礼真琴リアルタイム。 礼真琴 歌唱力抜群の彼女の本名と年齢は?昔の彼氏との噂の真相!

礼真琴

礼真琴リアルタイム

作・演出が「La Esmeralda」の齋藤吉正だけあって、最初から最後までにぎやかなショーでした。 アジア版「La Esmeralda」。 良いレビューの条件とは 「良いレビューの条件」とは一体なんでしょうか。 人気が出るディズニーのパレードやショー。 評価の高い宝塚のレビュー、最近では「THE ENTERTAINER!」「SUPER VOYAGER! 」など。 良いレビューやショーには、「単調にならないためのシーンの組み合わせ」「良質な音楽とダンス、それを表現できる役者」「軸となるストーリーとテーマ」など、様々な要素が必要です。 数学のように答えがあるのが望ましいですが、芸術やエンタメの世界に明確な答えはありません。 でも極端に言えば、観客を 「飽きさせない」というのが「良いレビューやミュージカル」と言われるための答えだと思います。 飽きさせないというのは、 「単調にならない」とも言えます。 レビューにおけるストーリーとテーマ 野口幸作演出「THE ENTERTAINER!」「SUPER VOYAGER! 」であれば、ストーリーは トップの成長ですよね。 「THE ENTERTAINER!」であれば、一流のエンターテイナーになることであり、「SUPER VOYAGER! 」は望海風斗がトップになるまでの成長と船出。 テーマはエンターテイメントの華やかさ、そして船旅の表現でしょうか。 このストーリーとテーマ、そして組の特徴をマッチングさせるのが演出家の腕の見せ所。 実力あるトップがいる組の場合、野口演出のようにトップを全面的に押し出せば良いですし。 そうでない場合は、その他のメンバーとのバリエーションで攻めたレビューにすれば良いと思います。 野口さんは、トップの実力を成長というストーリーで最大限に活かしながらも、その他のメンバーの良さを引き出して、組の特色を最大限に生かしたバラエティ豊かなショーに仕上げてきます。 レビュー演出家としての才能は高いと思います。 軸となるストーリーで、観客を終わりまでドキドキさせ、飽きさせること一切なく。 組のメンバーそれぞれの特色を生かし、また様々な舞台の要素で観客を驚きで満ちあふれさせる。 これができれば私の中では「良いレビューだった」となります。 Killer Rougeとは一体なんだったのか謎のまま終わった 「Killer Rouge(キラー ルージュ)」に話を戻します。 各シーンの曲やダンスは良かったです。 このにぎやかさが嫌いなわけでもない。 それでも、常に同じトーン、トーンが一緒なので、組のメンバーそれぞれの特色を生かすような演出もほとんどない。 また、軸となるストーリーもないので、どうしても最初から最後まで「単調さ」を感じてしまいます。 レビューってただ単にずっとにぎやかなだけでは観客も飽きてしまうんですね。 そもそも、Killer Rougeの説明に「紅ゆずるのエンターテイナーとしての多彩な魅力に迫る」と書かれていますが、肝心の紅ゆずるの魅力を引き出すシーンが全部同じようなトーンで進んでゆきます。 「これも私が知っている紅ゆずるだよね、これも私が知っている紅ゆずる.. で?」となるのです。 その上、「トップの成長」といった紅ゆずるファンを感動で満ちあふれさせるようなストーリーは全くありません。 Killer Rougeとはいったい何だったのでしょうか... 歌であれば「花夢幻」。 紅ゆずるって、激しく踊ったり歌わせたり会話させるよりも、シャンソンや、ダンスでアダルティな面を出したほうが、彼女の良さが出ます。 スカピンがとても良かったのは、アダルティなパーシー演じる紅ゆずるが、緊張した社会の中でコメディセンスを発揮したから。 緊張と緩和というメリハリがあったから。 これは間違いない。 そもそも、滑舌が良い方ではないので、どちらかと言えば、ミュージカルでは口数少なく、レビューではダンス中心かつシャンソンのような外国の曲を歌わせた方が魅力が出るかと思います。 特に、ミュージカル「ANOTHER WORLD」は紅ゆずるの関西人としてのノリが活きた作品でした。 ただ同時に、まくしたてるセリフは、滑舌のせいで明瞭には聞こえず、完全にノリで笑いをとってました。 宝塚とは思えないノリでのりきっただけに、レビューで紅ゆずるにスポットライトを当てるなら、「ミュージカルでは思いもしなかった紅ゆずるの魅力に迫る」というテーマで、紅ゆずるのキリッと踊るダンスシーンや、シャンソン、日本の歌謡曲などで、中性的かつアダルティな魅力を見たかった。 見た目は全然違うけれども、根底ではミュージカル「ANOTHER WORLD」も、レビュー「Killer Rouge(キラー ルージュ)」もまくしたてるような似たトーンの作品です。 味は似ています。 ストーリーテラーに綺咲愛里は... ブログラムのレビュー第1場最初に綺咲愛里と書かれており、「SUPER VOYAGER! の真彩希帆そのままに、ストーリーテラーとして綺咲愛里に最初歌わせるのかな... ?」と思っていたら、予想通りの展開が。 綺咲愛里の魅力は歌ではないですよね。 歌うと全ての声が変に震え、何を言っているのか聞き取りずらくなってしまいます。 ここは2番手礼真琴にすれば良かったのでしょう。 最初でつまづくと、なかなか回収は難しいのはどんな作品でも一緒。 「とても重要なところなのにな」と思いました。 「Killer Rouge(キラー ルージュ)」では、綺咲愛里のシーンは全体を通してもかっこよかったり、可愛いシーンが多いです。 「紅頭巾CHANG」もキュートでわくわくする役なのですが、可愛さは表現できても歌の出来が頭に残ってしまいます。 キメるべきところがキメきれない、これも「Killer Rouge(キラー ルージュ)」の出来にすごく影響している気がします。 有沙瞳と礼真琴が見事に埋まらないところを回収してゆく 「ANOTHER WORLD」「Killer Rouge(キラー ルージュ)」でトップの埋まらない部分を回収してゆく礼真琴と有沙瞳。 観終わる頃には、この二人の献身さに感動し、勝手に恋に落ちています。 特に、有沙瞳です。 私は観劇中に「有紗瞳を絶対にトップ娘役にしてあげたい」と思いました。 雪組からの左遷と陰で言われ、礼真琴と合わないといった声も聞こえますが実力は申し分ありません。 何より、トップ娘役の出来ない部分を見事に回収してゆく、これだけ献身性のある娘役なら、誰が見ても何が何でも応援したくなります。 特に、こときほがあり得なくなった今。 礼真琴に完璧にふさわしい娘役はどの組探してもいないでしょう。 となれば、礼真琴の魅力を引き出し、どこまでもお供するような献身性のある娘役が最適だと思います。 宇宙からやってきたような天才礼真琴の相手役に有沙瞳を。 瀬央ゆりあへの期待感 今年になって評価が格段に上がっている瀬央ゆりあ。 それも当然です、 「ドクトル・ジバゴ」の演技は本当に最高でしたから。 今回のレビューでも、ソロで歌うシーンがいつもより増えています。 歌に関しては、「まだまだ伸ばすところがあるな... 」と思いました。 やっぱりレビューのソロって特別な場ですからね。 それに、星組の同期には礼真琴もいます。 いやがおうでも、礼真琴の歌は頭の中から離れません。 比較してしまいますよ。 それでも、今後礼真琴がトップに就任したら羽根を背負うこともありそうだなと思い、今後の期待が高まりました。 北翔海莉がいた頃の、 星組全盛期とも言える時期に戻るには、3番手やそれ以外のメンバーの活躍が必須です。 個人的に瀬央ゆりあにはかなり期待しています。 唯一レビューでとても好きだったシーン:104期ラインダンスからの礼真琴 同じようなトーンで、ずっと辛いものを食べ続けているような感覚のレビューです。 しかし104期の桜をテーマにしたラインダンスは、まるで途中ではさむ胡麻団子のように、忘れかけていたショーの甘美さを思い出させてくれました。 ケツメイシ「さくら」、森山直太朗「さくら」、コブクロ「桜」など、桜にまつわる日本の名曲がアレンジされ次々とバックで流れます。 いや、本当に良いラインダンスでした。 あと104期には綺咲愛里の妹である美里玲菜がいますが、初舞台とかぶるように星組公演の時期合わせてきたのでしょうか? また、ラインダンスのあとの、礼真琴のダンスと歌に感動したのは言うまでもありません。 美味しいものは、いつ食べても料理の奥深さを思い出させてくれるものです。 104期ラインダンスからの礼真琴の流れがこのレビューの中で私は一番好きでした。

次の

男も楽しめる宝塚歌劇

礼真琴リアルタイム

」公演です 連日、スカイ・ステージ TAKARAZUKAニュースより、 ・〈特別編〉稽古場情報part1,2 ・花組 宝塚大劇場公演稽古 ・花組 宝塚大劇場稽古場レポート ・SUMIRE CAMP など、放送してくださり 花組を盛り上げてくれてます 明日、当日は、 まず、お披露目柚香光さん特集 ・タカラズカ・フレシャス・スター 「柚香光・ 礼 真琴」 ・Drillant... ameba. 公演が再開されようとしています 主な劇場の再開予定は! [] 3. いまどきの機器に弱くエネルギー不足のわたしには比較検討することさえ荷が重いのだ 必須の外出が少ないので、生中継でもまぁ見れるだろう。 と思っていた。 花組はカレンダーにしっかりと「初日中継」と書きこんでいるのに。 関西住みのため、普段は「東京公演」の初日をあまり意識していないためついうっかりとしていた 琴ちゃん 礼 真琴 ごめんよー。 音楽の宝箱スペシャル」を鑑賞中 雪組望海風斗さん、星組 礼 真琴さんという歌うまトップによる至福の歌番組 気持ちよさそうに歌うお二人!! スカステ 番組詳細 宝塚歌劇 衛星放送チャンネル タカラヅカ・スカイ・ステージ 最新の舞台から過去の名作まで、あらゆる舞台を網羅。 タカラジェンヌの魅力に迫るオリジナル番組、宝塚の今を伝えるニュースなど、充実のラインアップでお届けする宝塚歌劇専門チャンネル。 www. 踏みということで、花組大劇場公演初日特別番組とフィナーレ生放送、そして2回のライブ中継…と、同じく星組東京宝塚劇場公演でも実施されるようですね れいちゃん 柚香光 はまだ本公演でのお披露目自体出来ていませんが、琴ちゃん 礼 真琴 もまた東京でのお披露目を済ませていません… 星組 東京宝塚劇場公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray... [] 6. には98期に天華えまさんという逸材もおりトップ候補がひしめいている状態です。 私は、愛月ひかる さんは、次期雪組か月組のトップになっていただきたいと思います。 瀬央さんは、劇団が、トップにするのであれば、宙組に組替えして、芹香斗亜さんの二番手になるのがいいと思います。 劇団が瀬央さんを同期の 礼 真琴さんのささえに... livedoor. tca-pictures. よろしくお願いいたします 宝塚歌劇 宝塚 キャトルレーウ 公式ク ッス うちわ ミニミニうちわ 柚香光 珠城りょう 望海風斗 礼 真琴 真風... は朝から雨の関西です。 歌劇7月号を読んでいて こっちゃん 礼 真琴さん と愛月ひかるさんの 対談があったんですよ。 そこで、たこパの話がありまして、 星組のみんなで こっちゃんの引っ越したお部屋で たこパしようって!! たこパって たこ焼きパーティーのことですね そしたら愛月さんのお部屋は ダイニングテーブルにもソファーにも こだわりがあって... ameba. 確か彼女も一発合格だったな。 宝塚に受かってから来てくれている子ですが、 そんなに受験お稽古歴は長く無かった筈。 でも試験官の先生方は、 こういう感性を見抜かれるのですよねぇ。 楽しみ楽しみ 生徒ちゃん達に説明する時に、 宝塚のどなたかを例に出すと理解してくれる事も多く、 望海さん 望海風斗 や、こっちゃん 礼 真琴 を例に... ameba. 星組の公演を中心に宝塚歌劇の魅力を紹介。 各組トップスターがリモート出演。 見どころや舞台再開に向けた思いについて語る。 2020年に新しく放送予定の「宝塚スペシャルシート」の各組の作品の中から、今年3月までに収録できた宙組、雪組、星組の公演を中心に宝塚歌劇の魅力を紹介。 宙組トップスター真風涼帆、雪組トップスター望海風斗、星組トップスター 礼 真琴がリモートインタビューに...

次の

礼真琴のビキニ写真よりヤバイものがあった?「文春」流出の真相!

礼真琴リアルタイム

コンテンツ• 星組次期トップ|礼真琴とは? 礼真琴(れい まこと)さんは、2007年に宝塚音楽に入学し2009年宙組公演『 薔薇に降る雨/Amourそれは…』で初舞台を踏んだ95期生です。 その経歴は輝かしく、宝塚歌劇団に 首席で入団し、翌年の2010年には『 ロミオとジュリエット』の初演で『愛』役に抜擢されました。 当時、無名の礼真琴さんでありましたが、しなやかなダンスとずば抜けた才能を発揮し、「あの人は誰?」「男役?娘役?」などと話題になり一躍時の人となったのです。 その後は、新人公演主演を始め• バウホール公演『 かもめ』『 鈴蘭』• ドラマシティ、日本青年館公演『 阿弖流為』• 全国ツアー公演『 アルジェの男/ESTRELLAS』 で主演を務められ、着々とスターの道を歩み 2019年10月14日付で星組トップスターに内定されました。 礼真琴、憧れの存在はレジェンド柚希礼音! 幼少期からバレエを習っていた礼真琴さんですが、バレエのレッスンはあまり好きではなかったそうです。 そんな中、身長が高かったことからバレエの先生に宝塚を勧められ2005年、 安蘭けい(あらんけい)さん主演で上演された『 龍星』を初観劇。 そこで李霧影を演じていた 柚希礼音(ゆずきれおん)さんに感銘を受け、宝塚の受験を決意されたそうです。 礼真琴さんの芸名にもある「礼」の字は、尊敬する柚希礼音さんから一文字いただいたとお話しされていました。 宝塚に入団後は、憧れであった柚希礼音さん率いる星組に配属され、新人公演では主演を含め 柚希礼音さんが演じた役を5度も演じられています。 また、柚希礼音さんの転機となった作品『 スカーレットピンパーネル』のショーブラン役も演じ、礼真琴さん自身もこの作品でまた一段と成長されたように感じました。 礼真琴に弱点はある? 何をしても完璧な礼真琴さんですが、一つ弱点があるといえば宝塚の男役にしては少々小柄であるということではないでしょうか。 身長170㎝である礼真琴さんですが、最近の傾向では宝塚男役の平均身長は170㎝以上、娘役も165㎝以上と以前に比べ全体的に高くなっていると感じます。 今では男前な礼真琴さんですが、下級生の頃は顔立ちも幼く可愛らしい印象で、娘役として起用されることも多々ありました。 ファンの間では、「娘役に転向してしまうのではないか?」と男役礼真琴のファンにとっては不安な声もありましたが、3番手男役の立場になったくらいのころから一気に垢抜け、男らしさが増したのです。 男役で身長が小さいと大きな弱点になるかと思いますが、礼真琴さんに至ってはそれを吹き飛ばすくらいの存在感とオーラがあるので、まったく気にならないですね! 礼真琴の相手役|舞空瞳 次期星組トップ娘役に内定しているのが、2019年4月まで花組の娘役であった 舞空瞳(まいそらひとみ)さんです。 舞空瞳さんは2014年に宝塚音楽に入学し、102期生として2016年星組公演『 こうもり/THE ENTERTANER! 』で初舞台を踏み、礼真琴さんと同じく 首席で入団されました。 礼真琴さんが次期星組トップであったことは、大体の方が予想されていましたが、トップ娘役に関しては、予想外の就任発表で驚かれた方も多かったのではないでしょうか。 「研3だし、まだ早い。 」という方もいるかとは思いますが、最近では下級生がトップ娘役に抜擢されることは珍しくはなく、何色にも染まっていない娘役とコンビを組むということはトップ男役にとってもやりやすいのでは?というように感じます。 元星組トップ娘役 妃海風(ひなみふう)さん• 元宙組トップ娘役 実咲凛音(みさきりおん)さん• 元月組トップ娘役 愛希れいか(まなきれいか)さん• 元宙組娘役 伶美うらら(れいみうらら)さん• 元雪組娘役 星乃あんり(ほしのあんり)さん などがおります。 そうそうたる顔ぶれですが、さらにすごいのが『 エリザベート』でヒロインを務めた娘役が2人もいるということです。 娘役のなかで、憧れの役第1位でもある『エリザベート』。 この作品で、実咲凛音さんと愛希れいかさんは、ヒロインエリザベートを演じました。 同期のなかで2人もエリザベートを演じた娘役がいるということは、宝塚でも例のないことです。 そして現役生徒には、礼真琴さんを始め…• 花組男役 柚香礼(ゆずかれい)さん• 花組男役 水美舞斗(みなみまいと)さん• 月組男役 月城かなと(つきしろかなと)さん• 雪組男役 朝美絢(あさみじゅん)さん• 宙組男役 桜木みなと(さくらぎみなと)さん• 星組男役 瀬央ゆりあ(せおゆりあ)さん などがおります。 今後、近い将来5組全てのトップが95期男役で飾られるなんてこともあり得るかもしれません。 礼真琴、同期生とのエピソード 素晴らしい同期達を持つ礼真琴さんですが、その中でも元星組トップ娘役・妃海風さんと星組男役・瀬央ゆりあさんとは多くの舞台を共にし、特に濃い時間を過ごされていたようです。 妃海風さんとは、2012年に発売された宝塚ディズニーアルバムのなかで『輝く未来』を披露し、歌うまコンビとして一躍人気を集めました。 また、2014年『 眠らない男・ナポレオン』の新人公演では同期で主演を務めたこともあります。 礼真琴さんと妃海風さんは、お互いに似た境遇に立たされることが多かったことなどから、友達ではなく「一番分かり合える同士」であったということをお話しされていました。 そして、もっとも近くで礼真琴さんを支えている存在であるのが瀬央ゆりあさんです。 新人公演・本公演・主演公演では礼真琴さんと肩を並べ、いつも一緒に作品を作り上げてこられました。 礼真琴さんにとって、互いに尊敬し刺激し合える存在である瀬央ゆりあさん。 とても仲のいい兄弟のようにも見えるお2人の掛け合いは、星組の名物の一つにもなっています。 礼真琴|お茶会の様子 お茶会とは、タカラジェンヌとファンがトークやゲーム、握手会などで身近に触れ合うことができるファンクラブイベントです。 公演ごとに宝塚と東京で開催され、スターになるほどその規模は大きくなっていきます。 礼真琴さんのお茶会も毎回とても好評で、人気絶頂を示すかのように参加人数も開催ごとにどんどん増えているのです。 次期トップスターというだけに、握手会や写真撮影などはなくなってしまったのですが、公演のお話やプライベートのお話、何と言っても生歌の披露などがあるので、ファンにとっては贅沢でたまらない時間を過ごすことができます。 礼真琴とは…• 入団当初から優等生• 憧れの存在はレジェンド柚希礼音• 次期相手役も首席!• 小柄という弱点がありながらも、存在感とオーラがすごい• 同期がスター揃い!• 固い絆で結ばれた同期がいる• お茶会では生歌が聞けるかも 宝塚の男役になるために生まれてきたといっても過言ではない礼真琴さん。 実力は勿論、運や巡り合わせの良さなど宝塚に必要不可欠な強運の持ち主であることも、スターになるべき人物であるということが伺えます。 星組次期トップが内定されていますが、間違いなく宝塚の歴史に残るトップスターになると言えるでしょう。 今後、さらに進化し男役を極めていくであろう礼真琴さん。 まずは、お披露目公演から期待したいですね!!.

次の