ストレス じんましん。 by Kracie

ストレス じんましん

ストレス じんましん

受験が大詰めを迎える冬は、「じんましん」が増える季節です。 かゆいくらい、どうってことない・・・。 そう考えて、放置する受験生が多いようです。 でも、これは、とっても危険です! 「じんましん」が深刻な病気につながるという意味ではありません。 入試に落ちてしまう危険があるのです。 なぜなら、「じんましん」は、脳の状態を表すバロメーターだからです。 さらに、一般的な「じんましん」の治療薬は、脳機能に抑制をかけてしまうという副作用を持っています。 だから、放置しておいて、かゆみが我慢できなくなったら、薬でなんとかすればいい・・・という考え方をしていると、入試の本番で、とんでもないことになってしまうわけです。 もう一つ、「じんましん」を甘く見てはいけないのは、治療薬の脳への影響です。 ヒスタミンによって、かゆみが出るので、これをブロックすれば、「じんましん」はおさまります。 これが抗ヒスタミン薬で、実際、「じんましん」を治すだけなら、よく効きます。 ところが、問題は、脳機能を低下させるという副作用を持っていることです。 患者さんに抗ヒスタミン薬を出すとき、医者は、絶対に車を運転してはいけない、重機の操作もしてはいけないと注意します。 それは、脳の働きが低下し、事故を起こすからです。 そんな状態で、入試の問題が、スラスラ、解けるわけはありません。 「じんましん」が出たら、早めに対処し、入試が近づいたときに、抗ヒスタミン薬を使わずに済むようにしておくことです。

次の

ストレス じんましん

ストレス じんましん

自分なりの原因特定はコレ! かなり精神的ストレスが重なっていましたが、初めはダニによるじんましんかと思い、ダニ対策を行っていました。 しかし場所問わずじんましんや息苦しさが発生し、同時に自分でもストレス過多を感じていたため、もしかして「ストレスによるじんましんか!? 」と感じ始めたのがきっかけです。 さらに、夜遅くにアルコールを摂取したその翌日から、一気にじんましんが悪化。 疲れ+アルコールによる血行促進+ストレス+寝不足のコンボが原因かなと、自分なりに感じました。 そのさらに翌週、アルコールを摂取しなかったところ、じんましんはかなり軽度ですぐに消えました。 ストレスが軽減する土曜日にノンアルコールを飲んだところ、こちらもじんましんは軽度で、翌日夜には消えました。 これは筆者の体調と状況によるものですので、当然個人差があります。 参考程度に留めておいてください。 ストレスの自覚症状がなくても、心因性じんましんは出る! 心因性蕁麻疹は、例え自覚症状がなくとも、ストレスによる危険信号、体からのSOSだと思いましょう。 実際、筆者はきちんとストレスケアをしているつもりでも、数々の心因性病が身体に出始めていました。 今の自分の生活スタイルや仕事の内容を見直してみて下さい。 治らない場合、医療機関への受診をおすすめします。 手遅れにならないよう、ご自身の心と体に丁寧に向き合ってあげて下さいね。 記事の情報内容については、特定の商品やサービス、方法などの効能効果や完全性、正確性を保証するものではございません。 適切な治療のためには医療機関での診察・治療を受けましょう。

次の

ぎゃー!!!!じんましん!何これストレス?え、蚊アレルギー?

ストレス じんましん

ムズムズ、チクチク・・・カラダがかゆくて仕事に集中できない!気になって眠ることもままならないなんてこと、ありませんか?「このかゆみ、この赤み我慢できない!」「引っ掻きたい衝動にかられるけれど、掻けば広がって、またかゆみが出て後悔することも頭ではわかっている・・・」と、どうにもならないそのかゆみ、もしかして「 じんましん 蕁麻疹 」かもしれません。 じんましんの原因、じんましんの予防策、また、じんましんにおすすめの漢方をご紹介します。 これって、じんましん? 湿疹や虫刺されによく似ている、じんましんの症状をまずは知りましょう。 地図状に広がる大きいものから虫刺されのようなものまで、発症する箇所や大きさ、時間帯などにも個人差があります。 いてもたってもいられない、我慢できないほどのかゆみを伴うことや、熱を持ち焼けるような痛みを感じる場合などもあります。 どうして、じんましんになるの? じんましんの7割は原因不明?!実はじんましんが発症する原因の多くがはっきりとはわからないとされていますが、発症する可能性として以下のようなことが考えられます。 食べ物による原因 えび・蟹などの甲殻類、青魚などの魚介類、牛乳・チーズなどの乳製品、穀類、卵、食品添加物、豚肉などの肉類。 (小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生は、五大アレルギー成分といわれています。 乳製品や肉・魚・卵などに含まれる動物性のタンパク質や、油などはすぐにカラダの外に排出されにくいものなので、普段食べているときはなんともなくても、その日の体調が優れなかったり、疲れていたりするとアレルギーとして反応することもあります。 精神的な原因 人のカラダは本来、カラダに毒素が溜まったとき発汗や排泄でカラダの外に出そうとする機能が備わっているのですが、その機能がうまく働かない時に皮膚疾患として症状があらわれやすくなります。 ストレスもカラダの毒素のひとつと捉えられます。 現代のストレスフルな社会に起こりやすい症状の一つかもしれません。 その他の要因 犬猫などの動物・金属などの接触・薬の副作用・寒暖差・太陽光や汗などでも起こる場合があります。 ありとあらゆるものが原因になる可能性があるのですね。 どんな予防ができるの? 原因がはっきりしないことの多いじんましんですが「打つ手なし」とあきらめるのはまだ早そうです。 大事なことは じんましんの出にくいカラダづくりをしていくことが予防につながります。 ストレスや疲れをためこまない じんましんに限ったことではありませんが、ココロが不調になればカラダにも不調が現れてきます。 ストレスを発散する、受け止める、受け流すなど自分なりのストレス解消法をうまく活用しましょう。 でも、ヨガやハーブティなどストレス発散のためのアドバイスをご紹介していますので、是非試してみてくださいね! 2. 食事の改善 じんましんの原因となりうる 動物性のタンパク質や油を避けるのはもちろん、チョコレートや辛いもの、アルコールなどの刺激物もじんましんを助長してしまう可能性があります。 症状が出ている時は摂取を控えたほうが良いでしょう。 睡眠・生活習慣の改善 不規則な生活や睡眠不足が与えるカラダへのダメージは、自分が思っている以上に大きいもの。 疲れをうまく解消できておらず、気づかないうちに慢性疲労になっていることもあります。 また、 睡眠は自律神経や免疫力にも多くの影響を与えていると考えられています。 良質な睡眠をとることも大切です。 もし、じんましんが出たときには「何をしていた時に発症したのか」「どのような状況だったのか」を自分でよく考えてみましょう。 原因不明のじんましんには、自分自身に気づくということも重要です。 (例:アクセサリーをつけたら出た 日光浴をしていたら出たなど) 生活習慣を見直してみることで、かゆみがなくなることもあるかもしれません。 また、 未病を治すことは漢方の得意分野です。 漢方も力になってくれるかもしれません。 漢方から見たじんましんとは 漢方では、人のカラダは「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えています。 じんましんは、そのうち、「 水(=血液以外の水分や体液を指すもので、飲食物中の水分を消化吸収によってカラダに必要な形にし、カラダをうるおしているもの)」と 熱のバランスが崩れたとき、風邪(ふうじゃ)という邪気が皮膚から侵入することによって起こると考えられています。 また、 「水」が滞ると全身の組織や器官に栄養を与える「血」も滞り、本来あるべき栄養補給や排出の働きにも影響を与えるとされています。 じんましんにおすすめの漢方薬 腫れて痛みや膿のある皮膚疾患、じんましん、化膿しやすい皮膚炎、水虫には 十味敗毒湯(じゅうみはいどうくとう)という 漢方薬が効果的です。 漢方薬の名前にも入っている通り、配合されている10種類以上の生薬が相互に働いて、解毒を促します。 十味敗毒湯は何らかの原因で肌がふさがることで正常に排出されない 「水(すい)」と熱のバランスを整えます。 患部がじゅくじゅくしている時に、 肌をふさいでいる余分なものを出すとともに、「水」や熱を発散させて肌を正常な状態に導きます。 生薬パワーを借りてじんましんを繰り返さないカラダを目指しましょう。 カラダの中に生じた余分なものを排出させるのにとても良い漢方薬です。 ただし、症状がひどかったり、原因が分からない時には、お医者さんにご相談ください。 お近くの漢方医の検索や漢方専門の先生をご紹介。 どの漢方薬が合っているか、分からない方は是非!.

次の