ぷよぷよ e スポーツ レート。 「ぷよぷよeスポーツ」,ハンデやブーストといった対戦サポート機能が公開。“たいかい”モードは2〜8人で楽しめる

【ゲーム実況の話】ぷよぷよレート2700への道|しもんのブログ

ぷよぷよ e スポーツ レート

こんにちは、エージです。 ぷよぷよeスポーツ(ぷよスポ)のsteam版が発売されますね。 その名も Puyo Puyo Championsです。 今までぷよスポはSwitchとPS4でしか発売されていなかったので、どちらかのハードを持っていない方はやることができませんでした。 でも今回のsteam版はパソコンを使用するので、今までやりたくてもやれなかった方ができるようになったんじゃないでしょうか。 「SwitchもPS4もパソコンもないよー。 」という方は、ゲームセンターにアーケード版がありますのでそちらでも良いかもしれませんね。 というわけで今回は、ぷよスポのsteam版について見ていきたいと思います。 ぷよぷよeスポーツのSteam版の詳細について PCでもできるぷよスポのsteam版の詳細について見ていきましょう。 正式名称 名前は 『Puyo Puyo Champions』です。 名前は違っていますが、内容はSwitch版やPS4版のぷよぷよeスポーツと同じです。 ただ、Ver1. 03でバージョンアップの「チャレンジモード」については搭載されていないようです。 他は基本的に同じなので名前はぷよぷよeスポーツのままの方が分かりやすかったかもしれませんね。 (笑) 僕は英語が苦手なので、この記事ではぷよスポSteam版で説明していきます。 発売日 発売日は 2019年5月8日(水)です。 サイトによっては5月7日とかかれているところもありましたが、これは世界中で発売されているものなので日本時間では5月8日のようでした。 僕はずっと5月7日かと思ってしまいました。 価格 価格は、 税込みで1,100円です。 かな〜り安いですね。 SwitchやPS4のぷよスポはセールで500円でしたが、実際には1,999円なのでこれは安いんじゃないでしょうか。 その他サービス PC版は テキストも音声も日本語が選べるようになっています。 詳細はこちら。 PC版は、日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・繁体字中国語・簡体字中国語の言語テキストを収録しております。 また、ボイスはオプションにて、英語と日本語の音声切り替えが可能です。 引用元: 以前に発売したぷよぷよテトリスSteam版は日本語機能がなく、英語のテキストとボイスだったので日本語があるのはありがたいですね。 では、まとめてみましょう。 名前 Puyo Puyo Champions Steam版 発売日 2019年5月7日(火) 価格 1,100円(税込み) その他 テキスト・音声が日本語対応 ぷよぷよeスポーツSteam版の人口や需要はどれくらい? では、このぷよぷよeスポーツのsteam版ですが、どれくらいの方が購入されるんでしょうか。 ぷよスポは同じハードでないと対戦することができません。 SwitchはSwitch同士、PS4はPS4同士で対戦できるんですね。 SwitchとPS4で対戦はできません。 なので、ぷよスポSteam版を購入するとしても 人口が少なくてはオンライン対戦もしにくいです。 そこでTwitterでぷよスポの需要を知るためにアンケートを取らせてもらいました。 その結果がこちらです。 どんっ!! 【ぷよスポのsteam(PC版)は買いますか??】 すみません、需要を知りたいのでご協力をお願いします! たくさん統計をとりたいので良かったら拡散してください。 】 I want to know everyone's purchase intention, please answer that question. I hope to get many answer, please spread this tweet. Thank you. I'll buy it. I won't buy it. I want to know only result. 結果ですが、購入する方が思ったよりも多く感じます。 ほとんどぷよらーの方がアンケートに答えてくれていると思いますし、Switch版かPS4版を持っている方は買わない予定に入れているとしても3人に1人くらいが買う予定のようです。 このぷよスポSteam版を待ち望んでいた方も多いようですし、 人口は十分にいるんじゃないかと思われます。 海外の方もいますし、次の新しいぷよぷよが発売されるまでオンラインで当たらないとか対戦できないとかいうことはなさそうですね。 ぷよぷよeスポーツSteam版の海外の動画を紹介 今回のぷよスポは日本語版に直せますが、以前のぷよテトが英語版だったというのもあって英語版のままいる人も微レ存いるんじゃないかな〜と思います。 なので、英語版のぷよぷよeスポーツSteam版の動画を紹介したいと思います。 ジェリーさんVSアレックスさん?アレクセイさん?が死闘を繰り広げていますね。 英語版は何言ってるか分かりませんがかっこいいですね。 ちなみに発売日は5月7日となっていますが、日本時間では5月8日です。 まとめ ぷよスポは今までSwitchとPS4であったのですが、ハードはなかなか高くて買えない方がいたと思います。 ただパソコンであれば元々持っていた方もいるでしょうし、買おうか悩んでいた方の買うきっかけになったかもしれません。 身近にあるパソコンでぷよスポができるのは良いですよね。 1,100円という価格もお手頃なので、気になった方はぜひ購入してみてもらいたいです。 ご覧いただきましてありがとうございました。

次の

ぷよぷよeスポーツ

ぷよぷよ e スポーツ レート

これを続けたら確実にレベルアップできる! です。 そりゃそうですよね。 何事も復習して次につなげていけば成長できます。 ピアノもぷよぷよも人生も、その点は同じです。 今までは惰性でやっていた 私は去年まで 「ぷよぷよ. com」という、ぷよぷよの戦術やぷよぷよのコミュニティーについて書くブログを運営していました。 しかし、 ドメインの更新を怠っていた(怠っていたことにすら気づけなかった)ためサイトがなくなってしまいました。 非公開のも含めると100記事は書いていたのでサイトがなくなったのはとてもショックで、サイトがなくなってからはぷよぷよの研究をすることをやめてしまいました。 強くなりたい! しかし今回! YouTubeのゲームチャンネルを運営していく上で、他人(その界隈の人)に強さを認められるようなゲームタイトルが欲しいと思い始めました。 今私のゲームチャンネルはファンの方に支えられて成り立っています。 しかし、本気でゲームに向き合っていけばファンの方だけではなく新規のゲームファンにも支持される可能性が高まります。 人気のゲーム実況者って、 ・喋りが巧い ・ゲームが強い この2つを持っていますよね。 なので、 ゲームが強くなるためにどんどん動画を投稿して、喋りの研究もしていくって感じが良いと思いました。 知れば知るほど楽しくなる ピアノもゲームも同じですが、 そのことを知れば知るほどどんどんハマっていきます。 自発的に研究することでさらにハマっていくんですよね! 私は昨日自分で投稿したぷよぷよの動画を何回も見直しましたが、見るたびに新しい発見(改善点)があります。 改善点を意識して、脳のリソースを割かずにぷよを操作できるくらいまで練習すればどんどんレベルアップできます。 そしてその過程がめちゃくちゃ楽しいのです。 ゲームができるのも自粛のおかげ 自粛生活に入って3ヶ月ほど経ちましたが、そのおかげでゲームをガッツリとできるようになりました。 そして、 ただ自分でプレイするだけではなくそれをYouTubeに公開することでそれを観てくださった方にも楽しんでいただけるという最高のループになっています。 やっぱり今の世の中は自分が得たものをどんどんアウトプットしていく時代だな、と思います。 自分の体験や知識を簡単に共有することできて、しかもそれが価値になる。 アウトプットをすることが自分の成長にも繋がるので、皆さんもぜひアウトプットしましょう!!.

次の

【1ms+165Hz+湾曲】GIGABYTEから、応答速度1ms、高リフレッシュレートの31.5インチゲーミングディスプレイが発売!

ぷよぷよ e スポーツ レート

目次 もくじ• ぷよぷよeスポーツは500円なら全然アリ 2018年の 11月30日までは500円で購入することが可能です。 正直言うと私は1999円だったらスルーしていましたが、500円だったので今回購入しました。 今回の発売記念セールは11月30日までですが、今後も何かとeスポーツ記念やら何やらでセールされることもありそうです。 COMとの4人対戦も可能。 しかも面白い 自分とCOM3人の合計4人対戦も可能です。 1vs1vs1vs1(全員敵)はもちろん、 2vs2(チーム戦)が普通に面白いので、コツコツ遊んでいます。 キャラによってCOMの強さが変わるので、自分に合ったレベルでぷよぷよを遊べます。 「COM戦は何かすぐに飽きそう」 などと思われるかもしれませんが、実際遊んでみると結構アツいです。 COM戦でも退屈せず白熱したバトルができ、COM戦でもかなりハマれます。 ぷよぷよeスポーツというオンライン対戦が重視されているようなゲームタイトルですが、 オフライン(COM戦)も普通に楽しいです。 プラチナトロフィーあり 低価格帯のゲームはプラチナトロフィーが搭載されていないこともありますが、ぷよぷよeスポーツには プラチナトロフィーが実装されています。 ぷよぷよの達人じゃないと獲得出来ないような、いわゆる難関トロフィーは見当たりませんでした。 ただ、運要素のあるトロフィーもあります。 結果は3勝47敗 レートでいうと2000から始まり、1800台まであっさり落ちました 笑 私はウイイレで実感したのですが、負けて覚えるのが結構好きです。 「あ、これが強いのか」と肌で実感して、相手の行動パターンを吸収することが上達への近道なのかなとも思っています。 なので負けてもあまり苦ではありませんでしたが、初心者がいきなり対人戦をやるのはおすすめしません。 初心者の方は、まずはCOM戦でぷよぷよに慣れることをおすすめします。 いきなり対人戦をやる場合は負けてもヘタレないメンタルが必要です。 対人戦の設定は良い感じ ただ、 1試合1試合が短く、また試合前に人選することが出来ます。 対戦前に相手のレートが表示され、 「このレートの方と戦いますが本当にOKですか?」 との確認画面があります。 相手のランクも表示されるので、実力差が大きく離れている相手との対戦を事前に回避することも可能です。 その点は初心者向けの設定で良い点でした。 ちなみに初心者がレート2000超えの方に勝つのはかなり苦しいと思われます。 eスポーツに興味なくてもOK ゲームのタイトルだけ見ると何かとっつきづらそうな感じはありますよね。 しかし、 eスポーツは誰でも気軽に参加して良いものなので、腕前に自信がなくても是非ともお祭り気分で参加してほしいものです。 むしろ、プレイ人口が増えないと大会自体も盛り上がらないとまで言って良いかと。 また、eスポーツに関係なく、普通に1人で気晴らしにプレイしたり、友達とわいわい遊ぶ目的でも十分に楽しめます。 これは間違いありません。 そのうえで、このゲームをきっかけにeスポーツに興味を持って貰えると嬉しい限りです。 関連記事 eスポーツとプロゲーマーライセンスについて というのも、eスポーツが発達するためにはそのゲームをプレイする人が多くなることが大切です。 ウイイレもそうですが、ゲームの価格を無料もしくは極端に低くし、 「とりあえずプレイしてみよう」 といったライトユーザー層をいかに囲い込めるかというのが最近のeスポーツタイトル事情。 JeSUというeスポーツ団体が最近ではいろいろ動いているようです。 ぷよぷよの他にも、ウイイレやCoD、レインボーシックスシージといった人気のオンライン対戦シリーズがライセンス認定タイトルです。 これらのタイトルでトップクラスの実力になれれば、プロゲーマーとしての公式な肩書( プロゲーマーライセンス)を発行してもらえます。 公式大会での賞金やスポンサーとの契約料、YouTube等での広告収入を得られる可能性があり、【ゲームで生きる】ことも現在では可能となりつつあります。 もちろん、血のにじむような努力が必要です。 ゲーム大好きという方は是非eスポーツ認定タイトルのゲームをいろいろプレイしてみて下さい。 その他感想 話を戻してぷよぷよeスポーツの感想です。

次の