アンチテーゼ 適正。 【モンスト】アンチテーゼの評価|SS仕様&注目すべき3つの強さ

モンストアンチテーゼに勝てないで難しい?攻略解説や無課金編成について解説!

アンチテーゼ 適正

HP満タン時では通常時の5倍にまで直殴り火力が上がる。 なお、HPに応じて攻撃力アップは、友情火力には影響しない。 HPによる攻撃力アップもあるため、友情よりも直殴りのほうがボスを削りやすい。 直殴りなら最大で、 通常の15倍のダメージを与えることが可能だ。 ドクロマークの効果を把握する 雑魚や中ボスのほとんどがドクロマークを持つ。 それぞれ効果が違うため、しっかり把握しておこう。 ステージ4の ガブリエルのドクロは高火力メテオ&毒のため、絶対に倒さないように。 雑魚のドクロ効果一覧 ケテルのHP 約1,760万 攻略の手順• 2:HWで回復しながらケテルを攻撃• 3:ケテルを倒す ケテルは開幕に全体アビリティロックをする。 この状態でDWに触れると大ダメージを受けるため、L字展開にならないよう注意しながら雑魚を倒そう。 DWの展開方向は、ドクロマークの位置によって決まっている。 ケテルのHPの削り方 ボス1のケテルは距離が近いほどダメージが増える攻撃が多い。 ブレスや長薙ぎ払いは複数体が受けると大ダメージとなるので、遠距離に味方を配置して攻撃を行おう。 混乱した味方は無理に攻撃しようとせず、HW回復に専念すると良い。 ボス第2戦!ゾンビは2体同時に倒す ケテルのHP 約2,000万 攻略の手順• 1:初手は地雷雑魚を倒さない or SSで一掃する• 2:ゾンビを2体同時に倒す• 3:地雷ロボを2体倒す• 4:ケテルを倒す ボスが1ターン目に全体HPを4にする。 地雷を展開されると回復の妨げになるので、初ターンは地雷ロボを倒さないようにしよう。 もしくはSSに余裕があるなら、使用して雑魚を一掃しても良い。 ボス右下攻撃までにHPを2万以上にする ボスの右下は1体5,000の長薙ぎ払い。 範囲内に4体味方がいても耐えられるよう、HPが2万以上になるよう回復すること。 地雷が展開サれている場合は、過剰に踏まないように弾く角度に気をつけよう。 ボス第3戦!横軸で弾いて魔法陣を回避.

次の

【モンスト】アンチテーゼの適正/攻略パーティ

アンチテーゼ 適正

スピードは200程度と鈍足だが、ゲージ成功時の攻撃力が42000以上ということもあり、弱点キラーと超アンチダメージウォールが発動した際には直殴りで大ダメージを狙える。 ちなみに、光属性の貫通タイプで同系統のアンチアビリティ持ちは、ゲーテ(進化)のみとなっている。 友情コンボはクロスウェーブに加え、新登場の爆撃を所持。 爆撃は、ウェーブと同じように90度に向けて射出され、戦闘機が一定間隔で爆弾を落としながら移動していくというもの。 この爆発には友情コンボ誘発の効果もある。 なお、パワー型ではあるものの、ベースの弱点キラーの効果が反映されるため、威力に期待できる局面は多い。 威力が非常に高いうえ、大黒天のものと同じくギミックの消去と友情の誘発が可能だ。 オススメのクエストは、ケテル、不動明王廻、アカシャ、覇者の塔34階など。 ほかにも、ピタゴラス、ブリアレーオなどでも活躍する。 【適正クエスト】 攻略 など アンチテーゼの総評 アンチテーゼは、鈍足ながら直殴りが非常に強力なモンスター。 また、友情・SSともに威力が高く、総じて攻撃性能に優れたモンスターとなっている。 ゲットできるクエストの難度は非常に高いが、スペックに魅力を感じる場合はぜひ入手して獣神化を目指そう。 アンチテーゼのステータス 進化形態 HP 攻撃力 スピード アビリティ 獣神化 25312 35392 (42470) 201.

次の

【モンスト】《運4もいけそう?》新轟絶「アンチテーゼ」枠3周回編成&立ち回り解説!

アンチテーゼ 適正

99倍 ドクロマーク• 光魔道士:防御力ダウン 約6倍• 闇魔道士:防御力アップ ビットン - 蘇生 - 伝染霧 ガッチェスの攻撃 約5,500ダメージ アンチテーゼ 轟絶 攻略のコツ 新ギミック「ビジョンベース」が登場! アンチテーゼ 轟絶 では、新ギミック「ビジョンベース」が登場します。 ビジョンベースは、ステージ上に複数個存在し、手番のキャラがビジョンベースを踏むと、 他のビジョンベースから分身が発射されるギミックです。 分身した弾は直殴りよりも攻撃力が高く設定されているため、 ビジョンベースから発射された味方でダメージを与えていく必要があります。 ビジョンベースの仕様解説 ・ベースで放出された分身は攻撃アップ ・ベースを踏むと別のベースから分身が発射 ・複数のベースを踏んでも、分身の放出は1ターンに1回のみ ・踏んだベースからは分身が放出されない ・分身の放出方向は踏んだ方向になる 貫通のAB持ちが必須 アンチテーゼ 轟絶 では、クエスト全体でブロックが敷き詰められています。 ブロック対策をしないと身動きがとれないため、必ずAB持ちのキャラを編成しましょう。 また、貫通タイプではないとビジョンベースで敵を倒すルートが描きにくくなるため、できるだけ貫通タイプを優先しましょう。 2種の魔道士は光を最後に倒す アンチテーゼ 轟絶 に登場する魔道士は、闇を倒すと敵の防御力がアップして光を倒すと防御がダウンします。 敵が防御アップ中ではダメージが通らないため、必ず防御ダウンさせる立ち回りをしましょう。 亜人族の編成は2体まで アンチテーゼ 轟絶 に出現するガッチェスは亜人キラーLを持っており、伝染霧の攻撃を行うため複数の編成は危険です。 亜人族を編成する場合は、なるべく2体までにしましょう。 道中で出現する信号鬼のワンパンラインを記載しています。 弱点1貫通で処理できるように調整することで、ボス戦までの攻略に役立ちます。 適正キャラランキング 適正キャラ Sランク 適正理由• ・防御ダウン後の状態異常弾SSが強力• ・弱点キラーで火力が高い• ・弱点露出SSでサポートできる• ・高いスピードのステータスが優秀• ・全属性キラーで火力が高い• ・乱打SSで魔道士を倒せる• ・MS-Lで火力が上がる Aランク 適正理由• ・友情で魔道士処理ができる• ・SSで味方の速度を上げられる• ・SSで一定期間速度がアップ• ・地雷回収時の直接攻撃が強力• ・ギミックに完全対応• ・弱点キラーの火力が高い• ・弱点キラーで大ダメージを狙える• ・加速が味方のサポートに• ・アンゴルモアSSで魔道士が倒せる Bランク 適正理由• ・幻妖キラーがボスに有効• ・SSで一定期間パワーアップ• ・高スピードでビジョンベースを発動させやすい• ・加速友情でサポートできる• ・自強化の乗るSSでダメージを出せる• ・ブロック対応の貫通タイプ• ・自強化SSでダメージを出せる• ・自強化SSでビジョンベースを発動させやすい• ・高い速度が火力源になる• ・貫通で動きやすい• ・自強化SSでビジョンベースが出しやすい 運枠適正キャラ Sランク 適正理由• ・SSで火力を出せる• ・ギミック対応で雑魚処理しやすい• ・紋章調整で光魔道士を友情で処理できる Aランク 適正理由• ・高スピードでビジョンベースが出しやすい• ・ドレインでHPを回復できる• ・地雷回収ができ光魔道士処理におすすめ• ・カウンターキラーでダメージを出せる• ・高スピードでビジョンベースを発動させやすい• ・自強化SSで火力をアップできる Bランク 適正理由• ・友情で魔道士処理ができる• ・高ステータス• ・貫通タイプで確実に弱点を攻撃できる• ・高スピードでビジョンベースを発動させやすい• ・耐性で被ダメを軽減できる• ・ギミック対応の運枠として活躍 攻略班おすすめ周回パーティ モンストの日限定おすすめ周回編成• POINT 注意点• ・ ボス2でメタトロンSSを光魔道士に使用し、防御ダウン調整• マルチ向け運枠3周回編成 グングニルワンパン 雑魚処理 アタッカー 雑魚処理 アタッカー LV. 47以下 攻撃タス不要 調整不要 LV. 25以下 攻撃タス不要 調整不要 Lv. 120非推奨 速必殺 同族加撃速 戦型加撃 兵命削り 将命削り 速必殺 同族加撃 同族加命撃• POINT 注意点• ・ レベル調整キャラは 光魔道士 のみを確実に処理可能• ・ 攻撃力1万以下に調整必須 わくわくの実やスポットに注意• ・ 魂の紋章は対光の心得のみ• ・ レベル調整キャラの次のキャラは火力が出せるキャラにする• ・ ルキウスのターンは地雷回収に専念• ・ Lv. 120グングニルはブースト後の友情で闇魔道士を倒してしまうので注意• マルチ向け運枠4周回編成 チャンドラ編成 チャンドラ 攻撃力1万以下 編成パーティ• POINT 注意点• ・ チャンドラのターン 光魔道士 のみを確実に処理可能• ・ 攻撃力1万以下に調整必須 パーティのわくわくの実に注意• 47 パワタスなし にする• 25にする• ・ チャンドラの次のキャラは火力が出せるキャラを推奨• ・ 立ち回りは、チャンドラのターンに分身で光魔道士を攻撃• ・ チャンドラが最もおすすめだが、攻撃力調整すれば他のキャラでも可 ブースト&光魔道士処理役として優秀なチャンドラを1体編成した、運枠3体編成の周回パーティです。 チャンドラのターンの直後に火力が出しやすいので、最も火力が高い疑心暗鬼を配置しています。 チャンドラは、速必殺Lを所持時に、ブーストSSが最速で溜まる手順に配置しています。 網干左母二郎ターンは主に地雷回収を行いましょう。 マルチ向け運枠4周回編成 メア編成 メア 対光上 編成パーティ• POINT 注意点• ・ メアの友情で 光魔道士 のみを確実に処理可能• ・ 拡大衝撃波の扱い方が重要• メアがMSを持たない為、MS持ちの網干左母二郎を2体編成しています。 伝染霧の被ダメが大きいので、1枠は疑心暗鬼を採用しています。 また、運枠キャラをアタッカーとして採用する場合は、運枠に紋章を付けて周回しましょう。 闇属性のレベル調整キャラには紋章が不要 レベル調整代表キャラ 不要 不要 必須 レベル調整を行って攻略をする場合、 攻撃力が1万を超えないように調整 スポットや加撃の実に注意 することが重要です。 闇属性のキャラは紋章を付けなくても、光魔道士のみを処理できるため、紋章を付ける必要がありません。 ただし、ルキウスのような 他属性のキャラは、対光の心得を付けなければ光魔道士も処理できないため、注意しましょう。 おすすめのわくわくの実 わくわくの実 おすすめ理由 各種加撃の実 敵へのダメージ効率を上げられる。 将命削り ボスのHPを確実に削れる。 兵命削り 雑魚のHPを確実に削れる。 ケガ減り 敵からのダメージを軽減できる。 ビジョンベースに入る角度を調整して攻撃しましょう。 光魔道士を倒すと敵全体が防御ダウンし、信号鬼にもダメージが通ります。 中ボスの防御力が下がったら、中ボスを分身で倒しましょう。 防御力が下がったら信号鬼を倒して、中ボスを倒しましょう、左右のビジョンベースで縦カンすると、中ボスに効率良くダメージを稼げます。 ガッチェスを倒した後は、光魔導士を最後に倒して防御ダウンさせつつボスを攻撃します。 1手1手慎重に弾き、確実にボスを防御ダウンさせましょう。 魔導士は毎ターン処理しないと徐々に数が増えてしまうので、適度に全処理して数を減らしましょう。 また、左側からボスを攻撃する時は、縦で右に寄るようにビジョンベースを発射するとダメージを与えやすいです。 右側なら弱点を往復しやすい左側上下の隅を狙います。

次の