ドラゴンクエスト ユア ストーリー 評価。 【悲報】ドラゴンクエスト ユアストーリー、ユーザー評価が☆2.1まで低下する

映画『ドラゴンクエスト ユアストーリー』評価は?ネタバレ感想考察/結婚は誰と?ラスボスの正体は賛否両論?

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 評価

どーも、スルメ です。 非常に難しいですね~、これは! なにが難しいって『ドラクエ』ほど知名度が高く、長きにわたって愛されてるテレビゲームをアニメすることがです! どんなに上手くやっても絶対に批判が出るじゃないですか!『ドラクエ』は特に思い入れが強い「大人ファン」も多いですしね。 しかもドラクエ5でしょ?天空の花嫁でしょ?ドラクエの中でも大傑作じゃないですか! 私の場合完全に世代じゃないんですが、リメイクであるDS版が中学の時ブームになりまして。 ビアンカか、フローラか、はたまたデボラか。 ルドマンの前でめちゃくちゃ悩んだものですw いちおう私も20代前半にしては珍しいと思っている「全作プレイ済み人間」でして、親の影響もあって小学校低学年、いやもっと小さい時からドラクエと共に生きていたと自負しております。 そんな私が観る 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。 ドラクエのアニメを観るのは初めてかも。 主人公に名前が付いている時点で「ユア・ストーリー」じゃないやろ!と思いつつも期待半分、不安半分で鑑賞して参りました! ドラゴンクエスト ユアストーリー あらすじ 敏腕な父・パパスに育てられ、天空の勇者を探す旅に同行していたリュカ。 ある日、お城を襲撃した魔物たちによって攫われたヘンリー王子を助けるため魔物の拠点へと向かった二人だったが、リュカを人質をとられたパパスは抵抗できずにやられてしまう。 パパスを倒したのは大魔王の復活を試みるゲマ。 リュカはゲマへの復讐心、パパスの最後の言葉を胸に奴隷として生活していくのだった。 それから数年。 大人に成長したリュカは共に奴隷となったヘンリー王子と一緒に遺跡を脱出、なつかしの自宅へと帰ってくる。 再びこの家からゲマを倒せる「天空の勇者」を探すリュカの冒険が始まる…! 総監督 総監督は先週公開された 『アルキメデスの大戦』の 山崎貴。 監督ではなく総監督という位置づけですが…。 実写映画はVFXを多用した迫力ある映像を作っていると同時に、アニメ映画でも活躍中。 有名なところだと 『STAND BY ME ドラえもん』ですかね。 『アルキメデスの大戦』は想像以上に面白く、世間的な評価も高かったようですが、今回はどうでしょう? キャスト 主人公・リュカの声優を務めたのは皆さんおなじみ 佐藤健さん! アニメ化するなら『勇者ヨシヒコ』のイメージが強い 山田孝之さんかなぁと思ってましたが、山田さんはパパス役でしたねw ヒロインの二人であるビアンカとフローラにはそれぞれ 有村架純さん、 波留さんがキャスティング! 果たしてどちらを花嫁に選ぶのか。 俺はフローラ派だけど、声優を見ただけでどっちを選ぶかわかる気がするぞ! その他には 坂口健太郎、古田新太、安田顕、松尾スズキ、吉田鋼太郎など、かなり豪華なメンバーになっている印象。 ブオーンを出せるほど尺がないと考えていましたからね。 原作でも大人気?のブオーンの使い方がめっちゃうまかった! ホンネを言えば「子供編」「青年編1」「青年編2」の3部構成にしてほしかったんですがね。 無理を言っちゃあいけません! えー、しかしながらですね。 ラストの展開をどうしても認められんのだよ。 これ賛否どころか否の方が多くなるんじゃね?? 最後まで真面目に脱線せず終わらせることはできなかったものか。 それでは刺激が足りないとでも言うのか。 確かにタイトルの「ユアストーリー」を回収していたけども!これはやっちゃダメなのでは。 終盤まで「おぉ…おおお!!」みたいな興奮があったのに、ひどいよ山崎監督…。 ここから先は『ドラゴンクエストユアストーリー』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 鳥山明先生はどうした! ドラクエと言えば堀井雄二さんの独特すぎるセリフ回し、鳥山明先生のキャラデザ、そしてすぎやまこういちさんの音楽! この3つが揃わなければドラクエではないと言っても過言ではありません! 残念ながら鳥山明先生のデザインは踏襲されているものの、アニメの制作には携わっていないようで、絵のタッチが微妙に気になる点がしばしば。 完全に鳥山絵でやって欲しかったよね。 他の方がデザインしても「鳥山明っぽさ」が随所に出ているんで、参加せずとも存在感を伝えてくるあたり基が物凄いデザインだったのだなと。 特に キラーパンサーとかね。 ゲーム以上に毛並みがフサフサで、動きも良かった。 アニメーションについても書くと、モンスターはどれも最高!メタルハンターの質感とか、前述したキラパンの動きも原作へのリスペクトが感じられます。 対して主人公やビアンカを始めとする人間キャラクターはどうも絵のタッチが好きになれない。 完全に私の好みの話なんですが。 コロコロ動く表情は日本の2Dアニメっぽさが出てて、海外の3Dアニメではみられない良さだと思うんだけど。 それと、たまーに声優の演技とアニメのリアクションが合ってなかったりするんですよねw そこら辺がちょっと気になるかぁという程度でして、 アニメに関してはこれ以上ない「ドラクエ」になっていたと思います。 すぎやまこういち 上の項目で書いた通り、すぎやまこういちさんの音楽もドラクエには欠かすことのできない要素。 これほど耳に残るゲーム音楽を作る人はいないんじゃないかな。 それが原作である「天空の花嫁」からだけでなく、シリーズ全体からとられているですよ!しかも使いどころもファンの気持ちを高ぶらせるものですしね。 特にブオーン戦のラストで使われた 「敢然と立ち向かう」。 確か6のムドー戦の曲だったか。 最新作11でも事あるごとに流れていた記憶が。 まさかあのタイミングでムドーの曲を使ってくるとは!5の曲しか使わないもんだとばかり…。 それとラストのゲマ戦でバギクロスを放った時に流れた 9のラスボス曲 タイトル忘れた !意外とこの曲好きなんですよね~。 シリーズの中じゃ空気が薄いと思われがちな9からも名曲を拾ってきてくれるなんて!しかも序曲のアレンジ使われてるサビ部分!たぶん曲知らなくても感動したわ。 あれ?俺間違ってないよね?これで間違えてたらめっちゃ恥ずかしい…。 この次の項目ではラストに関する重大なネタバレを含みます! 落とされたラスト ここまでは非常に感動して興奮して、涙すら流しかけたものだったのですが、状況が一変!なぜかいきなりの方向転換がやってくるのです。 そう、この世界 劇中のドラクエ世界 がすべてVRだったと言うのでした~。 あーー、やっちゃったー! そんな変にどんでん返ししようとしなくても、じゅうぶん良い映画だったって!!普通にミルドラース倒して終わらせるんじゃダメだったんですか?? 解説いたしますと、ゲマが自らを犠牲にしてミルドラースを復活させようとするんですね。 しかし舞い降りてきたのはミルドラースのデータに侵入していたコンピューターウイルス! 主人公リュカはスーファミで発売された我々も良く知る「ドラクエ5」をプレイし、私と同じくドラクエをやりながら生きてきた普通の青年だったのです。 それが未来のゲームセンターのようなところで発売された「ドラクエ5VR」をプレイしているという、唐突なSF設定w 「大人になれ!ゲームなんてくだらない」とすべてのゲーマーを敵に回す発言をするミルドラース改めウイルス。 それに対し「ゲームは俺の第二の世界だ!プログラムだとしても一緒に戦ってきた仲間は心にいる!」的なことを叫ぶリュカ改めドラクエファンの青年。 ファンなら「こども時代をスキップ」なんて項目選択するわけないやろがい! 最終的にウイルスに対抗するプログラムが作動し、ロトの剣の形をしたウイルス対策ソフトをミルドラースにぶつける流れとなりました。 この展開に目をつむれるだけの心の広さ、もしくは瞬時に受け入れるだけの理解力が私にあれば良かったのですが、残念ながら両方とも持ち合わせておりません。 突然すぎる展開に頭が真っ白になり、最後までやり切らずドラクエにSF展開を持ってきたことに怒りすら感じたのでした。 まとめ 期待していた部分も的中していたし、不安に思っていた部分も的中しためずらしい作品となりました! いや、ね。 どんなストーリーになっても不満は生まれるだろうし、「ドラクエ」をアニメにするってことがどれだけのことか理解できるからこそ本作を好きになりたかった。 でもなー、このラストはちょっとなぁ…。

次の

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』感想。大人になれない僕たちにオカンが説教しにくる映画

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 評価

もくじ• 評価:15点 Twitterで話題騒然、暴動寸前のこの夏最大のディザスター映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』観てきました。 あまり観る気なかったのですが、先日映画仲間から猛烈に 「あれはヤバイっすよ」とおすすめされ、職場の後輩から「先輩の感想お待ちしてます」と期待されてしまったのでこれは逃げちゃダメだと挑んできました。 ブンブンは『ドラゴンクエスト』シリーズで遊んだことありません。 せいぜい『いただきストリート』でスライムをフルボッコにしたぐらいしか接点がありません。 それでも、この映画がラブレスな映画であることがわかりました。 これはライムスター宇多丸が叩くようになり、映画ファン共通敵、サンドバッグとして山崎貴を叩きに叩いた結果生まれてしまった悪魔の映画です。 魔王、いや勇者である山崎貴が魔物をイオナズンで焼き殺すある種の復讐とでも言えよう。 ここに、ブンブンのネタバレ酷評を書いていく。 とにかく地獄絵図がそこにはありました。 『ラゴンクエスト ユア・ストーリー』あらすじ 1986年の第1作発売以来、シリーズを重ねて国民的RPGとして人気を誇る「ドラゴンクエスト」の5作目で、92年に発売された「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案に3DCGアニメ映画化。 総監督に山崎貴、監督に八木竜一、花房真と「STAND BY ME ドラえもん」を手がけたスタッフが結集し、オリジナルゲームの生みの親である堀井雄二が監修、同じく「ドラクエ」テーマ曲などで知られる作曲家すぎやまこういちが音楽を担当した。 声優は佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之ら豪華俳優陣が務めた。 少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。 しかし、道中での魔物たちとの激闘により、パパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。 それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。 パパスの遺志を受け継ぎ、冒険へと旅立つ。 次々と立ちはだかる試練の数々、ビアンカとフローラをめぐる究極の選択など、リュカの壮大な冒険が描かれる。 彼はライムスター宇多丸が毎回のように彼の作品を叩いていたことで、それに追随するように映画ファンがサンドバッグとして彼の作品を貶していった。 しかし彼はインタビューの中で自分の映画の戦略について疑問を呈していた。 有名なところで言えば、『』や『STAND BY ME ドラえもん』の副題に英語を入れるところに関しては下記のように発言している。 「頭に英語が付いたタイトルは、僕ではなく、ほとんどがプロデューサーの阿部(秀司)さんのアイデア。 その結果、作品が若い層にも届いたんです。 なるほどすごい戦略だなと思いました。 世間ではそこに反感を覚える人もいるみたいですけど、まあその気持ちは僕も分からなくもないです(笑)。 そもそも泣くか、泣かないかは観客が決めることでしょう。 それを最初から『泣けますよ』と言い切るのはなかなか思い切った戦略です…。 しかし史上最強のコピーでもあります。 そして、今年の彼はその間で生まれた憤怒や葛藤、モヤモヤを2つのベクトルで爆発させてしまった。 『アルキメデスの大戦』では菅田将暉演じる天才数学者の運命に自分を重ね合わせ、天才的才能でもって国を支えるポジションにまで登りつめたはいいものの、どんなに頑張っても最終的には組織に飲まれてしまう哀しさを描いた。 あれは、東京五輪や消費税増税、7pay問題と今の日本が抱える組織的汚職を象徴させ、「これぞ日本だ」という映画ではあるのだが、その原点は山崎貴本人の生き様にあったのだ。 だがら妙に熱量が高い作品でした。 山崎貴本人の苦悩を語った『アルキメデスの大戦』に対して、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は今まで散々暴言を吐いてきた映画ファンに対して、資金力と名声でもって高品質に作られた世界観の中で焼き殺すイオナズンでありました。 我々からしたら山崎貴は魔王に見えたことでしょう。 だが、彼からしたら僕たちは魔物だったのだ。 彼は勇者として、徹底的に魔物を焼き殺してみせたのです。 彼は恐らく広告会社や映画会社から 「ノスタルジー系やりましょうよ。 ドラクエ懐いですねー。 じゃあ納期来年ってことでお願いしますわ。 」と言われ幻滅したのでしょう。 彼は本当はゲームの映画化なんてやりたくないし、ドラクエなんて無茶だ ひょっとするとまともに愛もってRPGゲームなんかやってないのでは? と思っているのだろう。 でも仕事だから一応やる。 ほれバトルシーンだよ。 モンスター倒すとゴールドやアイテム貰えるんだろう? とりまスライム仲間にすりゃいいだろ? 結婚シーン入れておきます。 フローラ派? ビアンカ派? そんなのどうでもいいわ、両方に告る展開にして保険をかけておこう。 といった感じで全てが事務処理で終わり、到底2時間で終わらないゲームプレイは冒険のダイジェスト映像でzip圧縮されている。 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』をやったことないブンブンですら、違和感を抱く。 ポンッ、ポンッ、と『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の重要イベントだけが乱雑に並べられ、叙事詩、あるいはパソコンなんてない世界の一期一会と再会のカタルシスが皆無となっているのだ。 ドラクエといえば、モンスターが仲間になるのだが、これもスライムとヒョウのモンスターに留まっている。 スライムに関しては、魔王の労働施設からずっとリュカの側をついてくるのだが、彼と遭遇するまで異常に時間がかかっているし、船に乗ってまで彼に会いにいっているのだが、それに関する説明がないので、ただのストーカーにしか見えないのだ。 保険をかけてフローラとビアンカに告白するという脚本になっているのですが、これが鬼畜すぎてドン引きするものとなっている。 フローラにリュカは結婚を申し込み有頂天になる。 フローラはビアンカこそリュカのパートナーにふさわしいと考え始め、老婆に変装し彼をビアンカに告るよう仕向ける。 そしてリュカはフローラとの結婚を取り下げ、ビアンカに告白するのだが。 それをビアンカがすんなり受け入れるとはあまりにも都合がよくないだろうか? ビアンカがブチギレて出て行き、リュカが一人でダンジョンに挑み自問自答し、成長し再び告白してOKとかならまだ分かるのですが、ビアンカが単にリュカの都合のいい女のように軽く扱われているのには流石に腹が経ちました。 そしてこの作品を観て感じるのは、山崎貴がRPGゲームというものを分かっていないというところです。 RPGゲームの醍醐味は連携プレイと心理戦である。 初心者は、戦闘を早く終わらせようと「こうげき」or「こうげきまほう」一辺倒でモンスターに立ち向かう。 しかしながら、中級者になってくると、回復係、強化魔法係と各キャラクターのポジションを明確に分け、連携プレイを覚えてくるものです。 これは『ドラゴンクエスト』を遊んだことないブンブンでも『ポケモン』や『MOTHER』で学びました。 何か一つRPGゲームを愛したことがあれば、そういった連携プレイを魅せてくれるはずなのですが、ここでは戦略が皆無だ。 常に「こうげき」or「こうげきまほう」しか使わない。 また、敵の大抵がワンパンチで倒れる仕様だ。 一撃必殺のチート取り入れたプレイを魅せられている程つまらないものはない。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はまるでYoutuberのつまらないゲーム実況を観ているような虚無が漂っていました。 衝撃のラストと『天気の子』の意外な共通点 そんな退屈地獄なイバラ道を2時間耐えたブンブンは最後の最後に、山崎貴渾身のイオナズンに精神が大爆発しました。 ラスボス・ミルドラースを倒したかと思ったら、急に画面がフリーズし始め、異次元から棒人間的魔物が現れる。 そしてこの世界はプログラミングに過ぎないと語り始め、この映画の構造が明かされるのだ。 これは『ドラゴンクエスト』のVRの世界で、この旅はプレイヤーの没入感が生み出した世界に過ぎないということが明かされていくのだ。 これが副題の《ユア・ストーリー》の正体だったのだ。 棒人間魔物が語る「永遠に思えた時間は、現実世界では2時間しか経っていないんだぜ」という言葉は、この映画に没入してきた観客を逆撫でするものであり、逆撫でした上で貴方の物語なんだと言われてもドメスティック・バイオレンスだ。 暴力ふっておきながら、あなたの物語だよ。 ハッピーエンドでしょと言われても精神的苦痛は癒えることはない。 だが、これは『天気の子』と同じ手法でもある。 『天気の子』も、『君の名は。 』で散々気持ち悪いと叩いてきた映画ファンに対して、納期さえ守ればなんでもできる名声と権力でもって意地悪な街・東京を沈没させてから帆高と陽菜が結ばれてハッピーエンドという自己中心の極みをもってくる厭らしさがありました。 本作も、形式上魔王を倒し、世界は平和になりましたというオチがつくものの、その前に観客の心を粉砕するディープインパクトを与える仕組みとなっている。 映画ファンに対する憎悪は、山崎貴の方が上手なので災害レベルは桁違いのものとなっている。 災害起こすなら脚本を… そんな映画ファン、ドラクエファン悶絶のクライマックスですが、折角やるならそこの脚本をしっかり練って欲しかった。 棒人間魔物は、ドラクエの世界に没入する勇者を現実に引き戻そうとするウイルスという設定だが、そもそもそれってスマホゲーム中毒になってしまった人を更生させるためのウイルスのようなもんだ。 むしろ善玉なのではないでしょうか。 ドラクエの世界に熱中し過ぎて現実に戻れなくなった人を救う救世主のように見えてしまうのです。 そこにとってつけたように相棒のスライム通称・スラりんが現れ、急に山寺宏一ボイスで語り始める。 「俺はYouの側でずっと見守っていたんだぜ。 このアンチウイルスソフトをぶちこむのだ」というのだ。 ほうほう、『』の執事描写やラストのあれを意識したんだね…ってちょっと何いっているのかわからないんだよ。 とってつけた感があまりにも強くて、蹴りをつけるのが勇者の劔でもなんでもないアンチウイルスソフトなんてあんまりです。 そうだよ。 ゲームは所詮0と1の電気信号だし、結末なんか製作者によって決められている。 虚構に過ぎないさ。 でも、その虚構がいいんじゃないか。 現実とは違った世界の住人になれる、現実は変われなくてもゲームの中なら変われる。 それがいいんじゃないか。 じゃあ百歩譲って、あのエンディングを肯定するにしても、全てがとってつけたようで中途半端に見える。 なんだったら、リュカが走って現実世界に戻り、退屈で陰鬱とした現実世界を勇者として駆け抜けていく 『幕末太陽傳』の幻のラスト的な展開をもっていった方がまだ《Your Story》に魂揺さぶられるものを感じたのですが、結局仮想世界にしがみつくことを選んだ。 山崎貴はゲーム好きなの? 嫌いなの? そもそもこのテーマについて考える気ないでしょと思ってしまうのだ。 山崎貴はドラクエ愛すらすっ飛ばしてゲームに対してもラブレスな態度で決着をつけてしまったのです。 ドラクエに思い入れのないブンブンですら精神が灰になるまで燃えて燃えて燃え尽きる思いをし、目の前が真っ暗になりました。 これだったら苦手監督の福田雄一の『勇者ヨシヒコ』シリーズを観ていた方が良かったし、アフリカ・マリで作られた実写版ドラクエ的映画『ひかり』を観たかった。 ここ数年で最大威力のテロに発狂したブンブンでした。 そして山崎貴監督にお願いです。 『MOTHER』を映画化しようなんて考えないでください。 広告代理店や映画会社からお願いされても断ってください。

次の

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー【映画】評判や評価は?酷評の嵐?

ドラゴンクエスト ユア ストーリー 評価

オチが酷いという前情報はあったが、たしかにこのオチはドラクエファンには不評なのはよく分かる。 思い入れのある好きなものを魔改造された感じっていうのかな。 極論ドラクエでやる必要がないし、正直珍しいオチでもないしね。 せめてDVDとかにもう一つのエンディング版を入れればよかったのに…。 ただ、シリーズ3、4本(DQV含む)をプレイした程度の特別ゲーム好きではない身としては、映画として良かったと思う。 古臭い感じはするけど、テーマは一本通っているし。 昔と違って消費物の意味合いが強くなって一本で長い時間感動できたあの頃のゲームの良さってのを改めて見つめ直す意味でも。 (そもそも「大人になれ!」のところばかり他のレビューで取り上げられてるけど、ちゃんとそれを作中で否定してるわけだし、本作が伝えたいのってむしろ逆だと思うんだけどなぁ〜)。 むしろ、ストーリーが駆け足すぎて、人物背景とか全然ないし、唐突なところが満載で、DQVやってない人ついてこれないところ(あと30分伸ばしてビアンカとの出会いのシーン入れて)。 重要シーンやキャラが省かれているところなどが気になりまくった。 まぁオチを見て意図してやっていた感じが伝わって伏線が回収された感もあるけれど。 メインキャラが芸能人アテレコな理由もオチの点で説明がつくと思うし(そのリアリティってのはいるのか不明だけど)。 まぁ吉田鋼太郎ゲマはとても良いと思うし。 あと、CGはとても良かったと思う。 違和感ないし、背景綺麗だ、戦闘も迫力があるし、BGMともめっちゃあってるし、ビアンカもフローラもかわいいし。 正直、オチが嫌いでもこれだけでも価値はあると思う。 まぁ原作好きな人からすると、オチまでの完成度高いからの裏切られた感強いってもあるのかも。 公開時にはいろいろ言われてたけど、DQV未プレイで観たら光のお父さんと同じくらい楽しんで観れました。 ただ、言葉の選び方が不味かった。 ウイルスとかセキュリティソフトとかいきなり外部の力が介入してくるのは反則。 同じストーリーでも別の言葉で表現していれば、良かったのに。 山崎くんがどんな本書こうと、最終的に堀井雄二がこれでいいと言ったならそれが公式なんでしょう。 未だにシリーズに口出し続けるのもどうかと思いますけど。 個人的には、モンスターを倒したときに、ブロック状に崩れる表現に驚いて、その理由も納得できたし、ビアンカめっちゃ可愛かったし、さいご船で助けに来るの熱かったし、ラスボスはロト剣で倒してるし、エンディングはファンタジーで終えるられているので、劇場で観てもよかったなぁという思い。

次の