ハウル の 動く 城 ヒン。 ハウルの動く城ソフィーなど声優一覧!ヒン&カルシファーや神木隆之介のキャラクターはどれ?

『ハウルの動く城』ヒロイン・ソフィーが老婆になったり若返ったりする理由

ハウル の 動く 城 ヒン

映画「ハウルの動く城」が金曜ロードショーでで地上波テレビ放送されるので、キャラクター・声優一覧、都市伝説、原作との違い、あらすじネタバレに迫ります。 声優は下手だと酷評されてますが・・ 「ハウルの動く城」の原作は、イギリスのダイアナ・ウイン・ジョーンズさんの小説「魔法使いハウルと火の悪魔」。 地味な性格の少女ソフィーは父が遺した帽子店で働いていたが、心臓のないイケメン魔法使いハウルに出会った夜、荒地の魔女に魔法をかけられ呪いで老婆に変えられてしまう。 ソフィーは呪いを解けるのか?ハウルは心臓を取り戻せるのか? 主要キャラクターのソフィーとハウルの成長・恋愛を描いた映画ですが、ジブリの中でも難解なストーリーとして有名。 特に「ソフィーの呪いはいつ解けたのか」「ハウルの正体」「戦争の理由」などが謎なので、都市伝説含めネタバレします。 ・キャラクター一覧 ・声優が下手な理由 ・ソフィーの呪い ・ハウルの正体 ・戦争の解説(都市伝説) ・原作本との違い ・結末まであらすじネタバレ など紹介するので「ハウルの動く城」に興味のある人は参考になったら幸いです。 「人の心臓を食べる」と怖い噂がある。 カルシファーと契約して心臓を預けた。 ハウル「僕は本当は臆病者なんだ。 このガラクタは、全部魔女除けのまじないなんだよ。 怖くて怖くてたまらない…」ガラクタだらけのハウルの部屋…作画監督の高坂さんいわく「今の若い人たちがフィギュアを集めるのと同じ感覚」なんだそうです。 — ミアちゃん@金曜ロードSHOW! 同時に契約者(ハウル)に憑く火の悪魔となった。 ハウルが死ぬと自分の死ぬ。 魔女に魔法でカカシに変えられた。 50年前に悪魔と契約して王宮を追放された。 魔力の高いハウルの心臓を狙い、自分を追放したサリマンを恨んでる。 荒地の魔女「その呪いは人には話せないからね。 ハウルによろしくね」妖艶で存在感のある荒地の魔女。 声を演じるのは美輪明宏さんです。 ご自身が演 じたキャラクターに対しての感想は「鏡を見ているようなものですから」…とのこと(次のツイートへ) — ミアちゃん@金曜ロードSHOW! でも逆にそれが仇となり「ハウルの動く城は声優が下手」という評判につながってしまいました。 芸能人が声優をやるとありがちな、棒読みが多かったようです。 特に主役の2人の声優は下手だといわれ、ソフィーの声優・倍賞千恵子さん、ハウル役の声優・木村拓哉さんの評判はさんざんです。 木村拓哉さんが下手な理由を知ってちょっと納得かも。 なんと事前に台本を一度も音読してませんでした。 その理由は本人曰く「口に出して練習してしまうと新鮮さがなくなり、本番でダメになる」というもの。 事前練習は小声で、本番で初めて大きな声で台詞を読んだそうです。 ただ木村拓哉さんが声優を担当したハウルは、心臓がない設定なので、心臓がない=心がこもってない=棒読みっぽく ということかもしれません。 実は「ハウルの動く城」は最初、若い世代に託そうと細田守監督のもと製作開始しました。 細田守監督は学生時代に「カリオストロの城」で感動してジブリに入ろうとしましたが、「才能が大きすぎる」ということで入れなかった過去があったので、この仕事は嬉しかったと思います。 しかし意見が衝突したりいろいろあって、細田守監督は3か月で降板・・・作ったコンテや脚本もごボツになって、宮崎駿監督が一からやり直したそう。 神木隆之介さんは2001年の『千と千尋の神隠し』でも坊役で声優をやっていて、「ハウルの動く城」当時11才で、ハウルの弟子のマルクルを演じ、2010年の『借りぐらしのアリエッティ』でも翔役。 その後は ・三鷹の森美術館で公開した短編「星をかった日」 ・細田守監督『サマーウォーズ』 ・細田守監督『君の名は。 』 ・スタジオポノック『メアリと魔女の花』 など、なにかとジブリと縁の作品で声優をしています。 そして犬のモデルは宮崎駿監督の遊び心で、なんと細田守監督。 監督を降板してもこんなところにいました。 宮崎駿監督と細田守監督は、犬のことでケンカをしたこともあるそうで。 青は港町、赤はキングズベリー、緑は城がある荒地、黒は…ハウルだけが知っているのだそうですが…? — ミアちゃん@金曜ロードSHOW! ちなみに魔法をかけられた理由は魔女の嫉妬のようです。 呪いを解けて若返ったと思いますが、映画の中でははっきりした描写がありません。 呪いの正体は、「老婆にする呪い」ではなく「ソフィーが自分をどうみているかを実現させる呪い」でした。 ソフィーはかわいい妹とは違い、自信がなく孤独で地味で老婆のような性格でした。 その心がそのまま老婆の姿になってしまう呪いでした。 ハウルの動く城に転がり込んだあと、荒地の魔女は女王によって魔力を奪われたので、この時点で呪いは解けたはずです。 ソフィーと女王が、ハウルの事で言い争いのなったとき、ソフィーは気持ちが若返って一瞬もとに戻ります。 荒地の魔女がただのおばあさんになった時点からは、ソフィーは自分との闘いです。 自分は老婆という思い込みから、抜け出して若い少女になる試練の始まりです。 ソフィーの見た目年齢がいろいろな年齢に見えるのはそのため。 ラスト、ハウルを助けたいという強い気持ちが、自分が自分にかけた呪いを解いて元に戻れました。 性格も明るくなりました。 銀髪というか老婆だから白髪かもしれません。 呪いが解けて少女に戻っても、ソフィーの髪色はなぜか銀髪のままでした。 でもハウルは心臓を取り戻したあとソフィーの銀髪を「素敵な髪だね」「星の光に染まってるね」とほめてくれました。 銀髪が星の光とは思えないのですが、ハウルにはそう見えたのでしょうし、彼なりの最高の誉め言葉だったのかも。 今日も仕事がんばれる! しかも魔法使いの師匠サルマン曰く、類稀なる才能の持ち主で、後継者にしたいほどの魔法使い。 一方でハウルには怖い噂が。 「ハウルは人の心臓を食べる」という噂ですが、これはイケメンなゆえ「ハウルは女性の心を奪う」というのを弟子のマルクルが言い間違えて広まった、間違った噂です。 ハウルは鳥の怪物みたいな姿に変身しますが、理由はカルシファーとの契約にあります。 ハウルは少年時代、星の子(流れ星)地上に降りると死んでしまうのをハウルが気の毒に思い、自らの心臓と引き換えに生を与える契約を結びました。 星の子は同時にハウルに憑く火の悪魔カルシファーとなりました。 でも心臓を星の子(カルシファー)に預ける時間が長いと、最終的に星の子に心を支配されて化け物になってしまいます。 鳥の怪物みたいな姿でずっといると、戻れなくなってしまいます。 弱虫で精神的に稚拙。 わがままで臆病。 気が小さくて根性なしで意地っ張り。 でもまっすぐな性格で、優しくて大切なものを守る強さも持ち合わせています。 なぜ? 実はもともと黒髪だったのを、美にこだわるハウルは魔法で金髪にしてました。 しかしソフィーがお風呂掃除をしたときの拍子で魔法が解けてしまい、黒髪になったのでした。 でも黒髪もハウル本人まんざらでもないみたいです。 始まりはハウルがソフイーに恋するのですが、いつからでしょう? なんとここはタイムパラドックスが発生します。 ハウルは少年時代にソフィーと出会い、恋に落ちてました。 ハウルが用意した過去に繋がるドアで、ソフイーは過去に戻り、ハウル少年を見かけ「未来で待ってて」と言って帰っていきました。 その時からハウルはずっとソフイーに再会するのを待って、恋してました。 そして大人になり、街で男2人にナンパされてるソフィーを助けたとき「やっと見つけた」と言ったのが、物語冒頭のシーン。 これはジブリが「人を苦しめる愚かなもの」の描写として戦争シーンをプラスしました。 戦争の理由は描かれていないので、怖い都市伝説として「戦争の理由の解説」がネットでささやかれてます。 サリマンが戦争を起こした理由は、カルシファーと契約して 自分の元を離れていったハウルを取り戻したいから。 サリマンは悪魔(カルシファー)との契約を終わらせる方法を教える代わりに、戦争に加勢するようハウルに求めます。 応じなければ戦争を激化させます。 そうすればハウルは戦火からソフィーたち仲間を守るため、悪魔の力で強い怪物になります。 でも醜い姿になるのはハウルの美意識が耐えられず、サリマンの元に戻ってくるだろうと考えるから。 ソフィーに対する嫉妬も戦争を起こした理由です。 隣国の王子を魔法でカカシにしたことで、隣国の怒りを買い戦争に発展。 カカシはソフィーに恋し、ソフィーのキスで魔法は解けて王子に戻る。 ソフィーと王子がくっつけば、失恋したハウルはサルマンの元へ戻ってくるという作戦。 でもソフィーは王子に恋することなく、ハウルとくっつきました。 ついにサルマンはハウルを諦め、戦争をやめました。 つまり サルマンは金髪イケメンのハウルに恋してました。 サリマンに使える小姓も金髪の美少年。 ジブリはキャラクターなど主要な設定は原作を踏襲しながら、オリジナルで戦争シーンを加えたのが大きな違いです。 また、原作ではハウルとソフィーはその後結婚して子供が生まれますが、映画では描かれてないのも違いです。 ソフィー(倍賞千恵子)は父が遺した帽子店で働く地味な女の子。 恋にもオシャレにも消極的で、華やかな妹や義母から心配されている。 ある日、ソフィーは町で兵士に絡まれているところを、美しい青年に助けられる。 不思議な力を持つ彼こそ、人の心臓を食べると噂されている魔法使いのハウル(木村拓哉)だった。 そうとは知らないソフィーは初めてのトキメキを感じるが、その夜、突然訪ねてきた荒れ地の魔女(美輪明宏)に魔法をかけられ、90歳の老婆に姿を変えられてしまう。 このままの姿では家にいることはできない…と旅に出たソフィーの前に、巨大なハウルの動く城が現れる。 旅の道中で助けたカカシのカブ(大泉洋)に導かれるように城の中へ入ると、散らかった部屋の中に小さな暖炉があり、城の動力源である火の悪魔・カルシファー(我修院達也)の姿があった。 カルシファーは、ハウルとある契約を交わしたせいで城の外には出られなくなってしまったのだという。 カルシファーのお願いを聞く代わりに姿を元に戻してもらう約束を取り付け、ハウルの弟子・マルクル(神木隆之介)も味方につけたソフィーは、しばらく掃除婦として城で暮らすことになった。 好奇心旺盛だが憎めないソフィーのペースに次第に巻き込まれていくマルクルとカルシファー。 城の中を無断で整理整頓してしまうソフィーを迷惑がっていたハウルも、徐々に彼女のいる生活を楽しみ始める。 しかし戦争は次第に激しさを増していき、ハウルは魔法使いの師匠で王室付きの魔女であるサリマン(加藤治子)から呼び出しを受け…。 jointv. その後ハウルと別れたソフィーはその夜、魔女の呪いで90歳の老婆に姿を変えられてしまう。 城の暖炉には火の悪魔カルシファーがいた。 彼はハウルとの契約に縛られてこき使われており、自らの魔力で城を動かしていた。 彼はソフィーに、ハウルとの契約の謎を解いて、自由にしてほしいと頼んでくる。 その後、ソフィーは城の掃除婦になるとハウルに言って、そのまま城に住むことになる。 隣国との戦争が始まると、王に仕える魔法使いのマダム・サリマンがハウルに国への協力を求めてくる。 サリマンはハウルの昔の師匠で、悪魔と取引をしたハウルが彼女の元を去ったことを嘆いていた。 彼女はハウルが協力するならば悪魔と手を切る方法を教え、協力しないならば魔力を奪うという。 悪魔と取引していた荒地の魔女も、サリマンに魔力を奪われてしまう。 ハウルとともにサリマンと面会したソフィーはサリマンの前でハウルを弁護したが、サリマンは国に協力しないハウルを襲い、その後も彼を狙い続ける。 ハウルはサリマンから隠れるため、それまで住んでいた城からソフィーの帽子屋へ魔法で引越しをする。 魔力を奪われて普通の老婆に戻ってしまった荒地の魔女も家族に加わることになる。 しかし町は空襲を受け、ハウルはソフィーを守るためと言い、戦いに行ってしまう。 ソフィーは、彼が戦うのは町に彼女達がいるからだと考え、帽子屋を出て荒地の城に戻り、それからハウルを助けに行こうとする。 その時、荒地の魔女が、彼女が欲しがっていたハウルの心臓をカルシファーが持っていたことに気づく。 彼女はカルシファーに手を触れて火達磨となり、ソフィーは思わず2人に水を掛けてしまう。 するとカルシファーの魔力に支えられていた城は途端に崩壊し、ソフィーはその残骸と共に谷底へ落ちる。 谷底でソフィーは、ドアの残骸の先が別の世界とつながっていることに気づき、その世界で子供時代のハウルを見つける。 ハウルが流星を飲み込み、胸から火に包まれた心臓を取り出すのを見たソフィーは、彼に「きっと行くから未来で待ってて」と叫びながら元の世界に帰る。 この時、いつの間にか彼女の姿は老婆から少女に戻っていた。 元の世界では、悪魔のような姿に変わり果てたハウルが、精気を失った顔で待っていた。 ハウルが自分をずっと待ってくれていたのだと、ソフィーは気づく。 ソフィーが荒地の魔女からハウルの心臓を受け取って彼の胸に戻すと、流星に戻ったカルシファーは自由になって飛び去り、ハウルも精気を取り戻す。 カルシファーの魔力に支えられていた城の残骸が崩れ、乗っていたソフィー達は谷へ落ちそうになるが、突然現れたカカシのカブが身を投げ出して防ぐ。 ソフィーがカブに感謝のキスをすると、カブは人間の姿に変わる。 彼の正体は呪いを掛けられていた隣国の王子で、国に戻って戦争を終らせるという。 その様子を魔法で見ていたサリマンは、このバカげた戦争を終らせようとつぶやく。 自由になったカルシファーも、みんなといたいと言って帰ってきた。 新しくなった城でソフィーとハウルはキスをする。 そしてハウルの動く城は、皆を乗せて青空を飛んでいくのだった。 ネタバレ引用:. wikipedia.

次の

ハウルの動く城を解釈する2 心のはたらき、名前の意味。

ハウル の 動く 城 ヒン

犬ヒンの正体は? 映画ではあまり触れられていなかったので、 犬の正体って結局何だったの? となる方が多いと思うので犬の正体について述べていきたいと思います。 まずこの犬の名前はヒンといいます。 正体については、 サリマンの使い魔ですね。 最終的にソフィーや荒地の魔女になついてしまって、サリマンには浮気者と言われていましたね 笑 使い魔と言ってもできることは少ないです。 映画の最後でヒンがサリマンの手元にある水晶玉に映像を送っていましたよね。 ヒンができることは、自分の視界や自分の周りの状況をあの水晶玉に送ることです。 最後は城でみんなと一緒にいたのでサリマンの元には戻らなかったのでしょう。 犬種は? 犬ヒンの犬種は、 プチ・バセット・グリフォン・バンデーンです。 さん marble. 515 がシェアした投稿 — 2018年 6月月2日午後6時43分PDT なんとも愛くるしい顔をしていますよね 笑 かなり可愛いです! プチバセットグリフォンバンデーンについて プチバセットグリフォンバンデーンはフランス原産の犬で、 元々は猟犬として活躍していたようですね! 性格は、常に明るく、動物も人間の大好きなのでかなり人懐っこいです。 体重は11kg~19kgです。 特徴はなんとってもこのくるくるとした毛並みでしょう。 それと耳もたれててかなり可愛いです。 鳴き声は? 犬ヒンの鳴き声は名前通りなのですが、 「ヒン」とか、笑っているときは 「ヒイヒイヒイ」です。 声優は誰? ヒンの声優を務めたのは原田大二郎さんという方です。 イメージとしては、 詰まりそうな苦しい咳なんだそうです。 よく、「ヒンみたいな声になった!」とツイッターでもつぶやかれていますね。 滅多に体調崩さんけど1回風邪ひくとヤバい 乾いた咳で吐きそうなるし ハウルの動く城のヒンの鳴き声みたいな咳だしやだ — mayuka mayupurple0501 原田大二郎は今はそんなにテレビに出ていないので知らない方が多いかもしれませんが、 昔は数多くのドラマに出演していた大物俳優です。 原田大二郎さんもいらっしゃってて、ばぁばと写真とってもらったよ 。•

次の

映画【ハウルの動く城】のロケ地(舞台)や過去の視聴率は?ジブリ飯のベーコンエッグが美味しそうだと話題に! | シネパラ

ハウル の 動く 城 ヒン

C スタジオジブリ 名前 ヒン 性別 オス 年齢 不明 声優 原田大二郎 ヒンの性格 ヒンはいきなり登場してソフィーには信用してないと言われたり、に煙たがられたりしました。 対して、には飼ってもいいかとハウルに尋ねるくらい好かれ、早速マルクルに連れられて新しい家を見回っていて、環境に馴染むのが早いようです。 また初対面のソフィーに対しても、自力で階段を上れないので、鳴き声で気づかせてソフィーに運ばせるという図々しさがありました。 しかし、ソフィーがを救う為にカルシファーに水をかけてしまって慌てている時には聞き役に徹する優しさがあります。 また、その際にはソフィーのハウルからもらった指輪から不思議な青い光が出て、扉の方まで伸びていることをソフィーに気づかせます。 このようなソフィーの心細い時には傍にいてくれる存在となります。 ヒンとサリマン ヒンはの使い犬で、王宮にやって来たソフィーを案内する為にサリマンが使わせたのが最初の登場シーンになります。 王宮に着いた時には、サリマンの水晶玉を載せている台の下に落ち着いていました。 その後は王宮からハウルとソフィーが逃げるのに合わせて一緒に来てしまい、いつの間にかハウルの動く城の一員になっていました。 しかし、実際にはサリマンに連絡義務があったようで、物語の最後には何をやっていたのかとサリマンに文句を言われています。 その連絡方法は非常に特殊で自分の視界や自分の周りの状況をサリマンの持っている水晶玉に送ることができます。 ヒンの特徴 ヒンは老犬であることと、脚の長さが短い為に基本的に階段の昇り降りはできないようです。 しかし、必要に迫られた時には数段分ある段差をどうするか悩んだ挙句にジャンプして降りています。 よって下りる分には頑張ればできるようです。 最大の特徴は「ヒンッ!」という鳴き声で、恐らく名前は鳴き声から取られているのではないでしょうか。 初めに登場した時には、ハウルが姿を変えてソフィーに着いていくと言ったことから、ヒンはソフィーにハウルであると勘違いされていて、年寄り犬に化けていると思われていました。 ヒンのモデル ヒンは、たれ耳とダックスフンドやコーギーの様な胴長短足と大きな鼻が特徴的な犬で、犬種はプチバセットグリフォンバンデーンという種類ではないかとされていますが、公式情報ではありません。 原産国はフランスになります。 常にうろうろと動き回っていることが多く、元気な犬です。 犬としてのモデル以外にも、モデルとなったある有名人物がいました。 それは「攻殻機動隊」や「スカイ・クロラ」で知られる押井守監督です。 かねてから宮崎駿監督から認められていた同業者として親交がありました。 また超のつく愛犬家で、犬の為に熱海に引越した程でした。 ヒンの声優 ヒンの声優を担当したのは、原田大二郎さんという俳優の方です。 主にテレビドラマに出演しており、映画や舞台にも多く出演しました。 代表作は、テレビドラマでは「新撰組血風録」「ズッコケ三人組3」、映画では主演わ務めた「裸の十九才」や「スケア」などがあります。 バラエティ番組にも出演しており、司会としてレギュラーとして出続けた番組は、「クイズなっとく歴史館」やタモリさんの夏休み代行たして「森田一義アワー 笑っていいとも!」などがあります。 声優としては、ヒンを演じる以前に1997年「どんぐりの家」や2000年「風を見た少年」があります。 ヒンの声優に選ばれた理由は不明ですが、声優が本業の人を起用しないというジブリ作品の流儀や以前に声優として演じた作品があることからではないかと推測できます。 ヒンの名シーン 「歩くよヒン、歩くから。 涙が止まらないの 」.

次の