血小板 減少 治療 食事。 血小板の減少する原因と増加に効果的な食べ物とは

抗がん剤による副作用、血小板の減少で注意すべきこと

血小板 減少 治療 食事

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とは? 原因となるものが未だ分かっていないにもかかわらず、血小板の数が減少し体に紫斑ができる病気です。 略して、ITPと言います。 この病気を診断するするにあたって、まず除外診断をおこないます。 除外診断とは、病名を特定するのが難しい病気について、消去法で診断していく方法で、 血小板の数が減る病気はそのほかにも沢山あるため、始めにそれらの病気が原因ではないことを確かめます。 そして、最終的に「特発性血小板減少性紫斑病」であると特定します。 特発性血小板減少性紫斑病は、ウィルス感染症のあとに起きることもありますが、 ともに原因は不明で、血管内の血小板が破壊されたり、過剰に消費されたりすることによっておきます。 特発性血小板減少性紫斑病の症状 特発性血小板減少性紫斑病を発病した場合、 まず初めに腕や足に斑点のようなものが、症状として表れてきます。 あまりの量の多さに驚くほどです。 その後、だんだんと腕や足全体へと広がっていき、顔にも多数の斑点が現れてきます。 症状に気付いて、慌てて病院に駆け付けたころには、全身へと広がっている程です。 そして、一般的には、そのまま入院となることが多く、翌日からは数日間かけて検査することとなります。 血液検査では、血小板の数が約4万に減っている状態で、 赤血球は減少し、白血球が増加しています。 発病中は、血小板の数値が安定せず、わずかな打ち身でも内出血を起こしてしまいます。 また、擦り傷からの出血もなかなか止まりません。 特に、頭には気を付けてください。 わずかな怪我だったとしても、大事に至ることがありますので、 その場合は、すぐに病院で診察してもらうことをおススメします。 さらに、血小板の減少によって、抵抗力が落ちているため、普段なら大したことがない風邪だったとしても、 高熱になってしまいやすので、家族の中で風を引いてしまった場合、隔離するなどして、伝染らないよう工夫する必要があります。 スポンサードリンク 血小板の数値を回復させた食事内容 西洋医学では、食事療法は有効であるとは言われていないのですが、 東洋医学では、血小板の数値回復に良いとされている食べ物があります。 それは、いちご、プルーン、ぶどう、トマト、ナス、さつまいも、 大豆(黒豆)、蕎麦など、ビタミンCを多く含んだ食べ物です。 フルーツであれば、いちご、オレンジ、キウイフルーツ、ぶどうなど、• 野菜であれば、キャベツやピーマン、トマトなど これらのビタミンCを含む食材を 料理の中におりまぜていくと、食事の栄養バランスの面からもさらに効果が期待できます。 また、食欲のない場合でも、おやつとして、大学芋に黒ごまを使うなど、 美味しくビタミンCを摂取できるように工夫してみてもいいでしょう。 そして、食事の内容を考えるうえで、もう1つポイントになることがあります。 特発性血小板減少性紫斑病の特徴として、貧血気味になることが多くあります。 それを補う栄養素は、鉄分です。 例えば、卵かけご飯は、吸収率のよい鉄分であるヘム鉄を含んでいます。 また、マグロの赤身やいくら、納豆なども少し添えるだけで簡単に鉄分を摂取することができます。 好きな料理に少しだけ添え、あくまでもバランスよく栄養をとることが大切です。 スポンサードリンク 血小板の数値を回復させるための日常生活 症状からもわかるように、見た目のインパクトがあるため、 そこからくる精神面での負担はとても大きいです。 まずは、心配させないように、心と体をゆっくり休めることを基本にしてください。 特にあざや内出血での見た目の不安が大きく、 ストレスをためることも多くなるので規則正しい生活を崩さないことが大切です。 日常生活では、基本、安静が大切で、過度な運動などは避け、体への負担を減らします。 運動などで、足への重力や圧力がかかったりすると、紫斑を繰り返してしまう恐れがあるので十分に気をつけてください。 しかし、免疫力をあげるために、体温を高く保つことが重要で、適度な運動は必要であることは、理解しておいて下さい。 反対に、気温の低い時は、寒さで悪化する場合もありますので、外にでる際は、注意が必要です。 日常生活では、体の状態を良くし、免疫力を高めること、 そして、イライラなどのストレスは避けるようにすることが大切です。 スポンサードリンク 血小板の数値を回復させる自然療法 東洋医学のなかでの自然療法として、無痛ゆらし療法があります。 あくまでも、無痛ゆらし療法は、紫斑病を完治させるものではあませんが、 心と体をリラックスできる状態に持っていき、筋肉の緊張を緩めることができます。 そういったリラックス効果が、結果的に紫斑病の回復につながっていくケースもあります。 しかし、無痛ゆらし療法は、回復力をあげる手助けという、補助的な位置づけになりますので、 特発性血小板減少性紫斑病を直接的に治療するものではありません。 あくまで、自律神経や筋肉の緊張をほぐし、回復へとサポートしてくれると考えてください。 しかしながら、この治療法は、副作用など体への極度な負担や害はありませんから、 治療を受けることで病状を悪化させてしまうことはありません。 なので、病院での治療とプラスアルファーで、 無痛ゆらし診療を受けることをオススメします。 スポンサードリンク 最後に紫斑病の予防方法について(まとめ) 日頃から、定期的な受診を心がけることはもちろんですが、 担当医をつけ、日々の変化を細かくチェックしてもらうことも大切です。 また、食事などから、健康面を気をつけながら、 体の免疫力を高くする工夫をし、症状が悪化しないように日々過ごすことです。 基本、この病気に関しては、食事制限等ありませんので、 フルーツや野菜、刺身など、まずは食べやすいものや好きなもの中で、 鉄分やビタミンなどを多く含む食材を意識し、栄養を補っていきましょう。 そして、免疫力を高めるために、ウォーキングなどの軽い運動を行い、 体温を高めることですが、怪我だけは絶対に注意しましょう。 私生活では、安静にすることも大切なことですが、 食事、運動から健康的な体づくりを心がけるようにしてください。 そして、血小板の数が約3万以上まで回復してくれば、以前とほぼ同じような生活を送ることができますので、 完全回復まであともう少しだと思ってください。 最後まで、良い習慣を続けていれば、必ず症状も暖和してくることでしょう。 管理人:QFコンサルタント@くりお メッセージ: 【Quarity of Family(QF)】 ・幸せな家庭で、より質の高い人生を! <経歴> 2006年 個性心理学を学び、12パターンの生まれ持つ人の本質を元に、対面コンサルティングを行う 2008年 人間の深層心理の側面と行動科学を追求したヒューマンエラーを中心に約3年間ほど研究 2011年 論理構造分析手法を学び、IT企業の現場 東京、名古屋、関西 を中心に分析会議を行い、コンサルマネージメントを行う 2015年 事業戦略機構 ビジネススクールで、ブランディング、プランニング、マーケティング、プロモーション、マーケティング、コピーライティングを学ぶ 2016年 今までビジネス中心の生活で、家庭をおろそかにしていたことをきっかけに、現状の日本の家族のあるべき姿を見つめ直す。 質の高い家族が、幸福度を高め、豊かな生活を送ることができると提唱し続ける。 アーカイブ• カテゴリー•

次の

血液造血器の病気:血小板減少症と血小板機能異常症

血小板 減少 治療 食事

抗がん剤や放射線療法で骨髄の造血機能がダメージを受けると、白血球だけでなく、血小板と赤血球も減少します。 いずれも食事への影響は少ないのですが、リスクを防ぐために日常生活で注意したいことがたくさんあるので、あわせて紹介します。 医師から• 看護師から• 出血が止まりにくくなる危険があります 血小板には血液を凝固させる役割があり、血管の傷口をふさいだり、出血を止めたりします。 不足すると、出血が止まりにくくなったり、ちょっとした刺激で皮下出血したり、歯ブラシでこすっただけで歯肉から出血するなど、出血のリスクが高くなります。 検査値で自分の危険度を確かめましょう 血小板減少の対策は、一にも二にも出血予防です。 表に示したように、血小板の数によって、出血の危険性は違ってくるので、それに応じて予防する必要があります。 もちろん医師や看護師も指示しますが、患者さん自身も治療のたびに自分の検査データを確認し、今どんな危険性があるかを理解しておきましょう。 万が一出血したときの対策についても、医師や看護師から充分な説明を受けておきましょう。 体を傷つけないことが大事です。 食べ物、飲み物にも注意して。 血が止まりにくくなるので、出血を起こさないように注意することが大切です。 それには、ケガをしない、鼻を強くかまない、口の中を傷つけないように口腔ケアを行う、固い食べ物や熱い飲み物を控えるなど日常生活で注意できることは行って下さい。 万が一出血した場合は、冷やしたり圧迫したりして止血を試みます。 それでも出血が止まらないようなら、医療機関に連絡をしましょう。

次の

血小板減少症の概要

血小板 減少 治療 食事

前から血小板数が少なく、検査では1マイクロ・リットル当たり5万と正常の半分程度です。 血が止まらなくなるので注射は控えています。 病気で手術が必要な時に治療できないのではないかと不安です。 どんな原因が考えられますか。 血小板を増やす治療はありますか。 (85歳男性) 骨髄穿刺検査で原因調べる 坂巻寿 東京都立駒込病院 名誉院長(東京都文京区) 血小板が減少する理由には、血小板の産生が低下する場合と、血小板は正常に造られているのに寿命が短いため数が減っている場合の2通りあります。 まず産生低下の場合ですが、血小板だけ産生が低下することはまれで、貧血や白血球減少を伴うことが多いです。 血小板の寿命が短い場合は、血小板に対する自己抗体ができて自分の血小板を壊してしまう病気や、寿命が来た血小板を破壊処理する脾臓(ひぞう)の機能が強まりすぎて、血小板を多く壊してしまう病気など様々なことが考えられます。 血小板を含む血液細胞は骨髄で造られており、骨髄に針を刺して採血する骨髄穿刺(せんし)検査を行えば血小板減少の原因について有力な情報が得られます。 血小板数が1マイクロ・リットル当たり5万あれば日常生活に問題はありません。 ただ、けがや手術時は血が止まりにくく、何らかの処置が必要になります。 対処法の一つに血小板輸血がありますが、効果は一時的です。 根本的に血小板数を回復させるには、原因を突き止め、それに対する治療が必要になります。 日常生活に問題がない程度の血小板減少では治療をしないこともあるため、担当医師は様子を見ているのかもしれません。 原因が分からず、不安なようであれば、病院で「精密検査をしてほしい」と申し出られてはいかがでしょうか。

次の