ボールペン 人気 ランキング。 クロスのボールペンおすすめ&人気ランキングTOP15【2020年最新版】

【徹底比較】多機能ボールペンのおすすめ人気ランキング10選

ボールペン 人気 ランキング

高級ボールペンの代名詞となったブランド【モンブラン】 なんといっても、 高級ボールペンブランドの人気ナンバーワンはモンブランを差し置いて他のブランドである事は無いでしょう。 筆記具における最高のステータスブランドであるモンブランは男女問わず、多くの人から人気を獲得しています。 中でも人気を獲得しているのはマイスターシュティックであり、贈り物の定番、 ビジネスマンの三種の神器といえるボールペンです。 機能美を持ったボールペンの高級ブランド【ペリカン】 高級ボールペンの人気ブランドランキング第二位のペリカンと言えば世界中で愛され続ける高級ボールペンの名作、スーベレーンや斬新なデザインと機能を備えた最新のボールペン、ヴァイオなど 伝統と革新をもったドイツの高級ボールペンブランドです。 また、高級品を制作するだけでなく総合文具メーカーとしても優秀で高い機能性を持ったボールペン達を生み出し続けているブランドです。 高級ブランドだけが身に纏う貫禄【カルティエ】 フランスの 高級ジュエリーブランドとして知名度を持つカルティエ。 高級ボールペンの人気ブランドランキングでも3位に登場しました。 世界で初めて腕時計を制作したブランドとも知られるカルティエは アクセサリーだけでなく精密機器の制作も得意なブランドであり、ボールペンも、見た目だけでなく使い勝手の良い製品なのが特徴。 その抜群のステータスは贈り物としても高い人気を獲得しています。 人気の高級ボールペンブランドでは4位に登場して頭角を現しつつあり、スイスの技術力を持って世界最高峰のボールペンを作り続けています。 なんといっても、特徴は鉛筆の軸を模した六角形のデザインであり、繊細な装飾は、アクセサリーとして、そして滑り止めとしても両立され 持っていて美しく、 筆記具として書きやすい、そんな高級ブランドです。 オバマ大統領も愛用するブランド【クロス】 アメリカが誇る高級ボールペンの人気ブランド「クロス」は、 男性女性と性別を問わず支持され人気ランキングで5位を獲得しました。 オバマ大統領の愛用する名作ボールペン「タウンゼント」を筆頭に創業以来愛され続けるクラシックセンチュリーなど種類が豊富です。 全体的に細めのボールペンが多いブランドであり女性に人気ですが、アメリカのデザインらしい無骨さは、男性からも支持を得ています。 スタイリッシュなエキスパートに都会的なメトロポリタンなど、持つ人を選ばないお洒落なデザインのボールペンを次々生み出し、男性からの支持率が非常に高い、伝統と格式のあるブランドです。 クリップの小窓がウォーターマンの特徴であり、ポケットに刺した時、その隙間から スーツ等の生地が見えるのもおしゃれなポイントです。 伝統と格式の高級ボールペンブランド【パーカー】 伝統と格式のブリティッシュスタイルが人気の高級ボールペンブランド。 クリップ部分にデザインされた矢型は、ブランドのアイコン的存在で、商談や営業といった場面でポケットから見えれば多くの人が「 あ、パーカーのボールペンを使っているんだ」と話題に上ります。 バブル期のビジネスマン三種の神器としてパーカーの万年筆が支持され、いまでも年配の方からの人気は高く、 印象も非常に良いボールペンです。 現代でも高級ボールペンの人気ブランドランキングで7位という実力。 流石はイギリスで最も成功したボールペンブランドというものです。 歴代イタリア大統領が愛用するブランド【アウロラ】 古き良きイタリアンデザインとを最新の技術で具現化する事で、大人の色気を感じさせるボールペンを多数生み出すブランドです。 個性の強いデザインが多いため高級ブランドランキングでは8位ですが、近年流行しているのファッションとマッチしているため人気が強く、個々最近になって急に順位を伸ばしてきている高級ブランドです。 全てのパーツを自社制作する数少ない筆記具ブランドの1つであり、強いコダワリを持った人に最もおすすめなボールペンブランドです。 スポンサーリンク 若者に人気の高級ボールペンブランド【シェーファー】 若い世代から支持を獲得して、人気ブランドランキングで9位に登場。 高級感の強すぎるブランドは、ちょっと嫌味っぽいから・・・。 という 新入社員や若手ビジネスマン達から支持を獲得するデザインで、 スマートかつ都会的なボールペンを生み出すアメリカの人気ブランド。 といっても創立から約100年の歴史に裏打ちされた技術力は高く、一生使えるボールペンとして、今非常に人気を獲得しています。 デパートの高級筆記具売り場などでも見かける機会が多くなりました。 高級ブランドの中でも最も書きやすい【ロットリング】 ニッチなブランドが高級ボールペンの人気ブランドランキングに登場。 意外な為、筆者自身も驚いているのですが、確かに良いブランドです。 特に設計士などから高い評価を獲得する、工業製品的なブランドであり、無機質な書き味と、メカニカルかつシンプルなデザインが男心をくすぐり、 書く為の優れたボールペンとして多くの支持を獲得しているブランドです。 贈り物にするとなると相手の好みを確認する必要があるデザインですが、人気ランキング10位以内のボールペンで、最も書きやすいブランドであり、 ボールペンとしての性能であれば文句無しで1位だと言えるでしょう。

次の

ボールペンおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

ボールペン 人気 ランキング

多機能ペンはボールペンやシャープペンシルを1つにまとめ、さらに多色使いもできるタイプが多くなっています。 そのため、ペンケースをコンパクトにでき、利便性が高いのが特徴です。 けれども、ひと口に多機能ペンといっても、ボールペンのインクの種類や芯の切り替え方法、さらにタッチパネル式端末対応などの様々な機能があるため、どれを選べば良いか悩んでしまいますよね。 そこで今回、 『日本懐かし文房具大全』などの著書を多数出版されている、文房具ライター『きだてたく』さんにおすすめの多機能ペンを教えていただきました。 またあわせて、多機能ペンの選び方や、IPPING編集部調べによる人気口コミランキング10選を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 黒・赤色のボールペンに加え、芯の太さが 0. 5mmシャープペンシル内臓の多機能ペンでありながら、直径はわずか 8. 4mm。 多くの単色ボールペンよりもスリムなボディとなっています。 この細さなら、ペンケースはもちろんのこと、シャツやジャケットの胸ポケットでも邪魔にはなりません。 さらに、ノックボタン1つで3機能が使い分けられる振り子式構造なので、見た目がとてもシンプルでスタイリッシュに仕上がっているのも嬉しいポイント。 bloom(ブルーム)の詳細 メーカー オート 機能 ・ ボールペン黒・赤(0. 7mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 8. 4mm(最大) 参考価格 2,700円(税込) 以前は多機能ペンというと、ペン軸が太すぎて持ちづらいものも多くありました。 最近では全体的にスリムに進化しており、モデルによっては単色ボールペンよりもスリムなものすら登場しています。 また、スリムタイプなら持ちやすさに加え、ペンケースの容量も余計に取りません。 多機能ペンを選ぶ時は、まずペン軸の太さに注目してみてはいかがでしょうか。 利便性と携帯性に優れた筆記具が、多機能ペン。 複数種類のペンを 1つにした多色ボールペンやシャープペンシル付きのものもあり、さらに最近ではスマホやタブレット端末にも使用できるタッチペン付きの多機能ペンも登場しています。 また、多機能ペンなら色分けをはじめ、ボールペン・シャープペンシルをまとめることができるため、持ち運びしやすいのも特長の 1つです。 けれども、 1つで複数の機能を併せ持っているため、ペンの太さが太くなりやすく書き心地に影響が出てしまう側面も。 そのため、多機能ペンを選ぶ際には、手にフィットしやすいスリムボディがおすすめです。 グリップ部分にシリコンカバーがあるタイプやくびれがあるタイプなら、長時間使用していても疲れにくくなります。 ボールペンとシャープペンシル、どちらがメイン? 『きだてたく』さんコメント 基本的には、ボールペンとシャープペンシルが融合したのが多機能ペン。 ボールペンとシャープペンシル、どちらをメインに使うかで選び方も変わります。 ボールペンの場合、油性やゲルといった好みのインクで多機能を。 シャープペンシルの場合、芯が折れないシャープユニットを搭載したものや、ロング消しゴムを搭載したものなどがあります。 自分が主にどの筆記具を使いたいか?は重要なポイントです。 ボールペンがメインの場合 画像: ボールペンを主に使用するなら、書き味や仕上がりを左右するインクの種類をチェックしておきましょう。 使用されるインクには、主に4種類あります。 油性インク、水性インク ボールペンのインクは主に「溶剤」「色素」「定着剤」から造れています。 油性と水性の違いは、「溶剤」の種類です。 溶剤は色素や定着剤を溶かす働きがあり、その溶剤が「有機溶剤」の場合は油性となり、「水」の場合には水性となります。 油性インクは耐水性があるため、滲みが起こりにくいのが特徴です。 一方で、水性インクは滑らかな書き心地を好む方におすすめです。 ゲル(ジェル)インク 画像: ゲルインク、あるいはジェルインクとも呼ばれ、油性インクと水性インクの特長を合わせた持っています。 書き始めから筆記中は水性インクのような低粘度のゲル状になるため、サラサラとした書き心地になり、書き終わると高度のある中粘度のゲル状に戻るため、乾きやすく油性インクのような滲みにくい仕上がりになります。 そのため、滑らかな書き心地と滲みにくさのバランスが取れたインクといえます。 エマルジョンインク(油中水滴型インク) エマルジョンインクは、『ゼブラ』が開発した新しいタイプのインク。 その特徴は、まさに3種類のインクの良いところ取りをしたもの。 油性インクの滲みにくさ、水性インクの滑らかな書き味、ゲルインクのような乾きやすさを全て合わせています。 参考元:、 シャーペンシルがメインの場合 画像: シャープペンシルを主に使う際には、芯が折れにくい機構になっているものがおすすめです。 たとえば、『ゼブラ』の『デルガード+ 2C』は、強い筆圧から芯を守り折れにくくしています。 また、『ユニ』が開発した、多色用シャーペンシルリフィル『ユニカラー 3』は、カラー芯にかかる負担を減らしたことで芯に優しく折れにくい構造となっています。 1846年に創業したアメリカ最古の筆記具ブランドが、『クロス』。 こちらの多機能ペンは、洗練されたデザインと実用性を兼ね備え、一見すると多機能ペンとは思えないほどのシャープさを持っています。 また、日常使いに最適な黒・赤のボールペンと0. 5mmのシャープペンシルに、タッチパネル式端末に対応できるスタイラスパーツがプラス。 筆記とタッチ操作がこれ1本で可能になるため、様々なシーンで活躍するでしょう。 テックスリー プラス クローム 複合ペン の詳細 メーカー クロス 機能 ・ ボールペン黒・赤・シャープペンシル(0. 5mm) ・スタイラスパーツ付き・シャーペンシル用消しゴム内臓 軸の直径 公式サイト記載なし 参考価格 5,000円(税込) 『クリップ-オンマルチ2000』は、実用性を追求した多機能ペン。 油性インクの黒・赤・青・緑の 4色に、シャープペンシルをプラスした 5機能となっています。 さらに、ノック部の後ろには消しゴムが付属。 可動式クリップを採用しており、厚みのある書類などにペンを挟みたい時にもおすすめです。 レビューでは、「5つの多機能に、消しゴムやクリップが付属しているので非常に使い勝手が良い」といった高い実用性が評価されています。 クリップ-オンマルチ2000 の詳細 メーカー ゼブラ 機能 ・ ボールペン黒・赤・青・緑(0. 7mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 13. 3mm 参考価格 2,160円(税込) 搭載したボールペンは 0. 4mmのゲルインク。 一般的な多機能ペンのボール径よりも細いため、小さな手帳などにもハッキリと細かい字を書き込むことができます。 は黒・赤・青・緑の 4色展開のため、仕事の予定は赤、趣味や遊びは青など、書き込む内容のジャンルなどで色分けすれば、パッと見てスケジュール確認ができるので便利です。 また、シャープペンシル機能も備えているので、書き直しが必要な場面でも活躍してくれます。 4mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 12mm 参考価格 1,080円(税込) 多機能ペンの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、多機能ペンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

【楽天市場】ボールペン(ブランド:パーカー)

ボールペン 人気 ランキング

多機能ペンはボールペンやシャープペンシルを1つにまとめ、さらに多色使いもできるタイプが多くなっています。 そのため、ペンケースをコンパクトにでき、利便性が高いのが特徴です。 けれども、ひと口に多機能ペンといっても、ボールペンのインクの種類や芯の切り替え方法、さらにタッチパネル式端末対応などの様々な機能があるため、どれを選べば良いか悩んでしまいますよね。 そこで今回、 『日本懐かし文房具大全』などの著書を多数出版されている、文房具ライター『きだてたく』さんにおすすめの多機能ペンを教えていただきました。 またあわせて、多機能ペンの選び方や、IPPING編集部調べによる人気口コミランキング10選を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 黒・赤色のボールペンに加え、芯の太さが 0. 5mmシャープペンシル内臓の多機能ペンでありながら、直径はわずか 8. 4mm。 多くの単色ボールペンよりもスリムなボディとなっています。 この細さなら、ペンケースはもちろんのこと、シャツやジャケットの胸ポケットでも邪魔にはなりません。 さらに、ノックボタン1つで3機能が使い分けられる振り子式構造なので、見た目がとてもシンプルでスタイリッシュに仕上がっているのも嬉しいポイント。 bloom(ブルーム)の詳細 メーカー オート 機能 ・ ボールペン黒・赤(0. 7mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 8. 4mm(最大) 参考価格 2,700円(税込) 以前は多機能ペンというと、ペン軸が太すぎて持ちづらいものも多くありました。 最近では全体的にスリムに進化しており、モデルによっては単色ボールペンよりもスリムなものすら登場しています。 また、スリムタイプなら持ちやすさに加え、ペンケースの容量も余計に取りません。 多機能ペンを選ぶ時は、まずペン軸の太さに注目してみてはいかがでしょうか。 利便性と携帯性に優れた筆記具が、多機能ペン。 複数種類のペンを 1つにした多色ボールペンやシャープペンシル付きのものもあり、さらに最近ではスマホやタブレット端末にも使用できるタッチペン付きの多機能ペンも登場しています。 また、多機能ペンなら色分けをはじめ、ボールペン・シャープペンシルをまとめることができるため、持ち運びしやすいのも特長の 1つです。 けれども、 1つで複数の機能を併せ持っているため、ペンの太さが太くなりやすく書き心地に影響が出てしまう側面も。 そのため、多機能ペンを選ぶ際には、手にフィットしやすいスリムボディがおすすめです。 グリップ部分にシリコンカバーがあるタイプやくびれがあるタイプなら、長時間使用していても疲れにくくなります。 ボールペンとシャープペンシル、どちらがメイン? 『きだてたく』さんコメント 基本的には、ボールペンとシャープペンシルが融合したのが多機能ペン。 ボールペンとシャープペンシル、どちらをメインに使うかで選び方も変わります。 ボールペンの場合、油性やゲルといった好みのインクで多機能を。 シャープペンシルの場合、芯が折れないシャープユニットを搭載したものや、ロング消しゴムを搭載したものなどがあります。 自分が主にどの筆記具を使いたいか?は重要なポイントです。 ボールペンがメインの場合 画像: ボールペンを主に使用するなら、書き味や仕上がりを左右するインクの種類をチェックしておきましょう。 使用されるインクには、主に4種類あります。 油性インク、水性インク ボールペンのインクは主に「溶剤」「色素」「定着剤」から造れています。 油性と水性の違いは、「溶剤」の種類です。 溶剤は色素や定着剤を溶かす働きがあり、その溶剤が「有機溶剤」の場合は油性となり、「水」の場合には水性となります。 油性インクは耐水性があるため、滲みが起こりにくいのが特徴です。 一方で、水性インクは滑らかな書き心地を好む方におすすめです。 ゲル(ジェル)インク 画像: ゲルインク、あるいはジェルインクとも呼ばれ、油性インクと水性インクの特長を合わせた持っています。 書き始めから筆記中は水性インクのような低粘度のゲル状になるため、サラサラとした書き心地になり、書き終わると高度のある中粘度のゲル状に戻るため、乾きやすく油性インクのような滲みにくい仕上がりになります。 そのため、滑らかな書き心地と滲みにくさのバランスが取れたインクといえます。 エマルジョンインク(油中水滴型インク) エマルジョンインクは、『ゼブラ』が開発した新しいタイプのインク。 その特徴は、まさに3種類のインクの良いところ取りをしたもの。 油性インクの滲みにくさ、水性インクの滑らかな書き味、ゲルインクのような乾きやすさを全て合わせています。 参考元:、 シャーペンシルがメインの場合 画像: シャープペンシルを主に使う際には、芯が折れにくい機構になっているものがおすすめです。 たとえば、『ゼブラ』の『デルガード+ 2C』は、強い筆圧から芯を守り折れにくくしています。 また、『ユニ』が開発した、多色用シャーペンシルリフィル『ユニカラー 3』は、カラー芯にかかる負担を減らしたことで芯に優しく折れにくい構造となっています。 1846年に創業したアメリカ最古の筆記具ブランドが、『クロス』。 こちらの多機能ペンは、洗練されたデザインと実用性を兼ね備え、一見すると多機能ペンとは思えないほどのシャープさを持っています。 また、日常使いに最適な黒・赤のボールペンと0. 5mmのシャープペンシルに、タッチパネル式端末に対応できるスタイラスパーツがプラス。 筆記とタッチ操作がこれ1本で可能になるため、様々なシーンで活躍するでしょう。 テックスリー プラス クローム 複合ペン の詳細 メーカー クロス 機能 ・ ボールペン黒・赤・シャープペンシル(0. 5mm) ・スタイラスパーツ付き・シャーペンシル用消しゴム内臓 軸の直径 公式サイト記載なし 参考価格 5,000円(税込) 『クリップ-オンマルチ2000』は、実用性を追求した多機能ペン。 油性インクの黒・赤・青・緑の 4色に、シャープペンシルをプラスした 5機能となっています。 さらに、ノック部の後ろには消しゴムが付属。 可動式クリップを採用しており、厚みのある書類などにペンを挟みたい時にもおすすめです。 レビューでは、「5つの多機能に、消しゴムやクリップが付属しているので非常に使い勝手が良い」といった高い実用性が評価されています。 クリップ-オンマルチ2000 の詳細 メーカー ゼブラ 機能 ・ ボールペン黒・赤・青・緑(0. 7mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 13. 3mm 参考価格 2,160円(税込) 搭載したボールペンは 0. 4mmのゲルインク。 一般的な多機能ペンのボール径よりも細いため、小さな手帳などにもハッキリと細かい字を書き込むことができます。 は黒・赤・青・緑の 4色展開のため、仕事の予定は赤、趣味や遊びは青など、書き込む内容のジャンルなどで色分けすれば、パッと見てスケジュール確認ができるので便利です。 また、シャープペンシル機能も備えているので、書き直しが必要な場面でも活躍してくれます。 4mm) ・シャープペンシル(0. 5mm) 軸の直径 12mm 参考価格 1,080円(税込) 多機能ペンの売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、多機能ペンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の