あげ まき 結び。 結 YUU

総角 (源氏物語)

あげ まき 結び

紐結び Decorative String 実用結びと、装飾結び 和紙に掛けられた水引の姿には、潔く、凛とした美しさが伝わってきます。 結びは、贈る方の思いの表れです。 簡易包装ばかりの今日だからこそ、美しい水引に込められた思いが、改めて鮮やかに映ります。 人の手で結ばれた水引には、気品ある晴れの美しさが表れます。 水引の基本的な結びを挙げましたが、水引の基本は「真結び」です。 真結び一つで、どのような儀式にも正式に用いられます。 大切な方への贈り物に、水引の心を添えてお渡し下さい。 紐結びは、実用結びと、装飾結びに分かれ、実用結びに於いて、普段使う物に掛ける結びを「常の結び」と言い、 直ぐに使用できるように解けやすい結びをします。 他人に見られては困る物に掛ける結びは「封じ結び」と呼び、紐の解き目が分かり難い装飾結びとしたり、 紐の巻き数に違いを用いたりします。 樽結び 底に紐通しが4カ所空いている木箱の紐結びです。

次の

三角ちまきの作り方

あげ まき 結び

出典: donguri-hiroi. blog. so-net. jp この結びをはじめる前に、あわじ結びと玉房結びを覚えてからはじめることをおすすめします。 この結びは、はじめにあわじ結びを2つ作っておくからです。 1、図のように、青と赤のひもを2周目に指の間から入れて、後ろ2本をだします。 2、赤のひもを図のように薬指から出して、青のあわじ結びの輪の中に、赤いひもを入れます。 3、人差し指と中指の間に赤のひもでuの字を作ります。 4、3、と同様にします。 中指と薬指の間です。 5、赤い輪2本に青いひもを通します。 その上に青いひもをからませます。 6、図のように、中指にある輪を向こう側に出します。 手を返します。 7、図のように赤いひもを引き出したり、繋がっています。 8、引き出した赤いひも2本に潜らせます。 手をかえします。 9、赤と青いひもを縫うように潜らせて、あわじ結びの右側に通します。 手を返します。 10、赤と青いひもを縫うように潜らせて、指から外します。 形を整えます。 11、できあがりです。

次の

総角(あげまき)結び

あげ まき 結び

クロスを作るという点と、 先端は大元のラインの隣に来るようにする点が重要です。 構造 基本的な構造は二重巻きとなっています。 ふた巻き目の始めで大元のラインを抑え、最後ですぐ前のラインの下にくぐらせて摩擦を発生させています。 ひもの種類にもよるでしょうが、引っ張ってもなかなか解けない割に、結び目を緩めるとすんなり解けます。 結び目 非常にシンプルな結び目で、洗練された一流感と、毅然とした熟練の結びの師匠のような雰囲気を漂わせている気がします。 利用 慣れると止め結びのように手軽に使える便利な結び方で、強度もそれなりにあるので汎用的に利用できる非常に実用的な結び方です。 止め結びにも負けない定番の結び方としてもっと有名でも良いくらいの結び方だと思います。 最後を輪にして引き解けにすればさらに便利なので利用の幅も広がります。 重力を利用する方法 巻き結びはあらかじめ輪状にしておいてから、 かぶせて締めて塞ぐという利用法もあります。 下図は重力を利用して簡単に巻き結びの輪を作る方法です。 左右反転• 上下反転•

次の