いいや、おすね。 インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白

テレワーク時代に1行で「すごく感じのいい人」と思わせる、メールに添えるひと言とは

いいや、おすね

com/gyro) メールのやりとりをどう終わらせたらいいか メールをやりとりするなかで、「いつ終えればいいのだろう?」と、悩んだことがある人も多いでしょう。 「Re. ……」と返信メールが繰り返されるほど、自分から終えるのは勇気がいるものです。 友人や同年輩の知人など、気楽に話ができる方ならば、なんとか終えられるかもしれませんが、相手が目上の方やはじめてお会いする方、しばらくメールのやりとりをしていなかった方だと、タイミングを計るのは難しいですよね。 その思いは、相手も同じです。 「そろそろ終えてくれないかな?」 「ここで返信を打ち切ったら、マズイかしら?」 やきもきしている可能性があります。 スムーズに「終了宣言」できるのが、気が利く人というものです。 実は、それもひと言でうまくいくのです。 あなたが相手に、 「了解しました。 さて、あなたはどうしますか? 「お返事ありがとうございます。 当日お会いできるのを楽しみにしております」 と返信されますか? それとも、スケジュールの確認がお互いにできているのだから、これで終了していいと考えますか?.

次の

テレワーク時代に1行で「すごく感じのいい人」と思わせる、メールに添えるひと言とは

いいや、おすね

6月、7月のおしごと算数のタイトルは 「建築家」 みんなが住む戸建ての家やアパートから、まちの中にある学校、市役所、ビル、美術館やスタジアムまで、身の回りのさまざまな建物を設計しているのが「背設計家」という仕事です。 あらゆる建物は、柱体、錐体、球体などの「立体図形」の組み合わせで出来ています。 そして、紙面上に建物の石灰図を描き、立体の建築模型を作る「設計」のプロセスでは、投影図や展開図などを用いて、「平面(2次元)」と「立体(3次元)」を変換するスキルが大事になります。 立体図形を操るスキルを学び、オリジナルの建築模型を製作する中で、図形センスが磨かれる体感的なこのプログラム。 ものを作るのが大好きな子どもたちおススメです! ワ ークショップ型って何? 一方的な講義ではなく、 自主的に参 加・体験・創作して いく参加型学習法です。 知識を浴びつづける「まなび」ではなく、自ら 探す「まなび」を目指しています。 どんな学習内容? a. school の小学生向け 「おしごと算数」の探究学習プログラムで学習します。 一つのタイトルを 2ヶ月かけてじっくりと探求していきます。 毎回タイトル最終日には プレゼンや発表の場を作ります。 「おしごと算数」とは? 暮らしや仕事の中に潜む 「算数」 を さまざなな 商売 や 職業 になって 体験しながら学ぶ探究プログラムです。 教科書からは学べない、 算数・数学的 なものの 見方 や 考え方を鍛えます。 「おしごと算数」の 3つの特徴 1.子どもたちの 「なぜ? 年齢の違う子どもたちの中で、協力したり、競い合ったり、お互いの新しい発見をする。 そんな 学びのサイクルを目指しています。 少人数制 子どもたち一人一人と向き合うため、テーブル毎にメンターが付きます。

次の

いいすぽ!

いいや、おすね

6月、7月のおしごと算数のタイトルは 「建築家」 みんなが住む戸建ての家やアパートから、まちの中にある学校、市役所、ビル、美術館やスタジアムまで、身の回りのさまざまな建物を設計しているのが「背設計家」という仕事です。 あらゆる建物は、柱体、錐体、球体などの「立体図形」の組み合わせで出来ています。 そして、紙面上に建物の石灰図を描き、立体の建築模型を作る「設計」のプロセスでは、投影図や展開図などを用いて、「平面(2次元)」と「立体(3次元)」を変換するスキルが大事になります。 立体図形を操るスキルを学び、オリジナルの建築模型を製作する中で、図形センスが磨かれる体感的なこのプログラム。 ものを作るのが大好きな子どもたちおススメです! ワ ークショップ型って何? 一方的な講義ではなく、 自主的に参 加・体験・創作して いく参加型学習法です。 知識を浴びつづける「まなび」ではなく、自ら 探す「まなび」を目指しています。 どんな学習内容? a. school の小学生向け 「おしごと算数」の探究学習プログラムで学習します。 一つのタイトルを 2ヶ月かけてじっくりと探求していきます。 毎回タイトル最終日には プレゼンや発表の場を作ります。 「おしごと算数」とは? 暮らしや仕事の中に潜む 「算数」 を さまざなな 商売 や 職業 になって 体験しながら学ぶ探究プログラムです。 教科書からは学べない、 算数・数学的 なものの 見方 や 考え方を鍛えます。 「おしごと算数」の 3つの特徴 1.子どもたちの 「なぜ? 年齢の違う子どもたちの中で、協力したり、競い合ったり、お互いの新しい発見をする。 そんな 学びのサイクルを目指しています。 少人数制 子どもたち一人一人と向き合うため、テーブル毎にメンターが付きます。

次の