ビート テック 株式 会社。 沿革

オウケイウェイヴ、ビート・ホールディングス・リミテッドの株式を取得 :日本経済新聞

ビート テック 株式 会社

沿革 2020年 3月 情報サービス事業を連結子会社である「株式会社CAICAテクノロジーズ」に吸収分割。 持株会社体制へ移行。 2020年 3月 商号を「株式会社カイカ」から「株式会社CAICA」へと変更。 2019年 10月 eワラントグループの事務管理を行う「EWM(HONG KONG LIMITED」を設立。 2019年 10月 持株会社体制への移行に伴う分割準備会社「株式会社カイカ分割準備会社」を設立。 2019年 10月 連結子会社である「アイスタディ株式会社」が「株式会社エイム・ソフト」及び「株式会社ネクストエッジ」の全株式を取得し連結子会社化。 2019年 9月 「株式会社ネクス・ソリューションズ」の全株式を譲渡。 2019年 4月 学習管理システムの販売、研修の実施、販売並びにeラーニング学習教材の販売を手掛ける「アイスタディ株式会社」の株式を公開買付けにて取得し連結子会社化。 2018年 12月 「株式会社フィスコデジタルアセットグループ」との資本・業務提携及び無担保転換社債型新株予約権付社債の引受(持分法適用関連会社化)。 2018年 3月 連結子会社である「株式会社CCCT」による「株式会社シーズメン」との資本業務提携及び第三者割当増資の引受(持分法適用関連会社化)。 2018年 3月 資本金の額を1,000,000千円に減資。 2018年 3月 簡易株式交換により株式会社ネクス・ソリューションズを完全子会社化。 2018年 2月 「e ワラント証券株式会社」、「EWARRANT INTERNATIONAL LTD. 」および「EWARRANT FUND LTD. 」の全株式を取得し、連結子会社化。 2017年 11月 「株式会社CCCT」を設立。 2017年 8月 「株式会社ネクス・ソリューションズ」の株式を取得し、連結子会社化。 「株式会社ネクス」の株式を取得し、持分法適用関連会社化。 2017年 2月 「株式会社東京テック」の全株式を取得し、連結子会社化。 2017年 2月 商号を「株式会社SJI」から「株式会社カイカ」へと変更。 2016年 10月 「恒星信息(香港)有限公司」の全株式を譲渡。 2015年 10月 本社を東京都目黒区大橋に移転。 2015年 6月 第三者割当による新株発行にともない「株式会社ネクスグループ」が当社を子会社化。 2015年 6月 「株式会社ネクスグループ」との資本業務提携。 2015年 6月 「LianDi CleanTechnology Inc. 」の全株式を譲渡。 2015年 6月 「中訊軟件集団股份有限公司」の全株式を譲渡。 2014年 12月~2015年 2月 「中訊軟件集団股份有限公司」の一部株式を譲渡し、持分法適用関連会社化。 2014年 8月 「株式会社SJメディカル」の全株式を譲渡。 2014年 1月 「株式会社SJI」の西日本3事業を会社分割し、関連会社化(持分20%)。 2013年 12月 介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の全株式を譲渡。 2013年 7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2013年 1月 介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の株式を取得し、連結子会社化。 2012年 7月 「中訊軟件集団股份有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。 2011年 9月 「科大恒星電子商務技術有限公司」及び「北京宝利信通科技有限公司」の出資持分の全てを譲渡。 2011年 9月 石油化学エンジニアリングサービス事業を行う「LianDi CleanTechnology Inc. 」の株式を取得し、連結子会社化。 2010年 10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引 所JASDAQ(スタンダード)/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2010年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2009年 12月 中国香港にて、ITサービス事業会社を運営管理する「神州数碼通用軟件有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。 2009年 7月 「株式会社SJホールディングス」と「株式会社SJI」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。 2009年 4月 「株式会社SJアルピーヌ」と「株式会社サン・ジャパン」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。 2008年 6月 「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」の日本側統括子会社として「株式会社リーディングソフト」を設立。 2006年 5月 「南京日恒信息系統有限公司」を「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」に 商号変更。 2006年 5月 本社を東京都品川区東品川に移転。 2006年 4月 「株式会社ティー・シーシー」と「株式会社アイビート」の営業の全てを共同新設分割し、両社の営業の全てを 承継させる新会社「株式会社SJアルピーヌ」を設立。 2005年 4月 全ての営業を新設会社「株式会社 サン・ジャパン」へ承継させ、純粋持株会社に移行。 2005年 4月 商号を「株式会社 サン・ジャパン」から「株式会社 SJホールディングス」へと変更。 2005年 3月 「株式会社アイビート」と経営統合。 2004年 10月 「株式会社ティー・シー・シー」と経営統合。 2003年 4月 「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」の出資持分を追加取得し、連結子会社化。 2003年 3月 ジャスダック証券取引所/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。 2000年 11月 中国安徽省合肥市に、「科大創新股份有限公司」及び「ソフトバンク・テクノロジー株式会社」(設立 当初出資者「ソフトバンク・テクノロジー・ホールディングス株式会社」)との合弁会社「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」を設立し、「科大創新股份有限公司」の業務を移管。 1999年 2月 中国江蘇省南京市に、「南京日恒信息系統有限公司」を設立し、「上海菱通軟件技術有限公司」一部門 から発展したソフトウェア開発部門を、同社に移管。 1999年 2月 中国江蘇省南京市に、「南京日恒信息系統有限公司」を設立し、「上海菱通軟件技術有限公司」一部門 から発展したソフトウェア開発部門を、同社に移管。 1998年 6月 本社を東京都中央区新川に移転。 1994年 12月 中国安徽省合肥市に、「中国科学技術大学科技実業総公司」との合弁会社「合肥科大恒星計算機技術研究有限公司」を設立。 1991年 11月 本社を東京都中央区日本橋浜町に移転。 1990年 12月 中国江蘇省南京市に、「日本恒星 南京 電脳系統有限公司」を設立。 1989年 7月 東京都文京区音羽に「株式会社サン・ジャパン」を設立。 ソフトウェア開発事業を開始。

次の

会社概要|ビートテック株式会社|エンジニアが成長できる環境がある!

ビート テック 株式 会社

ビート社は、香港に事業本部を構え、シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国及びカナダに子会社を有する企業です。 同社は所有する知的財産権及びブロックチェーン技術に基づくアプリケーションの開発、ウェルネス・サービスの提供、ヘルスケア・ウェアラブル端末のデザイン及び製造、知的財産権のライセンシングの事業を行っています。 また子会社のGINSMS(トロント・ベンチャー証券取引所に上場、TSXV:GOK)を通じてモバイル・メッセージング・サービス並びにソフトウェア製品及びサービスを提供しています。 しかしながら、新事業にかかる技術的困難さから新事業の開発に関して当初の予定に比べて遅延が見込まれていること、また、新事業開発をリードしてきた同社CEOレン氏が健康上の理由で同社の役員及び取締役を同社の次回定時株主総会日をもって退任する予定であるところ、レン氏に代わり新事業の開発を推し進める体制を整える必要があります。 一方、2018年には当社は、ビート社がこれまでシンガポールやマレーシアで築いてきたブロックチェーン技術にかかるネットワークや知識と、当社グループが有するブロックチェーンに関する技術そして同技術を利用した商業化のノウハウには、親和性及び技術的相互補完性があると判断し、ビート社と協業についての協議をしていた経緯があったところ、前述のビート社の状況から、本年の春頃から改めて協業の検討を開始していました。 そして、今般、当社からビート社に資本参加するとともに、当社の子会社OKfinc LTD. (本社:マレーシア・ラブアン、CEO:松田 元)が持分の97. BHD. (本社:マレーシア・ジョホール州、CEO:松田 元、以下「OBC」)の有するブロックチェーン技術を生かし、ビート社から新事業に関する開発の一部を受託する予定です。 当社が受託を検討している開発の内容は、ビート社の子会社のGINSNS Inc. が展開するメッセンジャー機能上のデータを暗号化してブロックチェーンに載せ秘匿性を高めることや、ビート社の子会社のActivate Interactive Pte. Ltd. が行う健康医療情報の収集提供サービス上の健康情報をブロックチェーン化し医療機関等で共有できるようにすること等ですが、具体的な業務委託の範囲・委託料等に関しては、今後ビート社と協議・合意する予定です。 また、ビート社CEOレン氏が健康上の理由により同社の役員及び取締役を辞任する意向であることから、当社の代表取締役社長である松田 元が、2019年10月11日付でビート社の暫定最高技術責任者CTOに就任し、また、ビート社の定時株主総会での承認を条件として、2019年11月29日付でビート社の取締役会長兼最高経営責任者に就任する予定です。 添付リリース.

次の

ビーテック株式会社

ビート テック 株式 会社

沿革 2020年 3月 情報サービス事業を連結子会社である「株式会社CAICAテクノロジーズ」に吸収分割。 持株会社体制へ移行。 2020年 3月 商号を「株式会社カイカ」から「株式会社CAICA」へと変更。 2019年 10月 eワラントグループの事務管理を行う「EWM(HONG KONG LIMITED」を設立。 2019年 10月 持株会社体制への移行に伴う分割準備会社「株式会社カイカ分割準備会社」を設立。 2019年 10月 連結子会社である「アイスタディ株式会社」が「株式会社エイム・ソフト」及び「株式会社ネクストエッジ」の全株式を取得し連結子会社化。 2019年 9月 「株式会社ネクス・ソリューションズ」の全株式を譲渡。 2019年 4月 学習管理システムの販売、研修の実施、販売並びにeラーニング学習教材の販売を手掛ける「アイスタディ株式会社」の株式を公開買付けにて取得し連結子会社化。 2018年 12月 「株式会社フィスコデジタルアセットグループ」との資本・業務提携及び無担保転換社債型新株予約権付社債の引受(持分法適用関連会社化)。 2018年 3月 連結子会社である「株式会社CCCT」による「株式会社シーズメン」との資本業務提携及び第三者割当増資の引受(持分法適用関連会社化)。 2018年 3月 資本金の額を1,000,000千円に減資。 2018年 3月 簡易株式交換により株式会社ネクス・ソリューションズを完全子会社化。 2018年 2月 「e ワラント証券株式会社」、「EWARRANT INTERNATIONAL LTD. 」および「EWARRANT FUND LTD. 」の全株式を取得し、連結子会社化。 2017年 11月 「株式会社CCCT」を設立。 2017年 8月 「株式会社ネクス・ソリューションズ」の株式を取得し、連結子会社化。 「株式会社ネクス」の株式を取得し、持分法適用関連会社化。 2017年 2月 「株式会社東京テック」の全株式を取得し、連結子会社化。 2017年 2月 商号を「株式会社SJI」から「株式会社カイカ」へと変更。 2016年 10月 「恒星信息(香港)有限公司」の全株式を譲渡。 2015年 10月 本社を東京都目黒区大橋に移転。 2015年 6月 第三者割当による新株発行にともない「株式会社ネクスグループ」が当社を子会社化。 2015年 6月 「株式会社ネクスグループ」との資本業務提携。 2015年 6月 「LianDi CleanTechnology Inc. 」の全株式を譲渡。 2015年 6月 「中訊軟件集団股份有限公司」の全株式を譲渡。 2014年 12月~2015年 2月 「中訊軟件集団股份有限公司」の一部株式を譲渡し、持分法適用関連会社化。 2014年 8月 「株式会社SJメディカル」の全株式を譲渡。 2014年 1月 「株式会社SJI」の西日本3事業を会社分割し、関連会社化(持分20%)。 2013年 12月 介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の全株式を譲渡。 2013年 7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2013年 1月 介護システム事業を行う「Care Online株式会社」の株式を取得し、連結子会社化。 2012年 7月 「中訊軟件集団股份有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。 2011年 9月 「科大恒星電子商務技術有限公司」及び「北京宝利信通科技有限公司」の出資持分の全てを譲渡。 2011年 9月 石油化学エンジニアリングサービス事業を行う「LianDi CleanTechnology Inc. 」の株式を取得し、連結子会社化。 2010年 10月 大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引 所JASDAQ(スタンダード)/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2010年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。 2009年 12月 中国香港にて、ITサービス事業会社を運営管理する「神州数碼通用軟件有限公司」の株式を取得し、連結子会社化。 2009年 7月 「株式会社SJホールディングス」と「株式会社SJI」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。 2009年 4月 「株式会社SJアルピーヌ」と「株式会社サン・ジャパン」が経営統合し、「株式会社SJI」に商号変更。 2008年 6月 「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」の日本側統括子会社として「株式会社リーディングソフト」を設立。 2006年 5月 「南京日恒信息系統有限公司」を「聯迪恒星(南京)信息系統有限公司」に 商号変更。 2006年 5月 本社を東京都品川区東品川に移転。 2006年 4月 「株式会社ティー・シーシー」と「株式会社アイビート」の営業の全てを共同新設分割し、両社の営業の全てを 承継させる新会社「株式会社SJアルピーヌ」を設立。 2005年 4月 全ての営業を新設会社「株式会社 サン・ジャパン」へ承継させ、純粋持株会社に移行。 2005年 4月 商号を「株式会社 サン・ジャパン」から「株式会社 SJホールディングス」へと変更。 2005年 3月 「株式会社アイビート」と経営統合。 2004年 10月 「株式会社ティー・シー・シー」と経営統合。 2003年 4月 「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」の出資持分を追加取得し、連結子会社化。 2003年 3月 ジャスダック証券取引所/現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。 2000年 11月 中国安徽省合肥市に、「科大創新股份有限公司」及び「ソフトバンク・テクノロジー株式会社」(設立 当初出資者「ソフトバンク・テクノロジー・ホールディングス株式会社」)との合弁会社「安徽科大恒星電子商務技術有限公司」を設立し、「科大創新股份有限公司」の業務を移管。 1999年 2月 中国江蘇省南京市に、「南京日恒信息系統有限公司」を設立し、「上海菱通軟件技術有限公司」一部門 から発展したソフトウェア開発部門を、同社に移管。 1999年 2月 中国江蘇省南京市に、「南京日恒信息系統有限公司」を設立し、「上海菱通軟件技術有限公司」一部門 から発展したソフトウェア開発部門を、同社に移管。 1998年 6月 本社を東京都中央区新川に移転。 1994年 12月 中国安徽省合肥市に、「中国科学技術大学科技実業総公司」との合弁会社「合肥科大恒星計算機技術研究有限公司」を設立。 1991年 11月 本社を東京都中央区日本橋浜町に移転。 1990年 12月 中国江蘇省南京市に、「日本恒星 南京 電脳系統有限公司」を設立。 1989年 7月 東京都文京区音羽に「株式会社サン・ジャパン」を設立。 ソフトウェア開発事業を開始。

次の