ピノ ノワール。 【楽天市場】ラ・ヴィ・ピノ・ノワール[2017]ドメーニレ・サハティーニ 赤 750ml Domeniile Sahateni [La Vie Pinot Noir] ルーマニア ムンテア 赤ワイン:ビール・酒・ワイン専門店ユニビス

ドメーヌ・ドルーアン オレゴン ピノ・ノワール ロレーヌ

ピノ ノワール

チェリーやプラムなどの果実を思わせる芳醇な香り、なめらかなタンニンと豊かな果実味、ミネラルの香りが見事に調和しています。 ヴィンテージ(収穫年)及びラベル、びんの形は変更になる可能性がありますのでご了承ください。 チェリーやプラムなどの果実を思わせる芳醇な香り、なめらかなタンニンと豊かな果実味、ミネラルの香りが見事に調和しています。 ヴィンテージ(収穫年)及びラベル、びんの形は変更になる可能性がありますのでご了承ください。 イギリスで毎年4月に開催される国際ワインコンクール。 金賞(ゴールド)・銀賞(シルバー)・銅賞(ブロンズ)・推薦 レコメンド が与えられます。 その中でも特に素晴らしいワインには、トロフィー 最優秀賞)が授与されます。 日本国内で流通している1,000〜3,500円の価格帯のボルドーワインから、日本を代表するプロフェッショナルが選出した、品質と価格のバランスに優れたボルドーワインに与えられます。 毎年100本が選出されます。 ワイン評論家 ロバート M. パーカー, Jr. 氏が自ら創刊した「ワインアドヴォケイト」誌にて評価する、100点満点で表すワインの評価法です。 アメリカのワイン雑誌「ワインスペクテーター」による、100点満点で表すワインの評価法です。 また、毎年その年のベストワインランキングトップ100を発表します。 アメリカのワイン雑誌「ワインエンスージアスト」による、100点満点で表すワインの評価法です。 また、毎年その年のベストバイトップ100を発表します。 イギリスのワイン雑誌「デキャンター」による国際ワインコンクール。 金賞(ゴールド)・銀賞(シルバー)・銅賞(ブロンズ)を決定します。 金賞の中から地域ごとのリージョナル・トロフィー、さらにその中でも優れたワインにはインターナショナル・トロフィーが授与されます。 イギリスで毎年開催されるワイン・スピリッツ・リキュールなどの酒類のコンペティション。 金賞(ゴールド)・銀賞(シルバー)・銅賞(ブロンズ)が授与されます。 金賞の中から特に優秀な製品に"ベスト・イン・クラス"の称号とトロフィーが与えられます。 国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、各産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めるために開催されるコンクール。 金賞、銀賞、銅賞、奨励賞が授与されます。 2015年4月に「日本ワインコンクール」に名称変更。 イタリアのガンベロロッソ社が出版するイタリアワインの評価本「ヴィーニ・ディタリア」にて、毎年10月下旬に翌年版として評価が発表されます。 評価は1〜3つのグラス数で表示され、最高評価がトレ・ビッキエーリ、そしてドゥエ・ビッキエーリ、ウン・ビッキエーレと続きます。 日本ワインや国内製造ワイン、輸入ワイン或いはブドウ品種ごとの評価ではなく、日本国内で手に入る全てのワインの中から一番美味しいワインを探すことを目的に、ワイン専門家だけでなく、一般ワイン愛好家も審査員に加えた、さまざまな視点が反映されるワイン品評会。

次の

ドメーヌ・ドルーアン オレゴン ピノ・ノワール ロレーヌ

ピノ ノワール

オーストラリア/2019年/辛口/オレンジワイン/3,980 カレスキー・ワインはリリース以降、その豊かな個性と品質の高さから数々の賞賛を受けています。 ワイン・アドヴォゲイトのロバート・パーカーはヨハン・ゲオーグ シラーズに対してパーカー暫定100点を与え「伝説的なワインになる可能性を持っている」と評価し一躍オーストラリアのトップワイナリーへと躍進しました。 2012年にインターナショナル・ワインチャレンジではバイオダイナミックワイン・オブ・ザ・イヤー受賞。 そして2019年にはオーガニックワイン・ビジネス・オブ・ザイヤー受賞。 国内外において高い評価を持つヴァン・ナチュールの造り手です。 カレスキーが手掛ける亜硫酸無添加のオレンジワインです。 2019年にオーストラリア・アデレードで開かれたオレンジワインの祭典Not Quite Whiteにて堂々の第1位を獲得したオレンジワインです。 造り上げるワインはどの品種も全てが素晴らしく、カベルネソーヴィニヨンはワインスペクテイター誌のソノマ最高得点99点を獲得(パーカー監修ワインアドヴォケイトも99点)し、シャルドネは、2012年ヴィンテージにて念願のパーカー100点を2つのワインで獲得いたしました。 パーカー氏は「この世で最も素晴らしいピノとシャルドネの1つ」とピーター・マイケルを評価しています。 カリフォルニアだけでなく世界を代表するワイナリーの一つです。 カリフォルニア/ナパヴァレー/2017年/辛口 フルボディ/赤ワイン/3,580 ナパ・ハイランズの生みの親スミス・アンダーソンの秘蔵ナパカベ! ベルドン・ハイツは、ナパに本拠を置く「ハンドクラフトワイン」を信条に高いクオリティのワインを手頃な価格で送り出すことで知られるスミス・アンダーソン・ワイングループが手がけるワインです。 このグループが手掛ける最も有名なワインはナパ・ハイランズです。 ベルドン・ハイツは秘蔵ワインという形容がピッタリな理由として、生産量の少なさが挙げられます。 生産量は僅か900ケースで、これは葡萄畑で厳しく収穫量を制限している証拠です。 事実、収穫量は1エーカーあたり2. 8トンとまで抑えています。 生産量こそ少ないものの凝縮感のある風味が引き立っています。 税込み3千円台でご案内できるナパカベルネの最高品質ワインを是非お楽しみください。 カリフォルニア/ソノマ/2016年・2017年/辛口/赤・白ワイン/6,580〜 日本人女性醸造家が手掛けるホワイトハウス公式晩さん会提供ワイナリー! フリーマンは、日本の安倍晋三首相を招いて行われたバラク・オバマ元大統領のホワイトハウス公式晩餐会に2013年ヴィンテージの涼風シャルドネが供され、一躍脚光を浴びました。 ニューヨークタイムスはシャルドネテイスティング企画で、フリーマンのシャルドネをカリフォルニアワインらしいリッチで熟した果実味のあるスタイルと活き活きした酸味とミネラルを有した冷涼なスタイルとの融合と評してトップ評価を与えています。 オーストラリア/アデレードヒルズ/2018年/辛口 ミディアムフル/赤ワイン/3,180 4,333本の約1%が受ける栄誉!ダイヤモンドトロフィー獲得!ロマネコンティに由来するエイベルクローン使用の凝縮感あふれるピノ! サステイナブル認定を得ている生産者としてはアデレード・ヒルズ最大規模のサイドウッド。 あらゆる品種で最高評価を獲得しているサイドウッドが手掛けるピノノワールが、2020年SAKURAアワードで最高評価となるダイアモンドトロフィー獲得しました。 エントリーした全てのワイン4,333本の中から約1%にあたる49本のみが受ける栄誉です。 ロマネコンティに由来するエイベルクローンも使用される凝縮感あふれるピノノワールを是非お楽しみください。 カリフォルニア/2012年・2013年/辛口/スパークリングワイン/6,480〜 1776年設立の老舗シャンパーニュメゾン、ルイ・ロデレール。 世界最古のプレスティージュシャンパーニュ「クリスタル」を頂点に、「手仕事の芸術品」と称される丁寧なシャンパーニュ造りを守り続けています。 そのルイ・ロデレールが、カリフォルニアで手掛けるスパークリング専門のワイナリーが、このロデレール・エステートです。 そのクオリティと稀少性でファン垂涎の的となっている極上のスパークリングワイン。 最高のブドウ、贅沢なリザーヴワイン、十分な熟成期間。 最高の条件が揃い、普通クラスのシャンパーニュよりも、何倍も手間暇かけて造られたスパークリングワインは、 カリフォルニア産スパークリングワインの概念を覆す逸品 です。 本家であるルイ・ロデレールをも超える素晴らしいスパークリングワインです。 クルーズ・ワイン・カンパニー・ブランドは、アメリカの星付きレストラン、数多くのソムリエやワインバイヤーが、喉から手が出るほど欲しがる人気ワインです。 こちらのワインは土着酵母のみを使用、無濾過・無清澄のままおよそ二年間かけて瓶内二次発酵と熟成をし、ノン・ドサージュで仕上げました。 生産量は僅か300ケースにも満たない激レアスパークリングワインです。 この機会に是非お楽しみください。 カリフォルニア/2016年・2017年/辛口 ミディアムボディ/赤・白ワイン/1,480 ブレッド&バターの生みの親が手掛けるカリフォルニアらしさとバランスの良さが際立つ旨安ワイン! アデュレーションはナパのお値打ちワインとして有名なカモミのイタリア人醸造家ダリオ・デ・コンティが経営するワイナリーです。 14歳からワイン醸造に携わり醸造学の博士号を持つワインメーカーのダリオは多くのワインを手掛け、素晴らしい評価を獲得しています。 アデュレーションはメディアや評価雑誌への露出は少ないものの、リアルワインガイドにてシャルドネが2019年旨安ワインに選出されています。 カリフォルニアの濃厚な果実がしっかりと詰まったスタイルに鮮やかな酸味が加わる事により力強さだけでなくバランスの良い仕上がりとなっており、一口飲めばそのコストパフォーマンスに優れた味わいがお楽しみ頂けます。 カリフォルニア/ナパヴァレー/2016年/辛口 フルボディ/赤ワイン/5,380 現地価格50ドル!WE93点!WS92点!ナパ最高峰トカロンの葡萄を使用したモンダヴィ・ワイナリー創業50周年記念限定ワイン! 「カリフォルニアワインの父」と呼ばれたロバート・モンダヴィ・ワイナリーの創設者である故ロバート・モンダヴィ氏が1966年にナパヴァレーに設立してから50年目を迎え記念ワインがリリースされました。 同ワイナリー内に2000年に完成した、重力を使った優しい醸造(グラヴィティ・フロー)とフレンチオーク樽による丁寧な熟成を可能にする「ト・カロンセラー」の完成式典で、ロバート・モンダヴィ氏自らがオーケストラを指揮(マエストロ)したことから、「マエストロ」の名がつけられました。 現地価格50ドル(約5,450円)のワインが数量限定で現地価格を下回る価格が実現いたしました。 ワイン名• エコ・バランス ピノノワール ヴァレ・デル・ビオビオ• Eco Balance Pinot Noir Casablanca Valley• ヴィンテージ• 2019年• タイプ• 赤ワイン• 飲み口• 辛口 ミディアムボディ• 原産国・地域• チリ、ビオビオヴァレー• 造り手• エミリアーナ・ヴィンヤーズ<Emiliana Vineyards>• ぶどう品種• 50%フレンチオークにて8ヶ月熟成• アルコール• 750ml• 飲み頃温度• 正確なヴィンテージにつきましては<ワインデータ>ヴィンテージ欄をご確認下さいませ。 エミリアーナ・ヴィンヤーズは1986年に設立されたギリサスティ・ファミリー所有のワイナリーです。 IMO スイス有機栽培認証機関 認定ブドウだけから造られたワインがエコ・バランスです。 毎日のリラックスした楽しみのために造られた高品質なワインです。 地球にやさしく、環境の保全・維持への関心により生まれたワインです。 大自然に広がるブドウ畑、健康なブドウ、熟練した醸造家によりチャーミングで高品質なワインが出来上がりました。 リアルワインガイドより旨安賞を受賞し、ワイン王国ブラインドテイスティング企画「1000円台のピノノワール」にて見事満点5つ星&超特選ベストバイワインに選出されました。 さらに第100弾企画で今まで5つ星を獲得したワインの中で今も千円台で買える292本の中から5つ星を決める「5つ星の中の5つ星」にて選出された29本の中に見事5つ星に選出されました。 色は鮮やかなルビー色。 ストロベリー等の赤い果実のアロマにスパイスやココアの香り。 口に含むと柔らかなタンニンが感じられ心地よい後味が長く続きます。

次の

【楽天市場】クロ・ビュザオ ピノ・ノワール 2018年 AOCデルマーレ (ルーマニア 赤ワイン):うきうきワインの玉手箱

ピノ ノワール

Contents• そしてここで フランス語のピノ・ノワールの意味も見てみたいと思います。 Pinot(ピノ)はフランス語で「松ぼっくり」を意味し、小ぶりの実が密集したブドウの房が松ぼっくりのように見えるところから来ています。 そしてNoir(ノワール)は「黒い」の意味。 直訳すると黒いピノ、つまり 【黒ブドウのピノ】という意味合いになります。 フランス・ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールが、ドイツに渡って【遅いブルゴーニュ】という意味を持つ名前に。 なんだか語学の面白さを感じますね! ところで「遅いって、何が?」というのは気になるところかもしれませんが、これは 収穫時期のこと。 ピノ・ノワールは早熟なブドウ品種として知られていて、暑い場所に植えればブドウは早く熟します。 でも暑くて「糖度」がグングン上昇していくと、反対に「酸度」が下がっていってしまうんですね。 酸味の高さは上質なワインの条件でもありますし、 ピノ・ノワールの持ち味である【上品な酸味】を生かすためには、冷涼な気候が向いているということ。 実際に世界でピノ・ノワールが成功している産地を見てみると、ブルゴーニュ地方をはじめドイツやアメリカ・オレゴン州、日本の北海道な冷涼な土地が多いというのが特徴になります。 寒冷地ドイツでピノ・ノワールを植えると収穫時期が遅くなる。 これが 「シュペートブルグンダー=遅い(時期に収穫する)ブルゴーニュ」という語源である、と私は解釈しています。 このような背景を知ってみると、むずかしい響きの「シュペートブルグンダー=遅い(時期に収穫する)ブルゴーニュ」という名前も少しは覚えやすくなりますか…?^^ ドイツの代表産地 引用: ワインを深く理解していくには、地図を見ながら全体像を捉えていくことが非常に重要です。 ドイツはフランスの右肩あたりに位置していて、緯度も高め。 ワイン造りに適した緯度は、 北半球・南半球ともに30〜50度と言われています。 そんな中 ドイツのワイン産地は概ね47〜52度に位置していて、この数字からなんとなく冷涼な気候をイメージできるのではないでしょうか。 ドイツのワイン産地はより温暖な南西地方に広がっていて、その中でもシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を使った赤ワイン産地は南のあたり バーデン地区が有名です。 バーデン地区 先ほど載せた地図の左下に青く塗られた細長いエリアが Baden(バーデン)地区。 ドイツで3番目に大きなワイン生産地域で(ちなみに1番目はラインヘッセン地区、2番目はファルツ地区)、西側にフランス、南側にスイスと国境を接します。 地図からも分かるようにドイツの中でも南部に位置しているため、気候は 国内で最も温暖と言われ、栽培されているブドウの面積は 34%がシュペートブルグンダー(2020年度ソムリエ教本より)です。 ただ 北部ではドイツの至宝・白ワイン用品種のリースリングも栽培されています。 世界的な白ワインと赤ワインの分布を見てみると、一般的に涼しい産地ほど酸味のきいた白ワイン造りに適し、暖かい産地ほどコクのある赤ワイン造りに適しています。 バーデン地区も北ほど白ワイン用品種の比率が高く、南ほど赤ワイン用品種の比率が高いので分かりやすい例ですね。 そしてこのエリアはフランス・アルザス地方に近いこともあり、 料理を引き立てるようなワイン造りをモットーとする生産者が多いのも特徴的です。 シュペートブルグンダーの特徴 シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の特徴は一般的に次の通りです。 これは実はそんなに難しいことではなく、例えば北海道と沖縄の果物の熟し方の違いを考えてみたら意外とスッと入ってくるのではないかな?と思います^^ 今一番おすすめしたいシュペートブルグンダー ドイツのシュペートブルグンダー、様々な生産者さんのものが造られていてそれぞれに魅力的です。 そんな中から今回おすすめしようと思うのが、この2ヶ月ほどでたまたま立て続けに飲んだ 「 マルティン・ヴァスマー シュペートブルグンダー」です。 生産者マルティン・ヴァスマーは1998年に設立されたワイナリーで、シュペートブルグンダーの品質の高さで評価が向上しているとのこと。 2018年にはヨーロッパのワイン雑誌「Vinum(ヴィノム)」の、 ドイツの最もコストパフォーマンスに優れたピノ・ノワール部門で優勝という快挙を成し遂げました。 このワインが造られるバーデン地区の南部は、それまで安旨系ワインの産地として認知されていたそうです。 しかし 「 マルティン・ヴァスマー醸造所」の設立後、ワインの高品質化が進み世界からの評価が上昇。 今後目が離せない生産者として、目が離せない存在と言われています。 「マルティン・ヴァスマー シュペートブルグンダー」 東京タワーをバックにいただく贅沢…! このワイン、実は先日訪れた恵比寿の「ロングレイン」さんにもオンリストされていました! その際に飲んだのが2度目でしたが、相変わらずのおいしさ。 「やっぱりこのワイン好きだな〜。 また絶対飲もう!」と確信をした瞬間でした。

次の