水曜日が消えた 映画 ネタバレ。 映画「水曜日が消えた」あらすじネタバレ結末|キャストや主題歌と予告動画も

映画『水曜日が消えた』あらすじと感想レビュー。中村倫也演じる青年の7分の1の人生

水曜日が消えた 映画 ネタバレ

CONTENTS• 映画『水曜日が消えた』の作品情報 C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 【公開】 2020年(日本映画) 【脚本・監督】 吉野耕平 【キャスト】 中村倫也、石橋菜津美、中島歩、休日課長、深川麻衣、きたろう 【作品概要】 映画『水曜日が消えた』は、MVやCM、短編作などで注目される吉野耕平が監督を務めました。 『君の名は。 』にCGクリエイターとして参加し、「次世代の映像作家100人2019」に選ばれた吉野耕平の初長編作品。 曜日ごとに人格が替わる「僕」を4年ぶりの映画主演となる中村倫也が演じ、全ての秘密を知る元同級生に石橋菜津美、物語のカギを握る図書館司書に深川麻衣、そのほか、中島歩や「ゲスの極み乙女。 」の休日課長やきたろうらが脇を固めます。 映画『水曜日が消えた』のあらすじ C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 「僕」は幼い頃に交通事故に遭い、それ以降曜日ごとに人格が入れ替わるようになりました。 7人の人格では曜日ごとの名前で呼ばれていました。 その中でも「火曜日」の僕は一番損な役回りで、奔放な性格だったり、マイペース過ぎる「他の曜日」の僕の後始末をして回る日々です。 趣味の読書も図書館が休館日なので利用することができません。 「他の曜日」が嫌がるので、定期通院も「火曜日」の仕事です。 よくも悪くも、曜日ごとに人格が入れ替わらない日々に変化はなく、担当医の安藤からも特段変わったことを言われるわけでもありません。 各曜日の僕は連絡事項を日記に付けていて、それを安藤に提出するのも「火曜日」の仕事です。 事故から16年が経っていますが、それが7等分されると2年4カ月でしかなく、「火曜日」にとってもそれだけの月日しか実感がありません。 そんな僕に唯一関わってくれるのは元同級生の一ノ瀬だけです。 一ノ瀬は毎日人格が変わる僕の事情を知った上でなお、友人関係を続けてくれる女性です。 ある日、「火曜日」が目覚めるとその日は水曜日でした。 「水曜日」が消えて「火曜日」の人格が日付をまたいで残っていたのです。 今までにない2日間の時間に、新鮮さと戸惑いを感じる「火曜日」の僕。 そしてついに、いつも休館で行けないままだった図書館に行くことができました。 どうやら別の曜日とは面識のある図書館司書の瑞野とも「火曜日」として親しくなり始めます。 僕は一ノ瀬にも事情を話したうえで、「水曜日」が消え、倍に増えた人生を何とかキープし続けようとします。 「火曜日」の中で何が起き始めていました……。 (以下、他作品のネタバレに触れている部分があります) 多重人格者というのは過去にも多くの映画に登場しています。 アルフレッドヒッチコックの『サイコ』(1960)から始まり、近年でも『ファイト・クラブ』(1999)『シャッター・アイランド』(2010)、そしてM・ナイトシャマラン監督の『スプリット』(2016)や『ミスター・ガラス』(2019)がありました。 映画『水曜日が消えた』では、このミステリー的な要素に加え、それ以上に「人の幸せとは何か?」と問いかけてきます。 病気として多重人格をみるなら治療には「人格の統一」を考えますが、 7人の「僕」がそれぞれの毎日を「僕」らしく生きている状況で、誰かひとりに統一するのは難しいことでしょう。 そんなことも考えて、最後に「僕」が下す決断もまた、幸せの在り方、何をもって幸せを感じるか、不便と不幸の違いについてなど、いろいろと考えさせられる結末になっています。 映画『水曜日が消えた』の主役は、突然人生に大きな変化が起きた青年。 人が成長するということを、風変わりなユーモアを交え、「多重人格」という新たな目線を加えて描き出しています。 まとめ C 2020「水曜日が消えた」製作委員会 映画『水曜日が消えた』は、曜日ごとに人格が入れ替わる青年の物語です。 この驚くような設定の映画に、中村倫也を主演に迎えたことは大きな成果といえます。 芸歴15年の中村倫也は2019年のドラマ『凪のお暇』(2019)の安良城ゴン役でブレイクし、ドラマ『美食探偵 明智五郎』では主演を務めています。 映画では若きバイプレーヤーとして活躍している中村倫也。 『屍人荘の殺人』(2019)では自称名探偵の留年大学生を、『影裏』では意外なキャラクターで登場し、ハリウッドの実写版『アラジン』(2019)では吹替にも挑戦しています。 この後も『サイレント・トーキョー』や『騙し絵の牙』が待機中ですが、彼が映える役は実年齢を感じさせない不思議な浮遊感、浮き用離れ感を伴っています。 映画の「僕」は、実際の年齢の7等分しか生きていないため、同学年の友達よりもはるかに幼い……。 中村倫也は、そんな「僕」にまるで当て書きをされたようにピタリとはまったのです。 Wヒロインという立ち位置の石橋菜津美と深川麻衣も、物語にうまくフィットしています。 2人とも、年齢で見れば中村倫也より年下ですが、石橋菜津美演じる一ノ瀬は、時には保護者のような元同級生になれますし、深川麻衣は落ち着きのあるお姉さんキャラにちゃんとはまります。 中村倫也の不思議な幼さによって、三者の間に年齢差は感じられなくなっていました。 が、吉野耕平監督は物語を紡ぐことにとても重点を置いているようです。 映画『水曜日が消えた』は、多重人格という問題点も絡めたミステリアスな作品なのです。 映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より全国公開。

次の

俺の金曜日が消えた映画『水曜日が消えた』感想文(途中から悪口とネタバレあり注意)

水曜日が消えた 映画 ネタバレ

吉野耕平監督にとって今作が初の長編監督作でもあります。 中村倫也さん以外のキャストも、元乃木坂46の 深川麻衣さんや、個性派バンド「ゲスの極み乙女。 」のメンバーでもある 休日課長さん、ベテラン俳優の きたろうさんなど、幅広いジャンル・個性的な面々が集結しています。 作品情報 作品名 水曜日が消えた 公開 2020年5月15日 2020年6月19日 上映時間 104分 配給会社 日活 監督 吉野耕平 脚本 吉野耕平 音楽 須田景凪 「Alba」 出演キャスト 中村倫也 石橋菜津美 深川麻衣 中島歩 休日課長 きたろう 映画「水曜日が消えた」出演キャスト 火曜日:中村倫也 👤人物紹介 火曜日  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 少年時代の交通事故の後遺症で、曜日ごとに入れ替わる7つの人格に分かれて生きる青年。 それぞれの人格は、それぞれが目覚める「曜日」の名で呼ばれ、その性格は大きく異なっている。 その後、遺症で人格が7つに分裂して、曜日ごとに人格が入れ替わってしまうことに。 火曜日担当の「僕」は、日記を通して他の曜日の行動を把握していく。 一ノ瀬:石橋菜津美 — 2020年 3月月11日午後11時56分PDT 主人公の人格が分裂されてから、ずっと見守ってきた医師。 映画「水曜日が消えた」の見どころや予告動画 映画「水曜日が消えた」の見どころ 「水曜日が消えた」の一番の見所は、なんといっても主演の中村倫也さんの 1人7役。 「カメレオン俳優」と呼ばれることもあるだけに、 ただ7人の人物を演じるのではなく、体は1つで7人の人格というとても難しい役どころを見事に演じきっています。 中村倫也ファンにはたまらない作品となっていますね! 映画「水曜日が消えた」の予告動画 映画「水曜日が消えた」の主題歌・楽曲 映画「水曜日が消えた」の主題歌は、 須田景凪さんの 「Alba」という曲です! とっても爽やかな歌声なのに、心にグッと来る感じもイイですよね。 7人の僕は曜日ごとに入れ替わり、記憶は共有できない。 お互いの存在は認識していて日記で曜日ごとの出来事を共有していた。 その7人の中でも一番地味でおとなしい性格の 「火曜日」。 火曜日はお店や図書館が休みなど損をすることが多く、その上おとなしい性格ゆえに他の曜日に家事やゴミ捨てなどの雑用を押し付けられていた。 そんなある日火曜日が目を覚ますと、いつもと違う周囲の様子。 そう、その日は水曜日。 突然 水曜日が消えた。 火曜日の僕は初めての水曜日を過ごせることを喜び、そして満喫する。 しかし喜んでいるのもつかの間。 次第に驚くような展開に…! それは「僕」たちの終わりの始まりだった。 監督の吉野耕平はCMなどで高評価だっただけにデビュー作にしてはテンポよく絵造りが美しい。 中村倫也の(ポジティブな意味での)役者としての底知れない恐ろしさを堪能できる作品が、ついに誕生。 七変化する彼の演技巧者ぶりが、絶妙なエフェクト効果でたのしませてくれる美しい映像と高次元で結びついてる。 曜日ごと7つの人格を持つ男の生活に変化が訪れる。 繰り返しの生活の中で、単調さを感じるか喜びを見つけるのか?キャメラや演出でそのルーティンを刻みながら、しっかり作品世界へ。 サスペンスの様相もありながら 続 — 木ノ本GO gogogoCINEMA5 『水曜日が消えた』試写。 ミステリアスなストーリーだが、中村倫也のフワリとした雰囲気を生かすようなゆったりしたテンポ。 中盤から体に異変が起き、若干サスペンス寄りに。 ただ、せっかく7つもの人格を持った男の話なのに、登場する人格が偏っていて残念。 — 池辺麻子 asapu918 映画『水曜日が消えた』の脚本を初めて読んだのは、たぶん去年の初夏ごろ。 小説化希望の企画を出したのは、その1秒後でした。 夢中で読みました。 ただただ面白かった。 だから、小説でも読みたくなりました。 いよいよです。 しかし映画のストーリーは、 次第に驚きと恐怖の展開へ進んでいきます。 そして待っているのは衝撃のラストシーン…! 不便だけど平穏だった7つの人格を持つ男の運命はいったいどんな結末を迎えるのか!?.

次の

水曜日が消えたのレビュー・感想・評価

水曜日が消えた 映画 ネタバレ

だって、月曜日は一週間のはじまりっ!って 感じがします。 日曜は休み、月曜から始まって金曜まで 学校やお仕事を頑張って、土日にホッとする💛 日曜日がスタート!って感じがしないのです。 なかでも「火曜日の人格」は、地味、退屈、 きれい好き。 ある日「水曜日の人格」が消えてしまい、 「火曜日の人格」が水曜日を過ごし始める。 他の曜日の人格や、主治医の気持ちなど もっと描いてほしかったという気もします。 「火曜日の人格」は地 味です。 7名の人格の中では、いつも損な性格です。 図書館に行きたいのに、いつも閉館で行けない。 いえ!「火曜日」である限り、永久に図書館へは 行けないのです。 同じ人間とは思えないほど、 破天荒な「月曜日」😎! 一夜限りの関係を楽しみ、酒、煙草も 吸い放題の、部屋を散らかし放題。 「火曜日」は、朝起きると前日の「月曜日」が 連れ込んだ人を追い出すことから、一日が 始まります。 「月曜日」が汚しまくったお部屋の掃除も 「火曜日」のお役目です。 性格も地味なので、 一生、退屈な火曜日を過ごすはずでした。 映画よりは、ドラマなんかだと展開が 楽しめるのかな? 映画では、他の曜日のことに詳しく 触れてなかったのです。 それは、ちょっと昔のブルーレイです。 「特典映像」に撮影秘話や監督や出演者の インタビューが入っているのです。

次の