上念司 結婚。 大悪司

【上念司】もう銀行なんていらない!銀行が融資するときに実績や将来性より重視すること

上念司 結婚

上念 司 じょうねん・つかさ 1969年東京都生まれ。 1993年中央大学法学部法律学科卒業。 在学中は日本最古の弁論部・辞達学会に所属。 日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。 2007年より、経済評論家・勝間和代と「株式会社監査と分析」を設立。 取締役・共同事業パートナーに就任。 現在は代表取締役。 2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一名誉教授に師事し、薫陶を受ける。 テレビ、ラジオなどでも活躍中。 もう銀行はいらない かつては安定企業の代表格だったメガバンクも、 いまや数千・万人単位と大規模な人員削減を余儀なくされている。 地銀の凋落ぶりは、もはや目を覆わんばかりだ。 なんだかんだと金融行政に守られ、 誰がやっても儲かるような護送船団方式のなかで安穏と過ごしてきた銀行に 市場競争へ立ち向かうまともな力量はない。 いまやAIや仮想通貨といったまったく異質の金融技術が、 銀行業務の独占に容赦なく襲いかかってきているのだ。 どんなビジネスアイデアも、本来は経営者の個人保証や担保がなくても、 アイデアそのものがお金を生み出しそうかどうか、「事業性」を評価して融資されるべき。 その事業性を審査する能力こそ銀行のコアスキルであるべきなのだが、それがない。 いまごろになって事業性評価に基づく融資の拡大を標榜する銀行も増えつつあるが、 これまで担保主義で融資してきたのだから、必要な審査能力は備わっていないのだ。 こぞって消費者金融を手掛けるも、焼け石に水。 もはや八方塞がり。 不動産などの担保を確保して融資するという質屋のような銀行業務は、もういらない。 かつては安定企業の代表格だったメガバンクも、 いまや数千・万人単位と大量の人員削減を余儀なくされている。 地銀の凋落ぶりは、もはや目を覆わんばかりだ。 なんだかんだと金融行政に守られ、 誰がやっても儲かるような護送船団方式のなかで安穏と過ごしてきた銀行に 市場競争へ立ち向かうまともな力量はない。 いまやAIや仮想通貨といったまったく異質の金融技術が、 銀行業務の独占に容赦なく襲いかかってきているのだ。 どんなビジネスアイデアも、本来は経営者の個人保証や担保がなくても、 アイデアそのものがお金を生み出しそうかどうか、「事業性」を評価して融資されるべき。 その事業性を審査する能力こそ銀行のコアスキルであるべきなのだが、それがない。 いまごろになって事業性評価に基づく融資の拡大を標榜する銀行も増えつつあるが、 これまで担保主義で融資してきたのだから、必要な審査能力は備わっていないのだ。 こぞって消費者金融を手掛けるも、焼け石に水。 もはや八方塞がり。 不動産などの担保を確保して融資するという質屋のような銀行業務は、もういらない。 上念 司(じょうねん・つかさ) 1969年東京都生まれ。 1993年中央大学法学部法律学科卒業。 在学中は日本最古の弁論部・辞達学会に所属。 日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。 2007年より、経済評論家・勝間和代と「株式会社監査と分析」を設立。 取締役・共同事業パートナーに就任。 現在は代表取締役。 2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一名誉教授に師事し、薫陶を受ける。 テレビ、ラジオなどでも活躍中。 そのメガバンクは当時、法人登記さえしていれば、口座の新規開設を認めてくれたのです。 おそらく私が個人事業主だったときの口座をその銀行に置いていて、そこから個人が法人を設立する「法人成り」だったということが関係していたのかもしれません。 いずれにしても、あれから12年ずっとおつき合いがあるのだから、何とかなるだろう。 少なくとも、使えない制度融資を頑なに勧めてきた、あの信金担当者よりはマシなのではないか。 そう思ったのです。 私は早速、そのメガバンクに電話して融資担当者につないでもらいました。 「先ほど信金と話したのですが、一見さん扱いで門前払いされました」と伝えると「社長、大変でしたね」と融資担当者は同情的です。 「よし、これはいけるかもしれない」と期待しました。 そこで張り切ってジム事業の今後の展開などについて話し始めようとした矢先、私の話を遮るように、その担当者はこう言いました。 「ご安心ください、うちにはいいプランがあります。 制度融資です」 私は椅子から転げ落ちそうになりました。 「バカヤロー、さっきと同じじゃないか!」と言いたい気持ちをグッとこらえ、丁寧に電話を切りました。 まったく話になりません。 融資実績がないと、銀行や信金はこんなにも塩対応なのか。 いくら事業が順調で、いくら稼いでも、中小零細企業にはこんなにも冷たくて、ゴミ扱いするのか。 これが私の率直な感想でした。 こうしたことがトラウマとなり、私はずっと銀行融資に背を向けて、無借金経営を続けてきたのです。 後で知ったことですが、銀行はコネがあれば、かなりいい条件でお金を貸してくれるそうです。 私が顧問を務めているある教育系ベンチャー企業は、株主である投資ファンドの紹介で銀行融資をオファーしたところ、制度融資より1%も低い金利で即座に融資が決まったそうです。 しかも、無担保で、中小企業向け融資にありがちな経営者の個人保証もなし。 この株主のファンドの投資先は十数社あり、銀行融資を受けている会社も多く、銀行にとってみれば大口顧客です。 その大口顧客の投資先であれば、私のような扱いは受けないというわけです。 この話のポイントは、信金や銀行の融資は事業の中身や将来性よりも、「誰の紹介か」ということが重視されているという点です。 いったい、いつの時代の話なのかと愕然としたのは言うまでもありません。 【次回へ続く】.

次の

【上念司】もう銀行なんていらない!銀行が融資するときに実績や将来性より重視すること

上念司 結婚

司馬庫斯之所以神秘是因為它位於新竹縣尖石鄉的後山, 從新竹內灣還要再開三個小時的"山路" 而且過了秀巒檢查哨後面的16K, 山路蜿蜒崎嶇,常常就是剛過一個彎又來一個,而且一陸上完全沒有任何的交通警示指標, 轉彎鏡... 等等, 完全就是要靠技巧或是經驗的一段旅程,雖然今天通往司馬庫斯的道路已經進步很多了,但若你沒技巧歡迎把車停在秀巒檢查哨然後就用馬拉松精神跑上司馬庫斯吧!!! (我是認真的!!!) 而司馬庫斯之所以令人心神嚮往, 也是因為這份有挑戰的神秘感, 在歷經千辛萬苦之後得到的東西永遠是最美, 我想這就是司馬庫斯給旅人的感覺吧! 或許巨木群不是司馬庫斯才有, 但無法否認的是: 因為巨木群才讓司馬庫斯有了對外互動的橋樑-道路;或許泰雅族不只分布於司馬庫斯, 但是一起努力有共識的為社區打拚成形成的-公共自助生活共同體, 我想只有在這個上帝的部落吧;或許妳心中的世外桃源有很多地方,但是我想能與世而獨立找不到任何外在元素的只有在SMANGUS! 進到司馬庫斯你完全感覺不到一絲政府的痕跡,就連商業的影子也不存在,這裡沒有衛生所,沒有郵局,沒有警察局,沒有一切都是人認為生活必需的商店或是任何外面世界的產物,就連建築物都是木造搭配竹子手工做成(竹子這個多功能用途的植物,對泰雅族人有一定的重要性,所以當他們遷席時一定會在原地種點竹子,如果你去過巨木步道你就會經過三片大竹林!),沒有任何的鋼筋水泥,我想有一半的原因是因為就地取材,另一半原因是因為交通不便無法運輸上來!但是這裡有著高齡八十多歲族人開的雜貨店裡面有簡單的糧食跟飲料,旁邊也有部落媽媽教室所手工生產的泰雅頭飾、手環等等...! 不定時還會有司馬庫斯生產的香菇,水蜜桃,柿子等等... ; 部落裡唯一的咖啡廳, 使用了大量木頭的元素,雖然在深山但是東西也是不會馬虎的! 部落的旅遊文化是永續經營的,他希望你去了解他的文化而不是走馬看花,所以在下午兩點到五點會有不同的部落青年為您做部落的導覽解說,這些泰雅青年多以結婚育有多子,所以再帥我都吃不到~(不過我很喜歡泰雅族謙卑卻樂天的氣度)。 如果有聽過部落導覽的遊客一定聽過這個故事:當我們還是小學生的時候,校長很好,他說"星期一只要在吃晚餐以前到學校,都不算是遲到!" 但是上了國中我們必須要步行到更遠的地方-竹東去就讀國中,那時的校長就沒有那麼寬容,所以我就索性回到司馬庫斯跟爸爸學習種植香菇...。 在2008司馬庫斯部落學校成立以前,適齡入學的學生無論年紀都必須步行三個小時以上到對面新光部落的小學就讀,雖然有住宿但是我還是無法想像徒步三小時以及那麼小就要過著宿舍生的生活!最基本的就學是如此,更別說最基本的醫療了,那時在金門的我雖然一天到晚嚷嚷說:"有大病我就要後送回台灣!"但是這裡的人一生病下山之路迢迢啊!在這裡生活,在平凡的東西都顯得珍貴,在1991年以前,這裡沒有任何觀光客,所以也沒有所謂的給交通工具走的路,那時如果需要物資補給或是對外聯絡都必須要步行上下山,記得長老在教會分享會時說了一個下山買豬肉的故事,頭目常常拿著一竹框的香菇下山希望買點豬肉上山,但是那時交通不便上下山常常就要花三天的路程,常常在山下買頭豬,山上只剩下給族人們吃ㄧ口的分量!不過也因為如此,在司馬庫斯的泰雅族人目前都還是以母語也就是泰雅族語在溝通,這是讓我覺得超級欣慰的事情,畢竟國語對他們來說真的就只是一種官方語言,一種學習漢人語言文化的工具罷了! 在司馬庫斯最珍惜的是聽著他們分享他們的生活,一種愜意隨性但是都市人無法想像的人生,假日七點半再司馬庫斯教會會有一個分享會,強烈的推薦喜愛泰雅青年的你去參加(但是年紀大多都是國高中生,我也吃不到~殘念),這裡的司馬庫斯青年組成了一個樂團,一開始會有聖歌帶動唱,接著是部落的小朋友跳舞表演(超級可愛,每個都是大菜,圓滾滾的眼珠子配上深邃的五官,超殺!)最後是部落長老和頭目以母語(第一語言)跟我們分享司馬庫斯的一切(當然長老會幫我們翻譯成中文!)分享會中氣氛熱絡不時笑聲,驚嘆聲連連,給了旅人們一堂關於司馬庫斯的一課!聽過了這些故事讓我更珍惜山中有的一切,在這裡住宿沒有所謂的拋棄式盥洗用具也不提供任何的資源,就是純粹的一個乾淨整齊可以睡覺洗澡的地方,但是卻讓我們更加珍惜這塊僅有上帝的部落! 今天的前言有點冗長,是因為給我的感觸太多太大了,我愛司馬庫斯的部落文化更勝於巨木群,我想好好記錄下這份感動,我好怕司馬庫斯泛觀光化,我希望他們可以發展優質觀光,讓遊人們都上這堂寶貴的一課!以下進入旅遊正文: 1。 交通住宿:基本上司馬庫斯的住宿都是共同經營的,如果你有交通工具可以自行上山的(請自備性能良好的五人座車,或是休旅車!),就打電話訂房(03)5847688或是0928804983但是如果你是像我們一定沒有交通工具上山的也不相跟隨旅行社的中巴上山的(我還是覺得中巴上司馬庫斯很危險!)山上也有零星非共同組織經營的民宿提供接送的服務!(請詳閱參考資料) 2。 行程建議(兩天一夜):新竹租車-內灣大橋休息-尖石-青蛙石-宇老休息-秀巒檢查哨"野溪溫泉"(填寫入山證:注意入山管制唷!上下山時間通常是固定的,因為山路狹小,不能會車!)-16k司馬庫斯-下午聽部落導覽解說-行有餘力挑戰神秘谷或是生態公園-盥洗吃飯-730參加教會分享會-晚上三五好友看星談天-超早起看日出(請自行找東經115度)-挑戰來回10k五小時的神木步道-咖啡廳大歇息-下山-還有力氣新竹市區城隍廟大吃大喝-家 若是怕連續三四個小時山路的你,可以依照我的建議中停點,姑娘可是沒有暈車呢!旅人們建議吃飽了再上山吧!基本上在宇老跟秀鑾檢查哨都有東西吃,這趟可惜的是,因為2013的年強颱蘇力颱風,把秀鑾的野溪溫泉沖壞了,到了司馬庫斯約中午時分,稍作休息,體力強人可以挑戰神秘谷或是生態公園,不過請抓緊時間一定要聽一下下午的部落導覽以及晚上的分享會唷! 整段旅程中除了泰雅部落文化的洗禮,最令人印象深刻的應該就是那來回5小時的巨木步道吧!我一個弱女子走到最後真的是軟腳,如果你平常沒有運動的習慣可能要鼓起勇氣去挑戰唷!雖然山青都說路平坦好走,但是我還是在某個下坡滑倒了,在巨木步道1K處有個小岔路可以下切到味道溪(據說泰雅族人有時會把東西放入溪水中保冰而得名之。 )欣賞司立富瀑布,到三K會有個休息亭可以大放鬆,4K有高級紅檜木做成的天空之城可以上廁所,巨木群林像豐富,再巨木面前不得不彎腰誠心的敬佩大自然的鬼斧神工,在跟大老爺請安過後便立馬折返。 司馬庫斯的美我們一致同意識無法用照片呈現的, 並不是我們照片技術差或是設備不優良, 而是這裡的美是需要用心親身體會的! !記得要離開前的一小時, 我站在歡迎光臨上帝的部落牌坊下, 一直跟公主說: "怎麼辦, 我們要離開了... " 這裡的泰雅族原住民謙虛純真謙卑, 這裡的佈置原始反璞歸真儘量把科技隱藏於無形,除了WIFI,我超愛部落學校,感覺巨人族都可以來讀書。

次の

上帝的部落司馬庫斯 @ 我就喜歡這樣的妳 :: 痞客邦 ::

上念司 結婚

上念司ツイッターアカウントより 安倍首相が絶体絶命だ。 安倍首相が「熟読」を薦める読売新聞までもが、「本件は、首相案件」と書かれた面会記録文書について、その場に出席した人物が柳瀬唯夫首相秘書官と面会したことを「間違いない」と証言。 「首相案件」という発言があったと認めたことを報道。 さらに、この文書が農水省からも見つかった。 安倍首相は、麻生派のパーティや出張先の大阪で「膿を出し切る」などと語っているが、ほかならぬ膿である張本人が何をほざいているのか、笑止千万だ。 今後の世論調査でも国民から厳しい意見が叩きつけられることは必至だが、そんななか、死に体の安倍首相と同様、見苦しい悪あがきをつづける者たちがいる。 安倍応援団のみなさまだ。 なかでも失笑を買ったのが、報道圧力団体「放送法遵守を求める視聴者の会」の事務局長を務める経済評論家・上念司氏のツイートだ。 上念氏は朝日新聞が面会記録の中身をスクープした翌日11日の朝、〈詠み人知らずのメモでも疑惑が深まるんですね。 私もこんなメモを発見してしまいました〉と述べて、稚拙な文字のこんな文面を貼り付けた。 「モリカケは朝日案件」 そして、こうつづけたのである。 〈朝日新聞のロジックを使うなら、モリカケ報道は「朝日の捏造である疑惑が深まった!」ということになりますね。 国会に朝日の社長を呼んで真相解明だ!! 〉 前述した読売報道や農水省でも記録を発見されたいまでは滑稽さがさらに浮き彫りになるようだが、この期に及んでまだ「モリカケは朝日案件」などと叫んでいたのである。 これこそ馬鹿のひとつ覚えというものだ。 だが、上念氏がここまで必死になっていたのには理由があった。 なんと、上念氏は獣医学部を新設した加計学園の岡山理科大学の客員教授に就任していたのだ。

次の