愛想 が 悪い。 元医療事務員が赤裸々に語る「病院の受付が不愛想な10の理由」

愛想悪い女が損する10の共通点

愛想 が 悪い

以前から感じていることがあります。 挨拶するとき、お礼をいうとき、会話をしていても全然愛想のない人たちがいますよね? どうして、ほんの少し笑顔を見せることをしないのでしょうか? なんだか、話しかけて悪かったのかなと悲しくなります。 私は人と話しているときは自然と笑顔になります。 愛想の良さでいい人間関係を作ることができていると思っています。 笑顔でお願いすれば、仕事も引き受けてくれる人が多いです。 私の友人にも愛想のない子がいて、私たちとは少ないながらも笑顔が見られるのに、職場ではかなり無愛想にみえました。 職場での人間関係の悩み事も多いです。 もう少し笑顔で受け答えすればいいのにと感じています。 愛想のない方、どうして笑わないのですか? ユーザーID: 7531806087 私、愛想悪いかも知れません。 本当に好きな人にはニコニコできるんですけど。 「自分の考え方が本当に正しいのかどうか?」 ということに全く疑問を持ったことがなくて 考え方を他人に押し付けたり、 「世の中には色々な人がいる。 」 という基本的なことを理解しないタイプの人々によって、 長年心を傷つけられ続けてきたため、 対人関係に不信感が強くなってしまい、 特別親しい訳ではない人には、悪気はなくても、 ついつい顔がこわばって笑えないんです。 ですが、上記のような、自分に疑いを持たないタイプの人は、 なぜか自信がありげで、いつもハツラツとして、幸せそうに見えます。 自分の行動を振り返って反省したり、 他人の意見を取り入れるということが無いので、 自身の悪い点に気づくこともないから、悩まないんでしょうね。 人間、他人の気持ちになり過ぎると、病むのかも知れませんね。 でも、一つだけ言っておくと、笑顔で頼めば引き受けてくれる人に、 毎回毎回、仕事を頼むのはやめて下さいね。 内心「自分でやれば?」って思っていても、 断れないだけかも知れませんから。 ユーザーID: 3917975652• レスします おどおどさんに全面同意します。 愛想良くして良かった事って全くなかったです。 愛想よく挨拶していると信仰宗教やマルチの勧誘に合うし逆に愛想よく挨拶してくる方がパーソナリティ障害や宗教の人が多かったり 宗教やマルチを断ると逆に嘘の悪口を周りに吹聴されてある事ない事言われ本来なら名誉棄損ですよ それ以来一見愛想の良い挨拶してくる人は要注意人物もいるとわたしは思っておりますわたしは極力愛想なくして余程信頼の置ける人じゃないと挨拶もしません無愛想になってから攻撃される事が少なくなりました挨拶するから又は愛想が良いから=良い人と一概に言えないと思いますそういう世の中になってしまったって事でしょう ユーザーID: 3586142530• なぜ笑わないか 仕事中には まず笑いません 笑いながらヘラヘラ仕事できないからです トピ主は、笑うことで人間関係ができているといいますが、いつも笑っている人に長年傷つけられていたら…その相手に同じように笑って対応できますか? しかも仕事ができない上に、その仕事の負担が自分に来ていてろくに話もできないほど忙しくなっているというのに トピ主には そんな相手いないかもしれませんが、いろんな事情がある方が沢山います 私も自分が楽しく過ごせる人には自然と笑顔が出ますよ。 全ての人に笑顔で接することは 私にはできません それが出来るトピ主は 素晴らしい人だと思います 嫌味ではないです ユーザーID: 1401997449• わたしは わたしはどちらかというと愛想がないです。 あんたはホント愛想ない子だねーって、家族にも言われるので間違いないですね・・・。 わたしもトピ主さんと同じく、にこにこできればしていた方がいいと思います。 でも、なぜできないかというと、私の場合は自分に自信がなくて、 緊張してしまっているからです。 冷たく返されたら、どうしよう、ドキドキ・・・という感じです。 プライドが高くて、心が弱いのも原因だと思う。 快活ではつらつとした女性の笑顔は、素敵です。 わたしもあんな風に心に余裕を持って人と接することができるようになりたい。 でも、なかなか難しいんです。 あの子、愛想ないから嫌い。 と、職場で言われた事があります。 その時、自分で認識していただけあって泣きました。 わたしの場合は環境に慣れてくると、少しずつ自然に笑顔が出せるようになります。 トピ主さんの文章を読んで、 一見愛想がない人に大しても毛嫌いせず、少し時間をかけて受け入れてほしいなと思いレスしました。 ユーザーID: 0855991402• いいじゃないですか 愛想の悪い人にもそれなりの原因があって今日に至ってる気がします。 私の場合ですが、過去に愛想が良く周囲からチヤホヤされている人ほど深く付き合ってみると 実は性格が悪くねちねちと嫉妬深い人と言うケースが結構ありましたので、それ以来、あまり 人を愛想の良い悪いだけで判断しなくなりました。 愛想の悪い人の中には純粋過ぎる故、そのような人(上面だけ愛想の良い人達)から深く傷つけ られ自らをガードすることで保身しているということも考えられます。 元々、愛想が悪かったわけではないのです。 こちらから好意的に接すれば徐々に相手も心を開いて接してくれるようになります。 愛想が悪い人って、深く接してみると案外引き出しが多く面白い人が多いですよ。 ユーザーID: 5429484267• 人の気持ちがわからない? 人見知りなので愛想良くないです。 でも、友達や好きな人の前ではニコニコしてますよ。 初めての場であっても、愛想良く話しかけられれば愛想良く応えようとはするし、その場に慣れ、楽しく過ごせるようになれば自然と笑顔も増えます。 笑わないんじゃなくて、笑えないんです。 過去に人間関係でつまづいたトラウマなんかも原因の1つです。 おもしろくも楽しくもないのに、どんな時でもあなたは笑えるんですね。 いつでも笑顔でいられる人って人から好かれやすいですもんね。 羨ましいです。 人間関係で本気で悩んでる人の気持ち、悩んだことないあなたにはわからないでしょうね。 間違っても悩んでるお友達に「あなたが笑わないからよ」なんて言わないで下さいね。 傷つきますから。 ユーザーID: 8752472559• 昔はできるだけ心がけていました。 でも、その心がけって自己満足だったみたいです。 心がけても、ヒドイこと言われるんですよ。 『ひとのこと見下してる』とか『ボランティアとかしないでしょ?』とかね。 愛想良くしても、そんなこと言われるんだったら、笑顔とかアホくさくなります。 いくら愛想がよくても、外面だけでやってることはえげつない人もたくさんいるし。 (すべての方がそうとはいいませんが。 ) だから私今は愛想ゼロです。 でも、不思議なことに笑顔を心がけなくなってから、笑顔がいいね!といわれるようになりました。 何よりも対人関係のストレスが軽減しました。 私はこれからも愛想ゼロです! ユーザーID: 0110740740• 内面からの笑顔 笑顔って素晴らしいと思います。 ただ、貴女の場合、決して純粋な笑顔ではないような気がしてしまうんですよね。 貴女は、普段から愛想がないと感じている人に対して、 「この子、愛想がないなぁ、私、何か悪いこと言ってるかしら? 」 「ほんの少しぐらい笑顔を返せないのかしら」 と思いつつ、偽りの笑顔を向けているんですよ。 職場でも、笑顔でお願いされると、人は嫌とは言いづらくなることを知った上で愛想を振りまいている。 誰にでも分け隔てなく笑顔を振舞っているようでいて、心の中は決して笑ってないんですよ。 どんな場面でも、笑顔は得になることを知っているから、笑顔が習慣になっているんだと思います。 それが悪いことだとは思いません。 賢いとも思います。 ただ、自然にこぼれる笑みというものは、相手に見返りを求めたりはしない、純粋なものだと思います。 それから、笑顔じゃないからイコール愛想がないなんて決め付けるべきではありません。 表情からではなく内面の感情を汲みとるように想像力を働かせてみて下さい。 それが出来るようになれば内面から笑顔がこみ上げるようになりますよ。 ユーザーID: 3006657734• 心からは笑えるけど、愛想笑いは苦手 不機嫌とは思われないように、声の調子や話し方などには気を付けていますが、強いて笑いません。 はっきりわかる愛想笑いは、されるのがまず苦手です。 人と場合によりますが、不愉快になることさえあります。 だから私はしない。 ただ、子供の頃から愛想がないと言われ続けてはいたので、変えようとしたこともあったんですよ。 でもだめでした。 舐められるだけで好かれはしなかったです。 無理に笑っているのがまるわかりで、卑屈な態度に見えていたのだと思います。 単なる修行不足だったのかもしれませんが、本当に卑屈な人間になりそうだったのでやめてしまいました。 愛想笑いをする代わりに私は、どんな人に対しても苦手意識は持たないように、また誠実な態度であろう、少しでも人様の役に立てる人間であろうと心がけています。 良くも悪くも感情を隠すのが苦手なので、逆手にとって悪感情をできるだけなくそうとしているだけなのですが。 とりあえず嫌われたり足元を見られることはなくなったようなので、当面はこれでいいかと思っています。 ユーザーID: 8057278105• わからないけど 無理矢理つくった笑顔って分かりますよ。 日本は愛想が良ければいいって考え方の人多いとは思います。 それだけを理由にかわいがられる人だっていますよね。 女性は特にそう。 ある意味男女差別的というか… 女性は愛想がなければ可愛くないとまで考える人までいますが 上っ面のそういう部分だけ評価する人こそ浅ましいと感じます。 私はあからさまな愛想笑いには嫌悪感すら感じることもあります。 親しい友人同士では毒づいてる人だってよくいます。 ただ、逆に同世代の子とまったく違ってしっかりしている等評価されることも多いですね。 海外の友人が多いですが、海外だとなめられる気がします ユーザーID: 6275530110• 余計なお世話です.

次の

愛想のない人って…

愛想 が 悪い

笑顔があまり見られないのが、愛想がよくない人の特徴 人間関係を円満にするためにも必要なのが、笑顔でいることです。 笑顔が無い人、もしくはあまりにも笑顔になる回数が少ない人は、周囲からは愛想がよくない人だと言われている可能性が高いです。 事実、愛想がないと思われる人の上位を独占しているのが、笑顔のなさです。 あなたは日頃から笑顔になる機会を増やしたり、会話の中で笑顔をキープしたりと実践出来ていますか? 忙しい時や他の事を考えていると、つい人は笑顔を忘れ無表情になっていることが多いです。 意識的に笑顔になる回数を増やし、人との会話の時には他の事を考えず、会話に興味を示している事を見せることで、愛想がある人に変わっていくことが出来ます。 愛想がないと、人に近づきにくい印象を与えたり、何を考えているのか分からない不思議な人といったイメージを持たれてしまい、徐々に人が離れていってしまいます。 日頃から笑顔を取り入れることで、愛想のある人間を目指してみましょう。 自分から話しかけることが少ないのが、愛想がよくない人の特徴 相手から声をかけられるのを常に待っている人、自分から会話を持ち出すことがない人も、愛想がよくないと言われる人の特徴です。 中には人見知り、人との会話が苦手といったタイプの人もいますが、何度もあっているのにも関わらず自分から接点を持とうとしてこない人は、相手との関係を拒んでいるかのようにも取れるのです。 例えば朝に会った時には「おはよう」帰りには「サヨナラ」といった挨拶だとしても、自分から言うように心掛けるだけでも印象は変わってきます。 相手から言われるのを待っているだけでは、相手もどんどん話しかけずづらくなっていくものです。 会話が苦手だとしても、まずは挨拶だけは自分からすることを意識すると、愛想がないという印象を覆すことが出来るでしょう。 自分から話しかけることで、相手も自分に興味を示してくれている、自分と接点を持とうとしてくれているという印象を感じ、お互いにメリットに繋がるものです。 また自分から話しかける時には笑顔を加えることで、より一層良い印象を持たれます。 慣れてくると、会話をするのも楽になってきたり、相手の距離が近付くために話しやすい関係を築くことも可能です。 苦手意識を取り払って、積極的に相手に話しかける、挨拶をするということを心掛けると良いでしょう。 会話中、聞いているか分からない態度をするのが、愛想がよくない人の特徴 会話している最中に「へー」や「ふーん」だけになってしまうと、自分の話がつまらないんだなという誤解を招いてしまうことは多いです。 単になんて返せばいいか分からない人もいますが、このような返答では愛想がない人に加えて、感じが悪い人といったイメージを持たれてしまうことも。 相手が話している時には、相手の目を見て話すことや、相手の話に興味を見せる態度を示すことが大切です。 言葉に詰まってしまったら、オウム返しのように相手の言葉を繰り返しながらリアクションを取るだけでも十分イメージは良くなります。 不愛想になってしまうと、会話がとぎれとぎれになってしまい、相手も会話が楽しいと思わなくなるでしょう。 また目を見て話せない、人の目を見ることが苦手といったタイプの人は、そっぽを向いて話をしたりと態度に出てしまうものです。 緊張している、苦手意識があるといったことは、相手には理解出来ないものです。 目を見れないのであれば、相手の鼻や額あたりを見て話すと、相手は目を見ているような錯覚をするものです。 工夫して会話の態度を変えることで、愛想がない人から脱却できるかもしれません。 クールな性格、冷めた性格なのが、愛想がよくない人の特徴 何に対してもリアクションが薄い人、褒めることがあまりない人といったように、表現の仕方がワンパターンであるクールな人は、愛想がよくない人と言われる特徴です。 愛想ある人だと思われることをまず期待していないこと、元々クールな性格のために、愛想がないと思われてしまっているパターンです。 クールな人、冷静な人は、人から謝られても「別に」と言ったり、お礼を言われても「いえいえ」だけにとどまったりと、言葉が簡潔であることが多いです。 言葉が少なくなってしまうと、相手には「冷たい」といったイメージを持たれてしまい、同時に愛想がないと思われてしまうのです。 物事に動じない人、喜怒哀楽が少ない人、客観的な見方が多い人は、こういったタイプに当てはまるでしょう。 職場や友人関係といった密な関係が必要となる場面では、言葉をもっと増やす必要があります。 思っていることを一言で終わらせるのではなく、自分の感想や意見を加えるだけで、言葉の数は自然と増えるものです。 もし自分がこういったタイプであるならば、単に愛想がない人と思われてしまっている可能性は十分にあります。 言葉数を増やす、加えるといったことで、少しずつ解消することは可能でしょう。 愛想がよくない人の特徴を知って愛想良くしよう 愛想がよくないと人は近寄りにくいものです。 逆に愛想ある人になることで、次第に人が集まってくるもの。 人付き合いが苦手な人、人見知りな人は、愛想が無い人と誤解されてしまっている可能性も否定できません。 もし誤解を解きたいのであれば、このような特徴を改善する必要があると言えます。 人間関係を円満にするためにも、交流の幅を広げるためにも、愛想というのは意外と大事なものです。 「愛想がよくない人の特徴とは?笑顔が少なく自分から話しかけない」への感想コメント一覧•

次の

愛想が悪い人

愛想 が 悪い

笑顔があまり見られないのが、愛想がよくない人の特徴 人間関係を円満にするためにも必要なのが、笑顔でいることです。 笑顔が無い人、もしくはあまりにも笑顔になる回数が少ない人は、周囲からは愛想がよくない人だと言われている可能性が高いです。 事実、愛想がないと思われる人の上位を独占しているのが、笑顔のなさです。 あなたは日頃から笑顔になる機会を増やしたり、会話の中で笑顔をキープしたりと実践出来ていますか? 忙しい時や他の事を考えていると、つい人は笑顔を忘れ無表情になっていることが多いです。 意識的に笑顔になる回数を増やし、人との会話の時には他の事を考えず、会話に興味を示している事を見せることで、愛想がある人に変わっていくことが出来ます。 愛想がないと、人に近づきにくい印象を与えたり、何を考えているのか分からない不思議な人といったイメージを持たれてしまい、徐々に人が離れていってしまいます。 日頃から笑顔を取り入れることで、愛想のある人間を目指してみましょう。 自分から話しかけることが少ないのが、愛想がよくない人の特徴 相手から声をかけられるのを常に待っている人、自分から会話を持ち出すことがない人も、愛想がよくないと言われる人の特徴です。 中には人見知り、人との会話が苦手といったタイプの人もいますが、何度もあっているのにも関わらず自分から接点を持とうとしてこない人は、相手との関係を拒んでいるかのようにも取れるのです。 例えば朝に会った時には「おはよう」帰りには「サヨナラ」といった挨拶だとしても、自分から言うように心掛けるだけでも印象は変わってきます。 相手から言われるのを待っているだけでは、相手もどんどん話しかけずづらくなっていくものです。 会話が苦手だとしても、まずは挨拶だけは自分からすることを意識すると、愛想がないという印象を覆すことが出来るでしょう。 自分から話しかけることで、相手も自分に興味を示してくれている、自分と接点を持とうとしてくれているという印象を感じ、お互いにメリットに繋がるものです。 また自分から話しかける時には笑顔を加えることで、より一層良い印象を持たれます。 慣れてくると、会話をするのも楽になってきたり、相手の距離が近付くために話しやすい関係を築くことも可能です。 苦手意識を取り払って、積極的に相手に話しかける、挨拶をするということを心掛けると良いでしょう。 会話中、聞いているか分からない態度をするのが、愛想がよくない人の特徴 会話している最中に「へー」や「ふーん」だけになってしまうと、自分の話がつまらないんだなという誤解を招いてしまうことは多いです。 単になんて返せばいいか分からない人もいますが、このような返答では愛想がない人に加えて、感じが悪い人といったイメージを持たれてしまうことも。 相手が話している時には、相手の目を見て話すことや、相手の話に興味を見せる態度を示すことが大切です。 言葉に詰まってしまったら、オウム返しのように相手の言葉を繰り返しながらリアクションを取るだけでも十分イメージは良くなります。 不愛想になってしまうと、会話がとぎれとぎれになってしまい、相手も会話が楽しいと思わなくなるでしょう。 また目を見て話せない、人の目を見ることが苦手といったタイプの人は、そっぽを向いて話をしたりと態度に出てしまうものです。 緊張している、苦手意識があるといったことは、相手には理解出来ないものです。 目を見れないのであれば、相手の鼻や額あたりを見て話すと、相手は目を見ているような錯覚をするものです。 工夫して会話の態度を変えることで、愛想がない人から脱却できるかもしれません。 クールな性格、冷めた性格なのが、愛想がよくない人の特徴 何に対してもリアクションが薄い人、褒めることがあまりない人といったように、表現の仕方がワンパターンであるクールな人は、愛想がよくない人と言われる特徴です。 愛想ある人だと思われることをまず期待していないこと、元々クールな性格のために、愛想がないと思われてしまっているパターンです。 クールな人、冷静な人は、人から謝られても「別に」と言ったり、お礼を言われても「いえいえ」だけにとどまったりと、言葉が簡潔であることが多いです。 言葉が少なくなってしまうと、相手には「冷たい」といったイメージを持たれてしまい、同時に愛想がないと思われてしまうのです。 物事に動じない人、喜怒哀楽が少ない人、客観的な見方が多い人は、こういったタイプに当てはまるでしょう。 職場や友人関係といった密な関係が必要となる場面では、言葉をもっと増やす必要があります。 思っていることを一言で終わらせるのではなく、自分の感想や意見を加えるだけで、言葉の数は自然と増えるものです。 もし自分がこういったタイプであるならば、単に愛想がない人と思われてしまっている可能性は十分にあります。 言葉数を増やす、加えるといったことで、少しずつ解消することは可能でしょう。 愛想がよくない人の特徴を知って愛想良くしよう 愛想がよくないと人は近寄りにくいものです。 逆に愛想ある人になることで、次第に人が集まってくるもの。 人付き合いが苦手な人、人見知りな人は、愛想が無い人と誤解されてしまっている可能性も否定できません。 もし誤解を解きたいのであれば、このような特徴を改善する必要があると言えます。 人間関係を円満にするためにも、交流の幅を広げるためにも、愛想というのは意外と大事なものです。 「愛想がよくない人の特徴とは?笑顔が少なく自分から話しかけない」への感想コメント一覧•

次の