たった一言 英語。 たった一言!幸運を引き寄せる7つの言葉

たった一言でIQを見抜く質問とは

たった一言 英語

FrankHH/Shutterstock. com 萩生田光一・文部科学大臣には感謝したい。 「複雑でわかりにくい」と言われてきた新しい大学入試の英語が抱える問題の核心を、たった一言で明らかにしてくれたのだから。 その一言とは、今やすっかり有名になった「身の丈」発言だ。 10月24日のBSフジの番組に出演した萩生田大臣は、キャスターから大学入試に英語民間試験を使うことについて、お金や住む場所などに恵まれている受験生と、そうでない人との「公平性」について問われ、こう答えた。 「自分の身の丈に合わせて2回(の英語民間試験)をきちんと選んで勝負して頑張ってもらえれば」 どういうことか。 民間試験を受けるには、多くは都市部で実施される試験の会場へ足を運ばなければならない。 1回につき数千円から2万円以上の受験料がかかる。 都市部に住む受験生は移動の負担が少ないし、裕福な家庭ならば受験料を払って「お試し」や「練習」で何度も受けることができるだろう。 一方、離島や都市部から離れた場所に住む受験生は、会場に行くだけでも大変だ。 距離によっては、交通費だけでなく、宿泊費もかかる。 また、経済的に余裕のない家庭にとっては、2回の受験料だけでも大きな負担だ。 英語民間試験を「活用」するこの入試は、本質的に不公平なものだ。 それでいいのか。 そういうことを「論座」の「大学入試に異議あり ・」で書いた。 私が多くの言葉を費やし、指摘した新しい英語入試が持つ不公平さという、どうにも逃れようのない問題の核心を、大臣はずばりと表現した。 「身の丈」 よくぞこんなにわかりやすく、受験生本人の努力ではどうすることもできない条件によって有利不利が生まれる実態を、かくもあからさまな言い方で語ってくれたものだと思う。

次の

たった一言でネイティブ感が出せる?イケてる英語はコレ!

たった一言 英語

著者は日英翻訳者。 著者の2007年刊の『』(講談社インターナショナル)を読んで、大変勉強させてもらったことをよく覚えています。 この回の書も、日本人の英作文に共通してみられるクセを矯正して、英語らしい明確で力強い文章を書くためのヒントが満載されています。 以下にその内容をいくつか列挙しておきます。 【無生物主語を使って原因や理由を表す】 接続詞becauseを使わずに説明するのに有効。 動詞にgive, cause, bring, allow, makeなどを使う。 A shortage of butter resulted in a huge demand for imports. According to some reportsよりもreportedly。 I hope thatよりもHopefully。 【否定的な言葉よりも肯定的な言葉を】 not presentよりもabsent。 not go to sleepよりもstay awake。 in order not to よりもto avoid。 is not able to refuseよりもhave to accept。 have no~よりもbe free of ~。 ----------------------- ひとつだけ気になる記述がありました。 *10頁:「20世紀」をThe 20th centuryと記しています。 語尾の「th」が数字「20」の右肩にのってしまっています。 著者はワードを使って原稿を書いたと思われますが、マイクロソフトのワードはオートフォーマット機能を解除しておかないまま英語の序数を打つと語尾が右肩に自動的に上がってしまうのです。 これはスペイン語やフランス語の序数の場合は一般的な記述方法ですが、英語の場合は意味がありません。 ----------------------- 以下の類書を紹介しておきます。 何かの参考になれば幸いです。 この『ドクター・ヴァンスの ビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100』はその強い動詞と弱い動詞を比較検討して詳解する一冊です。 (例文)The city plans to cut pollution by thirty percent. (例文)We aim to finish by December. こんな具合に納得いく換言法ばかりが100も取り上げられています。 ぶつ切りの短いセンテンスの連続は、正しいセンテンスであってもmatureであるとの印象は与えず、説得力にも欠けたものとなる。 」というキングの言葉を紹介しています。 キングは自身の著『書くことについて』でも「副詞の多用は、自分の文章が明快でなく、言いたいことがよく伝わらないのではないかという書き手の恐れを示すもの」と記しています。 そのストランク先生の授業に出席していた学生E・B・ホワイトが1957年に『The Elements of Style』を復刻出版し、その第3版(1985年)に翻訳出版したのがこの『英語文章ルールブック』です。 多少古くなっている部分もあるものの、以下のように『究極の英語ライティング』でも踏襲されていることが書かれています。 形容詞や副詞で書かない。 立派な文章に迫力と色彩を与えるのは名詞と動詞であって、それを助ける形容詞や副詞ではない。 簡潔は迫力の副産物である。 スティーヴン・キングも『』(ちくま文庫)で以下のように記しています。 「『英語文章ルールブック』をひもとくと、良い文章を書くためのルールその十三に、たった一言、『無駄な語を省く』とある。 -ly型副詞は、文脈で明らかにするべきところを、単語ひとつで読者にばらしてしまうことになり、だからこそsuddenlyのような副詞は差し控えるべきだというのです。 著者の調査結果によれば、ヘミングウェイは確かに-ly型副詞の使用頻度は低い(1万語につき80回)ものの、J・K・ローリングスなどは1万語につき140回と多めだということが判明します。 そして様々なトップ100リストに選出されたような書の-ly型副詞の使用頻度を見ると、確かに使用頻度が少ない書ほど優秀作品とみなされる場合が多いのだとか。 だからこそgive it upはgive up itと言うと不自然に聞こえる。 こんな具合に英文を書く場合に「既知情報」か「未知情報」かを常に判断することが大切だということは、『究極の英語ライティング』の第5章STEP1「情報の新旧を見極める」でも詳解されています。 主に社会人に向けた英語ライティングの学習書だが、「英語らしさ」を追求した点ではまさに究極の英語ライティング書だと言える。 最初に和文を提示して(穴埋めや条件が付く場合もある)、それを英訳するというよくあるパターンの作りだが、最初に示された英文が、すでに大学受験なら満点レベルであるというのが特徴だ。 つまり、英語としては完成したものを書けるところが出発点で、それをどうしたら英語らしい英語に近づけられるかを試行錯誤していくのが本書の課題の中心になる。 そのため、読者対象は大学入試の和文英訳問題なら訳せる(辞書を使えば満点がとれる)くらいの上級者ということになる。 方法論の半分はケリー伊藤氏や伊藤サム氏が提示しているものであるが、それ以外に著者独自の物も含まれており、ケリー伊藤氏のライティング書が気に入っている人が、さらに先に進むのに最適。 あるいは、英語はかなり書き慣れているが、いまひとつ自信がもてないという人にも向いている。 問題自体はさほど難しくないが、このレベルの知識を必要とする人たちは明らかに中級以上の学習者になるだろう。 長く読み継がれる名著になると思う。

次の

たった一言でIQを見抜く質問とは

たった一言 英語

Weblio公式 海外から日本に訪れた観光客を街中で見かける機会も増えてきました。 旅行には、道順や電車の乗り方といった「ちょっとした困り事」が付きものです。 そんな困り事は、たった数語の英会話フレーズで解消してあげることができます。 街中で、あるいは改札口で、地図や案内表示を見ながら立ち尽くしている人。 そんな人を見かけた時に抱く「私が英語を話せれば声をかけて教えてあげられるのに」という気持ちは、「 おもてなしの心」のあらわれです。 この英会話シリーズ「たった20秒でおもてなしの心が伝わるシンプル英会話」では、 訪日外国人観光客がしばしば遭遇するちょっとした場面を手助けできるシンプルなフレーズをシチュエーションごとに紹介します。 全89レッスン。 どのフレーズも、ごく短くシンプルな英会話表現です。 英語ネイティブスピーカーによる音声サンプルを再生して発音を確認しながら学べます。 たった一言の英語フレーズが、英語で話しかける勇気を与えてくれます。 自分から話しかける勇気は、コミュニケーションの楽しさを倍増してくれます。 英会話を楽しいと思えるようになれば、もう英会話学習を妨げるものなどありません。 「おもてなし」の心を伝えるたった一言のフレーズは、千里の道の第一歩を踏み出す足がかりでもあるのです。 Chapter 2. 食べる 入店・案内 飲食店に勤務する方は英語での接客も求められる世の中になりつつあります。 外国人だからといって特別な対応はいりません。 普段通りの接客で「おもてなしの精神」はきっと伝わります。 ただし、普段通りの接客を実現するには最低限の英語フレーズは知っておく必要があるでしょう。 注文・提供 食事を楽しんでもらうために凝った演出を考える必要はありません。 求められるものがあるとすれば、それは「充分な配慮」ではないでしょうか。 食事・退店 食事および食事の場には文化の違いがあらわれます。 日本的・日本式とはどういうことかを教えてあげることができたなら、それは最高のおもてなしになるはずです。 Chapter 3. 見る・遊ぶ 手配・案内 限られた時間の中で観光を満喫するには何かとコツがいるもの。 知識も必要です。 機会があれば優しく教えてあげましょう。 交流・接触 旅先での困りごとは人を心細くさせます。 マナーの感覚の違いからトラブルに発展しそうな場合もあるでしょう。 ぜひ救いの手を差し伸べてあげてください。 Chapter 4. 買う 案内・試着 お客に満足してもらうことは急がば回れ式の最良の売り方でしょう。 在庫確認・会計 付帯サービスがご利用いただけますよ、と伝えられるかどうか。 伝えられずに悔やむことがないように準備しておきましょう。 応答~お見送り 食品や医薬品は扱いに少し気配りが必要です。 適切な一言を添えてあげましょう。

次の