山下万喜。 【退役】山下万喜(自衛艦隊司令官・海将)|第27期・海上自衛隊

唤起工农千百万,同心干,不周山下红旗乱全诗的意思_上句下句

山下万喜

2020-06-14 09:04 来源: 原标题:山乡处处业兴旺 喜看夏日胜春光 进入雨季,黔西南州晴隆县山乡土地活泛起来了。 被寄予致富厚望的花椒树,这几天正加紧移栽,全县计划种植的10万亩花椒,目前已种下7. 2万亩; 全县丰产的6. 7万亩茶园充分吐芽,春夏秋茶采摘带动脱贫增收的计划将顺利实现; 坝区和产业基地上,人们忙着抢收花椰菜、辣椒、食用菌等,运输车辆奔忙在山间道路和通往各大城市的高速公路上…… 切实贯彻落实三级挂牌督战深入推进农村产业革命,聚焦24个未出列村和1. 12万未脱贫人口、11. 34万已脱贫人口,打好预防脱贫不稳人口返贫和非建档立卡低收入人口致贫阻击战,晴隆县广大党员干部和群众抢时间、夺损失,田间地头、产业基地、加工厂房,都是一派火热景象。 辛勤育产业 今岁茶正香 从长流乡搬迁到腾龙岭新市民社区后,贫困户黄丽丽在家门口的茶叶基地上实现了就业增收的愿望。 1万亩,现有茶叶企业200余家,配套建设的3000吨精制加工厂和14个新建初制加工厂已投入使用。 辛勤育产业,今岁茶正香。 至5月底,晴隆县已完成茶叶订单5555吨。 预计2020年可实现产值逾2. 2亿元,带动就业80万人次,辐射带动农户2. 2万户8. 6万人 其中建档立卡贫困人口7480户2. 62万人 ,实现户均增收1万元以上。 种下花椒树 更待幸福长 5月下旬以来,好雨入夜。 茶马镇青山村民郑登南和乡亲们踩着松软的泥土上山抢种花椒,干得很欢。 山高坡陡、石多土薄、谷深水低,工程性缺水严重,基础设施薄弱,人均耕地仅1. 77亩。 然而,高海拔、多山、多坡地、温差大的地理气候,也为出产高品质花椒创造了有利条件。 今年以来,晴隆县结合10万亩退耕还林目标科学规划,决定选择九叶青、顶坛青、大红袍等品种,在全县8个乡镇 街道 26个村高标准、规模化发展花椒产业10万亩。 同时在阿妹戚托小镇规划打造集旅游、观光、康养为一体的2000亩花椒产业示范基地,探索延伸产业链条。 目前全县已完成花椒种植7. 12万亩。 按照挂果后亩产值最低3500元计算,预计3年后全县花椒产值可达3. 5亿元以上。 参与种植5个月来,郑登南边干边学,不但已获务工工资1万多元,还熟练掌握了前期种植管护技术。 从重庆、广西、云南等地前来购桃的车辆每天早晨守候在路旁现场交易,49户果农户均实现增收8万元以上; 东方红坝区的花椰菜、青辣椒丰收了。 作为黔西南州58个规模坝区和贵阳市5万亩高标准蔬菜保供基地之一,坝区蔬菜直供贵阳及粤港澳大湾区,生产、销售及劳务薪酬、协议分红都有保障,百余村民每天欢喜劳作,笑语盈盈; 联盟村的100亩红托竹荪即将投产了。 通过各种渠道进行产品预售,合作社已收到来自广州、浙江等地的订单,丰收可期…… 未上枝头,已进城头。 采取持续做优品牌占稳市场、以销定产稳定市场、直播带货扩大销售渠道、超前预售抢占市场等方式,第一波丰收季,晴隆县精品果蔬、特色产业纷纷走俏市场,群众赚得盆满钵满。 数据显示,至目前,晴隆县薏仁米产业已完成播种5万亩,已签订保底收购协议4096户;高粱产业已完成播种2. 3万亩,初加工仓储中心厂房正在加紧主体工程建设;烤烟产业已完成移栽2. 51万亩,16个点175座烤房预计6月20日前投入使用;食用菌产业进展快速,林下经济食用菌产业2020年规划4000亩,其中红托竹荪预计6月中下旬投产,带动用工约7800人次,带动群众务工增收约78万元。 此外,特色养殖业势头强劲,其中生态养猪产业配套建设23个年出栏2000头家庭牧场已全部动工建设,3个大猪圈养殖点已完成进猪1046头;生态渔业已投放鱼苗308万斤,预计6月下旬投产,可实现分红494. 8万元;3000万苗水蛭养殖项目建成投产,预计今年可实现产值3400万元以上,每年可带动群众务工收入376万元、土地流转收入20万元、入股分红69. 81万元。 (贵州日报当代融媒体记者 陈俎宇 唐波 李允凤) 责编:陈晶晶、陈康清 责任编辑:.

次の

山下 万喜 (Vice

山下万喜

2020-06-14 09:04 来源: 原标题:山乡处处业兴旺 喜看夏日胜春光 进入雨季,黔西南州晴隆县山乡土地活泛起来了。 被寄予致富厚望的花椒树,这几天正加紧移栽,全县计划种植的10万亩花椒,目前已种下7. 2万亩; 全县丰产的6. 7万亩茶园充分吐芽,春夏秋茶采摘带动脱贫增收的计划将顺利实现; 坝区和产业基地上,人们忙着抢收花椰菜、辣椒、食用菌等,运输车辆奔忙在山间道路和通往各大城市的高速公路上…… 切实贯彻落实三级挂牌督战深入推进农村产业革命,聚焦24个未出列村和1. 12万未脱贫人口、11. 34万已脱贫人口,打好预防脱贫不稳人口返贫和非建档立卡低收入人口致贫阻击战,晴隆县广大党员干部和群众抢时间、夺损失,田间地头、产业基地、加工厂房,都是一派火热景象。 辛勤育产业 今岁茶正香 从长流乡搬迁到腾龙岭新市民社区后,贫困户黄丽丽在家门口的茶叶基地上实现了就业增收的愿望。 1万亩,现有茶叶企业200余家,配套建设的3000吨精制加工厂和14个新建初制加工厂已投入使用。 辛勤育产业,今岁茶正香。 至5月底,晴隆县已完成茶叶订单5555吨。 预计2020年可实现产值逾2. 2亿元,带动就业80万人次,辐射带动农户2. 2万户8. 6万人 其中建档立卡贫困人口7480户2. 62万人 ,实现户均增收1万元以上。 种下花椒树 更待幸福长 5月下旬以来,好雨入夜。 茶马镇青山村民郑登南和乡亲们踩着松软的泥土上山抢种花椒,干得很欢。 山高坡陡、石多土薄、谷深水低,工程性缺水严重,基础设施薄弱,人均耕地仅1. 77亩。 然而,高海拔、多山、多坡地、温差大的地理气候,也为出产高品质花椒创造了有利条件。 今年以来,晴隆县结合10万亩退耕还林目标科学规划,决定选择九叶青、顶坛青、大红袍等品种,在全县8个乡镇 街道 26个村高标准、规模化发展花椒产业10万亩。 同时在阿妹戚托小镇规划打造集旅游、观光、康养为一体的2000亩花椒产业示范基地,探索延伸产业链条。 目前全县已完成花椒种植7. 12万亩。 按照挂果后亩产值最低3500元计算,预计3年后全县花椒产值可达3. 5亿元以上。 参与种植5个月来,郑登南边干边学,不但已获务工工资1万多元,还熟练掌握了前期种植管护技术。 从重庆、广西、云南等地前来购桃的车辆每天早晨守候在路旁现场交易,49户果农户均实现增收8万元以上; 东方红坝区的花椰菜、青辣椒丰收了。 作为黔西南州58个规模坝区和贵阳市5万亩高标准蔬菜保供基地之一,坝区蔬菜直供贵阳及粤港澳大湾区,生产、销售及劳务薪酬、协议分红都有保障,百余村民每天欢喜劳作,笑语盈盈; 联盟村的100亩红托竹荪即将投产了。 通过各种渠道进行产品预售,合作社已收到来自广州、浙江等地的订单,丰收可期…… 未上枝头,已进城头。 采取持续做优品牌占稳市场、以销定产稳定市场、直播带货扩大销售渠道、超前预售抢占市场等方式,第一波丰收季,晴隆县精品果蔬、特色产业纷纷走俏市场,群众赚得盆满钵满。 数据显示,至目前,晴隆县薏仁米产业已完成播种5万亩,已签订保底收购协议4096户;高粱产业已完成播种2. 3万亩,初加工仓储中心厂房正在加紧主体工程建设;烤烟产业已完成移栽2. 51万亩,16个点175座烤房预计6月20日前投入使用;食用菌产业进展快速,林下经济食用菌产业2020年规划4000亩,其中红托竹荪预计6月中下旬投产,带动用工约7800人次,带动群众务工增收约78万元。 此外,特色养殖业势头强劲,其中生态养猪产业配套建设23个年出栏2000头家庭牧场已全部动工建设,3个大猪圈养殖点已完成进猪1046头;生态渔业已投放鱼苗308万斤,预计6月下旬投产,可实现分红494. 8万元;3000万苗水蛭养殖项目建成投产,预计今年可实现产值3400万元以上,每年可带动群众务工收入376万元、土地流转收入20万元、入股分红69. 81万元。 (贵州日报当代融媒体记者 陈俎宇 唐波 李允凤) 责编:陈晶晶、陈康清 责任编辑:.

次の

航拍:秦岭山下小麦开镰收割 收割机穿梭麦浪_高清图集_新浪网

山下万喜

海上自衛隊幹部学校長の山下です。 本日は、指揮官の意思決定プロセスの最終回となります。 今回は、大東亜戦争におけるレイテ沖海戦の例を示しながら、「もし私が栗田健男だったら」という視点に立って、栗田艦隊がレイテ湾に突入するにあたり、敵機動部隊が北方にいるとの情報を受け、レイテ湾突入を継続するのか、または反転して敵機動部隊との艦隊決戦を期して北上するのかという歴史上重要な決心について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。 それでは話を進めてまいります。 軍事における指揮官の一般的な意思決定プロセスは、図に示す通りです。 上級指揮官から任務を与えられたならば、「使命の分析」、次に「情勢の分析及び彼我方策の見積り」を行い、敵の方策を見積もります。 「彼我方策の対抗・評価」で、彼我の方策を対抗させ、最後に「意思決定」の段階で、我の最善の方策を決定します。 「彼我方策の対抗・評価」では、スライドのようなマトリックスを作成・分析し、左側の敵の方策を、上に青い部分ですが我の方策を列挙し、対抗した部分の予想結果をマトリックスの交差部分に列挙します。 この予想結果に対して、スィータビリティー・フィージビリティー・アクセプタビリティーの観点で、我の方策を比較検討します。 これらについて、最終的に総合評価し、最善の方策を選択し、意思決定とします。 レイテ沖海戦は図に示したように、四つの海戦によって構成されています。 第一が、戦艦武蔵が沈んだシブヤン海海戦、第二が南側から栗田艦隊と呼応しようとした西村・志摩艦隊がほぼ全滅もしくは退却したスルガオ海峡海戦、第三は小沢艦隊が囮(おとり)となった作戦であるエンガノ岬沖海戦、第四が今回の意思決定プロセスの対象となるサマール沖海戦です。 栗田艦隊のレイテ湾突入は、アメリカのフィリピン上陸を阻止するため、南方の西村部隊・志摩部隊と呼応して、昭和19(1944)年7月25日11時と決められていましたが、西村部隊は魚雷艇、駆逐艦、巡洋艦等の攻撃を受けほぼ全滅、志摩部隊も敵情をつかめず退却しました。 一方、小沢治三郎中将率いる機動部隊は囮となってハルゼーの第三艦隊を北方に誘因し、栗田艦隊のレイテ突入を助けることになっていました。 レイテ湾を目指す栗田長官は、友軍からの情報で北方に敵機動部隊があるという情報を受け、反転しますが、後にこの情報は誤りであったことが判明します。 小沢部隊が敵の攻撃を受け、囮作戦が成功したことは、なぜか栗田長官には伝わりませんでした。 まず連合艦隊の使命は、昭和19(1944)年7月の「作戦指導大綱」と「連合艦隊決戦要領」から導くことができます。 「敵の継戦企図を破摧(破砕)するため、25日黎明時レイテ湾のタクロバン方面に突入、先ず所在海上兵力を撃滅、次で敵攻略部隊(主に輸送船団)を殲滅す」というものでした。 栗田長官の使命は、レイテ突入計画からも明らかなように、敵の継戦企図を破摧するため、主力をもって25日黎明時、タクロバン方面に突入し、敵船団および上陸軍を覆滅することであったと推測できます。 栗田長官は、同時に突入するはずだった西村艦隊が壊滅し、志摩艦隊も退却したことや、小沢艦隊の囮作戦の成否が不明なことに加え、直前の台湾沖航空戦で、戦闘機を多数損失し、航空機の支援が得られなかったことなどを、ある程度、認識していたと思われます。 また敵の状況として、マッカーサー陸軍部隊の一部がすでにレイテに上陸したこと、ハルゼーの艦隊の所在が不明なこと、レイテ湾で敵が邀撃配備を固めていることなどに加え、レイテとは反対方向である北方に敵機動部隊が出現したとの情報が入ってきました。 この情勢において、敵機動部隊が採るであろう方策として考えられるのは、行動中の敵機動部隊が我を攻撃する意図があるのか、または我を攻撃する意図がないかどうかの選択肢があります。 これに対し、我の方策は当初からの計画通り、そのままレイテ湾に突入を継続するのか、反転してこの敵機動部隊と決戦するかの選択肢があります。 これらの彼我方策を対抗させて、マトリックスを分析します。 まずレイテ湾突入の継続について検討します。 敵機動部隊が攻撃する意図があれば、栗田艦隊と艦隊決戦となり、双方に大きな被害が出て、レイ...

次の