中野四葉 名言。 【五等分の花嫁】中野三玖と言うヒロインの危険性について。

五等分の花嫁の主人公とヒロインをざっくりまとめてみた。

中野四葉 名言

1 好きな食べ物 好きな飲み物 常温の 嫌いな食べ物 好きな よく見る 得意教科 美容パックと 好きな 若手が出てくる系 お気に入りスポット 先 本を読むなら 誌 本作に登場する五つ子の次女であり、の1人。 前をにしたの。 頻繁にに挟まれるほどの長さである。 いで結ったが特徴的。 を着ているときはい上着を羽織っている。 視は恐らく以上に悪いと思われるが、普段からを付けている。 歴は3年だが、未だにつけるのに片で5分かってしまう。 5人の中で最も気が強く、勝ち気で。 ックな一面もあるが、他のを思う気持ちは強く、繊細である。 美容ーや顔のパックを使っているなど美容への意識が高く、に気をつかうなど、五つ子の中でもは一番高い。 寝坊したときは、階分降りるの中でを済ませる。 な人が好みらしく、小さいのやのかつらをかぶった郎にることも(ただし郎だとは気づいていなかった)。 好みのの前だと普段の勝気な姿から一転して一途なと化してしまう。 でで通すことは々に諦めている。 しっかり者で事をしっかりとこなし、も得意。 また、社交的で友人も多い。 荒っぽい言動も立ち、他のに対しても矛先を向けてしまうこともあり、の違いからとぶつかることがしばしば。 だが、それも他のに対する思いが強いが引き起こしてしまうことが多く、に着せぬ言動が時にはをから救うことも。 でと2人きりになるとすぐさまの招集に努める。 かつての五つ子は容姿も性格も同じだった頃への思いが強かった。 そのために昔のを維持するためにを長くしていた。 だが、変かわりゆく今を受け入れると決心し、覚悟の意味でを切りにする。 郎のことは当初毛嫌いしており、名前で呼ばずに「君」と呼んでいた。 初めて郎がを訪れた際は、にを入れてまで追い出そうとするなど、をやせようと何かと邪険に扱っていた。 当初は郎からもっとも警されていた存在だったが、のために奮闘する郎の姿を見て少しずつではあるが、なりに心を開くようになる。 では、特にが安定していなかったこともあり、各所で崩れたの画像を貼られてにされるなど不遇を受けている。

次の

【五等分の花嫁】キャラクター人気投票ランキング!一番人気なキャラは誰だ!

中野四葉 名言

それでは本編中野三玖の魅力について書いていきたいと思います。 五つ子のものまねがうまい 三玖は五人の中でも飛び抜けで他の四人のものまねがうまく、一花よりも女優の才能があるのではないかと疑うレベルのうまさです。 序盤はその特技を上杉からにげるために使ったり、先生から逃げるために使ったりしていました。 戦国武将好き 三玖はなぜか戦国武将が大好きで戦国武将に関しては天才上杉以上の知識を有しています。 戦国武将が好きと言うことだけあって社会科が得意なので1番勉強ができるのが三玖です。 料理が下手 序盤のお料理対決から始まり何度が料理をする場面がありましたが見た目味ともに最悪。 ですが負けず嫌いの三玖はなんども料理に挑戦して上杉に毒味をさせます。 料理は下手ですがおんなのこが頑張る姿って最高だと思います。 中野三玖は零奈? 私の予想では違うのではないかなと思います。 三玖と零奈を結びつけるような情報は今のところありません。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 三玖VS一花 三玖は一花をライバルだと認識しており、どちらが上杉をものにできるか競争をしています。 迷いがない三玖に対して、一花は三玖との関係などから上杉への気持ちを素直に喜べない状況でいます。 この勝負なかなか平行線だったところに二乃というダークホースが現れさらに大事になってきています。 三玖と上杉 上杉は一番はじめに心を開いてくれた三玖を一番信頼しているように感じます。 しかし恋愛感情となると話は別で上杉は全く三玖を恋愛対象だと意識していないように感じます。 三玖が上杉とくっつく可能性はそんなに高くないのではないかと感じます。 まとめ 以上、中野三玖の魅力でした。 ちょっと書いてみてかわいいのはわかるけど説明するのは難しいかわいさなきがしますね。 今後も三玖のかわいさに期待です。

次の

「五等分の花嫁」中野一花の名言まとめました

中野四葉 名言

「わたしはアンタを認めないわよ。 たとえそれであの子たちに嫌われようとも……。 コミックの1巻と3巻と8巻の表紙に登場している。 容姿 の前髪との髪型で、五つ子の中で一番の長髪だったが、途中で髪を切る。 黒い蝶の髪飾りを左右に着けたが特徴。 制服を着ているときは黒い上着 アニメでは紫に近い配色になっている を羽織っており、私服はおしゃれに気を使っていて女子力が高い。 どんな時でも胸を強調する服を着ている。 視力が悪くコンタクトレンズを使用している。 靴下はニーハイソックスを履いている。 人物 の呼び方は「上杉」「キミ」「アンタ」。 話が進むうちに変わる 後述ネタバレ。 一人称は「わたし」、二人称は良くも悪くも主に「アンタ」。 他の五つ子のことをで呼ぶ。 言葉遣いは五つ子で唯一を常用している。 と違って家事をしっかりこなし、料理が得意など、しっかり者の一面もある。 おしゃれに気を使うところがありは五つ子の中で最も高く、社交性も高い。 美容ローラーや顔のパックを使っているなど美容に気を使っている。 おしゃれにも興味が強いらしく、ピアスを開けようとしたこともある。 スマホをウサギ型のケースに入れて使っている。 と同じように注射が嫌い。 胸を持ち上げるように腕組みする癖がある。 価値観の違いからと喧嘩することがあるが、根は姉妹が大好きである。 面食いな一面があり、本人曰くワイルドな人が好きとのこと。 当初は姉妹の中に入り込んできた「異分子」である風太郎の事をよく思っておらず、初対面の時には睡眠薬を飲ませて強制排除に及んだ程であった(軽く見えるがこれは「傷害罪」に問われる危険性あり)。 だが、花火大会ではぐれた姉妹探しに奮闘した後に労いの言葉を掛けたり、中間テストで全員赤点を取って家庭教師をクビになりそうになった際には嘘の点数を報告して続けさせたりと、徐々にだが態度を軟化させていく。 因みに、少年期の風太郎の写真を見た時に「めっちゃタイプかも!」と目をキラキラさせながら言っていたので、ファンからは度々「ショタコン」呼ばわりされる。 ネタバレ 林間学校の肝試し中、金髪のカツラを被った風太郎 金太郎 を見て一目惚れ。 フォークダンスに誘うが、風太郎が風邪でダウンしたため結果的にフラれる形になる。 二学期の期末試験を前にしても、勉強に身が相変わらず入らない二乃は三玖や風太郎と口論になり、風太郎が作ったプリントを咄嗟に破り捨ててしまう。 そのことを五月に叱られ、頬を張られたことに反発。 衝動的に家出してしまう(同時になぜか五月も家出してしまう)。 しばらくの間ホテル生活を続けていたが、ある時自分を連れ戻しに来た風太郎の落ち込んだ表情を見て放っておけなくなり、渋々ながら部屋へと招き入れる。 風太郎から、かつて京都で出会った少女 零奈 との再会から決別までの顛末を聞いた二乃は、その場で号泣。 「アンタみたいな男でも好きになってくれる子が地球中に一人くらいはいるはず」と風太郎を励ます。 さらに、風太郎の「人は変わっていくのは避けられない。 過去を忘れて受け入れて行かなくちゃな」という言葉に感じ入り、自身が五月に強く反発した本音を語り出す。 かつての五つ子は容姿も性格もほぼ同じで、二乃はその頃の思考が共有されているような感覚を心地良く思っていたが、5年前の母親の死をきっかけに個性が芽生え少しづつ離れて行った。 二乃の長い髪も、他の五つ子は髪型も変えていったが、二乃だけは昔の髪型を維持していた物。 二乃は「五つ子」に未だに固執し続けていたゆえに、五月の変化に強く反発したのだった。 自分も過去を忘れて前を向かなきゃならないという二乃は、もう一つの心残りとしてちゃんと金太郎に別れを告げられなかったことを挙げると、風太郎は二乃のために金太郎に扮して彼女の前に再び現れ、彼女の未練を断ち切らせてやろうとする。 だが、「金太郎がいれば姉妹はいらない」という二乃に「5人でいて欲しいんだ」と本音を言ってしまったことで正体を途中で見破られ、二乃は姿を消してしまう。 翌々日、ホテルを変えた二乃の前に今度は三玖が現れる。 家に戻らないのかという三玖に、二乃は今のバラバラな五つ子が一緒にいる理由はないと返す。 そんな二乃に三玖は「全員同じは平穏で諍いもないけど、それじゃ20点の5分の1人前のまま。 一人一人違う経験をして、足りないところを補い合って、わたしたちは1人前になろう」と説得。 その言葉に二乃も心を動かされ、変わりゆく今を受け入れると決心。 覚悟の証として髪を切り、五月に謝って仲直りする。 その後は風太郎への反発をやめ、金太郎への想いも断ち切るが、同時に風太郎のことが気になり始める。 ただし二乃本人は、これは風太郎への恋心ではなく、金太郎への未練が残っているためだと自分に言い聞かせる。 そして合格点を学年末試験でとり、風太郎とはもう会わないという決意を固めていた。 しかし、姉妹達とともに親元を離れて暮らすことを父・マルオと議論している最中、バイクで現れた風太郎に突如連れ出され、姉妹たちが待つ風太郎のバイト先へ向かう。 その道中、普段のように軽口を叩き合っている中で、勢いに任せて彼に告白してしまう。 風太郎に対する反発は「姉妹の間に入ってくる異物・家庭教師」という役割に対してで、彼個人に対しては惹かれていたことを自覚しての言葉だった。 しかしその言葉は風にかき消され、風太郎の耳には届いていなかった。 店に着いてからそのことを知った二乃は一度は告白を無かったことにし、その場を立ち去ろうとしたが、すぐに引き返し 「アンタのこと好きって言ったのよ」と まさかの二回目の告白。 前述の「 風太郎を 好きになってくれる子が一人くらいはいる」という言葉を引き合いに出し、 「それがわたしよ。 残念だったわね!」と宣言する。 さらに困惑する風太郎に対し、 「恋愛対象として見られていないなら、振り向かせてみせるわよ!」と決意を新たにアタックを開始するのだった。 ちなみに、その頃から呼び方が「フータロー」となり、さらには「 フー君」というあだ名を度々使うようになる 命名は春休みの旅行時に三玖が提案したもの。 毒舌は相変わらずだが、自分が自覚が出来たり、言い過ぎて後で反省するようになった。 関連イラスト.

次の