う いう い 先輩。 先輩

アキラ先輩という11億円を持ってセミリタイアに失敗したユーチューバーから学べること!

う いう い 先輩

Contents• 【結論】朝早く来い!はパワハラ 結論、 朝早く来い!というのはパワハラです。 なぜなら、 雇用契約書や就業規則で働く時間を契約しているからです。 きちんとした契約書で約束事をしているのにも関わらず、それよりも早く来させるのは明らかな違法です。 ただ、個人的に業務が遅すぎるとかサボりすぎて進捗が悪い!という場合は言われても仕方がないでしょう。 業務やクライアントの都合など、仕方がないケースもありますが、根拠がない早朝出勤の命令は違法です。 「新人なんだから」とか「うちの会社はみんなそう!」など、意味が分からない理由での強要はパワハラにあたります。 1時間以上早く来い!というのはヤバい まぁ、 10分、15分くらい前が妥当なところでしょうか?都内なら電車が少し遅れても間に合うくらいです。 30分前はちょっと早くて、真面目な人はしています。 でも、 1時間前出社しろ!... これはちょっとヤバいです。 納期が迫っているという理由であれば、少し早くなるでしょう。 しかし、 これが毎日毎日続くとなるとかなりしんどいと言えます。 実は始業時間の前に働いた分は、時間外労働ですから、れっきとした残業になるんですよね。 つまり、残業代が出る会社とかだったら、残業代がつかないとおかしいのです。 また、給料に残業代が含まれている会社の場合でも残業にカウントされます。 「 始業時間より早く来い」と言われた場合は、 「早く来ても良いですが、それも法律的には残業にカウントされますよ」と言いたいところです。 雇用契約書で就業時間を確認する 自分の就業時間がわからない人は、 雇用契約書を確認してみましょう。 転職活動をする際は、かならずチェックしてください。 始業時間も就業時間も書いていない場合は、労働基準法に違反していますからね。 内定を貰った時点で、きちんと 就業時間や基本給について確認しておきましょう。 サービス早朝残業は違法ですよ 早く会社に来ているのにも関わらず、 早朝残業代が出ない場合は違法になります。 サービス残業も違法ですが、早く来すぎるのも違法です。 早く出社しなくてはならない環境にある場合は、 きちんと違法であることを言った方が良いですよ。 それでも会社全体的にそうなっているのであれば、 ブラック企業に洗脳されていますから、辞めることを検討しても良いでしょう。 タイムカードを切ってからが仕事時間 ここでは仕事をする時間について、誤って認識している場合があるので、そこについて解説していきます。 搾取されないためにも覚えておきましょう。 そして、 このタイムカードどおりに働いているかどうか、ここが違法か合法かの境目になってきます。 タイムカードを早く切らせない会社はアウト 会社に早く来させているのにも関わらず、 タイムカードを切らせない会社はブラック企業です。 早く来ているなら、 その出社した時間にタイムカードを切らなくてはなりません。 それなのにも関わらず、 タイムカードは始業時間が始まるちょっと前にしなさいと言われる。 このように強要されている場合は、違法ですから、きちんと言ったほうが良いですよ。 掃除や片付け朝礼も早朝残業に入りますよ ちなみに、 会社に早く来て掃除をするというのも、れっきとした仕事の時間です。 よく新人は掃除をさせられて、始業時間になったらタイムカードを切って、本来の仕事をするというケースもあるかもしれません。 しかしこの掃除というのは、 れっきとした仕事時間であるため、必ずその前にタイムカードを切らなくてはなりません。 実は制服に着替える時間も労働時間に入る 実は、 作業着や制服に着替える時間は労働時間に含まれています。 もしタイムカードを切る前に、着替える業務があるのであればアウトです。 着替える時間もれっきとした残業時間に入ります。 つまり、1日を通して、作業着に着替える前から、仕事後に私服に着替え終わるまでが労働時間になるのです。 判断軸|業務命令かパワハラか 早朝出勤命令というのは、 業務命令なのかパワハラなのか判断する必要があるでしょう。 新入社員に対して、研修という名目で早朝に出勤したり、またクライアントの影響で朝早くにミーティングをするというのは仕方がないことです。 きちんと労働時間に含めて、残業をしたのであればその分は貰ってください。 ただ一番まずいのが、個人的に指定されて早朝出勤するパターンです。 「お前、明日から1時間早く出社しろ!」 「タイムカードは、就業時間に切れよ」 完全にパワハラであり、その上司や先輩を訴えれば勝つことができます。 これがきちんと残業が出ているのであれば良いのですが、サービス早朝出勤は避けた方がいいです。 成績が悪いからといって早朝出勤の強要はダメ 成績が悪いからと言って、早く来て働けというパターン。 これもれっきとしたパワハラと言えるでしょう。 早く来て働くことで残業代を支払ってくれるのはいいですが、 無償労働で、ただで時間を拘束されるというのは完全にアウトです。 まぁ朝働くのは効率が良いという考えは賛成ですが、強要はまずいですね。 引用: ちなみに、こんな記事がありましたが、ホリエモンが「んなわけないだろ」ってつぶやいてますし、賛否両論でしょう。 新入社員だから早く来い!もパワハラなのかどうか 朝や早く来い!と言われている人の多くが、新入社員の方なのではないでしょうか? 新入社員は朝早く来い!なんて上司や先輩から圧がかかるの辛いですよね。 結論、行かなくても良いと思います。 なぜなら、 新入社員は早くいかなくてはならないという法律は存在しないからです。 新入社員ということを理由に早く来させるのはパワハラにあたります。 先輩は自分が朝早く来ていたから気に食わない なぜ先輩は朝早く来いというのかというと、 単純に自分が昔朝早く来ていたからだと言えるでしょう。 自分も先輩に朝早く来い!と言われていて、しぶしぶ会社に朝早く言っていたというケースが挙げられます。 そんな経験をしてきたため、 自分より後輩の人が朝早くに来るのが気に食わなくてしょうがないのです。 そのため、朝早く来させようとするのです。 もしくは、朝早く来させるために、仕事を振るケースも多くあります。 新人だからこそ、仕事に時間がかかるので、朝早く来て消化しなくてはならない。 という考えもありますが、 初めのうちは誰だって時間がかかるのは当たり前。 このような状況を踏まえて、仕事にかかる時間を見積もるのが普通でしょう。 しかし、そこをあえて多めに振って朝早く来させるというケースもあるので注意してください。 もしくはシンプルに自分ためを思って言ってくれている なかには、良心で言ってくれている先輩や上司もいるかもしれません。 例えば、仕事に必要な効率化の部分でも、朝早く来て仕組みを作ることで、早く仕事ができるかもしれません。 先輩に邪魔されたくない業務を一通り終わらせてから始業を迎えるのも悪くはないでしょう。 また単純に残業で遅くなりすぎている人に対して、朝活の方が良いぞ!というように伝えている可能性もあります。 確かに朝早く終わらせて、夜は定時でサクッと帰宅する人もいるので、そのような人かもしれません。 朝早く来い!と言われたときの対処法 朝はやく来い!と言われたら、「うっ!」ってなりますよね。 いさぎよく「ハイ!」と答えるのか? それとも無視か?それとも、ハイ!とも言えず、言葉を濁す感じにするのか... 今後の人生は、 「早く来い!」と言われた際の振る舞いにかかっています。 これで直近のアクションが決まってしまうのです。 言われた際にどう振る舞うのか。 これにかかっています。 無視もしくは軽いノリで無理ですと言う 上司や先輩に明日から、 「早く来いよ」と言われた際は無視をするのが一番です。 もしくは軽いノリで、 「いやいや、無理ですよ~」というように断りましょう。 一度、分かりました。 と言ったら、終わります。 あとで遅く来ても、 「おい、お前早く来るって言ったよな?」とつつかれます。 これは相手の態度を見て決めましょう。 仲良い感じなら冗談でしょ?というようなノリで断りましょう。 真面目な感じなら、 無視するのが一番です。 決して承諾してはなりません。 早朝出勤をさせられることになった場合は どうしても断れず早朝出勤になってしまった場合は、きちんとタイムカードを切ることをしてください。 一ヶ月の残業時間が、 規定の時間に達したら必ず上がること。 帰りも遅くなるということはならないように注意しましょう。 それ以上残り続けるのは違法です。 まれに裁量労働制という悪魔みたいなルールがありますが、それを除いてはきちんと残業代をもらう。 そうでなければ、時間になったら早くあがることが重要です。 タイムカードを切らせるような上司や先輩がいたら、真顔で「それは違法ですから」と言ってください。 それでもダメなら、 上司のさらに上の上司。 もしくは、労務にチクるのが良いでしょう。 早く上がりたいのに上がれない...。 というように相談してみてください。 エビデンスを取って労働基準監督署へ もし早朝出勤をしたのにも関わらず、残業代が支払われない場合は、 エビデンスを持って労働基準監督署にいきましょう。 例えば、タイムカード。 雇用契約書。 給与明細など、整合性がない場合は、持っておきましょう。 また、 こっそり録音しておくのもひとつの手です。 最近は巧妙な録音機器があるので、忍ばせておきましょう。 「おい!早く来い!でも、タイムカードは切るな!」という、音声が録音できるようにしてください。 メールやチャットであれば、そのままエビデンスとして残しておいて良いでしょう。 ブラック企業に見切りをつけて転職する 今の状態が嫌だ。 と感じる場合は転職が現実的でしょう。 労働基準監督署へ行き、改善を訴えても立場がなくなって、実質的なクビにもなりかねません。 (本当はクビにもできないのですが。 ) そう考えると、 見切りをつけて転職活動をするのが、有力な候補となります。 早朝に出社して、夜も早くに帰れるのであれば、退社後に面接をいれることも可能です。 【転職サイト】 ・ ・ 上記は大手の転職サイトですが登録しておいて良いでしょう。 直近で転職をしなくても、 定期的に見て、良い求人が出てきたら応募してみると良いでしょう。 まとめ:自分を犠牲にしては絶対にダメ! 朝早く来い!と言われても本当にそれは必要があるのか、考えた方が良いでしょう。 もし理不尽な理由で、朝早く来いと先輩上司がいる場合は、パワハラにあたる可能性があります。 一番いいのは無視をすること。 また断ることです。 それでも強要してくる場合は、 きちんと違法性を指摘した方が良いでしょう。 どうしても言えない、という場合は、 せめてタイムカードはきちんと打刻してください。 本当は働いたのに嘘をついてタイムカードを切らないのは、 自分を犠牲にしているだけです。 もしどうしても耐えきれないという場合は、すぐに見切りをつけた方が良いでしょう。 ブラックな環境はどんどん身体や精神をむしばんでいくので、はやめの脱出がおすすめです。

次の

あっという間に先輩を部下に!? ぶっちぎりで出世する“伝説の新入社員”のスキルとは?

う いう い 先輩

仕事をする上でやっかいなのが人間関係ですよね。 仕事さえ出来ていればいいわけではなく、実際には飲み会に参加したり上司の機嫌をとったりして、人間関係を円滑にしておく必要があります。 だけどなかにはどうしても苦手な先輩っていますよね? そこで今回は、苦手な「先輩女子」の特徴を働く男女に聞いてみました。 気分屋 ・「気分の浮き沈みが非常に激しい先輩」(32歳男性/運輸・倉庫/技術職) ・「機嫌がいろんな場面でコロコロ変わる」(26歳男性/金融・証券/専門職) ・「気分次第で、後輩をいじめたり無視したりする先輩。 何さまかと思うくらいに、傍若無人な態度の人だった」(33歳女性/食品・飲料/事務系専門職) ・「さっきまで笑っていたかと思うと、急に怒っている先輩。 なんか疲れてしまう」(31歳女性/金融・証券/専門職) 男女共に多かった意見です。 いわゆる「おつぼね」と揶揄されてしまう先輩にはこういった特徴をもつ方が多いのではないでしょうか。 機嫌が顔にでるタイプはまだしも、いきなり機嫌が悪くなるのは厄介ですね。 口うるさい ・「いちいちかかわって来て、しかも話が長い」(33歳男性/ 電機/技術職) ・「細かいことをよく指摘するが自分の仕事には口を出させない」(33歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職) ・「いちいちケチをつけてくる人、すぐに怒る人」(28歳女性/医療・福祉/専門職) ・「いちいち文句をいったり、しゅうとみたいな対応」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系) こちらも男女とも多かった意見ですが、男性のほうがやや多かったです。 全体に言えるのは「話が長い」ということでした。 そのほか、言葉尻をつかんで文句をネチネチ言われるという声も。 これはキツいですね。 先輩風を吹かす ・「自分より下の立場の人にやたらと高圧的」(38歳男性/自動車関連/事務系専門職) ・「自分が一番にいないと気にくわない女性」(30歳男性/ 学校・教育関連/その他) ・「下手にでて、いちいちお伺いをたてないといけない人。 もう、勘弁してほしい」(29歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職) ・「とにかく難癖をつけてくる。 自分がいないと気が済まないタイプ」(31歳女性/ その他/クリエイティブ職) 2位と少しかぶりますが何にでも口を挟んできて自分の意見を通す、マイペースすぎる人、自分の話を聞いてくれないと怒りだす、という声もありました。 敬語を使ったり、先輩を立てる態度をとっていても、限度があります。 プライペートに干渉 ・「やたらと食事に誘って来る。 ひまでもないし、お金もない」(26歳女性/医療・福祉/専門職) ・「髪型や服装について、細かく指導してくる」(37歳女性/医療・福祉/その他) ・「人の持ち物をいつもチェックしていて、『どこで買ったの』などとすぐに聞いてくる」(29歳女性/学校・教育関連/専門職) 女性にだけあった意見です。 髪型を変えただけでも恋人ができたのかと詮索されたり、いちいち観察されているようで怖いという声もありました。 また、ありがたいのだけれども世話好きすぎて、逆に気を使ってしまうという声もありました。 気持ちがわかるだけに、つらいですね。 自慢話が多い ・「自慢話ばっかししてくる人はめんどくさいです」(31歳男性/自動車関連/その他) ・「だるい自己アピールが強すぎます」(38歳男性/食品・飲料/営業職) ・「とにかく自己評価が高くて自慢ばかり」(27歳女性/建設・土木/技術職) ・「彼氏の話題ばかり。 シングルマザーや未婚の前で、堂々と自慢」(36歳女性/商社・卸/事務系専門職) これも男女問わずに多かった意見。 後輩としては、自慢話を否定するわけにはいかないし、それをわかっていて延々と聞かされるのはつらいですね。 仕事ができない ・「文句ばかり言って動かないやつ」(26歳男性/学校・教育関連/その他) ・「自分ひとりで仕事を抱え込む癖に、忙しいとキレる」(37歳女性/医療・福祉/専門職) 女性のほうが多かった意見。 自分は仕事ができると思っていて、向上心がない。 スキルアップしないので停滞しているが、気づいていない。 すぐに何でもこじらせてしまう人。 という厳しい声もありました。 悪口・うわさ話が多い ・「人の見えないところで悪口を言う人」(32歳男性/食品・飲料/技術職) ・「うわさ好きの人。 すぐに嗅ぎつけてくる」(36歳女性/ 機械・精密機器/秘書・アシスタント職) 男性は悪口・陰口が、女性はうわさ話が、多い先輩は苦手という意見。 こういう先輩には本音で話すことはできないという声もありました。 うわさ話が大好きな先輩との飲み会は全部断っているという女性もいました。 対抗意識がすごい/あら探しをする ・「いちいちつっかかってくる。 放っておいてほしい」(31歳女性/医療・福祉/事務系専門職) ・「ネチネチ嫌みっぽく細かい点を指摘してくる人」(35歳 女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職) 「対抗意識」と「あら探し」は同率で、女性のみの回答にあった声です。 「なんでもうらやましがるので普通に話ができない」、「結婚や出産など、後輩が先にしてしまうと文句をつけられる」という声も。 泣く ・「怒られると泣いてごまかそうとする人」(33歳男性/商社・卸/営業職) ・「自分に都合の悪いことがあるとギャンギャンわめき、泣き出す」(27歳/医療・福祉/事務系専門職) 先輩後輩あまり関係ないと思いますが、男女ともにあった意見です。 失敗をごまかすにしても「泣く」というのは大人の社会人としてはどうでしょうか? 先輩に泣かれた後輩だって困ります。 まとめ 男女ともに上位だったのは、気分屋で口うるさい先輩でした。 男性は「口うるさい」が一番多かった答えです。 女性にしかなかった答えでは、ほかに「怒りっぽい」という声もありました。 経験値は先輩のほうがありますから、後輩は指導を仰ぎたいのですが、あまりに先輩風を吹かされて理不尽な扱いをうけるようなら、上司に相談するという手も考えられます。 でも、その後のことを考えると、頭のいたい問題ですね。

次の

アキラ先輩という11億円を持ってセミリタイアに失敗したユーチューバーから学べること!

う いう い 先輩

新人看護師の悩み:先輩によって言うことが違う わたしが新人看護師時代、わたし含む新人看護師の同期がみんな悩んでいた共通の悩みごとが、「 先輩によって言うことが違う」ことでした。 A先輩に教えてもらったことをしたら、B先輩に怒られ、B先輩のやり方でするとC先輩に怒られる。 もう、1日3回くらいあったと思います。 指導内容くらい統一してくれよ!って叫びたかった。 今になってもその心の叫びは正論だと思います 笑。 ただ新人看護師っていう立場もあり、「これはA先輩に教えてもらったんですけど・・」って相談するのもトゲが出そうだし、先輩の言うことなので、モメたらいやだし・・と、いつまでも答えの出ない悩みを抱えていたのを覚えています。 女社会だから悪口ばかり言う先輩や嫌味を言う先輩、愚痴ばかり言う先輩も多くいるので、 目の仇になるようなことはしたくなかったんです。 自分がある程度の年数を重ねた看護師になってから、なぜ看護師は先輩によって指導内容が違うのか理解できてきました。 これは新人看護師の悩みっていうか、看護業界特有の問題だなーとか思います。 看護師といえど看護業界は技術内容も技術力も統一された業務内容じゃないのが大きな要因だと思います。 その看護師の価値観や経験値、受けて生きた教育の違い等によって技術や判断力が違いますからね。 話がそれたので、戻します。 新人看護師が悩む「先輩によって言うことが違う」ことへの対処法をポイントにしてまとめました。 ぜひ日々の業務を楽にできるよう、役立ててください。 解決ポイント1:まずはその職場の人間関係に合わせる 先輩によって指導内容が違うとき、新人看護師としては何を優先していいのかわからなくなります。 「いやA先輩にはこう教えてもらったんですけど」「本にはこうのってたので、こうしました」と言いたくなります。 でも、ちょっと待って。 新人看護師のあいだはこういうとき、まずその場の人間関係に合わせましょう。 郷に入っては郷に従え、出る杭は打たれるといいましょうか。 その職場の新人看護師としてまず意識すべきことは、新人らしく振舞っておくことです。 「いやだってあの先輩言ってること間違ってるじゃん!」っていいたくなることもあると思います。 でもある意味で、新人の間は腑に落ちないことがあっても、先輩の前では新人らしく何もわからないふりをしておけば、先輩も「また教えてあげよう」っていう気になります。 先輩も善意で教えてくれていることは確かですからね。 たとえ腑に落ちないことが起きても、女社会ですからそれを態度に出して先輩看護師に目をつけられると、目の仇にされることもあります。 ほんと、看護師の人間関係ってシビアで、ドロドロですから。 新人のあいだはとくに目がつけられやすいです。 とりあえず、先輩によって言っていることが違うことに動揺しても、その場ではその指導を受容してください。 そして、恐らくその職場で一番権力者であろうひとの指導を最優先に聞いておく、聞いているフリをしてください。 看護師の世界って、病院によってはモロにカースト制度みたいにトップがいて、そのひとの癇に障るとえらいことになることがあります(風通しの悪い病院とかはよくあります)。 先輩によって違う指導を受け戸惑っても、まずはその人間関係の中で目立たないように、傾聴する姿勢でいましょう。 解決ポイント2:先輩看護師によって違う指導内容の根拠をこっそり調べる 先輩看護師によって違う指導をされ混乱することがありますが、その場では指導を傾聴した態度をとっておいて、こっそり看護師先輩の指導内容の根拠を調べてください。 これ、ほんっとーに大事です。 先輩看護師に教えてもらったまま、はあとあとやばいことになるんです。 絶対、先輩看護師が言っていたことが事実か、二人の先輩看護師の言っていたことが違う内容なら、どっちが本当でどっちが間違っているのか、必ずこっそり復習してください。 なぜそんな複数の先輩看護師から受けた指導をわざわざ「調べる」必要があるのか。 それは、絶対複数の指導を受けて、内容が違い混乱しているということは、どちらかの指導内容に間違いがある可能性があるからです。 これ本当に怖いんですよ。 先輩看護師に知識がなくて、後輩看護師にそのまま教える。 そして、後輩看護師は何の疑いもなく、間違った技術や知識を持って成長していくんです。 新人看護師といえど看護師です。 先輩看護師に教えてもらったことをそのまま実行して医療事故でも起これば、 その責任のほとんどは、先輩看護師ではなく新人看護師にあります。 先輩看護師が間違った指導をしたとしても、裁判とか訴訟になるとそれを間違いと気づかなかった新人看護師が悪いんです。 先輩看護師といえど人間で、正直看護師としてそこまでキャリアのないひとや、スキルのないひともたくさんいます。 間違っていることがあるんです。 でもその指導を受けて間違いを犯したらその責任は新人看護師に発生します。 だからその責任を負うことのないよう、しっかり先輩看護師の言ってたことが正しいかどうか、自分で調べるしかないんです。 その積み重ねが、2年目、3年目に実となり、花になりますから。 これはわたしの例ですが、病棟で一番権力者であり、勤続年数が長いであろうA先輩に、腰椎圧迫骨折急性期の患者に対して、足浴を行うよう指導を受けました。 A先輩は内科系知識にたけている人でしたが、外科・整形外科は苦手なひとでした。 骨折急性期はまず安静と疼痛の軽減に努めるべきです。 わたしはその指導に反抗できず、だめなんじゃないかと思いながら、その患者に指導通り足浴を施行しましたが、激痛で足浴どころじゃありませんでした。 患者は動かしてほしくなかったと思います。 患者にとっては安楽であるはずの足浴も苦痛でしかたなかったでしょう。 そのあとこっそり違う先輩看護師Bに「先輩に指導を受けたことをしないといけない気持ちはすごくわかる。 新人看護師って立場があるから。 でもその指導が本当に正しい内容かは、しっかり調べておくんだよ。 」と指導を受けました。 わたしはB先輩の指導が心に残っています。 その場では職場の人間関係もあるので「なんか間違ってない?ほんとにこれあってる?」って思うようなその指導を受け入れざるおえない。 でも自分でそれが本当に正しいか学びなおすことはできます。 むしろ 先輩の指導内容が違うことに混乱する新人看護師にとって、 これが一番大切でしないといけない過程です。 先輩看護師の言っていたことが正しいのかどうか、そう指導する根拠は何なのかしっかり調べてください。 どんな病院に努めようと、どんな業界に努めようと、最初の1年目は指導を受けますし、いろんなひとからいろんなことを言われます。 ただそれを今後に生かすも殺すも自分次第です。 いずれ自分が指導する立場になったときに、必ず意味をなすものになるよう、自分で知識をつけていくしかないんです。 先輩看護師の言っていることが違って振り回されているように感じる1年目。 ストレスも多い時期ですが、ここはぐっとこらえて、2年目、3年目の先をみて、しっかり自分が行う看護と技術を向上させるようにしましょう。 解決ポイント3:当たり障りのない先輩に相談しておく 先輩看護師によって指導内容が違うとき、それも過剰になればすごくストレスですし、業務に支障をきたすこともあります。 A先輩看護師のいうことを聞いて、B先輩看護師に怒られ、そしたらC先輩に怒られ・・・もう精神が持たなるし、常に自分のしていることがあっているか確認が必要になって業務に支障すらきたすでしょう。 指導内容のバラバラ加減も「もう耐えられない」ってレベルまできたら、 信頼できる先輩看護師にそっと相談してください。 ただし相談することで、正しい答えがかえってくる保障もないし、職場環境がかわるわけではありません。 先輩の相談する目的は、統一性のない指導で業務がなかなか覚えられず「あの新人覚えが悪い」なんて目の仇にされだした時、 新人看護師である自分の身を守るための手段になるからです。 自分が先輩看護師になっても毎年思いますが、新人看護師はいつも必死です。 新しいことを覚えて、先輩にお膳たてして・・。 それでも意地悪な先輩や気にきつい先輩は「なんであの新人看護師使えないの!?」と毎年怒っています。 まだ誰かに教えてもらわないといけない新人の立場なのに、こうなると辛い。 だから信頼できる先輩看護師に複数人に相談しておくのです。 このとき決して愚痴っぽく相談するのではなく、困っている風に相談してください。 いざというときのための、味方をつくっておくんです。 そうしておいて、複数の先輩看護師に悩んでいることを伝えておけば、いざ「あの新人看護師使えない」と誰かが騒ぎだしても、そう言われるまでの過程を共感してくれる味方が数人いるので、そこまで新人いじめみたいなのも、過激にならず抑えられます。 決して自分の飲み込みが悪いから何回も人に聞いたりしているわけではない、もの覚えが悪いわけではないことを、嫌味のないようアピールして証明しておくのです。 だから、決して愚痴や悪口をいうのではなく、 あくまで「困っている風」で ここ大事ですよ笑 、優しい先輩看護師を数人つかまえて、「こんなときどうしたらよいでしょうか?」ってな感じで、相談しておきましょう。 技術面でも、人間関係でも、自分の身は自分で守る。 これは新人看護師にとって一番大切な心得です。 新人看護師の悩み:先輩によって言うことが違う解決方法まとめ 先輩によって言うことが違う解決方法をまとめます。 解決ポイント1:まずはその職場の人間関係に合わせる いったんはその場の人間関係を保つため、指導内容を受容しましょう。 どんな理由であれ指導を跳ね返すと、ときに先輩看護師のプライドを傷つけてしまい、いじめにあってしまう可能性があります。 そもそも教えてくれているということ自体は、すごくありがたいことですからね。 A先輩はこういってたのに、B先輩はこういってて、わけがわからん!ともどかしく腹が立っても、善意で教えてくれている先輩の顔を立て、まずは受容をすべきです。 新人看護師として先輩の話を聞く態度はとても大切な姿勢です。 解決ポイント2:先輩看護師によって違う指導内容の根拠をこっそり調べる 先輩看護師といえど、どんなひとでも完璧はありません。 本当に指導内容があっているかどうかは必ず自分で調べる癖をつけましょう。 新人看護師といえど、自分が行った看護には法律上自分自身に責任があります。 仮に指導内容が間違っていて医療事故を起こしても、その責任は免許を持っている新人看護師にあるのです。 先輩は裏切っても、努力して得た知識は自分を裏切りません。 新人看護師の一番の仕事は、学ぶことです。 どれだけ怒られても、これだけはやめることのないようにしてください。 解決ポイント3:当たり障りのない先輩に相談しておく 先輩によって指導内容が違い混乱していることは、あまり過激であれば複数の信頼できる先輩看護師に相談しておいて、自分が目の仇にされないように先手で釘をうっておくのが良いです。 新人看護師が指導内容に混乱していても、こちらからそれを発信しない限り、先輩の中では、「何かわからないけど、指導してるのに混乱してできない新人看護師」と見えるからです。 なぜ自分が混乱しているのかを発信して味方を作っておくことで、あとあと誰かに目をつけられるようなことがあっても、自分の身を守ることが出来ます。 振り返ると、新人時代って懐かしいなぁ・・。 大変だったけど。 いまでは良い思い出です。 でも、もっと勉強しておけばよかったとか思います。 勉強していないのにプリセプターするの、辛いです。

次の