カンザキ イオリ 過去。 『命に嫌われている』の歌詞の意味を知ったら、世界観が変わった。

『命に嫌われている』の歌詞の意味を知ったら、世界観が変わった。

カンザキ イオリ 過去

カンザキイオリは初音ミクだけでなく、鏡音リン・レン、IA、琥珀メリーなど様々な楽曲政策ソフトを使用して作曲、編曲を手掛けています。 初投稿の「プロテクト」という楽曲投稿時は「黒柿」という名義で投稿していました。 作風が人に思いを伝えることを重視するのではなく「自分」に重きを置き、苦悩と葛藤が書かれていることが多く、問いかけてくるようなメロディーで多くの若者の共感を得ています。 楽曲、コーラスなどカンザキイオリ自身も歌っている楽曲があります。 しかしそんなシリアスな楽曲を発表するカンザキイオリは生き物大好きで明るい性格の持ち主。 エゴサーチに没頭したりSNSで楽しませてくれる人柄を持っています。 現在はイメージソングの書き下ろしや、Vtuberへの楽曲提供等の活動も積極的に行っていて、幅広く活躍しています。 歌詞には負けていない音の共鳴 この曲の印象的なのはなんといってもスタートから走り出すかのような疾走感溢れる四つ打ちのタイトなリズム、そのリズムは一見心臓の音にも聞こえますよね。 このリズムを引っ張っているのが人の性格を表しているような淡々とした電子ピアノ、そこにベースが加わり、曲の中盤へ差し掛かると悲壮感を表すかのようなストロングス、控えめにギターが加わると徐々にいろんな感情がぶつかり合っているようです。 後半へ差し掛かると全体で音質を変化させ、音で人を表すかのような表現で、シンプルなように聞こえますが複雑に入り組んでいて、音だけでも歌詞を表しているような音楽性を感じることができるのではないでしょうか。 「命に嫌われている」の歌詞を読み解く 『命に嫌われている』は、なんといってもインパクトが強すぎるほどの歌詞が特徴です。 周囲に対しての若くトゲトゲしい否定、その否定を周囲に投げかけ共感を求めるところから始まります。 ---------------- 「死にたいなんて言うなよ。 」 「諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 そんな中、綺麗事を歌う歌はエゴイズムだと言い切りますが、これは感情の二面性を表現しているように感じます。 特に「自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて」という部分が孤独になりたくない、一人にしないでという心を隠していてかまってほしいという気持ちを表わしていることが隠されているようです。 ---------------- 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 少年時代好きだった子に対して嫌がらせをする行動に似ていますよね。 ---------------- 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 ネット上で言いたい放題言うこと。 それによってどこかで誰かを傷つけているかもしれない、迷惑をかけているかもしれないという後ろめたい劣等感の塊を表しているのでしょうか。 ---------------- 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 そしてこのあとの歌詞と合わせるとベッドに逃げ妄想にふける姿が目に浮かびます。 ---------------- 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 ここからは少年が青年に生まれ変わると同時に、いろいろなことに気付きはじめるような歌詞に変わっていきます。 誰でもいいのではなく、ここで自分が伝えたい人を見つけることができ、自分が望んでいるものは大切な人が生きていればそれでいいのだということに気づきます。 ---------------- 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 ここは大切だと気付いた人と向き合い進んでいくという覚悟が感じられます。 そしてそれは自分だけでなく、一緒に頑張ろうという強いメッセージを伝えています。 強いメッセージを伝えていた「命に嫌われている」 一人の青年の成長が伺える「命に嫌われている」という曲はたくさんの視点から世界観を見ることができます。 現在の生活に疑問を抱いている人、生きることに疲れた人、落ち込んでいる人にとって、前半で共感を得て後半は励まされ、ポンと背中を押される一曲ではないでしょうか。 この曲は暗いと思われがちな曲ですが、「本当は頑張るんだ。 諦めないぞ」という生命力の溢れた楽曲です。 今一度、生について向き合い、聞いてみると違う一面を発見できるかもしれません。 の歌詞をもう一度読んでみる.

次の

『命に嫌われている』の歌詞の意味を知ったら、世界観が変わった。

カンザキ イオリ 過去

今回も僕が大好きなボカロPのお話です。 今回のカンザキイオリさんは一度曲を聴くと ヤミツキになること間違いなしです! というのも僕も最初は別の人の 「歌ってみた」動画で知ったんですが、 曲があまりにも独特なんです! なんていうか心に染みるんです。 で、気づいたら夢中になって聴いてました。 普段、お話してる 「須田景凪(バルーン)さん」も もちろん大好きです。 でも違った魅力と感性が カンザキイオリさんの曲には詰まっています。 そこで今回は、 「カンザキイオリさんって何者?過去の家庭環境や生年月日、年齢、性別は?」 ということをまとめてみました! スポンサーリンク カンザキイオリさんの過去の家庭環境が気になる! なんか無粋な話ですかね?ww ですが、ちゃんと理由があるんですよ!? カンザキイオリさんの曲を 聴いたことがある人は 分かると思います。 カンザキイオリさんの曲って なんか全体的に「闇」を 感じる部分があるんですよね。 先に言っておきますが、 悪い意味じゃないですよ!! では、調べた結果なんですが、 そういった闇的な情報はありませんでした。 ですが、一曲の紹介文が気になりました。 「アダルトチルドレン」いう曲なんですが この紹介文の 「家族愛の歌です」が 気になって歌詞を見てみました。 曲の真ん中あたりでは 「嫌われないように繕った笑顔で友達ができた 繕う相手は違ったが心から嬉しかったんだ それから少しずつ自分が汚く黒く思えてきて うまくしゃべれなくなっていた。 気づけば皆離れてった」 友達を必死に作ろうとして でもウソをついてる自分が嫌になって 気づいたら作った友達もいなくなる。 切ないですよね・・・。 自己嫌悪と打開策が見えない 毎日に苦しんでいるのが分かります。 そして 「僕だって、同じように愛のある家に生まれて 笑いあって、生きててよかったねって素直に言い合えて 変われない今日よ終わって 変わらない今日よ終わって」 さっきの自己嫌悪は他人への嫉妬だったんですね。 単純に「愛」が欲しいのにもらえない毎日・・・。 同じ歌詞が2回繰り返し入っているのは そんな日々が変わってほしいのが、 強い表れだと表現しているのでしょうね。 最後に、 「変われない今日が苦しくってもう 誰も彼も何も信じられなくてさ。 とうとう言っちゃうのさ 「愛されてるくせに」 「ずるいよ」」 そんな辛い毎日に耐えかねて 家族も友達も信じられなくなり 最後の2言を言ってしまうのでしょうね。 ですが、歌詞は「言っちゃうのさ」になっています。 つまり言わないとやってられなかったんですね。 この「のさ」には限界だったんだというのが伝わってきます。 違うと信じたいですが、 これがカンザキイオリさんの 過去だとしたら悲しすぎだよね・・・。 ですが、大丈夫でしょう! だってそんな情報は 一切無かったんですから・・・。 スポンサーリンク カンザキイオリさんの生年月日、年齢、性別は? ある程度の情報は見つけることが出来ました! ですが、さすがはボカロPと言ったところ、 情報が少なすぎて大変でしたよww 先に書きますが、 性別に関しては明確な情報は ありませんでした。 やはり顔や声を出していないので 判断出来ませんね。 カンザキイオリさんの生年月日、年齢について 詳しい年齢は分からなかったので 何年産まれかは分かりませんでした。 ただ、誕生日は過去に ツイッターでつぶやいていました。 誕生日は「3月11日」です。 年齢ですが、ボカロPという活動は 若い世代の方が活動しています。 カンザキイオリさんも昔から 活動されています。 「アダルトチルドレン」も 2017年に公開されています。 そう考えるとまだ 20代の可能性が高いですね。 スポンサーリンク カンザキイオリって何者?過去の家庭環境や生年月日、年齢、性別は?まとめ いかがでしたか? 僕は色んな曲を聴いていくうちに ハマったというか・・・。 なんて言うか、僕はすごい共感というか 大げさに言うと「泣いて」しまったんですよ・・・。 カンザキイオリさんの曲は 考えさせられる曲が多いですが シンプルに感動する曲も多いですよ。 先ほどの「アダルトチルドレン」や 「あの夏が飽和する」など。 ボーカロイドの声が苦手という人はいると思います。 でも、「歌ってみた」でのカバーもあります。 そちらで聞いてみてください。 それでも感動しますよ! あと、PVは至ってシンプルです 笑 これにてまとめを終わります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

番外

カンザキ イオリ 過去

映画は、主人公:初の心の成長を軸に展開される少し大人なストーリーで女子高校生のリアルな心情を描いた人気少女漫画「ホットギミック」(原作者:相原実貴)が原作。 主人公の成田初を堀、初に心惹かれる3人の男性キャストを清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗と、若手実力派俳優たちが演じ、桜田ひより、上村海成、反町隆史、吉岡里帆らが脇を固める。 初が恋をするのは同じマンションに住む3人=初の弱みを握る同級生・橘亮輝(清水)、数年ぶりに帰ってきた幼馴染・小田切梓(板垣)、初の兄・成田凌(間宮)。 恋に落ち、空虚な日常は彩りを得て、幸せな時を過ごすも、「なんで…」と涙を流す場面を皮切りに、物語は急展開。 「私の初恋は消えちゃったんだね」と初の切なく零すセリフに続き、亮輝、梓、凌らの想いが交差し、それぞれの悩みもがくシーンが連続していく。 みずみずしさをそのままに、恋にもがく不安定な初を体現した堀、そして、清水、板垣、間宮たちの感情迸る繊細な名演技に加え、桜田、上村、反町、吉岡らフレッシュ&豪華実力派俳優たちの本編映像も初解禁となった。 そして、予告編を更に盛り上げるのは、今回情報解禁となった主題歌「夜が降り止む前に」。 作詞・作曲・編曲を手掛けたのは新世代を代表するボカロPのカンザキイオリ、歌唱は当時14歳だった2018年10月に突如YouTubeに登場し、現在注目度急上昇中の次世代バーチャルシンガー・花譜(かふ)が担当。 花譜はYouTubeデビュー後、その類まれな歌声とSNSにアップされるリアルとバーチャルが融合した映像や写真が話題を呼び、フォロワーが急増。 現在YouTubeチャンネル登録者は5万人を超え、2018年12月に公開した「心臓と絡繰」は130万再生を記録している。 2人に白羽の矢を立てた山戸監督は楽曲に関して「花譜さんとカンザキさんの芽吹くような才気に、心打たれました。 エンドロールの暗闇に、歌声と物語と聴く人の心が、交わる主題歌でした。 」とコメントしている。 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、6月28日(金)公開。 花譜 ムビチケカード特典クリアファイル カンザキイオリ 「ホットギミック ガールミーツボーイ」 花譜 コメント 一言も漏らさずに聞きたい、まばたきをするのがもったいないと思ってしまうほどに綺麗で素敵な映像でした。 映画の主題歌という今まで生きてきた中で夢にも思わなかった大役を頂き、とても貴重な体験をさせてもらいました。 山戸監督、カンザキイオリさん、そしてこの映画に携わったたくさんの方々にたくさんのありがとうを言いたいです。 カンザキイオリ コメント どこに行けばいいのかわからない恋心を、「夜の中、たったひとつの大切な何かを探しに行く」という世界観で表現しました。 この歌が、揺れ動く感情を抱えている全ての人の心に、変化をもたらしてくれると信じています。

次の