パンデミック オーバー シュート。 外人「日本くん、『オーバーシュート』って何だい?ちゃんとパンデミック(アウトブレイク)と言いなよ」

武者陵司 「コロナパンデミック中間総括」<後編>

パンデミック オーバー シュート

個数一〇~一〇〇のものはマイクロクラスターと呼ばれ,特殊な原子のふるまいが見られる。 炭素原子だけからなる C90 , C70 などのクラスターは球状あるいは楕円体状で,かなり安定的に存在する。 一クラスターの物理的な記憶容量はオペレーティング-システムの設定によって変化する。 引用: 〔ブドウ・サクランボ・フジの花などの〕房 ふさ a cluster of grapes 一房のブドウ 〔同種類のもの・人の〕群れ,集団 〔of〕 a cluster of spectators 一団の観客 a cluster of stars 星団 クラスタの語源は 英語でぶどうの房や 人の集団といったものからきており、 近年ではアイドルやアニメなどの 熱狂的なファンの集団を指し 〇〇クラスタといった使い方をされています。 クラスタにはその他にもコンピューター上の を指す意味もあります。 最近の報道では 感染者の集団といった意味で 患者クラスタや 〇〇でクラスタが発生という言葉が使われていますが、 医療用語にもなく逆に分かりづらいため混乱しますね。 日本語で 感染者の 集団と言った方が伝わりやすいのでは・・・。 ロックダウンとは?意味や語源 オーバーシュート(爆発的な感染拡大) 新しいことばが出てきました。 クラスターも初めて聞いたと思ったら、今は馴染みのことばに。 オーバーシュートが起きたら、医療崩壊が起きてロックダウン(首都圏閉鎖) これは、小説の中の話ではなく、現実の話なのですね。 また、人々の勾留、屋外活動を全面的に禁止して監禁することを意味する。 また、緊急事態において人の移動や情報を制限すること。 引用: ロックダウンは日本語で 封鎖という意味で、 建物の封鎖や人の移動や活動の制限をすることを指します。 現在は世界中でウイルスが蔓延している状況で、 感染を防ぐための建物鎖や人間の行動制限といった形での 都市封鎖の意味で使用されていますね。 こちらもわざわざ英語に言い換えなくても 都市封鎖の方が伝わりますね。 オーバーシュートとは?意味や語源 制御工学ではオーバーシュートは、「目標値を超えて行き過ぎる状態」として使われてきました。 東京駅で降りたかったのに、寝過ごして秋葉原駅までいっちゃう現象ですね(あるある) — 大下トト🛰 宇宙工学Vtuber 準備中 ohshitatoto オーバーシュート(Overshoot) 急激な価格変動などが起こった際に オーバーシュートという言葉が使われます。 また、感染症などの 爆発的感染拡大や 患者の急増といった 意味を持ち、感染症などでよく使われる アウトブレイクや パンデミックといった言葉と 似た意味を持ちます。 しかしながら英語の元の意味と日本語では 若干ニュアンスが違ったりしているため、 カタカナ英語として使用するのはいかがなものか・・ といった意見もあります。 英語では意味がわかりませんが、 漢字4文字程度でなんとなく意味が伝わる 日本語ってすごいですね。 積極的に日本語使いましょう。

次の

新型コロナ感染の第2波で日本は大丈夫?オーバーーシュートへの備え

パンデミック オーバー シュート

「日本の行政機関が使う片仮名表記の英語は適切なのか」との声が「読者とともに 特別報道室」に寄せられた。 新型コロナウイルス感染症が世界的な拡大を見せる中、連日、聞き慣れない言葉が飛び交う。 「分かりづらい」という意見に加え、本来の意味から外れた使用に対して違和感を唱える人もいる。 パンデミック(世界的大流行)、クラスター(感染者集団)、オーバーシュート(爆発的患者急増)、ロックダウン(都市封鎖)…。 新型コロナを巡り、行政機関の発表や記者会見で使用されている言葉だ。 いかにも医学的な専門用語に聞こえるが、実は全てが専門用語というわけではない。 特に「オーバーシュート」の元々の意味は「行き過ぎる」「(的を)外す」「超過する」など。 金融市場や統計で用いられることが多く「爆発的な感染者急増」といった語義はない。 専門家はどう見ているのか。 東北大病院感染管理室長の徳田浩一特命教授(感染制御学)は「オーバーシュートなどは医学的にはなじみがない」とし、「専門家会議などは、国民に危機感を持ってもらうためにあえて使ったのではないか」と推測する。 英語圏で暮らす人からも異論が出ている。 仙台市で高校生活を送ったニューヨーク州弁護士の旦英夫さんは、在米40年以上。 「新型コロナの英語圏の報道でクラスターやロックダウンは使うが、オーバーシュートを感染爆発の意味で使っても通じないだろう」と指摘する。 片仮名の言葉を多用する状況に、閣僚からも疑問の声が上がっている。 河野太郎防衛相は24日の記者会見で「日本語で言えることをわざわざ片仮名で言う必要があるのか。 分かりにくいという声が出ている」と発言した。 菅義偉官房長官も「可能な限り分かりやすく丁寧な説明に努めたい」と見直す考えを示している。 科学コミュニケーションを専門とする東北大東北メディカル・メガバンク機構の長神風二特任教授は「一般市民にとって片仮名表記の用語が分かりにくいのは事実だ」と強調。 「できるだけ日本語に置き換え、状況に応じて表現を変えていく柔軟さも必要ではないか」と提案した。 (佐藤素子、菊池春子).

次の

新型コロナ感染の第2波で日本は大丈夫?オーバーーシュートへの備え

パンデミック オーバー シュート

中国からの世界的変異ウイルスの大流行をピタリ予言 とにかくNetflixのオリジナル自然・科学ドキュメンタリー「パンデミック -知られざるインフルエンザの脅威-」はこんな事態を予言していたかのような内容で愕然とします。 インフルエンザをはじめとする突然変異するウイルスへの対応がいかに難しいことなのか、エボラ出血熱とかエイズなどの脅威を含めて、専門家が未知のウイルス蔓延を封じ込めるためにいかに汲々としているか、このドキュメンタリーは医療現場や医薬品メーカー、政策の現場を赤裸々に映像でとらえていきます。 ちなみに本作では、すでに専門家の知見から次のパンデミックは中国が震源になるとハッキリ明言してさえいました。 エヴァ使徒のごとく次の使徒は姿かたちも性質もまったく予測不可能 このドキュメンタリーを見て知ることは、これだけ科学が発達し医療技術が高度に発達した現代社会でも、未知の新型ウイルスへの対応は常にギリギリ、ワンチャン運頼みの部分があって、今までなんとか対策できていたからといって、次のウイルスも必ず封じ込めることができるなどとはとても言えないという実態です。 ちょっと話はそれますが、エヴァンゲリオンの使徒を思い出しました。 次から次へとまったく姿かたちも性質も違う人類の脅威が襲ってくるあれです。 第10使徒を倒したからといって次の使徒に対処できるかはまったく予測不可能。 次の使徒で人類終了かもしれない。 実際にこの「パンデミック」の中でも、ウイルスの研究者が「(パンデミック=未知のウイルスの世界的流行が 起こるか?が問題ではなく、いつ起こるかが問題」なのだと言います。 しかも「人類存続の危機」に至る場合も十分にありえると。 何せ未知のウイルスなわけですから起きてみるまでわかりません。 例えば今回のコロナウイルスにしても封じ込め可能なウイルスであることを専門家でない我々はせめて祈るぐらいしかできないのです。 本ドキュメンタリーでは、未知のウイルスの恐怖そのものと同時に、今でも毎年のインフルエンザの流行でキャパシティーオーバー気味の途上国の医療現場の現状や、ひとたびパンデミックが起きてしまえば残念なことに一瞬でパンクしてしまうだろう先進国でさえの医療現場の危機感や緊張感も描かれます。 そもそも大流行してしまえば仮に幸運にも対処できるワクチンが開発されたとして時間との戦いで最初からすべての患者にワクチンがいきわたらない可能性が非常に高いのです。 ひとたびパンデミックが起きるとウイルス自体の恐怖だけでは済まない しかもパンデミックの恐怖はウイルス感染自体の恐怖だけではありません。 今までのインフルエンザのように社会システム全体を崩壊させないレベルの流行であれば良いのですが、仮に大多数の人が感染するもしくは感染を防ぐためほとんどの人が外出できない事態が長引けば、電気も止まるかもしれません。 物流機能が停止すれば一瞬で飢えるかもしれません。 作品のトーンはストレートで硬派なドキュメンタリーです。 同じドキュメンタリーでも本連載第2回でご紹介した「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」では有名人のキャラクターもありエンターテインメント的な見方ができる部分もありましたが、この作品は一切の演出を排除したストレート・トーク スタイル。 それだけにメッセージ性や問題提議の部分が見るものに迫ってきます。 ビル・ゲイツの項でも書きましたが、Netflixの何がすごいってこういう硬派のドキュメンタリーにも無茶苦茶力を入れていることです。 どうしても一般には海外のサブスクリプション動画サービス=どぎついエンタメという印象があるかと思うのですが、知れば知るほどリスペクトしてしまうメディア企業としての矜持。 こんな硬派な作品をバンバン作っていれば、ぶっ壊されるる心配がないことだけは間違いありません。 毎日新着記事をアップしています。 秋月涼佑がSankeiBizやアゴラに寄稿した記事を紹介する日もありますし、もう少しカジュアルにつぶやく日もあります。 おススメWebサイト紹介企画「格付けサイトウオッチング」も大好評いただいています。 その他、秋月のお友達シリーズ、あやママの「ママのSAPIX奮闘記」や、永岡さんの「ほっこりマンガ」も不定期ですが連載しています。 ぜひブックマークしてくださいね。 新着記事をお知らせしています。 ぜひフォローして下さい。 facebookはから。 カテゴリー• アーカイブ•

次の