キム秘書がなぜそうか 13話。 【『キム秘書はいったいなぜ』各話のあらすじ】全32話の一覧

キム秘書がなぜそうか14話あらすじ感想と無料動画も!

キム秘書がなぜそうか 13話

Mnetで放送予定の 韓国ドラマのあらすじをネタバレで、キャスト情報も配信! キム秘書がなぜそうか?を最終回までのあらすじを紹介! キャストと相関図も紹介!感想も随時更新します! 全16話構成で放送予定のあらすじを ネタバレ注意で配信中!! このページは韓国ドラマ、キム秘書がなぜそうか?のあらすじ 13話~14話のページです。 平均視聴率7. だが、そこに急用だとパク社長から電話がかかって来る。 フランスの人気ブランドと独占契約したはずのユミョングループだったが、そのブランドにライバル会社が接近していた。 この件に対処するために、明日からパリに出張に行くことにするヨンジュン。 電話をしているヨンジュンを待っている間に、眠ってしまうミソ。 出張に行けば1週間はミソに会えなくなり、ミソに起きて欲しいヨンジュン。 だが、ワインを飲んで熟睡しているミソ。 疲れて眠っている様子のミソを、ベッドに運ぶヨンジュン。 朝、あのまま眠ってしまったことに気付くミソ。 急にヨンジュンがパリ出張になったことが分かり、ヨンジュンの荷物の準備をするミソ。 出張の間、マメに連絡するようにミソに言うヨンジュン。 動画通話などでミソに連絡するパリのヨンジュン。 パク社長と一緒に相手ブランドに会い、無事に交渉を終えたヨンジュン。 グィナムも副会長付属室の所属になり、歓迎する付属室の人々。 ソルロンタン(牛骨スープ)の塩のような存在になりたい。 ミソにサプライズするために、内緒で会社に戻るヨンジュン。 自分の顔を見て笑顔になるミソを見たかったヨンジュンだったが、会社に戻るとグィナムたちと笑顔で話すミソの姿があった。 業務が溜まっているが、会社をさぼる二人。 ミソの手にキスするヨンジュン。 その様子を何者かが写真に撮っていた。 幼い頃から優秀な弟ソンヒョンと比べられて嫉妬し、再開発地域にソンヒョンを置き去りにして誘拐に遭わせてしまったソンヨンは、心に深い傷を負った。 ユミョンでインターンをしていてヨンジュンの顔を知るジアの友人が、ヨンジュンのデートしているところを目撃し、写真に撮ってジアに送って来ていた。 女性の手にキスするヨンジュンが写るその写真。 その女性が自分だと分かる写真は無く、胸を撫で下ろすミソ。 良くハートを付けるのよ。 これからはミソのために、色々やってやりたいヨンジュン。 だが職業病なのか、自分自身で何でもやり、ヨンジュンの世話までしてしまうミソ。 それをするのは簡単ではないミソ。 同僚から言われ、自身が退職するまでに1週間しか残っていないことに気付くミソ。 だが、またヨンジュンが引き留めるだろうと考えるミソ。 ヨンジュンの知り合いが新しく開いたというレストランにヨンジュンと行くミソ。 その知り合いというのは、ヨンジュンの幼い頃からの知り合いのユミだった。 両親同士も親しく、アメリカで一緒に経営の勉強もしたことのある間柄のユミとヨンジュン。 てっきり知人は男性だと思っていたミソは、ヨンジュンと親しそうなユミを見て嫉妬する。 ユミも財閥グループの後継者だったが、その座を捨て、やりたかったレストラン経営を始めたのだった。 自分がしたい暮らしはこれじゃないとずっと思っていて・・他人から見たら理解できない選択かもしれないがすごく満足している。 ミソが嫉妬しているのが可愛いと、喜ぶヨンジュン。

次の

キム秘書がなぜそうか14話あらすじ感想と無料動画も!

キム秘書がなぜそうか 13話

整った顔に、完璧なスタイル、賢い頭、卓越した経営能力まで!生まれてこのかた、常に全ての分野において、ずば抜けて1位だった。 自分が大好きすぎて一度も恋愛をしたことがなく、自分が完璧すぎて周囲の人たちの欠点を我慢できない。 そんな彼が唯一自分の横に置く人物とは…長年連れ添った夫婦のように息ピッタリの秘書、キム・ミソ。 しかし… そんなキム秘書が、ある日突然辞職を宣言する。 「一体なぜ?俺に仕えるという、この上ない名誉を捨てて出ていくだと...? 」超プレミアムな条件を提示してみたり、冷静なふりをしてみたり、呪いをかけてみたりしてみても…全く揺るがないキム秘書!俺という男が、これまでの人生で解決できない問題なんて、何一つなかったのに…この問題は到底解決できそうにない! 一体... キム秘書に何があったのか? イ・ヨンジュン副会長のもとで働き始めて9年目になる個人秘書。 誰にもマネできない仕事ぶりで、いつも笑顔を絶やさないことから、「秘書界の名匠」の異名をもつ。 ヨンジュンの全面的な信頼を受け、最高の年収と恩恵を享受しているが、仕事のハードさも業界トップレベル... 早朝から晩まで自分の時間なんて一つもなく、みんなみたいに恋愛する暇もないほど必死に働いて来た。 そんなミソの原動力となっているのが家族。 正確に言えば、家族の借金だ。 母親は幼い頃に他界し、 詐欺にあった父親の尻拭いと医大生の姉二人の授業料のために大学進学もあきらめ、必死に稼いできた。 30歳を目前に控えたある日、副会長に家族…もう誰かのためではなく、自分のための人生を歩もうと決心!辞表を出す。 しかし...!! ポーカーフェイスだと思っていた副会長が、あの手この手でミソを引きとめようとしてくる。 しかも、だんだん本心で接してくるように見えるこの男… 一体... 副会長に何があったのか? 有名グループの長男であり、ヨンジュンの兄。 韓国はもちろん、アメリカでもベストセラーになり、有名税と印税を独り占めしている。 優しい話し方に輝く笑顔、女性より繊細な感性.. 本当の兄とは思えないほどヨンジュンと正反対の魅力の持ち主。 しかし、そんな優しさも弟・ヨンジュンの前では消えてしまう。 幼い頃から、優秀な弟と比べられ、劣等感に苦しめられてきた。 しかも、ヨンジュンはソンヨンにコンプレックスだけでなく、癒えない傷まで負わせた過去がある。 そんなヨンジュンの横で…9年間も共にしてきたキム・ミソという女がいる。 どういうわけか、自分とミソが親しくなるのを極度に嫌がっているように見えるヨンジュン。 好奇心がくすぐられる。 今までヨンジュンに奪われてばかりの人生だったけど、ミソだけは奪ってみたい。 それに、俺に負わせた傷を考えれば、ヨンジュン、ミソくらい自分に譲るべきだろう?.

次の

韓国ドラマ「キム秘書がなぜそうか?」10~11話のあらすじを詳しく!

キム秘書がなぜそうか 13話

Mnetで放送予定の 韓国ドラマのあらすじをネタバレで、キャスト情報も配信! キム秘書がなぜそうか?を最終回までのあらすじを紹介! キャストと相関図も紹介!感想も随時更新します! 全16話構成で放送予定のあらすじを ネタバレ注意で配信中!! このページは韓国ドラマ、キム秘書がなぜそうか?のあらすじ 13話~14話のページです。 平均視聴率7. だが、そこに急用だとパク社長から電話がかかって来る。 フランスの人気ブランドと独占契約したはずのユミョングループだったが、そのブランドにライバル会社が接近していた。 この件に対処するために、明日からパリに出張に行くことにするヨンジュン。 電話をしているヨンジュンを待っている間に、眠ってしまうミソ。 出張に行けば1週間はミソに会えなくなり、ミソに起きて欲しいヨンジュン。 だが、ワインを飲んで熟睡しているミソ。 疲れて眠っている様子のミソを、ベッドに運ぶヨンジュン。 朝、あのまま眠ってしまったことに気付くミソ。 急にヨンジュンがパリ出張になったことが分かり、ヨンジュンの荷物の準備をするミソ。 出張の間、マメに連絡するようにミソに言うヨンジュン。 動画通話などでミソに連絡するパリのヨンジュン。 パク社長と一緒に相手ブランドに会い、無事に交渉を終えたヨンジュン。 グィナムも副会長付属室の所属になり、歓迎する付属室の人々。 ソルロンタン(牛骨スープ)の塩のような存在になりたい。 ミソにサプライズするために、内緒で会社に戻るヨンジュン。 自分の顔を見て笑顔になるミソを見たかったヨンジュンだったが、会社に戻るとグィナムたちと笑顔で話すミソの姿があった。 業務が溜まっているが、会社をさぼる二人。 ミソの手にキスするヨンジュン。 その様子を何者かが写真に撮っていた。 幼い頃から優秀な弟ソンヒョンと比べられて嫉妬し、再開発地域にソンヒョンを置き去りにして誘拐に遭わせてしまったソンヨンは、心に深い傷を負った。 ユミョンでインターンをしていてヨンジュンの顔を知るジアの友人が、ヨンジュンのデートしているところを目撃し、写真に撮ってジアに送って来ていた。 女性の手にキスするヨンジュンが写るその写真。 その女性が自分だと分かる写真は無く、胸を撫で下ろすミソ。 良くハートを付けるのよ。 これからはミソのために、色々やってやりたいヨンジュン。 だが職業病なのか、自分自身で何でもやり、ヨンジュンの世話までしてしまうミソ。 それをするのは簡単ではないミソ。 同僚から言われ、自身が退職するまでに1週間しか残っていないことに気付くミソ。 だが、またヨンジュンが引き留めるだろうと考えるミソ。 ヨンジュンの知り合いが新しく開いたというレストランにヨンジュンと行くミソ。 その知り合いというのは、ヨンジュンの幼い頃からの知り合いのユミだった。 両親同士も親しく、アメリカで一緒に経営の勉強もしたことのある間柄のユミとヨンジュン。 てっきり知人は男性だと思っていたミソは、ヨンジュンと親しそうなユミを見て嫉妬する。 ユミも財閥グループの後継者だったが、その座を捨て、やりたかったレストラン経営を始めたのだった。 自分がしたい暮らしはこれじゃないとずっと思っていて・・他人から見たら理解できない選択かもしれないがすごく満足している。 ミソが嫉妬しているのが可愛いと、喜ぶヨンジュン。

次の