和風子供部屋。 トリックアート ウォールステッカー だまし絵 北欧 トイレ リビング 子供部屋 和風 鯉 葉 水 水連 池 魚 自然 :wch

和モダン・和風インテリア32実例!部屋作りと家具選びのコツを紹介

和風子供部屋

和モダンや和風のインテリアを見ていると、日本らしさが感じられる素敵な部屋が多いですよね。 和モダン・和風インテリアは、伝統的な美しさや居心地の良さが抜群のスタイル。 そのため、新築やリフォームをする家をはじめ、旅館やホテルの内装として高い人気を誇っています。 ただ、いざ部屋を和モダンや和風テイストのインテリアにしたいと思っても、何から手をつければいいか難しく感じませんか?特に和モダンインテリアは、明確な定義がないので、どんな部屋を目指そうか決めるのに迷う方が多いかと思います。 そこで、今回は和モダンや和風のインテリアについて、当店で手がけたコーディネート実例を交えながら部屋作りの方法をじっくりとご紹介していきますよ。 和風や和モダンインテリアは、意外と幅が広いので、まずは自分が目指したい和風・和モダンはどんなテイストか知ることから始めましょう。 はじめに、実例をたっぷりご紹介したうえで、カラーコーディネートや家具・内装材選び、模様替えのコツなどをお話ししていきますので、ぜひ部屋のイメージを膨らませてみてくださいね。 本題に入る前に、和モダン・和風インテリアについて整理しておきましょう。 一般的に和風インテリアは、畳や床の間、障子や襖、和家具など、日本の伝統的なインテリア様式をそのまま取り入れたテイストのこと。 一方、和モダンインテリアというと、そこに現代的なインテリア様式をミックスしたテイストを指します。 別名で、和風モダンと言われることもありますね。 具体例を挙げると、建築・内装を純和風にして家具をモダンにしたり、モダンな部屋に純和風の家具を取り入れたりと、様々な方法がありますよ。 部屋別に和モダン・和風インテリア実例を紹介!リフォームや新築の参考に まずは、和モダンや和風のインテリア実例を見ながら、コーディネートの特徴やコツを押さえていきましょう。 ダイニング、リビング、和室など、部屋別にご紹介しますので、気になるところから見てみてくださいね。 ダイニングの和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 まずは、和モダン・和風のダイニングのインテリア例からご紹介します。 8部屋の実例をご紹介しますので、ぜひ好きなものを探してみてください。 水屋箪笥をインテリアの主役にレイアウト。 上質な和モダンリビング こちらは、和風の水屋箪笥や引き戸を取り入れた、和モダンなダイニングのコーディネート例。 フローリングの洋室に和家具を置くことで、渋すぎないカジュアルな和モダンインテリアを楽しんでいます。 格子戸の窓からは柔らかな光が入り、明るくリラックスできる雰囲気が漂っていますね。 ダイニングセットは、レトロでシンプルなアイテムを選ぶことで、部屋全体がバランス良くまとまっています。 水屋箪笥は、今で言うところの食器棚にあたるタンスのこと。 重厚感のある框組や伝統的な引き戸のデザインが目を引きます。 上質な大型の水屋箪笥は存在感たっぷりで、1台あるだけで部屋に和風の印象を醸し出してくれますよ。 引き戸や引き出しをバランス良く備えたものが多く、収納力も抜群です。 こちらの部屋の建具には、アンティークの組子帯戸を取り入れました。 美しい組子細工は、和モダンな部屋のアクセントにぴったりのアイテム。 凛とした上質な雰囲気を醸し出してくれます。 アンティーク建具は、こちらのように、趣のある和風のデザインのものが見つかりやすく、かつ新品よりも安く手に入るのが魅力です。 しっかりとリペアされたものであれば、歪みなど傷みも修復済みなので、新築やリフォームでも問題なく取り入れられますよ。 新築でも時代箪笥で風情たっぷりの部屋に。 高級感のある和モダンインテリア 続いては、より高級感のあるシックな和モダンダイニング。 床は石畳風に、建具には和風のガラス戸を使い、家具は現代物の民芸家具とアンティーク家具でコーディネートしました。 すべてダークで艶のある木味の家具で揃えることで、品格を感じる落ち着いた空間にまとまっています。 この部屋でダイニングセットに使ったのは、松本民芸家具のテーブルと、北海道民芸家具の椅子。 これらは、洋家具のような優雅さも感じさせる家具ですが、華美すぎずシックな佇まいで、和建築に合わせやすいデザインです。 また、テーブルは天板の美しさが抜群で、白い和食器や染付の藍青色が上品に際立ちます。 高級な料亭のようなテーブルコーディネートが楽しめますよ。 ダイニングの隣には、衝立で仕切られたリラックススペースがあります。 和風の折りたたみ椅子と、小ぶりなテーブルが置かれていて、ちょっとした休憩や読書などに便利そうですね。 まるで旅館のような部屋に。 囲炉裏テーブルを囲む和モダンダイニング こちらは、大きな囲炉裏テーブルを取り入れた和モダンなダイニング。 そして、奥には水屋箪笥をリメイクした飾り棚を置いています。 重厚感のある上質な囲炉裏テーブルと、凛とした食器のディスプレイが、特別感のある空間を演出しています。 高級感のある和モダンなインテリアを楽しむなら、空間やディスプレイに適度な余白を作ることが大切です。 特に雑貨をディスプレイする際は、気に入ったものだけを厳選してメリハリをつけて飾ることで、生活感を抑えたおしゃれな空間になります。 こちらの部屋では、建具に格子戸を使いました。 格子は和風のデザインながらも、直線的でモダンな空間とも相性が良いのがうれしいポイント。 また、素通しの格子戸は、空間を分けつつも完全には遮断しないので、部屋のちょっとした間仕切りとして人気です。 コントラストを意識して凛とした部屋に。 明るい和モダンダイニング 続いては、心地よい緊張感の漂う、明るい和モダンダイニング。 ブラックペイントの水屋箪笥と鉄脚テーブル、そして明るい木味のダイニングチェアや障子戸という、2色をベースにしたメリハリのあるコーディネートです。 キリッとした空気が漂う、新鮮な和風インテリアになりました。 和モダンインテリアでは、ダイニングテーブルやチェアに、シンプルモダンな家具を組み合わせるのも定番です。 この部屋で使用したのは、柏木工のクラウンチェア。 飽きのこないスタンダードなデザイン、そして木の温かみが感じられるナチュラルな仕上げで、和風の空間にカジュアルさをプラスしています。 そして、壁際にはひときわ存在感を放っている水屋箪笥。 こちらは明治期に使われていた水屋箪笥をペンキでリメイクしたもの。 ペンキは洋風家具に多い仕上げですが、和家具をペイントすると木目が消えてマットになり、和風の渋みが抑えられます。 和モダンなインテリアと相性の良い塗装方法です。 和モダンなホテルのよう。 個性が光る和モダンなダイニング こちらも同じように、ペイントした水屋箪笥とモダンなダイニングセットを取り入れた、和モダンなコーディネート例。 先ほどよりも水屋箪笥は和風の意匠のものを、チェアはスタイリッシュなものを使って、より個性が際立つ空間に。 和モダンなホテルのような、記憶に残るインテリアになりました。 この部屋で使っている椅子は、イタリア・ポラダ社のArlekin アーレキン というダイニングチェア。 和家具には目にしない美しい曲線が印象的ですね。 こちらの部屋のように別ジャンルの家具をミックスしてコーディネートする際は、それぞれの家具の色味をしっかり統一するのがおすすめ。 色が揃っていると、種類の違う家具でも上手にまとまりますよ。 この部屋の個性をさらに際立たせているのが、大正ロマンなガラス戸の存在。 幾何学模様の格子にレトロなダイヤガラスがはめ込まれていて、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。 大正ロマンな建具は、和洋どちらの空間にも合わせやすく、個性の光るデコラティブなデザインが楽しめます。 スタイリッシュな和モダンというよりは、情緒豊かなレトロモダンなインテリアにおすすめですよ。 素朴な木味の家具で部屋作り。 古民家のような和風ダイニング さて、ここからはほっと癒されるような和モダンインテリア。 レトロな木味の古家具をたっぷり取り入れて、古民家風のダイニングにコーディネートしました。 古家具はシンプルなデザインのものでも、味のある存在感があって、部屋をぐっとおしゃれに見せてくれます。 この部屋では、収納にパタパタ扉の戸棚を使いました。 こちらは、ラフジュ工房で古材をリメイクして製作したもの。 昔懐かしいレトロなデザインが魅力です。 木製扉なので、生活感のある日用品などをしっかりと隠して保管できますよ。 隣にある戸棚は、アンティーク品の戸棚。 小ぶりな棚や引き出しがたっぷりと付いているので、食器やカトラリーなどを収納するのに便利です。 壁には木製のオープンラックを取り付けて、ディスプレイ棚に。 お気に入りの和雑貨を飾って、自分らしい和風インテリアを楽しんでします。 夏も涼しく快適に過ごせる部屋に。 格子戸を取り入れた和モダンダイニング 続いては、竹や籐など和風の素材感の家具をたっぷりと取り入れた、和モダンなダイニング。 フローリングの洋室ではありますが、日本らしい和素材の力で、しっかりと和風の雰囲気が出ていますね。 雑貨も多めに取り入れることで、暮らしの温度感を感じる賑やかな部屋になりました。 この部屋で使ったダイニングセットは、実はイギリス製のヴィンテージ家具。 チェアはG-PLAN、テーブルはA. McIntoshという北欧スタイルのブランド家具で、スタイリッシュなフォルムと温かみのある木肌が特徴です。 北欧スタイルの家具は、直線的でシンプルなものが多く、和風のインテリアにも取り入れやすいんですよ。 このようなレトロな部屋にも、スタイリッシュな和モダンインテリアにもおすすめです。 窓側の引き戸には、格子戸を使いました。 格子戸は、一昔前までは風を通す素通しのものが人気でした。 しかしながら、空調設備が整った現代の家では、通気性よりも気密性が重視されるため、ガラス入りの格子戸や、ガラス戸と格子戸を二重窓にして取り入れる方が人気です。 また、格子戸は、直射日光を和らげてくれる夏にぴったりの建具で、外からの視線も遮ってくれるため、カーテン代わりのようにも使えます。 格子戸を通してみる光は、どこかノスタルジックで美しく、古民家のような風情を楽しむことができますよ。 レトロなちゃぶ台を囲む、畳敷きの和風ダイニング こちらは、置き畳を取り入れたレトロな和風ダイニング。 食事の際にはちゃぶ台を囲む、昔懐かしいスタイルです。 畳スペースの周りには、背の低い本棚やローボードを置いて、収納兼間仕切りとして使っています。 ほどよくコンパクトで、賑やかなダイニングスペースになりました。 ちゃぶ台は、軽くて脚が折りたたみでき、部屋をフレキシブルに使えるのが魅力。 時にはちゃぶ台を片付けて、畳に広々と横になることもできます。 また、畳とちゃぶ台での食事は、ダイニングテーブルとはまた違ったリラックス感があるのがうれしいですね。 また、こちらの部屋では、木味のレトロな家具だけでなく、白ペイントの家具も取り入れているのがポイント。 木味の家具だけだと落ち着いた和風にまとまりますが、ペイント家具が入ることでよりカジュアルでポップな雰囲気に変わります。 かわいいレトロインテリアが好きな場合は、1〜2点ペイント家具を取り入れるのがおすすめですよ。 リビング・洋室の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 次は、和モダン・和風のリビングや洋室のインテリア例をご紹介していきますよ。 テイストの違う6部屋をまとめましたので、ぜひ好きな部屋を見つけてみてください。 部屋にスタイリッシュなソファを取り入れて。 高級感のある和モダンリビング こちらは、スタリッシュな北欧ヴィンテージソファとシンプルな日本のアンティーク家具をコーディネートしたリビングのインテリア例。 ダイニングのインテリア例でもご紹介した通り、北欧スタイルと和風スタイルは、相性の良いインテリア。 どちらも直線的なフォルムが多く、装飾が少ないので、意外と統一感のある部屋にまとめることができるんですよ。 テレビボードは、もともとは水屋箪笥だったものをローボードサイズにリメイクしたもの。 横桟の引き戸や框組に和家具の面影が残っていますね。 引き戸は、板戸からガラス戸に変更することで、AV機器のリモコン操作も可能に。 またガラスが入ることで、テレビや北欧家具などよりモダンなインテリアとも調和しやすくなっています。 ソファは、リビングで部屋の印象を左右する重要な家具。 スタイリッシュな和モダンインテリアを目指すなら、ソファはできるだけシンプルなデザインのものを選び、その他の内装やインテリアで和風を取り入れるのがおすすめです。 こってりとした和風のソファだと、モダンな印象が薄くなってしまいますので、注意しましょう。 デコラティブな和家具が部屋のアクセントに。 男前な和モダンリビング 続いては、メンズライクなソファと時代箪笥を取り入れた男前な和モダンリビング。 黒やブラウンなどダークトーンの家具でコーディネートして、シックで上質な雰囲気を演出しています。 この部屋で、和モダンインテリアを印象付けているのが、仙台箪笥。 仙台箪笥は、江戸時代からあるとされる欅材製の高級箪笥です。 職人技が光るデコラティブな金具が付いていて、和風の印象が強いのが特徴です。 畳の和室に取り入れて、伝統的な和風インテリアが楽しむ人が多いですが、この部屋のようにフローリングの洋室に取り入れるのもおすすめですよ。 風情ある存在感たっぷりで、おしゃれな和モダンインテリアが楽しめます。 和風の飾り棚をインテリアの主役に。 和モダンなシンプルリビング 次は、シンプルで落ち着いた和モダンなリビングインテリア。 大きなガラス戸棚を部屋の主役として、和食器などのコレクションをディスプレイしています。 リビングは家族で過ごす場所であり、時にはお客様を招く場所でもあるので、こんな風に自分らしいディスプレイができると素敵ですね。 その他の家具は、レトロでシンプルな日本のアンティーク家具でコーディネート。 ソファは、大正から昭和初期頃にかけて作られたレトロソファを使っています。 丸みのあるフォルムで上品な雰囲気があり、古い木のアームが温かい印象を醸し出していますね。 ソファと合わせて使っているセンターテーブルも、同じくアンティーク品。 無駄のないシンプルなフォルムが部屋にモダンさをプラスしています。 テレビボードに使っているのは、和箪笥をコンパクトにリメイクしたローボード。 美しい欅材の木目からは上質な和風らしさが感じられます。 金具には蕨手 わらびて という伝統的な引き手が使われていて、シンプルながらも和の趣が漂っています。 和風のタンスとジャンクな家具をミックス。 グリーンたっぷりの和モダンインテリア 続いては、ジャンクテイストに和家具を取り入れた上級者向けの和モダンインテリア。 アンティーク箪笥と、男前なビンテージ家具をミックスしたインテリアです。 江戸から明治期頃のアンティーク箪笥は、金具がたっぷりと付いた無骨なデザインで、古い木味が素敵なものが多いので、ジャンクスタイルにもってこいの家具。 今では目にしない変わったデザインの家具が多く、個性的な和風ジャンクスタイルが楽しめます。 例えば、こちらは江戸時代に作られた薬箪笥。 漢方薬などを入れる医療用の棚として使われていた箪笥で、小さな引き出しがたくさん付いた作りが特徴的です。 引き出しや金具がずらりと並んだ姿は、ユニークで存在感たっぷり。 インテリアとしても収納力も文句なしのアイテムです。 そして、ソファに使ったのは、カッシーナ社のレザーソファ。 カッシーナ社はイタリア発のモダンな高級インテリアブランド。 シンプルに洗練されていながらもラグジュアリーな存在感があり、高級感のある和モダンなインテリアにおすすめです。 一人暮らしならコンパクトな家具を活用!すっきりとした和モダンリビング こちらは、格子戸のある和風の部屋に、和家具と北欧家具を組み合わせて取り入れた、和モダンなインテリア。 リビングスペースには関西火鉢や角ちゃぶ台など、和風の個性の強い家具を、その隣には北欧スタイルのドレッシングチェストとYチェアを使って、ミックスコーディネートを楽しんでいます。 この部屋では、スペースを有効活用するため、テーブルやテレビ台など必要最低限のサイズのものを選んでいるのがポイント。 特にソファは、現代物のソファよりもひと回り小さい、日本のヴィンテージ品を使うことで、部屋の狭さをカバーしています。 デスクには、収納力の高いドレッシングチェストを活用しています。 衣類なども収納できる大きな引き出しと、伸縮式の天板が付いていて、1台で収納から作業までこなせる一石二鳥の家具です。 ワンルームなどの狭い部屋だと、デスクを置くのは諦める人も多いですが、これなら取り入れられそうですね。 レトロモダンなインテリアを楽しむ。 大正ロマン風リビングダイニング 続いては、レトロモダンな和風のリビングダイニング。 赤や青などの原色をアクセントカラーに取り入れて、大正ロマンスタイルの洋館のようなインテリアを楽しんでします。 リビングスペースには、ローソファとちゃぶ台をコーディネート。 ちゃぶ台は、一般的なセンターテーブルと比べると高さが低めですが、その分ソファのデザインを引き立てつつ、部屋を広く見せることができます。 和風の雰囲気もプラスされるので、レトロモダンなインテリアにぴったりの家具です。 リビングの収納に使っているのは、結霜ガラス入りのキャビネット。 結霜ガラスもレトロな和風の味わいがあり、和モダンなインテリアに人気のアイテム。 和室にも洋室にも相性よく取り入れられます。 また、棚の上にはステンドグラスの壁掛けパネルを飾っています。 シックな空間に上品な華やかさがプラスされました。 和室の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 次は、和モダン・和風の和室のインテリア例をご紹介します。 ここまで、和モダンな部屋が多めでしたが、こちらでは純和風の部屋も登場しますので、ぜひチェックしてみてください。 畳とちゃぶ台でノスタルジックな和室に。 レトロな和カフェインテリア こちらは、畳敷きの和室にちゃぶ台を並べた、レトロな和カフェのインテリア例。 シックな和風の家具と建具でコーディネートすることで、古民家のような落ち着いた和の空気が漂っていますね。 ちゃぶ台はすべてアンティーク品で、味のある木の風合いが畳とよくマッチしています。 収納棚に使っているのは、古い書院戸を扉に使ってリメイクした戸棚。 繊細な組子細工が和風のインテリアによく映えていますね。 こちらの戸棚は、組子細工の裏側に障子が貼られていて、通気性に優れていることもポイント。 食器棚は湿気が溜まりやすい家具ですが、これなら安心です。 こちらの和室では、窓際に和風のガラス戸を使いました。 赤い色ガラスと柄入りのガラスが入ったデザインで、ほどよく外からの視線を遮りつつ、たっぷりと光を取り込むことができます。 格子で切り取られる風景も素敵です。 部屋に伝統的な和家具を取り入れた、上質な和風インテリア こちらは、王道の和風の和室コーディネート。 畳に座卓、タンスを置いて、伝統的な日本のインテリア様式を楽しんでいます。 さらに、赤をアクセントカラーとして、雑貨や座布団などに散りばめることで、華やかで明るい和室に仕上がりました。 和室の奥には、組子細工入りの和風のタンスがあります。 引き戸には、結霜ガラスが入っていて、レトロな雰囲気が漂っていますね。 また、結霜ガラスは、クリアガラスと違って戸棚の中を目隠しする効果があるため、何でも気兼ねなく収納できるのがいいところ。 「見せる収納」を頑張らずとも、インテリアの雰囲気を壊しません。 タンスの隣には、和風の植物を飾っています。 和風インテリアで植物を飾るなら、この部屋のように火鉢や花台を活用するのがおすすめ。 火鉢は、大きめのグリーンの鉢カバーとして、花台は苔玉のような小ぶりなグリーンや花の飾り台として活躍します。 部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。 シックな時代和家具でコーディネート。 和モダンな和室インテリア こちらは青をアクセントカラーとした、大人っぽいクールな和風インテリア。 収納家具として、伝統的なタンスをリメイクした家具を取り入れて、和モダンなコーディネートを楽しんでいます。 壁際にあるサイドボードは、水屋箪笥をリメイクしたアイテム。 水屋箪笥は2段重ねの大きなサイズのものが多いため、それを上下段に分けて、サイドボードにリメイクしたものです。 座位で使いやすいサイズに生まれ変わっています。 座卓に使っているのは、北海道民芸家具のもの。 脚の凝ったデザインや、ツヤのある上品が木肌からは上品な和風の印象が漂っていますね。 2本脚の作りで、2人でゆったりと使えるサイズ感です。 家に和室がなくてもOK。 置き畳で楽しむ和風インテリア こちらは、ダイニングの横に畳スペースを設けた和風インテリア。 置き畳を使ってフローリングの洋室を半和室風にした部屋です。 ちょっとした畳スペースがあるだけで、部屋が落ち着いた和風の印象になります。 ダイニングスペースで食器棚として使っているのは、ガラス戸仕様のアンティーク水屋箪笥。 古いゆらゆらガラスがそのまま残っていて、手仕事らしいぬくもりが感じられます。 たっぷりと収納された和食器がおしゃれなディスプレイになっていますね。 畳スペースでは、裁ち板や掛け軸を飾って床の間風のインテリアを楽しんでします。 簡易的なものですが、これだけでも十分和風の雰囲気が感じられますね。 その他の家具は、狭めのスペースに合わせて、小ぶりなものでコーディネート。 昭和期の本棚や小引き出し、ちゃぶ台などを使って、コンパクトにまとまりました。 コンパクトな和家具で作る和風スペース。 ワンルームインテリアの参考に こちらもダイニングの隣に畳スペースを設けた和モダンなコーディネート。 畳スペースには、ソファやテレビ台などを置いて、リビングとして使えるようコーディネートされています。 こちらの畳スペースもコンパクトなサイズ感なので、小ぶりな昭和レトロ家具を使っています。 昭和期のレトロ家具は、現代の家具よりもひと回り小さいものが多く、一人暮らしのワンルームなどにおすすめですよ。 レトロな本棚は、特にワンルームなどコンパクトな部屋に人気です。 シンプルで幅広いインテリアに合わせやすく、本棚にはもちろん、飾り棚にも使えます。 また、現存数が多くて価格が安いのもうれしいポイントです。 畳にソファを取り入れて。 ゆったりとくつろぐ和風インテリア 最後は、おばあちゃんの家のようなレトロな和室インテリア。 畳に和風の1人掛けソファを置いて、ゆったりとくつろげるよう工夫されています。 ソファだと立ち座りの際や座りっぱなしの状態でも足への負担が少ないのがいいですね。 スタイリッシュさはありませんが、暮らしぶりが感じられる温かいインテリアにまとまりました。 この部屋の家具もほとんどがアンティーク品。 古い木の風合いがノスタルジックな雰囲気を演出しています。 引き戸に使ったのは、ガラス障子戸。 格子のデザインはそのままに、障子の代わりにすりガラスを用いた引き戸です。 昔ながらの純和風な雰囲気が素敵ですね。 書斎・アトリエ部屋の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 さて、ここからは和モダン・和風の書斎やアトリエのインテリアを2つご紹介しますよ。 どちらも洋室に和家具を取り入れた、和風らしさは控えめの和モダンインテリアです。 シックなヴィンテージ書斎に和家具をプラス。 和モダンな男前インテリア こちらは、書斎兼リビングの和モダンインテリア。 家具は、ほとんどがシンプルなヴィンテージ家具ですが、テレビ台と窓に和風のタンスと格子戸を取り入れています。 今っぽいヴィンテージスタイルに、和風の渋さが加わって、深みのある男前なインテリアになりました。 デスクに使っているのは、イギリスアンティークのライティングビューロー。 大きめのファイルから書類、文房具まで一台に収められる機能的な収納兼デスクです。 イギリスアンティーク家具は、優雅な装飾があるものが多いですが、こちらのように装飾が控えめで直線的なフォルムのものなら、和家具とも違和感なくコーディネートできます。 イギリスアンティーク家具は、オーク材などの高級素材が使われていて、和家具とはまた違った上質さがあり、部屋に高級感をプラスしてくれますよ。 こちらのテレビ台は、衣装箪笥をリメイクしたもの。 2段重ねだった衣装箪笥を分割し、天板を補強したアイテムです。 引き出しや金具の意匠はそのままなので、和風家具らしい風格がありますよ。 ソファにはカリモクのヴィンテージソファを使っています。 黒レザーのスタンダードなデザインで、和モダンなインテリアにぴったりのアイテムです。 木のぬくもり溢れる部屋に。 和モダンなアトリエインテリア 次は、和風レトロな家具でコーディネートしたアトリエ兼ギャラリーのインテリア。 デスクやキャビネットなどに日本の古家具を使って、味わいのある作業部屋に仕上がりました。 すべてダークな木味の家具でコーディネートすることで、よく使いこまれたアトリエらしい雰囲気が漂っています。 それほど和風らしさは強くありませんが、ノスタルジックな雰囲気が流れるレトロな空間になりました。 作業台に使っているのは、和製アンティークの片袖机。 アンティークデスクとしては大きめのサイズで、天板を広々と使って作業することができます。 窓際のガラス戸から光がたっぷりと入り、気持ち良く作業が進められそうですね。 材料や道具の収納に使っているのは、ガラス戸棚付きの薬箪笥。 薬箪笥には珍しい大きなサイズで、収納力が抜群のアイテムです。 こまごまとした小物を整理整頓して収納できるので、書斎や作業部屋にもってこいですね。 さて、部屋別の和モダン・和風インテリア例は以上です。 なんとなくどんな部屋が好きか把握できたでしょうか? ここからは、和モダン・和風コーディネートのコツをさらに深堀りしていきますよ。 まずは、色という視点から部屋作りのポイントをお話ししていきたいと思います。 和モダン・和風カラーコーディネートのコツ。 色で部屋の印象が変わる! 和モダン・和風インテリアでは、理想的な印象を作り出すためのカラーコーディネートを押さえておくと、イメージ通りの部屋作りができますよ。 目指したい部屋のテイストに応じて、部屋のベースとなる色を決めてからコーディネートしていきましょう。 それでは、ポイントをご紹介します。 白をベースカラーにした部屋は、ナチュラルな和モダン・和風インテリアに ナチュラルな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、アイボリーやベージュなど白系の色をベースに、明るい木味の家具でコーディネートするのがおすすめです。 白は、清潔感や洗練された印象があり、上品でナチュラルな和風インテリアに仕上がります。 また、白色は部屋を広く見せる効果もあるので、狭めの部屋をコーディネートするのにもおすすめですよ。 家具をライトブラウンにすると、カジュアルな和モダン・和風インテリアに カジュアルな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、白をベースカラーに、ライトブラウンの家具を多く取り入れるのがおすすめです。 こちらの部屋は、壁などのベースは白系ですが、先ほどの部屋よりもブラウンカラーが増えたことで、温かい生活感や、カジュアルで親しみやすい雰囲気が感じられます。 和風の中でもレトロなテイストにおすすめのカラーコーディネートです。 ダークブラウンが多い部屋だと、古民家風のシックな和モダン・和風インテリアに 古民家風のシックな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、さらに木味が濃いダークブラウン系の家具を中心にコーディネートするのがおすすめです。 重厚感やシックさが増して、大人っぽい和風インテリアに仕上がります。 新築やマンションなどでの和モダンインテリアに人気のカラーコーディネートです。 黒・グレーをベースカラーにした部屋は、高級感のある重厚な和モダン・和風インテリアに 高級感のある重厚な和モダン・和風インテリアを目指す場合は、壁や床などのベースを黒系のダークカラーにし、家具も黒に近いブラウンでコーディネートするのがおすすめ。 黒色は高級感やモダンさがあり、部屋に非日常的な上質さを演出してくれます。 ラグジュアリーな和モダンインテリアが楽しめますよ。 モノトーンカラーを意識して。 スタイリッシュな和モダン・和風インテリアに 凛としたスタイリッシュな和モダン・和風インテリアを目指すなら、モノトーンカラーを中心にコーディネートするのがおすすめ。 モノトーンカラーの部屋は、生活感がなく、クールな印象の強いコーディネート。 高級感のある和モダンなインテリアに仕上がります。 この部屋では木味の家具も多く使っていますが、黒色の漆塗りやカシュー塗りなどで仕上げた和家具を取り入れると、さらにスタイリッシュさが際立ちますよ。 テイスト別の家具コーディネートのコツ。 和モダン・和風インテリアを自分流にアレンジ 和モダン・和風インテリアは、コーディネートする家具次第で、部屋をより自分流にアレンジすることができます。 1章のコーディネート実例でもいくつか登場した通り、例えば、和モダン・和風インテリアをベースに、北欧風やカフェ風、ナチュラル風といった別のテイストを加えることで、個性の光る部屋作りができますよ。 ということで、この章では一般的な和モダン・和風インテリアから、もう一歩踏み込んだコーディネートを楽しむコツをお話ししていきますよ。 北欧テイストの和モダンインテリア。 和家具と北欧家具をほどよくミックス 一つ目は、和風と北欧風をミックスした和モダンインテリア。 1章でもお話ししましたが、和風の内装や家具と、北欧スタイルの家具は相性の良いインテリア。 特に、できるだけカラーや素材感が似たものを組み合わせると、相性よくコーディネートできますよ。 例えば、こちらは、ダイニングセットに北欧スタイルの家具を取り入れたインテリア例。 レトロな飴色で、装飾が少ない家具で統一することで、温かみのあるシンプルレトロな部屋にまとまりました。 畳のお座敷でも北欧スタイルの家具は好相性です。 木味が明るめで、スタイリッシュな家具でコーディネートして、静かでモダンな和室にまとまりました。 海外インテリアのような新鮮な和モダンインテリアが楽しめます。 カフェや喫茶店テイストの和モダンインテリア。 ソファや椅子を上手に活用 続いては、カフェテイストの和モダンインテリア。 カフェテイストはかなり幅が広いインテリアですが、ヴィンテージスタイルやシンプルスタイルのソファや椅子を取り入れるのが定番です。 例えば、こちらの和風のカフェインテリアでは、シンプルレトロなテーブルとソファに加えて、水屋箪笥や和雑貨を飾ってコーディネート。 古民家カフェのような雰囲気を楽しんでします。 一方、純喫茶のようなクラシカルなインテリアが好きなら、大正ロマンテイストの家具でコーディネートするのがおすすめです。 和洋折衷デザインのソファや丸テーブル、色ガラス入りの建具などを取り入れるのが定番です。 大人っぽい情緒豊かな雰囲気が魅力的で、ゆったりと優雅に過ごせる空間になるはずですよ。 シンプルな和モダンインテリア。 洗練されたシンプルな和家具を部屋の基調に 3つ目は、家具や建具をシンプルで直線的なものでまとめた和モダンなインテリア。 できるだけ装飾のないシンプルなものでコーディネートすることで、小物やグリーンなどが際立つ研ぎ澄まされた空間になります。 部屋のすっきりとした印象が保ちやすいよう、雑貨も増やしすぎず、日頃から整理整頓を心がけることが重要です。 レトロ・古民家テイストの和風インテリア。 アンティーク家具でコーディネート 4つ目は、レトロなアンティーク家具でコーディネートした和風インテリア。 建具から家具まですべてアンティーク品を使っていて、レトロな味のある雰囲気を楽しんでします。 こちらの部屋では、和風に寄せすぎず、昭和レトロ系の家具を中心に取り入れることで、渋すぎず可愛らしさを感じる部屋に。 毎日の暮らしが豊かになりそうな、温かみたっぷりの部屋になりました。 ナチュラルな和風インテリア。 木味の素敵な家具をチョイス 最後は、自然な木味を生かした家具を中心にコーディネートしたナチュラルな和風インテリア。 部屋全体から木の温かみが感じられますね。 ナチュラルな和風インテリアでは、シンプルでライトカラーの家具を使うのが定番です。 部屋全体が柔らかく明るい雰囲気になり、植物のグリーンもよく引き立ちますよ。 そして、植物は部屋のコーナーやテーブルの上など、いくつか取り入れるのがおすすめ。 癒しを感じる優しいインテリアになります。 さて、家具コーディネートのコツは以上です。 次は、家のリフォームや新築を予定している方へ、内装やインテリア素材を選ぶポイントをご紹介していきます。 和モダン・和風の部屋に似合う内装・インテリア素材を選ぶコツ。 リフォームや新築予定なら必見 新築やリフォームで、部屋を和モダン・和風インテリアにするなら、内装材や建材にもこだわって選びたいですよね。 内装について検討すべき点は、大きく床材、壁材、建具の3つ。 中でも床材は、工事に手間や費用がかかり、部屋の印象を大きく左右するため、最初に決めるのが一般的です。 ただ、和モダン・和風インテリアの場合は、建具も部屋の印象を大きく左右するため、建具も早めの段階から検討しておくのがおすすめですよ。 気に入った建具が見つかれば、建具に合わせて床材や壁材もスムーズに決めやすいです。 それでは、順番に内装材を選ぶにあたってのポイントをご紹介しますよ。 次の4点を押さえておきましょう。 引き戸やドアを和風建具にすると、部屋や玄関が本格的な和モダン・和風インテリアに 和モダン・和風インテリアにおいて、建具は現代物の既製品を使うのもいいですが、本格的なインテリアにこだわりたいなら、アンティーク建具もチェックするのがおすすめです。 アンティーク建具は、すべて1点もので味わいがあり、和風の伝統的なデザインのものが充実しています。 格子戸やガラス戸、板戸、組子帯戸、蔵戸など、様々なデザインがあって、理想のイメージにこだわって選ぶことができますよ。 さらに、アンティーク建具は、現代物よりも価格が安いものが多く、きちんとリペアされたものならもちろん強度や使い勝手にも問題ありません。 サイズのリメイクもできるので、新築やリフォームでもスムーズに取り入れられますよ。 アンティーク建具のデメリットというと、現代物の建具と比べると、気密性や防犯性、耐候性に劣ること。 そのため、玄関扉として使いたい場合は、蔵戸など外部向きの頑丈な扉を使う必要があります。 しかしながら、室内用の扉として使うならそれほど大きな問題はありません。 現代物の建具と同じように使えますよ。 窓でも和風インテリアを楽しもう!レトロな和風が好きな人は要チェック 部屋に窓を設ける予定なら、窓にもアンティーク建具を取り入れると、さらに本格的なインテリアになりますよ。 窓は特にレトロなテイストのものが充実していて、古民家風や大正ロマン風の和モダンインテリアに人気です。 窓として使う場合も、ショップでサイズ調整や鍵の取り付けなどのリメイクもできますので、気になるものがあれば相談してみましょう。 床は畳?フローリング?部屋の使用シーンをイメージして選ぼう 和モダンや和風インテリアの場合、床材は畳かフローリングにするのが一般的です。 まずはそれぞれのメリット・デメリットを整理していきますよ。 見た目の印象だけでなく、機能性も考慮してどちらが良さそうか検討してみてくださいね。 畳のメリット 伝統的な自然素材で、和風インテリアによく合う。 調湿性があり、湿度を快適に保ちやすい。 クッション性があるため、足音が響きにくい。 転倒しても大きな怪我をしにくい。 畳のデメリット 重たい家具などを置くと傷つきやすい。 定期的な裏返しや表替えなどのメンテナンスが必要。 日焼けによって変色する。 汚れがつきやすく掃除がしにくい。 環境によってはダニやカビが発生しやすい。 見た目が画一的で、あまり種類がない。 フローリングのメリット モダンなインテリアとよく合う。 床が硬いため傷や重いものにも強い。 掃除がしやすく、清潔に保ちやすい。 ダニが発生しにくい。 貼り方や種類によって色々な表情が楽しめる。 フローリングのデメリット クッション性がなく足音が響く。 硬いため、転倒すると大怪我に繋がる可能性がある。 伝統的な和風のインテリアでは畳、和モダンなインテリアではフローリングの方が人気です。 ただ、畳はメンテナンスに手間がかかるというデメリットもあるため、そこは頭に入れておきましょう。 ただし、畳の中にはメンテナンスが楽な素材を使用したものもあるため、面倒な手間を省きたいなら機能性の高い畳を選ぶのもおすすめです。 畳もフローリングもさらに細かい種類がたくさんあるので、工務店や設計士の方と相談しながらじっくり検討してみてくださいね。 部屋は壁紙次第で和風にも和モダン風にも!建具や家具とのバランスを考えてチョイス 和モダン・和風インテリアに使われる壁材は、大きく壁紙 クロス 、塗り壁 漆喰や珪藻土など といったものがあります。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 壁紙のメリット 塩化ビニル製の壁紙は、汚れにくくメンテナンスが楽。 色・柄などのデザインが豊富な種類がある。 和紙や織物など自然素材の壁紙もある。 施工が簡単で、価格が安い。 消臭や防汚効果のあるものなど、機能的なものが多い。 壁紙のデメリット 衝撃に弱く、耐久性に劣る。 部分的な補修が難しい。 継ぎ目がある。 紙や布クロスは、汚れやすくメンテナンス性に劣る。 塗り壁のメリット 自然素材のため、アレルギーが起こりにくい。 手作業で塗るため、表情が豊か。 調湿製がある。 耐火性や吸音性がある。 経年で劣化しにくい。 塗り壁のデメリット 施工に時間と技術が必要で、価格が高い。 汚れてしまうとメンテナンスしにくい 種類によっては塗り直しが必要。 和モダン・和風のインテリアでは、自然な風合いの塗り壁や、和風のシンプルな壁紙、または和風の柄入りの壁紙を一部に取り入れるのが人気です。 柄入りの壁紙は、印象的な部屋作りに活躍しますが、個性が強いので、周りの家具や建具とのバランスを考えながら選ぶのがおすすめですよ。 壁材もかなりの種類がありますので、工務店や設計士の方と相談しながら考えてみてくださいね。 模様替えやDIYで和モダン・和風の部屋に。 マンションや賃貸でもリフォームなしでできること 次は、本格的なリフォームや新築ではなく、模様替えやちょっとしたDIYで部屋を和モダン・和風インテリアにしたいという方へ、部屋作りのコツやアイデアをご紹介していきますよ。 自分にあった方法を見つけてみてくださいね。 中古・アンティークの和風家具で模様替え。 安く本格的な和モダンインテリアに リフォームなどでなくとも、思い切って部屋を模様替えしたいという方は、家具の買い替えを検討してみましょう。 中古やアンティークの家具なら、安くて雰囲気のある和風家具が多数ありますよ。 メインとなる家具を買い替えたり、1〜2点プラスしたりするだけでも、部屋の印象を変えることができます。 特に、DIYが得意な方なら、ヤフオクなどのオークションサイトで安いアンティーク和家具を買って、自分でリペアして使うのも一つの手。 費用を抑えながら、自分好みの和モダンインテリアを楽しむことができます。 ただし、激安すぎるものは、状態やそもそもの作りが悪いものが多いので要注意。 自分で修理できる範囲のものを探してみてくださいね。 DIYに自信がない方は、アンティーク家具屋が販売している、必要最低限のリペアは済んだ家具から選ぶのがおすすめです。 例えば、では「時代の味そのままに使えるアンティーク家具」というシリーズを販売していて、古い味わいはそのままに、実用に問題ないよう修理されています。 しっかりと丁寧にリペアした家具と比べると、30〜50%ほど価格が安い傾向にありますよ。 置き畳を使って、フローリングを畳にチェンジ。 手軽に和モダンインテリアが楽しめる フローリングの洋室を畳のある和モダン・和風インテリアに変えたいという場合は、置き畳を使うのがおすすめです。 置き畳とは、1辺80〜85cmほどの正方形のユニット型の畳のことで、カーペットのように床に敷くだけの手軽にお座敷のようなインテリアになります。 部屋のスペースに合わせて取り入れることができ、必要に応じてフローリングに戻すこともできますよ。 起き畳は、天然い草の本格的なものから、防水・防汚性の高いもの、床暖房用など、様々なタイプがあり、カラーやサイズのオーダーも可能です。 部屋にぴったりの置き畳をオーダーメイドすることもできますよ。 和モダンなインテリアにしたい場合は、一部にフローリングを残して、置き畳を敷くのもおすすめです。 モダンな家具や壁、建具などと相性が良く、よりカジュアルな印象に仕上がります。 部屋の雑貨を模様替え。 和風小物や植物でおしゃれな和モダンインテリアに それほど費用をかけずに部屋を和風や和モダン風にしたい場合は、インテリア雑貨などの小物から模様替えするのがおすすめ。 例えば、照明や植物、絵画やポスターなどを和風に変えたり、新しくプラスするだけでも、雰囲気が変わりますよ。 特に、部屋の壁や棚の上など、よく目につく場所から変えていくと印象が変わりやすいです。 雑貨も中古やアンティーク品だと、個性の光るものが安い価格で見つかりますよ。 おすすめのアイテムについては、9章の「和モダン・和風インテリアにおすすめの雑貨まとめ。 おしゃれな部屋作りの第一歩に」でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 部屋の壁周りを和風にDIY!欄間や布、和紙などをインテリアに活用 費用を抑えつつ、部屋を和風や和モダン風にしたいという方に人気なのが、DIYでのインテリアアレンジ。 ここでは、手軽にできる4つのDIYアイデアをお話ししますので、よければ参考にしてみてくださいね。 壁に欄間を取り付けるor立て掛ける 欄間は、もともと和室などの天井付近の建具として使われていたもの。 組子細工や彫刻が施された和風の上質なデザインのものが多く、中古やアンティーク品なら安く販売されています。 絵画代わりに壁に取り付けると、素敵な和風インテリアになりますよ。 賃貸などで壁への取り付けができない場合は、壁に立て掛けるだけでも素敵です。 屏風などの建具を壁に取り付けるor立て掛ける 屏風など小ぶりな建具もDIYに人気のアイテム。 壁に取り付けたり、立てかけたりするだけで、ぐっと和風の雰囲気になります。 和風の布や和紙を暖簾やファブリックボードに 和風の布は模様替えの定番アイテム。 暖簾にしたり、ファブリックボードにして壁に飾ると、和風のおしゃれなアクセントになりますよ。 和風の植物やドライフラワーを飾る コットンフラワー 綿の実 や赤い木の実などを使ったディスプレイは、和風や和モダンな部屋にぴったりです。 和風の器やかごなどを使って飾ると、インテリアに上品な華やかさがプラスされます。 家具を購入予定の方は必見!安くて高品質な和モダン・和風家具の探し方 部屋を和モダン・和風インテリアにするにあたって、家具の買い替えを検討している方は、次のポイントに沿って探すのがおすすめです。 和モダン・和風インテリアに人気の家具ブランドもご紹介しますので、好みのものをチェックしてみてくださいね。 価格と品質を重視するなら、中古やアンティークの和風家具がおすすめ まず、家具探しをするにあたっては、前章からお話ししている通り、中古やアンティークの和風家具もチェックするのがおすすめです。 新品と比べると、良質な素材や造りのものでも価格が安い傾向にありますよ。 例えば、人気のブランドや伝統工芸品の和家具は、新品で買うと高額ですが、中古品なら30〜90%近く安く買うことができます。 使用感はアイテムによってそれぞれで、傷やシミなどのある味わい深い家具もあれば、展示品などのほとんど使用感のない美品もありますよ。 好みに応じてしっかりと探せば、きっと掘り出し物が見つかるはずですよ。 また、できる限り状態の良いきれいな家具が欲しいという場合は、クリーニングやリペアに力を入れている家具屋から購入するのがおすすめです。 価格を重視している店舗では、掃除や修理に手間をかけずに販売している店舗もあるため、傷や変色など消耗が目立つアイテムもありますが、清潔感や実用面を重視している店舗では、味わいとは言えない傷みはしっかりと修復されています。 ラフジュ工房でも職人が2重、3重でチェックして、傷や汚れなどを十分にリペアしているので、安心してお使いいただけますよ。 和風家具を探す際は、実店舗だけでなく、通販ショップも要チェック 家具を購入する際は、実物を見ながら探したいという方が多いかと思いますが、実店舗だけを見て決めるのはおすすめできません。 ぜひ、通販サイトの家具屋もチェックしてみてください。 通販ショップでは、実物が見られないという最大のデメリットをカバーするため、返品OKやアフターメンテナンス保証、購入後の保管サービス、不要家具の回収サービス、期間限定のセールなど、様々な特典を用意しているショップがあります。 特に、返品OKの店舗なら、万が一届いてみたらイメージと違った…なんてことがあっても、そのまま返品できるので安心です。 さらに、通販なら複数の店舗を見比べながら、効率的に家具探しができるので、より短期間で良い家具に出会いやすいはずですよ。 おすすめの上質な和モダン・和風家具ブランドはこれ 次は、和モダン・和風インテリアにおすすめの日本の家具ブランドをご紹介します。 純和風のものからモダンなものまで、テイスト別にご紹介しますので、ぜひ好きなものを見つけてみてくださいね。 シックな和モダン風の部屋に。 松本民芸家具・北海道民芸家具 シックで高級感のある和モダンインテリアが好きな方には、松本民芸家具や北海道民芸家具がおすすめ。 松本民芸家具と北海道民芸家具は、どちらも歴史ある良質な民芸家具ブランドで、和風の部屋にも合う洋風家具や和モダンな家具を作っています。 ダークなツヤのある木肌と、洋風の意匠を取り入れた上品な佇まいが特徴です。 民芸家具は、何世代にもわたって使える頑丈さがあり、新品だけでなく中古家具も高い人気を誇っています。 特に松本民芸家具のチェアは、和風インテリアに合う洋風の椅子として、幅広い世代から支持されていますよ。 伝統的な和風インテリアに。 岩谷堂箪笥・仙台箪笥 伝統的な和風インテリアを楽しみたい方には、岩谷堂箪笥や仙台箪笥がおすすめです。 どちらも江戸時代にルーツを持つとされる長い歴史を持つ和箪笥。 良質な欅材や桐材などを用いて木地を作り、漆塗りを施し、迫力のある金具を取り付けて仕上げられます。 貫禄たっぷりの堂々とした姿が印象的で、職人技が光る芸術品のような家具です。 岩谷堂箪笥や仙台箪笥は、新品や中古品のほか、アンティーク品も販売されています。 アンティーク箪笥は、時代を超えてきた深い味わいがあって、新品よりもさらに迫力が増しているのが魅力です。 その分、使用感もあるので、新品が好みの方には向きませんが、古いものが好きな方にはもってこいの箪笥ですよ。 レトロな和風の部屋にぴったり。 カリモク60・秋田木工 レトロなインテリアが好きという方には、カリモク60や秋田木工などのブランドがおすすめです。 まず、カリモク60は、カリモク社が1960年代に発売した家具を復刻したブランドで、世代を超えて愛されるスタンダードなデザインが特徴です。 レトロやヴィンテージスタイルと相性が良く、ノスタルジックな味わいをプラスしてくれます。 秋田木工は、1910年にスタートした曲木家具の老舗メーカー。 曲木の技術を活かして、シンプルレトロな家具を多数生産しています。 レトロな和風インテリアや和モダンインテリアにおすすめのブランドです。 北欧風の和モダンインテリアにおすすめ。 マルニ木工・天童木工・飛騨産業 北欧風のシンプルな和モダンインテリアを楽しむなら、マルニ木工や天童木工、飛騨産業などのブランド家具がおすすめです。 どこも幅広いテイストの家具を扱っていますが、近年は北欧家具のようなシンプルでスタイリッシュな家具を多く生産しています。 デザイナーと共同開発した作品もあり、洗練された美しいインテリアが楽しめますよ。 また、これらのブランドは、ヴィンテージものの中古品も要チェックです。 ミッドセンチュリースタイルのおしゃれな掘り出し物と出会える可能性がありますよ。 例えば、こちらは柳宗理がデザインした天童木工のバタフライスツール。 和室にも合うミッドセンチュリースタイルのデザインで、和モダンなインテリアにぴったりです。 新品だと値が張りますが、中古品やヴィンテージ品なら安く手に入れることができます。 また、高級感のあるスタイリッシュな和モダンインテリアを楽しむなら、北欧風のイギリスヴィンテージ家具を取り入れるのもおすすめです。 例えば、G-PLAN ジープラン やA. Mackintosh マッキントッシュ 、ERCOL アーコール といったブランドに人気があります。 シンプルながらも物足りなさのない、上質な和モダンインテリアが楽しめます。 和モダン・和風インテリアにおすすめの家具はこれ!アイテム別にご紹介 さて、ここからは和モダン・和風インテリアに合う家具について、中古やアンティーク家具を中心に、おすすめ家具を具体的にご紹介していきますよ。 アイテム別にお話ししますので、これから家具を購入予定の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 和モダン・和風インテリアにおすすめの飾り棚 和モダン・和風インテリアに合う飾り棚が欲しい方は、次の3つから探すのがおすすめです。 まずは、伝統的な和風インテリアにおすすめの飾り棚からご紹介します。 伝統的な和風インテリアが好きなら、茶棚・飾り棚をチェック 和風の伝統的なディスプレイ棚といえば、茶棚や飾り棚。 もともとは茶道の道具を収納するために使われていた高級家具で、装飾に凝ったアイテムが多数ありますよ。 収納部分は、違い棚や戸棚、引き出しなどが付いているのが一般的で、小物のディスプレイ兼収納棚として活躍します。 例えば、こちらは和モダンなダイニングに総欅材製のアンティーク茶棚を取り入れたインテリア例。 お気に入りの和食器や本を飾って、レトロな和風インテリアを楽しんでいます。 美しい欅材の木目が小物を優雅に引き立てていますね。 和モダンなディスプレイが楽しめる。 ユニークな階段箪笥 2つ目は、段々になった形が目を引く、階段箪笥。 もともとは狭い住空間を有効活用するために、階段の下に収納を作り付けたことが始まりと言われていますが、今ではそのユニークな形はそのままに、収納兼飾り台として使われることが多くなりました。 そのため、アンティークの階段箪笥は2mほどある大きなものが主流でしたが、現代品は部屋に取り入れやすいよう、小ぶりなサイズが主流です。 階段箪笥は、グリーンや和雑貨などの小物を飾るのが人気です。 階段箪笥自体も金具や装飾に凝ったものもあり、和箪笥らしい力強い意匠を楽しむことができます。 例えば、こちらはお雛様を階段箪笥に飾ったインテリア例。 小ぶりながらも存在感があって、贅沢な飾り台として活躍しています。 シンプル・コンパクトで部屋に取り入れやすい!レトロな和風の本棚 3つ目は、よりシンプルな和モダン・和風インテリアが好きな方におすすめな、レトロ本棚。 昭和期頃に作られたアンティーク本棚は、素朴でシンプルな作りが特徴で、和室にも洋室にもコーディネートしやすいアイテムです。 奥行きが浅めで、装飾が控えめなので、ちょっとした小物を飾るのにぴったりのデザインです。 例えばこちらは、小ぶりなアンティーク本棚に本や雑貨を収納したインテリア例。 古い木肌が味わい深く、和小物を美しく引き立てています。 このタイプの本棚は、こちらのような小ぶりなサイズから高さ160cmほどの大きなサイズまで幅広いので、部屋のスペースに応じて選べますよ。 部屋の見せる収納に最適。 和モダンなガラス戸棚 4つ目は、和モダンなインテリアにおすすめのアンティークのガラス戸棚。 前面の扉がクリアガラス入りの引き戸になっていて、ショーケースのように雑貨を飾って収納することができます。 こちらも小ぶりなサイズから食器棚のような大きなサイズまで、幅広いアイテムがあります。 例えば、こちらはサイドボードサイズのガラス戸棚をダイニングに取り入れたインテリア例。 食器棚として、見せる収納を楽しんでします。 アンティークならではのゆらゆらガラスが使われていて、現代物のクリアガラスとは一味違った趣が感じられるのもポイント。 シンプルながらも味わいたっぷりで、和モダンなインテリアにもってこいのアイテムです。 和モダン・和風インテリアにおすすめの収納棚・タンス 次は、和モダン・和風インテリアに合う収納棚やタンスをご紹介していきたいと思います。 食器棚やリビングボードなど、幅広い部屋で活躍する棚をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 食器棚を探すなら、和風の水屋箪笥・茶箪笥をチェック 和風の食器棚を探している方は、まずはアンティークの水屋箪笥や茶箪笥からチェックするのがおすすめです。 大きな食器棚が欲しい方は水屋箪笥から、小ぶりな食器棚が欲しい方は茶箪笥から探すと、好みのものが見つかりやすいですよ。 水屋箪笥は、基本的に2段重ねの大ぶりなサイズのものが多く、戸棚や引き出しなど多彩な収納が付いています。 扉は、ガラス戸や板戸、桟入りの引き戸など様々なデザインがありますよ。 特に和モダンなインテリアの場合は、ダークカラーの桟入り引き戸のものが人気です。 茶箪笥は、2重ねの大きなサイズよりは、小ぶりなサイズが主流です。 戸棚や引き出し、違い棚などが付いたものが多く、水屋箪笥よりもさらに和風のものが見つかりやすいです。 和風の中でもシンプルなインテリアが好きという方は、右上のような塗装を剥離してリメイクした「ストリップド家具」と呼ばれるアイテムもおすすめです。 ベースは和風ですが、木味が明るくナチュラルな雰囲気で、モダンな内装とも相性ぴったりです。 リビング・和室などの収納に活躍。 和モダンな箪笥サイドボード・ローボード 和モダン・和風のリビングや和室には、アンティークのタンスをリメイクしたサイドボードやローボードがおすすめです。 これらは、主に重ねの水屋箪笥や衣装箪笥を上下段に分けて、サイドボードやローボードとして使えるようにリメイクしたもの。 天板に重いものを載せられるよう補強したり、フローリングにもマッチするよう脚を取り付けたりしたアイテムがあります。 また、特にテレビ台用の家具には、扉をガラス戸にしたり、フラップダウン式の扉にリメイクしたタンスも人気です。 例えばこちらは、古い水屋箪笥をテレビボードにリメイクしたもの。 框や引き戸などの和風のデザインはそのままに、高さをコンパクトにリサイズしています。 また、脚を取り付けることで、フローリングと相性が良くなり、掃除もしやすくなりました。 アンティーク建具をリメイクした和モダンなキャビネット。 幅広いデザインあり よりシンプルでスタイリッシュな和モダンキャビネットが欲しいという場合は、ラフジュ工房でアンティーク建具を使ってリメイクしたキャビネットもおすすめです。 こちらも様々なデザインがありますが、こちらのような引き出しなどの付いていないシンプルなデザインのものだと、より和モダンなインテリアに合わせやすいですよ。 アンティーク建具を使ったキャビネットは、レトロかわいいものから、渋い和風のものまで幅広いのが特徴です。 また、棚部分は一から新材で製作するため、サイズや棚数などを指定しやすいというメリットもあります。 ぜひ部屋に合うものを吟味してみてくださいね。 和モダン・和風インテリアにおすすめのテーブル 次は、和モダン・和風インテリアにおすすめのテーブルをご紹介します。 和風に合うテーブルは多数ありますが、今回は3つの視点からおすすめ品を厳選しました。 よければ参考にしてみてくださいね。 高級感のある和モダンインテリアに。 民芸家具ブランドのテーブル 部屋を高級感のある和モダンインテリアにしたい方には、松本民芸家具は北海道民芸家具などのテーブルがおすすめです。 光沢感のある上品な佇まいのものが多く、品格のあるダイニングや和室を演出してくれます。 民芸家具のダイニングテーブルは、洋風の装飾が施されたものもありますが、和モダンなインテリアにする場合は、できるだけシンプルな意匠のものを選ぶのがおすすめですよ。 また、大正ロマン風のインテリアにする場合は、装飾が豊富な洋風のものを選んでもいいですね。 好みに応じて検討してみてください。 個性の光る和モダンインテリアに。 蔵戸をリメイクした和風テーブル 唯一無二の個性的な和モダンインテリアにしたい場合は、アンティーク蔵戸をリメイクしたテーブルがおすすめです。 蔵戸は、その名の通り蔵の扉として使われていた引き戸のことで、重厚感のある上質な一点もののドア。 それをそのまま天板にしたテーブルは、なんとも迫力満点で、和モダンインテリアの主役としてぴったりのアイテム。 旅館や料亭など特別な空間にぜひ取り入れたい和風テーブルです。 どんな和風とも相性がいい!シンプルな木製の和モダンテーブル 3つ目は、幅広い和風インテリアと相性が良い、シンプルな木製テーブル。 こちらは昭和期のアンティーク家具に多い学校の作業台のようなデザインで、素朴で温かみのある佇まいが魅力です。 レトロスタイルやナチュラルな和風インテリアなどにぴったりですよ。 例えばこちらは、昭和レトロなダイニングのインテリア。 椅子も素朴な木味のアンティークチェアを使って、和やかで暖かい雰囲気に。 どちらも角ばったシンプルなフォルムで、周りのレトロな和風家具と相性よくまとまっています。 素朴な和食が似合うダイニングになりました。 和モダン・和風インテリアにおすすめの机 続いては、和モダン・和風な部屋に似合う机をご紹介します。 和室と洋室それぞれにおすすめのアイテムをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 畳の和室で使うなら、和風の文机。 一人暮らしにもおすすめ 畳敷の和室で使う机を探している場合は、昔ながらの文机がおすすめです。 ちょっとした書き物やパソコン作業などに便利な小ぶりなサイズで、コンパクトな和室やワンルームなどに特に人気があります。 文机は、引き出しの有無や配置、サイズ、筆返しの有無など、バリエーションが豊富です。 高級感を求めるなら、両脇に引き出しのついた両袖タイプや、側面に透し彫りなどの装飾があるタイプがおすすめ。 逆にシンプルなものが好きなら、引き出しなしの平机もいいですね。 好みに応じてじっくりと見比べてみてください。 和風レトロな洋室で使うなら、日本の古い木製机 椅子座タイプの和風デスクを探すなら、和製アンティークの片袖机や両袖机をチェックしてみましょう。 和風のインテリアに似合う、素朴でシンプルなアイテムが多く見つかります。 特に昭和期のデスクは、装飾が少なく角ばったフォルムのものが多く、和風インテリアに合わせやすいですよ。 また、和製アンティークの机の中には、大正ロマンスタイルの高級感のあるデザインのものもあります。 洋館のような和洋折衷のインテリアが好きな方は、こちらもおすすめです。 和モダンな洋室で使うなら、北欧テイストのデスク 和モダンインテリアに似合うスタイリッシュなデスクを探すなら、北欧ヴィンテージの机がおすすめです。 和風のインテリアと相性の良い、直線的なフォルムのものが多数あります。 また、長年使い込まれた風合いがおしゃれで温かみがあり、モダンなインテリアの良いアクセントになりますよ。 日本のデスクよりも大きめのサイズが多く、広々と作業したい場合にぴったりです。 和モダン・和風インテリアにおすすめのソファ 続いては、和モダン・和風のインテリアに似合うソファを3つご紹介します。 好きなものを探してみてくださいね。 シンプルレトロな部屋に。 日本のヴィンテージソファ 1つ目は、日本のヴィンテージソファ。 装飾が控えめでシンプルなデザインが主流で、和風レトロインテリアにぴったりです。 また、現代物のソファと比べるとコンパクトなものが多いので、スペースに限りのあるリビングダイニングやワンルームなどに特におすすめです。 こちらは、昭和期頃のヴィンテージソファを取り入れた、レトロなリビングインテリア。 温かみのある木製のアームがいい味を出していますね。 座面が低めで圧迫感がなく、部屋にすっきりと馴染むのも魅力です。 スタイリッシュな和モダンインテリアに。 北欧スタイルのソファ 2つ目は、北欧スタイルのソファ。 スタイリッシュな和モダンインテリアにぴったりな、シンプルに洗練されたソファが多数見つかります。 また、ミッドセンチュリー期のヴィンテージソファだと、個性の光るモダンなアイテムもあって、人とは違った和モダンインテリアを楽しみたい方にぴったりです。 例えばこちらは、1960年頃に作られた北欧ヴィンテージのソファ。 全体的にシンプルながらも、ぽってりとした背もたれやアームが印象的で、レトロモダンな雰囲気です。 すらりと伸びた脚が軽やかで、スタイリッシュさをプラスしています。 和モダンなインテリアの主役になるようなソファですね。 和風と洋風のミックスインテリアに。 大正ロマン風のソファ 3つ目は、大正ロマン風のアンティークソファ。 洋風の装飾を取り入れた和洋折衷のデザインで、ノスタルジックな和風インテリアにぴったりです。 畳と合わせるとレトロモダンな旅館のようなインテリアに、フローリングと合わせると洋館のような上品なインテリアになりますよ。 特に透し彫りが入ったソファは、レトロな大正ロマンスタイルに人気です。 珍しいデザインで存在感たっぷりなので、個性的な和モダンインテリアが楽しめますよ。 和モダン・和風インテリアにおすすめの椅子 ダイニングチェア・座椅子 さて次は、和モダン・和風インテリアに似合う椅子をご紹介します。 ダイニングチェアと座椅子をご紹介しますので、テーブルや周りのインテリアとの相性を考えながら選んでみてくださいね。 シックな和モダンインテリアに。 民芸家具ブランドのチェア・座椅子 高級感のあるシックな和モダンインテリアには、松本民芸家具や北海道民芸家具などのチェアがおすすめです。 テーブルについてお話しした際にもご紹介した通り、この2ブランドは民芸家具の中でも特に、上品な和モダンテイストに人気のアイテム。 何十年と使える品質の高さと、シンプルすぎない高級感のある意匠が人気の秘密です。 例えば、こちらは松本民芸家具のスピンドルチェアを取り入れた、和モダンなダイニングのインテリア例。 挽物加工をした洋風の意匠が目を引く、上品なアイテムです。 和モダンなインテリアの場合は、シンプルで直線的な家具を選ぶのが定番ですが、アクセントとして洋風のチェアを取り入れるのも一つの手。 周りの家具と色味や質感が近いものを選ぶと、違和感なくまとまりますよ。 レトロな和風の部屋に。 日本のアンティークダイニングチェア 素朴な和モダンインテリアが好きな方には、日本のアンティークダイニングチェアがおすすめです。 日本のアンティークチェアは、レトロな木味とシンプルなフォルムが特徴で、ノスタルジックな和風インテリアが楽しめます。 例えば、こちらは日本のアンティークチェアを取り入れたダイニングのインテリア例。 テーブルもチェアも何の変哲もない素朴な佇まいですが、古いものならではの深い味わいがあり、部屋に温かな雰囲気を演出しています。 ゆったりと和やかな食事が楽しめそうですね。 洗練された和モダンインテリアに。 北欧スタイルのダイニングチェア スタイリッシュな和モダンインテリアが好きな方は、北欧スタイルのシンプルなダイニングチェアを探してみましょう。 華奢でモダンな北欧スタイルのチェアは、和風のダイニングにモダンさをプラスしてくれます。 選ぶ際は、テーブルや周りの家具と木味の色や質感が似たものを探すと、統一感のあるコーディネートができますよ。 例えば、こちらは北欧ヴィンテージチェアを和モダンなダイニングに取り入れたインテリア例。 ダイニングテーブルは、どっしりとした和風のデザインですが、椅子はモダンな北欧デザインのものを組み合わせることで、軽やかでスタイリッシュな雰囲気にまとまっています。 周りのインテリアとカラーを揃えるため、ファブリックは黒レザー、フレームはダークブラウンのものを選んで、部屋全体がシックで上質なインテリアにまとまりました。 和モダン・和風の寝室におすすめのベッド 次は、和モダン・和風の寝室におすすめのベッドをご紹介します。 寝室の模様替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 和モダンな部屋にぴったり。 高級感のある民芸家具店のベッド 旅館やホテルのような高級感のある和モダンインテリアにしたい場合は、民芸家具屋が製作しているベッドがおすすめです。 例えば、こちらは北海道民芸家具のクラシカルなベッド。 洋家具のような上品な装飾が付いていますが、全体的にはシックで控えめなデザインで、和風の部屋にもコーディネートしやすいベッドです。 畳の和室にもフローリングの洋室にもおすすめですよ。 レトロでシンプルな木製アンティークベッドもおすすめ 2つ目は、和製アンティークのレトロなベッド。 無駄な装飾のないシンプルなデザインで、素朴な木味が際立つデザインです。 レトロな和風の寝室におすすめですよ。 また、アンティークベッドは、現代物のベッドよりも少々小ぶりなものが多いので、ワンルームにお住いの方などコンパクトなベッドを探している場合にぴったりです。 和モダン・和風インテリアにおすすめの雑貨まとめ。 おしゃれな部屋作りの第一歩に ここからは、和モダン・和風の部屋に取り入れたいインテリア雑貨をご紹介していきますよ。 手軽に取り入れられるものが多いので、よければ参考にしてみてくださいね。 和風の照明。 和モダンな部屋のアクセントに 和モダン・和風インテリアに人気の雑貨といえば、アンティークの和風照明。 アンティーク照明は、ノスタルジックで印象的なデザインのアイテムが多く、部屋をぐっとおしゃれに演出してくれます。 それでは、種類別に3つのおすすめ品をご紹介しますよ。 レトロなデザインが人気。 シンプルな平笠照明 和風の照明の中でも特に人気なのが、シンプルなガラス製の平笠照明。 和モダンと和風どちらにも合わせやすく、部屋を温かなムードで包み込んでくれます。 小ぶりなサイズなので、2〜3灯並べて使うのがおすすめですよ。 和風のユニークなデザインがたっぷり!灯篭タイプの天井照明 もっと和風らしいデザインが好きな方は、灯篭 とうろう 型の天井照明を取り入れるのがおすすめです。 灯篭は、神社や町屋の軒先などでよく目にする照明。 真鍮や銅、ガラスなどで作られたものが多く、アンティークはより趣のある存在感があって、部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。 和室照明の定番「行灯」。 フロアやテーブルライトにおすすめ 和風のフロアライトやテーブルライトを探している方には、行灯がおすすめです。 行灯は江戸時代から使われていた伝統的な照明で、部屋に置いたり、壁にかけたり、または持ち運んだりして使われていました。 今では電球仕様のものが主流で、置き型の和室照明として人気となっています。 木枠に障子紙が貼られているのが一般的で、畳との相性も抜群です。 和風のランプも人気!置き型も吊り下げ型の照明があり レトロな和風インテリアや大正ロマンスタイルが好きな方には、アンティークランプもおすすめです。 ランプは、もともとはオイルランプを指すことが多かったですが、最近では先ほどご紹介した灯篭や行灯なども含めて、ランプと呼ぶ場合もあります。 アンティークのオイルランプは、様々なデザインがあって、ビンテージスタイルに合うシャビーなものから、大正ロマンスタイルに合う気品のあるデザインのものまで幅広いのが特徴です。 和風や和モダンインテリアに取り入れるなら、華美すぎない素朴なものを選ぶと失敗しませんよ。 置き型や吊り下げ型などのバリエーションも豊かなので、ぜひ今の部屋をイメージしながら検討してみてくださいね。 レトロな壁掛け時計。 ノスタルジックな和風インテリアに 続いて紹介するのは、レトロな和風や和モダンインテリアにおすすめなアンティークの壁掛け時計。 アンティークの壁掛け時計は、振り子時計や丸型時計などがあり、どれもノスタルジックな味わいがあるのが特徴です。 特に振り子時計は、昔懐かしいクラシックなデザインが多く、和風インテリアの素敵なアクセントになりますよ。 中には、一定の時刻になると音がなるものもあり、部屋がぐっとレトロな雰囲気に包まれます。 和モダン・和風インテリアに欠かせない!おすすめ壁掛け雑貨 次は、和モダン・和風インテリアにぜひ取り入れたい、壁掛け雑貨を3つご紹介しますよ。 現状の部屋に物足りなさを感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 部屋に味わいをプラス!おしゃれなアンティーク絵画 日本のアンティーク絵画は、個性豊かで伝統を感じる作品が多数あり、和風インテリアにおすすめの雑貨です。 水彩画や油彩画、木版画など様々な種類があります。 いつ頃どんな人が書いた絵なのか調べたり、想像したりするのも面白いですよ。 アンティーク絵画は特に一期一会の世界なので、骨董市などで直感に任せて選ぶのも楽しいものです。 レトロ雑貨好きは必見!日本のアンティークポスター・看板 絵画と合わせてチェックしたいのが日本のアンティークポスターや看板。 アンティーク絵画よりも昭和レトロな作品が多く、懐かしい企業の看板や、今はなき商品のポスターなど、ノスタルジックなデザインを楽しむことができますよ。 レトロなインテリアにぴったりです。 温かみのある和風インテリアに。 布・暖簾・タペストリー 3つ目は、暖簾やタペストリーなどのアンティークの布小物。 絵画やポスターよりもサイズが大きく存在感があるので、ガラリと部屋の印象を和風に変えることができます。 特に木綿のファブリックは涼しげな雰囲気があり、夏のインテリアとしておすすめですよ。 和小物好きは要チェック!和風のアンティーク置物・オブジェ 賃貸住まいなどで壁に物を飾れないという方は、和風の置物を探してみましょう。 例えば、鉄瓶や和食器、彫刻品、ガラス雑貨、カゴなど、伝統的な道具や飾り物など、好きなものを自由に飾るのがおすすめです。 和風のインテリア小物は、たっぷりと飾りすぎると野暮ったく見えてしまうので、好きなものを厳選して飾るのがポイント。 数が少ない方が一つ一つの個性が際立って、おしゃれなディスプレイになりますよ。 植物を飾るなら鉢カバーも和風にこだわって。 火鉢や一斗枡などがおすすめ おしゃれな和モダン・和風インテリアを目指すなら、1部屋に1つは植物を取り入れるのがおすすめ。 植物は好きなものを取り入れればOKですが、特に鉢カバーにこだわるとインテリアのクオリティがぐっとアップします。 部屋に大きめの植物を飾るなら、和風の植木鉢のほか、火鉢や一斗枡がおすすめ。 特に、アンティーク火鉢は、和柄のバリエーションが豊富で、価格も安めなので、部屋に取り入れやすいです。 小ぶりな植物やお花を飾る場合は、そば猪口などの和食器やガラスビン、和風の花瓶などを使うのがおすすめです。 苔玉なら、和皿に載せるのもいいですね。 和食器を使うと、多肉植物などの和風でない植物も、和風の部屋によく馴染みます。 実用にもオブジェにも。 和柄がかわいい、お皿・和食器 和風のアンティーク食器は、実用としてはもちろん、オブジェとしても優秀なアイテム。 お皿立てを使って棚にディスプレイしたり、プレートハンガーを使えば壁に飾ることもできます。 お皿を使った壁掛けディスプレイは、よく外国のインテリアで目にしますが、和皿で楽しむのも素敵です。 アンティーク和食器は、緻密で美しい抽象的な模様を描いたものや、植物や食べ物、人物などを描いたものなど幅広いアイテムがあって、きっと気に入るものが見つかるはず。 好きなものを見つけたら、ぜひ実用だけでなく、観賞用としても使ってみてくださいね。 最後に 伝統的な和風インテリアも、ミックススタイルの和モダンインテリアも、素敵な部屋がたくさんありましたね。 ご紹介した実例をヒントに、ぜひ自分らしいコーディネートに挑戦してみてください。

次の

【楽天市場】シーリングライト 4灯 レダ シーリング ボーベル【

和風子供部屋

和モダンや和風のインテリアを見ていると、日本らしさが感じられる素敵な部屋が多いですよね。 和モダン・和風インテリアは、伝統的な美しさや居心地の良さが抜群のスタイル。 そのため、新築やリフォームをする家をはじめ、旅館やホテルの内装として高い人気を誇っています。 ただ、いざ部屋を和モダンや和風テイストのインテリアにしたいと思っても、何から手をつければいいか難しく感じませんか?特に和モダンインテリアは、明確な定義がないので、どんな部屋を目指そうか決めるのに迷う方が多いかと思います。 そこで、今回は和モダンや和風のインテリアについて、当店で手がけたコーディネート実例を交えながら部屋作りの方法をじっくりとご紹介していきますよ。 和風や和モダンインテリアは、意外と幅が広いので、まずは自分が目指したい和風・和モダンはどんなテイストか知ることから始めましょう。 はじめに、実例をたっぷりご紹介したうえで、カラーコーディネートや家具・内装材選び、模様替えのコツなどをお話ししていきますので、ぜひ部屋のイメージを膨らませてみてくださいね。 本題に入る前に、和モダン・和風インテリアについて整理しておきましょう。 一般的に和風インテリアは、畳や床の間、障子や襖、和家具など、日本の伝統的なインテリア様式をそのまま取り入れたテイストのこと。 一方、和モダンインテリアというと、そこに現代的なインテリア様式をミックスしたテイストを指します。 別名で、和風モダンと言われることもありますね。 具体例を挙げると、建築・内装を純和風にして家具をモダンにしたり、モダンな部屋に純和風の家具を取り入れたりと、様々な方法がありますよ。 部屋別に和モダン・和風インテリア実例を紹介!リフォームや新築の参考に まずは、和モダンや和風のインテリア実例を見ながら、コーディネートの特徴やコツを押さえていきましょう。 ダイニング、リビング、和室など、部屋別にご紹介しますので、気になるところから見てみてくださいね。 ダイニングの和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 まずは、和モダン・和風のダイニングのインテリア例からご紹介します。 8部屋の実例をご紹介しますので、ぜひ好きなものを探してみてください。 水屋箪笥をインテリアの主役にレイアウト。 上質な和モダンリビング こちらは、和風の水屋箪笥や引き戸を取り入れた、和モダンなダイニングのコーディネート例。 フローリングの洋室に和家具を置くことで、渋すぎないカジュアルな和モダンインテリアを楽しんでいます。 格子戸の窓からは柔らかな光が入り、明るくリラックスできる雰囲気が漂っていますね。 ダイニングセットは、レトロでシンプルなアイテムを選ぶことで、部屋全体がバランス良くまとまっています。 水屋箪笥は、今で言うところの食器棚にあたるタンスのこと。 重厚感のある框組や伝統的な引き戸のデザインが目を引きます。 上質な大型の水屋箪笥は存在感たっぷりで、1台あるだけで部屋に和風の印象を醸し出してくれますよ。 引き戸や引き出しをバランス良く備えたものが多く、収納力も抜群です。 こちらの部屋の建具には、アンティークの組子帯戸を取り入れました。 美しい組子細工は、和モダンな部屋のアクセントにぴったりのアイテム。 凛とした上質な雰囲気を醸し出してくれます。 アンティーク建具は、こちらのように、趣のある和風のデザインのものが見つかりやすく、かつ新品よりも安く手に入るのが魅力です。 しっかりとリペアされたものであれば、歪みなど傷みも修復済みなので、新築やリフォームでも問題なく取り入れられますよ。 新築でも時代箪笥で風情たっぷりの部屋に。 高級感のある和モダンインテリア 続いては、より高級感のあるシックな和モダンダイニング。 床は石畳風に、建具には和風のガラス戸を使い、家具は現代物の民芸家具とアンティーク家具でコーディネートしました。 すべてダークで艶のある木味の家具で揃えることで、品格を感じる落ち着いた空間にまとまっています。 この部屋でダイニングセットに使ったのは、松本民芸家具のテーブルと、北海道民芸家具の椅子。 これらは、洋家具のような優雅さも感じさせる家具ですが、華美すぎずシックな佇まいで、和建築に合わせやすいデザインです。 また、テーブルは天板の美しさが抜群で、白い和食器や染付の藍青色が上品に際立ちます。 高級な料亭のようなテーブルコーディネートが楽しめますよ。 ダイニングの隣には、衝立で仕切られたリラックススペースがあります。 和風の折りたたみ椅子と、小ぶりなテーブルが置かれていて、ちょっとした休憩や読書などに便利そうですね。 まるで旅館のような部屋に。 囲炉裏テーブルを囲む和モダンダイニング こちらは、大きな囲炉裏テーブルを取り入れた和モダンなダイニング。 そして、奥には水屋箪笥をリメイクした飾り棚を置いています。 重厚感のある上質な囲炉裏テーブルと、凛とした食器のディスプレイが、特別感のある空間を演出しています。 高級感のある和モダンなインテリアを楽しむなら、空間やディスプレイに適度な余白を作ることが大切です。 特に雑貨をディスプレイする際は、気に入ったものだけを厳選してメリハリをつけて飾ることで、生活感を抑えたおしゃれな空間になります。 こちらの部屋では、建具に格子戸を使いました。 格子は和風のデザインながらも、直線的でモダンな空間とも相性が良いのがうれしいポイント。 また、素通しの格子戸は、空間を分けつつも完全には遮断しないので、部屋のちょっとした間仕切りとして人気です。 コントラストを意識して凛とした部屋に。 明るい和モダンダイニング 続いては、心地よい緊張感の漂う、明るい和モダンダイニング。 ブラックペイントの水屋箪笥と鉄脚テーブル、そして明るい木味のダイニングチェアや障子戸という、2色をベースにしたメリハリのあるコーディネートです。 キリッとした空気が漂う、新鮮な和風インテリアになりました。 和モダンインテリアでは、ダイニングテーブルやチェアに、シンプルモダンな家具を組み合わせるのも定番です。 この部屋で使用したのは、柏木工のクラウンチェア。 飽きのこないスタンダードなデザイン、そして木の温かみが感じられるナチュラルな仕上げで、和風の空間にカジュアルさをプラスしています。 そして、壁際にはひときわ存在感を放っている水屋箪笥。 こちらは明治期に使われていた水屋箪笥をペンキでリメイクしたもの。 ペンキは洋風家具に多い仕上げですが、和家具をペイントすると木目が消えてマットになり、和風の渋みが抑えられます。 和モダンなインテリアと相性の良い塗装方法です。 和モダンなホテルのよう。 個性が光る和モダンなダイニング こちらも同じように、ペイントした水屋箪笥とモダンなダイニングセットを取り入れた、和モダンなコーディネート例。 先ほどよりも水屋箪笥は和風の意匠のものを、チェアはスタイリッシュなものを使って、より個性が際立つ空間に。 和モダンなホテルのような、記憶に残るインテリアになりました。 この部屋で使っている椅子は、イタリア・ポラダ社のArlekin アーレキン というダイニングチェア。 和家具には目にしない美しい曲線が印象的ですね。 こちらの部屋のように別ジャンルの家具をミックスしてコーディネートする際は、それぞれの家具の色味をしっかり統一するのがおすすめ。 色が揃っていると、種類の違う家具でも上手にまとまりますよ。 この部屋の個性をさらに際立たせているのが、大正ロマンなガラス戸の存在。 幾何学模様の格子にレトロなダイヤガラスがはめ込まれていて、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。 大正ロマンな建具は、和洋どちらの空間にも合わせやすく、個性の光るデコラティブなデザインが楽しめます。 スタイリッシュな和モダンというよりは、情緒豊かなレトロモダンなインテリアにおすすめですよ。 素朴な木味の家具で部屋作り。 古民家のような和風ダイニング さて、ここからはほっと癒されるような和モダンインテリア。 レトロな木味の古家具をたっぷり取り入れて、古民家風のダイニングにコーディネートしました。 古家具はシンプルなデザインのものでも、味のある存在感があって、部屋をぐっとおしゃれに見せてくれます。 この部屋では、収納にパタパタ扉の戸棚を使いました。 こちらは、ラフジュ工房で古材をリメイクして製作したもの。 昔懐かしいレトロなデザインが魅力です。 木製扉なので、生活感のある日用品などをしっかりと隠して保管できますよ。 隣にある戸棚は、アンティーク品の戸棚。 小ぶりな棚や引き出しがたっぷりと付いているので、食器やカトラリーなどを収納するのに便利です。 壁には木製のオープンラックを取り付けて、ディスプレイ棚に。 お気に入りの和雑貨を飾って、自分らしい和風インテリアを楽しんでします。 夏も涼しく快適に過ごせる部屋に。 格子戸を取り入れた和モダンダイニング 続いては、竹や籐など和風の素材感の家具をたっぷりと取り入れた、和モダンなダイニング。 フローリングの洋室ではありますが、日本らしい和素材の力で、しっかりと和風の雰囲気が出ていますね。 雑貨も多めに取り入れることで、暮らしの温度感を感じる賑やかな部屋になりました。 この部屋で使ったダイニングセットは、実はイギリス製のヴィンテージ家具。 チェアはG-PLAN、テーブルはA. McIntoshという北欧スタイルのブランド家具で、スタイリッシュなフォルムと温かみのある木肌が特徴です。 北欧スタイルの家具は、直線的でシンプルなものが多く、和風のインテリアにも取り入れやすいんですよ。 このようなレトロな部屋にも、スタイリッシュな和モダンインテリアにもおすすめです。 窓側の引き戸には、格子戸を使いました。 格子戸は、一昔前までは風を通す素通しのものが人気でした。 しかしながら、空調設備が整った現代の家では、通気性よりも気密性が重視されるため、ガラス入りの格子戸や、ガラス戸と格子戸を二重窓にして取り入れる方が人気です。 また、格子戸は、直射日光を和らげてくれる夏にぴったりの建具で、外からの視線も遮ってくれるため、カーテン代わりのようにも使えます。 格子戸を通してみる光は、どこかノスタルジックで美しく、古民家のような風情を楽しむことができますよ。 レトロなちゃぶ台を囲む、畳敷きの和風ダイニング こちらは、置き畳を取り入れたレトロな和風ダイニング。 食事の際にはちゃぶ台を囲む、昔懐かしいスタイルです。 畳スペースの周りには、背の低い本棚やローボードを置いて、収納兼間仕切りとして使っています。 ほどよくコンパクトで、賑やかなダイニングスペースになりました。 ちゃぶ台は、軽くて脚が折りたたみでき、部屋をフレキシブルに使えるのが魅力。 時にはちゃぶ台を片付けて、畳に広々と横になることもできます。 また、畳とちゃぶ台での食事は、ダイニングテーブルとはまた違ったリラックス感があるのがうれしいですね。 また、こちらの部屋では、木味のレトロな家具だけでなく、白ペイントの家具も取り入れているのがポイント。 木味の家具だけだと落ち着いた和風にまとまりますが、ペイント家具が入ることでよりカジュアルでポップな雰囲気に変わります。 かわいいレトロインテリアが好きな場合は、1〜2点ペイント家具を取り入れるのがおすすめですよ。 リビング・洋室の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 次は、和モダン・和風のリビングや洋室のインテリア例をご紹介していきますよ。 テイストの違う6部屋をまとめましたので、ぜひ好きな部屋を見つけてみてください。 部屋にスタイリッシュなソファを取り入れて。 高級感のある和モダンリビング こちらは、スタリッシュな北欧ヴィンテージソファとシンプルな日本のアンティーク家具をコーディネートしたリビングのインテリア例。 ダイニングのインテリア例でもご紹介した通り、北欧スタイルと和風スタイルは、相性の良いインテリア。 どちらも直線的なフォルムが多く、装飾が少ないので、意外と統一感のある部屋にまとめることができるんですよ。 テレビボードは、もともとは水屋箪笥だったものをローボードサイズにリメイクしたもの。 横桟の引き戸や框組に和家具の面影が残っていますね。 引き戸は、板戸からガラス戸に変更することで、AV機器のリモコン操作も可能に。 またガラスが入ることで、テレビや北欧家具などよりモダンなインテリアとも調和しやすくなっています。 ソファは、リビングで部屋の印象を左右する重要な家具。 スタイリッシュな和モダンインテリアを目指すなら、ソファはできるだけシンプルなデザインのものを選び、その他の内装やインテリアで和風を取り入れるのがおすすめです。 こってりとした和風のソファだと、モダンな印象が薄くなってしまいますので、注意しましょう。 デコラティブな和家具が部屋のアクセントに。 男前な和モダンリビング 続いては、メンズライクなソファと時代箪笥を取り入れた男前な和モダンリビング。 黒やブラウンなどダークトーンの家具でコーディネートして、シックで上質な雰囲気を演出しています。 この部屋で、和モダンインテリアを印象付けているのが、仙台箪笥。 仙台箪笥は、江戸時代からあるとされる欅材製の高級箪笥です。 職人技が光るデコラティブな金具が付いていて、和風の印象が強いのが特徴です。 畳の和室に取り入れて、伝統的な和風インテリアが楽しむ人が多いですが、この部屋のようにフローリングの洋室に取り入れるのもおすすめですよ。 風情ある存在感たっぷりで、おしゃれな和モダンインテリアが楽しめます。 和風の飾り棚をインテリアの主役に。 和モダンなシンプルリビング 次は、シンプルで落ち着いた和モダンなリビングインテリア。 大きなガラス戸棚を部屋の主役として、和食器などのコレクションをディスプレイしています。 リビングは家族で過ごす場所であり、時にはお客様を招く場所でもあるので、こんな風に自分らしいディスプレイができると素敵ですね。 その他の家具は、レトロでシンプルな日本のアンティーク家具でコーディネート。 ソファは、大正から昭和初期頃にかけて作られたレトロソファを使っています。 丸みのあるフォルムで上品な雰囲気があり、古い木のアームが温かい印象を醸し出していますね。 ソファと合わせて使っているセンターテーブルも、同じくアンティーク品。 無駄のないシンプルなフォルムが部屋にモダンさをプラスしています。 テレビボードに使っているのは、和箪笥をコンパクトにリメイクしたローボード。 美しい欅材の木目からは上質な和風らしさが感じられます。 金具には蕨手 わらびて という伝統的な引き手が使われていて、シンプルながらも和の趣が漂っています。 和風のタンスとジャンクな家具をミックス。 グリーンたっぷりの和モダンインテリア 続いては、ジャンクテイストに和家具を取り入れた上級者向けの和モダンインテリア。 アンティーク箪笥と、男前なビンテージ家具をミックスしたインテリアです。 江戸から明治期頃のアンティーク箪笥は、金具がたっぷりと付いた無骨なデザインで、古い木味が素敵なものが多いので、ジャンクスタイルにもってこいの家具。 今では目にしない変わったデザインの家具が多く、個性的な和風ジャンクスタイルが楽しめます。 例えば、こちらは江戸時代に作られた薬箪笥。 漢方薬などを入れる医療用の棚として使われていた箪笥で、小さな引き出しがたくさん付いた作りが特徴的です。 引き出しや金具がずらりと並んだ姿は、ユニークで存在感たっぷり。 インテリアとしても収納力も文句なしのアイテムです。 そして、ソファに使ったのは、カッシーナ社のレザーソファ。 カッシーナ社はイタリア発のモダンな高級インテリアブランド。 シンプルに洗練されていながらもラグジュアリーな存在感があり、高級感のある和モダンなインテリアにおすすめです。 一人暮らしならコンパクトな家具を活用!すっきりとした和モダンリビング こちらは、格子戸のある和風の部屋に、和家具と北欧家具を組み合わせて取り入れた、和モダンなインテリア。 リビングスペースには関西火鉢や角ちゃぶ台など、和風の個性の強い家具を、その隣には北欧スタイルのドレッシングチェストとYチェアを使って、ミックスコーディネートを楽しんでいます。 この部屋では、スペースを有効活用するため、テーブルやテレビ台など必要最低限のサイズのものを選んでいるのがポイント。 特にソファは、現代物のソファよりもひと回り小さい、日本のヴィンテージ品を使うことで、部屋の狭さをカバーしています。 デスクには、収納力の高いドレッシングチェストを活用しています。 衣類なども収納できる大きな引き出しと、伸縮式の天板が付いていて、1台で収納から作業までこなせる一石二鳥の家具です。 ワンルームなどの狭い部屋だと、デスクを置くのは諦める人も多いですが、これなら取り入れられそうですね。 レトロモダンなインテリアを楽しむ。 大正ロマン風リビングダイニング 続いては、レトロモダンな和風のリビングダイニング。 赤や青などの原色をアクセントカラーに取り入れて、大正ロマンスタイルの洋館のようなインテリアを楽しんでします。 リビングスペースには、ローソファとちゃぶ台をコーディネート。 ちゃぶ台は、一般的なセンターテーブルと比べると高さが低めですが、その分ソファのデザインを引き立てつつ、部屋を広く見せることができます。 和風の雰囲気もプラスされるので、レトロモダンなインテリアにぴったりの家具です。 リビングの収納に使っているのは、結霜ガラス入りのキャビネット。 結霜ガラスもレトロな和風の味わいがあり、和モダンなインテリアに人気のアイテム。 和室にも洋室にも相性よく取り入れられます。 また、棚の上にはステンドグラスの壁掛けパネルを飾っています。 シックな空間に上品な華やかさがプラスされました。 和室の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 次は、和モダン・和風の和室のインテリア例をご紹介します。 ここまで、和モダンな部屋が多めでしたが、こちらでは純和風の部屋も登場しますので、ぜひチェックしてみてください。 畳とちゃぶ台でノスタルジックな和室に。 レトロな和カフェインテリア こちらは、畳敷きの和室にちゃぶ台を並べた、レトロな和カフェのインテリア例。 シックな和風の家具と建具でコーディネートすることで、古民家のような落ち着いた和の空気が漂っていますね。 ちゃぶ台はすべてアンティーク品で、味のある木の風合いが畳とよくマッチしています。 収納棚に使っているのは、古い書院戸を扉に使ってリメイクした戸棚。 繊細な組子細工が和風のインテリアによく映えていますね。 こちらの戸棚は、組子細工の裏側に障子が貼られていて、通気性に優れていることもポイント。 食器棚は湿気が溜まりやすい家具ですが、これなら安心です。 こちらの和室では、窓際に和風のガラス戸を使いました。 赤い色ガラスと柄入りのガラスが入ったデザインで、ほどよく外からの視線を遮りつつ、たっぷりと光を取り込むことができます。 格子で切り取られる風景も素敵です。 部屋に伝統的な和家具を取り入れた、上質な和風インテリア こちらは、王道の和風の和室コーディネート。 畳に座卓、タンスを置いて、伝統的な日本のインテリア様式を楽しんでいます。 さらに、赤をアクセントカラーとして、雑貨や座布団などに散りばめることで、華やかで明るい和室に仕上がりました。 和室の奥には、組子細工入りの和風のタンスがあります。 引き戸には、結霜ガラスが入っていて、レトロな雰囲気が漂っていますね。 また、結霜ガラスは、クリアガラスと違って戸棚の中を目隠しする効果があるため、何でも気兼ねなく収納できるのがいいところ。 「見せる収納」を頑張らずとも、インテリアの雰囲気を壊しません。 タンスの隣には、和風の植物を飾っています。 和風インテリアで植物を飾るなら、この部屋のように火鉢や花台を活用するのがおすすめ。 火鉢は、大きめのグリーンの鉢カバーとして、花台は苔玉のような小ぶりなグリーンや花の飾り台として活躍します。 部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。 シックな時代和家具でコーディネート。 和モダンな和室インテリア こちらは青をアクセントカラーとした、大人っぽいクールな和風インテリア。 収納家具として、伝統的なタンスをリメイクした家具を取り入れて、和モダンなコーディネートを楽しんでいます。 壁際にあるサイドボードは、水屋箪笥をリメイクしたアイテム。 水屋箪笥は2段重ねの大きなサイズのものが多いため、それを上下段に分けて、サイドボードにリメイクしたものです。 座位で使いやすいサイズに生まれ変わっています。 座卓に使っているのは、北海道民芸家具のもの。 脚の凝ったデザインや、ツヤのある上品が木肌からは上品な和風の印象が漂っていますね。 2本脚の作りで、2人でゆったりと使えるサイズ感です。 家に和室がなくてもOK。 置き畳で楽しむ和風インテリア こちらは、ダイニングの横に畳スペースを設けた和風インテリア。 置き畳を使ってフローリングの洋室を半和室風にした部屋です。 ちょっとした畳スペースがあるだけで、部屋が落ち着いた和風の印象になります。 ダイニングスペースで食器棚として使っているのは、ガラス戸仕様のアンティーク水屋箪笥。 古いゆらゆらガラスがそのまま残っていて、手仕事らしいぬくもりが感じられます。 たっぷりと収納された和食器がおしゃれなディスプレイになっていますね。 畳スペースでは、裁ち板や掛け軸を飾って床の間風のインテリアを楽しんでします。 簡易的なものですが、これだけでも十分和風の雰囲気が感じられますね。 その他の家具は、狭めのスペースに合わせて、小ぶりなものでコーディネート。 昭和期の本棚や小引き出し、ちゃぶ台などを使って、コンパクトにまとまりました。 コンパクトな和家具で作る和風スペース。 ワンルームインテリアの参考に こちらもダイニングの隣に畳スペースを設けた和モダンなコーディネート。 畳スペースには、ソファやテレビ台などを置いて、リビングとして使えるようコーディネートされています。 こちらの畳スペースもコンパクトなサイズ感なので、小ぶりな昭和レトロ家具を使っています。 昭和期のレトロ家具は、現代の家具よりもひと回り小さいものが多く、一人暮らしのワンルームなどにおすすめですよ。 レトロな本棚は、特にワンルームなどコンパクトな部屋に人気です。 シンプルで幅広いインテリアに合わせやすく、本棚にはもちろん、飾り棚にも使えます。 また、現存数が多くて価格が安いのもうれしいポイントです。 畳にソファを取り入れて。 ゆったりとくつろぐ和風インテリア 最後は、おばあちゃんの家のようなレトロな和室インテリア。 畳に和風の1人掛けソファを置いて、ゆったりとくつろげるよう工夫されています。 ソファだと立ち座りの際や座りっぱなしの状態でも足への負担が少ないのがいいですね。 スタイリッシュさはありませんが、暮らしぶりが感じられる温かいインテリアにまとまりました。 この部屋の家具もほとんどがアンティーク品。 古い木の風合いがノスタルジックな雰囲気を演出しています。 引き戸に使ったのは、ガラス障子戸。 格子のデザインはそのままに、障子の代わりにすりガラスを用いた引き戸です。 昔ながらの純和風な雰囲気が素敵ですね。 書斎・アトリエ部屋の和モダン・和風インテリア実例。 部屋の特徴やコツを紹介 さて、ここからは和モダン・和風の書斎やアトリエのインテリアを2つご紹介しますよ。 どちらも洋室に和家具を取り入れた、和風らしさは控えめの和モダンインテリアです。 シックなヴィンテージ書斎に和家具をプラス。 和モダンな男前インテリア こちらは、書斎兼リビングの和モダンインテリア。 家具は、ほとんどがシンプルなヴィンテージ家具ですが、テレビ台と窓に和風のタンスと格子戸を取り入れています。 今っぽいヴィンテージスタイルに、和風の渋さが加わって、深みのある男前なインテリアになりました。 デスクに使っているのは、イギリスアンティークのライティングビューロー。 大きめのファイルから書類、文房具まで一台に収められる機能的な収納兼デスクです。 イギリスアンティーク家具は、優雅な装飾があるものが多いですが、こちらのように装飾が控えめで直線的なフォルムのものなら、和家具とも違和感なくコーディネートできます。 イギリスアンティーク家具は、オーク材などの高級素材が使われていて、和家具とはまた違った上質さがあり、部屋に高級感をプラスしてくれますよ。 こちらのテレビ台は、衣装箪笥をリメイクしたもの。 2段重ねだった衣装箪笥を分割し、天板を補強したアイテムです。 引き出しや金具の意匠はそのままなので、和風家具らしい風格がありますよ。 ソファにはカリモクのヴィンテージソファを使っています。 黒レザーのスタンダードなデザインで、和モダンなインテリアにぴったりのアイテムです。 木のぬくもり溢れる部屋に。 和モダンなアトリエインテリア 次は、和風レトロな家具でコーディネートしたアトリエ兼ギャラリーのインテリア。 デスクやキャビネットなどに日本の古家具を使って、味わいのある作業部屋に仕上がりました。 すべてダークな木味の家具でコーディネートすることで、よく使いこまれたアトリエらしい雰囲気が漂っています。 それほど和風らしさは強くありませんが、ノスタルジックな雰囲気が流れるレトロな空間になりました。 作業台に使っているのは、和製アンティークの片袖机。 アンティークデスクとしては大きめのサイズで、天板を広々と使って作業することができます。 窓際のガラス戸から光がたっぷりと入り、気持ち良く作業が進められそうですね。 材料や道具の収納に使っているのは、ガラス戸棚付きの薬箪笥。 薬箪笥には珍しい大きなサイズで、収納力が抜群のアイテムです。 こまごまとした小物を整理整頓して収納できるので、書斎や作業部屋にもってこいですね。 さて、部屋別の和モダン・和風インテリア例は以上です。 なんとなくどんな部屋が好きか把握できたでしょうか? ここからは、和モダン・和風コーディネートのコツをさらに深堀りしていきますよ。 まずは、色という視点から部屋作りのポイントをお話ししていきたいと思います。 和モダン・和風カラーコーディネートのコツ。 色で部屋の印象が変わる! 和モダン・和風インテリアでは、理想的な印象を作り出すためのカラーコーディネートを押さえておくと、イメージ通りの部屋作りができますよ。 目指したい部屋のテイストに応じて、部屋のベースとなる色を決めてからコーディネートしていきましょう。 それでは、ポイントをご紹介します。 白をベースカラーにした部屋は、ナチュラルな和モダン・和風インテリアに ナチュラルな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、アイボリーやベージュなど白系の色をベースに、明るい木味の家具でコーディネートするのがおすすめです。 白は、清潔感や洗練された印象があり、上品でナチュラルな和風インテリアに仕上がります。 また、白色は部屋を広く見せる効果もあるので、狭めの部屋をコーディネートするのにもおすすめですよ。 家具をライトブラウンにすると、カジュアルな和モダン・和風インテリアに カジュアルな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、白をベースカラーに、ライトブラウンの家具を多く取り入れるのがおすすめです。 こちらの部屋は、壁などのベースは白系ですが、先ほどの部屋よりもブラウンカラーが増えたことで、温かい生活感や、カジュアルで親しみやすい雰囲気が感じられます。 和風の中でもレトロなテイストにおすすめのカラーコーディネートです。 ダークブラウンが多い部屋だと、古民家風のシックな和モダン・和風インテリアに 古民家風のシックな和モダン・和風インテリアを目指す場合は、さらに木味が濃いダークブラウン系の家具を中心にコーディネートするのがおすすめです。 重厚感やシックさが増して、大人っぽい和風インテリアに仕上がります。 新築やマンションなどでの和モダンインテリアに人気のカラーコーディネートです。 黒・グレーをベースカラーにした部屋は、高級感のある重厚な和モダン・和風インテリアに 高級感のある重厚な和モダン・和風インテリアを目指す場合は、壁や床などのベースを黒系のダークカラーにし、家具も黒に近いブラウンでコーディネートするのがおすすめ。 黒色は高級感やモダンさがあり、部屋に非日常的な上質さを演出してくれます。 ラグジュアリーな和モダンインテリアが楽しめますよ。 モノトーンカラーを意識して。 スタイリッシュな和モダン・和風インテリアに 凛としたスタイリッシュな和モダン・和風インテリアを目指すなら、モノトーンカラーを中心にコーディネートするのがおすすめ。 モノトーンカラーの部屋は、生活感がなく、クールな印象の強いコーディネート。 高級感のある和モダンなインテリアに仕上がります。 この部屋では木味の家具も多く使っていますが、黒色の漆塗りやカシュー塗りなどで仕上げた和家具を取り入れると、さらにスタイリッシュさが際立ちますよ。 テイスト別の家具コーディネートのコツ。 和モダン・和風インテリアを自分流にアレンジ 和モダン・和風インテリアは、コーディネートする家具次第で、部屋をより自分流にアレンジすることができます。 1章のコーディネート実例でもいくつか登場した通り、例えば、和モダン・和風インテリアをベースに、北欧風やカフェ風、ナチュラル風といった別のテイストを加えることで、個性の光る部屋作りができますよ。 ということで、この章では一般的な和モダン・和風インテリアから、もう一歩踏み込んだコーディネートを楽しむコツをお話ししていきますよ。 北欧テイストの和モダンインテリア。 和家具と北欧家具をほどよくミックス 一つ目は、和風と北欧風をミックスした和モダンインテリア。 1章でもお話ししましたが、和風の内装や家具と、北欧スタイルの家具は相性の良いインテリア。 特に、できるだけカラーや素材感が似たものを組み合わせると、相性よくコーディネートできますよ。 例えば、こちらは、ダイニングセットに北欧スタイルの家具を取り入れたインテリア例。 レトロな飴色で、装飾が少ない家具で統一することで、温かみのあるシンプルレトロな部屋にまとまりました。 畳のお座敷でも北欧スタイルの家具は好相性です。 木味が明るめで、スタイリッシュな家具でコーディネートして、静かでモダンな和室にまとまりました。 海外インテリアのような新鮮な和モダンインテリアが楽しめます。 カフェや喫茶店テイストの和モダンインテリア。 ソファや椅子を上手に活用 続いては、カフェテイストの和モダンインテリア。 カフェテイストはかなり幅が広いインテリアですが、ヴィンテージスタイルやシンプルスタイルのソファや椅子を取り入れるのが定番です。 例えば、こちらの和風のカフェインテリアでは、シンプルレトロなテーブルとソファに加えて、水屋箪笥や和雑貨を飾ってコーディネート。 古民家カフェのような雰囲気を楽しんでします。 一方、純喫茶のようなクラシカルなインテリアが好きなら、大正ロマンテイストの家具でコーディネートするのがおすすめです。 和洋折衷デザインのソファや丸テーブル、色ガラス入りの建具などを取り入れるのが定番です。 大人っぽい情緒豊かな雰囲気が魅力的で、ゆったりと優雅に過ごせる空間になるはずですよ。 シンプルな和モダンインテリア。 洗練されたシンプルな和家具を部屋の基調に 3つ目は、家具や建具をシンプルで直線的なものでまとめた和モダンなインテリア。 できるだけ装飾のないシンプルなものでコーディネートすることで、小物やグリーンなどが際立つ研ぎ澄まされた空間になります。 部屋のすっきりとした印象が保ちやすいよう、雑貨も増やしすぎず、日頃から整理整頓を心がけることが重要です。 レトロ・古民家テイストの和風インテリア。 アンティーク家具でコーディネート 4つ目は、レトロなアンティーク家具でコーディネートした和風インテリア。 建具から家具まですべてアンティーク品を使っていて、レトロな味のある雰囲気を楽しんでします。 こちらの部屋では、和風に寄せすぎず、昭和レトロ系の家具を中心に取り入れることで、渋すぎず可愛らしさを感じる部屋に。 毎日の暮らしが豊かになりそうな、温かみたっぷりの部屋になりました。 ナチュラルな和風インテリア。 木味の素敵な家具をチョイス 最後は、自然な木味を生かした家具を中心にコーディネートしたナチュラルな和風インテリア。 部屋全体から木の温かみが感じられますね。 ナチュラルな和風インテリアでは、シンプルでライトカラーの家具を使うのが定番です。 部屋全体が柔らかく明るい雰囲気になり、植物のグリーンもよく引き立ちますよ。 そして、植物は部屋のコーナーやテーブルの上など、いくつか取り入れるのがおすすめ。 癒しを感じる優しいインテリアになります。 さて、家具コーディネートのコツは以上です。 次は、家のリフォームや新築を予定している方へ、内装やインテリア素材を選ぶポイントをご紹介していきます。 和モダン・和風の部屋に似合う内装・インテリア素材を選ぶコツ。 リフォームや新築予定なら必見 新築やリフォームで、部屋を和モダン・和風インテリアにするなら、内装材や建材にもこだわって選びたいですよね。 内装について検討すべき点は、大きく床材、壁材、建具の3つ。 中でも床材は、工事に手間や費用がかかり、部屋の印象を大きく左右するため、最初に決めるのが一般的です。 ただ、和モダン・和風インテリアの場合は、建具も部屋の印象を大きく左右するため、建具も早めの段階から検討しておくのがおすすめですよ。 気に入った建具が見つかれば、建具に合わせて床材や壁材もスムーズに決めやすいです。 それでは、順番に内装材を選ぶにあたってのポイントをご紹介しますよ。 次の4点を押さえておきましょう。 引き戸やドアを和風建具にすると、部屋や玄関が本格的な和モダン・和風インテリアに 和モダン・和風インテリアにおいて、建具は現代物の既製品を使うのもいいですが、本格的なインテリアにこだわりたいなら、アンティーク建具もチェックするのがおすすめです。 アンティーク建具は、すべて1点もので味わいがあり、和風の伝統的なデザインのものが充実しています。 格子戸やガラス戸、板戸、組子帯戸、蔵戸など、様々なデザインがあって、理想のイメージにこだわって選ぶことができますよ。 さらに、アンティーク建具は、現代物よりも価格が安いものが多く、きちんとリペアされたものならもちろん強度や使い勝手にも問題ありません。 サイズのリメイクもできるので、新築やリフォームでもスムーズに取り入れられますよ。 アンティーク建具のデメリットというと、現代物の建具と比べると、気密性や防犯性、耐候性に劣ること。 そのため、玄関扉として使いたい場合は、蔵戸など外部向きの頑丈な扉を使う必要があります。 しかしながら、室内用の扉として使うならそれほど大きな問題はありません。 現代物の建具と同じように使えますよ。 窓でも和風インテリアを楽しもう!レトロな和風が好きな人は要チェック 部屋に窓を設ける予定なら、窓にもアンティーク建具を取り入れると、さらに本格的なインテリアになりますよ。 窓は特にレトロなテイストのものが充実していて、古民家風や大正ロマン風の和モダンインテリアに人気です。 窓として使う場合も、ショップでサイズ調整や鍵の取り付けなどのリメイクもできますので、気になるものがあれば相談してみましょう。 床は畳?フローリング?部屋の使用シーンをイメージして選ぼう 和モダンや和風インテリアの場合、床材は畳かフローリングにするのが一般的です。 まずはそれぞれのメリット・デメリットを整理していきますよ。 見た目の印象だけでなく、機能性も考慮してどちらが良さそうか検討してみてくださいね。 畳のメリット 伝統的な自然素材で、和風インテリアによく合う。 調湿性があり、湿度を快適に保ちやすい。 クッション性があるため、足音が響きにくい。 転倒しても大きな怪我をしにくい。 畳のデメリット 重たい家具などを置くと傷つきやすい。 定期的な裏返しや表替えなどのメンテナンスが必要。 日焼けによって変色する。 汚れがつきやすく掃除がしにくい。 環境によってはダニやカビが発生しやすい。 見た目が画一的で、あまり種類がない。 フローリングのメリット モダンなインテリアとよく合う。 床が硬いため傷や重いものにも強い。 掃除がしやすく、清潔に保ちやすい。 ダニが発生しにくい。 貼り方や種類によって色々な表情が楽しめる。 フローリングのデメリット クッション性がなく足音が響く。 硬いため、転倒すると大怪我に繋がる可能性がある。 伝統的な和風のインテリアでは畳、和モダンなインテリアではフローリングの方が人気です。 ただ、畳はメンテナンスに手間がかかるというデメリットもあるため、そこは頭に入れておきましょう。 ただし、畳の中にはメンテナンスが楽な素材を使用したものもあるため、面倒な手間を省きたいなら機能性の高い畳を選ぶのもおすすめです。 畳もフローリングもさらに細かい種類がたくさんあるので、工務店や設計士の方と相談しながらじっくり検討してみてくださいね。 部屋は壁紙次第で和風にも和モダン風にも!建具や家具とのバランスを考えてチョイス 和モダン・和風インテリアに使われる壁材は、大きく壁紙 クロス 、塗り壁 漆喰や珪藻土など といったものがあります。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 壁紙のメリット 塩化ビニル製の壁紙は、汚れにくくメンテナンスが楽。 色・柄などのデザインが豊富な種類がある。 和紙や織物など自然素材の壁紙もある。 施工が簡単で、価格が安い。 消臭や防汚効果のあるものなど、機能的なものが多い。 壁紙のデメリット 衝撃に弱く、耐久性に劣る。 部分的な補修が難しい。 継ぎ目がある。 紙や布クロスは、汚れやすくメンテナンス性に劣る。 塗り壁のメリット 自然素材のため、アレルギーが起こりにくい。 手作業で塗るため、表情が豊か。 調湿製がある。 耐火性や吸音性がある。 経年で劣化しにくい。 塗り壁のデメリット 施工に時間と技術が必要で、価格が高い。 汚れてしまうとメンテナンスしにくい 種類によっては塗り直しが必要。 和モダン・和風のインテリアでは、自然な風合いの塗り壁や、和風のシンプルな壁紙、または和風の柄入りの壁紙を一部に取り入れるのが人気です。 柄入りの壁紙は、印象的な部屋作りに活躍しますが、個性が強いので、周りの家具や建具とのバランスを考えながら選ぶのがおすすめですよ。 壁材もかなりの種類がありますので、工務店や設計士の方と相談しながら考えてみてくださいね。 模様替えやDIYで和モダン・和風の部屋に。 マンションや賃貸でもリフォームなしでできること 次は、本格的なリフォームや新築ではなく、模様替えやちょっとしたDIYで部屋を和モダン・和風インテリアにしたいという方へ、部屋作りのコツやアイデアをご紹介していきますよ。 自分にあった方法を見つけてみてくださいね。 中古・アンティークの和風家具で模様替え。 安く本格的な和モダンインテリアに リフォームなどでなくとも、思い切って部屋を模様替えしたいという方は、家具の買い替えを検討してみましょう。 中古やアンティークの家具なら、安くて雰囲気のある和風家具が多数ありますよ。 メインとなる家具を買い替えたり、1〜2点プラスしたりするだけでも、部屋の印象を変えることができます。 特に、DIYが得意な方なら、ヤフオクなどのオークションサイトで安いアンティーク和家具を買って、自分でリペアして使うのも一つの手。 費用を抑えながら、自分好みの和モダンインテリアを楽しむことができます。 ただし、激安すぎるものは、状態やそもそもの作りが悪いものが多いので要注意。 自分で修理できる範囲のものを探してみてくださいね。 DIYに自信がない方は、アンティーク家具屋が販売している、必要最低限のリペアは済んだ家具から選ぶのがおすすめです。 例えば、では「時代の味そのままに使えるアンティーク家具」というシリーズを販売していて、古い味わいはそのままに、実用に問題ないよう修理されています。 しっかりと丁寧にリペアした家具と比べると、30〜50%ほど価格が安い傾向にありますよ。 置き畳を使って、フローリングを畳にチェンジ。 手軽に和モダンインテリアが楽しめる フローリングの洋室を畳のある和モダン・和風インテリアに変えたいという場合は、置き畳を使うのがおすすめです。 置き畳とは、1辺80〜85cmほどの正方形のユニット型の畳のことで、カーペットのように床に敷くだけの手軽にお座敷のようなインテリアになります。 部屋のスペースに合わせて取り入れることができ、必要に応じてフローリングに戻すこともできますよ。 起き畳は、天然い草の本格的なものから、防水・防汚性の高いもの、床暖房用など、様々なタイプがあり、カラーやサイズのオーダーも可能です。 部屋にぴったりの置き畳をオーダーメイドすることもできますよ。 和モダンなインテリアにしたい場合は、一部にフローリングを残して、置き畳を敷くのもおすすめです。 モダンな家具や壁、建具などと相性が良く、よりカジュアルな印象に仕上がります。 部屋の雑貨を模様替え。 和風小物や植物でおしゃれな和モダンインテリアに それほど費用をかけずに部屋を和風や和モダン風にしたい場合は、インテリア雑貨などの小物から模様替えするのがおすすめ。 例えば、照明や植物、絵画やポスターなどを和風に変えたり、新しくプラスするだけでも、雰囲気が変わりますよ。 特に、部屋の壁や棚の上など、よく目につく場所から変えていくと印象が変わりやすいです。 雑貨も中古やアンティーク品だと、個性の光るものが安い価格で見つかりますよ。 おすすめのアイテムについては、9章の「和モダン・和風インテリアにおすすめの雑貨まとめ。 おしゃれな部屋作りの第一歩に」でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 部屋の壁周りを和風にDIY!欄間や布、和紙などをインテリアに活用 費用を抑えつつ、部屋を和風や和モダン風にしたいという方に人気なのが、DIYでのインテリアアレンジ。 ここでは、手軽にできる4つのDIYアイデアをお話ししますので、よければ参考にしてみてくださいね。 壁に欄間を取り付けるor立て掛ける 欄間は、もともと和室などの天井付近の建具として使われていたもの。 組子細工や彫刻が施された和風の上質なデザインのものが多く、中古やアンティーク品なら安く販売されています。 絵画代わりに壁に取り付けると、素敵な和風インテリアになりますよ。 賃貸などで壁への取り付けができない場合は、壁に立て掛けるだけでも素敵です。 屏風などの建具を壁に取り付けるor立て掛ける 屏風など小ぶりな建具もDIYに人気のアイテム。 壁に取り付けたり、立てかけたりするだけで、ぐっと和風の雰囲気になります。 和風の布や和紙を暖簾やファブリックボードに 和風の布は模様替えの定番アイテム。 暖簾にしたり、ファブリックボードにして壁に飾ると、和風のおしゃれなアクセントになりますよ。 和風の植物やドライフラワーを飾る コットンフラワー 綿の実 や赤い木の実などを使ったディスプレイは、和風や和モダンな部屋にぴったりです。 和風の器やかごなどを使って飾ると、インテリアに上品な華やかさがプラスされます。 家具を購入予定の方は必見!安くて高品質な和モダン・和風家具の探し方 部屋を和モダン・和風インテリアにするにあたって、家具の買い替えを検討している方は、次のポイントに沿って探すのがおすすめです。 和モダン・和風インテリアに人気の家具ブランドもご紹介しますので、好みのものをチェックしてみてくださいね。 価格と品質を重視するなら、中古やアンティークの和風家具がおすすめ まず、家具探しをするにあたっては、前章からお話ししている通り、中古やアンティークの和風家具もチェックするのがおすすめです。 新品と比べると、良質な素材や造りのものでも価格が安い傾向にありますよ。 例えば、人気のブランドや伝統工芸品の和家具は、新品で買うと高額ですが、中古品なら30〜90%近く安く買うことができます。 使用感はアイテムによってそれぞれで、傷やシミなどのある味わい深い家具もあれば、展示品などのほとんど使用感のない美品もありますよ。 好みに応じてしっかりと探せば、きっと掘り出し物が見つかるはずですよ。 また、できる限り状態の良いきれいな家具が欲しいという場合は、クリーニングやリペアに力を入れている家具屋から購入するのがおすすめです。 価格を重視している店舗では、掃除や修理に手間をかけずに販売している店舗もあるため、傷や変色など消耗が目立つアイテムもありますが、清潔感や実用面を重視している店舗では、味わいとは言えない傷みはしっかりと修復されています。 ラフジュ工房でも職人が2重、3重でチェックして、傷や汚れなどを十分にリペアしているので、安心してお使いいただけますよ。 和風家具を探す際は、実店舗だけでなく、通販ショップも要チェック 家具を購入する際は、実物を見ながら探したいという方が多いかと思いますが、実店舗だけを見て決めるのはおすすめできません。 ぜひ、通販サイトの家具屋もチェックしてみてください。 通販ショップでは、実物が見られないという最大のデメリットをカバーするため、返品OKやアフターメンテナンス保証、購入後の保管サービス、不要家具の回収サービス、期間限定のセールなど、様々な特典を用意しているショップがあります。 特に、返品OKの店舗なら、万が一届いてみたらイメージと違った…なんてことがあっても、そのまま返品できるので安心です。 さらに、通販なら複数の店舗を見比べながら、効率的に家具探しができるので、より短期間で良い家具に出会いやすいはずですよ。 おすすめの上質な和モダン・和風家具ブランドはこれ 次は、和モダン・和風インテリアにおすすめの日本の家具ブランドをご紹介します。 純和風のものからモダンなものまで、テイスト別にご紹介しますので、ぜひ好きなものを見つけてみてくださいね。 シックな和モダン風の部屋に。 松本民芸家具・北海道民芸家具 シックで高級感のある和モダンインテリアが好きな方には、松本民芸家具や北海道民芸家具がおすすめ。 松本民芸家具と北海道民芸家具は、どちらも歴史ある良質な民芸家具ブランドで、和風の部屋にも合う洋風家具や和モダンな家具を作っています。 ダークなツヤのある木肌と、洋風の意匠を取り入れた上品な佇まいが特徴です。 民芸家具は、何世代にもわたって使える頑丈さがあり、新品だけでなく中古家具も高い人気を誇っています。 特に松本民芸家具のチェアは、和風インテリアに合う洋風の椅子として、幅広い世代から支持されていますよ。 伝統的な和風インテリアに。 岩谷堂箪笥・仙台箪笥 伝統的な和風インテリアを楽しみたい方には、岩谷堂箪笥や仙台箪笥がおすすめです。 どちらも江戸時代にルーツを持つとされる長い歴史を持つ和箪笥。 良質な欅材や桐材などを用いて木地を作り、漆塗りを施し、迫力のある金具を取り付けて仕上げられます。 貫禄たっぷりの堂々とした姿が印象的で、職人技が光る芸術品のような家具です。 岩谷堂箪笥や仙台箪笥は、新品や中古品のほか、アンティーク品も販売されています。 アンティーク箪笥は、時代を超えてきた深い味わいがあって、新品よりもさらに迫力が増しているのが魅力です。 その分、使用感もあるので、新品が好みの方には向きませんが、古いものが好きな方にはもってこいの箪笥ですよ。 レトロな和風の部屋にぴったり。 カリモク60・秋田木工 レトロなインテリアが好きという方には、カリモク60や秋田木工などのブランドがおすすめです。 まず、カリモク60は、カリモク社が1960年代に発売した家具を復刻したブランドで、世代を超えて愛されるスタンダードなデザインが特徴です。 レトロやヴィンテージスタイルと相性が良く、ノスタルジックな味わいをプラスしてくれます。 秋田木工は、1910年にスタートした曲木家具の老舗メーカー。 曲木の技術を活かして、シンプルレトロな家具を多数生産しています。 レトロな和風インテリアや和モダンインテリアにおすすめのブランドです。 北欧風の和モダンインテリアにおすすめ。 マルニ木工・天童木工・飛騨産業 北欧風のシンプルな和モダンインテリアを楽しむなら、マルニ木工や天童木工、飛騨産業などのブランド家具がおすすめです。 どこも幅広いテイストの家具を扱っていますが、近年は北欧家具のようなシンプルでスタイリッシュな家具を多く生産しています。 デザイナーと共同開発した作品もあり、洗練された美しいインテリアが楽しめますよ。 また、これらのブランドは、ヴィンテージものの中古品も要チェックです。 ミッドセンチュリースタイルのおしゃれな掘り出し物と出会える可能性がありますよ。 例えば、こちらは柳宗理がデザインした天童木工のバタフライスツール。 和室にも合うミッドセンチュリースタイルのデザインで、和モダンなインテリアにぴったりです。 新品だと値が張りますが、中古品やヴィンテージ品なら安く手に入れることができます。 また、高級感のあるスタイリッシュな和モダンインテリアを楽しむなら、北欧風のイギリスヴィンテージ家具を取り入れるのもおすすめです。 例えば、G-PLAN ジープラン やA. Mackintosh マッキントッシュ 、ERCOL アーコール といったブランドに人気があります。 シンプルながらも物足りなさのない、上質な和モダンインテリアが楽しめます。 和モダン・和風インテリアにおすすめの家具はこれ!アイテム別にご紹介 さて、ここからは和モダン・和風インテリアに合う家具について、中古やアンティーク家具を中心に、おすすめ家具を具体的にご紹介していきますよ。 アイテム別にお話ししますので、これから家具を購入予定の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 和モダン・和風インテリアにおすすめの飾り棚 和モダン・和風インテリアに合う飾り棚が欲しい方は、次の3つから探すのがおすすめです。 まずは、伝統的な和風インテリアにおすすめの飾り棚からご紹介します。 伝統的な和風インテリアが好きなら、茶棚・飾り棚をチェック 和風の伝統的なディスプレイ棚といえば、茶棚や飾り棚。 もともとは茶道の道具を収納するために使われていた高級家具で、装飾に凝ったアイテムが多数ありますよ。 収納部分は、違い棚や戸棚、引き出しなどが付いているのが一般的で、小物のディスプレイ兼収納棚として活躍します。 例えば、こちらは和モダンなダイニングに総欅材製のアンティーク茶棚を取り入れたインテリア例。 お気に入りの和食器や本を飾って、レトロな和風インテリアを楽しんでいます。 美しい欅材の木目が小物を優雅に引き立てていますね。 和モダンなディスプレイが楽しめる。 ユニークな階段箪笥 2つ目は、段々になった形が目を引く、階段箪笥。 もともとは狭い住空間を有効活用するために、階段の下に収納を作り付けたことが始まりと言われていますが、今ではそのユニークな形はそのままに、収納兼飾り台として使われることが多くなりました。 そのため、アンティークの階段箪笥は2mほどある大きなものが主流でしたが、現代品は部屋に取り入れやすいよう、小ぶりなサイズが主流です。 階段箪笥は、グリーンや和雑貨などの小物を飾るのが人気です。 階段箪笥自体も金具や装飾に凝ったものもあり、和箪笥らしい力強い意匠を楽しむことができます。 例えば、こちらはお雛様を階段箪笥に飾ったインテリア例。 小ぶりながらも存在感があって、贅沢な飾り台として活躍しています。 シンプル・コンパクトで部屋に取り入れやすい!レトロな和風の本棚 3つ目は、よりシンプルな和モダン・和風インテリアが好きな方におすすめな、レトロ本棚。 昭和期頃に作られたアンティーク本棚は、素朴でシンプルな作りが特徴で、和室にも洋室にもコーディネートしやすいアイテムです。 奥行きが浅めで、装飾が控えめなので、ちょっとした小物を飾るのにぴったりのデザインです。 例えばこちらは、小ぶりなアンティーク本棚に本や雑貨を収納したインテリア例。 古い木肌が味わい深く、和小物を美しく引き立てています。 このタイプの本棚は、こちらのような小ぶりなサイズから高さ160cmほどの大きなサイズまで幅広いので、部屋のスペースに応じて選べますよ。 部屋の見せる収納に最適。 和モダンなガラス戸棚 4つ目は、和モダンなインテリアにおすすめのアンティークのガラス戸棚。 前面の扉がクリアガラス入りの引き戸になっていて、ショーケースのように雑貨を飾って収納することができます。 こちらも小ぶりなサイズから食器棚のような大きなサイズまで、幅広いアイテムがあります。 例えば、こちらはサイドボードサイズのガラス戸棚をダイニングに取り入れたインテリア例。 食器棚として、見せる収納を楽しんでします。 アンティークならではのゆらゆらガラスが使われていて、現代物のクリアガラスとは一味違った趣が感じられるのもポイント。 シンプルながらも味わいたっぷりで、和モダンなインテリアにもってこいのアイテムです。 和モダン・和風インテリアにおすすめの収納棚・タンス 次は、和モダン・和風インテリアに合う収納棚やタンスをご紹介していきたいと思います。 食器棚やリビングボードなど、幅広い部屋で活躍する棚をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 食器棚を探すなら、和風の水屋箪笥・茶箪笥をチェック 和風の食器棚を探している方は、まずはアンティークの水屋箪笥や茶箪笥からチェックするのがおすすめです。 大きな食器棚が欲しい方は水屋箪笥から、小ぶりな食器棚が欲しい方は茶箪笥から探すと、好みのものが見つかりやすいですよ。 水屋箪笥は、基本的に2段重ねの大ぶりなサイズのものが多く、戸棚や引き出しなど多彩な収納が付いています。 扉は、ガラス戸や板戸、桟入りの引き戸など様々なデザインがありますよ。 特に和モダンなインテリアの場合は、ダークカラーの桟入り引き戸のものが人気です。 茶箪笥は、2重ねの大きなサイズよりは、小ぶりなサイズが主流です。 戸棚や引き出し、違い棚などが付いたものが多く、水屋箪笥よりもさらに和風のものが見つかりやすいです。 和風の中でもシンプルなインテリアが好きという方は、右上のような塗装を剥離してリメイクした「ストリップド家具」と呼ばれるアイテムもおすすめです。 ベースは和風ですが、木味が明るくナチュラルな雰囲気で、モダンな内装とも相性ぴったりです。 リビング・和室などの収納に活躍。 和モダンな箪笥サイドボード・ローボード 和モダン・和風のリビングや和室には、アンティークのタンスをリメイクしたサイドボードやローボードがおすすめです。 これらは、主に重ねの水屋箪笥や衣装箪笥を上下段に分けて、サイドボードやローボードとして使えるようにリメイクしたもの。 天板に重いものを載せられるよう補強したり、フローリングにもマッチするよう脚を取り付けたりしたアイテムがあります。 また、特にテレビ台用の家具には、扉をガラス戸にしたり、フラップダウン式の扉にリメイクしたタンスも人気です。 例えばこちらは、古い水屋箪笥をテレビボードにリメイクしたもの。 框や引き戸などの和風のデザインはそのままに、高さをコンパクトにリサイズしています。 また、脚を取り付けることで、フローリングと相性が良くなり、掃除もしやすくなりました。 アンティーク建具をリメイクした和モダンなキャビネット。 幅広いデザインあり よりシンプルでスタイリッシュな和モダンキャビネットが欲しいという場合は、ラフジュ工房でアンティーク建具を使ってリメイクしたキャビネットもおすすめです。 こちらも様々なデザインがありますが、こちらのような引き出しなどの付いていないシンプルなデザインのものだと、より和モダンなインテリアに合わせやすいですよ。 アンティーク建具を使ったキャビネットは、レトロかわいいものから、渋い和風のものまで幅広いのが特徴です。 また、棚部分は一から新材で製作するため、サイズや棚数などを指定しやすいというメリットもあります。 ぜひ部屋に合うものを吟味してみてくださいね。 和モダン・和風インテリアにおすすめのテーブル 次は、和モダン・和風インテリアにおすすめのテーブルをご紹介します。 和風に合うテーブルは多数ありますが、今回は3つの視点からおすすめ品を厳選しました。 よければ参考にしてみてくださいね。 高級感のある和モダンインテリアに。 民芸家具ブランドのテーブル 部屋を高級感のある和モダンインテリアにしたい方には、松本民芸家具は北海道民芸家具などのテーブルがおすすめです。 光沢感のある上品な佇まいのものが多く、品格のあるダイニングや和室を演出してくれます。 民芸家具のダイニングテーブルは、洋風の装飾が施されたものもありますが、和モダンなインテリアにする場合は、できるだけシンプルな意匠のものを選ぶのがおすすめですよ。 また、大正ロマン風のインテリアにする場合は、装飾が豊富な洋風のものを選んでもいいですね。 好みに応じて検討してみてください。 個性の光る和モダンインテリアに。 蔵戸をリメイクした和風テーブル 唯一無二の個性的な和モダンインテリアにしたい場合は、アンティーク蔵戸をリメイクしたテーブルがおすすめです。 蔵戸は、その名の通り蔵の扉として使われていた引き戸のことで、重厚感のある上質な一点もののドア。 それをそのまま天板にしたテーブルは、なんとも迫力満点で、和モダンインテリアの主役としてぴったりのアイテム。 旅館や料亭など特別な空間にぜひ取り入れたい和風テーブルです。 どんな和風とも相性がいい!シンプルな木製の和モダンテーブル 3つ目は、幅広い和風インテリアと相性が良い、シンプルな木製テーブル。 こちらは昭和期のアンティーク家具に多い学校の作業台のようなデザインで、素朴で温かみのある佇まいが魅力です。 レトロスタイルやナチュラルな和風インテリアなどにぴったりですよ。 例えばこちらは、昭和レトロなダイニングのインテリア。 椅子も素朴な木味のアンティークチェアを使って、和やかで暖かい雰囲気に。 どちらも角ばったシンプルなフォルムで、周りのレトロな和風家具と相性よくまとまっています。 素朴な和食が似合うダイニングになりました。 和モダン・和風インテリアにおすすめの机 続いては、和モダン・和風な部屋に似合う机をご紹介します。 和室と洋室それぞれにおすすめのアイテムをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 畳の和室で使うなら、和風の文机。 一人暮らしにもおすすめ 畳敷の和室で使う机を探している場合は、昔ながらの文机がおすすめです。 ちょっとした書き物やパソコン作業などに便利な小ぶりなサイズで、コンパクトな和室やワンルームなどに特に人気があります。 文机は、引き出しの有無や配置、サイズ、筆返しの有無など、バリエーションが豊富です。 高級感を求めるなら、両脇に引き出しのついた両袖タイプや、側面に透し彫りなどの装飾があるタイプがおすすめ。 逆にシンプルなものが好きなら、引き出しなしの平机もいいですね。 好みに応じてじっくりと見比べてみてください。 和風レトロな洋室で使うなら、日本の古い木製机 椅子座タイプの和風デスクを探すなら、和製アンティークの片袖机や両袖机をチェックしてみましょう。 和風のインテリアに似合う、素朴でシンプルなアイテムが多く見つかります。 特に昭和期のデスクは、装飾が少なく角ばったフォルムのものが多く、和風インテリアに合わせやすいですよ。 また、和製アンティークの机の中には、大正ロマンスタイルの高級感のあるデザインのものもあります。 洋館のような和洋折衷のインテリアが好きな方は、こちらもおすすめです。 和モダンな洋室で使うなら、北欧テイストのデスク 和モダンインテリアに似合うスタイリッシュなデスクを探すなら、北欧ヴィンテージの机がおすすめです。 和風のインテリアと相性の良い、直線的なフォルムのものが多数あります。 また、長年使い込まれた風合いがおしゃれで温かみがあり、モダンなインテリアの良いアクセントになりますよ。 日本のデスクよりも大きめのサイズが多く、広々と作業したい場合にぴったりです。 和モダン・和風インテリアにおすすめのソファ 続いては、和モダン・和風のインテリアに似合うソファを3つご紹介します。 好きなものを探してみてくださいね。 シンプルレトロな部屋に。 日本のヴィンテージソファ 1つ目は、日本のヴィンテージソファ。 装飾が控えめでシンプルなデザインが主流で、和風レトロインテリアにぴったりです。 また、現代物のソファと比べるとコンパクトなものが多いので、スペースに限りのあるリビングダイニングやワンルームなどに特におすすめです。 こちらは、昭和期頃のヴィンテージソファを取り入れた、レトロなリビングインテリア。 温かみのある木製のアームがいい味を出していますね。 座面が低めで圧迫感がなく、部屋にすっきりと馴染むのも魅力です。 スタイリッシュな和モダンインテリアに。 北欧スタイルのソファ 2つ目は、北欧スタイルのソファ。 スタイリッシュな和モダンインテリアにぴったりな、シンプルに洗練されたソファが多数見つかります。 また、ミッドセンチュリー期のヴィンテージソファだと、個性の光るモダンなアイテムもあって、人とは違った和モダンインテリアを楽しみたい方にぴったりです。 例えばこちらは、1960年頃に作られた北欧ヴィンテージのソファ。 全体的にシンプルながらも、ぽってりとした背もたれやアームが印象的で、レトロモダンな雰囲気です。 すらりと伸びた脚が軽やかで、スタイリッシュさをプラスしています。 和モダンなインテリアの主役になるようなソファですね。 和風と洋風のミックスインテリアに。 大正ロマン風のソファ 3つ目は、大正ロマン風のアンティークソファ。 洋風の装飾を取り入れた和洋折衷のデザインで、ノスタルジックな和風インテリアにぴったりです。 畳と合わせるとレトロモダンな旅館のようなインテリアに、フローリングと合わせると洋館のような上品なインテリアになりますよ。 特に透し彫りが入ったソファは、レトロな大正ロマンスタイルに人気です。 珍しいデザインで存在感たっぷりなので、個性的な和モダンインテリアが楽しめますよ。 和モダン・和風インテリアにおすすめの椅子 ダイニングチェア・座椅子 さて次は、和モダン・和風インテリアに似合う椅子をご紹介します。 ダイニングチェアと座椅子をご紹介しますので、テーブルや周りのインテリアとの相性を考えながら選んでみてくださいね。 シックな和モダンインテリアに。 民芸家具ブランドのチェア・座椅子 高級感のあるシックな和モダンインテリアには、松本民芸家具や北海道民芸家具などのチェアがおすすめです。 テーブルについてお話しした際にもご紹介した通り、この2ブランドは民芸家具の中でも特に、上品な和モダンテイストに人気のアイテム。 何十年と使える品質の高さと、シンプルすぎない高級感のある意匠が人気の秘密です。 例えば、こちらは松本民芸家具のスピンドルチェアを取り入れた、和モダンなダイニングのインテリア例。 挽物加工をした洋風の意匠が目を引く、上品なアイテムです。 和モダンなインテリアの場合は、シンプルで直線的な家具を選ぶのが定番ですが、アクセントとして洋風のチェアを取り入れるのも一つの手。 周りの家具と色味や質感が近いものを選ぶと、違和感なくまとまりますよ。 レトロな和風の部屋に。 日本のアンティークダイニングチェア 素朴な和モダンインテリアが好きな方には、日本のアンティークダイニングチェアがおすすめです。 日本のアンティークチェアは、レトロな木味とシンプルなフォルムが特徴で、ノスタルジックな和風インテリアが楽しめます。 例えば、こちらは日本のアンティークチェアを取り入れたダイニングのインテリア例。 テーブルもチェアも何の変哲もない素朴な佇まいですが、古いものならではの深い味わいがあり、部屋に温かな雰囲気を演出しています。 ゆったりと和やかな食事が楽しめそうですね。 洗練された和モダンインテリアに。 北欧スタイルのダイニングチェア スタイリッシュな和モダンインテリアが好きな方は、北欧スタイルのシンプルなダイニングチェアを探してみましょう。 華奢でモダンな北欧スタイルのチェアは、和風のダイニングにモダンさをプラスしてくれます。 選ぶ際は、テーブルや周りの家具と木味の色や質感が似たものを探すと、統一感のあるコーディネートができますよ。 例えば、こちらは北欧ヴィンテージチェアを和モダンなダイニングに取り入れたインテリア例。 ダイニングテーブルは、どっしりとした和風のデザインですが、椅子はモダンな北欧デザインのものを組み合わせることで、軽やかでスタイリッシュな雰囲気にまとまっています。 周りのインテリアとカラーを揃えるため、ファブリックは黒レザー、フレームはダークブラウンのものを選んで、部屋全体がシックで上質なインテリアにまとまりました。 和モダン・和風の寝室におすすめのベッド 次は、和モダン・和風の寝室におすすめのベッドをご紹介します。 寝室の模様替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 和モダンな部屋にぴったり。 高級感のある民芸家具店のベッド 旅館やホテルのような高級感のある和モダンインテリアにしたい場合は、民芸家具屋が製作しているベッドがおすすめです。 例えば、こちらは北海道民芸家具のクラシカルなベッド。 洋家具のような上品な装飾が付いていますが、全体的にはシックで控えめなデザインで、和風の部屋にもコーディネートしやすいベッドです。 畳の和室にもフローリングの洋室にもおすすめですよ。 レトロでシンプルな木製アンティークベッドもおすすめ 2つ目は、和製アンティークのレトロなベッド。 無駄な装飾のないシンプルなデザインで、素朴な木味が際立つデザインです。 レトロな和風の寝室におすすめですよ。 また、アンティークベッドは、現代物のベッドよりも少々小ぶりなものが多いので、ワンルームにお住いの方などコンパクトなベッドを探している場合にぴったりです。 和モダン・和風インテリアにおすすめの雑貨まとめ。 おしゃれな部屋作りの第一歩に ここからは、和モダン・和風の部屋に取り入れたいインテリア雑貨をご紹介していきますよ。 手軽に取り入れられるものが多いので、よければ参考にしてみてくださいね。 和風の照明。 和モダンな部屋のアクセントに 和モダン・和風インテリアに人気の雑貨といえば、アンティークの和風照明。 アンティーク照明は、ノスタルジックで印象的なデザインのアイテムが多く、部屋をぐっとおしゃれに演出してくれます。 それでは、種類別に3つのおすすめ品をご紹介しますよ。 レトロなデザインが人気。 シンプルな平笠照明 和風の照明の中でも特に人気なのが、シンプルなガラス製の平笠照明。 和モダンと和風どちらにも合わせやすく、部屋を温かなムードで包み込んでくれます。 小ぶりなサイズなので、2〜3灯並べて使うのがおすすめですよ。 和風のユニークなデザインがたっぷり!灯篭タイプの天井照明 もっと和風らしいデザインが好きな方は、灯篭 とうろう 型の天井照明を取り入れるのがおすすめです。 灯篭は、神社や町屋の軒先などでよく目にする照明。 真鍮や銅、ガラスなどで作られたものが多く、アンティークはより趣のある存在感があって、部屋のおしゃれなアクセントになりますよ。 和室照明の定番「行灯」。 フロアやテーブルライトにおすすめ 和風のフロアライトやテーブルライトを探している方には、行灯がおすすめです。 行灯は江戸時代から使われていた伝統的な照明で、部屋に置いたり、壁にかけたり、または持ち運んだりして使われていました。 今では電球仕様のものが主流で、置き型の和室照明として人気となっています。 木枠に障子紙が貼られているのが一般的で、畳との相性も抜群です。 和風のランプも人気!置き型も吊り下げ型の照明があり レトロな和風インテリアや大正ロマンスタイルが好きな方には、アンティークランプもおすすめです。 ランプは、もともとはオイルランプを指すことが多かったですが、最近では先ほどご紹介した灯篭や行灯なども含めて、ランプと呼ぶ場合もあります。 アンティークのオイルランプは、様々なデザインがあって、ビンテージスタイルに合うシャビーなものから、大正ロマンスタイルに合う気品のあるデザインのものまで幅広いのが特徴です。 和風や和モダンインテリアに取り入れるなら、華美すぎない素朴なものを選ぶと失敗しませんよ。 置き型や吊り下げ型などのバリエーションも豊かなので、ぜひ今の部屋をイメージしながら検討してみてくださいね。 レトロな壁掛け時計。 ノスタルジックな和風インテリアに 続いて紹介するのは、レトロな和風や和モダンインテリアにおすすめなアンティークの壁掛け時計。 アンティークの壁掛け時計は、振り子時計や丸型時計などがあり、どれもノスタルジックな味わいがあるのが特徴です。 特に振り子時計は、昔懐かしいクラシックなデザインが多く、和風インテリアの素敵なアクセントになりますよ。 中には、一定の時刻になると音がなるものもあり、部屋がぐっとレトロな雰囲気に包まれます。 和モダン・和風インテリアに欠かせない!おすすめ壁掛け雑貨 次は、和モダン・和風インテリアにぜひ取り入れたい、壁掛け雑貨を3つご紹介しますよ。 現状の部屋に物足りなさを感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 部屋に味わいをプラス!おしゃれなアンティーク絵画 日本のアンティーク絵画は、個性豊かで伝統を感じる作品が多数あり、和風インテリアにおすすめの雑貨です。 水彩画や油彩画、木版画など様々な種類があります。 いつ頃どんな人が書いた絵なのか調べたり、想像したりするのも面白いですよ。 アンティーク絵画は特に一期一会の世界なので、骨董市などで直感に任せて選ぶのも楽しいものです。 レトロ雑貨好きは必見!日本のアンティークポスター・看板 絵画と合わせてチェックしたいのが日本のアンティークポスターや看板。 アンティーク絵画よりも昭和レトロな作品が多く、懐かしい企業の看板や、今はなき商品のポスターなど、ノスタルジックなデザインを楽しむことができますよ。 レトロなインテリアにぴったりです。 温かみのある和風インテリアに。 布・暖簾・タペストリー 3つ目は、暖簾やタペストリーなどのアンティークの布小物。 絵画やポスターよりもサイズが大きく存在感があるので、ガラリと部屋の印象を和風に変えることができます。 特に木綿のファブリックは涼しげな雰囲気があり、夏のインテリアとしておすすめですよ。 和小物好きは要チェック!和風のアンティーク置物・オブジェ 賃貸住まいなどで壁に物を飾れないという方は、和風の置物を探してみましょう。 例えば、鉄瓶や和食器、彫刻品、ガラス雑貨、カゴなど、伝統的な道具や飾り物など、好きなものを自由に飾るのがおすすめです。 和風のインテリア小物は、たっぷりと飾りすぎると野暮ったく見えてしまうので、好きなものを厳選して飾るのがポイント。 数が少ない方が一つ一つの個性が際立って、おしゃれなディスプレイになりますよ。 植物を飾るなら鉢カバーも和風にこだわって。 火鉢や一斗枡などがおすすめ おしゃれな和モダン・和風インテリアを目指すなら、1部屋に1つは植物を取り入れるのがおすすめ。 植物は好きなものを取り入れればOKですが、特に鉢カバーにこだわるとインテリアのクオリティがぐっとアップします。 部屋に大きめの植物を飾るなら、和風の植木鉢のほか、火鉢や一斗枡がおすすめ。 特に、アンティーク火鉢は、和柄のバリエーションが豊富で、価格も安めなので、部屋に取り入れやすいです。 小ぶりな植物やお花を飾る場合は、そば猪口などの和食器やガラスビン、和風の花瓶などを使うのがおすすめです。 苔玉なら、和皿に載せるのもいいですね。 和食器を使うと、多肉植物などの和風でない植物も、和風の部屋によく馴染みます。 実用にもオブジェにも。 和柄がかわいい、お皿・和食器 和風のアンティーク食器は、実用としてはもちろん、オブジェとしても優秀なアイテム。 お皿立てを使って棚にディスプレイしたり、プレートハンガーを使えば壁に飾ることもできます。 お皿を使った壁掛けディスプレイは、よく外国のインテリアで目にしますが、和皿で楽しむのも素敵です。 アンティーク和食器は、緻密で美しい抽象的な模様を描いたものや、植物や食べ物、人物などを描いたものなど幅広いアイテムがあって、きっと気に入るものが見つかるはず。 好きなものを見つけたら、ぜひ実用だけでなく、観賞用としても使ってみてくださいね。 最後に 伝統的な和風インテリアも、ミックススタイルの和モダンインテリアも、素敵な部屋がたくさんありましたね。 ご紹介した実例をヒントに、ぜひ自分らしいコーディネートに挑戦してみてください。

次の

カーテン タンポポ柄 刺繍 一体型カーテン ブルー 北欧 子供部屋 女の子 男の子 オーダーカーテン おしゃれ かわいい 和風 タッセル 送料無料 :cx

和風子供部屋

丸型蛍光灯からの切り替え 32型(30W)の丸型蛍光灯を使用していましたが、LED電球が使えるものということで、ずっとお気に入りに入ったままだったんですが、ついに購入しました。 ロータスも考えたのですが、普通の和室なので、あまりアジアンすぎるのもどうか?と思い、つばきにしました。 これが「手作り品の風合い」?と思いつつ、これだったらスーパーアウトレット品でもよかったかも(まあ普段は気にならないのでいいですが)。 付属の豆球も電池切れで使えず、同時購入したコードの調整クリップとソケットカバーを取り付けていただいていたのですが、クリップとカバーの位置が近すぎ、そのまま設置できず結局一度外すハメになったのが残念でした。 みなさん100W程度で十分、というので、家にあったストックで蛍光灯60W型電球色2灯を試してみましたが、デスクワーク(PC作業や読書)をするにはストレス。 (電球色は玄関・トイレ・風呂で使用) 6畳の和室ですが、当初の予定通りLED電球640ルーメン(7. 5W)昼白色2灯にして、これまでの32型と同じくらいかな、というところです。 6畳の和室にも大きすぎることもなく、程よい存在感で気に入っています。 これまでのプラスチックシェードより埃がつきにくいところも気に入っています。 3人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? 照明メーカーさんのカタログで注文しようかと検討中でしたが、和モダンスタイルを探してみてもどれも高価で、雰囲気を出す為とはいえ明るさが今一つ足りない感じだったのですが、こちらの珍しい形とアジアンらしさに惹かれ購入を決めました! シルク素材が上品で実際とても可愛らしいのですが、内側をよく見ると、上部分の方までベージュのフチ取りがされておらず針金が見えるのが少し気になりました。 付属電球の2つ点灯は明る過ぎて熱も生じるので、省エネ用へと変更。 照明だけで部屋の印象がガラリと変わるので、明るさの役目だけでなく一つのインテリアとして映え、OFF時でも存在感があります。 211352-20090928-45735640• 2人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? すごく感じのいいお店! 一人暮らし用に購入。 日時指定忘れたりと、こちらのミスがありましたが、きちんと対応してくださいました。 レビュー読んで安心はしていましたが、本当にいいショップだと思います。 商品もかわいいっ!! ボールチェーンに変更、カバーも着けていただき、すべて取り付けた状態で届きました。 でかくて入るか心配してましたが、余裕。 6畳の部屋に200w相当で取り付けましたが、ほんと、100w相当で十分だと思います。 取り付け、ほんとに超カンタン。 ちょっと生地がとんでる?ようなところがありましたが、ずぼらな私にはちょうどいいかも 笑 神経質な方は確認された方がいいと思います。 1人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? つばきペンダントライト 居間用に3灯式を購入しました。 30cmのコード、調整フックをつけ、100Wの電球色の電球をつけていただきました。 我が家の天井の高さは標準的な2m40cmです 今風のおうちはもっと高いかな? 引っ張るひもの一番下が身長156cmの私の頭のちょい上になり、ちょうど良い高さになりました。 明るさですが、気持ちすこーし暗いかな?と感じました。 でも家族からの不満がでるほどではないので、電球が切れるまではこれで、次回もう少し明るいものを検討しようと思います。 梱包もしっかりしていました。 商品自体もしっかりしています。 取り付けも簡単で、開封して電球をつけ、ものの2〜3分でとりつけることができました。 ロータスも考えましたが、このお値段でこのデザイン。 満足しています。 1人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? 椿がふたつ咲いています 2個目の購入です。 二間続きの和室の片方に母が寝たきりでいた時に、ずっと母の視界に入っているペンダントライトを、「少しでも気分の安らぐものに」と思い、購入したのが最初でした。 今回、母のいなくなった家を模様替えすることになり、二間を仕切っていた襖を取り払ったので、隣の部屋の灯りもお揃いにしたくなっての2個目です。 花びらのふちのこげ茶とお揃いの色のカーテンをかけたら、インテリアの統一感が増して、落ち着いたいい感じになりました。 大きな白い椿の花が二輪、昼間は障子ごしに入る陽の光に淡く照らされて、夜は内側からの光でぽっと輝いて、心の安らぐ大好きな空間に成りました。 母を偲びながら時を過ごしております。 来客にもよく「どこで買ったの?」と聞かれます。 素敵な製品をどうもありがとうございました。 1人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg?

次の