マギー ジレンホール。 ジェイク・ジレンホール元彼女の曲のネタに!私服、髪型はイケてる?背中のタトゥーはフェイク!映画【雨の日は会えない、晴れた日は君を想う】

ジェイクギレンホールの代表作7選!オススメの映画紹介します

マギー ジレンホール

Image by:Vox• 父親の両親は新教会(宗教)だった• 女優のエマ・トンプソンとは大の仲良し• 外出するときは必ず財布に口紅を入れる• 以前は喫煙者だった。 現在は禁煙している• 女優としてデビューする前はマサチューセッツ州のレストランで、ウエイトレスとして働いていた• 2015年にある映画で「55歳の男性と恋に落ちる」という設定の映画のオファーを受けたが、それを拒否した• 2010年の映画「キラー・インサイド・ミー」にキャスティングされていたが、最終的に女優のジェシカ・アルバが役に選ばれた• 2008年の映画「ダークナイト」に出演したのは有名な話だが、もともとは女優のが出演するはずだった• 出生証明書には「マーガレット」と書かれていたが、その後に名前を「マギー」に変更した。 「マーガレット」はヘブライ語で「パール」という意味 マギー・ジレンホールの夫は俳優のピーター・サースガード!.

次の

マギー・ジレンホール: ブログ

マギー ジレンホール

その 父は映画監督のスティーブン・ギレンホールです。 母は脚本家のナオミ・フォナー、 姉は女優のマギー・ギレンホールという芸能一家で育ちました。 恋愛の話題も華やかです。 以前は ジェイミー・キング、 ナタリー・ポートマンなどと交際しました。 2009年には キルスティン・ダンストと交際を始め、紆余曲折あったようですが2015年に破局しています。 「紆余曲折」の期間、2007年には リース・ウィザースプーンと交際し2009年11月に破局。 2010年には テイラー・スウィフトとも一時期交際し話題になりました。 2015年にはリバ・マーカーと共に 製作会社ナイン・ストーリーズを立ち上げました。 Sponsored Link ジェイク・ギレンホールの代表作 遠い空の向こうに アメリカの小さな炭坑の町の 高校生4人がロケット作りに挑戦する物語。 原作は、主役4人の1人ホーマーによる著書 「ロケットボーイズ」。 原題の 「October Sky」は、原作の題名 「Rocket Boys」のアナグラムになっています。 アメリカでは教科書にも載っているそうです。 ジェイク・ギレンホールは ホーマーを演じています。 そこで銀色のウサギ、フランクに出会い「世界の終わりまであと28日と6時間と42分12秒しかない」と告げられます。 ジェイク・ギレンホールは主人公の ドニーを演じています。 本当に、一度見ただけでは理解できない難解な映画です。 地球が洪水に飲み込まれる様子、凍りつく自由の女神が印象的でした。 ジェイク・ギレンホールは地球の危機を呼びかける科学者の息子を演じています。 高校生の設定ですが、当時24歳だったそう。 でも、高校生役に違和感ありませんでした。 アメリカ、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンを舞台にした、1963年から1983年までの20年間にわたり惹かれ合う2人の男性の姿を描いています。 低予算で作られた映画ですが、評価が高くヒット作となりました。 2005年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。 ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)、監督賞、脚本賞、主題歌賞の4部門を受賞しています。 ジェイクはヒース・レジャー演じるイニスに惹かれるカウボーイを主演で演じています。 実際には パーキンソン病を患う女性とバイアグラを売るセールスマンのラブストーリーで、高評価の映画です。 ジェイクは始めはチャラいセールスマン、ジェイミーを演じているのですが、アン・ハサウェイ演じるマギーと真剣につきあうようになり、変わっていきます。 ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされました。 事件・事故現場に駆けつけカメラに映像を収めてテレビ局に売りさばきます。 ジェイクは2ヶ月かけて昼夜逆転の生活をし、12kg減量して不健康な体を作り上げたそうです。 その甲斐あって、ジェイクの怪演ぶりは高く評価されました。 彼が再起をかけて立ち上がる様子、家族の絆を描いています。 見どころの一つは鍛え上げたジェイクの体! ジェイクはビリーを演じるにあたり6ヶ月のトレーニングを経てボクサーの体を作り上げました。 ところがデイヴィスは一滴の涙も出ず、空虚な毎日から悲しみにも無感覚になってしまったことに気づきます。 妻を愛していたのかさえわからなくなった彼は、義父のある言葉から身の回りのものを壊し解体を始めます。 不思議なタイトルに不思議なストーリーですが、それを演じられるのがジェイク・ギレンホール! サウスポーとはまた違った再起の仕方を見せてくれます。 トム・フォードはデザイナーであり化粧品も作り映画も…センスのいい人は何をやってもセンスよく作れるんですね~。 原作はオースティン・ライトが1993年に発表した小説 『ミステリ原稿』。 エイミー・アダムス演じる主人公に元夫で小説家のエドワードから小説の原稿が送られます。 その内容がひどく不気味。 ジェイクはエドワードと、小説の登場人物トニーの2役を演じています。 実際に起きた2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で両足を失ったジェフ・ボーマンの実話が元になっています。 でも、そんなジェフだからテロにあったボストンが再起しようとするのに、自分も両足を失ったことから立ち上がっていくことで市民を勇気づけるんですよね。 興味を持った作品であれば、どの作品をとっても間違いないと思います。

次の

マギー・ジレンホール: ブログ

マギー ジレンホール

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他•

次の