マイクロソフト surface pro 7。 Surface Pro 7の実機レビュー

Surface Pro 7の特徴をレビュー|マイクロソフト本命の2 in 1を徹底解説

マイクロソフト surface pro 7

【 6 月 30 日まで】Surface Pro 7 11,000 円 OFF 税込 期間限定で Surface Laptop 7 本体をお得な値段でご購入いただけます。 Surface 買い換え応援キャンペーン実施中 Surface Pro 7 タイプカバーは含まれていません。 Surface 製品の 60 日間の返品に加え、90 日間の無料テクニカルサポートなど、新しいデバイスを最大限に活用するためのお役立ていただける情報とサポートを提供しています。 [1] バッテリー駆動時間 Surface Pro 7: 通常のデバイス使用で最大 10. 5 時間のバッテリー寿命を実現。 テストでは、アクティブな使用と最新のスタンバイを組み合わせた完全なバッテリ放電を行いました。 アクティブな使用部分とは、 1 複数の開いたタブを介して 8 つの人気のある Web サイトにアクセスする Web ブラウジングテスト、 2 Microsoft Word、PowerPoint、Excel、Outlook を使用する生産性テスト、 3 アプリをアイドル状態にしたデバイスを使用している時間で構成されます。 画面の明るさを 150nits に設定し、自動明るさ調整を無効にした以外は、すべての設定が既定値でした。 Wi-Fi は、ネットワークに接続されていました。 バッテリーの寿命は、設定や使用状況等の要因により大きく変化します。 [4]個人のお客様向け Surface Pro 7 は、Window 10 Homeが搭載されており、利用価値の高いWindowsを最大級の状態でお届けします。 Microsoft の限定保証はお客様の消費者法上の権利に加えて存在するものです。 【 6 月 30 日まで】Surface Pro 7 11,000 円 OFF 税込 プロモーション価格の適用は、 2020 年 6 月 24 日 11:00 am 日本時間 から 2020 年 6 月 30 日 10:59 am 日本時間 までとなります。 日本のマイクロソフトストアでのみご利用いただけます。 在庫がなくなり次第終了させていただきます。 以前のご注文、ご購入品は対象外となります。 マイクロソフトは随時提供内容を変更または終了する場合があります。 またSurface Laptop 7 お得なまとめ買いを除く、同時開催している他のセール、プロモーション、学生割引などと併用はできません。 【Surface Pro 7 お得なまとめ買い】 日本のマイクロソフトストアでのみご利用いただけます。 在庫がなくなり次第終了させていただきます。 マイクロソフトは随時提供内容を変更または終了する場合があります。 また同時開催している他のセール、プロモーション、学生割引などと併用はできません。 返品手続きは、お客様がデバイスを受け取ってから 60 日以内に開始する必要があります。 リセラーでご購入いただいたお客様には適用されません。 適用対象のお客様ごとに最大 5 台のデバイスに限り、返品期間が延長されます。 Surface Hub は対象外です。 法律により禁止、規制されている地域では無効です。 Microsoft は、予告をせずキャンペーンの内容変更や中断する権利を保有します。 他の除外された項目や制限項目が適用される場合があります。 返品期間延長には、Microsoft Store の返品ポリシーが適用されます。 詳細については、該当する Microsoft 販売条件を参照してください。 また、パワーが大きいからといって重量が増えるわけではありません。 Surface Pro 7 は、薄型軽量、持ち運びしやすいデザインで、細部まで鮮明なエクスペリエンスを提供します。 [1] Surface Pro 7: 通常のデバイス使用で最大 10. 5 時間のバッテリー寿命を実現。 テストでは、アクティブな使用と最新のスタンバイを組み合わせた完全なバッテリー放電を行いました。 アクティブな使用部分とは、 1 複数の開いたタブを介して 8 つの人気のある Web サイトにアクセスする Web ブラウジングテスト、 2 Microsoft Word、PowerPoint、Excel、Outlook を使用する生産性テスト、 3 アプリをアイドル状態にしたデバイスを使用している時間で構成されます。 画面の明るさを 150 nits に設定し、自動明るさ調整を無効にした以外は、すべての設定が既定値でした。 Wi-Fi はネットワークに接続されていました。 バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化します。 シナリオ あなた独自の働き方や遊び方、ショッピング、バンキング、画面上の書き込み、Netflix のストリーミングに最適な多機能 2 in 1 ノートPC 本体サイズ 292 mm x 201 mm x 8. 5 mm ディスプレイ スクリーン: 12. 0MP フロント カメラ 1080p フル HD ビデオ 8. 6W ステレオ スピーカー ワイヤレス機能 Wi-Fi 6: 802. 11ax 互換 Bluetooth 5. 70 ポンド i7: 790 g 1. 5 時間のバッテリー寿命を実現。 テストでは、アクティブな使用と最新のスタンバイを組み合わせた完全なバッテリ放電を行いました。 アクティブな使用部分とは、 1 複数の開いたタブを介して 8 つの人気のある Web サイトにアクセスする Web ブラウジングテスト、 2 Microsoft Word、PowerPoint、Excel、Outlook を使用する生産性テスト、 3 アプリをアイドル状態にしたデバイスを使用している時間で構成されます。 画面の明るさを 150nits に設定し、自動明るさ調整を無効にした以外は、すべての設定が既定値でした。 Wi-Fi は、ネットワークに接続されていました。 バッテリーの寿命は、設定や使用状況等の要因により大きく変化します。 [2] バッテリー寿命 [3] システム ソフトウェアとアップデートでは一定の記憶容量を使用します。 使用可能なストレージ容量は、システム ソフトウェアの更新やアプリの使用状況によって変化します。 の詳細をご覧ください。 [4] アクセサリー、タイプカバー(別売)、および Surface Pro 7 に使用できる色は、市場および構成によって異なる場合があります。 [5] Microsoft 365 サブスクリプションが必要です。 [6] 平均時間に基づきます。 バッテリー寿命は、設定、使用方法、その他の要素によって大きく変化します。 詳細は ならびに をご覧ください。 [7] 個人のお客様向け Surface Pro 7 は、Window 10 Homeが搭載されており、利用価値の高いWindowsを最大級の状態でお届けします。 職場に追加のエンタープライズ管理およびセキュリティツールが必要な場合は、 Windows 10 Pro に切り替えるか、 を購入できます。 Microsoft の限定保証はお客様の消費者法上の権利に加えて存在するものです。 Pro Xのように内蔵SSDやメモリにアクセス出来て修理や増設などが気軽に行えるともっと良いです。 Pro 3も持ってましたがSSDが結構早めに故障して修理に5万円~7万円とか掛かるのは構造上の問題だと思います。 あと、この小さい画面でエクセルなどのOfficeを使おうとは全く思いません。 pro3の時も思ってましたがOffice要らないので安くして欲しいです。 ダウンロード販売で良いです。 LenovoとかのOfficeの有無を選択できるタブレットで妥協してしまうユーザーもそれなりに居ると思いますよ。 自分はそうでした。 Surface Pro 3もご使用いただいていたとのこと、誠にありがとうございます。 冷却ファンにご満足いただき大変うれしく存じます。 Office に関してもご意見頂戴し大変参考になります。 社内でも共有させていただきます。 よりご満足いただける製品の提供に向けたえず努力をしてまいります。 どうぞ末永いご愛顧のほど、心よりお願いいたします。 microsoft.

次の

Surface Pro 7の実機レビュー!注意点も正直にレビュー。ペンの使い心地、プロイラストレーターの評価は?

マイクロソフト surface pro 7

Surface Pro 7の特徴をレビュー|マイクロソフト本命のノートブックを徹底解説 Microsoft(マイクロソフト)のSurfaceブランドのなかでSurface Proは2 in 1型でノートとしてもタブレットとしても使える1台。 画面も比較的小さく軽めに作られていてモバイル用途で利用される方も多いです。 ここでは、一つ一つフィーチャーを解説していきます。 以下の4つがポイントです。 第10世代のCPUを搭載して作業が快適• Office Home and Business 2019つき• USB Type-C端子がついた• タブレットとしても使える• 筐体デザインが秀逸 第10世代CoreシリーズのCPUを搭載 Surface Pro7は第10世代のCore i3-1005G1、Core i5-1035G7、Core i7-1065G7を搭載しています。 過去のCore i3、Core i5-8265UやCore i7-8565UよりもCPU性能が上がったほか、このCPUはこれまでのノートPCで搭載されることの多かったグラフィックスのIntel UHD 620よりも性能が上のIris Plusを搭載していてグラフィック性能が強化されています。 (Core i3はIntel UHD Graphics)。 また、前モデルであるSurface Pro6では存在しなかったCore i3モデルが展開されていることも注目です。 Core i3モデルは109,780円からと、購入しやすい価格帯になっていて、「Surfaceのデザインや使い勝手は欲しいけどちょっと予算オーバーだった」という方もお求めになりやすいのではないかと思います。 軽量なボディ 本体のみ SurfacePro 7は軽量で持ち運びが楽なのもポイントです。 旅行や外出時にも気軽に持ち出せます。 普段私はMacBook Proを使うことが多いですが、正直MacBookProは持ち運びには重くてちょっと・・・。 しかしSurface Proなら軽くて持ち運びが楽。 外出時はもっぱらSurface Proを使うことが多いです。 本体とタイプカバーを合わせた場合あは重さが以下のようになります。 モデル 重さ Core i5モデル 1085g Core i7モデル 1100g MacBookProとの比較 タイプは違いますが、結構一緒に悩まれる方が多いMacBookProと比べると以下のようになります。 SurfacePro 6 MacBookPro 1085g 1370g 高解像度+縦が長い液晶 Surface Pro7は12. 3型でありながら高解像度、合わせて縦横比で見ると、他のPCよりも縦が長い液晶を採用しています。 私はSurface系を全て使ってみて感じているのですが「意外と縦が長いと使いやすい」です。 縦が長いとウェブを閲覧するときもそうですし文書を見るときも参照が楽。 これはぜひ実際に確認してみてください。 私はPCにおける業務効率ってほんとうに小さいことの積み重ねだと思っています。 その「小さいこと」にあたるものがSurface Pro7のこの画面には含まれていると思います。 タッチパネル Surface Pro7は液晶がタッチパネルです。 Surface Pro7はキーボード無しで販売しているのでキーボードを使わない場合このタッチパネルを使って操作することになります。 タブレットとして使用するときなどがその状況かと思います。 ただ、Surfaceは多くの人がキーボードカバーを購入して利用されると思います。 そんな方は「通常のPCとして利用するのにタッチパネルって必要?」と思われるかもしれませんが、これが結構便利です。 直感的にマウスやタッチパッドを使わず目的のアイコンを押せるって快適。 精神的ストレスなくPCを操作できます。 光沢液晶 Surface Pro7は光沢液晶を採用しているため画面が反射します。 そのため明るいところだと若干反射で見にくい時があります。 ただ、光沢液晶が好みでなければ反射防止フィルムを貼れば解決しますので、これを理由に購入を断念するのは勿体無い判断だと思います。 Officeつき Surface Pro7はOffice Home and Business 2019がついてきます。 他のメーカーの製品では2万から3万円程度オプションで追加するのにかかりますから、Officeが付属しているのは非常に大きな点だと思います。 入力端子 SurfacePro 7の入力端子としては、以下が用意されています。 フルサイズ USB3. USB Type-C• microSDカードリーダー• Surface Connect• ヘッドセット ジャック• Mini DisplayPort• カバー ポート 入力端子は若干少なめの印象ですが、USB端子にType-CとフルサイズのUSB端子というのは喜ばしいところ。 昨今のタブレットPCでは、USB端子としてType-Cのみ採用されることが多いのですが、フルサイズのUSBが残っていると結局色々なものがまだまだフルサイズのUSBである環境下では使い勝手が良く、汎用的だと思います。 オプションのタイプカバー Surfaceをご検討の方はもうご存知だと思いますが、Surfaceには専用のタイプカバーがあります。 種類も大きく二種類あり、これまでのSurfaceに用意されていたタイプカバーと、素材に次世代素材と言われるアルカンターラを採用したもの。 Surface Laptopの登場と合わせて3色用意されました。 上の写真は従来のタイプカバー。 ブラックにはこのシンプルな灰色が相性良いと思います。 アルカンターラ素材のタイプカバー アルカンターラ素材のタイプカバーは上の画像のような雰囲気。 アルカンターラ素材はヨーロッパの高級自動車などに利用される素材。 そんな素材をタイプカバーに使ってみて一体どんな使い心地なのか気になる方も多いと思いますが、はじめは若干のざらつきを感じるものの、だんだん馴染んでいく感じで、その質感も伴って非常に良い満足感を残してくれます。 Surface Proと接続 Surface Proとは以下の接続部を使います。 装着時 装着時は以下のような佇まい。 非常に優美だと思います。 Surfaceペンに対応 Surfaceペンも活用できます。 ペンの筆圧の検知は4096段階。 合わせて、傾き検出もでき、Apple Pencilのようにペンを傾けると、それに合わせて描いた線の太さが変わります。 Surface Dialに対応 Surface Pro7はSurface Dialに対応しています。 Surface DialはAdobe系のアプリなどで利用でき、例えばPhotoshopでは縮小拡大などができたり、通常使用ではディスプレイの明るさを調節したり、スクロールに使ったりすることができます。 Surface Pro7のおすすめ構成 ここからはSurface Pro7のおすすめ構成をご紹介します。 モバイルPCでもより快適に作業を行う方向け モバイルPCながら、負荷のかかる作業もそれなりに行う方におすすめなのは、Core i5モデルです。 CPUにはCorei5、メモリに8GBを搭載すれば負荷の高い作業もマルチタスクで行えます。 項目 スペック CPU Core i5 メモリ 8GB SSD 256GB メモリ 8GB 価格(2019年10月15日現在) 153,780円 この構成からの変更・オプション要素 上記で紹介した仕様にすれば、軽い作業からある程度負荷の高い処理まで快適に実行できると思います。 その上で、今回のパッケージから変更するのであればこれ、といった項目をお伝えします。 ・メモリー ご紹介の構成は8GBのメモリーが積まれていますが、複数のタスクをより快適にされたいようでしたら、メモリを16GBにしていただくことをおすすめします。 ・Surface Pro タイプカバー 今回のSurface Pro7に合わせて、タイプカバーを購入するのは定番です。 ブラックを購入するのであれば、おすすめはグレーのタイプカバー。 デザインとマッチします。 その他、定番のタイプカバーと合わせて検討したいのがSignatureタイプカバーで、Signatureタイプカバーでは自動車の内装だったり、ファッション系で使われる高耐久素材のAlcantaraが使われています。 プラチナ グレー 、コバルトブルー、バーガンディの3色を用意しています。 ・Surfaceペン Surfaceの画面をノートや紙のようにして、ペンを使って作業をしていこうと想定されていましたらSurfaceペンをオプションでお求めください。 上記で説明の通り、4,096の精緻な圧点でスケッチや網かけを描けます。

次の

Surface Pro 7の実機レビュー!注意点も正直にレビュー。ペンの使い心地、プロイラストレーターの評価は?

マイクロソフト surface pro 7

Surface Pro 7の特徴 タブレットPCだが最高クラスの性能 Surface Pro 7は2in1のSurfaceタブレットとして、ハイエンド系に位置する性能を持っており第10世代intelコアプロセッサをCore i7クラスまで選択することができます。 さらに、メモリも16GBまで選択可能です。 プロセッサ的な優位性だけでなく、4K液晶、Windows Hello搭載、さらに900gを切る本体重量、4096段階の筆圧検知機能など、文句なしの性能を持っています。 さらに、Surfaceシリーズならではのアクセサリーを展開できるため、2in1 PCとしては文句なしの性能を誇っています。 Wi-Fi6対応 Surfaceシリーズはモデルを変更しても見た目があまり変わらないため分かりにくいですが、本モデルからWi-Fi6に対応しています。 これにより、を選べばさらに高速化した環境でネットを使うことが可能になります。 Surface Pro 7のスペック 今回レビューしたSurface Pro 7のスペックは以下の通りです。 5mm CPU Core i7-1065G7 GPU Iris Plusグラフィックス640 メモリ 16GB ディスプレイサイズ 12. 実際に使っていても非常に快適に使えるノートパソコンです。 また特徴のところでも書いたように、Wi-Fi6に対応しています。 Surface Pro7に限りませんが、このシリーズにはディスプレイ比が3:2であることに特徴があります。 ほとんどのパソコンは16:9ですが、縦長になっているためブラウジングがしやすいメリットがあります。 また4KのPixel Displayを搭載しているため、ディスプレイが非常に綺麗です。 Surface Pro 7のベンチマーク CINEBENCHでの測定結果です。 マルチスコアで1600ptsという結果になりました。 シングルスコアでは367ptsとなっています。 Surface Pro 7の外観 Surface Pro7の外観はです。 ファブレットカバーこそSurfaceの最大の特徴ですね。 開いた様子がこちら。 光沢ディスプレイとファブレットキーボードがSurfaceシリーズらしさを演出しています。 背面から見た様子がこちら。 無段階で調整可能なキックスタンドで自由な角度に変更可能です。 右から見た様子がこちら。 Surface Pro 7の側面にはUSB-C、Surfaceコネクタ、USB-Aを備えています。 逆側には上部にヘッドフォンジャックを備えています。 上側には電源ボタン、音量ボタンがあります。 ディスプレイがこちら。 4K液晶であり、非常に美しく映ります。 スピーカーは前面にあります。 ステレオとなっており、左右上側に存在します。 なお中央上側にカメラ(Windows Hello用のIRカメラ含む)があります。 上部ベゼルがこちら。 高級機としてはかなり大きめです。 下側ベゼルがこちら。 下側はキーボードと重なるためほぼゼロです。 続いて背面です。 Windowsのマークとカメラが搭載されています。 背面上部をよく見てみると、隙間が空いています。 おそらくこれが排気口です。 キーボードを取った様子がこちら。 映画鑑賞にはもってこいのスタイルに変貌します。 背面のキックスタンドを完全に倒した様子がこちら。 ほぼ平面クラスまで落とすことが可能です。 充電器はこちらです。 65Wとなっており、手に持てるサイズでコンパクトです。 お決まりのSurfaceコネクタを使って充電することが可能です。 Surface Pro 7の通信環境のテスト 光インターネット1Gbpsの環境下で通信テストを行いました。 無線LANにはを用いています。 1F、2Fで距離を置いてテストしています。 おおよそ縦8. 2m、横10. 5mで検証しています。 実験してみたところ、無線LANの前ではPINGが10ms台と良い結果が出ていましたが、他はほとんど20msを超える結果となっており、思ったより低下が大きい結果となりました。 しかし、無線LAN前の環境45Mbpsと比較して最長距離にあたる部屋2で下り速度が35Mbpsと、思ったよりも低下していません。 Surface Pro 7のメリット・魅力 スタイリッシュな見た目 Surface Pro7は過去モデルを踏襲しており、スタイリッシュな見た目になっています。 カフェで使っていても恥ずかしくないデザインです。 ハイエンドが選択可能であること Surface Pro 7はハイエンド構成(Core i7、メモリ16GB)構成を選択することができます。 さらにCINEBENCHでも1600ptsとなっており、高性能なベンチ結果となっています。 過去タブレットPCは性能が低いものの方が圧倒的に多かったため、ハイエンドが選択できることは非常に大きなメリットです。 4096段階の筆圧検知ペンが利用可能 Surface Pro 7は分離型タブレットPCのため、液タブとしての用途にも向いています。 しかもCore i7を搭載できるため、Adobe製品の活用も十分こなすことができます。 そこへSurface Penが使える環境があるので、液タブとして使いたいユーザーにとってはジャストミートするパソコンとも言えます。 軽い Surface Pro 7は本体重量が790g(Core i7)となっています。 キーボードカバーを付けても重量はたいしてありませんし、ACアダプタを付けても十分軽いです。 キーボード剛性が高い 実際に使ってみて感じましたが、以前レビューしたと比べて、キーボード剛性が高く打ちやすく感じました。 ハードパンチャーには厳しいかもしれませんが、それなりのユーザーなら問題なく使えるでしょう。 Windowsタブレットの入力方式が便利 Surface Pro 7のメリットというよりも、システムのメリットですがWindowsタブレットはctrlキーを使うことができます。 Surface Pro 7のデメリット・欠点 LTEに非対応 残念なことにSurface Pro 7はLTE非対応です。 もしLTE対応のものが欲しい場合は、、、もしくは廃盤になっていますが、がライバルにあたります。 スピーカーの音は良くない やのレビューでも書きましたが、このシリーズは基本的に音がとても良いメリットを備えています。 しかし、Surface Pro 7はあまり音がよくありませんでした。 少し残念なポイントです。 みんなの口コミ ぜひ口コミをご投稿ください。 出張の時楽そう• 見た目かっこいい• キーボード壊しそう 聞いてみて思ったのは、Surface Pro 7ならではのターゲットポイントが明確になっているなと感じました。 本体重量が軽いので持ち運びが多い女性にも勧められられるモデルです。 Surface Pro 7がおすすめな人 モバイル性を重視する人 Surface Pro7はやはりモバイル性を重視する人にとって、選ぶ価値のあるパソコンです。 軽いだけでなく薄いですし、12. 3インチという特殊なサイズなので持ち運びにも向いています。 iOSが好きならiPad Proという選択肢もありますが、個人的にはWindowsが使えるということ自体にメリットがあるため、Surface Pro 7を選ぶでしょう。 映画・動画鑑賞をパソコンで楽しむ人 一度使ってみるとわかりますが、映画・動画鑑賞をするうえでキーボードは不要です。 ないだけで没入感が高まります。 パソコンで全てをこなす人にとってはSurface Pro7は無駄のない使い方ができます。 Surface Pro 7がおすすめではないタイプ LTEモデルが欲しい人 残念ながら、Surface Pro 7はLTE非対応です。 もし、LTE対応のWindows機が欲しいなら、、もしくはなどを候補とすると良いでしょう。 これよりも小さいサイズが欲しい人 Surface Pro7は12. 3インチでコンパクトなパソコンですが、これより小さいパソコンが欲しい人もいるかもしれません。 その場合はUMPCを選ぶか、を選びましょう。 3インチで本体800gを切るタブレットでありながら、ハイエンド構成まで組めるノートパソコンです。 キーボードの取り外しができ、さらに4K対応しているため、ビジネス利用だけでなく動画鑑賞といったエンタメ要素でも快適に使うことができるノートPC。 実用性は十分のため、価格が許すなら悩まずに買っていいモデルです。 Surface Pro 7を安く買う方法 Surface Pro 7を含めMicrosoftのパソコンはカスタマイズモデルが少ないため、通販サイトでも選びやすくなっています。 そのためポイントを考慮した上で最も安いところを選ぶべきでしょう。 ただし、Microsoft公式ページではたまに大きな割引キャンペーンを行います(Officeソフトが安くなるケースもあります)。 そのため必ず一度は公式ページを見るようにしておきましょう。

次の