アズールレーン 潜水艦 ランキング。 【アズレンマニュアル】艦船の命中ステータスを解説・最新ランキング【戦闘関連】

【アズールレーン】最強キャラランキング(6月版)【アズレン】

アズールレーン 潜水艦 ランキング

潜水艦の新ステータス解説 「潜航力」 シュノーケルのアイコン。 戦闘中の潜水艦は潜水しており、時間経過で潜航力 酸素 が減っていく。 酸素が無くなると浮上してしまうので、この 潜航力の数値で潜水時間が決まることになる。 「弾薬量」 弾薬のアイコン。 出現時のマップで表示される弾薬の部分に影響している。 水上艦隊はキャラ数に関係なく基本値は5だが、潜水艦はキャラ毎に設定されている。 そのため、 キャラを多く編成しないと弾薬が増えないシステムになっている。 「支援範囲」 潜水艦に目がついたようなアイコン。 赤の部分が潜水艦が移動できる範囲となる。 また、この範囲内で戦闘をしないと潜水艦の支援を受けることができない。 第1章 1-1 1-2 1-3 1-4 第2章 2-1 2-2 2-3 2-4 第3章 3-1 3-2 3-3 3-4 第4章 4-1 4-2 4-3 4-4 第5章 5-1 5-2 5-3 5-4 第6章 6-1 6-2 6-3 6-4 第7章 7-1 7-2 7-3 7-4 第8章 8-1 8-2 8-3 8-4 第9章 9-1 9-2 9-3 9-4 第10章 10-1 10-2 10-3 10-4 第11章 11-1 11-2 11-3 11-4 第12章 12-1 12-2 12-3 12-4 第13章 13-1 13-2 13-3 13-4 Point 演習や毎日クエストは出撃できないので注意です。 潜水艦の戦闘方法とメリット 出撃後の潜水艦ができることは2つ!• 漸減作戦(燃料消費なし)• 戦闘中にボタンタップで援護(燃料消費あり) Point 基本的に潜水艦を出撃させる メリットは「漸減作戦」と思ってもらえればOK! 漸減作戦(燃料消費なし) マップ上では敵に向かって自動で移動する 対潜水艦の与ダメージに影響 潜水艦実装に合わせて、新ステータス「対潜」が追加。 数値が大きいほど潜水艦へ攻撃した時のダメージが大きくなる。 その他の艦種の対潜ステータスは0となっている。 Point 基本的には駆逐艦を編成して潜水艦に挑むのがおすすめ。 ただし、軽巡でもサンディエゴやベルファストは対潜ステータスが高めとなっています。 新装備ソナーと爆雷投射機が追加 ソナー ソナーは、敵の潜水艦を探知できる対潜装備。 ソナーを装備しないと潜航状態の敵潜水艦を探知することができないため、対潜水艦相手は必須の装備。 爆雷投射機 爆雷投射機は、敵潜水艦へのダメージを増やすことができる対潜装備。 こちらも潜水艦を相手にするときは必須の装備になる。 Point どちらも潜水艦が出現する海域では必須級の装備。 なるべく毎週こなしたい。 作戦画面の解説 作戦中に表示されるUIなどの意味や用途を解説。 番号を振って一覧で記載した。 魚雷で処理可能。 ステージ最奥におり、倒せばクリア S評価の条件.

次の

【アズレンマニュアル】艦船の命中ステータスを解説・最新ランキング【戦闘関連】

アズールレーン 潜水艦 ランキング

駆逐主砲の最強装備まとめ 駆逐主砲は敵装甲(特に重装甲)への通りが全体的に悪く、特に通常弾は中装甲以上の敵にはダメージが通りにくい仕様になっている。 榴弾が最も通り安いので優先的に榴弾装備を選択していきたいところ。 駆逐艦には全弾発射が非常に強力なキャラクターも数体存在する(、など)。 そういったキャラクターには攻撃速度だけで主砲を選ぶという選択肢もあり。 一度で5発の弾丸を直線状に発射するので敵1体に集中してヒットしやすい。 主砲攻撃をメインで戦うのであれば最適な装備。 発射速度が遅めなのと入手難易度が非常に高いのがデメリット。 威力と集弾性にすぐれる最高峰装備(DPSではに劣る)主砲メインで戦うのであれば最適な装備の1つ。 入手難易度が低めであることが大きなメリット。 威力が十分に高い上に発射速度が非常に速い。 全弾発射が強力でかつ主砲攻撃の威力も求めたい場合の最適装備になる。 ただし射程が短いのでオートでは使いにくい場面も…デメリットは全体的にダメージの通りが悪い「通常弾」であるということ。 が入手できるまではこちらを強化してしていくと良い。 威力にも発射速度に優れるので主砲攻撃も全弾発射も強力なキャラでに向いている。 基本的に駆逐艦に徹甲弾を採用することはほとんど無いが、スキル「徹甲弾専門」を持つ一部のキャラには最適になる。 射程が短いのがデメリットの1つ。 ただし主砲自体の威力はものすごく低い。 火力自体は低いが、全弾発射が強力なキャラクターにとっては最適装備になる。 綾波や夕立などの最強装備候補。 射程がかなり短いのでオートだと性能を発揮しきれないこともあるので注意。 には劣るものの非常に発射速度が速く、射程は大幅に勝っている。 DPS自体はに劣るが射程の広さで安定感がある。 オートで使うのであればの方が有利か。 スポンサーリンク 軽巡主砲の最強装備まとめ 軽巡主砲は榴弾の通りが全体的に良い。 逆に通常弾の通りが悪くなっている。 特に榴弾の対軽装甲が高く、敵駆逐艦や敵軽巡洋艦の処理に向いている。 駆逐艦主砲とは異なり、徹甲弾の通りも悪くない。 徹甲弾は弾が貫通するので多くの敵を処理することを考えると、補正値では若干劣る徹甲弾が活きる場面は多い。 威力、発射速度ともに優秀で軽巡主砲としては最強クラスの装備。 特筆すべきは射程の長さで、かなり離れていても発射してくれるのでオート性能が高い。 戦艦副砲としても最強クラスなので、取り合いが激しい上に入手難易度が高いのがネック。 と比べると1度の弾数が多いこともあり発射速度が遅い。 全弾ヒットさせたときのポテンシャルは非常に高いので若干手動向きか。 ベルファストのような榴弾強化スキル持ちには最適な装備。 入手難易度が低いのが非常にありがたい。 通称「タバスコ砲」 重巡主砲の最強装備まとめ 重巡主砲では徹甲弾の軽装甲へのダメージの通りが悪くなる。 逆に中装甲以上への通りは良好。 徹甲弾と榴弾共にダメージの通りが良く、甲乙つけがたい。 弾丸が貫通することを考えると徹甲弾の方が若干使いやすいようにも思うが、海域では軽装甲の敵が多いので、榴弾が活きる場面も多い。 ステージやスキルに合わせて最適なものを選択してくと良い。 主砲単体での能力としては最高の性能になっている。 発射速度は後述するに劣るので、全弾発射スキルを考慮すると難しい選択を迫られることも。 科学研究室でしか入手できないので、量産性が低く、入手難易度が高い。 榴弾の重巡主砲としては最高の性能を持っている(主砲単体の性能ではに若干劣る)1セットの弾数が少ないこともあって発射速度が速く、全弾発射が強力なキャラクターに適している。 が実装されるではダントツで最強の重巡主砲だったが、現在ではに若干劣る性能という評価。 それほど性能差はなく、装備箱から出るので入手しやすい。 最大強化しても十分に使える装備。 が実装されるまでは、最強の榴弾重巡主砲で榴弾強化スキルを持つなどの最適装備とされていた。 コアショップのみで入手可能だったが、現在ではコアショップからも消されて入手不可になっている。 スポンサーリンク 戦艦主砲の最強装備まとめ 戦艦主砲の徹甲弾は軽装甲へのダメージの通りが非常に悪いので、基本的には榴弾一択になっている。 榴弾は軽装甲はもちろん、中装甲、重装甲にもダメージの通りが良い。 特定のボスに対しては徹甲弾が有効な場面もあるので、「」のような超強力な徹甲弾主砲であれば何本か限界まで強化しておくと良い。 主砲依存のスキルが特に無ければを装備しておけば問題はない。 難点は入手難易度の高さ。 ただし、中装甲、重装甲への通りは非常に良いので、特定のボスなどではピンポイントで刺さる場面もある。 1つくらいは最大強化しておいてよい装備。 主砲発射をトリガーにしたスキル持ちであれば最適装備になることが多い。 主砲発射をトリガーとした弾幕スキル持ちキャラにはとりあえずこれを装備しておけばよい。 主砲単体の性能も十分に高いがには劣る。 スキルの影響でが装備した場合に能力が大幅に上昇する。 性能はそれなりに高いがには劣る。 用に1つだけ最大強化しておけば問題はない。 入手も容易で汎用性も非常に高い。 性能はとほぼ変わらないレベルなので、数個最大強化しておいてよい。 が入手できるまでのつなぎ装備として活用できる。 敵艦がある程度接近した場合には敵艦にもヒットする、非常に優秀な副砲。 最強の戦艦副砲の1つ。 難点は入手難易度の高さと軽巡主砲としても副砲としても最強クラスなので取り合いが発生すること。 威力も十分で非常に強力な副砲になっている。 こちらも軽巡主砲としての用途と副砲としての用途で取り合いが発生するのが難点。 自爆ボートの迎撃性能はそれほどと高くないが仕方のないところ。 装備することで対空値がそれなりに上昇するがメリット。 一度に4発の徹甲弾を扇状に打ち出すので複数の自爆ボートを迎撃できる。 入手難易度が低いので序中盤から使える。 最大強化しておいて損のない装備。 一度に6発もの榴弾を扇状に打ち出す。 広範囲に弾が拡散するので、自爆ボートの処理向き。 ダメージが無駄に分散してしまうので軽巡主砲としての性能はイマイチになっている。 性能は非常に高く、追尾効果があるのでオートでもヒットしやすい。 イベント報酬限定なので入手可能は本数がかなり限られるのが難点。 こちらも入手難易度が高いが、装備箱から入手できるので頑張れば集められる。 追尾効果があるのでオートで特に性能を発揮する。 多くの装備箱から出現するので、いつの間にか溜まっている。 性能は十分に高く、最大強化の価値があるものになっている。 追尾性能はないが拡散範囲が広いのでオート性能はそれなり。 拡散範囲が狭く、追尾能力もないので完全に手動向けの魚雷装備になっている。 こちらも最大強化する価値が十分にある。 追尾性能のない魚雷を3本だけ発射するものなので手動向け。 命中不安のある戦艦・巡洋戦艦にとっては最適装備になる。 対空砲自体の性能も高く、取り合いが非常に激しい。 科学研究室限定となっているので、簡単に数を増やせないのが難点。 性能はの下位互換で、威力、発射速度共に劣る。 の量産が難しいので、こちらも十分有用。 名前がメチャクチャカッコいい。 対空砲の素の性能であればトップクラス。 基本的にこれを装備しておけば問題はない。 総合的な性能ではには負けるものの、十分に高性能。 対空砲は装備させるキャラ数が多いので、最大強化して全く問題はない。 入手方法が科学研究室に限られるが、のように特殊な能力を持っていない。 対空砲としての性能は十分に高い。 射程が若干短めなのが弱点。 他の射程の広い対空砲と組み合わせて射程を補うと良い。 しかし射程が25とかなり短く、オートだと敵艦載機の取りこぼしが多くなる。 汎用性という面ではあまり高くないので、控えの艦に装備しておくと良い。 攻撃速度が非常に早く、威力も十分にある汎用性の高い最強クラスの攻撃機。 難点は限定イベント報酬であるため数を集められないこと。 隠しデータの耐久が低いという弱点があるものの、それを含めても全戦闘機の中でもトップクラスの性能。 装備箱からの入手が不可能で、ドロップもイベント海域に限られるので入手難易度が高い。 その代りに攻撃速度が若干遅い。 航空攻撃をトリガーとしたスキルを所持するキャラクターには若干不向きか。 攻撃速度は若干に劣るが、大差はない。 汎用性が高く、使いやすい性能になっている。 威力が高く強力な性能になっている。 限定イベント報酬なので入手難易度が高い。 と異なり、やで代用が効く。 航空攻撃をトリガーとしたスキル所持艦には最適な装備になることも。 ただし爆弾の威力が低いので攻撃力が削られる。 元々の攻撃性能がそれほど高くないには最適。 汎用性は低いので最大強化するのは数個で十分。 その代りに敵艦載機の迎撃性能が非常に高く、12章や13章などの敵航空攻撃が厳しいステージでは最高の活躍をしてくれる。 12章以降をクリアするのであればそれなりの数を最大強化しておきたい。 性能はと並んで最強クラス。 と比べると入手難易度が非常に高いのがネックになる。 爆弾の威力は、に劣るが攻撃速度と機関銃性能に優れている。 限定イベント報酬なので入手難易度が高め。 搭載する爆弾の数が多く、ヒット数が増えるとを凌ぐダメージをたたき出す。 最短で3-2でドロップするのが大きなメリット。 癖がなく汎用性が非常に高いのが特徴。 とりあえず攻撃機はこれを装備しておけば良いとされるほどに安定感がある。 多めに最大強化をしておきたい最強クラスの攻撃機。 かなり癖があるが、雑魚処理後に出現するボス敵には大活躍が可能。 限定イベント報酬であるため、入手難易度が高いのがネック。 特殊効果の影響で、基本性能はに劣る。 入手方法はコアショップに限定されている。 動かない敵には最大効率でダメージを与えられるが、動きが速い敵には一発も当たらないことも。 場所を選ぶことによって最適装備になりうるが、入手難易度が高い。 発射速度は速いものの、追尾能力があるので弾速遅く、威力も低めになっている。 追尾のおかげでヒットしやすく、汎用性が非常に高い。 射程が短いのが弱点で一部の敵には届かないことも。 追尾能力はないものの、射程が長く、弾速も早いので汎用性が高い。 威力の高い魚雷を3発発射するので、発射速度は潜水艦用G7e音響追跡魚雷T3や潜水艦用九五式酸素魚雷T3に大きく劣る。 さらに射程が短いという問題もあり、ピーキーな性能になっている。 コアショップで入手できるので入手難易度は低め。 しかし、大量のコアデータが必要になる。 駆逐艦の攻撃性能を向上させる目的ならこれを装備しておけばOK。 潜水艦にも積めるのでたくさん入手して限界まで強化しておきたい。 強化の際には汎用パーツが溶けまくるの注意。 火力値が大きく上昇し、命中も若干上昇する。 追加でクリティカル性能も上昇。 戦艦の命中不安を多少でも解消できるのは大きい。 入手はコアショップ限定になっている。 数個は限界まで強化しておきたい。 のように命中の上昇がない代わりに火力の上昇値が大きい。 追加でクリティカル性能が上昇する。 どちらかというとの方が汎用性が高いが、も十分に強力なので数個は限界まで強化しておきたい。 よりもさらに命中が上昇する、非常に強力な装備。 特殊効果で1発目の主砲攻撃の装填時間が短くなるオマケ付き。 戦艦の最強設備の1つ。 難点は限定イベント報酬で個数が確保できないこと。 耐久も上昇するがオマケ程度。 空母の能力を大きく上昇させられるので多めに最大強化しておきたい。 全ての装備箱から出現するので気が付くと溜まっている。 装填が上昇するので砲撃メインでも魚雷メインでもどんな艦にも装備しやすい汎用性が高い設備。 戦艦の手数を増やすためにも良く採用される。 数個最大強化しておいて問題ない。 航空値の上昇量はに劣るものの、特殊効果で空母の装填時間が短くなるのでに並ぶ能力になっている。 航空攻撃時に発動するスキルがあるのであればはぜひ装備しておきたい。 回避に難のある重巡洋艦に装備すると耐久力が大きく上昇する。 移動力上昇効果もかなりありがたい。 非常に汎用性の高い装備なのだが、図鑑報酬で入手制限があるのがツライところ。 短時間ではあるものの、一定時間無敵になるというオマケ効果付き。 こちらも重巡洋艦のような回避の低いキャラに装備することで大きな効果を発揮する。 強力すぎることが原因なのか、アップデートで1つしか装備できないようになったという過去がある。 科学研究室でしか入手できないので数をそろえるのに非常に時間がかかる。 特殊効果で装備しているキャラが戦闘不能になった場合に他のキャンの耐久が10%回復する。 ジュノー(軽巡)のスキルと効果が重複するので、採用されることが多い。 真珠の涙装備したジュノーは「真ジュノー」とも呼ばれ、演習で猛威を振るっている。 図鑑報酬なので数をそろえることができないのがネック。 敵艦載機が多く出現する12章、13章ではものすごくお世話になるので、たくさん最大強化しておきたい。 ただし、科学研究室でしか入手できないので量産が難しい。 特殊効果で一定時間で耐久が回復するという非常に優秀な能力を持っている。 駆逐艦のような耐久値に不安のあるキャラにとっては最適な装備になる。 汎用性が非常に高いので、多めに最大強化しておいて問題はない。 赤城&加賀がドロップする3-4で入手できるので自然に貯まるのもありがたい。 よりも耐久の上昇値が若干低い。 は効果がメインになっていて、魚雷のダメージを大幅にカットできるという特殊効果を持っている。 魚雷ダメージを受けやすい前衛の先頭にはぜひ装備しておきたい。 駆逐艦には装備できないので注意。 耐久の上昇はオマケ程度で速力の上昇がメイン。 重巡洋艦は移動速度が遅いので、艦隊に加える場合には最大強化した改良型缶T3を装備しておくと、移動速度のサポートができる。 有用ではあるが他の設備がさらに強力ということもあって、数個最大強化してあれば十分。 特殊効果で炎上確率と、炎上ダメージを大幅に減少させることができる。 戦艦の主砲攻撃で炎上すると消耗が非常に激しいので、敵戦艦が出現するステージでは主力艦へのの装備が必須になる。 特殊効果で運とクリティカル性能が上昇する。 回避と命中の上昇値は大したことがないが、が装備した場合に艦隊全員の火力が上昇するという隠しスキルが発動する。 ほぼ、の専用装備という形になっている。 上昇値もなかなかだが、メインは特殊効果。 装備をすることで待ち伏せ率と回避成功率が上昇するという海域攻略には欠かせない装備。 出撃する艦隊の分だけ最大強化しておきたい。 すべての装備箱から出現するので気が付くと貯まっている。 明石を編成する際には可能な限り装備しておきたい。 入手時に同時に手に入る。 最大強化すると8. 5秒潜航時間が伸びる、潜水艦の必須そうび。 強力すぎて2つ装備することができないので注意。 入手はコアショップ限定になっている。 最低でも3個は入手して最大強化しておきたい。 最大強化すると支援範囲がさらに広がる。 支援範囲が広がるということは海域攻略にとってかなり大きなメリットなので潜水艦にはぜひ装備しておきたい。 複数艦に装備しても意味がないので1つだけ最大強化すれば十分。 救助信号海域を攻略するときにはソナーが必須になるが、ソナーの中でもこの改良型ソナーT3が最良の装備になっている。 爆雷投射機の中でもトップクラスの性能になっている。 最大強化をしておくと潜水艦に大きなダメージを与えることができる。 敵戦艦はそれほど強くないので最大強化が必須というわけでは無いが、強化しておけば時短にはなる。 設備ではあるものの艦載機パーツで強化可能。 汎用パーツは消費が激しいので非常に助かる仕様。 こちらも最大強化が必須というわけでは無いが、最大強化しておくと潜水艦を高速で処理することができる。 入手はコアショップ限定。 ちなみに、も装備可能。 こちらもと同様に艦載機パーツで強化可能。 と比較すると威力が高い代わりに攻撃速度が遅い。 限定イベント報酬なので入手難易度が高い(性能的にはで十分なので問題ないが…).

次の

アズールレーン(アズレン)攻略 Wiki

アズールレーン 潜水艦 ランキング

命中ステータスランキング命中率 の艦船が持つ 命中ステータスについて解説、最新の命中 ランキングを公開しています。 命中率計算式、命中上昇効率もまとめてみました。 初心者の参考になれば幸いです。 命中とは? の命中ステータスは攻撃の命中率・クリティカル率に影響する数値です。 攻撃面に影響を与えるという意味では、火力や主砲補正といった攻撃系ステータスと同じくらい重要と考えられます。 ここでは命中に関する基本的なことを解説しています。 命中率 艦船の命中は戦闘における攻撃の 命中率および クリティカル率に影響します。 のゲーム中で命中ステータスは確認することができず、 マスクデータとされています。 運や速力みたいな固定ステータスではないので、レベルが上がると命中が上がり、好感度補正の影響も受けます。 クリティカル率 命中は艦船のクリティカル率にも影響します。 命中が70程度の戦艦と命中180のとではクリティカル率に大きな差があります。 クリティカル率について詳しい解説はこちらの「」記事を参照してください。 攻撃性能 命中が高いほど攻撃のロスを減らすことができ、クリティカル率も上がるため、命中は艦船の攻撃性能を評価する上で重要なステータスと言えます。 特に会の少ない戦艦や空母にとって、一度の攻撃で十分な働きができるかは命中率次第なので、火力や航空が上がる設備よりも命中設備が重要になることもあります。 命中ランキング 命中ステータスが高い艦船をランキングにしました。 ステータスは全てレベル120ケッコン200 見たい艦種をタッチすると開きます。 順位 艦船 陣営 命中 1 チャールズ・オースバーン ユニオン 219 2 ラフィー ユニオン 216 3 ネコネ 214 4 キンバリー ユニオン 210 5 ブッシュ ユニオン 210 6 ハーディ ロイヤル 208 7 フート ユニオン 208 8 スペンス ユニオン 208 9 オーリック ユニオン 208 10 ラドフォード ユニオン 208 11 ヘイゼルウッド ユニオン 208 12 ユニオン 208 13 ユニオン 208 14 マー ユニオン 208 15 ニコラス ユニオン 208 の命中は非常に高く、信頼に足る命中率を得られるはずです。 ステータスなら命中はだいたい180~200はあると思って良いです。 軽巡洋艦 順位 艦船 陣営 命中 1 ヘレナ ユニオン 185 2 エミール・ベルタン アイリス 185 3 ロイヤル 183 4 フィ ロイヤル 182 5 オーロラ ロイヤル 182 6 リトル・ヘレナ ユニオン 182 7 カーリュー ロイヤル 180 8 ジャマ ロイヤル 180 9 ガラティア ロイヤル 180 10 アリシューザ ロイヤル 180 11 シリアス ロイヤル 179 12 ユニオン 179 13 ブラック・プリンス ロイヤル 179 14 ジュノー() ユニオン 178 15 ユニオン 178 の命中ステータスはだいたい150~180程度、このくらいあれば戦闘で十分働いてくれるでしょう。 重巡洋艦 順位 艦船 陣営 命中 1 伊13 重桜 182 2 ユニオン 113 3 アーク・ロイヤル ロイヤル 107 4 セントー ロイヤル 101 5 ヨークタウン ユニオン 101 6 ホーネット ユニオン 101 7 ユニオン 98 8 ユニオン 98 9 ロイヤル 96 10 シャングリラ ユニオン 96 11 ヴィク ロイヤル 95 12 レンジャー ユニオン 95 13 赤城 重桜 95 14 加賀 重桜 95 15 重桜 95 伊13はという潜水艦に属する艦船です。 他の艦船や陣営毎に調べたい時はランキングツールを利用してみてください。 命中率計算式 だと命中率は以下のように計算されているそうです。 命中率計算式 =0. 001 計算例 攻撃側命中値170、幸運50、レベル120 防衛側回避値100、幸運20、レベル100 攻撃側命中率77. 5% 自身のステータスだけでなく、敵側のステータスも計算に必要です。 命中率アップまたはダウン、回避率アップまたはダウンのスキルは最に加算されます。 特徴として、幸運とレベルは1増減する毎に命中率0. 1%増減します。 命中が同値の艦船なら幸運が高いほうが有利、仮に幸運30差なら命中率で3%差があると簡単に分かります。 命中上昇効率 命中ステータスが上がるとどのように命中率が増えていくのか、攻撃側の命中を30から10刻みで増やして見てみましょう。 防御側の回避は100、幸運とレベルは同値(影響なし)で計算しています。 命中 命中率 命中 命中率 30 29. 戦艦のように元の命中が低い艦船は命中を上げる効果が高く、元から命中に優れるは命中を上げても得られる効果は小さいです。 まとめ 以上で命中に関する解説は終わりです。 まとめると…• 命中は艦船の攻撃性能と言える• 命中率は敵のステータスも影響する• 命中を上げるほど上昇効率が悪化する• 元の命中が低い艦船と命中設備は相性が良い 初心者の参考になれば幸いです。

次の