小麦粉 洗車。 【洗車機メーカーに突撃取材!!】今クルマを洗うには「洗車機が一番!」の理由とは?

洗車で取れないウロコの除去方法!なぜプロは簡単に落とせるのか?│Speciale MAG

小麦粉 洗車

汚れは水垢からウロコへ変わる! 「ウロコ」といっても、魚の体に付いている「鱗(うろこ)」のことではありません。 洗車をせずに放っておくと、いつの間にか車のボディに付いている汚れを「ウロコ」といいます。 黒や白の汚れが魚の鱗状に車のボディへ付着していることから、車のボディの汚れもウロコと呼ばれているとされています。 ウロコの原因は、車のボディに付いた水 水だけならば無色透明ですし汚れもそれほど目立ちませんが、車のボディに付着している水分には油分や二酸化炭素、排気ガス、窒素酸化物、凍結防止剤などが含まれており、それがウロコのような汚れを作っています。 水垢汚れの原因を解説! 車のボディに付着したウロコの正体は、「水垢」です。 水垢は水分と、油分、埃などを含んだ空気が存在するところであれば、どこにでも付着します。 よく見るウロコ汚れといえば、お風呂の鏡ではないでしょうか? あの汚れと同じものが車に付着してると思ってください。 車のボディにウロコを作る要因 水垢ができる理由は、水分のほかに大きく分けて3つあります。 空気中の埃やゴミ 空気中には、様々な物質が漂っています。 二酸化炭素や埃、ゴミなども含まれており、それらの物質が水分と一緒に車のボディに付着することで水垢となります。 また雨が降った後、水分が蒸発することで雨に中に含まれているミネラル成分が車のボディや窓ガラスに残ってしまいます。 このミネラルも水アカの原因の一つです。 水アカが原因のウロコ汚れは比較的簡単に落とすことができます。 排気ガスなどの化学物質 排気ガスは水蒸気と二酸化炭素が中心ですが、一酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物、硫黄酸化物など様々な化学物質が含まれています。 また、中国から飛来するPM2. 5などで知られるPM(粒子状物質)も化学物質の一つです。 これらの汚れは、油分も混じっているためカーシャンプーなどで念入りに洗車しなければ落ちません。 ワックスや洗剤 車をピカピカに仕上げるために使用するワックスや洗剤。 しかし、このワックスや洗剤も使い方を間違えるとウロコの原因となります。 カーシャンプーなどの洗浄剤を洗車時に使う場合は、必ずすすぎ残しがないようにしっかりと流すようにしましょう。 水垢除去剤と洗車で対処する方法 水垢ができてしまった場合はまずは洗車しましょう。 しかし、「洗車したのに汚れがキレイに落ちない!」という方もたくさんいると思います。 洗車をしたのに思ったように汚れが落ちない理由は、洗車方法が間違っているか洗浄剤が汚れの種類に合っていないかのどちらかです。 水垢はできてしまった原因によって、汚れの質が違うため汚れ似合う洗浄剤を使わなければいけません。 では、どのような汚れと洗浄剤があるのか詳しくみていきましょう。 カーシャンプー(一般的な) 一般的に、洗車をする際に使用されているカーシャンプーは、カー用品店ややホームセンターなどで販売されており、気軽に手に入れることができます。 水性の水垢の多くは、市販されているカーシャンプーで落とすことができます。 注意点は、カーシャンプーによって希釈や含まれている成分が違うので、裏面に書かれている説明をしっかりと読んでから買うようにしてくださいね。 「泡立ちが良いか」 カーシャンプーの泡立ちが良いと、泡がクッションになってくれるため車を傷つけずに泡で洗車することができます。 「泡切れが良いか」 泡立ちの良いシャンプーの方がおすすめですが、その泡が簡単に落ちるかどうかも重要。 洗車後のボディーにシャンプーが残ってしまうと水垢の原因になってしまいます。 「シミができない」 洗浄力はアルカリ性や酸性のカーシャンプーの方が強いです。 しかし、洗浄力が強力な反面、シミができやすいというデメリットも。 強い洗浄力を求めてアルカリ性や酸性のカーシャンプーを使用する際は、シミに注意し洗車を行ってください。 心配な方はシミになりにくい中性のカーシャンプーをお勧めします。 脱脂性のあるカーシャンプー 「脱脂」とは、油分を取り除くことを意味します。 水性の水垢は簡単に落とすことができますが、油性の水垢は油分を含んでいるため落としにくいのが特徴です。 そのため、油性の水垢が付着してしまった場合は、脱脂性のある洗剤で油分を分解しながら落としましょう。 カーシャンプーで落ちなかった、しつこい水アカは油性の可能性があります。 脱脂ができるカーシャンプーもカー用品やネットで購入することができますが、どれを選べばいいのか迷いますよね。 そんな時におすすめなのが、カーコーティング店から販売されているカーシャンプー です。 実際にプロが毎日使っているカーシャンプーなら安心して愛車に使用することができますし、性能も満足できるでしょう。 当サイトでもちょくちょく登場する、カーコーティング専門店Glossyから発売されているカーシャンプー を紹介します。 元々は店舗でガラスコーティングを施工したカーオーナーのみに販売されていたカーシャンプー で、汚れだけでなく軽い水アカ汚れであればスッキリ落ちるとリピーターも多い商品です。 また、も油汚れの分解に適しているので、油性の水垢が落ちるかもしれません。 しかし、かなり薄く希釈して使用しなければゴムパーツなどを痛めてしまう可能性があるので、あまりおすすめはしていません。 コンパウンド それでも落ちない水垢汚れにはコンパウンドで落とす方法もあります。 その場合、成分表に必ず「コンパウンド」と記載があります。 なぜなら、コンパウンドは研磨剤の1つで細かい粒子がヤスリのように車の表面を研磨するからです。 車に付着した汚れを研磨しながら塗装面ごと削り取るため、しつこい汚れも綺麗に除去することができますが、車の色や使い方によっては、磨きキズができてしまうこともあります。 ウロコ取りの洗車で注意すべき点 簡単に落ちるウロコもある一方、こびりついたウロコはなかなか落ちてくれません。 「一気に綺麗にしたい!」という気持ちもわかりますが、無理に強くこすってしまうと車のボディが傷ついてしまう危険性も。 しつこい頑固なウロコは複数のステップに分けて除去しましょう• カーシャンプーで洗車• 水垢専用のクリーナーを使用• コンパウンド 塗装面の表面だけではなく、塗装面の中まで入り込んでしまっている水垢などの汚れは、コンパウンドでも落ちません。 この場合は、洗車専門店やコーティング専門店で相談してみましょう。 プロはなぜウロコ汚れを簡単に落とすのか? コーティング専門店などに、コーティング施工を依頼するとウロコ汚れがたっぷりついていた車でも、ピカピカになって戻ってきます。 その理由は、プロが使う専用のケミカルと研磨にありました。 例えば、先ほどカーシャンプー を紹介したSPECIALEシリーズの「」は軽度なウロコ汚れならスプレーするだけで簡単に落ちるケミカルです。 それ以外にも、コーテイングをする場合ポリッシャーとバフを使ってプロは研磨作業を行います。 この作業で、細かいキズや洗車では落ちないようなウロコ汚れも綺麗に磨いているのです。 「」はカーシャンプー で落ちない水アカ汚れ(ウロコ汚れ)を落とすために、プロが実際に使用しているケミカルです。 一般販売もされているので、ウロコ汚れでお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか? 研磨作業に関しては、専門店に依頼するのが一般的ですが、中には自分でDIYしたいという方もいるかもしれません。 車の磨き方は次の記事で紹介していますので参考にしてくださいね。 ボディのウロコを予防する方法 車のボディに付くウロコを予防するにはこまめな洗車が一番です。 汚れがウロコ状になる前に洗車で水垢や汚れを落としてしまいましょう。 平均的には月に1〜2回程度の洗車が目安ですが、汚れやすい環境で車を使用されている方、車を綺麗に維持しておきたい方は毎週洗車を行っています。 可能であれば、車は屋内の車庫に駐車したり、カバーをかけておくと汚れがつきにくくなります。 特に、春先は黄砂や花粉で車が汚れる季節です。 黄砂は有害物質を含んだPM2. 5も混ざっているためこまめな洗車が欠かせません。 黄砂や花粉の季節の洗車には注意点がいくつかあるので、次の記事を参考にしてくださいね。 ガラス部分に点々と付いているウロコは見栄えも悪いですし、視界不良の原因にもなるため安全面にも支障をきたします。 「ちょっと汚れているだけだから問題ないかな?」とフロントガラスのウロコを放置している方もいるかも知れませんが、夜間走行中に対向車からのライトを乱反射させて視界不良を招いてしまう原因にもなるのです。 また、放置すればウロコはどんどん増えていき、洗うだけでは落ちなくなってしまうので、定期的に洗車を行い綺麗にしておきましょう。 簡単にガラス部分のウロコを落とすためのアイテム ウォータースポットクリーナー 「ウォータースポット」とは、固形化した水垢などのウロコ汚れ。 フッ素配合の洗剤も多く、ガラスのウロコ落としのためには強力な洗剤です。 カー用品販売店やホームセンターなどで販売されています。 家庭用洗剤 食器洗い用洗剤などの家庭用洗剤も手軽にウロコ汚れを落とせるます。 10倍程度に希釈させて使用しましょう。 しかし、泡切れがあまり良くないため、洗剤の成分が残りやすいデメリットがあるので、おすすめはしていません。 もし使う場合は、しっかりとすすぐようにしてくださいね。 お酢 お酢はガラスのウロコ汚れに効果があります。 ボディに付着した水垢にも効果はありますが、酸性のお酢は塗装を傷めてしまうのでガラス限定で使うようにしてください。 周辺のゴムパーツにも付着しないように注意が必要です。 ウロコの原因である水垢は、水分中のミネラルがほとんど。 ミネラルはアルカリ性なので、酸性のお酢を使うことで簡単に落とすことができるのです。 ティッシュやキッチンペーパーなどにお酢をしみこませ、ウロコ汚れに貼り付けて除去していきます。 10〜20分程お酢でパックをして拭き取れば除去完了です。 メラミンスポンジ ホームセンターやドラックストア、100均など様々な所で販売されているメラミンスポンジもガラス部分のウロコ落としに効果があります。 粒子が細かいメラミンスポンジは、ガラスを傷つけずしっかり汚れを落とせます。 ただし、ボディーに使うとキズがついてしまうのでガラスだけにしてくださいね。 ウロコはコーティングで予防できる ウロコの予防対策としてこまめな洗車をおすすめしましたが、ウロコの原因である水垢の付着を抑えれば、さらに予防法として効果があります。 車をコーティングし、撥水効果を得ることで水が弾くようになります。 ボディーやフロントガラスに水が残りにくいため、水垢が付着しにくくなります。 コーティング専門店に依頼した場合は、5〜10万円以上かかる高価なコーティングですが、自分でDIYすることも可能です。 ピカピカレインのような本格的なコーティング剤もありますが、手間がかかる上テクニックも必要になってきます。 そこでおすすめなのが、スプレータイプのコーティング剤です。 DIYにおすすめのコーティング剤.

次の

【洗車機メーカーに突撃取材!!】今クルマを洗うには「洗車機が一番!」の理由とは?

小麦粉 洗車

普段から車を綺麗に洗車していても、 雨が降っている時に走行したりすると、 雨水が乾いたあと、 車に水垢がついていたりしますよね。 そんな水垢を長時間放置しておくと 取れにくくなってしまい 困った経験が誰しもあると思います。 そんななかなか取れなくなった水垢を きれいに取れると 車好きの間で評判なのが、 普段食器洗いの時に使用している 台所用洗剤の ジョイなんです。 でも、本当に台所用洗剤のジョイで 車の水垢を取ることができるの? と思う方もいらっしゃると思います。 そんな方のために、ここでは• 車の水垢落としに ジョイが効果的なのは本当なのか• ジョイ の水垢落としは 黒色の車にも使用できるの? について解説させて頂きたいと思います。 車についた水垢を ジョイなどの身の回りにある洗剤で きれいに除去できるのか お知りになりたい方は、 ぜひ、以下の記事を ご覧になってくださいね。 車の水垢落としにはジョイが効果絶大って本当!? 車についてしまった水垢って なかなかきれいに取れないですよね。 そんな時には ジョイを使用すれば、 こびりついた水垢や汚れ、油分を 綺麗に除去してくれます。 使用するときはジョイは水に薄めて スプレーボトルなどに入れて スプレーしながら きれいなタオルを使って 水垢を拭きとりましょう。 もちろん、 ジョイは 車のボディの水垢取りだけでなく 車の窓ガラスの水垢も 取ることができるので、 車の窓ガラスの水垢が気になる時には ぜひ、活用してみてください。 ただし、ジョイなどの台所用洗剤は 泡切れが悪いので、 窓ガラスの周囲に使用されている ゴム材に洗剤が残ると ゴム材が痛む原因となりますので、 ジョイを使って 窓ガラスの水垢を除去した後は しっかり水で洗剤を 洗い流すようにしましょうね。 以下の記事でも 車の窓ガラスの水垢の落とし方について 詳しくご紹介しておりますので、 車のガラスの水垢もきれいにしたい! とお考えの方は、 ぜひ、ご覧になってくださいね。 へ移動 バスマジックリンも良いらしい!どんな洗剤が効果的なの? 車の水垢取りに ジョイが効果を発揮することを ご紹介しましたが、 ジョイ以外の台所用洗剤や バスマジックリンも 車の水垢取りに効果を発揮します。 ただし、 原液で使用すると 洗浄力が強すぎるので、 ワックスなどの車のコーティングが 取れてしまう場合がありますので、 ジョイも含めた台所用洗剤や バスマジックリンを 車の水垢取りに使用する場合は 必ず、 原液で洗わずに水で薄めてから お掃除に活用するようにしましょうね。 心配!デメリットやリスクは全くないの!? ジョイなどの台所用洗剤や バスマジックリンは 車用の洗剤と比較すると 洗浄力が強いので、 上記でもすでに ご紹介しておりますように ジョイなどの台所用洗剤や バスマジックリンを使って 車のボディの水垢取りをすると 車にコーティングされている ワックスなども取れてしまうので、 注意しましょう。 車のコーティングは必ず ジョイなどの台所用洗剤や バスマジックリンを使用して 車の水垢取りを済ませた後に 行うようにしましょう。 さらに、 ジョイなどの台所用洗剤は、 車用の洗剤と比較すると 泡切れが悪いので、 ジョイで水垢を取った後は 残った洗剤で車を傷めないように 洗剤が残らないように きれいに水洗いするのを 忘れないようにしましょう! ジョイでの水垢落としは黒のボディにも使える? 車の塗装の中でも黒の塗装は 最もデリケートなものなので、 メタリックであってソリッドであっても 黒の塗装が施されている車には、 いくら薄めて使うとはいえ、 洗浄力の強いなジョイなどの台所用洗剤や バスマジックリンなどを 水垢取り用の洗剤として使用すると 塗装面を痛めてしまう恐れがあるので、 絶対に使用しないようにしましょう! 黒の塗装の車の水垢取りをする場合は、 必ずオートバックスや イエローハットなどの カー用品店で販売されている 水垢取りを使用してください。 まとめ いかがでしたか? 確かに 台所用洗剤のジョイや バスマジックリンは洗浄力が強いので、 車についた水垢を かなりきれいに取ることができます。 ただし、洗浄力が強すぎるので、 使用するときは 必ず水で薄めて使用しなくてはいけません。 さらに、 泡切れもあまりよくないので、 車のボディに洗剤が残ると、 塗装面やボディを痛めてしまうので、 車のボディに洗剤が残らないように 水垢取りを行った後は、 必ず全体を洗剤がなくなるまで きれいに水洗いする必要があります。 また、 台所用洗剤のジョイや バスマジックリンは 洗浄力が強いので これらを使って水垢取りをすると ワックスなどの コーティングをしていた場合、 コーティングが取れてしまうので 注意しましょう。 あと、 黒色の車は 塗装がデリケートなので、 ジョイなどの台所用洗剤や バスマジックリンを 水垢取りとして使用すると、 いくら水で薄めていても 塗装を痛める可能性があるので、 黒い車の水垢取りをするときは、 必ず、カー用品店で販売されている 水垢取りを使用してくださいね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の

ジーオンで洗車!超簡単2ステップコーティング!

小麦粉 洗車

今回は以前から流行っている洗車スタイルである信越シリコーン『』を使った洗車の記事になります。 以来、シリコーンの優れた特性を活かして、さまざまな製品を開発して来ました。 その結果、現在では5,000を超える製品を開発し、電気・電子、自動車、建築、化粧品、ヘルスケア、化学など、さまざまな産業分野のニーズにお応えしています。 また、信越化学はこれまでに国内はもとより、米国、韓国、中国、台湾、シンガポール、タイ、オランダなど世界各国に生産・販売拠点を設置。 マーケットに直結した供給体制を整え、世界各地のお客様のニーズにお応えしています。 その結果、国内トップ、世界でも有数のシリコーンメーカーに成長しています。 「信越シリコーン」ブランドをお届けして60年以上、信越化学はこれからも「信越シリコーン」の力をお客様のビジネスの力に変えるために、さらなる挑戦を続けていきます。 出典 HPを見ると分かるのですがシリコン関連商品ってこんなにあるんだと驚くレベルでラインナップされています。 それだけシリコンには幅広い特性があるのだなと感じました。 ちなみにTWの親父はメーカーの塗料会社で働いているのですが、信越シリコーン使ってるよ〜とのことで色々聞くとかなり重要な部分だそうです。 ちなみに品番で見ると『KF-96- 50cs』赤文字の部分が粘度になります。 アマゾンで軽くみた感じだと『50』『300』『1000』あたりの粘度があり、数値が多いほど粘度が高い=ドロドロしているオイルということですね。 今回使っているのは『50』になりますのでかなりサラっとしている印象。 基本的にコーティングは塗装面に対して、拭き取った後は薄く残留成分が残っている状態なので、粘度を変えてもあまり結果は変わらないのかな〜と思います。 ただ実際に試したわけではありませんので、気になる方は是非試してみると良いかもしれません。 ただ情報的には、施工後の結果は対して変わらないと言っている人は多いですね。 ざっくりいうと、保護性が高い液体と思ってもらうのが良いかな。 ちなみにシリコンオイルは油分ですが成分的にはガラスに近い要素もあるので、 ある意味ポリマーとガラスコーティングの要素を持っているということになります。 実際に施工していると、ガラスコーティング要素は一切感じませんけどね 笑 シリコン洗車施工前の下地処理 通常の洗車を行う シャンプーでも水洗いでもOK 基本的なところで、通常の洗車を行います。 下地処理に関してまとめた記事もありますので詳しくはをご覧ください。 シリコン洗車なら上記の過程を省くのもあり シリコン洗車のメリットは『』だけで対応できるズボラ洗車だと思っているので、普通にをして塗装面の汚れを落とせばそれで十分な感じもしますね。 上記の方法はあくまでもやった方が良い結果になる傾向ではありますが、分からない人はとりあえずシリコン洗車をやってみて効果を味わうのもあり シリコン洗車のやり方 シリコン洗車のやり方にはざっくり2種類あるのかな? 一つめは 含浸(ガンシン)と言って大量のシリコンを塗り込んで、数時間放置するパターン(人によっては塗りっぱなしで1週間ぐらい放置することもあるらしい) これの狙いはしっかり塗装に定着させるというよりは、汚れをシリコンオイルでふやかし汚れを一掃するイメージでの施工らしい もう一つは普通に塗り伸ばす様に薄くまんべんなく塗りこむイメージ。 まあ通常の施工と思ってもらって良いです。 これは通常のコーティングを塗り込む様にやればOK この二つの特性のやり方を紹介します。 シリコン洗車の含浸施工方法について 施工方法は非常に簡単です。 上記の写真の様にコッテリ塗って放置するだけ。 樹脂部分も簡単に施工できて、失敗知らず(耐久性はなくすぐに白ボケする傾向にあります) これで半日〜1週間ぐらい好みで放置して拭き取るだけ(今回は1時間放置) 拭き取る時は水かけながらでもいいと思いますし、水拭きで大まかに拭き取りでもいいと思います。 含浸をやったから効果がアップした感じはなく、塗装面に対してダイレクトに塗布できる状態を作りのが大事かな(基本的にはどんなコーティングも一緒) 含浸でスケール(雨ジミ・ウロコ)は取れる? 水道水と夏の高熱によって、作り出されたスケールです(非常に厄介) これを左右に分けて酸性ケミカルとシリコンによる含浸をして除去できるか試します。 スケール付着状態をシリコンでふやかし除去する方法として『含浸』を進めているのが分かります。 (シリコン内に同じガラス成分があるので、なじませて除去するイメージだそうです) でも時間かかりすぎて、TW的には非常にめんどくさい 笑 この残ったシミはにてスピーディーに除去。 シリコン洗車をレビューすると言ったら、様々な問い合わせを頂きましたので後日にTWが感じたシリコン洗車の疑問を記事にあげますね。 詳しくはからどうぞ ちなみにシリコン師匠こと『』が編み出したもありますのでシリコン洗車をマニュアル通りに進めたい人にオススメ シリコン洗車 通常施工(補充) 含浸では塗り込みをマイクロファイバークロスで塗り込みましたが、通常施工ではワックスの塗り込みスポンジであるを使いました。 これに数滴垂らして、薄く塗り広げて作業をおこないます。 というか含浸の時もに大量につければいいだけなので、こっちの方が施工性良くて楽かな シリコンオイルをつけすぎても、簡単に水で濯げるので便利だし加水の調整も容易なのでシリコン洗車で使いやすいのではないでしょうか? それは他のコーティングをしても同じ状態になるので、あまり気にする必要もないんですけどね KF-96のシリコン洗車の撥水とトーンの落ち方 シリコン洗車の撥水は弱撥水 動画あり ユーチューブで見ていると鬼撥水、ブリブリの撥水という謳い文句がありますが、自分の目には弱撥水程度に見えました。 (自分の車でもユーチューブに上がっている動画でも) シリコン洗車をしている人達は基本的に霧吹き的な水の掛け方をしているので、そういう風に見えるのかも知れません。 ただシリコンの拭き取りが甘いとオイルの層が出来ているため、結構弾きます。 しっかりキレイに拭き取ると、そんなに撥水はしませんね。 シャンプーで洗車をしてしまうと撥水はほとんどしなくなる傾向にあるのが動画で分かります。 含浸(がんしん)までやるのはめんどくさい• 撥水は弱い• 定着、耐久性は他のコーティングと比べると弱いかな〜• 施工中、手がヌルヌルになるのは気になる 笑• シャンプー洗車をやるとごっそり落ちる(シャンプー非推奨) 正直、デメリットらしいデメリットはないかな〜。 塗装の劣化を促進するようなイメージが多かったのですが、思った以上に塗装に対して攻撃性はない印象。 それを考えると〇〇の方が悪さしているのかな〜と改めて再認識。 こんな人にオススメ シリコン洗車においては、 とりあえず簡単に何も考えず艶々にしたい人にオススメですね。 艶感はコーティングの中でもトップクラス• コーティングと違って定着しにくい為、耐久性は感じにくい• 失敗しにくい、失敗してもリカバリーが超簡単• シャンプー洗車はNG• 定期的なシリコン洗車は必要 ここまで色々紹介しましたが、本当に面白いスタイルの一つだと思います。

次の