ノル ディスク アスガルド 12.6。 4年間ノルディスクのアスガルドを使用し続けた使い勝手を詳しくブログで紹介! : Kutikomi

4年間ノルディスクのアスガルドを使用し続けた使い勝手を詳しくブログで紹介! : Kutikomi

ノル ディスク アスガルド 12.6

アスガルド12. 6をただのテントとして使うのは勿体無い! オフ会や友人とのキャンプで使えるだろうと、一昨年の秋に買ったノルディスクのアスガルド12. なんだかんだであんまり出番がありませんでした。 ガルボ会の時って基本皆さん自分のテントで宿泊しますので、あの広さのテントを立てる意味を見出だせなかったのであります。 が、 それは冬キャンプのシェルターとして使うことです。 タープの下で集まるのもしんどいし、かと言って2ルームは僕持ってないし。 というわけで、フロアシートを引かずに、シェルターとして使用しました。 フロアシートだけで数万するんだわ。 もしアスガルドをテントとして考えているなら、幕+フロアで12,3万掛かるので注意。 これが中々快適でした。 僕とガルボの寝床兼、4人のリビングとして使って丁度良い広さでしたね。 もし寝床を内部に確保しないのであれば、6人とかでもイケる感じです。 ワンポールですが 高さがあるので、キャンピングチェアーを入れても圧迫感も無い。 リビングシェルターとして凄く優秀なのです。 Post from RICOH THETA. theta360 — 石油ストーブ2個あると冬キャンプでも暖かい これはメリットなのか微妙なところですが、石油ストーブを2つ突っ込むとかなり暖かいです。 中に入ると一枚脱げる位。 また、フロアシートを着けていないので、空気を取り込めて、上のベンチレーション(換気口)から一酸化炭素が抜けてくれます。 もしアルパカストーブの様な対流式じゃない、強力な石油ストーブをお持ちであれば1台でも暖かいかもしれません。 ポリコットンだから限りなく結露しない 地味に冬キャンプに使うのに良いなと思うのが、限りなく結露しないということ。 冬キャンプに必ず付き纏って嫌なのが、結露。 テントの中と外の気温の差で発生するので、ほぼ間違いなく冬キャンプには結露が出ます。 中に人数がいればいるほど結露の量が凄くなりますが、 化繊の幕に比べて、ポリコットンの幕は全くと言っていいほど結露感がありません。 あくまで比べてなので、 一切結露しないというわけではありませんが化繊の比ではないのです。 それこそ、天気が良ければチェックアウトの時間までに乾いてくれる位しか結露で濡れません。 なので、冬キャンプの朝に幕の内側に触っちゃってビシャビシャで冷たい!なんてこともないのです。 以上、写真も少ないしで伝わった気がしませんが、とにかくアスガルドは冬のリビングシェルターとしての活用が凄くオススメ!! 是非お持ちの方はアスガルドをこんな感じで使ってみてください。

次の

レビュー:ノルディスク・アスガルド12.6㎡│ファミリーキャンプのちソロキャンプ

ノル ディスク アスガルド 12.6

NORDISK(ノルディスク)テント ノルディスクのテントと言えばシロクマが目印で、オフホワイト色のコットンテントが特徴ですよね。 私が購入したテントはアスガルド12. 6とアスガルド19. 6になります。 この数字は広さを示すもので19. 6㎡ということです。 6を購入したあとに「こんなに大きいの必要なかったわ」と後悔して12. 6も購入しています。 アスガルド12. 6を張ってみるとこんな感じになります。 アスガルド7. 1はフロアマットが付属になりますが、アスガルド12. 6とアスガルド19. 6はフロアマットは別売りになっています。 大人2人+子供1人が寝てもあと大人2~3人は横になれるスペースは十分にありました。 そう考えると上記の参考人数は正しい数だと思います。 多くのキャンプ場のテントサイトの1区画が80㎡~120㎡ということを考えるとファミリーキャンプをする際にはアスガルド12. 6の選択が妥当と思います。 区画にテント+タープ+自動車(ミニバン)のスペースを確保するにはアスガルド19. 6は大きすぎたということです。 アスガルド19. 6を使うには150㎡以上のテントサイトが必要です。 設営に必要なガイロープも結構スペースとりますし。 アスガルドの方がキャンプ場で見つける機会が多いですが、アルフェイムも可愛いですね。 アスガルドと違って立ち上がりの部分がないため、中に入るとアスガルドより狭めには感じるかと思います。 もくじ• アスガルド12. 6のスペック• 収容人数:3~5人(6人も可)• サイズ:400cm x 375cm x 250cm• 重量:18. 5kg• 耐水性:350mm• ポール2本(メインポール、A型ポール)、ペグ25本 通常モデルはテクニカルコットンで私が購入したものもコレです。 6も存在しますが、流通量が少なく+5万円以上ださないと購入できないほど高価なものです。 他社ブランドの通常のテントは生地がポリエステルでできていて、ビニール感が全面に出ています。 アスガルドの 通常モデルはコットン35%しかありませんが、外見のビニール感は消失して肌触りもコットン感を感じることができます。 アスガルドのメリット• とにかく見た目が可愛い。 (オフホワイト~ベージュ色の色味が良い。 シロクマが可愛い。 テントの形)• (ビニール感が好きじゃない人にはオススメ)• ポール数が少なくテント設営の工程が単純ですぐに覚えることができる。 設営時間はペグ打ち完了まで一人で30分もあれば余裕。 豪雨の際にフロアマットの下にすのこを敷かなくとも、テント内に雨水が浸水しない。 入口のジッパーを閉じるとフロアマットのフチ全周が地面から10cm程度全体的に持ち上がりお皿みたいな形状になるため、寝ている間に豪雨が来たとしてもテント内に浸水する心配がありません。 多くのテントの場合はフロアマットの下にすのこを敷いて、フロア自体を持ち上げておかないと豪雨の際に浸水することがあります。 通常の雨なら心配ないですが。 アスガルドのデメリット• コットン生地で通気性が良いと言っても、メッシュ部分が他社テントより少ないので夏は暑くなります。 軽井沢などの気温・気候下では真夏でも全く問題ありません。 ただ、このテントで暑いときは他社テントでも快適とは言えないので、実際のところそれほどのデメリットではないと思います。 雨が降ったときにコットンが水を吸水して、テント幕がめちゃくちゃ重くなるので撤収作業が大変です。 ポリエステル100%なら雨を吸わずに、はじくのでテント自体は重くなりません。 白地で可愛いことで汚れに弱い。 これが一番のデメリットだと思います。 特に樹液による汚れは目立つ上に落ちないので最悪です。 林間サイトでの設営には注意が必要です。 強い雨が降ったあとは地面からの泥跳ねでこんなにもテントが泥で汚れてしまいます。 コットン生地であるが故に泥をキレイにふき取ることが難しく、ちょっと泥跡が残ってしまいます。 他社テントは濃い色でポリエステル生地が多いので、サッとふき取れば汚れは目立ちにくくなります。 ノルディスクテント購入に際しての注意点 ノルディスクのコットンテントは2014年に仕様のマイナーチェンジがあり、2013年以前のモデルと2014年以降のモデルは互換性がありません。 つまり 2013年モデルのフロアは2014年以降のモデルには使えません ので、フロアマットとテント幕本体がジッパーで接続できません!アルフェイムとアスガルドを購入する際にはフロアマットとテント本体の年度モデルの互換性を確認ください。

次の

【ノルディスク】アスガルド12.6は、冬キャンプのシェルターとして使うと優秀

ノル ディスク アスガルド 12.6

全国送料 無料です。 【広々とした開放的なテント】 最大6人も入れる広々としたテントなので、家族・友人・近所づきあいなど、あらゆるシチュエーションで大活躍! ノルディスクアスガルドのサイズは【7. 1】【12. 6】【19. 6】の3種類。 こちらの商品は真ん中のサイズで、あらゆる場面に対応できる優れモノです。 広さだけでなくデザインにもこだわり、外から見るとおしゃれなベル型になっています。 その見た目と使用時の快適さが利用者の心をガッツリつかみ、口コミで話題に!お申込みのタイミングによっては入荷待ちになるほどの人気商品です。 【インテリアにもこだわりを!】 シンプルでおしゃれなカラーの内装は、様々なインテリアグッズと合わせやすいのが特徴です。 多くのアスガルドファンの皆様が、好みに合わせたインテリアグッズを配置した写真を投稿しているので、ぜひ一度ご覧ください。 ドアや窓を全開の状態にしなくても、メッシュが虫の侵入をしっかりと防いでくれます。 このテントなら、「夜のうちに子どもが虫に刺されたら…」という心配もいりません。 また、テントの生地に使用しているポリコットンは撥水性に優れているので、多少の悪天候でも安心して使えます。 これは嬉しいポイントですよね! もしも雨や雪でテントの外側が少し濡れてしまった際には、しっかりと乾かしてから保管するようにしましょう。 (タオルで外側の水分を拭きとる、帰宅後に公園や庭でもう一度テントを広げて乾かすなど) 【設営・撤収が簡単】 設営は難しくなく、慣れれば15分程度で終わります。 「子どもがグズグズしはじめる前にテントを立ててあげたい!」「テントの設営に時間をかけたくない!」「彼女の前で手際の悪いところを見せたくない!」アスガルドなら、そんな心配はいりません! 簡単にササッとテントを立てて、たっぷり遊んじゃいましょう!心配な方は、キャンプの当日にスムーズに設営できるように、あらかじめお庭や公園で設営の練習をしておけばバッチリです。 キャンプは、あなたの大切な家族や恋人にとっても大事な想い出です。 だからこそ、スマートでかっこよくありたいですよね!アスガルドで素敵なキャンプの想い出を作ってください。 【冬場の結露がかなり少ない】 「冬の結露を拭いてから片づけないといけないのが面倒・・・」テントの撤収作業でよく聞くエピソードです。 アスガルドは、幕内の結露がかなり少なく、冬場に使用しても結露ができにくいと評判です。 【確かな品質に素敵な見た目、皆が憧れるテントで楽しいキャンプを!】 ノルディスクのテントは、テントの中では比較的高価ですが、その理由は確かな品質と多くのユーザーが納得・満足するデザイン性の高さです。 ポリコットン製ならではの使い心地、テントの中のゆったり感、通気性に優れているなど、優れているポイントがありすぎるのです! せっかくのキャンプですから、素敵なテントで楽しみたいですよね!デザイン性も文句なし、かわいい白クマのロゴがパーツパーツにあしらってあり、女性には特に好評です。 インスタ映えするアイテムをそろえて好みの配置にしたら、そこはあなた方だけの素敵な空間になります! ノルディスク アスガルド12. 6 テント 販売価格 109,800円 税込 購入数.

次の