ムコダイン。 ムコダイン(カルボシステイン)の作用機序と副作用

ムコダインの副作用と安全性

ムコダイン

ムコソルバン アンブロキソール サーファクタント(肺表面活性物質)分泌促進作用 サーファクタントが気道を覆うことで痰の滑りを良くし、出しやすくする。 気道液の分泌促進作用 気道液により気道粘液の粘度が低下する。 線毛運動亢進作用 ムコソルバンインタビューフォーム ビソルボン ブロムヘキシン サーファクタント(肺表面活性物質)分泌促進作用 線毛運動亢進作用 漿液性分泌増加作用 漿液性 サラサラした液体 が分泌されることで粘度が低下する。 酸性糖蛋白溶解・低分子化作用 リゾチーム分泌が亢進し、痰の粘度の原因となっている糖蛋白を分解する。 ビソルボンインタビューフォーム 特徴 ムコダイン 去痰作用以外に 粘膜修復、抗炎症作用がある。 それに加え 留液排泄促進作用が認められており、副鼻腔炎、中耳炎などに長期投与されているのをよく見る。 ムコソルバン、ビソルボン 去痰作用メインといったところ。 気道粘液を増加させ、痰を薄めて粘度を低下させることで排出しやすくするのだが、そのせいで 一時的に痰が増えたように感じることがあるらしい。 ビソルボンその他の注意事項 副鼻腔領域においては、組織学的あるいは粘液・線毛輸送系が重要な役割を演じている点で気管・気管支領域と共通していることから、慢性副鼻腔炎の排膿にも有効であることが確認されているとの記載もある ムコソルバンインタビューフォーム 気道も鼻も同じだから効きますよと。 そうなんですか。 8% 痰の切れの改善度はムコダイン58. 5%、プラセボ40. 7% プラセボと比べ優位に改善した。 ムコダインVSムコソルバン 嚢胞性線維症26例を対象とする一重盲検ランダム化パラレル試験で,カルボシステイン相当500mg(小児では150 mg)1日3回とアンブロキソール33mg(小児では 10 mg)1日3回,80日間の投与により痰の粘稠度や弾性は両群で有意に改善したが, 咳スコアはカルボシステイン群でのみ有意に改善し,改善度に群間差を認めた。 喘息患者14 例におけるカルボシステイン 500 mg,ア ンブロキソール 15 mg および偽薬の1日3回4週間投与のクロスオーバー試験で, カルボシステインは他群と比較して有意にカプサイシン咳受容体感受性を改善させた。 2%、単剤群が45. 6%で,併用群が単独群に比べ有意に改善。 症状別では併用群が単独群と比べ、鼻汁性状、後鼻漏において有意に改善。 SNOT-20、CTスコアは有意差なし。 急性あるいは閉塞性の気道疾患群(喘息や気管支拡張 症は除外)の急性悪化60例の二重盲検ランダム化パラレル試験で,アンブロキソール1日120mg10 日間投与群では,偽薬群と比較して, 痰量,痰の粘稠度,喀出困難と並んで咳症状の改善度が有意に高かった。 咳嗽に関するガイドライン 第2版 RCTにおいてカルボシステイン、アンブロキソールどちらも喀痰、咳症状の改善はプラセボと比較して有効性が証明されている。 個人的はあまり効果を感じませんでしたが、客観的なデータでは有効性は証明されているようですね。 カルボシステインとアンブロキソールではカルボシステインのほうが咳の改善作用はあるかもしれない。 111• 237•

次の

ムコダインの副作用と安全性

ムコダイン

ムコダインの飲み方で飲料の事やお酒での服用について ムコダインはかなり幅広い年齢層に処方されるお薬で、赤ちゃんからご年配の方まで幅広く処方されます。 その為、飲み方に関して色々疑問も出てくると思いますので、今回書いてみたいと思います。 まず、飲料に関してなのですが基本的に薬は水またはぬるま湯で服用して下さいというのが一般的です。 しかし、水では飲みづらい方もいると思いますので、参考までに書いてみますが、 基本的に「 どのような飲料で飲んでも問題ない」です。 ただ、味の面だけで言えばウーロン茶などは粉のムコダインの場合、美味しくないという報告があります。 よく赤ちゃんや子供だと水では飲まないので、何かに混ぜてもいいですか?という事も聞かれますが、何に混ぜて貰っても問題ないです。 多いのは・・・ ムコダインとジュース(オレンジやリンゴ、グレープフルーツなど) ムコダインと牛乳(赤ちゃんが飲むミルクもOKです。 ) ムコダインとコーヒー ムコダインとヨーグルト ムコダインとバニラアイス など 上記のような飲料や食べ物でも特に問題はありませんので飲みやすい方法で飲んで下さい。 あと、 お酒との関連性にしても特に問題はありません。 しかし、当然ですがお酒で薬を服用するのは避けて頂きたいです。 万が一副作用が出た時にお酒なのかムコダインなのか判定しにくくなるため、できれば避けて頂きたいです。 ムコダインの服用方法で食前食後・空腹時服用などはどうなの? 大体、ムコダインは処方上では食後服用で書かれている事が殆どだと思います。 しかし、風邪などで食欲がなく空腹時に飲んでいいの?という疑問も出てくるかと思います。 そこで回答としては・・・ 空腹時服用でも差し支えないので痰が絡んだりする場合は服用してください。 飲み方に関して言えば、食前・食後・食間のどのタイミングで服用して頂いても構いません。 ムコダインは特に食事の影響は受けませんので、服用タイミングにこだわらずに服用するようにしてください。 そして、服用回数の事になるのですが、 大体1日2~3回服用で処方されているかと思います。 (朝夕か朝昼夜で処方されていることが殆どだと思います。 ) ムコダインは1度服用して頂いたら4~5時間空けて頂ければ問題ありません。 大体4~5時間空けて服用するようにしてください。 最後に 今回ムコダインについて色々書いてみました。 ムコダインについては何回も書きますが服用年齢の幅が本当に広いので、色々な疑問が出てくると思います。 少しずつ書き溜めていきたいと思いますので参考にしてみて下さい。 お問い合わせはから受付させて頂いております。 すべてに返信は保証できませんが、なるべく返信させて頂きます。 (意外にお問い合わせ多いんです・・・) 尚、頂いた質問内容は記事として使用させて頂く場合がございます。 予めご了承下さい。 (もちろん匿名にさせて頂きます。

次の

ムコダイン錠500mgの副作用や効能を大特集!

ムコダイン

このページでは、• ムコダインってなに?効果は?• ムコダインには本当に効果があるの?• 市販薬はあるの?• ムコダインの副作用• 「痰」や「鼻水」にオススメの解消法! について どこよりもわかりやすく!説明します。 スポンサーリンク ムコダインってなに?効果は? あー!痰がつらい!! 鼻水や鼻づまりがつらい! そんな時に病院で処方される薬のひとつに「ムコダイン」があります。 ムコダインとは、 「杏林製薬」が製造・販売している 薬の名称です。 成分名は「カルボシステイン」といいますので、 「カルボシステイン錠」と呼ばれることもあります。 名称はあまり難しく考える必要はなく、 カルボシステイン 錠 = ムコダイン と捉えて頂いて問題ありません。 この薬は、主に去痰薬(痰を取る薬)として用いられることが多いほか、や、にも用いられます。 ではここから、 ムコダイン カルボシステイン に期待できる効果や副作用などを、わかりやすく説明していきましょう! ムコダインの効能を知ろう! ムコダインの成分であるカルボシステインには、以下のような効能があります。 痰や膿、鼻汁の粘りを弱くする• 副鼻腔の粘膜や、気管支の粘膜の荒れを修復し、粘膜自体の抵抗力を上げる。 では、それぞれ説明しましょう。 気道とは、 「鼻から喉、そして肺に繋がる気管支までの道」を言いますが、それらから出される粘液、つまり、 「鼻水・痰、そしてそこで生み出される膿」 の 粘りを弱くする作用があります。 その作用により、• 喘息や気管支炎などでしつこく喉に絡まる「ネバッとした痰」を取る 去痰• 鼻づまりの原因となる「ネバッとした鼻水」を和らげる• 副鼻腔炎 蓄膿症 で鼻に溜まる「ドロッとした膿」を排出する などといった効果が得られます。 例えば• 鼻の中には 「鼻粘膜」• 気管支には 「気管支粘膜」 などがあります。 花粉症や鼻炎で、鼻水や鼻づまりが続けば鼻粘膜が荒れてしまいますし、副鼻腔炎ではジワジワと副鼻腔の粘膜が荒れます。 粘膜が荒れていると、どうしても粘膜自体の抵抗力が下がってしまい、 細菌やウイルスなどを侵入させやすくなってしまいます。 そうした 「粘膜の荒れ」を修復してくれる効果が、ムコダイン カルボシステイン にはあります。 では続いて、 「ムコダインは効くのか?」という点についてです。 ムコダインって効果あるの? ここまでムコダインの効果を説明しましたが、ムコダインの作用は鼻や副鼻腔、気管支といった「気道」に非常に良い効果をもたらせてくれることが分かります。 では実際、どれくらいの人に効果があったのか? 販売元の「杏林製薬」が公表している臨床成績を見てみましょう。 成人の場合(978人が対象) 気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核及び慢性副鼻腔炎を対象とした二重盲検比較試験において本剤の有用性が認められている。 有効以上 やや有効以上 上気道炎 62. 4 58/93 92. 9 105/146 94. 5 138/146 気管支喘息 51. 6 47/91 86. 8 79/91 慢性気管支炎 40. 1 83/207 75. 8 157/207 気管支拡張症 51. 9 40/77 77. 9 60/77 肺結核 29. 5 23/78 69. 2 54/78 慢性副鼻腔炎 46. 9 134/286 93. kyorin-pharm. pdf 幼・小児の場合(578人が対象) 急性気管支炎、気管支喘息、滲出性中耳炎を対象とした二重盲検比較試験において本剤の有用性が認められている 有効以上 やや有効以上 上気道炎 76. 2 48/63 82. 5 52/63 急性気管支炎 67. 0 59/88 88. 6 78/88 気管支喘息 64. 1 93/145 83. 4 121/145 慢性副鼻腔炎 56. 8 63/111 90. 1 100/111 滲出性中耳炎 52. 4 89/170 74. kyorin-pharm. pdf この成績からわかることは? 上記の成績を見ていただくとわかりますが、「有効以上」としてはやや低いものも見られますが、平均して8〜9割の患者において「やや有効以上」という結果が出ています。 そのため、大きな変化はみられずとも、多少なりの改善は見込めますので、処方されたお薬はしっかりと服用するようにしましょう。 では続いて 「ムコダインの種類」について説明しましょう!• シスダイン(テバ製薬)• C-チステン(鶴原製薬)• クインスロン (辰巳製薬)• ルボラボン(コーアイセイ) などがあります。 しかし、ムコダインの成分である「カルボシステイン」を主成分とした商品は販売されております。 病院へ通う時間がない方は、まずはこれら市販品から試されても良いでしょう。 去痰CB錠 こちらはL-カルボシステインの他に、もう一種の成分「ブロムヘキシン塩酸塩」を含む去痰薬です。 ブロムヘキシン塩酸塩は、痰をサラサラに薄めることで喉から出しやすくする効果があります。 そのため、基本的に大きな副作用が出る事はまれだと考えられますが、服用量や服用期間によっても、その可能性は左右されますので注意しましょう。 また、以下にあげる副作用は一般的に報告が挙がっているものですが、何よりも大切な事は、 「飲む人の体質に合っているか」だと考えられます。 「ちょっとひどくなってるかな?」と思い当たる場合は、無理に続けずにお医者さんに相談しましょう。 では「副作用」について紹介します。 重い副作用 まずは特に重い副作用についてです。 肝機能障害や黄疸 《肝機能障害の初期症状》 ・身体のだるさ ・吐き気 ・皮膚が黄色くなる ・発熱 ・食欲が無くなる など 皮膚粘膜眼症候群・中毒性表皮壊死症 《皮膚粘膜眼症候群の初期症状》 ・高熱 ・目が充血する ・めやにが出る ・喉が痛くなる ・皮膚が広範囲に赤くなる ・目が開けにくくなる など アナフィラキシー様症状 《症状》 ・じんましん ・皮膚が赤くなる ・まぶたが腫れる ・喘息のような呼吸音 ・血圧が低下する など 副作用 一般的な副作用としては、• 食欲が無くなる• 下痢・腹痛• 皮膚発疹 などが報告されています。 以下の方は服用を避けましょう! 以下の方は、 服用を避ける、もしくは細心の注意の上服用しましょう。 痰や鼻水をスッキリさせるオススメの解消法! ムコダインを使う方というのは、ほとんどの場合が「痰」もしくは「鼻水」に悩んでいる方だと思われます。 この方法は、ある意味その2つに共通している方法ですので、ここで説明しておきます。 筆者(私)の父親が長年、しつこい「痰絡み」に悩んでいたのですが、それが急にスッキリとした方法であり、私の鼻がスッキリした話でもあります。 私自身、10年以上「鼻炎症状」を患っており、保険適応外の治療なども経験しましたが、最終的に行き着いたのが「お茶」でした。 甜茶(てんちゃ)をメインとした「すーすー茶」というお茶で、主に「鼻の症状」にアプローチするお茶です。 これで私の長年の鼻の悩みは解決されました。 これを毎日飲んでいるのですが、ある日私の父が「甘くて美味しい」と言いながら、勝手に飲み始めました。 「特に何もしてないけど、取れたみたい」と父親は言っておりましたが、「なぜだろう」と色々調べた結果、恐らく「すーすー茶」が役立っている事に気付きました。 それに加え、すーすー茶には「赤シソ」も含まれていることから、非常に痰にも適したお茶だということが分かりました。 皆さまの痰絡みにも良いとは言い切れませんが、20年以上聞かされてきた「痰を吐き出す音」が無くなったくらいなので、スッキリする可能性はあると思います。 また私自身も10年以上鼻炎に悩み続けていましたが、それも解消できたため、鼻炎にももちろん良いと思います。 飲み切ったとしても25日以内であれば返金してもらえる「保証制度」もありますので、安いですし一度試してみるのも良いかと思い、紹介させて頂きました。 ここで紹介したムコダイン カルボシステイン は病院でも処方されることが多く、ある程度の効果は見込めます。 しかしやはり薬に頼るだけでなく、根本原因を知り根本から解決していくとが何よりも大切です。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の