オクラ とげ。 オクラの産毛はなぜ生えている?驚きの防衛機能について!

オクラの簡単な育て方

オクラ とげ

家庭で出来るトゲの取り方 抜き方 9選 刺さったトゲが長い場合には、そのまま指やピンセットで抜くことができるので安心ですが、 大抵の場合は、奥深くまでトゲが刺さって見えなくなってしまうことも。 そんな時ピンセットなどで皮膚を傷つけながらトゲと戦うのも痛いし肌にも良くありません。 ピンセットで抜けなかった場合も、お風呂に入ってから試すと驚くほどスッと抜けることもあります。 5円玉• 50円玉 など穴の開いた硬貨が有効です。 患部周辺に針を刺してトゲをかきだす! というやり方です。 使用する針は、皮膚表面を傷つけるので殺菌のため先端を ライターなどで軽く消毒し、トゲの周囲の皮だけを少しずつ破りましょう。 皮を破ってトゲが確認できたら、周囲をつまんでトゲを押し上げてみます。 皮の下まで深く刺さらないように注意• むやみにほじくると傷が大きくなり感染症を引き起こしやすくなる• 痛みは少し伴う この点は注意してくださいね。 []でもお話ししたように、殺菌効果が高い食材です。 やり方はカンタン! はちみつを塗って10分〜数時間そのまま置いておくだけで、トゲが浮き上がってきます。 ハチミツには 【トゲ抜き】 トゲの上からバナナの皮の内側を絆創膏やテープで貼り付ける。 バナナの皮に含まれる酵素が皮膚に浸透してしまったとげを移動させ、皮膚表面に出してくれる力があります 他に• 切り傷や打ち身の鎮痛効果• 靴磨き などにも使えます。 すりおろした里芋• おくら を塗っておくと、 「ネバネバ効果」でトゲを引き出してくれることもあります。 里芋の粘り成分 「ムチン」という解毒作用がある消化酵素も含まれています。 ただ里芋は 「シュウ酸カルシウム」という皮膚に痒みをもたらす成分があるので、 他の方法を試してみるか、他の皮膚で試してから行う方が良いでしょう。 数時間 5時間前後 で皮膚の水分が吸い出されトゲが抜けやすくなる 梅は塩分濃度が高いため、皮膚の水分が梅干しの塩分の 浸透圧という力で吸い出されます。 水分量減った皮膚は弾力が落ち、トゲをしっかり埋め込んでいた力が弱まるというメカニズムです。 ただしこれは皮膚の一時的な症状なので、トゲが見えたらすぐに清潔なピンセットなどで抜き取りましょう。 一家に一つ常備薬としてある方も多いのではないでしょうか。 皮膚に薬効成分を密着させて徐々に吸収させ、皮膚を保護します。 トゲの刺さった部分に塗れば、熱や痛みも軽減し、 膏薬そのものがとげを吸い出す効果を持っています。 トゲが刺さったまま放置するとどうなる? 昔は トゲが刺さったまま放置したら、血管を通って心臓に達して死んでしまう~! なんていう怖い迷信もあったようですが もちろんそんな物騒なこともなければ、人間はそんな簡単に死んだりはしません。 ヒトの体は異物が入るとそれを体外に排出しようという働きがあるので、放置していても 気が付いたら自然にトゲが抜けていた という事もあります。 やはりトゲは抜いたほうがいい しかし、トゲが刺さったままだとチクチクしますし、そのまま皮膚が硬化してしまうことも。 傷口から細菌に感染し、腫れたり膿がでる• トゲについた細菌が体内に入る などの可能性もあります。 一番怖いのは、人間の皮膚にもともと住み着いている菌が傷口に感染する [] という皮膚の炎症を引き起こしてしまう場合もあるので、注意が必要です。 関連 トゲが刺さったら何科の病院に行く? トゲが刺さってどうしても抜けない時は何科を受診すればよいのでしょうか。 基本的には 皮膚科 形成外科などの外科 になります。 子供の場合は 小児科 でも良いかもしれません。 基本的に無理に抜こうとはせず、適切な医療機関を受診して判断をあおいでください。 まとめ 色々なトゲの抜き方をご紹介しました。 どのやり方も• まずは皮膚を清潔にしてから• 皮膚に触れるものや道具は清潔に• トゲが抜けた部分は消毒 というのが基本です。 特に指は、いろいろな物と接触する部位ですので、トゲだけに限らず傷口があると細菌などが感染し炎症を起こしやすくなります。 焦って無理に取ろうとしたりせず、できるだけ傷口が広まらないように慎重に扱ってくださいね。 2017年10月22日補足「ムチン」について 里芋の「ムチン」の表記についてご指摘をいただきましたので訂正させていただきます。 学術秘書 池田です。 「里芋の粘り成分『ムチン』」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。 糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。 [補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。 これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。 この件に関するお問い合わせ先: みと・あかつかカンファレンス事務局長 ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理 有限会社学術秘書 本店営業部 池田剛士 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-386-1-107 電話:029-254-7189 携帯:090-4134-7927.

次の

オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

オクラ とげ

オクラの下処理は必要? あなたはオクラを茹でる前に下処理をしていますか?実は私はほとんどしたことがなかったのですが、下処理をしたほうがやっぱり食べやすいです。 また、オクラには表面に細かいとげのような産毛があるのでそれを取り除いたり、ガクの部分を切りそろえたりしたほうがきれいです。 とっても簡単にできるのでご安心ください。 ただ、これはおそらく好みの問題で、下処理なしでも食べることはできますよ。 先端部分に切り込みを1か所に入れておきます。 そうすることで産毛が取れます。 切り込みを入れておくことで、火の入りが早くなりますが、切込みを入れすぎてしまうと中まで茹でるときに実の中までがお湯が入ってしまうので気を付けましょう。 この産毛は気にならないこともありますが、意外と鋭いものもあったりして、手にちくっと刺さる場合があります。 下ごしらえをしている最中にけがをしないように注意してくださいね。 私は、時間のない時は下処理なしで洗ってそのまま茹でて、あとから額の部分を切っています。 それでもおいしく食べられますよ。 アスパラガスも下処理をするのをご存知ですか?アスパラガスの下処理はこちらをご覧ください。 どちらも簡単ですので、あなたの調理しやすい方法を見つけてみてください。 ゆで時間さえを間違えなければとても簡単でおいしくできあがりますよ。 茹で時間はオクラの大きさによって変わりますが、スーパーで売られている一般的なものは、 1分くらいでちょうどいい硬さになります。 少ないお湯で蒸し茹ですることがポイントです。 こちらは以前、NHKのあさいちで紹介された究極の茹で方です。 いつもは茹でたあと水でさらしていたのですが、私も実際にこの方法をやってみておいしかったので以降はこの方法を使って茹でています。 ゆでた後、水にさらすと、 うま味や香り、栄養成分が流出してしまうので、水にはさらしません。 また、水にさらさないことで オクラ独特のねばねば成分も保つことができます。 これで、あとはレシピに合わせて適宜切って調理します。 もし、大きさが揃っていなかったり、大きめのものは ゆで時間を少し長めにすることをおすすめします。 実は、以前、地場産の販売所で買ったオクラがとても大きかったのですが、ゆで時間をいつもの通りにしたら、ちょっと固くて失敗しました。 ゆで時間は大事ですね。 逆に、時々茹ですぎることがあるのですが、茹ですぎるとしっぽの先のほうが割れてきてしまいます。 15㎝くらいありましたよ。 とうもろこしのゆで方はこちらをご覧ください。 でも、一つお伝えしておかなければいけないことが。 それは電子レンジで過熱すると、栄養成分が流出することはないのですが、水分が少なくなって 本来のオクラのネバネバが出ないということです。 では、電子レンジを使った加熱方法をご紹介します。 オクラの量が増えると電子レンジで加熱する時間も増えますので、様子を見て調整してくださいね。 赤ちゃんの離乳食に使う場合は少し長に加熱して方がいいですね。 枝豆も夏はおいしいですよね。 枝豆のおいしいゆで方はこちらをご覧ください。 オクラのゆで方も覚えてしまえば、簡単で、とっても使いやすいお野菜です。 また、オクラはそのねばねば効果で栄養もたっぷりですので、特に旬の太陽をいっぱい浴びて育ったオクラはぜひ食べておきたいですね。 スポンサーリンク.

次の

トゲ(棘)が刺さったら取り方&子供の病院は何科?見えない時刺さったまま放置は危険?

オクラ とげ

オクラの下処理を簡単に!ネットや塩を使った産毛の取り方 まず、オクラの下処理でやっておきたいのがチクチクする「産毛」を取る事です。 オクラには、こんな感じで触ると痛い無数のうぶ毛が生えています。 特に路地物の野菜は産毛が固く、そのまま食べると食感が悪くなってしまうんですね。 まな板の上にオクラを乗せて塩を適量ふり、オクラをゴロゴロとこすりあわせる「板ずり」というやり方をすると、産毛が取れるのですが・・・ この方法だと、オクラによっては産毛が手に刺さって痛い時がありますし、オクラも思うようにとげが取れないことがあるんです。 そこで、活躍するのが「オクラが入っているネット」です。 スーパーなどで売られているおくらはネットに入っていますが、そのネットを使ってネットごとまな板の上でゴロゴロすると、産毛が簡単に取れるんです。 ) 1分ほど転がした後は、水で流してすすぐと、いい感じに産毛が取れています。 このヘタは、正直とっても取らなくてもどちらでも良いのですが、取ってから茹でた方が、茹で上がりに丸ごと食べられますし、仕上がりも綺麗に見えます。 ただ、この時にばっさりヘタを包丁で切ってしまうと、オクラの中にお湯が入って、オクラのネバネバがゆで汁の中に出てしまうんですね。 茹でた後にオクラ全体がネバネバしてしまいますし、全体的に柔らかすぎてべちゃべちゃの茹で上がりになってしまいます。 そこでおすすめなのが、鉛筆削りのようにヘタを斜めに削る方法です。 このように、オクラのヘタの付け根に包丁をあてて、ヘタに沿って包丁を入れていき、斜めに皮をむくようにすると、ヘタの固い部分だけが綺麗に取れます。 オクラの量に合わせて、フライパンやお鍋にたっぷりのお湯を沸かして、お塩を一つまみほど入れ、オクラを投入します。 この時に、あまりにも皮が固い場合は、オクラの皮につまようじで穴を開けると、中まで火が通りやすくなります。 また、オクラの皮がぱんぱんに膨れて破裂することもなくなるので、ほんの少し穴を空けておくと綺麗に仕上がります。 色が全体的に鮮やかな緑になってきたら茹で上がりの目安です。 市販のものですと約1分30秒から2分ほど。 皮が固い物だともう30秒ほど茹でる感じです。 ヘタの下の部分をつまようじで差してみて、簡単に突き通せるようなら大丈夫です。 オクラは生でも食べられるお野菜なので、堅めのシャキシャキした食感が好きな場合は短めに、しっとりネバネバがお好きな時は長めに・・と調節されてくださいね。 茹で上がりはざるにあげてそのまま冷ますのですが、この時も余熱で柔らかくなります。 あまり茹ですぎるとここでしんなりなり過ぎてしまうので、茹ですぎてしまった時は冷水につけて冷ました方が美味しくなりますよ。

次の