ビアソカード メリット。 【VIASOカード(ビアソカード)】面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が自動的に銀行口座に振り込まれる現金還元型!|クレジットカード研究|ザイ・オンライン

ポイント不要派の救世主!VIASO(ビアソ)カードは現金キャッシュバック還元!

ビアソカード メリット

この記事の目次• VIASOカード ETCカードの概要 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、三菱UFJニコス VIASOカードを持っている人が追加できる 年会費無料の付帯カードです。 この章では、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードの概要について解説していきます。 VIASOカード ETCカードはVIASOカードに付帯するETCカード 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、ニコスが発行するETCカードで、正式名称は「 ETC PLUS」です。 三菱UFJニコス VIASOカードには下記のような特徴があります。 本人会員・家族会員ともに年会費無料• 高校生を除く18歳以上なら申込可能• 国際ブランド:Mastercard• ショッピング 100円ごとにVIASOポイントが0. 5ポイント貯まる• ETC含む特定加盟店での利用はポイント2倍• 貯まったポイントはオートキャッシュバック 三菱UFJニコス VIASOカード付帯のETCカードなので、このような 便利なサービスが元々付帯していることになります。 ETCカードはVIASOカードクレジットカードと一緒に支払請求される 三菱UFJニコス VIASOカードの 利用額の請求は、三菱UFJニコス VIASOカードの利用分と合わせて毎月行われます。 VIASOカード ETCカードを作っても、支払い日が増える訳ではないため、個別に口座設定をしたりする必要はありません。 ETCカードの請求がVIASOカードクレジットカードと一緒であるため、管理をしやすく便利です。 クレジットカード1枚につき申し込める枚数 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、本人会員・家族会員ともに三菱UFJニコス VIASOカード1枚に対して原則1枚ずつ申込可能です。 他のクレジットカードでは、セゾンカードなどクレジットカード1枚に対し複数枚のETCカードを発行可能な会社もあるため、それと比べると少し不便です。 1人で複数の車を所有している場合など、複数枚のETCカードが必要な場合は、NICOSコールセンターに相談することで、場合によっては発行してもらえるようです。 ETCカード発行にかかる日数 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、 web申込から約1週間で手元に届きます。 それ以外の申込方法の場合は、1~2週間かかります。 また、発行には審査があるため、審査の状況では発行できなかったり少し時間がかかる場合もあります。 ETCカードは、セゾンカードなどの一部のカードで即日発行しているものもありますが、webからの申込での発行日数としては早い方です。 基本的にはwebからの申込の場合、1週間程度で手元に届くので、早く手に入れたい場合はwebから申し込むのがおすすめです。 ETCカードの申込み方法 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、下記の方法で申込可能です。 三菱UFJニコス VIASOカードの申込と同時• Web会員サービス「Net Branch」• ETCカード申込書を郵送 家族会員は、ETCカード申込書を郵送する方法のみで申込可能です。 早く手に入れたい場合はWeb会員サービス「Net Branch」がおすすめですが、 webの操作が苦手な人は他にも申込方法があるため便利です。 この章では、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードの概要について解説してきました。 【専門家の解説】 VIASOカードは、 年会費無料のクレジットカードとなり、対象の携帯料金やプロバイダ料金などの 利用料金がポイント2倍となります。 ただし、楽天モバイルやLINEモバイルなどの 格安スマホは対象外の場合もあり、対象のキャリアなどを事前に確認しておきましょう。 さらに、 ETC利用分もポイント2倍です。 従って、VIASOカードのETCカードで高速道路を利用すると1,000円で10ポイント(通常5ポイント)貯まります。 VIASOカードのポイントは、 自動的にキャッシュバックされるため、ポイント交換し忘れたと言う心配もありません。 ただし、デメリットが2つあり、1つ目が1年間で1,000ポイント貯めなければキャッシュバックはありません。 1,000ポイント未満の場合はキャッシュバックされずに失効です。 2つ目が三菱UFJニコスが発行する ETCカードは年会費は無料ですが、 新規発行手数料として1,000円(税抜)必要です。 ゴールドプレステージやプラチナなど、 一部カードでは新規発行手数料が無料ですが、VIASOカードのETCカードは 1,000円(税抜)の手数料が発生します。 1,000円(税抜)分得する事を考えると、 10万円以上のETC利用でようやく元が取れる計算です。 ETCだけを考えた場合は、 年会費・発行手数料が無料のETCカードを選んだ方が良い場合が多いです。 VIASOカードETCカードのメリット 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、ポイントに関するメリットが大きいカードです。 どのようなカードなのかを具体的に解説していきます。 ETCはポイント2倍の対象 三菱UFJニコス VIASOカードはETCや有料道路の支払いに利用すると VIASOポイントが2倍付与されます。 VIASOポイントは下記のように付与されます。 通常 個別明細ごとに100円あたり0. 5ポイント 特定加盟店での利用(ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金含む) ポイント2倍 ETCカードは、ETC車載器を通じての支払いか、高速道路の通行料金を窓口で支払う際に使用できるカードです。 そのため、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードで支払いする時は、 必ずポイント2倍になるメリットがあります。 ポイントは年に一度キャッシュバックされる ETCカードを含む三菱UFJニコス VIASOカードの利用に応じて貯まったポイントは、毎年一度キャッシュバックされます。 同程度の還元率のETCカードには、JCB CARD WのETCカードがあります。 JCB CARD WのETCカード利用でのポイント還元率は通常1%ですが、有効期限が2年間(24ヵ月)なので、使わないと失効してしまうリスクがあります。 1%の高還元率で特に手続きなく自動的にキャッシュバックされるのは、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードの大きなメリットです。 ETCマイレージサービスを利用できる 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、ETCマイレージサービスに登録できます。 ETCマイレージサービスに登録すると、 登録したETCカードを高速道路の通行料の支払い時にETCを利用することで、 高速道路の通行料金に使用可能なポイントが貯まります。 道路事業者ごとにポイント付与率や交換レートは異なります。 例えばNEXCO東日本・中日本・西日本、宮城県道路公社、本州四国連絡高速道路株式会社では下記のようになります。 ポイント付与 最高で10円に1ポイント ポイント還元 1,000ポイント=500円分 3,000ポイント=2,500円分 5,000ポイント=5,000円分 有効期限 ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末まで 登録することで、自動還元サービスも利用可能です。 ある程度高速道路を利用する人であれば、 VIASOポイントとダブルで貯められお得なので必ず利用したいサービスです。 このように、三菱UFJニコス VIASOカードなどのETCカードを作ることで、ETCマイレージサービスを利用可能になります。 ここまで、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードのメリットについて解説してきました。 三菱UFJニコス VIASOカードのポイントやETCマイレージサービスなど、自動的に還元可能なポイントを貯められるため、高速道路を頻繁に利用する頻度が高ければ高いほどメリットが大きくなります。 次の章では三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードのデメリットを解説していきます。 メリットと比較しながら見ていきましょう。 VIASOカードETCカードのデメリット 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードはポイント還元においてお得な反面、有効期限があったり、手数料が必要であるデメリットがあります。 具体的に解説していきます。 新規発行手数料がかかる 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは新規発行手数料がかかります。 年会費 無料 新規発行手数料 1,000円(税別) 家族カードにもETCカードを追加すると、 追加した枚数ごとに新規発行手数料がかかります。 他の会社のカードでは、JCBのETCスルーカードなど年会費無料のものもあり、それと比べると負担が大きくなってしまいます。 毎月9,000円程度ETC利用する人であれば、ポイント付与が毎月90ポイント、年間1,080ポイントになるため、新規発行手数料相当分のポイントをもらえます。 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは新規発行手数料はかかりますが、毎月9,000円以上高速道路の通行料金を支払う人であれば、1年で年会費分以上のポイント付与を受けられるのでかえってお得になります。 年間1,000ポイント未満なら消滅 三菱UFJニコス VIASOカードは ポイント蓄積期間(1年間)の累計ポイントが1,000ポイント未満であればポイントがキャッシュバックされずに消滅してしまいます。 ポイントが消滅すると 還元ゼロとなってしまうので、三菱UFJニコス VIASOカード最大のメリットであるキャッシュバック特典を受けられなくなってしまいます。 毎月8,500円程度を利用する人であれば、ETCの場合で毎月85ポイント、1年で1,020ポイント貯まります。 ポイント消滅のリスクを避けるためには、携帯電話料金など、毎月1万円程度の支払いの引き落としに設定しておくなどの方法がいいでしょう。 このように、1年の蓄積ポイントが1,000ポイント以下になると消滅してしまうので、1,000ポイント以下にならないように対策をしつつ、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードを使うのがおすすめです。 この章では、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードのデメリットを解説してきました。 新規発行手数料はかかりますが、毎年のことではないため、どんどん使って手数料以上のポイントをもらうのがいいでしょう。 そうすることでポイント消滅のリスクも少なくなります。 次の章では、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードがどのような人におすすめなのかを解説していきます。 VIASOカード ETCカードはこんな人におすすめ 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードのメリットやデメリットから判断すると、• ポイント交換が面倒な人• ETCを頻繁に利用する人 などにおすすめのETCカードです。 ポイント交換が面倒な人 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは、 ポイント交換の手続きを面倒に感じる人におすすめのETCカードです。 三菱UFJニコス VIASOカードは、特に手続きをしなくても年間の蓄積ポイントが1,000ポイント以上あれば1年に1回オートキャッシュバックしてくれるため、ポイント交換が面倒な人におすすめです。 ETCを頻繁に利用する人 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードは下記の理由から ETCを頻繁に利用する人におすすめです。 1,000ポイント以上あることを条件に1年に1回オートキャッシュバック• ETCマイレージサービスも利用可能になる(自動還元サービスあり) ETCを頻繁に利用する人ほど還元も大きくなるためおすすめのETCカードです。 このように、三菱UFJニコス VIASOカードは最初の申込や設定さえ行えばキャッシュバックを受けられるカードです。 ポイント交換が面倒な人やETCを頻繁に利用する人に特にメリットが大きいのでおすすめです。 まとめ 今回の記事では、三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードについて解説してきました。 ポイントを振り返ります。 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードはニコスが発行するETCカードで、正式名称はETC PLUS• 年会費無料、 新規発行手数料1,000円(税別)• 本人会員・家族会員ともに三菱UFJニコス VIASOカード1枚に対して原則1枚ずつ申込可能、追加申込可能な場合もある• 利用額の請求は、三菱UFJニコス VIASOカードの利用分と一緒• 基本的に1~2週間で手元に届くが、 web申込なら1週間で届く• 三菱UFJニコス VIASOカードの申込と同時か、web・電話・申込書の郵送で申込可能• ETC利用はポイント2倍なので 100円で1VIASOポイント付与、個別明細ごとにポイント付与される• 1年間の累計ポイントが1,000ポイント未満なら失効• ETCマイレージサービスを利用できる 三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードの最大の魅力は、オートキャッシュバックです。 今回の記事を読んで、自身に三菱UFJニコス VIASOカードのETCカードが合っていると判断した人は、是非使ってみてください。 迷ったらコレ! 年会費が無料• 高還元率だから ポイントが貯まる• 審査も早い! スピード発行• 車によく乗るなら ETC機能付き• 旅行や海外出張で マイルが貯まる• カード支払が多い人には 利用限度額が高い カードの種類• 指定なし• 一般カード• ステータスカード 年会費• 指定なし• 初回無料• 永年無料 国際ブランド• ポイント還元率• 指定なし• キャッシュバック• ANAマイレージ• JALマイレージ• 楽天ポイント• Amazon券• Tポイント 対応電子マネー• 指定なし• 発行スピード• 指定なし• 最短翌営業日• 3営業日以内• 1週間以内• 2週間以内 利用限度額 付帯保険• 国内旅行保険• 海外旅行保険• 盗難保険• ナビナビクレジットカードでは、情報の正確性・客観性・信憑性を担保するために厳正な品質チェックを行っておりますが、 掲載事業者が提供するサービスや国家が定める法律、規約の変更により、当サイト掲載時の情報と一時的に相違が出る可能性がございます。 万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「」よりお知らせください。 内容を確認し、厳正な調査を行ったうえで、速やかに訂正いたします。 提携事業者のサービスへのお申込みにあたっては、提携事業者のサイトやパンフレット等で「会員規約・特約および規程類」「個人情報の取り扱いに関する重要事項」「利用規約」等を事前に必ずご確認下さい。 当サイトで判断できない情報に関しては、大変お手数ですが各提携事業者に直接お問い合わせ下さい。 また、提携事業者の各サービス内容及びキャンペーン等に関するご質問はお受けでき兼ねますので「」 から対象クレジットカードの詳細情報をご確認いただき、それでもご不明点が解消されない場合は、各事業者の公式サイトにてお問い合わせください。 ブラウザ・OS等のご利用環境や情報の暗号化(SSL)については、「」をご確認ください。 なお、「当サイトの掲載情報の取り扱いと正確性について」に定めがない事項は当社が定める「」 が適用されるものとします。

次の

VIASO(ビアソ)カードの評判や口コミ審査情報を紹介

ビアソカード メリット

VIASO ビアソ カードのメリット• 年会費が永年無料• 最短翌営業日発行• オートキャッシュバック機能で割引きがある• ETCカードはポイント2倍 VIASO ビアソ カードのおすすめポイント VIASOカードのまとめ• オートキャッシュバック機能• ショッピングモール経由でポイントアップ• 他にもあるおトクな特典• 保険・その他• ビアソカードのデメリットとは• ビアソカードとは 三菱UFJニコスが発行するクレジットカードで 年会費は無料です。 家族カードも無料。 ETCカードは年会費は無料ですが、新規発行手数料1,000円 税別 がかかります。 還元率は0. 5%で、1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。 最短翌営業日発行というのも魅力です。 年会費無料で維持費がかからないのに、 海外旅行傷害保険は利用付帯で最高2,000万円が付いています。 年会費無料のカードとしては保険が充実しています。 他にも、ビアソカード くまモンデザイン)があります。 期間は入会から3カ月後の末日まで• 特典1:ビアソカードで15万円以上の利用=7,000円相当のポイントを獲得• 特典2:特典1の条件を満たし、リボ払い「楽Pay らくペイ 」に登録=2,000円相当のポイントを獲得• 特典3:特典1、2の達成にはかかわらず携帯電話料金のお支払いで1,000円相当のポイントを獲得 合計10,000円相当のポイントが獲得できます。 月平均5万円の利用とハードルが低くありませんが、大きな買い物や海外旅行を計画していれば、このキャンペーンの条件をクリアできます。 ポイントの付与は、入会日から6カ月後の請求月に加算される仕組みです。 注意点は「楽Pay」登録を最低でも、キャンペーン対象期間の入会から3カ月後の末日まで続けることです。 期間中に登録を解除すると、キャンペーンの対象から外れてしまいます。 リボ払いの手数料が気になりますが、 設定額を利用限度額の上限に決めれば、事実上は 手数料のかからない1回払いになります。 このリボ1回払いは、他にも使える手法です。 ポイントが高還元率となるリボ払い専用のクレジットカードをお得に使う方法でもあります。 オートキャッシュバック機能 キャッシュバックは自動で口座に入金される ビアソカードには オートキャッシュバックによるポイント還元システムがあります。 貯まったポイントは1年に1回、 1ポイント=1円で自動的に支払い口座にキャッシュバックされます。 請求額と相殺されるのではなく入金されるという点がトクをした感じでうれしくなります。 商品などと交換する必要がないので合理的です。 年間利用額20万円が損益の分岐点 最大の注意点は、キャッシュバックの対象となる累計が1,000ポイント以上からということです。 つまり20万円分のカード利用で初めてキャッシュバック還元が発生することになります。 ただし、実際はすべての還元率が0. 5%ではなく、2倍の時のカード利用もあるので、ハードルはもう少し下がります。 ポイントの 有効期限は1年間で消滅します。 月平均16,667円以上のカード利用がない人は、ビアソカードを作ると損をします。 ショッピングモール経由でポイントアップ ビアソ eショップ経由で最大10%もポイントアップ を経由して買い物をすると、 最大10%もポイントがアップします。 ビアソ eショップは三菱UFJニコスが運営しているポイントモールで、、、、LOHACOなどで、ビアソカードで決済することが条件になります。 【主なビアソeショップ加盟ネットショップ】 カテゴリ 店舗名 特別ポイント還元率 通販・百貨店 高島屋オンライン 3% 東急百貨店 3% Yahoo!ショッピング 1% 楽天市場 1% Amazon 0. 5% 家電・パソコン トレンドマイクロ 10% キヤノンオンライン 2. ビアソカードは、おとなしめで自己主張の少ないカードフェースながら、やるときはやってくれます。 他にもあるおトクな特典 携帯電話、プロバイダの支払いでポイント2倍 ビアソカードは携帯電話・PHS、インターネットプロバイダー、ETC料金の支払いをすると 通常ポイントが2倍の1%になります。 ポイントが2倍になる• ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル• Yahoo!BB、au one net、BIGLOBE、ODN• ETCカードの利用 通常の支払いをビアソカードでするだけで難しい事はありません。 カードがあれば今すぐ始められます。 年間を通してみると、結構なポイントが貯まります。 au PAYプリペイドカードへのチャージにも利用できる ビアソカードは、au PAYプリペイドカードにチャージ出来ます。 au PAYプリペイドカードはプリペイド式の電子マネーのカードで、iDなど違い、 事前にチャージした範囲内での利用ができます。 プリペイドカードなので入会審査は不要で、年会費や発行手数料を含めた維持費はかかりません。 基本的にMasterCardが使用できる店舗なら利用可能です。 au PAYプリペイドカードのメリット• 入会時に最大で1,500円相当のポイントがもらえる• 入会後は最大で3カ月間ポイントが2倍• 年間の半分以上はお得なキャンペーンをしている• auかんたん決済、クレジットカードでチャージすると、カードとau PAYプリペイドカードのポイントが2重取りできる auかんたん決済は、auの携帯電話、固定インターネット回線の月々の料金を合わせて支払うサービスです。 この支払いをビアソカードにすれば、カード利用分のポイントも獲得できます。 ETCカードはポイント2倍 ETCカードの利用は ポイントが2倍になります。 高速道路を日常的に使用している人にはおトクです。 ETCカードの利用でポイントがアップするのは、非常に珍しいケースです。 このあたりが、かなりのオリジナリティーといえます。 ETCカードを使用する際は、ちょっとした注意が必要です。 年会費は無料ですが、ビアソカードは新規発行手数料が1,000円 税別 かかります。 保険・その他 海外旅行保険は利用付帯で最高2,000万円 海外旅行中の病気やケガ、携行品が破損した場合にも適用されます。 利用付帯ですが最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています。 年会費無料で最高2000万円は大きいです。 年間100万円のショッピング保険が自動付帯 楽Pay 無料 に登録するという条件付になりますが、 年間100万円のショッピング保険が自動付帯します。 ビアソカードで購入した商品の破損や盗難等による損害を 購入日から90日間補償してくれます。 楽Payってなに?になりますが、 簡単にいうと楽Payは、自分の都合にあわせて自由に設定、変更できる登録型のリボ払いサービスです。 仮に月の設定を3万円としたとします。 買い物が多い月があって、5万円をカード利用した場合、2万円が翌月のリボ払いに回れされる事になります。 楽Payの上限は10万円なので、常にショッピング保険を自動付帯したい人は楽Payを登録して上限を10万円にしておく事をおすすめいたします。 そうでないと、超えた分は年率15%のリボ手数料がかかってきます。 リボ払いという言葉に拒否反応が出る人は、楽Payに登録しない方がいいです。 最近この、自由設定という言葉のリボ払いが、クレジットカード界で非常に多くなっている気がします。 ビアソカードのデメリット ポイントの還元率が0. 5%と低め 数々の魅力があるビアソカードですが、デメリットもあります。 還元率が0. 5%と低めです。 ビアソカードと同じく、年会費無料で通常のポイント還元率が1%以上の主なカードは以下の通りです。 カード名 還元率 年会費 1. 25% 無料 1. 2% 1% 1% 1% 1% ポイントの有効期限が1年 ビアソカードのポイントの有効期限は1年です。 1年間で1,000ポイント貯まらなければポイントは消滅しますので、キャッシュバックがもらえない事になります。 1000ポイントは利用額でいうと20万円ですので、メインカードにする程でもありませんが、使用頻度の高いサブカードとして使わなければいけません。 有効期限の理想をいうと最低でも2年は欲しいところです。 ポイントの有効期限で最強はです。 永久不滅ポイントは、無期限でポイントが加算されていく仕組みです。 ETC発行手数料が1,000円 税別 かかる ETCカードの年会費が無料ですが、新規発行手数料に1,000円 税別 かかります。 カード会社によって、ETC発行手数料500円 税別 はたまにありますが、1,000円 税別 は少し高めです。 ETCカードだけ無料のカードを使う手もあります。 はETCカードが無料です。 電子マネー対応に弱い ビアソカードは、電子マネー対応に弱いクレジットカードです。 カードに付帯する電子マネーはなく、WAONやPASMOへのチャージができません。 楽天Edy、交通系の電子マネーのモバイルSuicaやSMART ICOCAにはチャージできますが、ポイントが加算されません。 以上、VIASOカードのメリット・デメリットの簡単まとめでした。 このサイトはリンクフリーです。 リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。 ありがとうございます。 (参照:) このコラムにおすすめのカード VIASO ビアソ カード VIASO ビアソ カードの詳細データ カードの基本情報 申し込み資格 原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。 Master Card 追加できるカード 追加カード ETCカード 家族カード 電子マネー• ポイントプログラム ポイント還元方法 オートキャッシュバック ポイント付与率 ・通常時…1,000円=5ポイント ・特定加盟店…1,000円=10ポイント ・VIASO eショップ…最大1,000円=100ポイント ポイント還元率 ・通常時…0. 5% ・特定加盟店…1. 0% ・VIASO eショップ…1. 0%~10.

次の

【VIASOカード(ビアソカード)】面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が自動的に銀行口座に振り込まれる現金還元型!|クレジットカード研究|ザイ・オンライン

ビアソカード メリット

VIASOカードはマイルを貯めることはできませんが、年間費無料でありながら、お得なポイントプログラムやMasterCard特典、各種保険など、さまざまな特徴・メリットがあります。 キャッシュバックには非常に優れたカードです。 入会考えている方は公式HPから直接ではなく、ポイントサイト経由で申し込んで、高額ポイント獲得も、狙えます。 入会後はVIASOカードでお得に現金キャッシュバック用カードとして使うという事になります。 年間費無料です。 陸マイラーでない方も、ポイントサイト入会は無料なので、ポイントサイト経由で申し込んでポイント獲得してくださいね。 直接申し込みは損ですよ。 では本題です。 VIASOカードの主な特徴・メリットについて確認していきましょう。 なんといっても年会費無料!さらに1,000円利用で5ポイントが貯まる。 たまったポイントは手続き不要のオートキャッシュバック。 実質0. 特典加盟店やポーナスポイントがあるので実質は0. 順に詳しく説明しますね。 個人的おすすめですが、コストコで使えるカードはMasterCardのみ!コストコユーザーには特にオススメできます。 マイルに移行できないけど、人気のVIASOカードのメリット・デメリット VIASOカードは年会費無料 VIASOカードは年会費が永年無料で使えるカードです。 年会費はクレジットカードの利用額に関わらず毎年かかるコストであり、年会費が必要なクレジットカードがたくさんある中で、無料で利用できるのはメリットです。 VIASOカードであればどれだけ使っても、使わなくても、所有コスト0円で持ち続けることができます。 実際はキャッシュバックあるので使った方がお得です。 VIASOカードはデザインが豊富 クレジットカードにはVISA・JCB・MasterCardなどの国際ブランドがありますが、VIASOカードは安心のMasterCardに対応しています。 VISAもあります。 なんといっても、ラインナップが沢山あって選ぶ楽しみがありますね。 海外旅行する人はうれしい海外旅行傷害保険が付帯 海外旅行によく行く人やマイルなどを貯めている人が気になるのが、クレジットカードの海外旅行傷害保険ですよね。 VIASOカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているため、万一、海外旅行中に病気やケガをしても保険金が支払われるため安心です。 ただ他のカードを持っている人は二重では保険請求できないので、そこは気をつけてくださいね。 VIASOカードのショッピングパートナー保険サービス VIASOカードはショッピングパートナー保険サービスも付帯しています。 万が一、VIASOカードで購入した商品が破損、盗難などの損害を被った場合は補償されます。 VIASOカードのNICOSネットセーフティサービス VIASOカードには、NICOSネットセーフティサービスが付いています。 ネットセーフティサービスがあることで、ネットショッピングなどオンライン取引で不正利用の損害を被った際に補償を受けることができます。 普段からネットショッピングの利用が多い方は安心ですね。 VIASOポイントプログラム VIASOカードは、VIASOポイントプログラムにより、利用額に応じてポイントが貯まります。 ただ残念ながら、貯まったポイントをANAマイルやJALマイルへ交換することはできません。 その代わりキャッシュバックに充てる事ができます。 キャッシュバック用のカードとしてはオススメです。 通常よりも多くのポイントが貯まる、さまざまなポイントアップ制度も用意されているので、効率よくポイントを貯めることができます。 お得な入会特典、10,000円! VIASOカードでは、お得な入会特典がありむす。 最大10,000円相当のポイントが獲得できるので、とてもお得です。 ・入会日から3ヶ月後末日までにVIASOカードを150,000円以上利用で「9,000円相当ポイント」 ・上記条件を満たした方で登録型リボ「楽Pay」に登録すれば「1,000円相当ポイント」をゲット! ポイントはキャッシュバックに使用可能なので、条件があるとはいえ、10,000ポイントも貰えるのは大きなメリットですね。 VIASOカードを使えば、ポイントがどんどん貯まりますね。 残念ながら、ANAマイルやJALマイルは貯まりませんが、マイルが貯まるクレジットカードを探している人でも魅力に感じるポイント還元率とキャッシュバックが可能です。 次に、VIASOカードのポイントプログラムについて確認しましょう。 VIASOカードの利用額に応じてポイントが貯まります VIASOカードは、カード利用1,000円につきVIASOポイントが5ポイント貯まります。 ポイント還元率は0. 仮に、毎月50,000円VIASOカードを利用した場合は、年間で3,000ポイントも獲得可能です。 普通は、1,000円で5ポイントしか貯まりませんが、これらの店舗やサービスでカードを利用すれば10ポイントが獲得できます。 貯まったポイントはANAマイルやJALマイルには交換できませんが、キャッシュバックに使えるためポイントが貯まれば貯まるほどお得になります。 特に、毎月支払う携帯電話料金はVIASOカードで支払いポイントに換えれますね。 mobile) ・インターネットプロバイダー(Yahoo! BB、OCN、BIGLOBE、ODN、au one net) 「VIASO eショップ」でネットショッピングすれば最大10%還元 普段のネットショッピングもVIASO eショップを経由すれば、最大10%の還元率でポイントを得ることが可能です。 VIASO eショップには、楽天市場やamazon、じゃらん、Joshin、ベルメゾン、エクスペディア、グルーポン、ドクターシーラボ、ヤフオク、伊勢丹オンラインストア、楽天トラベル、大丸松坂屋オンラインショッピング、高島屋オンラインストア、一休. com、るるぶトラベルなど、他にも多くのショップが参加しています。 普段から、ネットショッピングをしたり、ネット予約をする方は、VIASO eショップを活用してポイントをザクザク貯めていきましょう。 還元率10%のショップであれば、10,000円の利用で1,000ポイントも獲得できます。 VIASOカードポイントはマイルに移行できないがオートキャッシュバックが可能 VIASOカードを利用して貯まったポイントは、1ポイント=1円としてオートキャッシュバックされます(1,000ポイント以上から)。 特別な手続きは必要なく、自動でキャッシュバックされるため手間がかかりませんし、経済的負担を軽減できるのでお得です。 クレジットカードによってはポイントを交換したいものがない場合もありますが、VIASOカードであれば言わば現金への交換となります。 ANAマイルやJALマイルへの交換、他ポイントへの移行、ギフト券への交換などはできませんが、キャッシュバックが最も実用的でうれしい交換先ではないでしょうか。 マイルへ移行はできないがお得なVIASOカードポイントの有効期限や残高確認方法は? ポイントを貯めるにあたり気になるのが、有効期限です。 VIASOカードのポイントは1年間累積されます。 有効期限は決して長くありませんので、ポイントが期限切れとならないようにしっかりと管理する必要があります。 また、保有しているポイントの確認方法は、Web会員サービスのNet Branchで可能です。 初めての利用の場合は登録が必要です。 VIASOカードはマイルは貯まりませんが、ポイントがザクザク貯まるお得なクレジットカードです。 しかし、家族がいる方や車を所有している方が気になるのが、家族カードやETCカードの有無についてではないでしょうか。 ここでは、VIASOカードの家族カードやETCカードについて見ていきましょう。 年会費無料のVIASOカードの家族カード クレジットカードの中には、家族カードが発行できないものや家族カードの年会費がかかるものがあります。 VIASOカードは、家族カードの発行が可能で、本会員同様、年会費は無料で使うことができます。 家族カードを利用すればポイントも効率よく貯まりますし、家族の支払い管理もしやすくなります。 VIASOカードのETCカードも発行できる VIASOカードは、ETCカードの発行も可能です。 普段から車移動が多い方や高速道路利用が多い方は、ETCカードが発行できるかどうかもクレジットカード選びの重要なポイントです。 ETCカードがあれば、事前に現金を用意しておく必要がありませんし、料金所をスムーズに通行できます。 また、お得な時間帯別の割引やマイレージサービスが貯まります。 VIASOの申し込みはポイントサイト経由がお得 カード申し込みは公式HPから直接しても、最大1万円のキャバックは可能です。 ただ、ポイントを経由して申し込めば、高額ポイントが獲得できて、マイルや現金換えれますのでさらにお得です。 マイルを貯める陸マイラーさんにもおススメです。 興味があれば、詳しくはこちらを参考にしてくださいね。

次の