セルフ カット ミディアム。 軽やかレイヤーカットで脱量産型♡ミディアムの巻き方&ヘアアレンジ

自分で髪を切る「セルフカット」

セルフ カット ミディアム

ミディアムロングの髪を、5㎝ほどセルフカットしてみました。 はじめに:いつもは美容院 普段、ヘアカットは近所の美容院を利用しています。 前髪だけは自分で切りながら、2ヵ月に1度のペースで通っていました。 ところが、 先日の非常事態宣言でいつもの美容院が休業となってしまいました…。 閉まる前に行っておけばよかったと後悔しつつも、 ふと思い至ったのは「…じゃあ自分で切ってみればいいのでは!」ということ。 もともと肩甲骨くらいまであるミディアムヘアで、いつも一つ結びにしています。 万一失敗してガッタガタになっても結べばごまかせそうですし、「美容院が開いてないから自分で切ったら失敗しちゃって~」で周りも納得してくれそう。 考えれば考えるほど「人生でセルフカットに挑戦するなら今しかないのでは??」という気持ちになり、やってみることにしました! 0.わたしのヘアスタイル• 肩甲骨くらいまでのミディアムロングヘア• 前髪あり。 現在、絶妙に目に掛かって邪魔• いつも「髪の量が多いですね…軽くしましょうか?」って言われる毛量の多さ• 最後に切ったのは2月下旬。 本当は4月に美容院に行く予定だった• 半年ほど伸ばしていたけど、毛先がパッサパサで嫌になったので数cm切っちゃいたい 1.セルフカットの解説動画探し セルフカットのやり方なんて全くわからないので、まずは解説サイトを探しました。 いつもはブログなど文章サイトから調べるのですが(動画より文章の方が好き)、 今回ばかりは動画を見ないとわからないと思ったので、もっぱらYouTubeから検索。 私は傷んだ毛先をばっさり切り落としたいと同時に、いつも美容院でやってもらっている「髪の内側だけすいて軽くする」ことをしたかったのです。 2つを参考にすれば、それをどちらも叶えることができると思いました。 2.準備 準備したのは• ハサミ• 大きめの鏡• ヘアゴム(太め1本、細め4本)• 新聞紙 です。 新聞紙は右に1枚、左に1枚、膝の上に1枚を敷いて。 美容院で掛けてもらうケープ?はないので、普通にTシャツで切りました。 そのゴムをカットしたい場所まで下に引っ張ってずらし、左右が同じ高さになっているかを確認。 今回は毛先~ゴムが数cmになるくらいまで引っ張りました。 で、ゴムの上をハサミでばっさり切ります。 ハサミを入れる瞬間はさすがに緊張しました…「これ失敗したら取り返せないぞ…」と。 でも切り始めるとちょっと快感。 調子に乗ってたら切り口がガタガタになりました…。 結べばバレないバレない。 これでベースカット完了です。 髪を少しずつ取って、外側にねじって、ハサミを軽く当てていく…これの繰り返し。 この「髪の内側だけすく」のは、いつも美容院でやってもらっているのですが「髪の外側をすくと髪が跳ねちゃうけど、内側をすくなら外側の髪の重みで跳ねにくい」のだそうです。 セルフカットでも当てはまるのでは、と頑張ってすきました。 作業時間としてはここが一番長く大変でした。 元の毛量が多いので、切っても切っても全然減らない…。 加えてハサミの切れ味が悪いのか、軽く当てるだけではカットできず、ある程度力を込めて、でも切りすぎないようゆるめて…と加減が難しかったです。 結べばバレないバレない。 ある程度減らせたら、トップの髪を下ろして同じくねじっては切るを繰り返し。 これは外側の髪ということで、控えめに切りました。 最後に全体を見て、明らかにおかしいところがないか確認して、大丈夫そうなら完成です! 掛かった時間は1時間半ほど。 肩甲骨あたりのぱさぱさミディアムヘアから、肩下あたりのぱっつんミディアムヘアになりました。 すっきりー! 4.セルフカットの感想 まずは「意外と自分でも切れるぞ!」ということ。 セルフカットなんて「自分では絶対できない」と思っていましたができました。 そしてこの「自分でカットできる」という感覚は、めっちゃ楽しいです。 自信に繋がる…というほど高尚なものではありませんが、 「私はいざとなったら自分で髪を切れるんだ!」というわくわく感。 同時に「美容師さんはやっぱりすごい」とも思います。 比べるのも失礼ですが、やはりプロ。 おわりに セルフカットの楽しさを経験するとともに、美容師さんのすばらしさも理解できた今回。 自分で切るのは楽しいですが、通常の暮らしの中で、2ヵ月に1回コンスタントにやっていくのはかなり大変だろうな…と感じました。 そのため、非常事態宣言が明けた後は、いつも通り美容院でヘアカットしてもらいたいと思います。 …セルフカットした髪を見て、美容師さんになんて言われるかしらw これもDIYの一種。 toutsuki.

次の

素人でもできる!セルフカット歴15年のベテランが教えるメンズ・セルフカット術|ホイニーブログ

セルフ カット ミディアム

皆さんは髪を切るのはどこで切られていますでしょうか。 ロングやミディアムの髪の女性であれば美容院で切られていることが多いと思います。 また、オシャレを意識したメンズの皆様も美容院で切られていることが多いと思いです。 ここでは、セルフカットについてご紹介していきます。 セルフカットとはいわゆる自分で髪を切るということです。 慣れればとても簡単です。 メンズで短髪の方やバリカンで頭を丸めているメンズの方は自分たちでセルフカットをしている方が多いです。 女性の方だと美容院に行き、セットしてもらってと何時間とかかってしまい、自分で髪を切るのはと思われがちですが、実はコツさえつかめばセルフカットも難しくなく簡単に出来ます。 以下でご紹介していきます。 初めて自分で髪をセルフカットするときに、ロングやミディアムの女性だと毛先だけの場合はそんなに緊張もなく切れると思いますが、ショートの方はやはり少し緊張すると思います。 どれだけ髪を切ったらいいのかが分からないです。 そんな場合でも、あせらず慎重に丁寧に切っていくことが大切になってきます。 どうしても最初はなれない手つきで時間もかかってしまうと思いますが、落ち着いてセルフカットすることで、大きな失敗もしないでセルフカットすることが出来ます。 常に鏡を見ながら、自分の髪が今どれだけ切られていて、あとどれくらい切らないといけないのかを把握しながら進めていきます。 自分のお気に入りの髪の長さになるように進めていきます。

次の

楽してカワイく♡ミディアムをセルフカットで簡単に実現する方法とは?

セルフ カット ミディアム

セルフカットでロングヘアをミディアムにカットする方法 ロングヘアをカットする際は自分のなりたいイメージのミディアムヘアをイメージし長さを決め、髪の毛をブロッキングし下からちょっとずつ切ります。 詳しくカットの方法を紹介していきますね。 髪の毛をブロッキングして切る準備 髪を切る際に• そのままコームでとかさずに切ったり• 髪に癖がついたまま切ったり してしまうと、髪の長さがまちまちになってしまいます。 仕上がりが不自然になってしまわない様に必ずハサミを入れる前にクセをしっかり水で濡らしクシでとかし、うねったままの髪の毛がないようにしましょう! 長さをバッサリ切る際は濡れている方がまとめて切りやすいので• 濡らす• タオルドライ• クシでとかす• 髪の毛をブロッキング していきます。 この分けている束ごとに切っていきます。 誤って他の毛を切ってしまわないように、ヘアクリップで横・後ろをしっかり留めましょう。 ミディアムにカットする方法は? まずロングヘアのセルフカットをするポイントは、ブロッキングです! 目安として後ろは4つブロッキングすると、切りやすいです。 切りにくい時は更にブロッキングを細かくとると切りやすくなります。 ブロッキングしにくい場合は真ん中で分けて1、2、3、4のブロッキングを左右でしましょう。 ブロッキングしたところを順番にまっすぐ切りたい長さに切っていきましょう。 横は耳後ろでブロッキングし、2つにわけて切りましょう。 2つに分けるポイントは目の高さです! 後ろの髪の毛を横に持ってきて、横と後ろの長さを一緒になるようカットしましょう。 全体的にレイヤーが入れやすいように一度髪全体を同じ長さでそろえましょう! スポンサーリンク セルフカットでミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は? ミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は、はさみ一回で切れる量の毛束を 縦に取り分け、細かくブロッキング部分の 毛束を上部に引き上げながら切るとレイヤーが入ります。 詳しく• レイヤーの切り方• レイヤーの種類 をご紹介していきます。 ミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は? レイヤーを入れる際は、切りすぎないように乾かしカットしましょう。 乾いたらカットしていきます。 カットする際はミディアムヘアに切ったとき同様しっかりと細かくブロッキングします。 ブロッキングをしたら、はさみ一回で切れる量の毛束を縦にとりカットしていきます。 カットする際髪が床に対して平行になるように真っすぐ持ちレイヤーを入れたい部分からカットしていきます。 レイヤーが入れにくい際はレイヤーを入れたい長さをゴムで結んで印をつけ、その部分をカットしましょう。 こうすることでレイヤーを簡単に入れることができます。 ミディアムレイヤーをすく方法は? はさみでカットしただけでは、ガタガタで綺麗な出来上がりとは言えません。 すく際はすきバサミを使いしっかり馴染ませていきましょう。 ブロッキングした部分を縦でスライスをとり根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。 スライスを取る際は細かくとっていくとすきやすく、やりやすいです。 また髪の表面をすきすぎるとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすいていきましょう。 前髪の量をすきバサミで減らす際も、前髪の表面を切らずに内側を切りましょう。 毛量が気になる部分だけすきます。 特に毛量が多くて気になる方は• 耳後ろ• 襟足 を多めにすいてあげるとスッキリします。 すく際はちょっとずつ全体のバランスを見ながら微調整していきましょう!.

次の