瞬間男子 りっくん。 人気ブロガーランキング10選!「稼ぎ方・収入・仕組」を徹底考察してみた。┃【受講者の口コミ多数】プログラミングスクールでおすすめの人気10社徹底比較!

入会して2ヶ月目で西野亮廣エンタメ研究所を退会した理由

瞬間男子 りっくん

どうも、京都のプログラミングスクール「テクテック」を運営しているエンジニアのクウルス です。 エンジニアを目指して勉強中の方や駆け出しのエンジニアに向けて役立つ情報を発信しています。 プログラミング学習や仕事で抱えているタスクを進めるにも、長時間集中して取り組むことって難しいですよね。 2時間取り組んでいたとしても、その2時間ずっと集中しっぱなしなんてことはほとんどありえないと思います。 特に難しいことにチャレンジしている時は集中力が途切れがちです。 私もプログラミング学習をスタートさせた時にはわからないことがたくさん出てきたら集中が切れてしまいがちでしたし、エンジニアとしてのタスクをこなすようになった今でも同じ現象が起きます。 その対策として、 ポモドーロテクニック(Pomodoro Technique)というものを活用しています。 イタリアのソフトウェア企業に勤めていた方が考案された時間管理術で、 世界中のIT企業やエンジニアに実践されている画期的なテクニックです。 やり方はとーってもカンタン、めちゃくちゃシンプル。 For many people, time is an enemy. We race against the clock to finish assignments and meet deadlines. The Pomodoro Technique teaches you to work with time, instead of struggling against it. A revolutionary time management system, it is at once deceptively simple to learn and life-changing to use. (引用元: ) 私なりに訳させていただくと、、、• 2018年に出されたポモドーロテクニック開発者本人が書いた公式本の日本語訳版で、2019年に発売されています。 ポモドーロテクニックを実際にやってみた感想 私は開発業務や何かを勉強している時、さらにブログ記事を執筆している時にもポモドーロテクニックを活用しています。 とても簡単に取り入れられるテクニックなのに、すぐに効果が出るのがポモドーロテクニックの良いところです。 具体的に出た効果は大きく分けて2つです。 マルチタスクをすることが減った メールやSlackなどのチャットツールの通知を気にしながら仕事をしていると、同時に2つ以上のことを行うマルチタスクになってしまいがちです。 けれど、25分で1つのことに取り組むというルールを決めて、もし別の急なタスクが入ってきても、やることリストにパッと紙に書いておいて後回しにすることで、マルチタスクを減らすことがすぐにできました。 マルチタスクを完全になくすのは、いきなりは難しいのですが、25分経った後に あーちょっとマルチタスクの状態になってしまったなぁ・・・ という反省を休憩中に軽く入れることができるので、 マルチタスクを意識的に減らす方向に向かうことができます。 休憩の質が上がった 仕事や勉強の休憩って、 誰かに管理されていない場合は不定期に時間を決めずにやってしまいがちです。 学校で休み時間が決まっていた時のように、 ちゃんと定期的に休憩を取ることで、メリハリが出てきましたね。 さらに5分という時間が体感的にちょうど良くて、トイレ・水分補給・軽い体操の3つ程度をこなして頭がすっきりした状態になりやすいと感じています。 私の場合は軽い運動にラジオ体操第一を入れているのですが、これが時間的にも良い具合です。 ポモドーロテクニック実践するのに便利なツール ポモドーロテクニックはタイマーとタスクメモさえあればすぐにできますが、より効果的に実践するためのツールがあるので紹介します。 Macアプリ「Just Focus」 私が普段使っているツール「 Just Focus」です。 ポモドーロをスタートさせて25分経つと、強制的にMacの画面が休憩画面に切り替わるというアプリです。 Just Focusを起動すると、Macのメニューバー右上で25分のタイマーが自動で作動します。 そしてタイマーが25分経つと、強制的に画面全体が休憩用画面に切り替わるので、Macでの作業ならば絶対に中断できます。 iPhoneアプリの方は私は普段使っていないのですが、このアプリはシンプルに作られているので、Mac以外での作業に使うのに便利だと思います。 Just Focusほどの強制度合いはありませんが、十分使いやすいです。 ポモドーロテクニックを実践した他の人の体験談 私以外の周りの方の体験談も合わせてご紹介します。 「瞬間男子」りっくんの記事 京都で活動するフリーランスのりっくんがポモドーロテクニックを積極的に活用して、日々の生産性を上げています。 【 Macユーザーに届けたい 】 人の集中力は10分ちょっとで落ちているということをご存知でしょうか? ダラダラ作業しても良い成果は出ませんして、効率が悪いです。 それを解決するための「ポモドーロテクニック」というのがあるんですが、Macだと便利なアプリが…文字数 — りっくん|瞬間男子 rikkunblog.

次の

YouTuberの皆さん、動画のシナリオ台本はマインドマップで作るのが最適です

瞬間男子 りっくん

マインドマップ台本の3つのメリット 以下、りっくんさんが提唱するメリットをまとめます。 あちこちに散らばって話をしてしまうと視聴者を困惑してしまう。 そのようなリスクを避ける意味でも、事前にマインドマップで話す情報(台本)を整理しておく。 ゆえに、どのトピックが情報量として不足しているのかなど、 全体の設計を見渡すことができ、過不足があれば必要に応じてかんたんに補修をすることができます。 これによって撮影したあとに「ちょっと話すぎたかな」といった後悔がなくなるそうで、視聴者の満足度にもそれが反映されます。 でもそれだと文章化すること自体に時間がかかってしまっていた。 しかも動画の仕上がりも単に文を読んでるだけになり、淡々と抑揚がなくおのずとおもしろい動画にならないと。 いまはマインドマップを使って「キーワード」ベースで台本を作っています。 頭のなかで地図ができているので、次に何を話すのかの【概要】や【流れ】があらかじめインプットされた状態にあるのが利点。 基本はその流れにそいつつ、あとはアドリブで話す。 それが結果的にロジカルでありながら、臨場感のある動画に仕上がります。 トークも自然と論理的になる りっくんさんの動画をみていただくとわかるように、話に骨がありわかりやすいです。 頭のなかで地図ができていることがうかがえます。 トークも自然と論理的になるんですね。

次の

人気ブロガーランキング10選!「稼ぎ方・収入・仕組」を徹底考察してみた。┃【受講者の口コミ多数】プログラミングスクールでおすすめの人気10社徹底比較!

瞬間男子 りっくん

大学生(18〜22歳)にしていますが、学生であればOKにするつもりです。 高校生でもYouTubeで発信している人もいますからね。 ーー 素敵ですね〜。 つまり、発信しながら成長したい人であれば、高校生はもちろん場合によっては中学生でも可能性はあるということですね! これから活動をはじめる中高生へひとこと ーーではさいごに。 『未来のブロガー発掘プロジェクト』では、中高生にブログの魅力を広めるだけではなく、イラストやデザインなど個性を活かして発信したい「クリエイター」の活動を応援しています。 これから何か発信しようと考えている中高生や、将来イラストやデザインを仕事にしたいと考えている中高生に、ひとことお願いします。 完璧を目指さないでください。 矛盾していますが、完璧を目指すと成長できません。 ブログで記事を書く。 イラストを描く。 デザインを考える どれもある程度時間がかかりますが、8割の完成度になったら公開しましょう。 人の目につくところに。 Twitterでもオッケー。 実際、ぼくの周りも「人にみせるレベルじゃないし」といって記事を書かなかったり、イラストを公開しない人がいますが、かなり損していると思うのです。 ぼくだって、高校卒業した時点の文章力はひどいものでした。 ですが、できる限りで記事を書いて公開して、反応をもらってというのを繰り返しているうちに文章力も影響力もついてきました。 当時のぼくがそのことを知ったら驚くと思いますが、現実はそんな感じです。 数をこなして分析しているうちに道がみえてくるはずです。 ーー ぜんぜん「ひとこと」じゃなくてびっくり。

次の