志村けん参り。 追悼志村けんさん 第11弾新型コロナ対策と四柱推命(今こそワンチーム)

志村けんがテレビ小説「エール」に初登場!古関裕而氏と驚きの縁!

志村けん参り

この記事では、志村けんの 新型コロナウイルス感染経路とされる 夜のお店の生き残り方についてご紹介します。 不況で客足が途絶えて息も絶え絶えだった夜のお店たちにとって、足しげく通ってくれる太っ腹な志村けんさんの存在は、 まさに神様のように感じていたのではないでしょうか? 銀座や六本木、歌舞伎町では感染者が現在急増しています。 志村けんさんも夜のお店の常連客だったことから、新型コロナウイルスに感染してしまったことは、本当に不幸な出来事だったと言わざるを得ませんね。 志村けんさんの訃報は、 まさに日本中を覆う悲劇となってしまったんです。 それがましてや東京の銀座や、大阪の北新地のような高級店ともなりますと、足しげく通える客数は限られてきます。 不景気+新型コロナのWパンチを食らって窮地に陥った夜の高級店。 不景気を吹き飛ばす勢いで、志村けんさんが夜のお店たちを励ましていた姿が、なんだか目に浮かぶようですね。 いまだに保健所の調査に応じないホステスや、店舗も数多いと言われています。 この 隠ぺい体質が、ますます夜のお店たちを窮地に陥らせる原因となっているのですが…。 それでは夜のお店はこの先、お先真っ暗で廃業するしか道は残されていないのでしょうか? 実はこの窮地のさなか、業績を上げているサービスがあるんです! 不況+新型コロナの逆風が吹き荒れる中、 発想の転換で生き残っている新サービスを紹介したいと思います。 新型コロナ感染拡大でも大繁盛?宅配サービスのブーバーイーツに学べ! 集まらない・近づかない・ 閉め切らない 新型コロナ対策の3密の条件を満たさない飲食店からは、客足が減少する一方です。 その一方で、繁盛しているのが 出前や持ち帰りといった、自宅で楽しめるサービスを展開しているお店たち。 たとえば、餃子の王将や吉野家などのチェーン店は、お持ち帰りが出来るため自宅で飲食が可能ですよね? ファーストフードの雄・ マクドナルドも業績は絶好調! 人間だれしもお腹は空きますし、食べなければ生きていけません。 それが ブーバーイーツ Boober Eats です。 「トップレス・フード・デリバリー」というこの新しいサービスの内容は、 ストリップダンサーたちが 裸で食事のデリバリーをするというもの。 宅配代行の ウーバーイーツのパロディのようなネーミングですが、目の付け所がさすがアメリカン!! お店の中で客が来るのをただ待っているのではなく、 自分たちから積極的に客に会いに行く。 デリバリー形式にすれば良い。 ブーバーイーツを見習えば? — ぶぶーすりー bubuthree この攻めの姿勢は、日本の夜のお店でも見習う点があるのではないでしょうか? 風俗業界ではすでにデ〇ヘルというサービスを展開していますが、今や高級クラブといえども、背に腹を変えられない状態に追い込まれつつあります。 出張キャバクラというサービスもすでに存在していますが、今後はクラブやキャバレーといった夜のお店たちも、 出張サービスが主流になっていくのではないでしょうか? もし、志村けんさんが新型コロナ感染の危険性を認識されていたら…ご自宅にホステスを呼ばれるように変わっていたかもしれませんね。 少なくとも 濃厚接触する可能性は大幅に減らすことが出来るのですから! まとめ 以上、志村けんの新型コロナウイルス感染経路とされる夜のお店の生き残り方についてご説明いたしました。 多くの客やホステスたちが 狭い店内で密着するようなサービスを展開。 とりわけ土地代が高い東京都内の夜のお店は狭いことが多く、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するのは当たり前の結果だったんですね。 長年築き上げてきたブランド力も、 ウイルスという見えない敵には勝てません! 銀座や六本木、歌舞伎町といった夜のお店に通う人の数は、今後ますます減少していきます。 いつまでも、志村けんさんという偉大な存在を失った悲しみに、落ち込んでいるヒマはありません! アメリカのブーバーイーツのような、 画期的な出張サービスといった新たなビジネスチャンスも掘り起こされていますので、この機会に ビジネス形態を変える気構えが必要ですね!! 風評被害やデマ情報などが拡散されて、休業中のお店もあるようですが、自粛自粛では息が詰まる人たちも世の中には存在しているんです。 隠されたニーズをいち早くキャッチして、新しい 形態に柔軟に変化できること。 これが今後の夜のお店や飲食業界のみならず、すべての業界に求められる条件となる。 そんな未来が既に始まっているようにウアリンは感じました。 自分たちのやりたいことにこだわらず、 プライドも実績もすべて捨てて、 0から再スタートするお店だけが生き残れる時代が来るのかもしれませんね。 小池百合子都知事の 「夜の街へ行くな」発言に腹を立てる暇があるのなら、自分たちのサービスを必要としている方たちに、新たな形態で提供できるように転換する。 後ろを向かずに前を向いて、 時代の流れに逆らわず 進化・適応していく方がきっと日本でも出てくるハズ! それが志村けんさんをはじめとして、夜のお店にお金を落としてくださる、お客様たちへの誠意になるのではないでしょうか? 大変な時代になりましたが、 世の中に役立つサービスがスタートするのを、ウアリンは心から応援しています! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の

「エール」志村けんさん 初対面・窪田正孝に“塩対応”威圧感にネット反響!台本にない“アドリブ台詞”も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

志村けん参り

【感謝の声】志村けんさんへの追悼メッセージ、東村山市HPに2週間で1万件超 志村さんを名誉市民にしてほしいという声も集まっており、市長は「遺族の方と相談しながら決めたい」とした。 — ライブドアニュース livedoornews 東京・東村山市の渡部尚市長(58)が19日、東村山市役所で「市議会6月定例会最終日追加提出議案」に関する記者会見を行い、 新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に死去した同市出身のタレント・志村けんさん(享年70)の名誉市民選定に関する議案を、6月25日の市議会に提出すると発表した。 議会の承認が得られれば、名誉市民の選出が決定し、志村さんの遺族に名誉市民の代理授与が行われる。 東村山市の名誉市民授与には、市議会の同意が必要で、議案が可決すれば、市にとって3人目となる名誉市民となる。 名誉市民の条件として、市の公式ホームページでは「東村山市名誉市民条例(昭和55年3月31日施行)に基づき、市民又は市に縁故が深い方で、公共の福祉の増進、学術技芸その他広く社会文化の興隆に寄与し、その功績が卓絶で市民が郷土の誇りとし、かつ、深く尊厳に値いすると認めた方に対して市長が議会の同意を得て選定」としている。 渡部市長は「志村さんは東村山音頭で東村山市を全国区にしたスーパースター。 十分に条件を満たしている」と説明した。 すでに志村さんの遺族や所属事務所には同意を得ているようで、「東村山の恩人で功労者。 最大級の敬意を表したい。 志村けんさんを名誉市民としてご推挙いたします」とした。 yahoo. 東村山市に育まれた志村さんという奇才。 志村さんという奇才から計り知れない精神的影響を受けた東村山市。 授与が遅かったのは志村さんがコロナで亡くなるなんて誰も思わなかったから。 ずっと健在でみんなを笑わせてくれると、市民全員もとい国民全員が信じて疑わなかったから。 コロナでなくなったことが最期の功績とは思わない。 そんな冷たい言葉をおくった小池百合子を許せない。 小池百合子の賞はいらない。 市民栄誉賞はよろこばしいが、国民栄誉賞もふさわしい。 昭和~令和に生きる人々をずっと照らしてくれた奇才に対する礼儀として、コロナ渦が一段落し、ご遺族の同意をいただければ、政府には国民葬も考えてほしい。 多くの国民が感染の恐れなく参加できる形で。 国民葬を日本の収束宣言としてはどうか?間違っても小池主催の都民葬だけはやめてほしいあのポピュリストなら企てかねないが、故人が天国にいけなくなるほどの穢らわしさを感じる。

次の

志村けんさん、東村山市の名誉市民へ→どんな賞でももう本人はいない…

志村けん参り

この記事では、志村けんの 新型コロナウイルス感染経路とされる 夜のお店の生き残り方についてご紹介します。 不況で客足が途絶えて息も絶え絶えだった夜のお店たちにとって、足しげく通ってくれる太っ腹な志村けんさんの存在は、 まさに神様のように感じていたのではないでしょうか? 銀座や六本木、歌舞伎町では感染者が現在急増しています。 志村けんさんも夜のお店の常連客だったことから、新型コロナウイルスに感染してしまったことは、本当に不幸な出来事だったと言わざるを得ませんね。 志村けんさんの訃報は、 まさに日本中を覆う悲劇となってしまったんです。 それがましてや東京の銀座や、大阪の北新地のような高級店ともなりますと、足しげく通える客数は限られてきます。 不景気+新型コロナのWパンチを食らって窮地に陥った夜の高級店。 不景気を吹き飛ばす勢いで、志村けんさんが夜のお店たちを励ましていた姿が、なんだか目に浮かぶようですね。 いまだに保健所の調査に応じないホステスや、店舗も数多いと言われています。 この 隠ぺい体質が、ますます夜のお店たちを窮地に陥らせる原因となっているのですが…。 それでは夜のお店はこの先、お先真っ暗で廃業するしか道は残されていないのでしょうか? 実はこの窮地のさなか、業績を上げているサービスがあるんです! 不況+新型コロナの逆風が吹き荒れる中、 発想の転換で生き残っている新サービスを紹介したいと思います。 新型コロナ感染拡大でも大繁盛?宅配サービスのブーバーイーツに学べ! 集まらない・近づかない・ 閉め切らない 新型コロナ対策の3密の条件を満たさない飲食店からは、客足が減少する一方です。 その一方で、繁盛しているのが 出前や持ち帰りといった、自宅で楽しめるサービスを展開しているお店たち。 たとえば、餃子の王将や吉野家などのチェーン店は、お持ち帰りが出来るため自宅で飲食が可能ですよね? ファーストフードの雄・ マクドナルドも業績は絶好調! 人間だれしもお腹は空きますし、食べなければ生きていけません。 それが ブーバーイーツ Boober Eats です。 「トップレス・フード・デリバリー」というこの新しいサービスの内容は、 ストリップダンサーたちが 裸で食事のデリバリーをするというもの。 宅配代行の ウーバーイーツのパロディのようなネーミングですが、目の付け所がさすがアメリカン!! お店の中で客が来るのをただ待っているのではなく、 自分たちから積極的に客に会いに行く。 デリバリー形式にすれば良い。 ブーバーイーツを見習えば? — ぶぶーすりー bubuthree この攻めの姿勢は、日本の夜のお店でも見習う点があるのではないでしょうか? 風俗業界ではすでにデ〇ヘルというサービスを展開していますが、今や高級クラブといえども、背に腹を変えられない状態に追い込まれつつあります。 出張キャバクラというサービスもすでに存在していますが、今後はクラブやキャバレーといった夜のお店たちも、 出張サービスが主流になっていくのではないでしょうか? もし、志村けんさんが新型コロナ感染の危険性を認識されていたら…ご自宅にホステスを呼ばれるように変わっていたかもしれませんね。 少なくとも 濃厚接触する可能性は大幅に減らすことが出来るのですから! まとめ 以上、志村けんの新型コロナウイルス感染経路とされる夜のお店の生き残り方についてご説明いたしました。 多くの客やホステスたちが 狭い店内で密着するようなサービスを展開。 とりわけ土地代が高い東京都内の夜のお店は狭いことが多く、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するのは当たり前の結果だったんですね。 長年築き上げてきたブランド力も、 ウイルスという見えない敵には勝てません! 銀座や六本木、歌舞伎町といった夜のお店に通う人の数は、今後ますます減少していきます。 いつまでも、志村けんさんという偉大な存在を失った悲しみに、落ち込んでいるヒマはありません! アメリカのブーバーイーツのような、 画期的な出張サービスといった新たなビジネスチャンスも掘り起こされていますので、この機会に ビジネス形態を変える気構えが必要ですね!! 風評被害やデマ情報などが拡散されて、休業中のお店もあるようですが、自粛自粛では息が詰まる人たちも世の中には存在しているんです。 隠されたニーズをいち早くキャッチして、新しい 形態に柔軟に変化できること。 これが今後の夜のお店や飲食業界のみならず、すべての業界に求められる条件となる。 そんな未来が既に始まっているようにウアリンは感じました。 自分たちのやりたいことにこだわらず、 プライドも実績もすべて捨てて、 0から再スタートするお店だけが生き残れる時代が来るのかもしれませんね。 小池百合子都知事の 「夜の街へ行くな」発言に腹を立てる暇があるのなら、自分たちのサービスを必要としている方たちに、新たな形態で提供できるように転換する。 後ろを向かずに前を向いて、 時代の流れに逆らわず 進化・適応していく方がきっと日本でも出てくるハズ! それが志村けんさんをはじめとして、夜のお店にお金を落としてくださる、お客様たちへの誠意になるのではないでしょうか? 大変な時代になりましたが、 世の中に役立つサービスがスタートするのを、ウアリンは心から応援しています! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の