バッタの大群日本に来る可能性。 バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

バッタの大群が日本に来るか調べてみた!大量発生の理由をくわしく解説!

バッタの大群日本に来る可能性

「忘れもしない5月25日の午前10時頃、私が取材で訪れていたインド・ジャイプルに奴らが来ました。 無数の羽音が近づいてきたかと思うと、晴れた空が一瞬にして黒い雲に覆われた。 町中の人が外に出て、プラスチックの容器を必死に叩いて音を出し、奴らを追い払おうとします。 しかし、数が多すぎて効果はあまりない。 新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ人類に、もう一つ未曾有の災厄が襲いかかる。 「サバクトビバッタの大群」だ。 農学・昆虫学を専門とする東京農業大学の足達太郎教授が解説する。 「本来サバクトビバッタは、1匹単位で生活する大人しい種です。 しかし、一昨年から昨年にかけて、東アフリカで季節外れの大雨が降った影響で、バッタが大量発生した。 すると、性質に変異が生じ、翅 はね が長く獰猛で群れを作る種が生まれました。 その種が長距離を大群で移動して、各地に被害を及ぼしているのです」 過去70年で最大規模とされるバッタの大群は、生まれ故郷のアフリカを出発し、各地で農作物を食いつくしながら東進中。 現在インドに到達した。 中国政府は警戒を強め、ニュース番組は連日のように『4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている』と報道。 中国農業科学院植物保護研究所の研究員は、6月中にバッタが飛来する可能性を示唆している。 足達教授は話す。 「変異して群れるようになったバッタは、季節風に乗って飛ぶ。 風がうまく吹けば、数千飛ぶことも可能です。 過去には、西アフリカからカリブ海諸島に到達したという記録もあります」 当然、日本も他人事では済まされない。 中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って海に隔てられた2000をやすやすと越え、日本列島へと飛来することは十分にあり得るのだ。

次の

バッタの大群動画が怖すぎる!大量発生はなぜ?原因や対策、現在地や日本に来る可能性は?

バッタの大群日本に来る可能性

提供 サバクトビバッタ大発生の様子(写真/gettyimages) 群れで長距離を飛翔し、農作物を食い荒らすサバクトビバッタが東アフリカで大発生。 食糧危機が広がるのではないかと危ぶまれている。 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」6月号では、アフリカのバッタ大発生についてリポートした。 * * * 「アフリカの角」と呼ばれる、アフリカ大陸東部のエチオピア、ケニア、ソマリアなどにまたがる地域で、サバクトビバッタの大発生による深刻な農業被害が起こっている。 国連食糧農業機関(FAO)によると、バッタによる食糧や生活の危機としては、エチオピアやソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最も深刻だという。 このままバッタの被害を食い止めることができないと、食糧事情が急速に悪化して、新たな国際紛争も招きかねないと専門家は気をもんでいる。 現在、世界は新型コロナウイルスのパンデミックに苦しんでいるが、サバクトビバッタの大発生からも目を背けるわけにはいかない。 砂漠などの乾燥した環境を好み、ふだんは北アフリカからアラビア半島、インドにかけての地域に生息している。 ところが、大発生したときには大群をつくって長い距離を移動し、移動した先々で作物を食い荒らす。 最近では、2003年10月から05年9月にかけて西アフリカを中心に大発生した。 群れは国境を次々に越えて移動しながら拡散し、20カ国以上に被害をおよぼし、農業被害は25億ドル(約2700億円)に上った。 サバクトビバッタは、つねに大群をつくるわけではない。 ふつうのときは、幼虫も成虫もほかの個体との距離を保って生息している。 この状態のバッタは「孤独相」と呼ばれ、幼虫は緑色や褐色、灰色など周囲の環境に溶けこむ色をしている。 ところが、大雨が降って餌となる草がたくさん生えるなど、いくつかの条件がそろうと大発生する。 個体どうしが互いに触れ合うことが多くなり、こうした環境下のバッタは普段よりも大きな卵を産み、その卵からは、黒い幼虫がふ化する。 その幼虫が混み合った環境で育つと、黒にオレンジや黄色が交じった体色の幼虫になる。 この幼虫から育った成虫は、群れをつくって餌となる植物を求め、長い距離を移動する。 このような特徴をもつようになったバッタは「群生相」と呼ばれる。 群生相のサバクトビバッタは、驚くような移動能力、飛翔力を見せる。 大群は1日に100キロメートルくらい飛ぶこともある。 記録として残っているものでは、1988年にアフリカで大発生したとき、大西洋を越えてカリブ海の西インド諸島や南アメリカ大陸にまで達したものもいた。 途中に陸地はないので、海を越えて飛んだ距離は約4500キロメートルに及ぶ。 さらに驚くのは、大群の大きさとバッタの数、そして旺盛な食欲だ。 FAOによると、大群の大きさは面積にして1~数千平方キロメートルにもなり、1平方キロメートルの大群の中には4千万~8千万匹の成虫がいるという。 1匹の成虫は1日に、自分の体重と同じ約2gの餌を食べる。 1平方キロメートルの大群に4千万匹の成虫がいた場合、一日に約3万5千人分の食糧を食べることになる。 3月末現在、アフリカ大陸内にとどまらず、海を渡ってアラビア半島からイラン、パキスタンでも大発生している。 この勢いが抑えられないと、「日本まで来るのでは?」と不安になるが、その心配はないという。 サバクトビバッタは寒さに弱いので、パキスタンやインドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えるのが難しいからだ。 とはいえ、日本がバッタの被害と無縁というわけではない。 過去には、トノサマバッタの大発生が日本の人々を苦しめてきた歴史があるからだ。 1880~84(明治13~17)年には、北海道で大発生して大きな農業被害をもたらしている。 サバクトビバッタの生態や大発生のしくみについては謎も多く、現在のところ殺虫剤(農薬)をまくしか対策がない。 そのための人も資金も十分ではなく、FAOは、1億3800万ドル(約150億円)の支援を世界各国に呼び掛けている。

次の

サバクトビバッタが日本に来る?海を渡る可能性と侵入経路・飛来について

バッタの大群日本に来る可能性

提供 サバクトビバッタ大発生の様子(写真/gettyimages) 群れで長距離を飛翔し、農作物を食い荒らすサバクトビバッタが東アフリカで大発生。 食糧危機が広がるのではないかと危ぶまれている。 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」6月号では、アフリカのバッタ大発生についてリポートした。 * * * 「アフリカの角」と呼ばれる、アフリカ大陸東部のエチオピア、ケニア、ソマリアなどにまたがる地域で、サバクトビバッタの大発生による深刻な農業被害が起こっている。 国連食糧農業機関(FAO)によると、バッタによる食糧や生活の危機としては、エチオピアやソマリアでは過去25年、ケニアでは過去70年で最も深刻だという。 このままバッタの被害を食い止めることができないと、食糧事情が急速に悪化して、新たな国際紛争も招きかねないと専門家は気をもんでいる。 現在、世界は新型コロナウイルスのパンデミックに苦しんでいるが、サバクトビバッタの大発生からも目を背けるわけにはいかない。 砂漠などの乾燥した環境を好み、ふだんは北アフリカからアラビア半島、インドにかけての地域に生息している。 ところが、大発生したときには大群をつくって長い距離を移動し、移動した先々で作物を食い荒らす。 最近では、2003年10月から05年9月にかけて西アフリカを中心に大発生した。 群れは国境を次々に越えて移動しながら拡散し、20カ国以上に被害をおよぼし、農業被害は25億ドル(約2700億円)に上った。 サバクトビバッタは、つねに大群をつくるわけではない。 ふつうのときは、幼虫も成虫もほかの個体との距離を保って生息している。 この状態のバッタは「孤独相」と呼ばれ、幼虫は緑色や褐色、灰色など周囲の環境に溶けこむ色をしている。 ところが、大雨が降って餌となる草がたくさん生えるなど、いくつかの条件がそろうと大発生する。 個体どうしが互いに触れ合うことが多くなり、こうした環境下のバッタは普段よりも大きな卵を産み、その卵からは、黒い幼虫がふ化する。 その幼虫が混み合った環境で育つと、黒にオレンジや黄色が交じった体色の幼虫になる。 この幼虫から育った成虫は、群れをつくって餌となる植物を求め、長い距離を移動する。 このような特徴をもつようになったバッタは「群生相」と呼ばれる。 群生相のサバクトビバッタは、驚くような移動能力、飛翔力を見せる。 大群は1日に100キロメートルくらい飛ぶこともある。 記録として残っているものでは、1988年にアフリカで大発生したとき、大西洋を越えてカリブ海の西インド諸島や南アメリカ大陸にまで達したものもいた。 途中に陸地はないので、海を越えて飛んだ距離は約4500キロメートルに及ぶ。 さらに驚くのは、大群の大きさとバッタの数、そして旺盛な食欲だ。 FAOによると、大群の大きさは面積にして1~数千平方キロメートルにもなり、1平方キロメートルの大群の中には4千万~8千万匹の成虫がいるという。 1匹の成虫は1日に、自分の体重と同じ約2gの餌を食べる。 1平方キロメートルの大群に4千万匹の成虫がいた場合、一日に約3万5千人分の食糧を食べることになる。 3月末現在、アフリカ大陸内にとどまらず、海を渡ってアラビア半島からイラン、パキスタンでも大発生している。 この勢いが抑えられないと、「日本まで来るのでは?」と不安になるが、その心配はないという。 サバクトビバッタは寒さに弱いので、パキスタンやインドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えるのが難しいからだ。 とはいえ、日本がバッタの被害と無縁というわけではない。 過去には、トノサマバッタの大発生が日本の人々を苦しめてきた歴史があるからだ。 1880~84(明治13~17)年には、北海道で大発生して大きな農業被害をもたらしている。 サバクトビバッタの生態や大発生のしくみについては謎も多く、現在のところ殺虫剤(農薬)をまくしか対策がない。 そのための人も資金も十分ではなく、FAOは、1億3800万ドル(約150億円)の支援を世界各国に呼び掛けている。

次の