ソードシールド 環境。 【ソードシールド】厳選環境の準備と手順まとめ【ポケモン剣盾】

【ポケカV】ソード・シールド環境デッキランキング予想

ソードシールド 環境

初めまして、がうと申します。 初めての投稿で至らぬ点もあると思いますが、ご容赦下さい。 * 今回は自身が黒色統一パーティーを使っている事もあり、鎧の孤島で実装されたレントラーの型について考察しようと思います。 キャンプのレントラーも可愛いですよ 採用理由と役割 「採用理由は愛」ではなく、根性型のポケモンの中では実はしっかりと差別化出来ています。 Aグループ ・カイリキー ・ヘラクロス New ・ローブシン ・ナゲキ ーーーーーーーー Bグループ ・ブースター ・タチフサグマ ーーーーーーーー Cグループ ・レントラー New 上記の分け方を見た時に何か感じませんでしょうか? 現環境は「ダイジェット環境」と呼ばれるほど、ダイジェットを使えるポケモンが沢山おり、ダイジェットを使えることがアドバンテージとなっています。 ダイジェットを使えるポケモンの例を挙げると、 ・エースバーン ・トゲキッス ・ギャラドス ・リザードン ・アーマーガア ・インテレオン ・ホルード ・パッチラゴン …etc 等強力なポケモンが数多く挙げられます。 これらのポケモンからの 「ダイジェットが抜群になる」のが グループA 「ダイジェットが等倍になる」のが グループB そう、レントラーは現環境における根性持ちのポケモンの中で、"唯一ダイジェットを半減で受けられる"ポケモンなのです。 また、根性持ちのポケモンの中でも、"唯一Sを上昇させられる積み技を持つ"ポケモンなのです。 DMすること前提で考えれば、ヘラクロスもダイジェットを使えますが… 現環境で暴れているエースバーン、ゴリランダーを止める為の、ドヒドナットに対しても強く出ることが出来ます。 前置きが長くなりましたが、上記の理由からレントラーで 1. 壁、または欠伸ループから有利対面に着地させる。 高速移動を積む 3. 火炎玉発動 後出しする際にはダイジェット読みからの後出しで使ってあげましょう。 ダイジェット耐 2. 火炎玉発動 3. 一致高威力技、2. 鬼火やトリックによる妨害、3. ボルトチェンジだと考えられます。 積めていない場合は、受けられるポケモンかつ妨害を貰っても痛くないポケモンに下げるのが賢明だと思います。 霊タイプとサイクルする可能性が高いと思われるので、パーティー選出で見えたら注意してください。 与ダメージ計算 *全て根性発動後で計算しています。 * ワイルドボルト ・h4トゲキッス 確1 156. 5〜183. 7〜114. 1〜402. 5〜224. 9〜97. 7〜273. 0〜124. 3〜125. 3〜99. 8〜132. 4〜82. 6〜288. 2〜161. 2〜198. 5〜90. 4〜141. ダイナックル ・B252カビゴン 確2 74〜87. 7〜116. 3〜66. 8〜54. 7〜80. 9〜43. 0〜66. 9〜60. 7〜89. 7〜109. 4〜100. 7〜83. 5〜56. 2〜67. 5〜45. 3〜41. 2〜75. 6〜48. 9〜96. 6〜47. 5〜133. 4〜65. 9〜130. 9〜26. 5〜76. 7〜67. 5〜217. 4〜56. 1〜87. 4〜89. 9〜143. 6〜81. 9〜96. 0〜103. 2〜25. 壁を貼っていれば、安定して立ち回ることができます。 使うなら挑発があると便利です。 他に良いポケモンがいれば、教えていただけますと幸いです。 このポケモンの対策 高速移動を積まれてしまうと止めることが難しくなり、欠伸でも流されません。 積む前に一致弱点をつける早いポケモンで処理する、襷持ちポケモンで処理するといった方法か良いと思われます。 初めての育成論で書き方が不慣れかもしれませんが、少しでもレントラーに興味を持っていただけたら幸いです。 もしよければ、コメントや評価をよろしくお願い致します。 追記情報 2020. 25 ポリゴン2、FCロトムに関するダメ計を追加しました。 FCロトムに関する考察を追加しました。 下書きにあったのですね… 確認不足でした。 フォーク投稿しておきます。 レントラーってこんなに火力あるんですね。 1点だけ、ダメージ計算の欄が少し相手側のポケモンにこちらが有利すぎると感じました。 もっとダメージ計算を追加しろという訳ではありませんが、次の育成論期待しております。 ボルチェンで威嚇を撒く型も強いのですが、こちらは後続にも刺さる火力が魅力です。 他のこんじょう持ちとの差別化点が非常に明確で分かりやすかったです。 こんじょう運用なら1番強いと思いました。 思った点ですが、努力値調整にポリ2のダウンロードを意識している以上、ポリ2対面での与ダメ被ダメ計算を記載した方がいいのではないでしょうか。 解禁前なので書いてないだけかもしれませんが💦 また、おそらく苦手対面であるフォルムチェンジロトムに関する記載もあると有り難いです。 ポリ2の計算は忘れていました… ダメ計追加しておきますので、またご覧下さい。

次の

【シティリーグ優勝まとめ】ソード&シールド 新環境概観

ソードシールド 環境

バタフリー まずはマックスレイドバトルで出会いやすくなるイベントが予定されているバタフリー。 バタフリーはソードシールド でキョダイマックスすることができ、 キョダイマックスわざのキョダイコワクで追加効果で相手をどく、まひ、ねむりにすることが出来るのです。 ダブルだと相手2体を状態異常に出来るというぶっ壊れ技なのでもっとやばいですがシングルでも十分強力です。 ウルトラサンムーンでバタフリーはあまり使われていませんでしたが、バタフリーは種族値が低いものの強い技をたくさん覚えるポケモンなのです。 何よりも 特性はふくがんです。 この特性とねむりごなの相性が強く、97. さらには 相手が眠っているすきにちょうのまいで能力をガンガンあげる事も可能なのです。 技構成的にはねむりごな、ちょうのまいまでは確定でキョダイマックス技を使うためのむしタイプの技 むしのさざめき とエアスラッシュ、はねやすめ、シャドーボール、みがわりの選択とかが使いやすそうかなと思います。 あとでも説明しますがガラル図鑑の強いはがねタイプはナットレイ、ドリュウズ、ギルガルドくらいが考えられ、その中でもギルガルドは環境に高確率で入ってきそうです。 そのためギルガルドに打点を持てるシャドーボールも候補かなと思います。 バタフリーを有利な相手に出してねむらせてそのすきにちょうのまいを積むのは結構強いかなという印象です。 ギルガルド 今作でもむしやエスパーやフェアリーやこおりタイプのポケモンがかなりたくさんいます。 そういうポケモンに対して圧倒的に強く出れるのがギルガルドです。 ギルガルドはタイプ耐性がかなり強く、かつ 耐久値もシールドフォルムはすごく高いため相手のポケモンの技を受ける上で重宝されるでしょう。 持ち物としてはたべのこしやじゃくてんほけんが相性いいと思います。 じゃくてんほけんを持つことにより苦手なゴーストタイプのポケモンに対しても一発攻撃を受けてから後攻で高火力の技を使うことで倒すことが出来るようになります。 カバルドン カバルドンはウルトラサンムーンの時から起点づくりや物理受けとして愛用されていたポケモンです。 今作ではダイマックス技で天候を変化することが出来るようになったため、その 天候を元に戻すという意味でもカバルドンの役割が大きいのではないかと考えられます。 さらに メガ進化のいない世界でなかなか物理でカバルドンを突破できるポケモンもいないだろうと思うので あくび、ステルスロックなどしているだけでも非常に強力なポケモンとなるでしょう。 詳しい種族値はわかりませんが、少なくとも 素早さの種族値は約120くらいは超えてるんじゃないかというくらい素早いポケモンなのです。 さらにはりゅうのまいという積み技を使え、ゴーストとドラゴンという一貫性の高い攻撃を上から叩き込めるのは非常に強いのではないかと考えられます。 600属であるため耐久もそれなりに高いことが予想され、かつ4倍弱点もないということから対策必須のポケモンとなるでしょう。 積み技もあることから素早い処理をできるような対策が必須になるでしょう。 ミミッキュ やはり ミミッキュはばけのかわという特性が有る限り強いのではないかと考えられます。 先ほどの600属のポケモンに対してもばけのかわがあるので対面で勝つことが出来るのではないかと思います。 ただ、ソードシールド ではz技がなくなりました。 そのためミミッキュのつるぎのまいからのz技という高火力を出しづらいことになると思います。 それでもきあいのタスキ、いのちのたまなど持たせるアイテムはたくさんあるので強いとは思います。

次の

【ポケモン剣盾】ソードシールド 厳選環境の変更点、夢特性について

ソードシールド 環境

発売から1ヶ月が経とうとしている『ポケットモンスター ソード・シールド』。 対戦環境で使われるポケモンもある程度定まってきたところだが、ゆったりプレイしているユーザーにとっては、これから選定や厳選などをスタートさせることだろう。 筆者も1つ目のパーティーは組んだものの、複数パターンのパーティーは構築できずにいるのが現状だ。 そこで今回は、全国大会に7年連続で出場し、2015年~2017年には3年連続で世界大会へ進み、2018年にはレポーターとして現地で実況解説も務めるなど、大会で実績を残しているを直撃。 『ソード・シールド』になったことで起こった対戦環境の大きな変化や、オススメポケモンなどについて聞いてみた。 本作では、過去作から連れてこられるポケモンが制限されたことが議論を巻き起こしている。 まず、シャロン氏にそれが対戦に与える影響について質問したところ、「愛着のあるポケモンはそれぞれに違っていたりするので、怒る人の気持ちもよくわかる」としたうえで、下記のように述べた。 「ガラル地方のポケモンは『ブラック/ホワイト』や『X/Y』のポケモンが比較的多く、スペックの高いボーマンダやガブリアスのいない環境になったということは大きいと思います。 ただ、自分は、6匹のパーティから4匹を選んで2対2でバトルを行う『ダブルバトル』で大会に出ているため、対戦にあたって使用プールが少なくなることは、あまり関係ありません。 公式大会は限定ルールを適用することが多いので、今回もガラル地方のポケモン限定になるのであれば、そこまで影響はないんですよ。 ダブルだけで考えると、今までに比べてスペックが高くないと言われているポケモンにも可能性があるルールだと思います」 対戦で一番大きな環境の変化は、やはり新システム「ダイマックス」の採用だと同氏は続ける。 「いままでは『メガシンカ』や『Zワザ』という仕組みが対戦を左右する要素になってきましたが、『ダイマックス』はこれら2つに比べても戦況に与える影響が大きいです。 メガシンカはメガストーンを持たせなければならないという制約があったり、そもそもメガシンカできるポケモンが限られていたため、対戦でも現在と比べて駆け引きが少なかったですし、Zワザについても、あくまで1つのタイプでしか打てないうえ、バトル中に1回しか使えないからこそある程度予測して動けるところがありました。 「シングルにおけるダイマックスは、メガシンカの発展系として考えればそこまで難しくもないのですが、ダブルバトルにおいては、全体のステータスを上げ下げするダイマックスわざが与える影響はより大きいため、それを使ってどう動くかが、戦況を大きく左右します。 いままで一撃で倒せていたポケモンが一撃で倒せなくなったり、相性的に相手が有利な状況でも、攻撃を耐えて倒し返すこともできるようになりましたし、天候操作も容易になったので、戦略面ではかなり細かいところまで考えなければならず、やっている側からすれば相当楽しいです」 ほかにも、仕様変更で大きく環境が変わった面もあるという。 「今作からの仕様変更として、ステータス上昇・減少がそのターン中に反映されるようになったんですよ。 いままでは先制で『でんじは』をされても、次のターンまではステータスを下げられる前の行動順で動けたんですが、今作からはそうもいかなくなったんです。 「現在はバンギラス・ドリュウズの組み合わせが覇権を握っています。 これまでもあった組み合わせですが、バンギラスの特性『すなおこし』ですなあらしを発生させ、ドリュウズの特性『すなかき』ですばやさを上げて攻撃するパーティーですね。 今作ではドリュウズがダイマックスして『ダイロック』を打てば自分ですなあらしを起こすこともでき、バンギラスに頼らずとも自身の素早さを高めたり、耐久力の低かったドリュウズが『すなかき』を活かした『ダイスチル』で自身と味方の防御力を上げて、後攻になった相手の攻撃を受け切り、とつげきチョッキを持たせることで特防を上げることで、火力が高い上に耐久を高めることができるようになりました。 どちらも攻撃力の高さを活かして物理攻撃で攻めるタイプの組み合わせのため、『いかく』(相手の「こうげき」を1段階下げる)の特性を持つポケモンを不得手としていたのですが、を不得手としていたのですが、一部特性の仕様変更で特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』を持つポケモンに『いかく』が効かなくなったり、アーマーガアの夢特性『ミラーアーマー』で跳ね返せるようになったりしたことによって、『いかく』を持つポケモンの需要が減ったのも猛威を振るっている要因ですね」.

次の