秘密 結社 ヤルミナティー。 秘密結社ヤルミナティーの最新動画|YouTubeランキング

テイコウペンギン

秘密 結社 ヤルミナティー

登録者100,000人 2019年 チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月12日日時点。 作者本人ので毎日更新されており、の形式をとっている。 YouTube版はすべてで制作されており、多種多様なジャンルのストーリーが投稿される。 連続したストーリーが投稿されることはなく、ほぼ1話完結。 基本的に動画投稿は隔日行われている。 は非公開となっている。 作者はYoutube版の製作に参加していないとTwitterで発言しており、キャラクターの性格や作品の雰囲気が漫画版とは異なる。 2019年5月12日以降の回はがメインライターとして脚本を書いている。 キャッチコピーは「に寄り添うゆるキャラ」、「社畜(ペンギン)、上司やクレーマーの理不尽に抵抗(テイコウ)します!」。 「世界初ペンギンYouTuber」を名乗っている。 2020年2月14日、との共同姉妹チャンネル「 」を設立した。 2020年6月に、公式ストアでグッズの販売を開始。 また、同時に巨大ぬいぐるみのプレゼント企画も開始した。 株式会社「某企画」 [ ] レギュラーメンバーが勤務する。 求人広告には「アットホームな職場」「20代~30代が活躍中」「未経験者歓迎」などと書いてあるが、社名以外すべて嘘である。 業務内容は多岐にわたる。 この会社に対しては社員達がたびたび不満を抱き、チャンスを見付けては退職を試みるが、毎回阻止されるか、退職できたとしてもなぜかまた戻ってきてしまう。 会社の社訓は、• 考えるより即行動(考えてみたら今日日曜)• お客様至上主義(上司非情すぎ)• 上司の指示は神の声(常軌を逸した労基越え) の3つである。 『混血のカレコレ』、『円満解決! 閻魔ちゃん』にも登場。 登場人物 [ ] レギュラーメンバー [ ] 下線のあるメンバーは、漫画版・YouTube版に共通している。 ペンギン 動画内での設定 :• 好きなもの:会社の愚痴• 趣味・特技:会社の愚痴• 休日の過ごし方:会社の愚痴• 特徴:毒舌ツッコミ 本作の。 面倒な仕事ふられがち部やってられる課所属。 に属す。 本名は「篇銀」。 動画版ではパンダや上司の仕事を押し付けられ何日も帰らず徹夜をしたり、シャチの書類ミスなども修正したりと非常に有能。 某企画の社宅住まいではあるが、深夜過ぎまでの長時間残業のせいで帰れておらず、もっぱら会社で寝泊りしている。 いくつかの疾患を患っている。 また、先天的に説明に長けている事が判明。 なお、漫画版の初期はくちばしが黒い。 他作品の登場 『マギアデイズ - ネロと愉快な仲間達 -』 本編同様、上司の部下として登場。 劇中では、ほとんど登場しない。 『クロネコの部屋』 「怪人アンサーにまつわる怖い話」に登場。 最後の質問の答えを聞き出す役目だったが、パンダに無理やり交代させられた。 その後、パンダが自分の欲望のための質問をしたため、羽を怪人アンサーに持っていかれた。 上司 動画内での設定 :• あだ名:人間包丁• 仕事:スマホをいじる・部下を監視する• 特徴:モニターの先に上司(人間)がいる 本作の。 40代の。 メンバー内唯一の。 普段は別の場所からモニターでペンギン達の仕事を監視しているが、気分次第でペンギン達の仕事場に直接やって来ることもある。 典型的な でペンギンに短納期の仕事を大量に押し付けておいて、自分では全くやろうとせず(ペンギンが不在になった時は仕方なくやっている)、定時になるとすぐに退社する。 威圧的でペンギンたちに無理難題を課している。 漫画版の本名は「かど つかさ」だが、動画版では「じょうし」と表記されている。 なだけあって腕っぷしは弱く、パンダやシャチには敵わない。 他作品の登場 『マギアデイズ - ネロと愉快な仲間達 -』 学校の先生として登場。 劇中では、レオナードをクビにした。 『混血のカレコレ』 「地球が異世界転生したらどうなるのか? 」で腹黒パンダというアカウントで登場。 それがきっかけで本作品の「炎上商法をするとどうなるのか? 」では、パンダがカレコレ屋にひどい扱いを受けて怒る原因を作った。 「ESを偽った男の末路」では、モニターとして登場(ただし、電源が切れているためセリフはない)。 パンダ 動画内での設定 :• 好きなもの:会社• 尊敬している人:上司(? 仕事:食べログを見る(帰りに何を食べるかを考える)• 特徴:会社の悪口は裏でしか言わない YouTube版におけるもう1人の主人公。 種類は。 本名は「麺麭駄」。 ペンギンからは「腹黒パンダ」とよく呼ばれる。 ペンギンとは違い、上司に媚びへつらっているが、いざいなくなると愚痴を喋り出す。 かなりのナルシストで自身のことを「かわいい」と自称している。 な一面もあり、自分のためなら他人を手に掛けても良いと発言したことがある。 仕事中は、を見たり、、などを見ている。 仕事は全てペンギンに押し付けているが、成果は自分のものにする(その為、媚と売ってることもあって上司から気に入られている)。 なだけあって腕っぷしは強く、シャチと互角に渡り合っている。 本編開始前にTwitterに上げられた動画ではペンギンに対して「ペンギン」ではなく、「お前」と呼んでいる。 他作品の登場 『クロネコの部屋』 「怪人アンサーにまつわる怖い話」に登場。 劇中では、最後に怪人アンサーの質問に答える役目だったが、無理やり、ペンギンと役目を交代した。 その後、ロト6の1等の番号を聞き出すためにペンギンを犠牲にした。 『混血のカレコレ』 「異世界でのSNSマウントの取り方」に登場。 なお、「炎上商法をするとどうなるのか? 」よりも後の話である描写がある。 『全力回避フラグちゃん!』 「Youtuberになって私生活を曝け出した結果…」に登場。 劇中に登場する『モブ男ちゃんねる』のコメント欄を荒らしまくった。 シャチ 「キャッシュレスになるとどうなるのか? 」でゲストで登場し、その後、登録者50万人記念として雇われた新キャラクター。 ペンギンのことを「ペンパイ」と呼んで慕っているが、パンダに対しては辛辣。 雇われた当初は、ペンギンのことも捕食対象として見下していたが、徐々に打ち解けていき、ペンギンの優しさに触れるうちに、好意を持ち初めていく。 マジメだが要領が悪く、パンダや上司からを受けている が、パンダや上司は自覚していない。 普段は後輩らしい丁寧口調で話すが、怒ると乱暴な喋り方に変わって、獰猛さに任せた物騒な発言をする。 海のハンターだけあって喧嘩が強く、パンダと互角に渡り合っている。 漫画版 [ ] ニワトリ ペンギンの友人。 たまにボケるペンギンにツッコミを入れる。 よく布団に入っている。 ヒヨコ ニワトリにツッコミを入れる。 カラス コアリクイ YouTube版 [ ] 大上司 某企画のトップ。 は不明(およびではない)。 誕生秘話 2011年11月11日11時11分、物語はスタートする。 ペンギンたちは勤めていた会社を退職して、自ら企業を立ち上げた。 部下には現在の「上司」がいた。 ペンギンはブラックにならないように日々気をつけていたが、だんだんブラックになってしまうのであった。 ペンギンが苦悩していたときに、「どこでも雇ってくれなそうな動物たちを格安で雇えばいいんだよ」とパンダはブラックの力を使うことを提案した。 ペンギンはその提案に抵抗があったがしぶしぶ受け入れ、ブラックの力を使ったその時、ペンギンとパンダが融合し、いまの大上司になった。 パンダの子供たち 不定期で登場する。 息子は野球帽をかぶっており、娘はリボンをつけている。 父親の腹黒さを受け継いでおり、ペンギンは登場するたびに「仕事が進まない」と愚痴を言っている場面がある。 しかし、登場するたびにパンダが未来で何かしらの失敗をしているため、消滅する危機に立たされている。 書籍 [ ]• テイコウペンギン(2019年3月13日、) 漫画版を書籍化したもの。 Youtube版のキャラは未登場。 Youtube版にも登場。 テイコウペンギン アニメbook(2020年8月12日発売予定、) Youtube版の話を再編集し、書籍化したもの。 姉妹チャンネル [ ] 登録者100,000人 2019年 チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月12日時点。 脚本は比企能博。 舞台は異世界転生した地球。 なんでもカレコレ屋を営む3人のさまざまな物語。 ストーリーは、依頼人の悩みを解決するなどの「通常回」と3人の過去や謎の組織トッププレデターとの対決を描く「ストーリー編」に大きく分かれる。 登場人物 [ ] カゲチヨ 本作品の主人公。 1月12日生まれ。 20歳。 とのの青年。 元々は人間であり、本編が開始する2年前に自身の住んでいる村が謎の組織に襲われ、現在の姿となった。 そのため、見た目は18歳のままで止まっている。 性格は陰キャでお調子者であるためか、劇中の動画内のコメントでは「イキリ陰キャ」と呼ばれていたり、学校ではすぐに「キモ」と呼ばれたりしている。 だが、根はとても優しく、他人のためなら、泥を被ることや、制裁を加えることもある。 とある理由で女性が苦手で劇中では依頼人を除き、ヒサメと彼女の親友しかまともに口を聞くことができない。 主な戦闘方法は血液を使ったウイルス操作。 また、一定の条件を満たさないと怪我はすぐに回復し、死亡しない。 主な台詞は「俺はクズだからな」である。 他作品の登場 『全力回避フラグちゃん!』 「Youtuberになって私生活を曝け出した結果…」に登場。 劇中に登場する「モブ男ちゃんねる」のコメント欄に登場。 ヒサメ 11月28日生まれ。 18歳。 とのハーフの少女。 本編開始前はトッププレデターの施設で人体実験を受けていた。 そのため、トッププレデターの組織の人物には逆らえないように脳に刻まれている。 性格は、明るく少し抜けている。 料理は食べることは大好きだが、作るのは苦手である。 主な戦闘方法はドラゴンのように飛べることや、電気や氷を使った技。 シディ 8月16日生まれ。 20歳。 とのハーフの青年。 高身長で顔が整っているためか、女性から非常にモテテいるが、ゴブリンに育てらたためか、人間の常識を知らなかったりする(カゲチヨ曰く、中身は幼稚園児)。 カレコレ屋以外にいくつか副業をしている。 料理が得意であり、カゲチヨとヒサメに料理を振る舞っている。 主な戦闘方法は火の玉のようなものを扱ったり、バリアを張ることができる。 また、日の出ている時間は能力を上げたりすることができるが、逆に日の出ていない時間は能力が下がる。 詳細はを参照。 全力回避フラグちゃん! [ ] 全力回避フラグちゃん! YouTube チャンネル 登録者100,000人 2019年 チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月12日時点。 脚本は。 なんの取り柄もないモブ男に、正体は「死亡フラグ」だという女の子が現れ、死亡フラグを回避するためにモブ男が奮闘する。 ストーリーは上記のものに加え、「死亡フラグ」の修行を描く「ストーリー編」に大きく分かれる。 登場人物 [ ] 死亡フラグ 本作品の主人公。 一人称は私。 モブ男からは「フラグちゃん」と呼ばれている。 死神No. 269。 モブ男がフラグを立てると「立ちました!」と言って、モブ男の前に登場する。 死亡と白字で書かれたTシャツとショートカットが特徴。 死神だが、心が優しいため、フラグの立った人を助けてしまい、その結果周りの天使や死神から「落ちこぼれの死亡フラグ」と呼ばれている。 他作品の登場 基本的にゲストとして登場するときは「死亡フラグが立つとどうなるのか」というタイトルになっている。 『混血のカレコレ』 とある洋館に登場。 劇中では、カゲチヨを対象と定め、彼が立てたフラグを回収したが、最初にフラグの説明をしていたため、逆に彼に利用されてしまった。 『テイコウペンギン』 パンダの「この仕事が終わったら結婚するんだ」という発言で登場。 劇中では、パンダにセクハラをされた。 その後、パンダとペンギンの立てたフラグを回収した。 (余談ではあるが、コラボだけでなく、本編も含め、初めてフラグの回収に成功した。 ) 『秘密結社ヤルミナティー』 絶対に行ってはいけない廃病院に登場。 劇中では、パンダ同様、キリンにセクハラをされた。 その後も色々とキリンに振り回された。 「悪魔の数字」では、上記の回のことについて触れられた。 モブ男 本作品のもう一人の主人公。 短い黒髪でなんの取り柄のない男性。 性格はアホでマヌケである。 回によって職業や年齢は異なる。 元々、いじめられっ子であるためか、卑怯なところがある。 半ケツで土下座する「モブ男第2形態」が得意としている。 「ストーリー編」1話で落ちこぼれのフラグちゃんが成長するために、神様が作った存在であることが判明した。 モブ美 モブ男のガールフレンド。 」でモブ男の回想で登場しているが、正式な初登場は「心霊スポットでイチャつくとどうなるのか? そのため、モブ男の回想と初登場のデザインは若干異なる。 回によってはモブ男と結婚したり、不倫したりしている。 「ストーリー編」2話でフラグちゃんの嫉妬心を芽生えさせるために、神様が作った存在であることが判明した。 生存フラグ 「癌になったらどうなるのか? 」で初登場。 一人称はわし。 モブ男からは「生存フラグさん」と呼ばれている。 天使No. モブ男がフラグを立てると「立ったぞ?」と言って、モブ男の前に登場する。 銀髪と全身を包帯に纏わせた格好が特徴。 天使としての成績は優秀だが、ほとんど病院送りである。 そのため、モブ男を練習台にし、人に優しく接するように練習している。 恋愛フラグ 「転校してきた美少女と付き合う方法」で初登場。 一人称は僕。 モブ男からは「師匠」と呼ばれている。 モブ男がフラグを立てると「立ったよ?」と言って、モブ男の前に登場する。 ピンクの髪が特徴。 言動は優しいが腹黒い一面がある。 神様 「戦いを食い止める役になるとどうなるのか? 」で登場しているが、正式な初登場は「ストーリー編」1話。 天使と死神のトップ。 フラットな性格のため、天使や死神に嫌われている。 だが、優しいところもあり、落ちこぼれのフラグちゃんに練習台を用意したりしている。 衣装作りが趣味で、また人間界のものに興味がある。 秘密結社ヤルミナティー [ ] 詳細はを参照。 円満解決!閻魔ちゃん [ ] 財賀零士は株式会社某企画に務めるサラリーマン。 零士はある日、突然、エナジードリンクの飲みすぎで死んでしまった。 そして、零士は死後の世界で天国か地獄を決める判決で閻魔に、地獄送りとくだされた。 しかし、閻魔のミスが発覚し、判決を取り消すように行ったが45億円が必要だった。 零士は判決を取り消すため、閻魔と借金を返す日々が始まる。 脚注 [ ]• Plott Inc. |「オモシロイ」世界一になろう。. 2020年2月4日閲覧。 wantedly. com. 2020年2月4日閲覧。 www. wantedly. com. 2020年2月4日閲覧。 テイコウペンギン 🐧スタンプ第2弾販売中 2020年2月14日. teikoupenguin. 2020年2月14日閲覧。 Twitter. 2020年6月21日閲覧。 Twitter. 2020年6月21日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年3月18日閲覧。 BUZZCAST REPORTS. 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 とりのささみ。 (漫画家) 2019年7月5日. torinosashimi. 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年3月28日閲覧。 日本語 , 2020年3月28日閲覧。 日本語 , 2020年4月24日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年4月24日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年4月12日閲覧。 日本語 , 2020年2月4日閲覧。 日本語 , 2020年2月14日閲覧。 日本語 , 2020年2月14日閲覧。 日本語 , 2020年3月28日閲覧。 外部リンク [ ]• teikoupenguin -• torinosashimi -.

次の

秘密結社ヤルミナティー

秘密 結社 ヤルミナティー

概要 [編集 ] で制作されており、やを中心としたジャンルのストーリーが投稿されている。 連続したストーリーが投稿されることはなく、1話完結であるが、一部の話では過去の話の出来事に言及するといった場面もある。 基本的に動画投稿は2日に一回行われている。 は非公開となっている。 キャラクターがひどい仕打ちを受けるまたは死ぬ時には「Oh. ジーラフ! 」(「Oh Jesus! 」とキリンの訳、「Giraffa camelopardalis」とかけている)と言う。 近日、ハックの過去について触れる「ストーリー編」を配信予定。 登場人物 [編集 ] キリン。 とあるのサークルの部長である。 自称、秘密結社ヤルミナティーのでありを企んでいる。 好奇心旺盛で行動力はあるが、いい加減で考えが甘く、うっかりミスや非常識・不謹慎な行動が災いして墓穴を掘ることが多い。 実際のキリンと同じく時速約60kmで走れたり、暴走する車の窓から脱出したりと身体能力は高い。 タブー程ではないが、腕っぷしは強い方でホームレス狩りに来た不良2人をフェニックスと共に応戦して勝利している。 好きな食べ物はで、の癖に何故かが嫌い(そのことはハックにも突っ込まれている)。 自分の身の安全を優先してハックとタブーのことを見捨てることがしばしばあるが、本心では仲間として大事にする等、仲間思いな優しさも持ち合わせている。 また非常にスケベな性格で、美女には目が無い。 趣味はとの収集。 スケベではあるが、そのことについてはコンプレックスになる程気にしており、ハックがを見破る鍵になったこともある。 他作品での登場 『』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 某企画のインターンとして働いている。 ペンギン達に「おまえの動きが怪奇現象だぞ」、パンダからは「気持ち悪い」などと酷評された。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 実写のキリンのチャンネルを乗っ取る形で登場。 長らく、キリンと同一人物と思われていたが、劇中にて「俺らのチャンネルのパクリじゃないか」と言ったことから実写チャンネルのキリンとは別人という設定であることが判明した。 ハック キリンのでヤルミナティの情報屋。 を模したを着ており、カエルマークの付いたを持っている。 ヤルミナティーのメンバーで唯一人間の姿をしており、同時にメンバー唯一の常識人。 後輩らしく語尾に「~っす」と付けて話し、キリンとタブーの自分勝手な言動にツッコミを入れることが多い。 時折、タブー以上にな面を除かせることがあり、キリン達をにしようとしたり、キリンとタブーの悪ふざけにマジギレして博士にを依頼したこともある。 それでも、キリンとタブーを先輩として尊敬しており、文句を言いながらも彼らの無茶に何だかんだで付き合っている。 コンピュータースキルは優秀で、で檻のロックを解除したり、のシステムを乗っ取ったり、に侵入する程の技術を持っている。 キリンから情報をよく求められ、仕方なく検索し、最終的には事件に巻き込まれてしまうというパターンが多い それでもキリンやタブーと比べると比較的不幸な目に遭うことが少ない。 彼の何気なく発した言葉がキリン達に興味を持たせることもある。 月刊モーというを愛読している。 かなりのである。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 キリンがハックの自己紹介をするときに「俺の奴隷です~」と言われた。 こちらでもキリンとタブーに振り回される他、パンダのマイペースさに振り回される等、本編以上に苦労人気質。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 タブー 「サイコな」の肩書きを持つ。 ホッケーマスクに返り血の付いたという『』ののような風貌と「ギャパパ」という特徴的な笑い方が特徴。 ホッケーマスクの下の顔は不明で、タブー自身も仮面を外すことを激しく嫌がる。 一度、無理矢理外されたことがあるが、その時は顔を手で覆い隠していたので結局分かっていない。 激怒したり、興奮すると「ぶっパラすぞ! 」というセリフとともにを振り回して暴れようとする危険人物。 「多くの生き物をバラしてきた」と自称するが、劇中で実際にそういった描写を行うことは無い為、事実なのか嘘を付いているのかは不明(とを相手にしたことがあるが、いずれも人外)。 強気で好戦的な態度を振舞っているが、本心はキリンと同様に小心者であり、などのバラせないものには弱気になる。 一方で戦闘能力自体はヤルミナティーの中でも最強であり、キリンとハックが敵わなかったクラーケンを相手にチェーンソーと爆弾を駆使して撃退させた。 メンバーの中で1番先に被害に遭うことが多い(たまにハックより後に遭うこともある)。 やも所持しており、ハックに向かってナイフを投げたり爆弾を食べようとしたこともある。 キリンと同じく、草食動物でありながら肉類を好むが、キリンと違いそこまで野菜が嫌いではない。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 他の2人と違い遅れて登場し、シャチのパンダのぬいぐるみをバラした。 その後、パンダに「この脳筋豚野郎にいる方がよっぽど危ないと思うんたけど... 」と言われ、対立していたが、仲直りをし、ゲームを終わらせるのに必要な塩水をパンダと一緒に飲んでしまった。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 「キリンの仮面を剥ぎって動画でさらしてやる」と言った。 女子大生 オカルトサークルの隣の部屋のサークル(キリン曰く「リア充サークル」)に所属している女子大生。 デフォルメキャラで描かれているヤルミナティーの世界観では珍しく、普通の等身の人間の姿をしている。 よく騒ぎキリンたちに迷惑をかける。 キリンがリア充サークルを迷惑がっていると同様に、彼女もまたオカルトサークルのことを毛嫌いしており、キリンたちと顔を合わせると「キモい」「陰キャ」「死ね」などと罵声を浴びせることが多い。 女子大生はキリンのことを嫌っているが、キリンは密かに好意を抱いており、彼女に暴言を吐かれてもハックとタブーが気分を悪くする一方で「怒った顔も可愛い」とまんざらでもない様子。 また彼女自身もキリンから「可愛い」と言われると素直に喜ぶ等、本気で嫌っているわけでも無い。 腕っぷしが強く、キリンをグーパンチで撃退したり、キリンとヤマノケを2人を相手に軽くあしらっている。 博士 ヤルミナティの知り合いの。 いわゆる。 も兼ねており、キリン達を処置したこともある。 「だ~ね」「ある~よ」という特徴的な語尾で話す。 キリンやハックに頼まれ薬やメカを発明したり、自らの実験の被験者としてヤルミナティに協力させている。 一例としては「」や「」を行なったが、前者は看守役のハックが暴走して危険と判断して中止、後者は過激すぎてキリンとタブーの人格を真逆にさせてしまうなど命の危険と伴うもの。 フェニックス の団長。 見世物が集まらなくて困っていたところを偶然見つけたキリンとタブーを捕まえ、見世物にしようとするもハックがキリン達を助けたことで失敗。 その時、ハックが誤って他の猛獣の檻のロックまで解除してしまったことにより廃業してしまい、になった。 その後、に全財産を費やすも外してしまい、ヤケになってホームレスになったキリンと再開。 再開した当初は以前のことやホームレス生活での些細なことで対立していたが、ホームレス狩りに来た不良たちをキリンと共に撃退したことで和解。 しかし、キリンが外したと思っていた宝くじが1等だったことで再び対立してしまう。 その後、キリンと再開した時は綺麗な身なりをしてスマホを所持していたこともあり、ホームレスから抜け出せた様子。 ハックの母 ハックの母親。 劇中では電話での声のみの登場で、姿は不明。 大学に通うため独り暮らしをしている息子のためにお米などの仕送りを行い、時々電話している。 脚注 [編集 ].

次の

秘密結社ヤルミナティーとは

秘密 結社 ヤルミナティー

概要 [編集 ] で制作されており、やを中心としたジャンルのストーリーが投稿されている。 連続したストーリーが投稿されることはなく、1話完結であるが、一部の話では過去の話の出来事に言及するといった場面もある。 基本的に動画投稿は2日に一回行われている。 は非公開となっている。 キャラクターがひどい仕打ちを受けるまたは死ぬ時には「Oh. ジーラフ! 」(「Oh Jesus! 」とキリンの訳、「Giraffa camelopardalis」とかけている)と言う。 近日、ハックの過去について触れる「ストーリー編」を配信予定。 登場人物 [編集 ] キリン。 とあるのサークルの部長である。 自称、秘密結社ヤルミナティーのでありを企んでいる。 好奇心旺盛で行動力はあるが、いい加減で考えが甘く、うっかりミスや非常識・不謹慎な行動が災いして墓穴を掘ることが多い。 実際のキリンと同じく時速約60kmで走れたり、暴走する車の窓から脱出したりと身体能力は高い。 タブー程ではないが、腕っぷしは強い方でホームレス狩りに来た不良2人をフェニックスと共に応戦して勝利している。 好きな食べ物はで、の癖に何故かが嫌い(そのことはハックにも突っ込まれている)。 自分の身の安全を優先してハックとタブーのことを見捨てることがしばしばあるが、本心では仲間として大事にする等、仲間思いな優しさも持ち合わせている。 また非常にスケベな性格で、美女には目が無い。 趣味はとの収集。 スケベではあるが、そのことについてはコンプレックスになる程気にしており、ハックがを見破る鍵になったこともある。 他作品での登場 『』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 某企画のインターンとして働いている。 ペンギン達に「おまえの動きが怪奇現象だぞ」、パンダからは「気持ち悪い」などと酷評された。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 実写のキリンのチャンネルを乗っ取る形で登場。 長らく、キリンと同一人物と思われていたが、劇中にて「俺らのチャンネルのパクリじゃないか」と言ったことから実写チャンネルのキリンとは別人という設定であることが判明した。 ハック キリンのでヤルミナティの情報屋。 を模したを着ており、カエルマークの付いたを持っている。 ヤルミナティーのメンバーで唯一人間の姿をしており、同時にメンバー唯一の常識人。 後輩らしく語尾に「~っす」と付けて話し、キリンとタブーの自分勝手な言動にツッコミを入れることが多い。 時折、タブー以上にな面を除かせることがあり、キリン達をにしようとしたり、キリンとタブーの悪ふざけにマジギレして博士にを依頼したこともある。 それでも、キリンとタブーを先輩として尊敬しており、文句を言いながらも彼らの無茶に何だかんだで付き合っている。 コンピュータースキルは優秀で、で檻のロックを解除したり、のシステムを乗っ取ったり、に侵入する程の技術を持っている。 キリンから情報をよく求められ、仕方なく検索し、最終的には事件に巻き込まれてしまうというパターンが多い それでもキリンやタブーと比べると比較的不幸な目に遭うことが少ない。 彼の何気なく発した言葉がキリン達に興味を持たせることもある。 月刊モーというを愛読している。 かなりのである。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 キリンがハックの自己紹介をするときに「俺の奴隷です~」と言われた。 こちらでもキリンとタブーに振り回される他、パンダのマイペースさに振り回される等、本編以上に苦労人気質。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 タブー 「サイコな」の肩書きを持つ。 ホッケーマスクに返り血の付いたという『』ののような風貌と「ギャパパ」という特徴的な笑い方が特徴。 ホッケーマスクの下の顔は不明で、タブー自身も仮面を外すことを激しく嫌がる。 一度、無理矢理外されたことがあるが、その時は顔を手で覆い隠していたので結局分かっていない。 激怒したり、興奮すると「ぶっパラすぞ! 」というセリフとともにを振り回して暴れようとする危険人物。 「多くの生き物をバラしてきた」と自称するが、劇中で実際にそういった描写を行うことは無い為、事実なのか嘘を付いているのかは不明(とを相手にしたことがあるが、いずれも人外)。 強気で好戦的な態度を振舞っているが、本心はキリンと同様に小心者であり、などのバラせないものには弱気になる。 一方で戦闘能力自体はヤルミナティーの中でも最強であり、キリンとハックが敵わなかったクラーケンを相手にチェーンソーと爆弾を駆使して撃退させた。 メンバーの中で1番先に被害に遭うことが多い(たまにハックより後に遭うこともある)。 やも所持しており、ハックに向かってナイフを投げたり爆弾を食べようとしたこともある。 キリンと同じく、草食動物でありながら肉類を好むが、キリンと違いそこまで野菜が嫌いではない。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 他の2人と違い遅れて登場し、シャチのパンダのぬいぐるみをバラした。 その後、パンダに「この脳筋豚野郎にいる方がよっぽど危ないと思うんたけど... 」と言われ、対立していたが、仲直りをし、ゲームを終わらせるのに必要な塩水をパンダと一緒に飲んでしまった。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 「キリンの仮面を剥ぎって動画でさらしてやる」と言った。 女子大生 オカルトサークルの隣の部屋のサークル(キリン曰く「リア充サークル」)に所属している女子大生。 デフォルメキャラで描かれているヤルミナティーの世界観では珍しく、普通の等身の人間の姿をしている。 よく騒ぎキリンたちに迷惑をかける。 キリンがリア充サークルを迷惑がっていると同様に、彼女もまたオカルトサークルのことを毛嫌いしており、キリンたちと顔を合わせると「キモい」「陰キャ」「死ね」などと罵声を浴びせることが多い。 女子大生はキリンのことを嫌っているが、キリンは密かに好意を抱いており、彼女に暴言を吐かれてもハックとタブーが気分を悪くする一方で「怒った顔も可愛い」とまんざらでもない様子。 また彼女自身もキリンから「可愛い」と言われると素直に喜ぶ等、本気で嫌っているわけでも無い。 腕っぷしが強く、キリンをグーパンチで撃退したり、キリンとヤマノケを2人を相手に軽くあしらっている。 博士 ヤルミナティの知り合いの。 いわゆる。 も兼ねており、キリン達を処置したこともある。 「だ~ね」「ある~よ」という特徴的な語尾で話す。 キリンやハックに頼まれ薬やメカを発明したり、自らの実験の被験者としてヤルミナティに協力させている。 一例としては「」や「」を行なったが、前者は看守役のハックが暴走して危険と判断して中止、後者は過激すぎてキリンとタブーの人格を真逆にさせてしまうなど命の危険と伴うもの。 フェニックス の団長。 見世物が集まらなくて困っていたところを偶然見つけたキリンとタブーを捕まえ、見世物にしようとするもハックがキリン達を助けたことで失敗。 その時、ハックが誤って他の猛獣の檻のロックまで解除してしまったことにより廃業してしまい、になった。 その後、に全財産を費やすも外してしまい、ヤケになってホームレスになったキリンと再開。 再開した当初は以前のことやホームレス生活での些細なことで対立していたが、ホームレス狩りに来た不良たちをキリンと共に撃退したことで和解。 しかし、キリンが外したと思っていた宝くじが1等だったことで再び対立してしまう。 その後、キリンと再開した時は綺麗な身なりをしてスマホを所持していたこともあり、ホームレスから抜け出せた様子。 ハックの母 ハックの母親。 劇中では電話での声のみの登場で、姿は不明。 大学に通うため独り暮らしをしている息子のためにお米などの仕送りを行い、時々電話している。 脚注 [編集 ].

次の