ストレス 性 じんましん。 疲労やストレス……じんましんの意外な原因に迫る

by Kracie

ストレス 性 じんましん

スポンサーリンク 蕁麻疹は、人間の体に好ましくない刺激が加えられた時に発生する、強い痒みを伴った膨疹です。 人によって、肌にミミズ腫れのような症状ができたり、赤みのある花びら状の発疹ができたりと、症状の現れ方は様々です。 大抵は強い痒みを伴うのですが、チクチクとした痛みや灼熱感が起こることもあります。 突然激しい症状が起きるため慌ててしまう人が多いですが、多くの場合、数十分から数時間で症状が消失します。 何日間も症状が続く場合は別の病気の可能性がありますので、医療機関できちんと診てもらうようにした方がよいです。 蕁麻疹には、アレルギー性のものと非アレルギー性のものとがあります。 いずれの場合も、人体にとって好ましくない刺激が加えられた結果起こる症状ですから、原因となっているものを除去することによって根本的な治療が可能になります。 非アレルギー性の蕁麻疹の場合、心理的ストレスが原因になっているケースが多いです。 また、顔にだけ発疹が出るケースがとても多くなっています。 スポンサーリンク なぜ顔にだけ発疹が出るのか、その理由については解明されていません。 ただし、心理的ストレスというのは、周囲の人が目で確認できるようなものではありません。 また、本人も自覚していないことが多いです。 ですが、体には大きな負荷がかかっていますので、自分の体を守ろうとする防御作用が働いて、顔のような目立つ部位に症状を発生させているのかもしれません。 ごく軽い症状の場合は、患部を冷やして安静を保つようにするだけで、自然に症状が収まっていきます。 しかし、腫れて痒いだけではなく、息苦しさや嘔吐、全身のむくみなどの症状が現れている場合は、家庭で対処することができません。 場合によっては生命の危険にさらされるおそれがありますので、そのような症状が現れている時は、すぐに病院を受診するようにしましょう。 日常的には抗ヒスタミン薬を服用することによって発症を予防することになりますが、薬の効果には個人差があります。 また、眠気が誘発されたり注意力が散漫になったりするなどの副作用があります。 ですので、本当の意味で蕁麻疹を治したいと希望しているのであれば、生活環境を見直して、ストレスをため込まない生活に変える努力をする必要があります。 スポンサーリンク.

次の

これってストレス?原因不明の蕁麻疹の治し方 (2014年2月6日)

ストレス 性 じんましん

心因性じんましんとは 心因性じんましんとは、現代社会におけるストレスなどの心の病が原因で発症するじんましんのことを言います。 心因性じんましんは、ストレスを感じる度に発疹が出現します。 ストレスを感じた時にかゆみが出た場合は、心因性じんましんの可能性が高いと言えるでしょう。 じんましんとは食物や物理的刺激で起こると言う認識があるために、ストレスが影響で起きていると判別するのが難しいかもしれません。 自分では自覚していないストレス状態、家庭や職場での環境の変化を境に、じんましんが現れるようになります。 じんましんはそのままの状態で、症状が悪化することもあります。 逆にたまに出る程度で留まることもあります。 心因性じんましんは、精神的なショックを体験したり、急激な環境の変化などで不安になったりと、対処していく力がおよばずに不安や抑うつ、無気力、そして引きこもりといったような精神的症状の時に起こりやすいと言われています。 心因性の症状は、躁うつ病、神経症、心身症に分類されます。 心身症に分類される症状は以下の通りです。 ストレスに関係する心因性じんましんは、一定の限度を超えると様々な病気の原因になります。 じんましんの他に、体の異常が見つからない場合は、過度のストレスに対する体からの信号と受け止めるようにしましょう。 心因性じんましんの治療は、一般的なじんましんの治療とは少し違ってきます。 精神的負担を軽減させ、ストレスをなくす治療が主になるでしょう。 原因物質が精神的負担であり、精神的負担を避けることがとわかっている場合は、心因性じんましんの治療、そして予防にもなります。 配偶者の死や離婚、夫婦別居生活、入学や卒業、退職、クリスマスなどのイベントもストレスに感じてしまうのです。 専門の医師と相談して、しっかりと治療に望むことが大切です。

次の

by Kracie

ストレス 性 じんましん

かゆみやひどい場合は痛みを伴うこともあります。 なぜこの様な症状が見られるのでしょうか? は、皮膚の 毛細血管が拡張し、血漿(血液は、 赤血球、 白血球、血漿などからできています)が血管から漏れだしたした状態です。 血管が拡張しているため、皮膚の表面から見て赤く見え、さらに膨隆しているのは血漿成分が滲み出しているからです。 皮膚の血管の周囲には、細胞が散らばっています。 細胞は別名マスト細胞と言いますが、この細胞から ヒスタミンなどの化学物質がたくさん放出されると、血管が拡張されたり、血漿成分が血管から漏れだすことになり、が見られるという仕組みになります。 また、ヒスタミンは、かゆみに関連する神経を刺激することでも知られ、かゆみを伴うことになります。 過去の研究でも、ストレスや疲労によってが悪化するという報告があります。 そもそも、なぜストレスによってが現れるのでしょうか? その理由となる説はいくつかありますが、ここでは2つの可能性を挙げます。 ひとつ目が、中枢性ストレス応答系と呼ばれるもので、簡単に言うと 自律神経系の異常により、 リンパ球が増えることで 免疫機能が亢進するという考え方です。 ふたつ目が、心理的なストレスが行動を介してを 発症する可能性です。 ストレスにより、引っ掻くような行動が観察されることが知られています。 そのため、掻くとことでかゆみが増すという悪循環に陥ることもあり、結果としてを悪化させる可能性があります。 実際に経験された方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスとして、例えば職場が変わったり、身内の方が亡くなったり、といった身の回りの環境の変化によって、が出始めることもあります。 また、イライラしたり疲れが見られた時に、腕が痒くなったりする方もいるかもしれません。 もし、他の原因がないにも関わらず、が続いたり、悪化するような状態が見られたら、自分でも知らず知らずのうちに過剰なストレスを受けていることも考えられます。 そのまま無理を続けていると、悪化する可能性もありますし、体の他の部分にも不調をきたす可能性があるので注意しましょう。 他にもどのようなものがあるか以下に挙げます。 細菌感染• 日光、冷刺激、温刺激などの物理的刺激• 食べ物• 運動発汗• 概日リズムの乱れ• 薬 など 比較的、の原因としては知られているものが多いかもしれません。 このようなものだけではなく、ストレスや疲れといった心理的な要因がにも影響することを知っておくことは大事です。 の原因として、ストレスや疲れが関連していることを説明してきました。 の原因を特定することは非常に難しいと言われています。 もし、そのほかに疑う原因がなければ、ストレスや疲れといった目に見えにくい部分についても注意してみると良いかもしれません。

次の