厚生 年金 いつから 払う。 厚生年金保険ってどういう仕組み? 保険料の決定から支払い、免除のケースなど解説

70歳まで厚生年金に入って働くと年金はどれだけ増えるのか?

厚生 年金 いつから 払う

国民年金は20歳から60歳まで保険料を納めるのが原則です。 では、厚生年金も同じかというと、そういうわけではないですが、実は厚生年金は会社で働いている人は20歳未満でも引かれるのです。 入社してすぐに高いお給料をもらうと稀だと思いますので、初任給から厚生年金保険料を引かれると、手取りがグンと下がってしまうと思います。 ただ、保険料についてはその人が納める保険料のうち、半分を会社が負担してくれています。 毎年4~6月に支給されたお給料の平均 保険料の決め方は、毎年4~6月に支給されたお給料の平均で決定されます。 新しく入社した人はお給料がまだないので、引かれていないというと、そうではなく支給される見込額で仮決定されます。 その金額に応じて決まった保険料を半分会社負担してくれ、残りの半分が自己負担になります 自己負担分が初任給から引かれることに ですので、その自己負担分が初任給から厚生年金保険料として引かれることになります。 基本的には会社が手続きしてくれるので自分でどこかに行く必要はありません。 会社が手続きする上で年金手帳などで年金番号を伝える必要があります。 厚生年金に入りたくない場合は? 初任給から保険料が引かれるのがイヤだから厚生年金に入りたくない、という人もいるかもしれません。 また、保険料が高いから従業員を社会保険(健康保険・厚生年金)に入れたくないという事業主も居ると思います。 しかし、法人は強制加入ですし、個人事業でも一定の場合には強制加入となります。 本人が入りたくない、事業主も入らせたくないと思っていたとしても、手続きをせずに年金事務所が調査にきたら加入手続きをするように指摘され、従わない場合には強制的に加入させられます。 法律で定められている事と思って納得するしかない その場合、過去二年にさかのぼって保険料の納付をさせられる事になりますが、2年分の保険料を一気に払うとなると莫大な金額になります。 (すでに手元に給与明細などがあって保険料を引かれている人がいれば、その1ヶ月分の金額を24倍する額を納めることになりかねません。 また、それはあくまで個人負担分ですので、会社も同じ額を納めることになります。 ) そういった意味でも、手取りが減っていやだという気持ちもあるかもしれませんが、初任給から厚生年金保険料が引かれていることは法律で定められていることと思って納得せざるを得ないと思います。 初任給から厚生年金が引かれていない場合は? 通常の企業では考えられない事ですが、初任給から厚生年金が引かれていない場合があります。 引かれていない場合は必ず総務に連絡 初任給から引かれるべき厚生年金が引かれていない場合は必ず総務に連絡しましょう。 何らかの手違いで引かれていないケースがあります。 初任給の給料明細は必ず確認しましょう。 そのために給料明細を配布しているのです。 初任給から厚生年金保険料が引かれていない場合は総務に相談 初任給から厚生年金保険料が引かれていない際の注意点を押さえることで社会の仕組みがわかると思います。 初任給から厚生年金保険料を引かれると、手取りが少ないと感じるかもしれません。 しかし、法律上義務である点、そして国民年金よりも給付が手厚い面を考えると、無駄な保険料とまでは言い切れない気もしてくると思います。 いずれの年金も、保険料の納付状況を見られます。 そして要件を満たせない場合にはもらえません。

次の

60歳(65歳、70歳)になっても厚生年金保険料は支払わなければならないのでしょうか?

厚生 年金 いつから 払う

年金といえば、日本人にとっては当たり前の制度であり、老後生活にとって大事な収入源です。 今も、当然のように毎月支払われている方が多いでしょう。 ただ、当たり前すぎる制度がゆえに 「年金っていつからいつまで払えばいいの?」 「毎月頑張ってる払ってるけど、結局いつからいくら貰えるの?」 こういった基本的な疑問を持ってしまいがちの制度でもあります。 そこで今回の記事では、 「いつからいつまで払う必要があるのか?」「いくら払う必要があるのか?」「いくら年金を貰えるのか?」といった基本的な部分をまとめていきたいと思います。 なお、公的年金には「国民年金」と「厚生年金」の2種類がありますが、この記事では最初に「国民年金」のことを書いて、最後に厚生年金のルールをまとめていきます。 厚生年金加入者は、国民年金の加入者でもあるため 記事の最初から読んで頂く方が分かりやすいかなと思います。 「60歳になったが受給資格を満たしていない」「年金受給額をもっと増やしたい」「海外在住のため国民年金への加入義務はないが将来日本に戻りたいので加入しておきたい」という方々のために設けられている国民年金の任意加入制度に加入している人 注:それぞれの被保険者種別について詳しく知りたい場合は、上表のリンクをクリックすれば詳細な内容が書いている記事に飛びます。 上記の被保険者種別のいずれかに該当する方は(と言っても日本人で日本在住であれば、基本どれかには該当します)、必要な資格要件を満たせば国民年金が貰えます。 そのうえで、第2号被保険者であった期間がある人は、国民年金に加えて厚生年金が支給されます。 国民年金の支払いはいつからいつまで?支払期間を簡単に解説! 国民年金の支払いは、20歳の誕生月(正確には誕生日の前日が含まれる月分)から始まり、満60歳(正確には59歳11ヶ月)になるまで続きます。 従って、国民年金の支払期間は最長で40年(480ヶ月)です。 そして、40年支払った人はが受給可能。 なお、以前は老齢基礎年金を受給するためには 25年以上の保険料納付済期間等が必要でしたが、2017年8月より10年に短縮されました。 国民年金の支払いが難しい場合は猶予や免除制度の活用を! 日本に住んでいる国民は20歳から保険料を支払い続ける義務がありますので、原則的に支払いを遅らせることはできません。 しかし、失業など収入の減少によって国民年金を支払うのが難しい場合は、下記の制度を利用することで保険料の支払いが免除あるいは猶予されます。 (免除でも猶予でも10年の受給資格期間として取り扱われます。 ) 制度名 簡易的な内容 詳細 保険料免除制度 「本人・世帯主・配偶者の前年所得」が一定額以下の場合や失業した場合など、保険料を納めることが経済的に困難な時に申請できる制度で、承認されると「全額」「4分の3」「半額」「4分の1」が免除される 納付猶予制度 年齢が20歳から50歳未満で「本人・配偶者の前年所得」が一定額以下のケースで申請可能で、承認されると国民年金の保険料の納付が猶予される 学生納付特例 学生であっても20歳から第1号被保険者となり保険料の納付は義務。 この場合、本人の所得が一定額以下の場合、申請により納付が猶予される。 国民年金を未納のままにしていると「遺族年金」や「障害年金」も貰えなくなってしまいます。 支払う余裕がなく未納にするのであれば、「免除制度」や「猶予制度」を活用して下さいね。 とにかく未納は大損!です。 なぜ大損なのか?は「年金の未納が大損な理由【記事未了】」も確認してみて下さい。 では、 60歳を過ぎたけど保険料納付済期間が10年に満たない人は、いっさい年金を貰えないのでしょうか? 安心して下さい。 そんなことはありません。 受給資格を満たすための制度として「任意加入被保険者」制度があります。 最大で70歳まで任意加入できますので、10年に満たない人も諦める必要はありません。 月の末日に退職した(月の末日に第2号被保険者だった)のであれば、退職月は会社が厚生年金保険料を払ってくれますので国民年金の支払いは不要です。 翌月から国民年金の支払いが必要になります。 年金種別の切り替え問題はかなりややこしいので、色々な事例を別記事でまとめています。 そちらもご参照下さい。 国民年金の支払金額(保険料)は月々いくら?前納で割引も受けられる! 国民年金保険料の支払額は毎年見直しが行われますが、平成30年度(平成30年4月~3月分)が 月額16,340円、平成31年度(平成31年4月~平成32年3月分)が 16,410円です。 また、前納制度・早割制度を利用することで保険料の割引が受けられます。 前納は「2年度分」「1年度分」「6ヵ月分」の中から選ぶ事ができ、たとえば口座振替で2年前納をすると、割引額は 15,760円にもなります(平成31年度の場合。 ちなみに、最もお得な支払い方法はポイント還元等も含めて考えればクレジットカードです。 詳細は下記記事参照。 ただし、「繰上げ受給(60歳~64歳で受給開始)」「繰下げ受給(66歳~70歳で受給開始)」も可能です。 老齢基礎年金の受給額はいくら?満額で780,100円(令和元年度分) 国民年金(老齢基礎年金)の受給額は満額で 年間780,100円(令和元年度分)です。 国民年金を40年(480ヶ月)支払うと満額の年金が貰えます。 40年に満たない場合は、足りていない納付月の分だけ減額されます。 年金の支払日は偶数月の15日! 年金は年6回支給され、偶数月の 15日に前月までの2ヶ月分が支給されます。 たとえば、4月15日に支給される年金は2月と3月分の年金です。 なお、15日が金融機関の休業日の場合は前営業日に支給されます。 下記記事で2019・2020年・2021年の年金支給日早見表を公開していますので、そちらも参照して下さい。 以下では、厚生年金ではどうなるのか?についてQA形式で解説していきたいと思います。 なお、厚生年金加入者とは冒頭のセクションで書いた「」で言うところの、第2号被保険者に該当する方の事を言います。 第2号被保険者の方は、厚生年金と同時に国民年金加入者でもあります。 厚生年金の支払いは、会社に入社した時から70歳までです。 22歳で入社して、70歳に退職したら48年(576ヶ月)保険料を支払うことになります。 なお、厚生年金の加入年齢に関しては、で"70歳未満"という上限が定められている一方、下限は示されていません。 従って、 未成年でも厚生年金適用事業所で働く限りは、(に該当しない限り)厚生年金被保険者となり、入社した月から保険料の支払いが始まります。 たとえば、中学卒業後に15歳で就職した場合も厚生年金の支払義務が生じます。 (なお、下限はないと書きましたが、で満15歳未満のものが労働者としては使用されることは想定されていないので、実質的には15歳からです。 ) 厚生年金の保険料は人によって違うので、受給額も人それぞれ異なります。 そのため、あなたの"年金額はいくら"と示すことは難しいです。 参考までにという結果になっています。 自分の将来の受給額を知りたい方は「」や「」で確認する方法がオススメです。 最後に注意点~年金を受け取る手続きも必要! 年金の支払いが何歳から始まるのか、いつから受給できるのか、またその金額はいくらなのか?について、国民年金と厚生年金に分けて見てきました。 ここで一つ注意点があります。 年金は時期が来たら自動的に支給されるモノではありません!自分で年金を受け取る手続きをしなければ支給が開始されないのです。 そのため、支給開始年齢が近づいてきたら、年金事務所からの案内等をチェックして、年金を受け取る手続き(年金請求)をしっかりと行って下さいね。

次の

初任給から厚生年金保険料が引かれていない際の注意点

厚生 年金 いつから 払う

年金といえば、日本人にとっては当たり前の制度であり、老後生活にとって大事な収入源です。 今も、当然のように毎月支払われている方が多いでしょう。 ただ、当たり前すぎる制度がゆえに 「年金っていつからいつまで払えばいいの?」 「毎月頑張ってる払ってるけど、結局いつからいくら貰えるの?」 こういった基本的な疑問を持ってしまいがちの制度でもあります。 そこで今回の記事では、 「いつからいつまで払う必要があるのか?」「いくら払う必要があるのか?」「いくら年金を貰えるのか?」といった基本的な部分をまとめていきたいと思います。 なお、公的年金には「国民年金」と「厚生年金」の2種類がありますが、この記事では最初に「国民年金」のことを書いて、最後に厚生年金のルールをまとめていきます。 厚生年金加入者は、国民年金の加入者でもあるため 記事の最初から読んで頂く方が分かりやすいかなと思います。 「60歳になったが受給資格を満たしていない」「年金受給額をもっと増やしたい」「海外在住のため国民年金への加入義務はないが将来日本に戻りたいので加入しておきたい」という方々のために設けられている国民年金の任意加入制度に加入している人 注:それぞれの被保険者種別について詳しく知りたい場合は、上表のリンクをクリックすれば詳細な内容が書いている記事に飛びます。 上記の被保険者種別のいずれかに該当する方は(と言っても日本人で日本在住であれば、基本どれかには該当します)、必要な資格要件を満たせば国民年金が貰えます。 そのうえで、第2号被保険者であった期間がある人は、国民年金に加えて厚生年金が支給されます。 国民年金の支払いはいつからいつまで?支払期間を簡単に解説! 国民年金の支払いは、20歳の誕生月(正確には誕生日の前日が含まれる月分)から始まり、満60歳(正確には59歳11ヶ月)になるまで続きます。 従って、国民年金の支払期間は最長で40年(480ヶ月)です。 そして、40年支払った人はが受給可能。 なお、以前は老齢基礎年金を受給するためには 25年以上の保険料納付済期間等が必要でしたが、2017年8月より10年に短縮されました。 国民年金の支払いが難しい場合は猶予や免除制度の活用を! 日本に住んでいる国民は20歳から保険料を支払い続ける義務がありますので、原則的に支払いを遅らせることはできません。 しかし、失業など収入の減少によって国民年金を支払うのが難しい場合は、下記の制度を利用することで保険料の支払いが免除あるいは猶予されます。 (免除でも猶予でも10年の受給資格期間として取り扱われます。 ) 制度名 簡易的な内容 詳細 保険料免除制度 「本人・世帯主・配偶者の前年所得」が一定額以下の場合や失業した場合など、保険料を納めることが経済的に困難な時に申請できる制度で、承認されると「全額」「4分の3」「半額」「4分の1」が免除される 納付猶予制度 年齢が20歳から50歳未満で「本人・配偶者の前年所得」が一定額以下のケースで申請可能で、承認されると国民年金の保険料の納付が猶予される 学生納付特例 学生であっても20歳から第1号被保険者となり保険料の納付は義務。 この場合、本人の所得が一定額以下の場合、申請により納付が猶予される。 国民年金を未納のままにしていると「遺族年金」や「障害年金」も貰えなくなってしまいます。 支払う余裕がなく未納にするのであれば、「免除制度」や「猶予制度」を活用して下さいね。 とにかく未納は大損!です。 なぜ大損なのか?は「年金の未納が大損な理由【記事未了】」も確認してみて下さい。 では、 60歳を過ぎたけど保険料納付済期間が10年に満たない人は、いっさい年金を貰えないのでしょうか? 安心して下さい。 そんなことはありません。 受給資格を満たすための制度として「任意加入被保険者」制度があります。 最大で70歳まで任意加入できますので、10年に満たない人も諦める必要はありません。 月の末日に退職した(月の末日に第2号被保険者だった)のであれば、退職月は会社が厚生年金保険料を払ってくれますので国民年金の支払いは不要です。 翌月から国民年金の支払いが必要になります。 年金種別の切り替え問題はかなりややこしいので、色々な事例を別記事でまとめています。 そちらもご参照下さい。 国民年金の支払金額(保険料)は月々いくら?前納で割引も受けられる! 国民年金保険料の支払額は毎年見直しが行われますが、平成30年度(平成30年4月~3月分)が 月額16,340円、平成31年度(平成31年4月~平成32年3月分)が 16,410円です。 また、前納制度・早割制度を利用することで保険料の割引が受けられます。 前納は「2年度分」「1年度分」「6ヵ月分」の中から選ぶ事ができ、たとえば口座振替で2年前納をすると、割引額は 15,760円にもなります(平成31年度の場合。 ちなみに、最もお得な支払い方法はポイント還元等も含めて考えればクレジットカードです。 詳細は下記記事参照。 ただし、「繰上げ受給(60歳~64歳で受給開始)」「繰下げ受給(66歳~70歳で受給開始)」も可能です。 老齢基礎年金の受給額はいくら?満額で780,100円(令和元年度分) 国民年金(老齢基礎年金)の受給額は満額で 年間780,100円(令和元年度分)です。 国民年金を40年(480ヶ月)支払うと満額の年金が貰えます。 40年に満たない場合は、足りていない納付月の分だけ減額されます。 年金の支払日は偶数月の15日! 年金は年6回支給され、偶数月の 15日に前月までの2ヶ月分が支給されます。 たとえば、4月15日に支給される年金は2月と3月分の年金です。 なお、15日が金融機関の休業日の場合は前営業日に支給されます。 下記記事で2019・2020年・2021年の年金支給日早見表を公開していますので、そちらも参照して下さい。 以下では、厚生年金ではどうなるのか?についてQA形式で解説していきたいと思います。 なお、厚生年金加入者とは冒頭のセクションで書いた「」で言うところの、第2号被保険者に該当する方の事を言います。 第2号被保険者の方は、厚生年金と同時に国民年金加入者でもあります。 厚生年金の支払いは、会社に入社した時から70歳までです。 22歳で入社して、70歳に退職したら48年(576ヶ月)保険料を支払うことになります。 なお、厚生年金の加入年齢に関しては、で"70歳未満"という上限が定められている一方、下限は示されていません。 従って、 未成年でも厚生年金適用事業所で働く限りは、(に該当しない限り)厚生年金被保険者となり、入社した月から保険料の支払いが始まります。 たとえば、中学卒業後に15歳で就職した場合も厚生年金の支払義務が生じます。 (なお、下限はないと書きましたが、で満15歳未満のものが労働者としては使用されることは想定されていないので、実質的には15歳からです。 ) 厚生年金の保険料は人によって違うので、受給額も人それぞれ異なります。 そのため、あなたの"年金額はいくら"と示すことは難しいです。 参考までにという結果になっています。 自分の将来の受給額を知りたい方は「」や「」で確認する方法がオススメです。 最後に注意点~年金を受け取る手続きも必要! 年金の支払いが何歳から始まるのか、いつから受給できるのか、またその金額はいくらなのか?について、国民年金と厚生年金に分けて見てきました。 ここで一つ注意点があります。 年金は時期が来たら自動的に支給されるモノではありません!自分で年金を受け取る手続きをしなければ支給が開始されないのです。 そのため、支給開始年齢が近づいてきたら、年金事務所からの案内等をチェックして、年金を受け取る手続き(年金請求)をしっかりと行って下さいね。

次の