漫画 ライバル。 月刊少年ライバル

ライバル 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

漫画 ライバル

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• まあ野郎同士でも、主人公とウクライナ出身の対戦相手の一人な兄ちゃんが 裸同士シャワーを浴びたサービスショットも見られましたが、人並み以上の 向上心を持ち、ピンチもその成長の肥やしにしていった前者もさる事ながら。 後者もリングに上がると性格が変わり、殴られる度にそのパンチの威力が増していった のですが、彼や姫野や竜太等のライバル達もしっかり描き分けてましたね。 しかし・・・・・・・ まあヒロイン等の女の子キャラも、確かに可愛いと言えば可愛かったけど、 口の位置とかデッサンはやや雑な面も見られましたね。 まあ凄い萌えたほど でもなかったのですが、その他脇役面々もです。 いくら勝つ為とは言え、 竜太に対してあのような卑劣な策を弄した尾張は、反則技も繰り出した証拠も 握っていながらも主人公が直接対決でしっかりKOした等カタルシスはありました。 しかし、有力ボクシングジムの経営を取り仕切っていた姉ちゃんでしたね。 主人公の親父 主人公はしごかれた事について恨んでもいたらしいが、親父は 彼の将来とかの為に直接乗り込んでああなったわけでまさに「親の心子知らず」 と言った所だったのでしょう までもボコボコにされちゃいましたけど、 主人公への執着心等ヒロインも含めた三角関係の様相を呈するかと思いきや。 「金さえちらつかせば飛ぶ鳥も落ちる」となめてかかり、その後も小賢しい策を 弄していたけど、結局主人公の「男気」を引き立てる為のつまらない俗物に 過ぎなかったですね。 こういう所ももっと面白く描けたのではです。 ボクシングの試合自体については、コマ割りも的確になされ、ほぼ展開が読める 試合も見られながらも臨場感とか出せていたとも思いますが、もっともっと 作者自身の良い所を前面に打ち出せたでしょう。 番外編は本編以上に悪い意味で お約束になってしまった感じもしましたが、まあ評価は「良い」寄りの「普通」です。 89〜94年に月刊少年ジャンプで連載された柴山薫先生のボクシング漫画。 学園に転校早々から羽美のことでボクシング部に目をつけられた平助は主将と戦うことになるが、平助は天性の力であっさり主将をKOしてしまう。 それにより平助は強制的にボクシング部に入部することになる。 「キャプテン」や「イレブン」「かっとび一斗」といった少年を主人公とした熱血さわやかスポーツ漫画を多く連載していた月刊ジャンプが本格ボクシング漫画として柴山先生に頼んで描かせたのが本作品で、学園を舞台とした青春スポーツドラマ風な形に仕上がっています。 柴山先生は小谷憲一先生が週刊少年ジャンプで「KID」というボクシング漫画を連載していたときにアシスタントをしていたそうで、その「KID」が中途半端なまま終了してしまったために、その時の経験を生かして自分なりのボクシング漫画を描いてみようと思って挑んだのが本作品で、そのため美人やかわいい女子が多く登場したり、またその絡みによるハプニングシーンも盛り沢山の展開になっています。 惚れた女に対して自分を大きく変えて成長していくところは男だと感じました。 ボクシングにおいては素質はあっても性格が感情的だからモロいところもあり、試合となれば紙一重の際どい展開が多かったですけど最後には勝つし、最終的にはチャンピオンになりましたから、何だかんだあっても男として立派でしたね。 彼女こそ男性を支える女性の理想的姿って感じがしましたね。 本作品は『あしたのジョー』『リングにかけろ』等のボクシング漫画の名作と比べると見劣りするかもしれませんが、ボクシングシーンも描写がすごくてスリリングで白熱したし、またボクシングを通じて平助・羽美の成長と愛をよく描いていたと思いますので、評価は【とても良い】。 最後は姫野に勝ってチャンピオンとなった平助が羽美と結ばれて大団円で終わります。 作品としての締めくくりとしては非常によかったと思います。 月刊少年ジャンプにて連載されていた、柴山薫の代表作にして当時の月刊の軸の一つでもあったといえる作品。 天才ボクサーの子息、桑田平助が父の友人の家にて居候するのだが、そこには美人3姉妹がいて、その次女と平助がなんだかんだ言って…という感じのモノ。 ベタではあるがある意味王道という感じの作品。 一応はボクシングマンガだが、最初の頃はどちらかというと健康的なお色気、まあぶっちゃけ「エロ」の方が強く、最初の頃は主人公平助の名前通りのキャラと平助を取り巻くヒロインのうみやその姉妹やその他美少女キャラなどの学園ラブコメ臭い感じのものだったが、途中からはボクシングマンガのほうに転身して、見事に様々なライバルと平助のあついボクシングマンガとなっていった印象がある。 作品的には「健康的お色気」で読む人を選んでしまう印象があるが、中盤以降からは主客逆転状態から再逆転してボクシングマンガとして、主人公平助と多くのライバルたちのボクシング対決へと転換し、そちらの方でも見事に読める作品になっている。 まあバランスを見事に取ることが出来たというわけなのだが。 評価としては、この作品連載時の月刊少年ジャンプらしい「お色気」要素などを考慮しての減点などをやっても、ちゃんと熱い少年漫画にとして成立しているのをかんがえると「良い」は与えられる。 まあ、この作者も「月刊少年ジャンプを青年誌並みにした作家の一人」といわれてしまうのだが…。 作品DB内ブログ記事 1. by はんぶらび... いうと、ドイツ語式の発音ではマウザーの方が正確です。 ドイツでモーゼルと言っても、通じません。 モーゼルという呼称は、日本特有のものです。 しかし一般的にはモーゼルの方が広く普及しているので、モーゼルを使用しました。 また外国でも、他国の固有名詞の発音は、非常にいい加減です。 アメリカでは、モーザーと発音します。 モーゼル社の ライバルのワルサー社... by ねぎ麻雀... が「 ライバル」と呼ばれたことはない 多分。 甲子園でのあまりにも凄まじい活躍で「松坂世代」などという言葉まで生まれた松坂に対し、ドラフト5位で入団した経緯もあって近鉄ファン以外には知名度の低かった岩隈。 その両者が今度はセ・リーグで恐らく現役生活最後のプレーの場を得た。 先発対決、の機会があるかはわからないが、その時には「 ライバル対決」と称し... by ミルナ-... 下剋上 何か戦国時代を個人的にはイメージするんで まで描いてくれたらいいと個人的には思ったりするんだけど如何だろう? とりあえずこの間の元レディースッ娘の過去エピも良かったのは良かったんだけどね。 最初の方をあまり見てないので名前が把握できてないw このエピもまた途中からだったけどかっての仲間とその娘と娘の ライバルの話なの... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

ライバルキャラは漫画でも大人気!戦いや恋の関係について詳しく解説

漫画 ライバル

ライバルキャラの特徴と主人公との関係性 ライバルとは「 競争相手」を指す言葉であり、創作ではこのライバルにあたるキャラが非常に多く登場します。 ではこのライバルキャラとはどのような特徴があるのかを見ていきましょうか。 負けず嫌いであきらめの悪い性格 ライバルキャラは主人公との勝負を何度も何度も繰り返してくるほど あきらめが悪く、そして同時に恐ろしいほど 負けず嫌いな性格であることが多いでしょう。 主人公がクールな場合だとライバルの熱血感が際立ち、ライバルの方が主人公をしているなんてこともあります。 そこで一つ考えておきたいのが「 どうして負けたくないのか。 あきらめられないのか」です。 そして 主人公との勝負に固執する理由についても設定を練っておく必要があります。 例えば「 主人公だけに勝てないからこそ勝ちに拘っている」としたり、「 主人公に憧れているからこそ勝ちたいという気持ちがある」などですね。 主人公とライバルはお互いを高めあう 主人公とライバルの勝負は、繰り返し劇中で行われることで 互いの成長を読者に実感させることができます。 なぜ成長を実感しやすいのかというと、一方が以前にはできなかったことをできるようになっていたり、また一方に通用していたことが通用しなくなっていたりと 同じ相手と勝負しているから感じることのできる成長による変化がわかりやすいんですね。 そして勝負の度に交互に優勢になったり劣勢になったりと、 常にパワーバランスが変化するのも見どころでしょう。 成長をテーマにする創作であれば是非ともライバルキャラは登場させたいところです。 ライバル認定から考える関係 主人公またはライバルが相手を「 ライバルだ」と認識するのは 必ずしも両者が互いにというわけではありません。 このライバル認定は時として一方的にされていることもあるのです。 例えば強力な主人公を負けたくないライバルだとして何度も勝負を仕掛けてくる自称ライバルキャラは、 主人公からすればライバルでもなんでもないかもしれません。 あるいは強力なキャラを手本として見かけるたびに勝負を申込む主人公がいたとしても、 相手のキャラからはライバルとは見られていないでしょう。 ライバルキャラを出すときは、このように 一方的なライバルキャラとして出すこともできることを覚えておきましょう。 これを応用すると「 主人公がAキャラをライバルとしており、AキャラはBキャラをライバルとし、Bキャラは主人公をライバルとする」なんてことも設定に組み込めます。 基本的にはライバル認定されている方が力は上の傾向があります。 ライバルキャラを創作に取り入れる際に考えておきたいポイント ライバルキャラの特徴を見てきたところで、次はライバルキャラを自身の創作に登場させるさいにどのような点を押さえておくと良いかを述べていきます。 バトル物と恋愛物にわけて解説していきます。 バトル物におけるライバルキャラ 主人公と戦いを重ねるライバルキャラの力はおおよそ拮抗しているでしょう。 何度戦っても一向に決着がつかないのがライバルです。 ゆえに ラスボスを倒したあとで最後にライバルと決闘をするという展開は非常に熱いでしょう。 お互いが順番にこれまで築き上げてきた力をぶつけあいながら、結局最後の一手は一番最初にぶつけあった技だったりするときの高揚感は尋常ではありません。 しかし世のライバルキャラと呼ばれるキャラクターを思い返してみてください。 このような理想的な決着、エンディングに至ることのできるライバルキャラはそう多くないはずです。 例えば 主人公に勝ちたいという願望のあまり悪の力に魅入られて堕落してしまったり、 成長し続ける主人公に対して成長速度の遅い自身に劣等感や嫌気がさして戦意喪失したりなどライバルキャラの辿る行方は必ずしも良い物とは限らないのです。 またライバルは主人公と似ている点が多い関係上、「 主人公のIF」として見ることもできます。 戦いを通してもそれはうかがえるはずです。 ですから上記のような ライバルにとってのバッドエンドは主人公のIFバッドエンドを間接的に示唆することができるんですね。 恋愛物におけるライバルキャラ 「 恋のライバル」というと 共通の相手が好きで意中の相手を射止めんと切磋琢磨するキャラを指しますよね。 特に男性向け作品では多くのヒロインが男性主人公に対して好意を向けていることが多いでしょう。 ヒロイン達がお互いを競争相手としながらも、友人としても理解を深めていくという関係ですね。 さて恋に関するライバルキャラはもう一パターンあります。 それが「 主人公 ライバル に恋をするライバル 主人公 」です。 互いをライバルとしながらも、 接する時間の長さや その中で知るいつもとは違う一面を見ることによって恋をしてしまうのです。 また 競いたい、勝ちたいという心と心身ともに傷つけたくないという心が葛藤するのも見どころといえるでしょう。 あと 恋心を自覚するきっかけも考えておきたいですね。 例えば 主人公が他のキャラをライバルとして接しているのを知った時に何とも言えない嫉妬心をおぼえたり、今まで気がつかなかった主人公の気配りに気づいた瞬間などでしょうか。 ライバルであり思い人という微妙な関係も是非検討してみてくださいね。

次の

ライバルキャラは漫画でも大人気!戦いや恋の関係について詳しく解説

漫画 ライバル

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• まあ野郎同士でも、主人公とウクライナ出身の対戦相手の一人な兄ちゃんが 裸同士シャワーを浴びたサービスショットも見られましたが、人並み以上の 向上心を持ち、ピンチもその成長の肥やしにしていった前者もさる事ながら。 後者もリングに上がると性格が変わり、殴られる度にそのパンチの威力が増していった のですが、彼や姫野や竜太等のライバル達もしっかり描き分けてましたね。 しかし・・・・・・・ まあヒロイン等の女の子キャラも、確かに可愛いと言えば可愛かったけど、 口の位置とかデッサンはやや雑な面も見られましたね。 まあ凄い萌えたほど でもなかったのですが、その他脇役面々もです。 いくら勝つ為とは言え、 竜太に対してあのような卑劣な策を弄した尾張は、反則技も繰り出した証拠も 握っていながらも主人公が直接対決でしっかりKOした等カタルシスはありました。 しかし、有力ボクシングジムの経営を取り仕切っていた姉ちゃんでしたね。 主人公の親父 主人公はしごかれた事について恨んでもいたらしいが、親父は 彼の将来とかの為に直接乗り込んでああなったわけでまさに「親の心子知らず」 と言った所だったのでしょう までもボコボコにされちゃいましたけど、 主人公への執着心等ヒロインも含めた三角関係の様相を呈するかと思いきや。 「金さえちらつかせば飛ぶ鳥も落ちる」となめてかかり、その後も小賢しい策を 弄していたけど、結局主人公の「男気」を引き立てる為のつまらない俗物に 過ぎなかったですね。 こういう所ももっと面白く描けたのではです。 ボクシングの試合自体については、コマ割りも的確になされ、ほぼ展開が読める 試合も見られながらも臨場感とか出せていたとも思いますが、もっともっと 作者自身の良い所を前面に打ち出せたでしょう。 番外編は本編以上に悪い意味で お約束になってしまった感じもしましたが、まあ評価は「良い」寄りの「普通」です。 89〜94年に月刊少年ジャンプで連載された柴山薫先生のボクシング漫画。 学園に転校早々から羽美のことでボクシング部に目をつけられた平助は主将と戦うことになるが、平助は天性の力であっさり主将をKOしてしまう。 それにより平助は強制的にボクシング部に入部することになる。 「キャプテン」や「イレブン」「かっとび一斗」といった少年を主人公とした熱血さわやかスポーツ漫画を多く連載していた月刊ジャンプが本格ボクシング漫画として柴山先生に頼んで描かせたのが本作品で、学園を舞台とした青春スポーツドラマ風な形に仕上がっています。 柴山先生は小谷憲一先生が週刊少年ジャンプで「KID」というボクシング漫画を連載していたときにアシスタントをしていたそうで、その「KID」が中途半端なまま終了してしまったために、その時の経験を生かして自分なりのボクシング漫画を描いてみようと思って挑んだのが本作品で、そのため美人やかわいい女子が多く登場したり、またその絡みによるハプニングシーンも盛り沢山の展開になっています。 惚れた女に対して自分を大きく変えて成長していくところは男だと感じました。 ボクシングにおいては素質はあっても性格が感情的だからモロいところもあり、試合となれば紙一重の際どい展開が多かったですけど最後には勝つし、最終的にはチャンピオンになりましたから、何だかんだあっても男として立派でしたね。 彼女こそ男性を支える女性の理想的姿って感じがしましたね。 本作品は『あしたのジョー』『リングにかけろ』等のボクシング漫画の名作と比べると見劣りするかもしれませんが、ボクシングシーンも描写がすごくてスリリングで白熱したし、またボクシングを通じて平助・羽美の成長と愛をよく描いていたと思いますので、評価は【とても良い】。 最後は姫野に勝ってチャンピオンとなった平助が羽美と結ばれて大団円で終わります。 作品としての締めくくりとしては非常によかったと思います。 月刊少年ジャンプにて連載されていた、柴山薫の代表作にして当時の月刊の軸の一つでもあったといえる作品。 天才ボクサーの子息、桑田平助が父の友人の家にて居候するのだが、そこには美人3姉妹がいて、その次女と平助がなんだかんだ言って…という感じのモノ。 ベタではあるがある意味王道という感じの作品。 一応はボクシングマンガだが、最初の頃はどちらかというと健康的なお色気、まあぶっちゃけ「エロ」の方が強く、最初の頃は主人公平助の名前通りのキャラと平助を取り巻くヒロインのうみやその姉妹やその他美少女キャラなどの学園ラブコメ臭い感じのものだったが、途中からはボクシングマンガのほうに転身して、見事に様々なライバルと平助のあついボクシングマンガとなっていった印象がある。 作品的には「健康的お色気」で読む人を選んでしまう印象があるが、中盤以降からは主客逆転状態から再逆転してボクシングマンガとして、主人公平助と多くのライバルたちのボクシング対決へと転換し、そちらの方でも見事に読める作品になっている。 まあバランスを見事に取ることが出来たというわけなのだが。 評価としては、この作品連載時の月刊少年ジャンプらしい「お色気」要素などを考慮しての減点などをやっても、ちゃんと熱い少年漫画にとして成立しているのをかんがえると「良い」は与えられる。 まあ、この作者も「月刊少年ジャンプを青年誌並みにした作家の一人」といわれてしまうのだが…。 作品DB内ブログ記事 1. by はんぶらび... いうと、ドイツ語式の発音ではマウザーの方が正確です。 ドイツでモーゼルと言っても、通じません。 モーゼルという呼称は、日本特有のものです。 しかし一般的にはモーゼルの方が広く普及しているので、モーゼルを使用しました。 また外国でも、他国の固有名詞の発音は、非常にいい加減です。 アメリカでは、モーザーと発音します。 モーゼル社の ライバルのワルサー社... by ねぎ麻雀... が「 ライバル」と呼ばれたことはない 多分。 甲子園でのあまりにも凄まじい活躍で「松坂世代」などという言葉まで生まれた松坂に対し、ドラフト5位で入団した経緯もあって近鉄ファン以外には知名度の低かった岩隈。 その両者が今度はセ・リーグで恐らく現役生活最後のプレーの場を得た。 先発対決、の機会があるかはわからないが、その時には「 ライバル対決」と称し... by ミルナ-... 下剋上 何か戦国時代を個人的にはイメージするんで まで描いてくれたらいいと個人的には思ったりするんだけど如何だろう? とりあえずこの間の元レディースッ娘の過去エピも良かったのは良かったんだけどね。 最初の方をあまり見てないので名前が把握できてないw このエピもまた途中からだったけどかっての仲間とその娘と娘の ライバルの話なの... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の