ミニストップ 店舗。 【仙台】ミニストップのソフトクリーム美味しい店舗はここ!!

ミニストップ

ミニストップ 店舗

ミニストップの店舗(撮影=編集部) ミニストップの業績が深刻だ。 2020年2月期連結決算は、最終損益が57億円の赤字(前期は9億1600万円の赤字)だった。 最終赤字は3期連続。 売り上げが減ったことに加え、繰り延べ税金資産の取り崩しなどにより法人税等調整額を23億900万円計上したことが響いた。 売上高にあたる営業総収入は、前期比5. 8%減の1934億円だった。 チェーン全店売上高が前期比5. 9%減と落ち込んだことに加え、韓国のコンビニ事業が日韓関係の悪化により19年7月以降、売り上げが計画を下回ったことが響いた。 連結営業損益は30億円の赤字(前期は5億5100万円の赤字)だった。 営業赤字は2期連続。 ミニストップの国内コンビニ事業は長らく不振が続いていた。 既存店売上高は20年2月期こそ前年をわずかに上回ったものの、19年2月期まで3期連続で前年を下回っていた。 客数は19年8月まで43カ月連続でマイナスだ。 このように厳しい状況にあったため、ミニストップは不採算店の閉鎖を進めてきた。 19年3~5月には大量閉店を実施。 この3カ月間だけで193店を閉店している。 ミニストップは現在、全国に約2000店を展開する業界4位だが、大手3社の影に隠れがちだ。 業界首位の セブン-イレブン・ジャパンは約2万900店、 ファミリーマートが1万6600店、ローソンが1万4400店を展開しており、ミニストップはだいぶ後方を走っている。 店舗の販売力も見劣りする。 19年度の日販(1店舗の1日あたり売上高)はセブンが65万6000円、ローソンが53万5000 円、ファミマが52万8000円となっているが、ミニストップは42万6000円と圧倒的に低い。 店舗数の多さと日販の高さは、ある程度比例する。 店舗数が多ければ大量取引を持ちかけることができるので、商品を供給するメーカーに対して強い交渉力を発揮できる。 そのため、有利な条件で商品の供給を受けることができる。 これは特にプライベートブランド(PB)で効果を発揮する。 セブンが扱うPB「セブンプレミアム」の評価が高いのも、店舗数の多さからくる強い交渉力で良い商品を開発してもらえるためだ。 この観点から考えると、ミニストップは店舗数が少ないので不利といえる。 それが日販の低さに表れている。 高い日販を実現したコンビニは、出店もスムーズに進む。 大手3社は高い日販を背景に出店攻勢をかけ、それにより大手3社による寡占が進んでいった。 それに伴いミニストップは隅に追いやられ、既存店売上高はマイナス傾向が続くようになった。 ミニストップの反転攻勢 ところが、19年8月以降はプラスが続くようになった。 20年2月までの7カ月すべての月で前年を上回っている。 これは、商品戦略が功を奏したことによる。 まずは昨年7月に「おにぎり」の価格を引き下げて税別100円に統一したことが奏功した。 値下げしたことをアピールするテレビCMを放送するなど、積極的なプロモーションを実施したこともあり、おにぎりの売り上げは好調に推移した。 また、今年1月には「ホットコーヒー」の価格を同93 円から同80円に引き下げている。 ミニストップのおにぎりとホットコーヒーは値下げにより価格競争力が高まり、集客に大きく貢献した。 昨年9月に発売したホットスナック「チーズハットグ」も売り上げに貢献した。 チーズハットグは韓国が本場のホットドッグで、一昨年ごろから日本で若い女性を中心に流行し始めた。 ミニストップのチーズハットグは、モッツァレラチーズとソーセージをザクザクした食感の衣で包んでおり、これがヒットした。 また、10月に発売した「タピオカドリンク」も売り上げに大きく貢献している。 ブームとなったタピオカが入ったドリンク「タピオカミルクティー」と「タピオカいちごミルク」を売り出し、好評だったという。

次の

「ミニストップ」3か月で193店閉店 都市部で顕著、ネットも驚く事態に: J

ミニストップ 店舗

ミニストップとセブンイレブンでは、1店舗1日あたりの売上平均は20万円以上の差があります。 セブンイレブンは毎年純増1000店規模の出店をしてもセブンイレブンの売上平均は下がらない(むしろ上がっている)のに対し、ミニストップの売上平均は下降傾向です。 新しい店舗は当然売上が低い状態から始まりだんだん上がっていくため、新規出店は全体の売上平均を下げる要因になります。 にもかかわらず、大量出店のセブンは売上が上がり、あまり出店しないミニストップの売上が下がるのは両者にコンビニとしてのノウハウに大きな差があると言わざるを得ません。 ミニストップはセブンイレブンに比べれば、本部の取り分の率は低いのですが、もともとの売上が(1日20万円も)低くてはオーナーの生活も楽ではありません。 当然本部も儲かってるとは言い難いですし、積極的に設備投資をしたり商品開発にお金を掛ける余裕もありません。 よって今、大量出店をしたところで利益を出せないオーナーを大量に産み出すだけですし、本部としても出店の投資でジリ貧になってしまうだけです。 今は親会社イオンの意地でミニストップを続けている状態ですが、将来的には切り離して売られてしまう可能性も高いと思います。 コンビニは、我々の目には店舗しか映りませんが、それらを 支えるための体制が無いと出店出来ません。 具体的には、 コンビニのメイン商品である、お弁当、おにぎり、サンドイッチ 麺類、惣菜類などを、365日24時間体制で生産する工場が 各エリアに必要です。 またできたものを、1日に4~5回運ぶ 物流体制、前述の商品以外を保管して、オーダーに応じて 補充するデポなどです。 そういうバックアップ体制があって、初めてお店を出せるの です。 すでに多店舗を出店しているコンビニは、かなりのエリア がカバーできているので、新規出店も可能ですが、元々店舗数 の多くないミニストップは、このバックアップ体制が充分で ないので、積極展開できないのです。 バックアップ体制を構築するのは、お店を出すよりもずっと 時間とお金がかかります。 ミニストップは、この問題で前に進 めずじり貧状態なのです。 このままでは先が無いので、いずれ 大手のどこかと統合すると言われています。 (名前が出ているのはローソン).

次の

ミニストップ、ソフトクリーム専門店の出店を開始、早期に100店舗目指す _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ミニストップ 店舗

店舗の経営をめぐり、オーナーと本部が対立しているーー。 宮城県石巻市にあるミニストップ石巻渡波店のオーナー(56)は11月15日、強引に店をやめさせられたとして、本部を相手に慰謝料など220万円を求めて、仙台地裁石巻支部に裁判を起こした。 別途、損害賠償を求める裁判も予定している。 店舗は11月8日、本部によって閉鎖された。 同日、本部社員が契約解除の通知書を示したうえで、店舗の関係者を店外に追い出したという。 オーナー側はこの「追い出し」が原則禁止されている「自力救済」に当たると主張している。 石巻市は2011年の東日本大震災による被害が大きかった街の1つ。 この店舗も一時営業できなくなったが、再開が早かったため、繁盛していたという。 しかし、最終的には、オーナーが自宅や車を売却し、借金を重ねることに。 毎日の売上金を本部に送金することも困難になっていったという。 コンビニビジネスでは、未経験者がオーナーになるなど、経営力が不足した加盟店も珍しくない。 本部の言いなりになり、泥沼にハマる事例も散見される。 実態をあらわす一例として紹介したい。 東日本大震災の影響で一時営業できなくなったが、営業再開が早かったため、1日の売り上げが200万円近くになることもあったそうだ。 ミニストップの平均日販は43万円(2019年度)ほどだから、かなりの金額だったことがわかる。 ただし、本部に納めるロイヤルティーの関係で、店の利益は日販ほど大きくはなかったという。 というのも、売り上げ(より厳密には売上総利益)が増えるほどロイヤルティーの比率が高くなるよう設定されているからだ。 店側が土地の賃料などを持つ代わりに、ロイヤルティーは定額で低く抑えられるというもの(SLタイプ)だ。 しかし、本部の勧めに従って、契約タイプを変えたものの、街の復興が進み、営業する商店が増えたため、店の売り上げが落ちるようになっていった。 賃料などの負担がのしかかり、オーナーの収入がほとんどないという月も珍しくなくなっていったという。 本部に契約タイプの再変更を申し入れたが聞き入れられず、金策を勧められるばかりだったそうだ。 オーナーは自宅を売り、車を売り、銀行などからお金を借りて、営業を続けた。 やめるにも違約金がかかるからだ。 ようやく、2017年になって、特例的に本部が土地の賃料などを持つ契約(N-MLタイプ)に変更できたが、借金の返済もあり、生活の厳しさは変わらなかった。 なお、ミニストップの契約期間は7年だが、契約タイプを変更すると期間がリセットされるという。 自己破産を視野に入れたものだったという。 店舗の経営指導員からは、新しいオーナーを探す必要などがあるため、2020年2月まで経営を続けてほしいと言われ、オーナーも納得していたという。 しかし、中途解約の書類は地区のマネージャーのところで止まっており、結局認められなかったという。 経営を続けるにしても、店からすれば、お金がないのだから生活できない。 本部から毎月30万円の奨励金が出ていたそうだが、生活費や借金返済などのため、売上金の送金が完全にはできなくなっていったという。 10月31日には、本部から未送金の約195万円を納入しないと契約を解除するという通告書が届いた。 オーナーは弁護士を立てて交渉したが、聞き入れられず、11月8日、店から追い出された。 「『客に迷惑をかけるな』というので、津波のときも台風のときも、店を閉めないようにと13年間、24時間やってきた。 特にこの2年半は1日も休んでいない。 寝ずに働いてきたのに、税金すら払えないのはつらかった」 一千万円を超える借金を抱えるようになったことも、「自分が無知で本部の言われるがままにしてしまったのが悪かった」という気持ちもあり、円満に解約を迎えようと思っていたそうだ。 しかし、閉めたいといっても店を閉めさせてくれず、弁護士を立てたら、有無も言わさず急に店から追い出すという本部の対応には納得がいかないという。 「毎日のように来てくれるお客さんもいた。 ミニストップの契約解除をめぐっては今年11月、徳島県北島町の加盟店も売上金を送金できなくなったことを理由に契約を解除されている。 FNN PRIMEの記事(11月12日)によると、この店舗のオーナーも経営不振を訴えたところ、本部から借金するように言われたという。 ミニストップが公開している資料によると、2014〜2018年度に加盟店が本部を訴えた裁判は4件。 2019年度は福島県の加盟店オーナーが裁判を起こしており、今回も含めて、少なくとも2件の裁判が起きている。 外部サイト.

次の