政府から自宅療養するようにとの知らせが無ければ、自分自身や家族を心配した人たちが、こぞって病院を訪れたことでしょう。 すると、人が密集することになり、新型コロナの感染者が急激に増えた可能性もあるのです。 まさにイタリアがそうでした。 そのような事態を防ぐために、検査数を一定ラインで制限し、多くの人が医療機関に押しかけないようにコントロールしたとも考えられるのです。 今の日本に必要なのは、これ以上新型コロナの感染者数を増やさないことです。 一人一人が反省しないように注意して、一刻も早くこの脅威が去るように協力していきたいですね。

次の

【速報】青森県新型コロナウイルスの感染者数の最新情報まとめ|カユテガ

新型 コロナ 青森 県

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

「青森県新型コロナウイルス感染症感染拡大防止協力金」について

新型 コロナ 青森 県

新型コロナウイルス感染症とは 新型コロナウイルス感染症とは、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に発生し、過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。 飛沫感染:感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染すること• 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえたその手で周りのものに触れてウイルスが付き、別の人がそのものに触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染すること 町民の皆様へ 一般的な衛生対策として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒など行っていただくようお願いします。 湖北省または浙江省から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、事前に「」へ連絡し、助言を受けていただきますようご協力をお願いします。 また、医療機関の受診にあたっては、湖北省または浙江省の滞在歴があること、または湖北省または浙江省に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。 「新しい生活様式」について 新型コロナウイルス感染症対策は、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。 新規感染者数が限定的となった地域であっても、再度感染が拡大する可能性があり、長期化を見据えた感染対策が必要となります。 そのため、一人ひとりが日常生活の中で「新しい生活様式」を実践することが感染拡大を防ぐことにつながります。 厚生労働省相談窓口(フリーダイヤル):0120-565653(9:00~21:00)• 青森県専用コールセンター(フリーダイヤル):0120-123-801(平日、休日を問わず24時間対応)• 東地方保健所:017-739-5421(平日 8:30~17:15)• 帰国者・接触者相談センター(東地方保健所):017-739-5421(平日、休日を問わず24時間対応) 新型コロナウイルス感染症の関連情報 新型コロナウイルス感染症に関する情報は日々更新されておりますので、最新情報は下記HPを参照ください。 厚生労働省HP「」• 内閣官房HP「」• 青森県庁HP「」.

次の