三谷 幸喜 舞台。 山本耕史が鍛え上げた“筋肉美”は台本も変えた!? 舞台「大地」公開で三谷幸喜・大泉洋・山本耕史に独自インタビュー

三谷幸喜の最新舞台『大地』に出演中の竜星涼、演劇への想いを語る (SPICE)

三谷 幸喜 舞台

激動の時代に生きる俳優たちが極限状態の中、演じるとは何か? 笑うとは何か? 生きるとは何か?を問いかける。 WOWOWメンバーズオンデマンドにて11日(後5:00〜)にて最速でライブ配信されることも決定している。 「ソーシャルディスタンスバージョン」と題された同公演では、新型コロナウイルス感染予防対策を講じるため、キャストたちの接近・接触を限りなく避けた演出を練り直し、上演スケジュールや座席の見直しが行われた。 取材冒頭、報道陣に向けてあいさつした三谷氏は「演出は三密を避ける形で工夫をしている。 本を書いたのは去年なのですが、何という先見の明なのかと我ながら思っています」と笑いながら「劇中にはケンカのシーンがある。 接近しないでどうケンカをするのか。 それが見どころの一つです」とアピールした。 続けて「芝居のできない状況ではありますけど、必ずまた芝居ができる。 いつもの状態に戻りたいと思っています。 僕らがその先陣を切ることになりました」と言葉に力を込めた三谷氏。 1924年に開場した日本初の新劇専門小劇場・築地小劇場が銅鑼の音で幕を開けたこと引き合いに出し、舞台『大地』も高らかな銅鑼の音が開幕を告げる。

次の

三谷幸喜×大泉洋×山本耕史舞台「大地」ライブ配信決定

三谷 幸喜 舞台

激動の時代に生きる俳優たちが極限状態の中、演じるとは何か? 笑うとは何か? 生きるとは何か?を問いかける。 WOWOWメンバーズオンデマンドにて11日(後5:00〜)にて最速でライブ配信されることも決定している。 「ソーシャルディスタンスバージョン」と題された同公演では、新型コロナウイルス感染予防対策を講じるため、キャストたちの接近・接触を限りなく避けた演出を練り直し、上演スケジュールや座席の見直しが行われた。 取材冒頭、報道陣に向けてあいさつした三谷氏は「演出は三密を避ける形で工夫をしている。 本を書いたのは去年なのですが、何という先見の明なのかと我ながら思っています」と笑いながら「劇中にはケンカのシーンがある。 接近しないでどうケンカをするのか。 それが見どころの一つです」とアピールした。 続けて「芝居のできない状況ではありますけど、必ずまた芝居ができる。 いつもの状態に戻りたいと思っています。 僕らがその先陣を切ることになりました」と言葉に力を込めた三谷氏。 1924年に開場した日本初の新劇専門小劇場・築地小劇場が銅鑼の音で幕を開けたこと引き合いに出し、舞台『大地』も高らかな銅鑼の音が開幕を告げる。

次の

三谷幸喜氏新作舞台「大地」7・1初日決定!客席50%以下 公演数減も「面白さのポイントが1つ増えた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

三谷 幸喜 舞台

ストーリー [ ]。 はへの道を歩み始めていた。 国民の娯楽である演劇は規制され、警察でのを受けなければ上演できない。 そんな時代に、生まれて一度も心の底から笑ったことがない検閲官・向坂睦男と、劇団『笑の大学』座付作家・椿一がの取調室で顔を合わせる。 『笑い』に理解のない向坂は「このご時世に、低俗ななど不謹慎であり上演する必要はない」と考えているため、『笑の大学』を上演中止に持ち込むべく、椿の台本に対して『笑い』を排除するような無理難題を課していく。 いっぽう椿は何としても上演許可を貰うため、向坂の要求を飲みながらも更に『笑い』を増やす抜け道を必死に考え、一晩かけて書き直していく。 向坂の検閲、椿の書き直し。 そんな毎日が続くうち、いつしか向坂も検閲の域を超えた「台本直し」に夢中になってゆく。 ようやく台本は完成するが、その際に椿が告白したある一言で一転、向坂は国家権力の末端である自身の職責を忘れてしまっていたことに気付く。 向坂は改めて椿の台本に対し、最大の無理難題を課す。 そして偶然にもその晩、椿にが届く。 もう『笑の大学』の幕が開くことはないと悟った椿は、一睡もせず無心で最後の書き直しを行うのだった。 主な登場人物 [ ]• 向坂睦男(さきさか むつお) - 保安課検閲係。 椿一(つばき はじめ) - 劇団『笑の大学』座付作家。 作家・がモデル。 ラジオドラマ [ ] 、『特集 オーディオドラマ』で放送初演された。 第32回・ラジオ部門優秀賞受賞作品。 キャスト [ ]• 向坂睦男 -• 椿一 -• 屋のおやじ - スタッフ [ ]• 原作・脚本: 舞台 [ ] にで初演、にで再演された。 1996年度・最優秀作品賞を受賞している。 キャストは2人で場面も取調室のみという、完全な密室劇・二人芝居となっている。 では1月3日、で初演版の模様が初放映された。 に、再演版を収録したがからリリースされている。 キャスト [ ]• 向坂睦男 -• 椿一 - スタッフ [ ]• 原作・脚本:• 演出:• 音楽:川崎晴美• 美術:伊藤保恵• 企画制作: 日本国外での上演 [ ]• 1998年からにかけ、及びで上演(上演)が行われた。 には ()で「パンツでごめんなさい!」のタイトルで上演された。 キャストはと。 舞台は架空の国に置き換えられている。 2月、で上演(ライセンス)が行われた。 本作に脚色・演出を加えた英語訳版 "The Last Laugh" が2007年にで公演され、同年7月には日本で来日公演(日本語字幕付英語上演)も行われた。 にはでも公開された。 イギリス版のキャストは、検閲官役が、劇作家役が。 上演台本は、三谷作をベースにして劇作家リチャード・ハリスがイギリス人向けに書き下ろした。 、の東崇アートセンター東崇ホールで韓国版『笑の大学』が初公演された。 脚本は日本版とおおむね同じで、検閲官役をソン・ヨンチャン、劇作家役をが演じた。 初公演日には三谷も訪韓し、した。 以降もを中心に、異なる劇場・役者で度々再演されている。 2009年7月、の香港大会堂劇場で香港版『笑の大学』が初公演、に再演された。 脚本は日本版とおおむね同じで、検閲官役を鄧偉傑、劇作家役を陳文剛が演じた。 、で公演され 、2013年に再演された。 演出などはロシア版にもとづく。 映画 [ ] 笑の大学 監督 脚本 製作 出演者 音楽 撮影 編集 製作会社 、、 配給 東宝 公開 2004年10月30日 上映時間 120分 製作国 言語 興行収入 7億2000万円 公開。 監督は。 1996年の初演舞台版を観て強い衝撃を受けたが、三谷幸喜に映画化を申し入れたことが誕生のきっかけとなった。 三谷は「星護が監督を担当するなら」と条件付きで了承したが 、星は「これほど完成された作品を映像化などできない」と拒否した。 しかし、その後の説得により8年越しで映画化にこぎ着けた。 舞台版との差別化を図るため、キャストを大幅に増やした(舞台版での会話中に名前だけ出てきた人物たちも登場させた)。 ストーリーは舞台版と同じだが、場面やキャストを増やすことで映画的な奥行を広げた。 セットや小道具にもこだわり、取調室は縮尺模型を使って何度も検証した。 の建物は旧舎、事務所は、長い廊下は国のでもあるの全長100メートルの廊下を使用し、昭和初期の雰囲気を再現した。 の街並はオープンセットを使い、多数のや色とりどりのを使って賑わいを表現している。 この街並のシーンでは、演じる劇場支配人や、演じるカフェの女給といった隠しキャストが確認できる。 冒頭で、役所広司が次々にを捺していくシーンは、すべて実際に役所の手によるものである。 また、劇中に登場するは、であり郵便切手評論家であるの協力を得て本物そっくりに再現した。 キャスト [ ]• 向坂睦男 -• 椿一 -• 廊下の制服警官 -• 青空寛太 -• のおばさん -• ジュリオ -• 戯作者 - 、、、、、• 浅草の警官 -• 劇場の呼び込み - 、、• お宮 -• 警官・大河原 -• カフェの -• 劇団の支配人 - スタッフ [ ]• 原作・脚本:• 監督:• 製作者:、、• 企画:• プロデューサー:、、• アソシエイトプロデューサー:、• エグゼクティブプロデューサー:• 音楽:• 撮影:• 美術:• 照明:• 録音:• 装飾:• 編集:• スクリプター:• 監督補:• 製作担当:• 特殊メイク:• 劇中劇台本協力:• 劇中ポスター制作:五島聡、青木利幸、佐藤佳代、山本慶子• 現像:• スタジオ:• 製作:、、• 製作協力:• 配給:東宝 脚注 [ ] []• 2014年11月14日閲覧。 2013年12月16日. 2014年1月13日閲覧。 日本語版 2008年10月27日. 2019年12月28日閲覧。 2015年11月18日閲覧。 2014年2月3日. 2018年10月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本作舞台版と同じ三谷幸喜脚本、西村雅彦・近藤芳正出演による二人芝居。 2011年12月、PARCO劇場で初演。 - 『版・笑の大学』を演目に持ち、大学の後輩である三谷公認のもと、たびたび高座で披露している。 外部リンク [ ] 舞台• 1991• 1993• 1994• 1996• 1996• 1997• 1999• 1999• 2001• 2002• 2006• 2006• 2007• 2007• 2007• 2008• 2009• 2009• 2011• 2011• 2011• 2012• 2012• 2013• 2013• 2014• 2019 テレビドラマ• 1986• 1988 - 1991• 「大災難の街 東京」 1989• 1990 - 1991• 1990• 「息子帰る」 1991• 1991• 1992• 1992• 1992• 1993• 1993• 1994• 1994• 1995• 1995• 1996• 1996• 1996• 1996• 1996• 1997• 1998• 1999• 1999• 1999• 2000• 2002• 2003• 2004• 2004• 2006• 2006• 2008• 2009• 2010• 「台詞の神様」 2010• 2013• 2014• 「北別府さん、どうぞ」 2014• 2015• 2016• 2018• 2018• 2020• 2022 映画.

次の