信越 半導体 白河。 沿革と歴史

「信越半導体株式会社白河工場」(西白河郡西郷村

信越 半導体 白河

信越化学工業は、東日本大震災の直後から操業停止が続く信越半導体白河工場(福島県西白河郡西郷村)を4月中にも、鹿島工場(茨城県神栖市東和田)の塩化ビニール樹脂プラントを5月下旬にもそれぞれ再稼働させる。 震災で受けた設備の損傷やインフラの寸断を修復し、主力生産拠点の機能回復を急ぐ。 白河工場は信越化が直径300ミリのシリコンウエハで主力とする生産拠点。 ウエハの材料となる単結晶(インゴット)も手掛けている。 白河工場の詳しい生産能力について信越化は明らかにしていないが、グループ全体で月産100万~110万枚(300ミリウエハ)とされる信越化の生産能力の半分以上は占めているとみられる。 白河工場からは、主に日本やアジアの半導体メーカーへ供給しているようだ。 信越化学は4月11日、白河工場について「近日の再稼働に向けて準備を整えている」と発表した。 地震発生前に製造した在庫品の出荷についてはすでに再開した。 「近日」の解釈について、一部では「1~2週間以内」と報じられているが、実際には「今月末までに一部の設備を動かすのが目安で、全体の復旧時期はまだメドが立っていない」(信越化学広報部)という。 シリコンウエハは超精密な加工が必要な製品であり、製造設備の再調整や品質の確認などに時間を要しているようだ。 信越化学は半導体シリコンウエハの世界市場で3割程度のシェアを持つ。 その主力工場が停止している事態をざっと見積もると、少なくとも世界の1~2割程度の半導体シリコンウエハが、1カ月以上にわたって生産できていない状態にある。 4月中の稼働再開も一部にとどまり、その状態が長期化すれば、電気製品や自動車など半導体を用いるさまざまな工業製品に関連する産業や企業への悪影響が及ぶ可能性がある。 信越化学は群馬や長野、米国などで直径300ミリのシリコンウエハをつくる工場で、白河工場の代替生産を検討しているが、その準備にも時間がかかりそうだ。 シリコンウエハは汎用的な製品でなく、顧客の半導体メーカーごとに細かく仕様が異なるためだ。 半導体はパソコンや携帯電話などの電気製品のほか自動車などにも使われている。 めぐりめぐって、それらの産業のサプライチェーンに重大な影響を及ぼすおそれもあるといえそうだ。 鹿島工場の塩ビ樹脂プラントは、原料の調達先である三菱化学の鹿島事業所が5月20日をメドに稼働を再開する見込みとなったことに併せて、復旧を目指している。 鹿島工場では光ファイバー用部材のプリフォームもつくっているが、4月11日に部分的な操業を再開した。 塩ビ樹脂、プリフォームともにコンビナート全体の復旧に合わせて本格的な操業再開を目指す。 (武政 秀明 =東洋経済オンライン).

次の

半導体用シリコンウェハの出荷面積が4四半期連続で減少

信越 半導体 白河

本社() 略称 信越化学 本社所在地 〒100-0004 二丁目6番1号 設立 事業内容 塩ビ・化成品、シリコーン、機能性化学品、半導体シリコン、電子・機能材料、加工・商事・技術サービス 代表者 代表取締役副会長 代表取締役 資本金 1,194億19百万円 (3月31日現在) 発行済株式総数 416,662,793株(2020年3月31日現在) 売上高 連結:1兆5,435億25百万円 単独:8,453億56百万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:4,060億41百万円 単独:1,476億39百万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:4,182億42百万円 単独:1,674億12百万円 (2020年3月期) 純利益 連結:3,140億27百万円 単独:1,318億36百万円 (2020年3月期) 純資産 連結:2兆7,231億41百万円 単独:8,218億94百万円 (2020年3月期) 総資産 連結:3兆2,304億85百万円 単独:1兆1,562億55百万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:21,735名 単体:3,011名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 11. , Ltd. )は、に本社を置く、のである。 ・一部上場。 及びの構成銘柄の一つ。 概要 [ ] 、、、などを主力商品とする。 特に塩ビとウエハでは世界シェア首位。 では日本で最大のシェアを有する。 近年は13期連続の増益を達成していた。 東証1部の化学セクタに上場する企業としては唯一、に組込まれており、同セクタ内で最大のの企業である。 また、製品では業界内でシェアが高いものも多い。 同根企業は(事業会社としては)、、、などがある。 100%子会社のシンテックは、米国に世界最大の塩ビ生産工場を持ち更に増設工事中。 沿革 [ ]• - 信越窒素肥料株式会社として発足• - 信越化学工業株式会社に社名変更• - を合併、武生工場とする• - に株式上場• - 株式会社を設立• - 信越半導体株式会社を設立• - シンテック社(米国)を設立。 から米国テキサス州で塩ビの生産開始• - 小田切新太郎が社長に就任• - 信越ポリマー株式会社が株式上場• - 小田切新太郎社長が会長、小坂雄太郎専務が社長に就任• - 金川千尋副社長が社長に就任• - 森俊三副社長が社長、金川千尋社長が会長に就任• - 森俊三社長が取締役相談役、秋谷文男副社長が副会長、斉藤恭彦副社長が社長に就任 歴史 [ ] 、日本窒素肥料(現:・事業会社としては)と地元資本との合弁会社としてに設立された。 当初、(現:)の工場で、日本窒素肥料水俣工場の技術を導入し、を生産していた。 主な製造拠点 [ ]• 直江津工場()• 武生工場()• 群馬事業所()• 鹿島工場() 関連会社 [ ] 2018年3月末時点の子会社及び関連会社総数は140社である。 シンテック社 - 世界最大の塩ビメーカー。 ロビンテック社(米国)との合弁事業として設立。 に信越化学の100%子会社。 信越半導体 - シリコンウエハーで世界最大のマーケットシェア。 同社の半導体部門が分離独立。 信越エンジニアリング• - 日本の化学系諸工業セクターの会社。 - との対等出資。 持分法適用関連会社。 - 発祥の半導体メーカー商社。 日信化学工業 - 新日本窒素肥料(現チッソ)との合弁で塩ビ製造のため設立した。 現在は塩ビ・酢ビ共重合樹脂や各種エマルジョン等を製造・販売している。 タツノ化学 - とともに支配株主となっているプラスチック製フィルム・シート等のメーカー。 長野電子工業 - 工業用機械メーカー・不二越機械工業(長野市。 富山県の「不二越」とは別会社)との合弁で設立したの半導体メーカー。 直江津電子工業 - 上記子会社との合弁で設立したの半導体メーカー。 - 旧小坂系の製品メーカー。 に信越グループ入り。 - 信越協同建設(のち信建産業)を母体とした建設・不動産業を兼業する複合商社。 - および信越石英との合弁で設立。 - 旧信越酢酸ビニルが、系樹脂化学メーカーであった旧ユニチカケミカルとの合併により誕生した酢ビ系メーカー。 脚注 [ ] []• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

信越半導体,300mmウエーハ製造ラインを建設

信越 半導体 白河

国際半導体製造装置材料協会 SEMI は11月12日 米国時間 、SEMI Silicon Manufacturers Group SMG によるシリコンウェハ業界の分析結果をもとに、2019年第3四半期 7~9月期 の半導体向けシリコンウェハの出荷面積が4四半期連続で減少したことを発表した。 同第3四半期は前四半期比1. SEMI SMG会長のShin-Etsu Handotai America 信越半導体アメリカ 技術担当ディレクター ニール・ウィーバー Neil Weaver 氏は「シリコンウェハの出荷面積は引き続き、過去最高であった2018年を下回る水準が続いている。 長引く地政学的な緊張による世界規模の景気減速が影響している」と語っている。 半導体用シリコンウェハの出荷面積の推移 出所:SEMI シリコンウェハ出荷面積減少の背景 メモリバブル全盛であった2018年第3四半期までと比べて、メモリバブルが崩壊した2019のウェハ出荷面積が縮小するのはやむを得ないだろう。 一方で、2019年第3四半期のDRAMサプライヤの売り上げは、前四半期比で2期連続の増加傾向を示している。 にも関わらず、ウェハの消費量が伸びていないという背景には、DRAMサプライヤ各社が、いまだに在庫調整を進めている段階であるほか、従来のようにウェハの投入枚数を増やして生産能力を高めるのではなく、微細化に注力して1Y-nmさらには1Z-nmプロセスを採用することで、ウェハ1枚からとれるチップ個数を増やす作戦をとっているためであろう。 その結果ともいえるのがSUMCOが先ごろ公表した2019年1~9月期 3四半期の累計 の連結決算であろう。 やはりメモリ向けウェハの販売が振るわなかったという。 値上げが奏功した信越半導体 半導体ウェハのもう一方の雄である信越半導体だが、親会社の信越化学の決算資料によると、4~9月期 2019年会計年度上半期 のシリコンウェハ事業の営業利益は前年同期比11. 要因としては、ウェハ価格を値上げした効果が出たほか、大口顧客向けウェはが長期契約に基づいて、市況変動の影響を受けにくい体制を整えていたことが挙げられる。 ただし、10~12月期については、メモリの在庫調整が継続するとSUMCOと同様の見方をしている。 信越半導体の白河工場 福島県 は11月12日、発火事故が発生し従業員に負傷者が出たことを親会社である信越化学が公式に発表している。 屋内ガス配管清掃中に爆発事故で火災が発生し、従業員2名が負傷したという。 これにより製造ラインが一時停止した模様だが、公式発表がなされた段階では、操業を再開しているという。 なお、この事故がどの程度、今後の業績に影響を与えるのか、また事故の原因は何なのかなどについての詳細は不明となっている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の